スポンサーリンクあり

全50作品。1954年の映画ランキング

  1. 七人の侍
    • A
    • 4.24
    数多くの傑出した黒澤監督作品の中でも、特に観客のみならず世界中の映画人に多大な影響を与えた代表作。これ以降「荒野の七人」「宇宙の七人」など、この映画を手本とした作品が多く作られたのは周知の事実。時は戦国時代のとある貧しい農村。農民たちは野盗と化した野武士たちの襲撃を恐れ、おののいていた。そこで村を守るために用心棒を雇うことを決意、食うに窮する七人の侍を探し出し、彼らとともに野武士に対抗すべく立ち上がる……。複数のカメラワークによる迫力ある立ち回りのシーンは見事。

    ネット上の声

    • ・観てる間ずっとあの村にいる人たちと同じ気持ちになってた。終わった...
    • 侍たちよ、永遠なれ!~日本映画最高峰にして伝説的傑作
    • 世界映画史に輝く、黒澤作品最高傑作!
    • 決して色褪せない傑作エンタメ時代劇
    時代劇、 アクション
    • 製作年1954年
    • 製作国日本
    • 時間207分
    • 監督黒澤明
    • 主演三船敏郎
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
  2. 山椒大夫
    • A
    • 4.10
    巨匠・溝口健二監督が、「安寿と厨子王丸」の童話でも知られる説経節の演目を基にした森鴎外の小説を映画化し、1954年・第15回ベネチア国際映画祭で銀獅子賞を受賞した名作。平安時代末期。越後を旅していた厨子王と安寿の兄妹は、人買いに騙され母親と離れ離れになってしまう。丹後の豪族・山椒大夫のもとへ奴隷として売られた2人は過酷な労働を強いられ、10年の月日が流れる。ある日、兄妹は思いがけず母親の消息を知り、安寿は自分を犠牲にして厨子王を逃亡させるが……。ラストの海のシーンはジャン=リュック・ゴダール監督が「気狂いピエロ」で引用したことでも知られる。

    ネット上の声

    • 古典に命を吹き込んだ溝口流リアリズム
    • 映画史上もっとも美しいフィナーレ
    • 厨子王にちょっと???・・・
    • 珠玉の芸術作品に出会えた!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国日本
    • 時間124分
    • 監督溝口健二
    • 主演田中絹代
  3. 近松物語
    • A
    • 4.10
    近松門左衛門作の『大経師昔暦』を川口松太郎が劇化(オール読物所載「おさん茂兵衛」)し、それをもととして「忠臣蔵(1954)」の依田義賢が脚本を執筆、「噂の女」の溝口健二が監督に当る。撮影も同じく宮川一夫で、音楽は「千姫(1954)」の早坂文雄の担当。出演者は「銭形平次捕物控 幽霊大名」の長谷川一夫、「母の初恋」の香川京子、「君待船」の南田洋子、「新しき天」の小沢栄の外、進藤英太郎、田中春男など。

    ネット上の声

    • あなたと離れたくない・・命は惜しみません
    • 溝口映画初のヒーロー誕生☆愛と情熱が迸る
    • シェイクスピアのような息詰まる悲劇
    • 真実の愛は極刑にも勝る重さがある
    時代劇
    • 製作年1954年
    • 製作国日本
    • 時間102分
    • 監督溝口健二
    • 主演長谷川一夫
    • 定額
    • レンタル
  4. 4

    奇跡

    奇跡
    • A
    • 4.07
    デンマークの映画作家カール・テオドア・ドライヤーが、劇作家で牧師のカイ・ムンクによる戯曲「御言葉」を原作に家族の葛藤と信仰の真髄を問い、1955年・第16回ベネチア国際映画祭で金獅子賞に輝いた傑作ドラマ。 ユトランド半島で農場を営むボーオン一家。真面目だが信仰心の薄い長男は、妻インガーをお産で亡くしてしまう。家族が悲嘆に暮れる中、精神的に不安定で自らをキリストと信じる次男ヨハンネスが失踪。しかし突然正気を取り戻し、インガーの葬儀に現れる。 2021年、特集上映「奇跡の映画 カール・テオドア・ドライヤー セレクション」にてデジタルリマスター版で上映。2023年にも「カール・テオドア・ドライヤー セレクション vol.2」(23年12月23日~、シアター・イメージフォーラムほか)で上映。

    ネット上の声

    • 宗教は嫌いだが、“奇跡”は嫌いじゃない
    • 「奇跡」という言葉を考えさせられる
    • クリスチャンの心象風景
    • 胸に響く映画
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国ベルギー,デンマーク
    • 時間126分
    • 監督カール・テオドール・ドライエル
    • 主演ヘンリク・マルベルイ
  5. 次郎長三国志 第八部 海道一の暴れん坊
    • A
    • 4.06
    「次郎長三国志 第七部 初祝い清水港」に次ぐ次郎長三国志第八部。“オール読物”連載の村上元三の原作より、小川信昭、仲原俊哉が共同脚色し、「ごひいき六花撰 素ッ飛び男」のマキノ雅弘が監督している。撮影も「ごひいき六花撰 素ッ飛び男」の飯村正。出演者は前作と略々同じであるが、今回は「七人の侍」の志村喬、「風立ちぬ(1954)」の青山京子、「赤線基地」でデビューした川合玉江などが新しく出演する。

    ネット上の声

    • ウーン!一番の出来!
    • シリーズ最高傑作。
    • その刹那…。
    • 夕顔といった花を使ったり詩そのものが出てくる詩的な映画でもあり森の石松のキャラク
    時代劇
    • 製作年1954年
    • 製作国日本
    • 時間103分
    • 監督マキノ雅弘
    • 主演小堀明男
    • レンタル
  6. ダイヤルMを廻せ!
    • A
    • 4.00
    アルフレッド・ヒッチコック監督がグレイス・ケリーをヒロイン役に迎えて撮りあげた密室サスペンス。フレデリック・ノットの同名戯曲をノット自らの脚色で映画化し、妻の殺害を企む男の完全犯罪計画の行方を描く。元テニス選手のトニーは資産家の娘である妻マーゴとロンドンで暮らしているが、2人の仲はすっかり冷え切っていた。マーゴが作家のマークと不倫していることに気づいたトニーは、彼女を殺して財産を奪おうと考え、前科持ちの友人スワンに殺害を依頼。トニーはマークと一緒にパーティへ出かけてアリバイを作り、その間にスワンが夫妻の自宅へ侵入してマーゴを襲うが、思わぬトラブルが発生する。

