全50作品。1960年の映画ランキング

  1. 不知火檢校

    不知火檢校
    評価:A4.06
     悪の限りをつくす盲目の按摩師・徳の市を主人公としたピカレスク時代劇。

    時代劇

    ネット上の声

    「座頭市」に昇華する勝新太郎の主演作
    なんと素敵なピカレスク
    座頭市はここから生まれた
    こんな鍼灸師は嫌だ!
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:森一生
    主演:勝新太郎
    1
  2. あした晴れるか

    あした晴れるか
    評価:A4.01
    菊村到の同名長編小説を中平康が池田一朗とともに脚色し監督。石原裕次郎がカメラマンを演じ、東京の名所でロケーションが行われた。伊達眼鏡におでこ丸出しの芦川いづみがキュート。 カメラマンの三杉耕平は、新聞社の宣伝部長から仕事の依頼を受ける。「東京探検」というテーマで、宣伝部員の矢巻みはると東京の名所をめぐることに。だがみはるは頭が良く堅物で、耕平の最も苦手なタイプだった。耕平はバーで働くセツ子に追いかけられており、こちらもまた苦手なタイプだった。一日中一緒に東京の名所をめぐるうち、みはるは耕平の熱心な仕事ぶりに心惹かれる。耕平はセツ子の父の清作と…

    ヒューマンドラマ、コメディ、青春、恋愛

    ネット上の声

    眼鏡&ツンデレの芦川いづみ♡
    1960年の和製ラブコメ
    美人のメガネが正義なわけ
    愛すべき小品
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:中平康
    主演:石原裕次郎
    2
  3. 穴
    評価:A3.99
    脱獄映画の傑作『現金に手を出すな』の名匠、ジャック・ベッケル監督がジョゼ・ジョバンニの同名実録小説に惚れこみ、みごとに映像化した遺作。

    サスペンス、実話、刑務所、どんでん返し、脱出

    ネット上の声

    原作ジョゼ・ジョヴァンニ
    これは、リアルな穴掘り。
    脱獄モノでは指折りの出来
    とりあえず観終わりました
    製作年:1960
    製作国:フランス
    監督:ジャック・ベッケル
    主演:ジャン=ケロディ
    3
  4. ひばりの森の石松

    ひばりの森の石松
    評価:A3.96
    美空ひばりが森の石松に扮する娯楽時代劇。男役だけでなく、ちゃんとその娘役も用意された一人二役なのが面白い。一人の旅がらすを助けたことから清水一家と知り合った石松が、仇討ちの助太刀や丸亀藩のお家騒動に巻き込まれたりと、ズッコケながらも大活躍していく。清水次郎長には若山富三郎が扮している。

    時代劇

    ネット上の声

    ひばりの痛快時代劇
    ざっつえんたぁていめんと
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:沢島忠
    主演:美空ひばり
    4
  5. アパートの鍵貸します

    アパートの鍵貸します
    評価:A3.96
    アカデミー賞(1961年) ビリー・ワイルダー監督・脚本による都会派コメディの代表作。出世の足掛かりにと、上役の情事のためにせっせと自分のアパートを貸している会社員バド(レモン)。

    コメディ、恋愛、クリスマス

    ネット上の声

    恋にマスカラは禁物♪
    軽薄野暮体裁の下にユダヤの悲業が隠され…
    古いのに観やすかったし、よかったです。
    不器用でカッコ悪いのにカッコいい主人公
    製作年:1960
    製作国:アメリカ
    監督:ビリー・ワイルダー
    主演:ジャック・レモン
    5
  6. 大いなる旅路

    大いなる旅路
    評価:A3.95
     加藤秀男の原作を新藤兼人が脚色し関川秀雄が監督した。主演の三国連太郎はこの作品でブルーリボン賞主演男優賞を受賞。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    みんな貧乏だった。
    鉄道員の半生
    和風“鉄道員”も、やっぱり大酒飲み
    1時間35分
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:関川秀雄
    主演:三國連太郎
    6
  7. ビリディアナ

