全50作品。1954年の映画ランキング

  1. 七人の侍

    七人の侍
    評価:S4.16
    ヴェネチア国際映画祭(1954年・銀獅子賞) 戦国時代の貧しい農村を舞台に、野盗と化した野武士に立ち向かうべく農民に雇われた侍たちの闘いを描いた作品。黒澤明監督による日本映画の傑作。

    アクション、時代劇

    ネット上の声

    侍たちよ、永遠なれ!~日本映画最高峰にして伝説的傑作
    世界映画史に輝く、黒澤作品最高傑作!
    こうゆう映画を、たまにはカケテヨ!
    決して色褪せない傑作エンタメ時代劇
    製作年:1954
    製作国:日本
    監督:黒澤明
    主演:三船敏郎
    1
  2. 奇跡

    奇跡
    評価:S4.11
    ゴールデン・グローブ賞(1955年)

    ヒューマンドラマ
    製作年:1954
    製作国:ベルギー/デンマーク
    監督:カール・テオドール・ドライエル
    主演:ヘンリク・マルベルイ
    2
  3. この広い空のどこかに

    この広い空のどこかに
    評価:A4.10
    「三つの愛」の小林正樹が木下恵介の妹楠田芳子の脚本によって監督する。「荒城の月(1954)」の松山善太が潤色し、「えくぼ人生」の森田俊保が撮影に当る。出演者は、「真実の愛情を求めて 何処へ」の佐田啓二、「二十四の瞳(1954)」の高峰秀子、「悪の愉しさ」の久我美子、「君に誓いし」の石浜朗、小林トシ子のほか、田浦正巳、大木実、日守新一、浦辺粂子、三好栄子など。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    私的には、パーフェクトな作品!!この作品には、理想とする夫婦象がち...
    昔の酒屋さんは御用聞きに来てくれてたな~
    こんなにいいとは!珠玉作です。
    川崎より愛をこめて。
    製作年:1954
    製作国:日本
    監督:小林正樹
    主演:佐田啓二
    3
  4. 二十四の瞳

    二十四の瞳
    評価:A4.00
    ゴールデングローブ賞(1954年・外国語映画賞)「女の園」に次ぐ木下恵介監督作品。壷井栄の原作を同監督自身が脚色している。撮影も「女の園」の楠田浩之、音楽は「三つの愛」の木下忠司。出演者は「女の園」の高峰秀子、田村高廣、天本英世、「昨日と明日の間」の月丘夢路「陽は沈まず」の小林トシ子、笠智衆など。

    ヒューマンドラマ、小学校

    ネット上の声

    NO.45「に」のつく元気になった邦画
    一枚の写真に込められた皆の思い
    色褪せることのない名作☆4つ
    銃後を描いた反戦映画・・・
    製作年:1954
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:高峰秀子
    4
  5. 過去をもつ愛情

    過去をもつ愛情
    評価:A4.00


    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    愛について inポルトガル
    愛と言う名のサスペンス
    ファドに惹かれて
    劇中のファドは一見の価値ありです
    製作年:1954
    製作国:フランス
    監督:アンリ・ヴェルヌイユ
    主演:フランソワーズ・アルヌール
    5
  6. 近松物語

    近松物語
    評価:A3.99
    近松門左衛門作の『大経師昔暦』を川口松太郎が劇化(オール読物所載「おさん茂兵衛」)し、それをもととして「忠臣蔵(1954)」の依田義賢が脚本を執筆、「噂の女」の溝口健二が監督に当る。撮影も同じく宮川一夫で、音楽は「千姫(1954)」の早坂文雄の担当。出演者は「銭形平次捕物控 幽霊大名」の長谷川一夫、「母の初恋」の香川京子、「君待船」の南田洋子、「新しき天」の小沢栄の外、進藤英太郎、田中春男など。

    時代劇

    ネット上の声

    シェイクスピアのような息詰まる悲劇
    迸(ほとばし)る愛の情念
    文楽好きなら必見です。
    一周回って現代的な話
    製作年:1954
    製作国:日本
    監督:溝口健二
    主演:長谷川一夫
    6
  7. 道
    評価:A3.88
    アカデミー賞(1957年・外国語映画賞) 怪力自慢の大道芸人ザンパノが、白痴の女ジェルソミーナを奴隷として買った。男の粗暴な振る舞いにも逆らわず、彼女は一緒に旅回りを続ける。

    ヒューマンドラマ、不幸な結末のバッドエンド

    ネット上の声

    国際名優アンソニー・クインが強烈に印象的
    泣く事を初めて知った男
    忘れえぬ別離のシーン
    ストーリー展開は単純、イタリアの大道芸人事情は自分にとっては新奇だ...
    製作年:1954
    製作国:イタリア
    監督:フェデリコ・フェリーニ
    主演:アンソニー・クイン
    7
  8. ゴジラ

    ゴジラ
    評価:A3.80
    1954年に東宝が製作・公開した特撮怪獣映画の金字塔。太平洋の沖合いで船舶が次々に沈没する事件が発生。数少ない生存者が、巨大な怪獣の目撃談をもたらす。古生物学者の山根博士や助手で娘の恵美子、その恋人でサルベージ機関の所長・尾形らで結成された調査団が事件現場近くに浮かぶ大戸島に派遣され、やがて彼らの前に怪獣が姿を現す。島の古い言い伝えから「ゴジラ」と命名された怪獣は、密かに生き残っていた太古の生物が、繰り返される水爆実験の放射能の影響で目を覚ましたものであるとされ、対応策が練られる。しかし、その強大な力に人間たちは成すすべもなく、東京に上陸したゴジラは街を火の海に変えていく。その頃、山根博士の…