    ネット上の声

    • オリジナル3D版を公開するなら今でしょ!
    • 巻き込まれ型サスペンスに巻き込まれろ!?
    • さすが、本格傑作ミステリーです!!
    • ということで、ヒッチ先生の作品。
    サスペンス
    • 製作年1954年
    • 製作国アメリカ
    • 時間105分
    • 監督アルフレッド・ヒッチコック
    • 主演レイ・ミランド
    • レンタル
    • 定額
  7. 7

    裏窓

    裏窓
    • B
    • 3.96
    ヒッチコックの最高傑作と評される一級サスペンス。自由気ままな生活を送っていたカメラマンがケガをし、車いすの生活を強いられる。部屋から一歩も出られず暇を持て余した彼は、隣人の生活をのぞき見る楽しさを覚える。ある日、ケンカの絶えない夫婦の妻がこつ然と姿を消す。夫の行動に不審を抱いた彼は警察に相談するが……。物語は1セットで展開されるが、構成とカメラワークが秀逸で視聴者はスクリーンとの一体感さえ感じられる。

    ネット上の声

    • 覗き見てしまった殺人!? 動けない主人公に迫る恐怖!!
    • 見る側の心理を操る、ヒッチコックの巧みさ
    • アルフレッド・ヒッチコックのすべて
    • 知りたいという人間の果てしない欲望
    サスペンス
    • 製作年1954年
    • 製作国アメリカ
    • 時間113分
    • 監督アルフレッド・ヒッチコック
    • 主演ジェームズ・スチュワート
    • 定額
  8. 二十四の瞳
    • B
    • 3.96
    「女の園」に次ぐ木下恵介監督作品。壷井栄の原作を同監督自身が脚色している。撮影も「女の園」の楠田浩之、音楽は「三つの愛」の木下忠司。出演者は「女の園」の高峰秀子、田村高廣、天本英世、「昨日と明日の間」の月丘夢路「陽は沈まず」の小林トシ子、笠智衆など。

    ネット上の声

    • 叙情性と記録性の調和が生む、静かなる反戦映画の感動と美しさ
    • 今の季節にぴったりだと思い選択
    • 木下恵介の「船」
    • 一人一人ちゃんと違う物語があって、とてもしっかりした作品でした。内容は全体的に悲
    小学校、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国日本
    • 時間156分
    • 監督木下恵介
    • 主演高峰秀子
    • レンタル
    • 定額
  9. 大阪の宿
    • B
    • 3.92
    原作は水上滝太郎。同じ三田派の久保田万太郎が監修し、「ひよどり草紙(1954)」の八住利雄と監督の五所平之助(煙突の見える場所)が共同で脚本を書いている。撮影は「叛乱」の小原譲治、音楽は「赤い自転車」の団伊玖磨。出演者は「ママの日記」の佐野周二、「春色お伝の方 江戸城炎上」の細川俊夫、「思春の泉」の左幸子、「鯉名の銀平(1954)」の乙羽信子、「君ゆえに」の安西郷子、「秘めたる母」の川崎弘子、「花祭底抜け千一夜」の城実穂、ビクター歌手の恵ミチ子などである。

    ネット上の声

    • 世の中、金、金、金…。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国日本
    • 時間122分
    • 監督五所平之助
    • 主演佐野周二
  10. 10

    道
    • B
    • 3.86
    イタリアの巨匠フェデリコ・フェリーニの代表作のひとつで、旅回りの芸人たちの悲哀を描き、第29回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞した古典的名作。貧しい家庭に生まれ育った知的障害の女性ジェルソミーナは力自慢の大道芸人ザンパノに買われ、彼の助手として旅回りに出る。粗暴で女好きなザンパノに嫌気が差したジェルソミーナは彼のもとから逃げ出すが、捕まって連れ戻されてしまう。そんなある日、2人はサーカス団と合流することになり、ジェルソミーナは綱渡りの陽気な青年と親しくなる。青年の言葉に励まされ、ザンパノのもとで生きていくことを決意するジェルソミーナだったが……。「アラビアのロレンス」のアンソニー・クインがザンパノ、フェリーニ監督の公私にわたるパートナーであるジュリエッタ・マシーナがジェルソミーナを演じた。1954年製作で日本では57年に劇場初公開。2020年、フェリーニ生誕100年を記念した「生誕100年フェデリコ・フェリーニ映画祭」(2020年7月31日~8月20日=東京・YEBISU GARDEN CINEMAほか)でも上映。

    ネット上の声

    • かけがえのない小石に気づいたザンパノの涙
    • 国際名優アンソニー・クインが強烈に印象的
    • 過ぎ去ってから気づく、「愛の痛み」の映画
    • ★二度と観たくない・・・(誉め言葉)★
    知的障害、 不幸な結末のバッドエンド
    • 製作年1954年
    • 製作国イタリア
    • 時間115分
    • 監督フェデリコ・フェリーニ
    • 主演アンソニー・クイン
    • レンタル
  11. 最後の橋
    • B
    • 3.78
    一九五四年カンヌ国際映画祭で国際賞と女優演技賞(マリア・シェル)、同年ベルリン国際映画祭で一等賞及び監督賞(ヘルムート・コイトナー)、同年セルズニック・ゴールデン・ローレル賞と数々の受賞に輝くオーストリア=ユーゴ合作映画の問題作。第二次大戦中、人道的な見地から献身的働きをしたドイツ女医の物語。「題名のない映画(1948)」のヘルムート・コイトナーがノルベール・クンツェと共同で脚本執筆の上、監督した。撮影はエライオ・カルニール、音楽はカール・デ・グルーフ。出演者は「居酒屋(1956)」のマリア・シェルをはじめスイスの舞台兼映画俳優ベルンハルト・ヴィッキ、「誰が祖国を売ったか!」の西独女優バルバラ・リュティンク、オーストリアのカール・メーナー、助監督のホルスト・ヘヒラーの他、オーストリア、西独、スイス、ユーゴの俳優たちが助演している。
    戦争、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国オーストリア,ユーゴスラビア
    • 時間104分
    • 監督ヘルムート・コイトナー
    • 主演マリア・シェル
  12. この広い空のどこかに
    • B
    • 3.76
    「三つの愛」の小林正樹が木下恵介の妹楠田芳子の脚本によって監督する。「荒城の月(1954)」の松山善太が潤色し、「えくぼ人生」の森田俊保が撮影に当る。出演者は、「真実の愛情を求めて 何処へ」の佐田啓二、「二十四の瞳(1954)」の高峰秀子、「悪の愉しさ」の久我美子、「君に誓いし」の石浜朗、小林トシ子のほか、田浦正巳、大木実、日守新一、浦辺粂子、三好栄子など。

