全50作品。1955年の映画ランキング

  1. 賭博師ボブ

    賭博師ボブ
    評価:A4.10
    モンマルトルを舞台に、そこに棲息する賭博師たちの姿を描くノワール映画。製作はフロランス・メルヴィル、監督・脚本・脚色はジャン・ピエール・メルヴィル、共同脚色と台詞はオーギュスト・ル・ブルトン、撮影はアンリ・ドカエ、音楽はエディ・バークレーとジャン・ボワイエが担当。出演はイザベル・コーレイ、ロジェ・デュシェーヌほか。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ノワールに哀愁と疲弊の詩情が加わった逸品
    ギャンブルのツキはいつ来るかわからない!
    皮肉なラスト映画のベスト10に入るかも
    賭博師ボブ、一世一代の大勝負
    製作年:1955
    製作国:フランス
    監督:ジャン=ピエール・メルヴィル
    主演:イザベル・コーレイ
    1
  2. 大地のうた

    大地のうた
    評価:A4.01
     インドのベンガル地方、貧困に苦しむある家族の物語。父親が出稼ぎに出ている間に彼の娘が死んでしまう。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    サタジット・レイが描く“インド”
    嬉しい発見でした
    東洋世界の美しさ
    大地の唄を聴け
    製作年:1955
    製作国:インド
    監督:サタジット・レイ
    主演:サビル・バナルジー
    2
  3. 警察日記

    警察日記
    評価:A3.87
    日活入社第一回の坂上静翁の製作になるもので、伊藤永之介の原作を「女人の館」の井手俊郎が脚色し、「母の初恋」の久松静児が監督に当る。撮影は「壮烈神風特攻隊」の姫田真佐久。出演者は日活初出演の森繁久彌、「女人の館」の三國連太郎、「近松物語」の十朱久雄、「忠臣蔵(1954)」の三島雅夫のほか杉村春子、織田政雄、小田切みき、伊藤雄之助、東野英治郎、沢村貞子、飯田蝶子など。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    若き日の宍戸錠、三國連太郎 等が 出演。
    それにしても、いい警察署、いい警察官
    「け」のつく元気になった邦画2
    ふくすま弁は 温け なぁ
    製作年:1955
    製作国:日本
    監督:久松静児
    主演:三島雅夫
    3
  4. 狼
    評価:A3.81
    近代映画協会の自主作品で「十九の花嫁」の新藤兼人のオリジナル・シナリオを彼自ら「どぶ」に次いで監督し、「大利根の対決」の伊藤武夫が撮影に当る。音楽は「銀座の女」の伊福部昭。出演者は「銀座の女」の乙羽信子、殿山泰司、「侍ニッポン 新納鶴千代」の高杉早苗、「地獄の用心棒」の菅井一郎、浜村純等のほか民芸、俳優座、泉座、現代プロ、東俳協が出演する。

    サスペンス

    ネット上の声

    今そこにある現実的描写が素晴らしい
    映画は、弱き者たちの「味方」たれ!
    新藤兼人監督の “心眼”
    やるせない・・・
    製作年:1955
    製作国:日本
    監督:新藤兼人
    主演:乙羽信子
    4
  5. 山
    評価:B3.80
    アルプスの峻峰に大ロケを敢行した山岳映画。山を愛する老ガイドとその弟の愛情の相剋を描いたアンリ・トロワイヤの小説を「黒い絨毯」のラナルド・マクドーガルが脚色、「ケイン号の叛乱」のエドワード・ドミトリクが製作・監督、撮影も「ケイン号の叛乱」のフランツ・プラナー、音楽はダニエル・アンフィシアトロフ。主演は「日本人の勲章」のスペンサー・トレイシー、「白い羽根」のロバート・ワグナー、「星のない男」のクレア・トレヴァー、「青い戦慄」のウィリアム・デマレスト、インドの女優アンナ・カシュフィなど。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、アドベンチャー(冒険)、雪山で遭難する、登山

    ネット上の声

    娘さんよく聴けよ~山男にゃ惚~れ~るなよ
    S・トレイシーがいい・・・
    兄弟の絆
    山は厳しい場所
    製作年:1955
    製作国:アメリカ
    監督:エドワード・ドミトリク
    主演:スペンサー・トレイシー
    5
  6. キッスで殺せ!

    キッスで殺せ!
    評価:B3.79
     私立探偵マイク・ハマーは深夜のハイウェイで謎めいた美女に出くわす。しかし男たちに襲われ、彼女は殺され、ハマーも重傷を負ってしまう。事件の真相を探るハマーは助手ベルダを人質に取られながらも、核開発をめぐる陰謀に迫っていく。名匠アルドリッチが過激な暴力描写で描く衝撃のフィルムノワール。ゴダールらヌーベルバーグ作家たちによって支持され、カルト化。55年版は上映時間104分。98年には106分のディレクターズ・カットが初公開された。

    サスペンス、探偵

    ネット上の声

    素裸にレインコート
    既に、男性専科?
    神が、いやプルートが宿った大傑作ノワール
    アルドリッチ・ノワールの大傑作!
    製作年:1955
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・アルドリッチ
    主演:ラルフ・ミーカー
    6
  7. 夫婦善哉