    特撮、ゴジラ

    ネット上の声

    特撮映画というより淡い表現の河内桃子を想う平田昭彦が切なかった
    特撮映画としてはA級でも、映画としてはB級作品だけど … 
    当時としては類を見ないヒットと観客動員数
    戦争の傷がまだ癒えていない時代の映画
    製作年:1954
    製作国:日本
    監督:本多猪四郎
    主演:志村喬
    8
  9. 現金に手を出すな

    現金に手を出すな
    評価:A3.80
     初老のギャング、マックスは、親友のリトンと組んで、5千万フランの大金強奪に成功した。そのことを知った敵対するギャングは、リトンを捕らえマックスから金を奪おうとする。

    アクション

    ネット上の声

    ゆったりとしたテンポながら退屈しない
    莫大な現金と一粒の人情
    とにかくジャンギャバンが超クールの一言! ダメな相棒に振り回される...
    こういうのは必ず誰かが口を漏らし、計画が崩壊する。 ただ、終わりは...
    製作年:1954
    製作国:フランス/イタリア
    監督:ジャック・ベッケル
    主演:ジャン・ギャバン
    9
  10. フレンチ・カンカン

    フレンチ・カンカン
    評価:B3.77
     J・ルノワール監督によるオペレッタ。1888年のパリで上流向けのクラブを営んでいたダングラールは、下町のキャバレーで見初めた踊り子ニニに触発され、自分の店を処分し、その店“白い女王”を買い取り、カンカンの復活を軸とした新しいショウを見せる娯楽の殿堂にしようと画策するが、なかなか計画通りにいかない……。

    ヒューマンドラマ、ミュージカル

    ネット上の声

    ルノワールらしい色彩美とカンカンの魅力!
    大きなスクリーンで観られた幸せ。
    アルヌールの可愛さよ!
    多幸感に包まれる
    製作年:1954
    製作国:フランス
    監督:ジャン・ルノワール
    主演:ジャン・ギャバン
    10
  11. 晩菊

    晩菊
    評価:B3.75
     林芙美子の短編小説『晩菊』『水仙』『白鷺』を、田中澄江と井手俊郎が共同で脚色し、成瀬巳喜男が監督した女性映画。盛りを過ぎた四人の元芸者たちの人生を、ユーモラスかつシニカルに描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    お金がないのは不幸か
    因業ばあさんに共感
    芸者のその後
    元芸者の女性たちを冷徹に描いた傑作
    製作年:1954
    製作国:日本
    監督:成瀬巳喜男
    主演:杉村春子
    11
  12. 山椒大夫

    山椒大夫
    評価:B3.74
    森鴎外の原作(大正五年一月“中央公論”発表)を「唐人お吉」の依田義賢、「鯉名の銀平(1954)」の八尋不二が再解釈を加えて脚色、「祇園囃子」の溝口健二が監督にあたった。撮影宮川一夫、音楽早坂文雄と溝口作品のレギュラー・スタッフの他、建築考証に日本古建築専攻の藤原義一、衣裳考証に「西鶴一代女」その他に協力した上野芳生が加わっている。「恋文(1953)」の田中絹代、香川京子、新派の若手花柳喜章、「にごりえ」の三津田健、「にっぽん製」の菅井一郎、「心臓破りの丘」の清水将夫、「男の血祭」の進藤英太郎などが出演。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    古典に命を吹き込んだ溝口流リアリズム
    厨子王にちょっと???・・・
    歴史は語り継がれる
    嗚呼、美しき哉
    製作年:1954
    製作国:日本
    監督:溝口健二
    主演:田中絹代
    12
  13. 掠奪された七人の花嫁

    掠奪された七人の花嫁
    評価:B3.74
    アカデミー賞(1955年)「君知るや南の国」のジャック・カミングスが1954年に製作したシネマスコープ色彩ミュージカル。ピュリッツァ賞作家スティーブン・ヴィンセント・ベネットの原作を「ローズ・マリイ(1936)」のコンビ、アルバート・ハケットとフランセス・グッドリッチに「水着の女王」のドロシー・キングスリーが加って脚色、「踊る大紐育」のスタンリー・ドーネンが監督した。アンスコカラーの撮影監督は「第8ジェット戦闘機隊」のジョージ・フォルシー、音楽監督はアドルフ・ドイッチュである。出演者は、「ローズ・マリー(1954)」のハワード・キール、「スイングの少女」のジェーン・パウエル、ジェフ・リチャーズ、ジュリー・ニューメイヤ…

    コメディ、ミュージカル

    ネット上の声

    NO.82「り」のつく元気になった洋画
    7人の花嫁と7人の兄弟
    わたしのです!
    山男にゃホレるなよ。
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:スタンリー・ドーネン
    主演:ハワード・キール
    13
  14. グレン・ミラー物語