    ネット上の声

    • 川崎より愛をこめて。
    • 昭和30年代の世相を堪能する
    • 私的には、パーフェクトな作品!!この作品には、理想とする夫婦象がち...
    • 私的には、パーフェクトな作品!!この作品には、理想とする夫婦象がち...
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国日本
    • 時間111分
    • 監督小林正樹
    • 主演佐田啓二
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  13. 心のともしび
    • B
    • 3.76
    「戦うロビン・フッド」のロス・ハンターが製作した1954年作色彩メロドラマで、かつて1935年にも映画化されたことのあるロイド・C・ダグラス(「聖衣」)の小説と当時のシナリオからウェルズ・ルートが潤色、ロバート・ブリースが脚色した。監督はダグラス・サークである。テクニカラー撮影は「すべての旗に背いて」のラッセル・メティ、音楽はフランク・スキナーの担当。主演は「青いヴェール」のジェイン・ワイマンで、「王者の剣」のロック・ハドソンが共演、ほかに「フォルウォスの黒楯」のバーバラ・ラッシュ、「三つの恋の物語」のアグネス・ムーアヘッド、「真昼の決闘」のオットー・クルーガーらが出演。

    ネット上の声

    • 総天然色の絵は綺麗ですが、それだけ
    • ダグラス・サークの出世作
    • 愛の継承、男たちの変容
    • 借りを返すとは?
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国アメリカ
    • 時間108分
    • 監督ダグラス・サーク
    • 主演ロック・ハドソン
  14. 噂の女
    • B
    • 3.74
    「山椒大夫」の依田義賢と「花のいのちを」の成澤昌茂が脚本を書き、「山椒大夫」に次ぎ溝口健二が監督、同じく宮川一夫が撮影を担当、音楽は「昨日と明日の間」の黛敏郎が当っている。主演は「女の園」の久我美子、「股旅わらじ 恋慕笠」の大谷友右衛門、「女の暦」の田中絹代、「昨日と明日の間」の進藤英太郎、「殴り込み孫悟空」の峰幸子、阿井三千子等である。

    ネット上の声

    • ケンジミゾグチ作品4作目はフォロワー様が挙げてくださったこちら
    • 溝口さんは廓主人の絹代さんが好きだった?
    • 一部上場中堅スーパークラスの佳作。
    • "女"の内面をしっかり描けた作品☆3つ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国日本
    • 時間84分
    • 監督溝口健二
    • 主演田中絹代
  15. 第十一号監房の暴動
    • B
    • 3.74
    刑務所の所長レイノルズは囚人たちの待遇改善について刑務委員会に進言。しかしこれが受け入れられず、囚人たちの暴動が起こる。首謀者のダンとカーニーは必死の抵抗を試みる。レイノルズは彼らとの交渉を開始するが。囚人たちの戦いを描いたドラマ。

    ネット上の声

    • コワモテ俳優のネヴィル・ブランド(←少なくとも善玉ではないことが直ぐわかる面構え
    • 登場人物のパーソナルな部分がほぼ描かれずに事が始まるので「暴力」とか「集団」とか
    • 看守に連絡をさせまいと奥まった廊下で追うシーンの撮影が、今まさに撮っているという
    • スクリーンの中で騒ぎ暴れ回る囚人たちの熱量がとてつもないので映画館内の室温が上が
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国アメリカ
    • 時間80分
    • 監督ドナルド・シーゲル
    • 主演ネヴィル・ブランド
  16. 逮捕命令
    • B
    • 3.66
    「対決の一瞬」のアラン・ドワン監督が作った西部劇。脚本を「地獄の道連れ」のカレン・デ・ウォルフが執筆、撮影は「対決の一瞬」のジョン・アルトンが担当している。音楽ルイス・フォーブス。出演するのは「対決の一瞬」のジョン・ペイン、「さまよう青春」のリザベス・スコット、「夜の道」のダン・デュリエ、新人ドロレス・モラン、ハリー・ケイリー・ジュニア、アラン・ヘール・ジュニア等。製作ベネディクト・ボジャース。テクニカラー・RKOスコープ。1955年作品。

    ネット上の声

    • 「真昼の決闘」より鋭い批判
    • 製作年1954年
    • 製作国アメリカ
    • 時間80分
    • 監督アラン・ドワン
    • 主演ジョン・ペイン
  17. 現金に手を出すな
    • B
    • 3.65
    フランスの名匠ジャック・ベッケル監督によるギャング映画の傑作。初老のギャング、マックスと相棒のリトンは、パリの飛行場から5千万フランの金塊を強奪することに成功する。2人はこの仕事を最後に暗黒街からの引退を考えていたが、リトンがナイトクラブの女にうっかり口をすべらせたことから、麻薬密売のボス、アンジェロに目をつけられる。ジャン・ギャバンが初老のギャングを見事に演じ、ベネチア映画祭主演男優賞を受賞。

    ネット上の声

    • ジャン・ギャバン主演の古典ギャング映画の代表作です
    • フランス映画の巨匠、ジャック・ベッケル
    • 「おれは疲れているんだ」がしかし、、、
    • ゆったりとしたテンポながら退屈しない
    アクション
    • 製作年1954年
    • 製作国フランス,イタリア
    • 時間96分
    • 監督ジャック・ベッケル
    • 主演ジャン・ギャバン
    • 定額
  18. 18

    どぶ

    どぶ
    • C
    • 3.62
    「女の一生(1953)」に次ぐ新藤兼人監督の近代映画協会作品。製作は吉村公三郎で、脚本は「足摺岬」の新藤兼人と「学生五人男」の棚田吾郎の共同によるオリジナル・シナリオ。撮影は「女の一生(1953)」の伊藤武夫、音楽は「足摺岬」の伊福部昭が担当している。出演者は「大阪の宿」の乙羽信子、「美しい人」の宇野重吉、「足摺岬」の殿山泰司など。

    ネット上の声

    • “気狂い”のふりをする、正常のふりをする。
    • どぶを楽園と勘違いしたつるの純心と死
    • 乙羽信子おおあばれ!
    • 最後の広場のシーンの行き場のない虚しさと怒り、眼と全身から地響きのように伝わって
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国日本
    • 時間114分
    • 監督新藤兼人
    • 主演乙羽信子
  19. ゴジラ
    • C
    • 3.60
    1954年に東宝が製作・公開した特撮怪獣映画の金字塔。太平洋の沖合いで船舶が次々に沈没する事件が発生。数少ない生存者が、巨大な怪獣の目撃談をもたらす。古生物学者の山根博士や助手で娘の恵美子、その恋人でサルベージ機関の所長・尾形らで結成された調査団が事件現場近くに浮かぶ大戸島に派遣され、やがて彼らの前に怪獣が姿を現す。島の古い言い伝えから「ゴジラ」と命名された怪獣は、密かに生き残っていた太古の生物が、繰り返される水爆実験の放射能の影響で目を覚ましたものであるとされ、対応策が練られる。しかし、その強大な力に人間たちは成すすべもなく、東京に上陸したゴジラは街を火の海に変えていく。その頃、山根博士の愛弟子である科学者の芹沢は、ゴジラにも有効な恐るべき発明を実現させていた。その技術がいつか悪用されることを恐れ、使用をためらっていた芹沢だったが……。98年にはローランド・エメリッヒ監督によるハリウッド版も製作。そして60周年を迎えた2014年、2度目のハリウッド版「GODZILLA ゴジラ」(ギャレス・エドワーズ監督)の製作・公開を記念し、原点である本作が「ゴジラ 60周年記念デジタルリマスター版」としてリバイバル公開された。