    ビリディアナ
    評価:A3.93
    カンヌ国際映画祭(1961年・パルム・ドール)

    ヒューマンドラマ
    製作年:1960
    製作国:スペイン
    監督:ルイス・ブニュエル
    主演:シルヴィア・ピナル
    7
  8. 太陽がいっぱい

    太陽がいっぱい
    評価:A3.89
    『禁じられた遊び』などのフランスの巨匠ルネ・クレマンが監督を務め、パトリシア・ハイスミスの小説を映画化したサスペンス。イタリアに金持ちの道楽息子を連れ戻そうとやって来た貧しい青年が、激情にかられてある犯罪を思い立つ姿を甘美な調べに乗せて映し出す。

    サスペンス、夏休みが舞台

    ネット上の声

    アランドロンのかっこよさよ、、、
    アラン・ドロンですもの
    青い目が忘れられない
    アラン・ドロン
    製作年:1960
    製作国:フランス/イタリア
    監督:ルネ・クレマン
    主演:アラン・ドロン
    8
  9. ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐

    ハワイ・ミッドウェイ大海空戦 太平洋の嵐
    評価:A3.85
     東宝初のカラー・ワイドによる戦争映画で、“太平洋”の名を冠した三部作の一作。真珠湾攻撃からミッドウェイ海戦での敗北までを描く。

    戦争

    ネット上の声

    東宝戦争映画8・15シリーズの原点。
    10年に1度必ず見てしまう
    特撮戦史超大作!
    見る価値あり
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:松林宗恵
    主演:夏木陽介
    9
  10. 酒と女と槍

    酒と女と槍
    評価:A3.85
    海音寺潮五郎の原作を、「暁の翼」の井手雅人が脚色し、「浪花の恋の物語」の内田吐夢が監督したもので、槍の名人富田蔵人高定を主人公に人生の哀歓を謳おうという作品。「大江戸の侠児」の鷲尾元也が撮影した。

    時代劇

    ネット上の声

    タイトルのイメージと違う
    男子の本懐とは?
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:内田吐夢
    主演:大友柳太朗
    10
  11. 裸の島

    裸の島
    評価:A3.83
     新藤兼人が監督・脚本・製作・美術を担当した人間ドラマ。モスクワ国際映画祭でグランプリを受賞し、ベルリン映画祭や英国アカデミー賞などでも高い評価を受けた。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    新藤兼人監督が亡くなった
    それでも、生きていかなければいけない!
    サイレントのようでサイレントではない
    たまにはセリフのない映画も
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:新藤兼人
    主演:殿山泰司
    11
  12. 武器なき斗い

    武器なき斗い
    評価:A3.81
     西口克己の小説『山宣』を、山形雄策と依田義賢が脚色し、山本薩夫が監督した。治安維持法改正に反対した実在の政治家、山宣こと山本宣治の生涯を描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    権力者が利権をむさぼり、庶民が犠牲になる
    普通選挙法と抱き合わせの形で成り立った治安維持法
    本当に必要な人は政治家になりたがらない!
    日本の戦争、軍国主義、言論弾圧の悪循環
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:山本薩夫
    主演:下元勉
    12
  13. 去年マリエンバートで

    去年マリエンバートで
    評価:A3.80


    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    アンダルシアの犬 には勝てないけど・・・
    脳みそを猛烈に刺激する映画☆4.0
    自分には合わなかった・・・
    永遠にまわり続けるアート
    製作年:1960
    製作国:フランス/イタリア
    監督:アラン・レネ
    主演:デルフィーヌ・セイリグ
    13
  14. ぼんち