    グレン・ミラー物語
    評価:B3.72
    アカデミー賞(1955年) スウィング・ジャズの創始、グレン・ミラーの伝記的映画。妻ヘレンとのラブ・ロマンスを交え、ミラーが作曲家として名声を博しながらも、突然の飛行機事故で亡くなるまでを描く。

    ヒューマンドラマ、実話

    ネット上の声

    ジャズのナンバーが心地いい☆3つ
    「アメリカの象徴」たる名コンビ
    ムーンライト・セレナーデ
    J・アリスンがいい・・・
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:アンソニー・マン
    主演:ジェームズ・スチュワート
    14
  15. 遠い国

    遠い国
    評価:B3.65
    「ウィンチェスター銃'73」とまったく同じく、主演ジェームズ・ステュワート(「グレン・ミラー物語」)、製作アーロン・ローゼンバーグ(「グレン・ミラー物語」)、脚本ボーデン・チェイス(「怒りの河」)、監督アンソニー・マン(「グレン・ミラー物語」)、撮影ウィリアム・ダニエルス(「グレン・ミラー物語」)、音楽ジョセフ・ガーシェンソン(「ジョニイ・ダーク」)などのティームによる西部劇映画1954年作品。共演者は「暗黒街脱出」のルース・ローマン、「栄光何するものぞ」のコリンヌ・カルヴェ、「死の砂塵」のウォルター・ブレナン、「ミシシッピの賭博師」のジョン・マッキンタイア、ジェイ・C・フリッペン、ヘンリー…

    西部劇

    ネット上の声

    イーストウッドまであと一歩
    イーストウッドはまでは一歩
    「ペイルライダー」へと繋がる西部劇
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:アンソニー・マン
    主演:ジェームズ・スチュワート
    15
  16. ダイヤルMを廻せ!

    ダイヤルMを廻せ!
    評価:B3.65
    ニューヨーク映画批評家協会賞(1954年)「私は告白する」に次いでアルフレッド・ヒッチコックが監督したミステリイ・ドラマ1954年作品。フレデリック・ノットの戯曲およびテレビ劇を作者自身が脚色した。撮影のロバート・バークス、音楽のディミトリ・ティオムキンも「私は告白する」と同じスタフ。主演は「午後の喇叭」のレイ・ミランド、「モガンボ」のグレイス・ケリー、「逃走迷路」「恐怖時代」のロバート・カミングスで、ジョン・ウィリアムス(1)、アンソニー・ドーソン(「鷲の谷」)らが助演する。ワーナーカラー作品、3D立体映画であるが、日本公開は平面版になる。

    サスペンス

    ネット上の声

    完全犯罪を崩せ!
    悪役が魅力的
    推理作家マークの「現実は推理小説のようにはいかない」のように、計画...
    飛行機で観たことがあった、英語だったのでしっかり理解してなかったけ...
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:アルフレッド・ヒッチコック
    主演:レイ・ミランド
    16
  17. ホワイト・クリスマス

    ホワイト・クリスマス
    評価:C3.59
    クリスマス映画の隠れた名作パラマウントの新方式映画ヴィスタビジョンの第1回作品で、アーヴィング・バーリンの原案作詞作曲になる色彩ミュージカル。製作は作曲家出身のロバート・エメット・ドーラン(「聖メリイの鐘」)で、「青いヴェール」のノーマン・クラスナと「あの手この手」のティーム・ノーマン、パナマ=メルヴィン・フランク3名の合作のシナリオから「エジプト人」のマイケル・カーティスが監督した。撮影は「巨象の道」のロイヤル・グリグス。「失われた少年」のビング・クロスビー、「あの手この手」のダニー・ケイ、「楽しき我が家」のローズマリー・クルーニー、「土曜は貴方に」のヴェラ・エレン、「聖衣」のディーン・ジャガー、メアリー・ウィクス…

    ヒューマンドラマ、ミュージカル、クリスマス

    ネット上の声

    ビング・クロスビーの低音に参った!
    あったかい
    ザッツ・エンタテイメント
    歌が良い、ダンスが良い。
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:マイケル・カーティス
    主演:ビング・クロスビー
    17
  18. 裏窓

    裏窓
    評価:C3.57
    ニューヨーク映画批評家協会賞(1954年) ヒッチコックの最高傑作と評される一級サスペンス。自由気ままな生活を送っていたカメラマンがケガをし、車いすの生活を強いられる。部屋から一歩も出られず暇を持て余した彼は、隣人の生活をのぞき見る楽しさを覚える。ある日、ケンカの絶えない夫婦の妻がこつ然と姿を消す。夫の行動に不審を抱いた彼は警察に相談するが……。物語は1セットで展開されるが、構成とカメラワークが秀逸で視聴者はスクリーンとの一体感さえ感じられる。

    サスペンス

    ネット上の声

    ジェフに感情移入できず・・・。
    ハコとレンズに感じる芸術
    秋深き隣は何をする人ぞ
    知りたい事への欲求
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:アルフレッド・ヒッチコック
    主演:ジェームズ・スチュワート
    18
  19. エデンの東