    ネット上の声

    • マトリックスを撮りたかった北村監督、怪獣映画を依頼した東宝
    • 地球を救うのはゴジラ?ミニラ?それとも泉谷しげるか?
    • 華々しいラストとは言えないが、何だかんだ言って好き
    • 怪獣を操るX星人VSミュータント地球防衛軍
    特撮、 ゴジラ
    • 製作年1954年
    • 製作国日本
    • 時間97分
    • 監督本多猪四郎
    • 主演志村喬
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  20. 麗しのサブリナ
    • C
    • 3.57
    オードリー・ヘプバーンが「ローマの休日」の翌年に出演した作品で、ビリー・ワイルダー監督によるロマンティックコメディ。大富豪ララビー家に仕える運転手の娘サブリナが、富豪の次男に恋をする。父親や使用人仲間は不毛な恋を忘れさせるため、サブリナをパリへ送り出す。2年後、サブリナは洗練された淑女となって帰国。その変貌ぶりに、次男やその兄は使用人の娘であることに気がつかず……。2013年、特集上映「スクリーン・ビューティーズ Vol.1 オードリー・ヘプバーン」にてデジタルリマスター版が公開。

    ネット上の声

    • てっきりカラー作品と思ってました。違うのね。 コメディとはいえ話に...
    • モノクロだけど確実に光るロマコメ!
    • ☆…月とスフレと、バラ色の人生…☆
    • ヘップバーンって微妙じゃね?
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国アメリカ
    • 時間113分
    • 監督ビリー・ワイルダー
    • 主演オードリー・ヘプバーン
    • レンタル
    • 定額
  21. 山の音
    • C
    • 3.52
    川端康成の原作を、「にごりえ」の水木洋子が脚色、「あにいもうと(1953)」の成瀬巳喜男が監督した。「愛人」の玉井正夫の撮影、「恋文(1953)」の斎藤一郎の音楽である。主な主演者は、「にごりえ」の山村聡、丹阿弥谷津子、長岡輝子、「東京物語」の原節子、「にっぽん製」の上原謙、「家族あわせ」の角梨枝子、「純情社員」の杉葉子、「恋文(1953)(1953)」の中北千枝子など。

    ネット上の声

    • 成瀬監督とスタッフの手腕が結集された逸品
    • 奥行きが深く見えるビスタ(展望)
    • 原作をここまでうまく映画化できる
    • 原作を読まないとわからない要素
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国日本
    • 時間95分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演原節子
    • レンタル
    • 定額
  22. 22

    晩菊

    晩菊
    • C
    • 3.51
    藤本真澄製作による林芙美子原作の映画化。「めし」のコンビ田中澄江(魅せられたる魂)と井手俊郎(落語長屋は花ざかり)が共同脚色し、「山の音」の成瀬巳喜男が監督している。撮影は「芸者小夏」の玉井正夫、音楽は「金色夜叉(1954)」の斎藤一郎。出演者は「勲章」の杉村春子、「わたしの凡てを」の上原謙、有馬稲子、「七人の侍」の加東大介、「御ひいき六花撰 素ッ飛び男」の小泉博などである。

    ネット上の声

    • 元芸者の女性たちを冷徹に描いた傑作
    • お金がないのは不幸か
    • 因業ばあさんに共感
    • 芸者のその後
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国日本
    • 時間102分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演杉村春子
    • レンタル
    • 定額
  23. 女の園
    • C
    • 3.51
    「日本の悲劇」の木下恵介が脚色監督に当る作品で、製作は「東京物語」の山本武。“群像”に掲載された阿部知二の小説『人工庭園』が原作である。撮影は「日本の悲劇」の楠田浩之、音楽は「慶安水滸伝」の木下忠司の担当。主演者は「今宵誓いぬ」の高峰三枝子と「第二の接吻」の高峰秀子が初顔合せするほか、「にごりえ」の久我美子、「家族会議」の岸恵子が共演し、以下「陽のあたる家(1954)」の田浦正巳、阪東妻三郎の遺児田村高広(映画第一回出演)、「伊津子とその母」の金子信雄、「東京物語」の東山千栄子、「君の名は」の望月優子、浪花千栄子、井川邦子、三木隆、新人末永功などが出演し、ほかに俳優座劇団員が大挙出演する。

    ネット上の声

    • 戦後の腐敗・堕落を強調し、男女間の道徳など封建的な考えを演説する教師たち。
    • 自由と人権を求めた女性映画の記念碑的な傑作にある、木下監督の強い意思
    • 「・・様」「・・様」の激しいディベート
    • 美しさは、悲しみの中にある!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国日本
    • 時間137分
    • 監督木下恵介
    • 主演高峰秀子
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  24. 波止場
    • C
    • 3.51
    「欲望という名の電車」のエリア・カザン監督とマーロン・ブランドが再タッグを組み、1955年・第27回アカデミー賞で作品賞・監督賞・主演男優賞など8部門に輝いた社会派ドラマ。元ボクサーの青年テリーは、現在はギャングのジョニーが支配するニューヨークの波止場で働いている。ある日、テリーと兄チャーリーはジョニーに命じられ、殺人事件に関わってしまう。やがて被害者の妹イディと知り合ったテリーは、兄の死の真相を追求しようとする彼女に心惹かれていく。イディに感化され、自らの信念に基づいて生きることに目覚めるテリーだったが……。後に「北北西に進路を取れ」などに出演するエバ・マリー・セイントがイディを演じ、映画初出演にしてアカデミー助演女優賞を受賞した。