    ぼんち
    評価:B3.78
    「白い巨塔」の山崎豊子の傑作同名小説を、名匠・市川崑が映像化!激動の戦前・戦後を背景に、市川雷蔵が軽妙な演技で魅せる華麗なる女性遍歴!超豪華女優陣、華やかに共演!
    【※画像・音声に多少の乱れがあります】


    ヒューマンドラマ、大阪が舞台

    ネット上の声

    女の美しさと怖さが同席した作品
    船場の女たちに舌を巻く
    他のサイトのレビューでは評価が高いけど
    京マチ子の色香にクラッ!
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:市川崑
    主演:市川雷蔵
    14
  15. サイコ

    サイコ
    評価:B3.78
    ゴールデン・グローブ賞(1960年)アルフレッド・ヒッチコック監督作品。原作はロバート・ブロックの推理小説。脚色を「黒い蘭」のジョセフ・ステファノがうけもつ。撮影と音楽はジョン・L・ラッセルとバーナード・ハーマンがそれぞれ担当。出演は「のっぽ物語」のアンソニー・パーキンスのほかジョン・ギャビン、ジャネット・リー、ベラ・マイルズら。製作もヒッチコック。最初の邦題は「サイコ-異常心理-」。

    サスペンス、トラウマになる、殺人鬼が暴れる、サイコパス

    ネット上の声

    We all little go mad sometime. シャワーシーンが有名なサスペンスの超古典映画。
    怖い一方最高のサスペンスにであったワクワク感が半端ない
    あの当時の衝撃はすごかっただろう!!
    異常心理スリラーの元祖にして金字塔!
    製作年:1960
    製作国:アメリカ
    監督:アルフレッド・ヒッチコック
    主演:アンソニー・パーキンス
    15
  16. 若者のすべて

    若者のすべて
    評価:B3.77
     巨匠ヴィスコンティがイタリアに存在する南北格差の問題を真正面から取上げ、南部の家族の崩壊を描いた壮大な叙事詩。父を失い南部で貧窮にあえいでいたパロンディ家は、北部の大都市ミラノに出稼ぎに来ていた長兄を頼って、老いた母と兄弟4人でやって来る。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ

    ネット上の声

    家族の絆、恋人への愛のあり方
    許されざる者と許す者
    睡眠の夢が、モノクロな人向き
    価値の変換とねじれ
    製作年:1960
    製作国:イタリア/フランス
    監督:ルキノ・ヴィスコンティ
    主演:アラン・ドロン
    16
  17. 娘・妻・母

    娘・妻・母
    評価:B3.76
    山の手の中流家庭を舞台に、各世代の女の姿を描いたドラマ。「新・三等重役 当るも八卦の巻の巻」の井手俊郎と、「予科練物語 紺碧の空遠く」の松山善三の共同脚本を「女が階段を上る時」の成瀬巳喜男が監督した。撮影は「羽織の大将」の安本淳。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    成瀬流な語り口が魅了するオールスター大作
    近頃は女と靴下は強くなったと言うけれど、
    家族といる幸せと家族であることの不幸
    しっかり感情移入できる・・・
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:成瀬巳喜男
    主演:三益愛子
    17
  18. 処女の泉

    処女の泉
    評価:B3.73
    アカデミー賞(1961年・外国語映画賞)

    ヒューマンドラマ
    製作年:1960
    製作国:スウェーデン
    監督:イングマール・ベルイマン
    主演:マックス・フォン・シドー
    18
  19. 女経(じょきょう)

    女経(じょきょう)
    評価:B3.73
     増村保造、市川崑、吉村公三郎という、大映が誇る三大監督によるオムニバス映画。主演の三大女優による競演も話題に。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    とてもいい作品です。
    山本富士子が美しい
    役者地獄
    同じ結末とはいえ・・・
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:増村保造
    主演:若尾文子
    19
  20. 女が階段を上る時