    エデンの東
    評価:C3.57
    アカデミー賞(1956年・助演女優賞)旧約聖書のカインとアベルの物語を下敷きにしたジョン・スタインベックの同名小説を、「欲望という名の電車」「波止場」の名匠エリア・カザン監督が映画化した青春ドラマ。1917年のアメリカ・カリフォルニア北部の町サリナスを舞台に、孤独な青年キャルの苦悩や家族との確執を描く。主演は本作が映画初出演となるジェームズ・ディーン。共演にジュリー・ハリス、ジョー・バン・フリート。音楽はレナード・ローゼンマン。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    永遠のスター ジェームズ・ディーン
    親に満たされない感じはジェームス・ディーンでしか最高に演じきれない...
     レタスの冷凍保存に失敗した父アダムを何とか助けようとするキャルが...
    初めて観た時は内容がよくわからずジェームズ・ディーンの寂しげな表情...
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:エリア・カザン
    主演:ジェームズ・ディーン
    19
  20. 噂の女

    噂の女
    評価:C3.55
    「山椒大夫」の依田義賢と「花のいのちを」の成澤昌茂が脚本を書き、「山椒大夫」に次ぎ溝口健二が監督、同じく宮川一夫が撮影を担当、音楽は「昨日と明日の間」の黛敏郎が当っている。主演は「女の園」の久我美子、「股旅わらじ 恋慕笠」の大谷友右衛門、「女の暦」の田中絹代、「昨日と明日の間」の進藤英太郎、「殴り込み孫悟空」の峰幸子、阿井三千子等である。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    溝口さんは廓主人の絹代さんが好きだった?
    一部上場中堅スーパークラスの佳作。
    "女"の内面をしっかり描けた作品☆3つ
    溝口監督の迷いが感じられる作品
    製作年:1954
    製作国:日本
    監督:溝口健二
    主演:田中絹代
    20
  21. 君の名は 第三部

    君の名は 第三部
    評価:C3.53
    スタッフ、キャストとも第二部とほぼ同じであるが、スタッフでは新たに録音を妹尾芳三郎が担当し、キャストでは「別離」の三橋達也、「陽のあたる家(1954)」の紙京子、「濡れ髪権八」の大坂志郎などが新たに登場する。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    雲仙は修学旅行にも新婚・晩婚旅行にも最適
    大団円に向かって…
    物語を〆るキャラクターは…
    製作年:1954
    製作国:日本
    監督:大庭秀雄
    主演:佐田啓二
    21
  22. スタア誕生

    スタア誕生
    評価:C3.52
    ゴールデン・グローブ賞(1954年) 「スタア誕生」のオリジナルとでも言うべき「栄光のハリウッド」の監督G・キューカーが手掛けた再映画化版。コーラス・ガールのエスターが、ハリウッドの大スター、ノーマンに素質を見いだされた。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    確かに、スターは誕生したけれど…
    復活するはずだった、が…
    ドンピシャ“切ない”MVP
    夫は流れ星
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・キューカー
    主演:ジュディ・ガーランド
    22
  23. 女の園

    女の園
    評価:C3.51
     阿部知二の『人工庭園』を木下恵介が脚色・監督し映画化。全寮制の女子大学を舞台に、民主主義に隠れた日本の封建主義を描いた力作。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    「・・様」「・・様」の激しいディベート
    自由っていったいなんだぁ!
    監督の視点を感じました。
    表現があまりに古臭い
    製作年:1954
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:高峰秀子
    23
  24. 次郎長三国志 第九部 荒神山

    次郎長三国志 第九部 荒神山
    評価:C3.50
    「次郎長三国志 第八部 海道一の暴れん坊」に次ぐ次郎長三国志、本篇は前後篇に分けて封切りされる。従って第一部「次郎長売出す」(52)以来三年越しの本シリーズもこの後篇第十部をもってここに完結する。村上元三の原作より、前作と同じくマキノ雅弘(やくざ囃子)が監督しているが、今回は脚本を「七人の侍」の橋本忍、撮影を「さらばラバウル」の山田一夫がそれぞれ担当。出演者は前作とほぼ同じであるが、今回は「かくて夢あり」の若原雅夫、「黒い罌粟」の角梨枝子、「やくざ囃子」の岡田茉莉子等が新しく登場する。

    時代劇

    ネット上の声

    そりゃないよ!
    なんと!
    製作年:1954
    製作国:日本
    監督:マキノ雅弘
    主演:若原雅夫
    24
  25. 心のともしび

    心のともしび
    評価:C3.49
     35年作「愛と光」のリメイク。病院に勤めるフィリップス博士が、持病の発作を起こして死んだ。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    借りを返すとは?
    「僕があなたの目になります」
    米国版昼メロ
    呼吸器
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:ダグラス・サーク
    主演:ロック・ハドソン
    25
  26. ヴェラクルス

    ヴェラクルス
    評価:C3.47
     メキシコにやってきた南軍の兵士(G・クーパー)が、ならず者(B・ランカスター)と出会い、二人はいつしか淡い友情で結ばれていく。やがて二人はメキシコ動乱に巻き込まれ、伯爵令嬢をヴェラクルスの港まで護衛する仕事を依頼される。

    アクション、西部劇

    ネット上の声

    西部劇の基本概念を根底から変えてしまった
    B・ランカスターがカッコいい・・・
    イメケン?そんなの関係ねえ(笑)
    映画にとっても開拓時代!
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・アルドリッチ
    主演:ゲイリー・クーパー
    26
  27. 山の音