    ネット上の声

    • マーロン・ブランドの魅力に引き込まれます
    • マーロンの演技に強烈に引き込まれます。
    • M・Bの存在が光る!それでも男は戦う!
    • マーロン・ブランドが素晴らしい
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国アメリカ
    • 時間108分
    • 監督エリア・カザン
    • 主演マーロン・ブランド
    • レンタル
    • 定額
  25. 大砂塵
    • C
    • 3.50
    「突然の恐怖」のジョーン・クローフォードが主演する1954年作色彩(トルカラー)西部劇。ロイ・チャンスラーの小説を「魔術の恋」のフィリップ・ヨーダンが脚色し、新人ニコラス・レイが監督した。撮影は「女性よ永遠に」のハリー・ストラドリング、音楽は「テキサス街道」のヴィクター・ヤングである。共演者は「アスファルト・ジャングル」のスターリング・ヘイドン、マーセデス・マッケインブリッジ(“All the King's Menでアカデミー助演賞受賞)、「夜歩く男」のスコット・ブラディ、「素晴らしき哉、人生!」のワード・ボンド、ベン・クーパーなどである。

    ネット上の声

    • ニコラス・レイの西部劇
    • 強い女性の西部劇
    • 見応えある西部劇
    • 女の闘い・・・
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国アメリカ
    • 時間109分
    • 監督ニコラス・レイ
    • 主演スターリング・ヘイドン
  26. ホワイト・クリスマス
    • C
    • 3.49

    クリスマス映画の隠れた名作

    パラマウントの新方式映画ヴィスタビジョンの第1回作品で、アーヴィング・バーリンの原案作詞作曲になる色彩ミュージカル。製作は作曲家出身のロバート・エメット・ドーラン(「聖メリイの鐘」)で、「青いヴェール」のノーマン・クラスナと「あの手この手」のティーム・ノーマン、パナマ=メルヴィン・フランク3名の合作のシナリオから「エジプト人」のマイケル・カーティスが監督した。撮影は「巨象の道」のロイヤル・グリグス。「失われた少年」のビング・クロスビー、「あの手この手」のダニー・ケイ、「楽しき我が家」のローズマリー・クルーニー、「土曜は貴方に」のヴェラ・エレン、「聖衣」のディーン・ジャガー、メアリー・ウィクス、ジョン・ブラッシア、アン・ホイットフィールドらが出演。

    ネット上の声

    • ビング・クロスビーの低音に参った!
    • I’m dreaming of a white Christmas~ꀸ.⋆*⍋*
    • 歌が良い、ダンスが良い。
    • ザッツ・エンタテイメント
    クリスマス、 ミュージカル
    • 製作年1954年
    • 製作国アメリカ
    • 時間120分
    • 監督マイケル・カーティス
    • 主演ビング・クロスビー
    • レンタル
  27. 掠奪された七人の花嫁
    • C
    • 3.47
    「君知るや南の国」のジャック・カミングスが1954年に製作したシネマスコープ色彩ミュージカル。ピュリッツァ賞作家スティーブン・ヴィンセント・ベネットの原作を「ローズ・マリイ(1936)」のコンビ、アルバート・ハケットとフランセス・グッドリッチに「水着の女王」のドロシー・キングスリーが加って脚色、「踊る大紐育」のスタンリー・ドーネンが監督した。アンスコカラーの撮影監督は「第8ジェット戦闘機隊」のジョージ・フォルシー、音楽監督はアドルフ・ドイッチュである。出演者は、「ローズ・マリー(1954)」のハワード・キール、「スイングの少女」のジェーン・パウエル、ジェフ・リチャーズ、ジュリー・ニューメイヤー、ラス・タンブリン、ナンシー・キルガス、トミー・ロール、ヴァージニア・ギブソンなど。

    ネット上の声

    • NO.82「り」のつく元気になった洋画
    • たった一人の愛、または誰でもよい愛
    • 7人の花嫁と7人の兄弟
    • 楽しい映画です。
    ミュージカル、 アクション
    • 製作年1954年
    • 製作国アメリカ
    • 時間102分
    • 監督スタンリー・ドーネン
    • 主演ハワード・キール
    • レンタル
  28. 愛と死の谷間
    • C
    • 3.43
    五所平之助が「大阪の宿」に次いで監督する映画で、脚本は「煙突の見える場所」の椎名麟三の書卸し、撮影は「大阪の宿」の小原譲治、音楽は「にごりえ」の芥川也寸志の担当である。主なる出演者は「にごりえ」の芥川比呂志、「黒い潮」の津島恵子、「人生劇場 望郷篇 三州吉良港」の宇野重吉、「どぶ」の乙羽信子、「学生心中」の木村功、「泥だらけの青春」の高杉早苗、「愛」の安西郷子で、そのほか飯田蝶子、伊藤雄之助、多々良純等である。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督五所平之助
    • 主演津島恵子
  29. 億万長者
    • C
    • 3.42
    青年俳優クラブの自主作品。「わたしの凡てを」の市川崑が監督に当り、脚本は作家で「壁あつき部屋」のシナリオを書いた安部公房、漫画家の横山泰三、「明日はどっちだ」の長谷部慶次、「わたしの凡てを」の和田夏十が市川崑と協力して執筆し、「どぶ」の伊藤武夫が撮影に当り、「泥だらけの青春」の伊福部昭が作曲を受けもった。出演者は「学生心中」の木村功、「噂の女」の久我美子、「三つの愛」の伊藤雄之助、「雲は天才である」の岡田英次、「石中先生行状記 青春無銭旅行」の左幸子、「若旦那と踊子」の高橋豊子、「太陽のない街」の信欣三、加藤嘉、多々良純、北林谷栄等である。

    ネット上の声

    • こんなにおもしろい映画があったとは・・・。
    • エキセントリック崑
    • くそ真面目
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国日本
    • 時間83分
    • 監督市川崑
    • 主演木村功
  30. やくざ囃子
    • C
    • 3.41
    竹中香企画、滝村和男製作による東京映画・滝村プロ提携作品。「一等マダムと三等旦那」の松浦健郎の脚本を、「次郎長三国志 第八部 海道一の暴れん坊」のマキノ雅弘が監督している。撮影は「風立ちぬ(1954)」の三村明。出演者は「昨日と明日の間」の鶴田浩二、「芸者小夏」の岡田茉莉子、「国定忠治(1954)」の花柳小菊「二挺拳銃の龍」の河津清三郎「次郎長三国志 第八部 海道一の暴れん坊」の田崎潤、田中春男、森健二などである。