    女が階段を上る時
    評価:B3.73
    「日本誕生」の共同執筆者・菊島隆三が自らのシナリオをプロデュースする第一回作品で、バーのマダムの生活の表裏を描いたもの。高峰秀子が主演の他に衣裳も担当している。「コタンの口笛」の成瀬巳喜男が監督し、「顔役と爆弾娘」の玉井正夫が撮影した。パースペクタ・ステレオフォニック・サウンド。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    したたかな女とズルい男の大人の愛の物語
    女の生き様を余すことなく描く☆3つ
    見せつけられた笑顔の背景に嫌悪。
    現代風にアレンジしてもいけそう
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:成瀬巳喜男
    主演:高峰秀子
    20
  21. 西遊記

    西遊記
    評価:B3.73
     東映動画スタジオの長編漫画映画第3作目。手塚治虫作の『ぼくの孫悟空』が原案。

    アニメ

    ネット上の声

    NO,1
    歴代西遊記の最高傑作
    西遊記なつかしい〜
    凄く同感です。
    製作年:1960
    製作国:日本
    主演:小宮山清
    21
  22. ろくでなし

    ろくでなし
    評価:B3.72
    不毛な日々を送る4人の大学生のゆがんだ青春群像。彼らのやり場のないエネルギーは、やがてある事件を呼ぶ…。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    吉田監督の初期作
    挫折の青春
    若い津川さん
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:吉田喜重
    主演:津川雅彦
    22
  23. 荒野の七人

    荒野の七人
    評価:B3.72
    無法者の被害に嘆くメキシコの寂れた田舎町では、用心棒を雇うことになり、クリス(ユル・ブリンナー)をリーダーとしてヴィン(スティーブ・マックィーン)やブリット(ジェームズ・コバーン)ら7人のガンマンが集結した。農民に自衛の策を教えるなどし、襲撃に備えるが……。

    アクション、西部劇

    ネット上の声

    We always lose. 意外と面白かった「七人の侍」のリメイク
    崇高な七人のガンマンの壮絶な戦い!
    正に王道。西部劇ならこれを観ろ!
    いちいちかっこいい。
    製作年:1960
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・スタージェス
    主演:ユル・ブリンナー
    23
  24. 秋立ちぬ

    秋立ちぬ
    評価:B3.72
    「がめつい奴」の笠原良三のオリジナル・シナリオを、「夜の流れ」の成瀬巳喜男が監督した、都会の子の哀歓を描いたもの。撮影も「夜の流れ」の安本淳。東宝スコープ、パースペクター式立体音響。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    いつの時代も子供は大人に振りまわされる
    時代をうつす子どもの姿
    昭和の銀座界隈や晴海埠頭の風景、人々の生活、それを追うだけでも楽し...
    東京で一人生きる辛さ
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:成瀬巳喜男
    主演:大沢健三郎
    24
  25. 悪い奴ほどよく眠る

    悪い奴ほどよく眠る
    評価:B3.71
    黒澤プロ設立第1作として監督が選んだテーマは、当時社会問題となっていた政治汚職。汚職事件の隠蔽工作により自殺に追い込まれた男の息子による復讐劇を通して、政界に根深くはびこる腐敗の構造にメスを入れた意欲作。極めて社会性の強いテーマでありながら、スリルとサスペンスを盛り込むことで十二分に娯楽映画として通用する作品。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、どんでん返し

    ネット上の声

    タイトルの通り。 でも、昔と比べて今はまだ眠れなくなっているような。
    ・加藤武のこういう役柄が新鮮 ・ノイローゼのシーンで声を出して笑っ...
    テンポよく展開して飽きさせない。2転3転する。ただ、画面からは空気...
    確かに見ていてとても面白かったけど…
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:黒澤明
    主演:三船敏郎
    25
  26. ローラーとバイオリン