    山の音
    評価:C3.46
    川端康成の原作を、「にごりえ」の水木洋子が脚色、「あにいもうと(1953)」の成瀬巳喜男が監督した。「愛人」の玉井正夫の撮影、「恋文(1953)」の斎藤一郎の音楽である。主な主演者は、「にごりえ」の山村聡、丹阿弥谷津子、長岡輝子、「東京物語」の原節子、「にっぽん製」の上原謙、「家族あわせ」の角梨枝子、「純情社員」の杉葉子、「恋文(1953)(1953)」の中北千枝子など。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    原作をここまでうまく映画化できる
    奥行きが深く見えるビスタ(展望)
    原作を読まないとわからない要素
    原節子と鎌倉の美しい風物
    製作年:1954
    製作国:日本
    監督:成瀬巳喜男
    主演:原節子
    27
  28. 三人の狙撃者

    三人の狙撃者
    評価:C3.45
    「十二哩の暗礁の下に」のロバート・バスラーが製作するスリラー映画。「マラガ」のリチャード・セイルの脚本より「対決」のルイス・アレンが監督した。撮影は「夜の人々(1949)」のチャールズ・G・クラーク。「地上より永遠に」のフランク・シナトラ、「大砂塵」のスターリング・ヘイドン、「女性よ永遠に」のジェームズ・グリースン、「剣豪ダルタニアン」のナンシー・ゲイツ、キム・チャーニー、ポール・フリーズらが出演する。

    アクション

    ネット上の声

    フランク・シナトラ初主演作は”突然”?!
    長身のヘイドン氏
    シナトラ
    やっぱ古い・・・
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:ルイス・アレン
    主演:フランク・シナトラ
    28
  29. 麗しのサブリナ

    麗しのサブリナ
    評価:C3.45
    アカデミー賞(1955年・衣装デザイン賞)大富豪ララビー家のお抱え運転手の娘サブリナ(オードリー・ヘプバーン)が、主の次男デイヴィッド(ウィリアム・ホールデン)に恋心を抱くも、彼女の父は身分違いの恋を忘れさせるため娘をパリへ送り出す。2年後、洗練された淑女に変身した彼女が帰国すると、デイヴィッドはすっかり夢中に。婚約中の弟を案じる長男ライナス(ハンフリー・ボガート)は、やがて自分はサブリナが好きなことに気付き……。

    コメディ

    ネット上の声

    てっきりカラー作品と思ってました。違うのね。 コメディとはいえ話に...
    前半はやや軽薄
    これも名作
    どうしてあんなおじさんと…と思ってしまうがそれはボガードの魅力でカ...
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:ビリー・ワイルダー
    主演:オードリー・ヘプバーン
    29
  30. 大アマゾンの半魚人

    大アマゾンの半魚人
    評価:C3.44


    ホラー
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:ジャック・アーノルド
    主演:ジュリー・アダムス
    30
  31. 長い灰色の線

    長い灰色の線
    評価:C3.44
    「フォルウォスの黒楯」のロバート・アーサーが製作し、「コレヒドール戦記」のジョン・フォードが監督するシネマスコープで、ウェスト・ポイント陸軍士官学校を舞台としたマーティ・マーの自伝を映画化したものである。脚色はエドワード・ホープ。テクニカラー撮影は「彼等は馬で西へ行く」のチャールズ・ロートン・ジュニア、音楽は「殺人者はバッジをつけていた」のモリス・W・ストロフ。「壮烈カイバー銃隊」のタイロン・パワーと「マラガ」のモーリン・オハラが主演し、以下「彼等は馬で西へ行く」のロバート・フランシス、「愛の決断」のドナルド・クリスプ、「ホンドー」のワード・ボンド、テレビ女優ベッツィ・パーマー、「彼等は馬で…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    延々と会話だけが続く躍動感に欠ける士官学校を描く作品
    NO.141「な」のつく元気になった洋画2
    NO.141「な」のつく元気になった洋画
    複雑な気持ちにさせられる作品
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・フォード
    主演:タイロン・パワー
    31
  32. 波止場

    波止場
    評価:C3.40
    アカデミー賞(1955年・8部門)「アフリカの女王」のサム・スピーゲルが1954年に製作したホライズン・プロ作品。悪徳ボスに支配された紐育の波止場の実態を描くマルコーム・ジョンスンの探訪記事『波止場の犯罪』(サン紙連載)を小説家のバッド・シュールバーグが脚色し、「綱渡りの男」のエリア・カザンが監督した。撮影はフランス出身のボリス・カウフマン、音楽はレオナード・バーンスティンの担当。主演は「乱暴者」のマーロン・ブランドで、新人エヴァ・マリー・セイント、舞台俳優リー・J・コッブ「征服への道」、カール・マルデン「語らざる男」、ロッド・スタイガーらが共演する。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    勇気が出た
    若かりし頃のマーロン・ブランド見たさに鑑賞。ストーリーにも今ひとつ...
    マーロン・ブランドの魅力に引き込まれます
    絆を支えに強くなる若者が格好いい!!
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:エリア・カザン
    主演:マーロン・ブランド
    32
  33. 次郎長三国志 第七部 初祝い清水港