    ネット上の声

    • 好きです。好きよ♡
    • 製作年1954年
    • 製作国日本
    • 時間88分
    • 監督マキノ雅弘
    • 主演鶴田浩二
  31. フレンチ・カンカン
    • C
    • 3.36
    ハリウッドでも活躍した名匠ジャン・ルノワールが15年ぶりに祖国フランスでメガホンをとった名作ミュージカル。ベルエポックの華やかなパリを舞台に、キャバレー「ムーラン・ルージュ」とフレンチ・カンカンの誕生を、虚実入混ぜながら色彩豊かに描き出す。1888年、パリ。興行師ダングラールは下町モンマルトルのキャバレーで踊り子ニニを見初め、自分の店を売り払ってそのキャバレーを買い取り「ムーラン・ルージュ」と改名。ニニを踊り子たちの中心に据え、カンカンを上演するキャバレーとして開店の準備を進めるが、次から次へとトラブルが舞い込み……。「大いなる幻影」でもルノワール監督と組んだジャン・ギャバンが主演を務め、エディット・ピアフらシャンソン歌手も多数出演。

    ネット上の声

    • そもそもの色彩感覚や美的感覚が私のそれとは合ってない上に話の起伏もそこまでないた
    • 「このあたりは物騒ですから、決してはぐれないで下さい」
    • ルノワールらしい色彩美とカンカンの魅力!
    • 大きなスクリーンで観られた幸せ。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国フランス
    • 時間102分
    • 監督ジャン・ルノワール
    • 主演ジャン・ギャバン
    • 定額
  32. 君ゆえに
    • C
    • 3.36
    富田常雄の原作『若草』より「思春の泉」の館岡謙之助が脚色し、「忍術罷り通る」の野村浩将が監督している。撮影は「若さま侍捕物帳 恐怖の折り鶴」の平野好美、音楽は「伊豆の佐太郎」の上原げんと。出演者は「鼠小僧色ざんげ 月夜桜」の中山昭二、「霧の第三桟橋」の安西郷子、舟橋元、「娘十六ジャズ祭」の新倉美子、「山椒大夫」の菅井一郎などのほか、SKD出身の美雪さゆりが美雪節子と改名し、第一回出演する。
    • 製作年1954年
    • 製作国日本
    • 時間89分
    • 監督野村浩将
    • 主演安西郷子
  33. エノケンの天国と地獄
    • C
    • 3.36
    故永見隆二の原案から山下与志一が脚本を書き、「芸者秀駒」の佐藤武が監督する。撮影は「乾杯!女学生」の岡戸嘉外、音楽は「新鞍馬天狗 第一話 天狗出現」の三木鶏郎の担当。出演者は「落語長屋お化け騒動」の榎本健一、丹下キヨ子、三木のり平、「君死に給うことなかれ」の若山セツ子、「東尋坊の鬼」の鮎川浩、鳥羽陽之助、「土曜日の天使」の清川虹子などである。
    コメディ
    • 製作年1954年
    • 製作国日本
    • 時間88分
    • 監督佐藤武
    • 主演榎本健一
  34. 黄金のかもしか
    • C
    • 3.35
    アニメ
    • 製作年1954年
    • 製作国ソ連
    • 時間---分
    • 監督レフ・アタマーノフ
    • 主演---
  35. グレン・ミラー物語
    • C
    • 3.32
    「怒りの河」「雷鳴の湾」のトリオ、製作アーロン・ローゼンバ ーグ、監督アンソニー・マン、主演ジェームズ・スチュアートによるテクニカラーの音楽映画1953年作品で、バンド・リーダーとしてまたトロンボーン奏者として高名の故グレン・ミラーの生涯を描く。脚本は「夫は偽物」のヴァレンタイン・デイヴィース、撮影は「雷鳴の湾」のウィリアム・ダニエルス、音楽監督はジョセフ・ガーシェンソンの担当。共演者はMGMをはなれたジューン・アリソン、「白昼の脱獄」のヘンリイ・モーガン、「ウィンチェスター銃'73」のチャールズ・ドレイク、マリオン・ロス、ジョージ・トビアス、シグ・ルーマンらで、それにルイ・アームストロング、ジーン・クルーパ、ベン・ポラックらのジャズメンが特別出演する。

    ネット上の声

    • ジャズのナンバーが心地いい☆3つ
    • 「アメリカの象徴」たる名コンビ
    • 夢や希望を信じていたアメリカ。
    • スウィング・ジャズはいかが?
    ヒューマンドラマ、 実話
    • 製作年1954年
    • 製作国アメリカ
    • 時間117分
    • 監督アンソニー・マン
    • 主演ジェームズ・スチュワート
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  36. 娘十六ジャズ祭
    • C
    • 3.30
    「青春ジャズ娘」につづく新東宝のジャズ物第二作。「半処女」の赤坂長義と「若さま侍捕物帳 恐怖の折り鶴」の京中太郎の脚本によって、「わが恋はリラの木蔭に」の井上梅次が監督した。撮影は「一等女房と三等亭主」の岩左一泉、音楽は「にっぽん製」の大森盛太郎である。ジャズの少女歌手雪村いづみ(ビクター)を中心に、「青春ジャズ娘」の片山明彦、高島忠夫、フランキー堺(シックス・シモンズ)、新倉美子、「憧れの星座」の高田稔、「北海の虎」の植村謙二郎、「一等女房と三等亭主」の大谷伶子、「東京マダムと大阪夫人」の丹下キヨ子、「女の一生(1953)」の清川玉枝などの他、古川緑波、清水金一(シミキン)、柳家金語楼、三木のり平等ショウ・マンが協力している。出演バンドは、多忠修とビクター・オールスターズ、与田輝雄とシックス・レモンズなど。

    ネット上の声

    • あの歌に日本語の歌詞が付いているとは!
    音楽
    • 製作年1954年
    • 製作国日本
    • 時間92分
    • 監督井上梅次
    • 主演雪村いづみ
  37. ホブスンの婿選び
    • C
    • 3.29
    「超音ジェット機」のデイヴィッド・リーンが一九五四年に製作監督した喜劇。ハロルド・ブリグハウスが一九一六年に発表した戯曲から、リーン、協同製作者のノーマン・スペンサー、ウィンヤード・ブラウンの三人が共同で脚色した。撮影は「超音ジェット機」のジャック・ヒルドヤード、音楽は「地中海夫人」のマルコム・アーノルドである。出演者は「悲恋の王女エリザベス」のチャールズ・ロートン、「大いなる遺産」のジョン・ミルズ、「紫の平原」のブレンダ・デ・バンジー、「三文オペラ」のダフニ・アンダーソン、プリュネラ・スケイルズ、「浮気は巴里で」のリチャード・ワッティス、デレク・ブロムフィールドなど。