    ローラーとバイオリン
    評価:B3.69
     A・ラモリスの「赤い風船」に触発されたというタルコフスキーの映画大学の卒業製作で、同窓のコンチャロフスキーが脚本を共同で書いている。バイオリンの練習が嫌でしようがない少年が家を抜け出し、工事現場でさぼっているとローラー乗りの青年と親しくなり、機械に乗せてもらううちに、空想に浸って愉快な体験をする。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    「男の子」の人生を描いた珠玉の作品
    タルコフスキー初監督作品
    ロードローラ乗りとバイオリン少年
    たるこふすきーって誰ですか?
    製作年:1960
    製作国:ソ連
    監督:アンドレイ・タルコフスキー
    主演:J・フォムチェンコ
    26
  27. ふたりの女

    ふたりの女
    評価:B3.69
    アカデミー賞(1962年・主演女優賞) 第二次大戦下、夫を失った母娘が空襲を避けるために疎開した。そこで彼らは、一人の青年と親しくなるが、彼はドイツ兵に道案内として連れ去られる。

    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    こんな展開が待っていようとは・・・。
    衝撃
    戦争の本質とは
    アルベルト モラビア
    製作年:1960
    製作国:イタリア
    監督:ヴィットリオ・デ・シーカ
    主演:ソフィア・ローレン
    27
  28. 弥太郎笠

    弥太郎笠
    評価:B3.67
    巨匠マキノ雅弘監督が、中村錦之助を主演に迎えて描く股旅映画の名作。錦之助が魅せる、恋と意気地に賭けた剣の舞が美しい。

    時代劇

    ネット上の声

    刺激控えめの良質娯楽時代劇
    錦ちゃんのおはこー三度笠の旅鴉でござんす
    最近の若いやつは育ちがコンビニやとんこつだから・・・・
    弥太郎さんがいじめる~♡
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:マキノ雅弘
    主演:中村錦之助
    28
  29. 未知空間の恐怖/光る眼

    未知空間の恐怖/光る眼
    評価:B3.64
    ウィンダムのSF小説『呪われた村』の映画化。イギリス南部の小さな村が、奇妙な霧に包まれ一時仮死状態となる。二ヵ月後、若い女性12人がすべて妊娠し、そして生まれてきた12人の子供たちは、異常に高い知能と、光る眼を持ったエイリアンであった……。リラの演出が冴える恐怖映画の名作。本作のヒットを受け続編「続・光る眼/宇宙空間の恐怖」が、後にリメイク版も製作された。DVDは「続・光る眼/宇宙空間の恐怖」も収録。

    ホラー、SF

    ネット上の声

    古い映画だけど、とても見やすい
    原作はジョン・ウィンダム
    呪われた村
    解かりやすいけど尺が短か過ぎるかな
    製作年:1960
    製作国:イギリス
    監督:ウォルフ・リラ
    主演:ジョージ・サンダース
    29
  30. 秋日和

    秋日和
    評価:B3.64
     里見とんの同名小説を、小津安二郎が野田高梧と共同でシナリオ化した。晩年の小津作品の中でも傑作といわれる。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    みんなが寄ってたかって複雑にしてるんだな
    小津後期作品では一番の駄作か?
    デジャブ!?・・・でも好き
    兎に角小津作品
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:小津安二郎
    主演:原節子
    30
  31. かくも長き不在

    かくも長き不在
    評価:B3.64
    マルグリット・デュラス脚本、アンリ・コルピ監督によるメロドラマの傑作。1960年代初頭のパリを舞台に、美しきカフェの女主人と行方不明となった夫そっくりの記憶喪失男との姿を通し、戦争の悲劇を描き出す。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    個人の平和と国家の平和
    哀しく、切ない
    未だにDVD化されていないとは・・・
    この映画でのアリダ・ヴァリの美しさは
    製作年:1960
    製作国:フランス
    監督:アンリ・コルピ
    主演:アリダ・ヴァリ
    31
  32. 壮烈新選組 幕末の動乱