    次郎長三国志 第七部 初祝い清水港
    評価:C3.38
    「次郎長三国志 第六部 旅がらす次郎長一家」につづく次郎長三国志第七部。主なスタッフ、キャストは共通だが、新しく「幸福さん」の木匠マユリ、新人紫千鶴などが登場する。

    時代劇

    ネット上の声

    コミカルな次郎長もの。
    良いが・・・しかし
    傑作
    クレイジーと似たラスト
    製作年:1954
    製作国:日本
    監督:マキノ雅弘
    主演:小堀阿吉雄
    33
  34. ケイン号の叛乱

    ケイン号の叛乱
    評価:C3.37
    世界的なベストセラーでピュリツァ賞を受けたハーマン・ウークの同名小説の映画化。「乱暴者」のスタンリー・クレイマーの製作になる。「セールスマンの死」のスタンリー・ロバーツが脚色し、「コンクリートの中の男」のエドワード・ドミトリクが監督にあたった。テクニカラー色彩撮影は「ローマの休日」のフランク・プラナー、音楽は「勇魂よ永遠に」のマックス・スタイナー。出演者は「悪魔をやっつけろ」のハンフリー・ボガート、「雨に濡れた欲情」のホセ・フェラー、「二世部隊」のヴァン・ジョンソン、「深夜の告白」のフレッド・マクマレイ、新人ロバート・フランシスおよびメイ・ウィン、アーサー・フランツ、トム・タリー、E・G・マ…

    サスペンス

    ネット上の声

    意外性のある結末。ハンフリー・ボガードの演技はさすがの貫禄。
    かっこ良くないボギーに引き付けられる
    士官たちはどうすればよかったのか
    いるいるこんな上司、スタッフ
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:エドワード・ドミトリク
    主演:ハンフリー・ボガート
    34
  35. 帰らざる河

    帰らざる河
    評価:C3.37
    「第2の機会」のロバート・ミッチャムと「ノックは無用」のマリリン・モンローが共演する1954年作の西部劇。製作はスタンリー・ルービン。ルイス・ランツの原作より「ブラボー砦の脱出」のフランク・フェントンが脚色、「月蒼くして」のオットー・プレミンジャーが監督した。撮影は「さすらいの涯」のジョセフ・ラシェル、音楽は「夜の人々(1954)」のシリル・J・モックリッジ。共演者は「百万長者と結婚する方法」のロリー・カルハウン、「暗黒の恐怖」のトミー・レッティグ、マーヴィン・ヴァイ、ダグラス・スペンサーなど。

    西部劇

    ネット上の声

    マリリンが酒場で歌うシーンのフェロモンはすごいのひと言。ストーリー...
    この作品、モンローが妙にシリアスだ。脱セックスシンボルを目指してい...
    伝説のスター、マリリン・モンローの代表作
    マリリン・モンローの最高傑作!
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:オットー・プレミンジャー
    主演:ロバート・ミッチャム
    35
  36. 伊豆の踊子

    伊豆の踊子
    評価:C3.35
    昭和八年松竹で五所平之助監督、田中絹代主演で映画化された川端康成原作の再映画化。前作と同じ伏見晁が再び脚色に当り、「慶安水滸伝」の野村芳太郎が監督している。撮影は「求婚三人娘」の西川亨、音楽は「女の園」の木下忠司。出演者は「ひよどり草紙(1954)」の美空ひばり、「求婚三人娘」の石浜朗、「春の若草」の三島耕のほか入社第一回出演の片山明彦(花祭底抜け千一夜)、宝塚から映画入りした由美あづさなど。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    原作読了記念に鑑賞。
    ドキュメンタリータッチ
    野村監督の作品だった
    『砂の器』への助走
    製作年:1954
    製作国:日本
    監督:野村芳太郎
    主演:美空ひばり
    36
  37. どぶ

    どぶ
    評価:C3.33
    「女の一生(1953)」に次ぐ新藤兼人監督の近代映画協会作品。製作は吉村公三郎で、脚本は「足摺岬」の新藤兼人と「学生五人男」の棚田吾郎の共同によるオリジナル・シナリオ。撮影は「女の一生(1953)」の伊藤武夫、音楽は「足摺岬」の伊福部昭が担当している。出演者は「大阪の宿」の乙羽信子、「美しい人」の宇野重吉、「足摺岬」の殿山泰司など。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    「いい話」ではあるけど …
    戦後の川崎駅前、鶴見川沿い周辺に生きる人々を描く衝撃作
    どぶを楽園と勘違いしたつるの純心と死
    製作年:1954
    製作国:日本
    監督:新藤兼人
    主演:乙羽信子
    37
  38. 日の果て

    日の果て
    評価:C3.33
    梅崎春生の文壇登場第三作の原作を「やっさもっさ」の斎藤良輔、「雲ながるる果てに」の八木保太郎が脚色し、「真空地帯」の山本薩夫が監督にあたった。八木プロと青年俳優クラブの協同製作である。「薔薇と拳銃」の鶴田浩二、島崎雪子、「死の追跡」の岡田英次、金子信雄、「赤い自転車」の原保美、高原駿雄、加藤嘉、「夜明け前」の殿山泰司、「早稲田大学」の信欣三、「女ひとり大地を行く」の織本順吉、「雲ながるる果てに」の木村功、「ひろしま」の利根はる恵などが出演する。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1954
    製作国:日本
    監督:山本薩夫
    主演:鶴田浩二
    38
  39. 夏の嵐