    ネット上の声

    • デヴィッド・リーン監督のコメディ、すごくおもしろい!脚本がうまい
    • 自分の世話をさせるため結婚適齢期が過ぎても娘を嫁に出そうとしない頑固で偏屈な靴屋
    • 自分勝手な理由で結婚に反対する父親と、それに対抗してなんとか結婚しようと画策する
    • 端から端まで好感の持てない人間しか出てこないあたり、流石イギリス映画だなぁ……と
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国イギリス
    • 時間107分
    • 監督デヴィッド・リーン
    • 主演チャールズ・ロートン
    • 定額
  38. 心の日月
    • C
    • 3.28
    かつて映画化された菊池寛原作の再映画化で「再会(1953)」の木村恵吾と「黒豹」の田辺朝二とが共同でかいた脚本により木村恵吾が監督する。撮影は「続々十代の性典」の姫由真佐久、音楽は「山を守る兄弟」の米山正夫の担当である。主な出演者は「無法者」の若尾文子、菅原謙二、「母の湖」の船越英二、新人立山美雪、「にっぽん製」の三田隆、「この太陽」の村田知英子、「続砂絵呪縛 雪女郎」の水戸光子など。

    ネット上の声

    • 1950年代の飯田橋駅周辺
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督木村恵吾
    • 主演菅原謙二
  39. ケイン号の叛乱
    • C
    • 3.28
    世界的なベストセラーでピュリツァ賞を受けたハーマン・ウークの同名小説の映画化。「乱暴者」のスタンリー・クレイマーの製作になる。「セールスマンの死」のスタンリー・ロバーツが脚色し、「コンクリートの中の男」のエドワード・ドミトリクが監督にあたった。テクニカラー色彩撮影は「ローマの休日」のフランク・プラナー、音楽は「勇魂よ永遠に」のマックス・スタイナー。出演者は「悪魔をやっつけろ」のハンフリー・ボガート、「雨に濡れた欲情」のホセ・フェラー、「二世部隊」のヴァン・ジョンソン、「深夜の告白」のフレッド・マクマレイ、新人ロバート・フランシスおよびメイ・ウィン、アーサー・フランツ、トム・タリー、E・G・マーシャル、アーサー・フランツ、リー・マーヴィンなど。

    ネット上の声

    • 正義と勇気の名の元、適格な資質を問う名作
    • かっこ良くないボギーに引き付けられる
    • ボギーの悪役が憎たらしいほど巧い。
    • ハンフリー・ボガート小っちゃい
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国アメリカ
    • 時間124分
    • 監督エドワード・ドミトリク
    • 主演ハンフリー・ボガート
    • レンタル
  40. 夏の嵐
    • C
    • 3.24
    オペラ的な要素とリアリズムを融合した絢爛豪華な時代絵巻。19世紀後半、オーストリア支配下のベネチアで出会った伯爵夫人と美しい青年将校。青年に恋をした伯爵夫人は、彼のために軍資金を横流しする。一途な愛を貫く伯爵夫人を演じたアリダ・バリは、ハリウッドでも活躍し、「第三の男」の恋人役で知られる。青年将校役は、ルキノ・ビスコンティの初監督作「郵便配達は二度ベルを鳴らす」で流れ者の主人公を演じたマッシモ・ジロッティ。

    ネット上の声

    • 公開当時の日本では政治の「夏の嵐」が吹き荒れていたそうです
    • 女たらしの軍将校兵と公爵夫人の救われないラスト
    • 人間を 何処まで堕とす ヴィスコンティ
    • メロドラマをなめてはいかんぜよ!(笑)
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国イタリア
    • 時間119分
    • 監督ルキノ・ヴィスコンティ
    • 主演アリダ・ヴァリ
  41. 洪水の前
    • C
    • 3.24
    「裁きは終わりぬ」、「われわれは皆殺人者だ」につぐ、アンドレ・カイヤットの監督作品で一九五四年カンヌ映画祭で国際大賞を得ている。脚本はカイヤットとシャルル・スパークが協力して書き卸し、台詞もスパークが担当した。撮影はジャン・ブルゴワン、音楽は「悪魔のような女」のジョルジュ・ヴァン・パリス。主な出演者はこの作品で日本に本格的デビューするマリナ・ヴラディ、「埋れた青春」のジャック・シャバッソールに加えて「旅情」のイザ・ミランダ、「寝台の秘密」のベルナール・ブリエ、「女優ナナ(1955)」のポール・フランクールらが顔をそろえている。

    ネット上の声

    • カイヤット
    • 人生そして社会って何だろうか
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国フランス
    • 時間139分
    • 監督アンドレ・カイヤット
    • 主演マリナ・ヴラディ
  42. スタア誕生
    • C
    • 3.21
    無名の歌手が落ち目の俳優に見いだされ映画スターとして成功していく姿を描いたミュージカル映画。1932年の映画「栄光のハリウッド」を下敷きにした1937年の映画「スタア誕生」を、「栄光のハリウッド」を手がけたジョージ・キューカー監督自らのメガホンでリメイクした。有名映画俳優のノーマンは、泥酔して映画基金募集ショーの舞台に飛び出してしまう。出演していた歌手エスターが機転を利かせ、その場を上手くとりなす。エスターにスターとしての素質を感じたノーマンは彼女に映画出演を勧め、相手役に抜てき。出演したミュージカル映画は大ヒットし、エスターはスター女優の仲間入りを果たす。ノーマンとエスターは結婚し、2人は幸せな人生を手に入れたかと思われた。しかしエスターが名声を得る一方で、落ち目のノーマンは酒に溺れる日が続き……。「オズの魔法使」のジュディ・ガーランドがエスター、「ロリータ」のジェームズ・メイソンがノーマンを演じ、1955年・第12回ゴールデングローブ賞でそれぞれ主演女優賞と主演男優賞を受賞した。

    ネット上の声

    • カーネギーホールコンサートの前座映画
    • 確かに、スターは誕生したけれど…
    • ジュディガーランドの素晴らしさ
    • 復活するはずだった、が…
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国アメリカ
    • 時間154分
    • 監督ジョージ・キューカー
    • 主演ジュディ・ガーランド
    • レンタル
  43. 次郎長三国志 第七部 初祝い清水港
    • C
    • 3.20
    「次郎長三国志 第六部 旅がらす次郎長一家」につづく次郎長三国志第七部。主なスタッフ、キャストは共通だが、新しく「幸福さん」の木匠マユリ、新人紫千鶴などが登場する。