    壮烈新選組 幕末の動乱
    評価:B3.61
    片岡千恵蔵扮する新選組鬼隊長・近藤勇を中心に、新選組が幕末の動乱期に活躍する姿と、そこに繰り広げられる多彩な人間模様を描いた本格的時代劇。片岡千恵蔵を始め、大川橋蔵、里見浩太朗、伏見扇太郎などの豪華キャスト陣の迫力の演技が展開する。

    時代劇

    ネット上の声

    池田屋、、居酒屋で復活へ 百三十年振り
    新選組を全く知らない人なら
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:佐々木康
    主演:片岡千恵蔵
    32
  33. GIブルース

    GIブルース
    評価:B3.59
     西ドイツに駐屯するGIのタルサは、友人との賭けで、一人の美女を口説き落とすことになった。だが、アプローチを繰り返すうちに、本当に彼女を愛し始めてしまう……。

    ミュージカル

    ネット上の声

    ビートルズとの因縁
    製作年:1960
    製作国:アメリカ
    監督:ノーマン・タウログ
    主演:エルヴィス・プレスリー
    33
  34. 夜の流れ

    夜の流れ
    評価:C3.57


    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    恋愛に歳は関係有りません
    話が分散し過ぎ、でも収束
    おんな それぞれの物語
    成瀬らしさ、川島らしさ
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:川島雄三
    主演:司葉子
    34
  35. 黒い画集 あるサラリーマンの証言

    黒い画集 あるサラリーマンの証言
    評価:C3.56
    週刊朝日に連載中の松本清張『黒い画集』の中の一編『証言』の映画化。「空港の魔女」の橋本忍が脚色し、「裸の大将」の堀川弘通が監督した。撮影は「新・三等重役」の中井朝一。

    サスペンス

    ネット上の声

    これは面白いサスペンスでした☆3.0
    一つのウソが男を不幸に陥れる
    娯楽としての社会派ミステリー
    上質なブラックユーモア?
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:堀川弘通
    主演:小林桂樹
    35
  36. スリ(掏摸)

    スリ(掏摸)
    評価:C3.54
    孤独感に苛まれている貧しい学生ミシェル。彼はスリで一度は捕まるが、そのスリルが忘れられず、釈放された後もスリを繰り返し、やがて組織的な犯行を重ねてゆく。本物のリアリティを追求し、スリの数々の見事なテクニックや手さばきも見所が見どころで、同時に主人公の孤独感を浮き上がらせてゆくブレッソン監督の傑作。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    華麗なるマジックハンド
    盗みの手口はお見事
    「罪と罰」的な…
    怖い
    製作年:1960
    製作国:フランス
    監督:ロベール・ブレッソン
    主演:ピエール・レマリ
    36
  37. サラリーマン忠臣蔵

    サラリーマン忠臣蔵
    評価:C3.53
     「秋立ちぬ」の笠原良三が脚本を書き「ああ女難」の杉江敏男がメガホンをとった。撮影は「東海道駕籠抜け珍道中」の完倉泰一、美術は「悪い奴ほどよく眠る」の村木与四郎、音楽は「ああ女難」の神津善行。

    コメディ

    ネット上の声

    元祖忠臣蔵現代版
    前編
    豪華なキャストのわりには …
    東宝スター総出演!
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:杉江敏男
    主演:森繁久彌
    37
  38. ガス人間第1号

    ガス人間第1号
    評価:C3.53
     生体実験の犠牲で、身体をガス化できる特殊能力を持ってしまった男と、彼の愛する美しい女、春日流家元・藤千代との悲恋を描いたSFスリラー。強盗殺人を捜査する岡本警部補たちは、容疑者として日本舞踊の家元・藤千代に目を付けた。

    特撮

    ネット上の声

    「美人」って、まさにこの人のことだな。
    昭和ノスタルジー香る東宝怪奇映画。
    八千草薫が・・・綺麗過ぎるの♪
    怪物となった男の恋愛悲話。
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:本多猪四郎
    主演:土屋嘉男
    38
  39. スパルタカス