    夏の嵐
    評価:C3.32
     1866年、オーストリア軍占領下のヴェネツィアで観劇中の軍の将校と抗戦運動の指導者の侯爵との間に決闘騒ぎが起り、それを諌めに入った伯爵夫人は、従弟である侯爵を流刑にされながらも、その美貌の将校に狂おしく恋をする。再び戦争が勃発し、密入国した侯爵は従姉のもとを訪ね軍資金の保管を依頼するが、夫人はその金を、将校に軍籍離脱の賄賂のためにと渡してしまう。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    メロドラマをなめてはいかんぜよ!(笑)
    観る人の価値観が出る作品
    「祖国」より大切なもの
    愛する本能と葛藤
    製作年:1954
    製作国:イタリア
    監督:ルキノ・ヴィスコンティ
    主演:アリダ・ヴァリ
    39
  40. 放射能X

    放射能X
    評価:C3.26
    「フェザー河の襲撃」のデヴィッド・ウィスバートが製作した空想科学スリラー1954年作品。ジョージ・ワーシング・イェイツの原作を「井戸」のラッセル・ヒューズが潤色、「地獄への退却」のテッド・シャーデマンが脚色し、「フェザー河の襲撃」のゴードン・ダグラスが監督にあたった。「死の砂塵」のシド・ヒコックスが撮影を、「荒原の疾走」のブロニスロー・ケイパーが音楽をそれぞれ担当。出演者は「アスファルト・ジャングル」のジェームズ・ウィットモア、「北京超特急」のエドモンド・グウェン、「コマンド」の新人ジョーン・ウェルドン、「ホンドー」のジェームズ・アーネス、オンスロー・スティーヴンスらである。

    SF

    ネット上の声

    B級映画っぽいけど、結構大作ですよ。
    原水爆の恐怖より環境破壊の恐怖だな
    巨大蟻がいまいち・・・
    けっこう見せてくれますよ。
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:ゴードン・ダグラス
    主演:ジェームズ・ホイットモア
    40
  41. 海底二万哩

    海底二万哩
    評価:C3.25
    アカデミー賞(1955年・2部門)ウオルト・ディズニーによるシネマスコープ劇映画の第1作。原 作はフランスの空想科学小説家ジュール・ヴェルヌの代表作で、1916年に、ユニバーサルで無声映画として映画化されたことがある。脚色はアール・フェルトンが担当し、物語には現代に相応しいように種々手を加えている。撮影は「ケイン号の叛乱」のフランツ・プレイナー、音楽は「砂漠は生きている」のポール・スミス。監督は「恐怖の土曜日」のリチャード・フライシャーである。主な出演者は「スタア誕生(1954)」のジェイムス・メイスン、「星のない男」のカーク・ダグラス、「我が心に君深く」に出演したニュー・ヨーク劇壇の名優ポ…

    アドベンチャー(冒険)、ディズニー

    ネット上の声

    今でもこの作品のメッセージは通じるものが
    で、ネモ船長の大発見って何だったの?
    59年前とは思えぬすばらしいSF
    ディズニーらしい「改悪」映画。
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:リチャード・フライシャー
    主演:カーク・ダグラス
    41
  42. ショウほど素敵な商売はない

    ショウほど素敵な商売はない
    評価:C3.25
    「紳士は金髪がお好き」「モンキー・ビジネス」のプロデューサー、ソル・C・シーゲルによる名作ミュージカルドラマ。20世紀前半に米ショウビジネス界のスターだったドナヒュー一家の苦悩や成長を、歌曲とダンスにのせて綴る年代記。監督は「わが心に歌えば」のウォルター・ラング。出演はエセル・マーマン、ドナルド・オコナー、そしてマリリン・モンロー。

    コメディ

    ネット上の声

    ドラマより豪華ミュージカルシーンを楽しむ
    昔のミュージカル映画を劇場で観られるとは
    ドナヒュー一家のショーストーリー
    “午前十時の映画祭”2回目
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:ウォルター・ラング
    主演:エセル・マーマン
    42
  43. 喝采

    喝采
    評価:C3.25
    アカデミー賞(1955年・2部門)「失われた少年」と同じくウィリアム・パールバーグが製作し、ジョージ・シートンが監督した1954年作品。ブロードウェイで上演されたクリフォード・オデッツ『ユーモレスク』の戯曲から監督者シートン自身が脚色した。撮影はジョン・F・ウォレン、音楽は「愛の泉」のヴィクター・ヤング。主演は「ブルー・スカイ(1946)」のビング・クロスビー。この作品でアカデミー主演女優賞を得た「トコリの橋」のグレイス・ケリー、「トコリの橋」のウィリアム・ホールデン、「拳銃無情」のアンソニー・ロス、ジャクリン・フォンテイン、エディ・ライダーらが助演する。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    気持ちはわかるが夫の行動にはイライラ
    モノクロでもカラーに見える
    評価が上手くできない作品
    グレースケリーさま
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・シートン
    主演:ビング・クロスビー
    43
  44. 黒い絨氈