    ネット上の声

    • コミカルな次郎長もの。
    • 良いが・・・しかし
    • ねえちゃんが優しくしてくれるから、嬉しくて泣くんだよお。 母ちゃんがいないから、悲しくて泣くんだよお。
    • ボロボロになりながらも無事清水に帰った次郎長一家がお蝶の百箇日を待って復讐する話
    時代劇
    • 製作年1954年
    • 製作国日本
    • 時間87分
    • 監督マキノ雅弘
    • 主演小堀明男
    • レンタル
  44. 遠い国
    • C
    • 3.20
    「ウィンチェスター銃'73」とまったく同じく、主演ジェームズ・ステュワート(「グレン・ミラー物語」)、製作アーロン・ローゼンバーグ(「グレン・ミラー物語」)、脚本ボーデン・チェイス(「怒りの河」)、監督アンソニー・マン(「グレン・ミラー物語」)、撮影ウィリアム・ダニエルス(「グレン・ミラー物語」)、音楽ジョセフ・ガーシェンソン(「ジョニイ・ダーク」)などのティームによる西部劇映画1954年作品。共演者は「暗黒街脱出」のルース・ローマン、「栄光何するものぞ」のコリンヌ・カルヴェ、「死の砂塵」のウォルター・ブレナン、「ミシシッピの賭博師」のジョン・マッキンタイア、ジェイ・C・フリッペン、ヘンリー・モーガンなど。色彩はテクニカラー。

    ネット上の声

    • イーストウッドまであと一歩
    • イーストウッドはまでは一歩
    • 「ペイルライダー」へと繋がる西部劇
    西部劇
    • 製作年1954年
    • 製作国アメリカ
    • 時間97分
    • 監督アンソニー・マン
    • 主演ジェームズ・スチュワート
  45. 暁の出撃
    • C
    • 3.19
    第二次大戦中の1943年。イギリスは敵国・ドイツの心臓部ともいえるルール地方の3つのダムを破壊し、工業都市を水攻めにする作戦を立てる。実行部隊として白羽の矢が立ったギブソン少佐率いるランカスター爆撃機は、猛訓練の末、満水期の夜に作戦を決行する。

    ネット上の声

    • 多くの人に勧めたい傑作でした!復刻DVDの高騰にも納得
    • プロジェクトXみたい
    • 陸『T-34』
    • 奇策の戦略爆撃作戦、白黒映画でよりそのドキュメンタリー性が高まるが、今日的視点で
    空中戦(ドッグファイト)、 アクション
    • 製作年1954年
    • 製作国イギリス
    • 時間102分
    • 監督マイケル・アンダーソン
    • 主演マイケル・レッドグレーヴ
    • 定額
  46. 仕組まれた罠
    • C
    • 3.16

    ネット上の声

    • 帰還兵の倫理
    サスペンス
    • 製作年1954年
    • 製作国アメリカ
    • 時間91分
    • 監督フリッツ・ラング
    • 主演グレン・フォード
    • レンタル
  47. 女の暦
    • C
    • 3.16
    壷井栄の処女作『暦』より井手俊郎(落語長屋は花ざかり)と中河百々代が脚色し、「放浪記(1954)」の久松静児が新東宝で初のメガフォンを握っている。撮影は「恋文(1953)」の鈴木博、音楽は「ママの新婚旅行」の斎藤一郎が担当。出演者は「山椒大夫」の田中絹代、「悪魔が来たりて笛を吹く(1954)」の杉葉子、「一等マダムと三等旦那」の轟夕起子、「勲章」の香川京子、「巌ちゃん先生行状記 処女合戦」の舟橋元、「狂宴」の三島雅夫などである。

    ネット上の声

    • 85点 女ばかりで賑わう賑わう。
    • 昔は子沢山だったんだな~。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国日本
    • 時間100分
    • 監督久松静児
    • 主演杉葉子
  48. 真実一路
    • C
    • 3.15
    昭和十年から翌年にかけて“主婦之友”誌上に連載され、昭和十二年には田坂具隆監督の手によって映画化(日活多摩川)された山本有三の同名小説の再映画化。製作は「青春三羽烏」の小倉武志。「蛮から社員」の椎名利夫の脚本を「お嬢さん社長」の川島雄三が監督し、「東京マダムと大阪夫人」の高村倉太郎が撮影している。音楽、美術ともに「家族会議」の黛敏郎、浜田辰雄の担当である。出演者は「山の音」の山村聡、「蛮から社員」の淡島千景、「日本の悲劇」の桂木洋子、「家族会議」の佐田啓二、「春の若草」の三島耕、「求婚三人娘」の多々良純、須賀不二男のほか、劇団若草の水村国臣(北海の虎)、伊藤久子、先頃募集した若宮崇令、細谷一郎などの少年群が出演している。

    ネット上の声

    • んん、よく判らない
    • 嘘か、真か
    • 矢津先生超~イケメン(///ω///)♪
    • 矢津先生超~イケメン(///ω///)♪
    文芸・史劇
    • 製作年1954年
    • 製作国日本
    • 時間139分
    • 監督川島雄三
    • 主演山村聡
  49. 放射能X
    • C
    • 3.14
    「フェザー河の襲撃」のデヴィッド・ウィスバートが製作した空想科学スリラー1954年作品。ジョージ・ワーシング・イェイツの原作を「井戸」のラッセル・ヒューズが潤色、「地獄への退却」のテッド・シャーデマンが脚色し、「フェザー河の襲撃」のゴードン・ダグラスが監督にあたった。「死の砂塵」のシド・ヒコックスが撮影を、「荒原の疾走」のブロニスロー・ケイパーが音楽をそれぞれ担当。出演者は「アスファルト・ジャングル」のジェームズ・ウィットモア、「北京超特急」のエドモンド・グウェン、「コマンド」の新人ジョーン・ウェルドン、「ホンドー」のジェームズ・アーネス、オンスロー・スティーヴンスらである。

    ネット上の声

    • みんな大好き🐜アリさんマークの引越しセンター、とは全然関係ない凶悪巨大アリ🐜主演
    • 突然変異で巨大化した蟻のモンスターパニック映画
    • B級映画っぽいけど、結構大作ですよ。
    • 原水爆の恐怖より環境破壊の恐怖だな
    パニック
    • 製作年1954年
    • 製作国アメリカ
    • 時間94分
    • 監督ゴードン・ダグラス
    • 主演ジェームズ・ホイットモア
    • レンタル
    • 定額
  50. 50

    潮騒

    潮騒
    • C
    • 3.13
    ベストセラーになった三島由紀夫の同名の小説から、「君死に給うことなかれ」で台詞を担当した文学者の中村真一郎と「赤線基地」の谷口千吉が共同で脚色し、谷口千吉が監督に当る。撮影は「水着の花嫁」の完倉泰一、音楽は「噂の女」の黛敏郎である。出演者は新進の久保明に「よい婿どの」の青山京子の外、「七人の侍」の三船敏郎、「若き血は燃えて」の大刀川洋一、「その後のウッカリ夫人とチャッカリ夫人」の沢村貞子など。

    ネット上の声

    • 潮騒の映画化の中で、最も完成度が高い
    青春
    • 製作年1954年
    • 製作国日本
    • 時間96分
    • 監督谷口千吉
    • 主演久保明

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。