    スパルタカス
    評価:C3.51
    アカデミー賞(1961年) スタンリー・キューブリック初の長編カラー作品で、ローマ帝国を舞台にした一大叙述詩。自由を手に入れるため、奴隷スパルタカスは剣闘士や奴隷で組織した軍を扇動し、ローマ貴族クラサスに大規模な反乱を起こす。前作「突撃」に続きカーク・ダグラスが主役に起用され、アカデミー賞俳優ローレンス・オリビエが敵役のクラサスを演じる。ピーター・ユスティノフの助演男優賞をはじめ、第33回アカデミー賞4部門を獲得。

    アクション

    ネット上の声

    冒頭結末が暗示されてしまう(涙)せっかく世界史おバカの私が楽しめる...
    監督は自分の子供ではないと言ってますが…
    現代とは違う古代の英雄が新鮮でした!!
    マイケルよりハンサムなカーク・ダグラス
    製作年:1960
    製作国:アメリカ
    監督:スタンリー・キューブリック
    主演:カーク・ダグラス
    39
  40. 太陽の墓場

    太陽の墓場
    評価:C3.51
     大島渚が助監督の石堂淑朗とオリジナル脚本を書き、前作「青春残酷物語」からわずか2ヶ月で制作した、大阪のドヤ街で生きる人間たちを描いたドラマ。大阪でのロケーションが効果を上げている。

    ヒューマンドラマ、大阪が舞台

    ネット上の声

    太陽族ブームへ大島監督怒りの鉄拳
    大島渚版「太陽の季節」
    どん底、どん底
    墓場?
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:大島渚
    主演:炎加世子
    40
  41. 黒線地帯

    黒線地帯
    評価:C3.47


    アクション
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:石井輝男
    主演:天知茂
    41
  42. 独立愚連隊西へ

    独立愚連隊西へ
    評価:C3.47
     岡本喜八が脚本・監督を務めた戦争活劇「独立愚連隊」の第二作。「電送人間」の関沢新一が共同で脚本を執筆し、撮影の逢沢譲と音楽の佐藤勝は前作から引き続き担当した。

    戦争

    ネット上の声

    岡本喜八監督のセンスの良さ
    戦争映画もアイディアです
    粋な娯楽色に満ちた快作
    邦画の枠を超えて
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:岡本喜八
    主演:加山雄三
    42
  43. 血を吸うカメラ

    血を吸うカメラ
    評価:C3.47
     心理学者の息子であるマークは幼い頃、恐怖が人間に与える影響について、父親から絶えず実験をされていた。度重なる実験は、マークを次第に狂気の淵に追いやっていった。

    ホラー、異常愛

    ネット上の声

    ホラー・スリラーの原点
    血を吸うカメラ
    ピーピングトムという原題は???
    結構怖かった、101分
    製作年:1960
    製作国:イギリス
    監督:マイケル・パウエル
    主演:カール=ハインツ・ベーム
    43
  44. 恋をしましょう

    恋をしましょう
    評価:C3.46
    「奥様ごめんなさい」のノーマン・クラスナーの脚本を「西部に賭ける女」のジョージ・キューカーが監督したロマンチック・コメディ。撮影は「5つの銅貨」のダニエル・L・ファップ、音楽をライオネル・ニューマンが担当した。サミー・カーン作詞、ジェームズ・ヴァン・ヒューゼン作曲の主題歌“恋をしましょう”ほか5曲、コール・ポーターの“私の心はパパのもの”が歌われる。出演は「お熱いのがお好き」のマリリン・モンロー、「掟」のイヴ・モンタン、ほかにトニー・ランドール、フランキー・ヴァーン、ウィルフリッド・ハイド・ホワイト、マイケル・デイヴィッドら。製作ジェリー・ウォルド。