    黒い絨氈
    評価:D3.23
     南米アマゾン川上流の開拓地を舞台に、人喰い蟻マラブンタの大群と農園主の戦いを描いたSFパニック・スペクタクル。

    SF、パニック

    ネット上の声

    生物パニック映画の古典的名作
    夫婦のドラマ・・・
    見応え十分
    マラブンタ
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:バイロン・ハスキン
    主演:チャールトン・ヘストン
    44
  45. さらばラバウル

    さらばラバウル
    評価:D3.22
    「太平洋の鷲」につづく東宝の戦争もの。スタッフは「太平洋の鷲」と大体同じ顔ぶれで、これに脚本の木村武(赤線基地)、西島大(花の中の娘たち)が新しく加わっている。「女心はひと筋に」の池部良、岡田茉莉子、「赤線基地」の三國連太郎、根岸明美、「続思春期」の久保明などが出演。

    ヒューマンドラマ、戦争
    製作年:1954
    製作国:日本
    監督:本多猪四郎
    主演:池部良
    45
  46. ブリガドーン

    ブリガドーン
    評価:D3.19
    ゴールデン・グローブ賞(1954年) 休暇を利用してニューヨークからスコットランドの高原に鴨撃ちにやってきたトミーとジェフは、100年にたった一日だけ現れるという不思議な村ブリガドーンへ迷い込む。村の娘に恋してしまったトミーはブリガドーンに残ろうとするが、ジェフに説得されニューヨークへ戻ることに。

    ミュージカル

    ネット上の声

     ジェフも欲のない男なのか、それともそんなに鴨撃ち(字幕では雷鳥)...
    BRIGADOON
    怖いよ…
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィンセント・ミネリ
    主演:ジーン・ケリー
    46
  47. 動物農場

    動物農場
    評価:D3.17
    荘園農場の主人であるジョーンズの残忍さと無能ぶりにうんざりした動物たちは、反旗を翻し、彼を追放しようと決意。2匹の有能な豚、スノーボールとナポレオンをリーダーに、革命を成功させる。新体制を整え、「すべての動物は平等である」という理想を掲げながら、自ら農場経営に乗り出すスノーボールたちだったが……。

    アニメ

    ネット上の声

    ある種の動物にとっては、現実的なおとぎ話だ!
    普遍の物語から特定の何かを糾弾する物語へ
    かわいい?怖い!政治的アニメ
    PG12じゃないのかなあw
    製作年:1954
    製作国:イギリス
    監督:ジョン・ハラス
    47
  48. アパッチ

    アパッチ
    評価:D3.13
     1886年、アパッチの族長ジェロニモはアメリカ合衆国に降伏したが、ただひとり青年マサイだけはそれを拒み、脱走を図る。やがて彼はセントルイスに逃亡。その地でチェロキーの農夫に出会い、トウモロコシの種をもらう。その後、故郷に戻ったマサイは抵抗を続けながらも、生まれてくる子供のために農業を始めることに……。名匠アルドリッチ監督がランカスター演ずる先住民を主人公にすえて描く異色ウェスタン。

    アクション

    ネット上の声

    1954年の作品ながら、追い詰められるアメリカ原住民が主人公
    最後のアパッチ族酋長ジェロニモの降伏後談
    腕が太いランカスター
    ジェロニモの仲間
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・アルドリッチ
    主演:バート・ランカスター
    48
  49. トコリの橋

    トコリの橋
    評価:D3.12
    アカデミー賞(1956年)「失われた少年」のウィリアム・パールバーグとジョージ・シートンが1955年に製作した色彩戦争映画。ジェームズ・A・ミッチェナーの原作より「日曜日は鶏料理」のヴァレンタイン・デイヴィースが脚色、「楽園に帰る(1953)」のマーク・ロブソンが監督に当たった。テクニカラー撮影は「底抜け最大のショウ」のロイヤル・グリグス、音楽はリン・マレーである。出演者は「麗しのサブリナ」のウィリアム・ホールデン、「セールスマンの死」のフレドリック・マーチ、「裏窓」のグレイス・ケリー、「腰抜けM・P」のミッキー・ルーニー、「哀愁日記」の淡路恵子、アール・ホリマン、ロバート・ストラウスなど。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    「ショウボート」と「東京温泉」
    ヘリコプターの戦争
    実写の迫力・・・
    当時の本物、じっくり見れる
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:マーク・ロブソン
    主演:ウィリアム・ホールデン
    49
  50. 宮本武蔵

    宮本武蔵
    評価:D3.07
    アカデミー賞(1956年・外国語映画賞)幾度も映画化された吉川英治の小説を、劇作家北条秀司が劇化したものから、稲垣浩と「陽気な探偵」の若尾徳平が脚色し、稲垣浩が「お祭り半次郎」に次いで監督する。イーストマン・カラーの色彩映画。「七人の侍」の三船敏郎、「泥だらけの青春」の三國連太郎、「若い瞳」の八千草薫、「恋愛特急」の岡田茉莉子、「沓掛時次郎(1954)」の水戸光子、「かくて自由の鐘は鳴る」の尾上九朗右衛門をはじめ、小沢栄、加東大介、三好栄子等が出演する。

    時代劇

    ネット上の声

    ちょっと主演キャストが老けてはいるが、
    56年という、計り知れない年月。
    宮本武蔵・青春編
    コンパクト
    製作年:1954
    製作国:日本
    監督:稲垣浩
    主演:三船敏郎
    50

スポンサードリンク