    コメディ

    ネット上の声

    たいして面白くないギャグを高額で買う…
    クロスビー先生のお歌の授業
    三谷幸喜のコメディっぽい。
    恋をしましょう
    製作年:1960
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・キューカー
    主演:マリリン・モンロー
    44
  45. ひばり十八番 弁天小僧

    ひばり十八番 弁天小僧
    評価:C3.45
    瀬戸口寅雄の原作を、「緋鯉大名」の中田竜雄が脚色、「旗本退屈男 謎の幽霊島」の佐々木康が監督した娯楽時代劇。撮影は「百万両五十三次」の松井鴻。

    時代劇

    ネット上の声

    無題
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:佐々木康
    主演:美空ひばり
    45
  46. 雨のしのび逢い

    雨のしのび逢い
    評価:C3.41
    カンヌ国際映画祭(1960年・女優賞)殺された女性の最後の声を聞いてしまったアンヌ。変化のない毎日を送っていた彼女は、この事件のことをある男性に相談するのだが……。モローはこの演技でカンヌ映画祭の主演女優賞を獲得。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    絶叫★何事もない日常という非情さが…
    牢獄としての結婚
    モデラート・カンタービレ
    女の生き方が変わったんだねえ。
    製作年:1960
    製作国:フランス
    監督:ピーター・ブルック
    主演:ジャンヌ・モロー
    46
  47. 暗黒街の対決

    暗黒街の対決
    評価:C3.41
     大藪春彦の『血の罠』をもとに「宇宙大戦争」の関沢新一が脚本を執筆し「独立愚連隊」の岡本喜八が監督したハードボイルド作品。撮影は「日本誕生」の山田一夫、音楽は「天下の大泥棒 白浪五人男」の佐藤勝が担当した。

    アクション

    ネット上の声

    ダイナミックB級"ハーフ"ボイルドの傑作
    東宝暗黒街物の最高作
    男臭さはよく伝わる
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:岡本喜八
    主演:三船敏郎
    47
  48. 逢う時はいつも他人

    逢う時はいつも他人
    評価:C3.40
     妻子ある建築家のラリーが、美しい人妻マギーと出会い、互いに恋に落ちる。二人は不倫の恋に身を焦がしながらも、それぞれの生活を捨てきれないことに気づく。

    恋愛

    ネット上の声

    この邦題、好きだ
    製作年:1960
    製作国:アメリカ
    監督:リチャード・クワイン
    主演:カーク・ダグラス
    48
  49. 青春残酷物語

    青春残酷物語
    評価:C3.39
     大島渚が脚本・監督を担当し、大ヒットを記録した青春映画。この作品により「松竹ヌーヴェル・ヴァーグ」という言葉が生まれた。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ヌーベルバーク なのですか?
    題名通りの内容
    時代を
    普遍性
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:大島渚
    主演:桑野みゆき
    49
  50. 情事

    情事
    評価:C3.39
    「さすらい(1957)」の監督ミケランジェロ・アントニオーニが自らシナリオを書き、監督して愛のうつりかわりを描いた作品。脚本は同監督の他にトニーノ・グエッラ、エリオ・バルトリーニが共同で担当している。撮影はアルド・スカヴァルダ。音楽は「太陽の誘惑」のジョヴァンニ・フスコ。出演者は「三月生れ」のガブリエレ・フェルゼッティ、新人モニカ・ヴィッティ、「狂った情事」のレア・マッサリの他、ドミニク・ブランシャール、ジェームズ・アダムス、レンツォ・リッチなど。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    60年カンヌ国際映画祭「ある視点」部門賞
    “オデュッセイアの弓” 羽仁進の寓喩
    いなくなる不安と情事
    近づいたり離れたり、もうはっきりしてってならないのが深い恋愛。
    製作年:1960
    製作国:イタリア
    監督:ミケランジェロ・アントニオーニ
    主演:モニカ・ヴィッティ
    50

スポンサードリンク