    夫婦善哉
    評価:B3.72
     織田作之助の同名小説を八住利雄が脚色、豊田四郎が監督、森繁久彌と淡島千景が主演し映画化。1963年には本作と同じ豊田監督、森繁・淡島主演で「新・夫婦善哉」が製作された。

    ヒューマンドラマ、大阪が舞台

    ネット上の声

    ええかげ〜んな人生をあなたに
    森繁、淡路夫婦道行き
    淡島千景が可愛過ぎる
    絶妙かな森繁・・・
    製作年:1955
    製作国:日本
    監督:豊田四郎
    主演:森繁久彌
    7
  8. 姉妹

    姉妹
    評価:B3.70
    毎日出版文化賞を受けた畔柳二美の小説を、「愛すればこそ」の新藤兼人と「ともしび」の家城巳代治が脚色し、家城巳代治が監督する。撮影は木塚誠一、音楽は大木正夫の担当。出演者は「おとこ大学 新婚教室」の野添ひとみ、「潮来情話 流れ星三度笠」の中原ひとみ、「お嬢さん先生」の信欣三、「天下泰平」の川崎弘子、「愛すればこそ」の内藤武敏などである。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    胸に残るセリフの数々
    ほのぼのとした、ハートフルな佳作 …
    佳作です。
    目上の妹
    製作年:1955
    製作国:日本
    監督:家城巳代治
    主演:野添ひとみ
    8
  9. 下郎の首

    下郎の首
    評価:B3.69
    サイレント時代に映画化された伊藤大輔の「下郎」の再映画化で、彼自身が新しく脚本を書き直し、「明治一代女」についで監督する。撮影は「忍術児雷也 逆襲大蛇丸」の平野好美。主なる出演者は「のんき裁判」の田崎潤、「青春怪談(1955 市川崑)」の瑳峨三智子、「たそがれ酒場」の高田稔、「母性日記」の片山明彦、「藤十郎の恋」の小沢栄、「森繁のやりくり社員」の岡譲司など。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    嵯峨三智子があまりにも色っぽい
    伝説のサイレント映画の再映画化
    「切腹」よりも強烈
    着脱式“奴髭”
    製作年:1955
    製作国:日本
    監督:伊藤大輔
    主演:田崎潤
    9
  10. 夜と霧

    夜と霧
    評価:B3.69
    アウシュビッツ強制収容所をめぐるレネ監督のドキュメント傑作。忘却され荒廃した現在のアウシュビッツのカラー映像と、戦争を再現するモノクロ映像を対比させて戦争を糾弾、その美しく厳しい映像と詩的なナレーションが胸に迫る1作。

    戦争、ドキュメンタリー、ホロコーストが舞台

    ネット上の声

    知るべき歴史を観るための映画です。
    眼をそらしたくなる“32分”
    人間の、人間による、人間のための所作としてアウシュビッツがあった。...
    というかしばらく人間をみたくなくなります。
    製作年:1955
    製作国:フランス
    監督:アラン・レネ
    10
  11. 大江戸千両囃子

    大江戸千両囃子
    評価:B3.68
    旗一兵の原作を、「怪猫腰抜け大騒動」の中田龍雄が脚色、「快傑まぼろし頭巾」の佐々木康が監督に当る。撮影は「蛇姫様(1954)」の松井鴻、音楽は「名探偵明智小五郎シリーズ 青銅の魔人 第一部」の万城目正の担当。出演者は「お夏清十郎」の美空ひばり、「竜虎八天狗 四部作 第一篇水虎の巻 第二篇火竜の巻」の東千代之介、「残月一騎討ち」の大友柳太朗、鈴鳳劇の大江美智子、「紅孔雀 五部作」の西条鮎子などである。

    時代劇

    ネット上の声

    単純明快な痛快時代劇!
    大江美智子 大活躍
    プロの仕事
    製作年:1955
    製作国:日本
    監督:佐々木康
    主演:美空ひばり
    11
  12. 狩人の夜

    狩人の夜
    評価:B3.68
     ある死刑囚から、銀行を襲って手に入れた1万ドルを子供たちに託した事を聴いたハリーは、出所するや福音伝道師を装って未亡人と子供たちの住む町へ向かう。そして言葉巧みに未亡人に取り入り、結婚してしまう。

    サスペンス

    ネット上の声

    寝つきの早さには憧れます
    逃げる子ども、追う狩人
    狩人の夜は悪夢の夜
    HATEとLOVE
    製作年:1955
    製作国:アメリカ
    監督:チャールズ・ロートン
    主演:ロバート・ミッチャム
    12
  13. 野菊の如き君なりき

    野菊の如き君なりき
    評価:B3.67
    大正二年に死んだ歌人伊藤左千夫が明治三十九年に発表した小説「野菊の墓」を「お勝手の花嫁」の木下恵介が脚色し自ら監督、「遠い雲」の楠田浩之が撮影に当った。主なる出演者は新人有田紀子、「七つボタン」の田中晋二、「サラリーマン 目白三平」の笠智衆、「婦系図 湯島の白梅」の杉村春子、「あこがれ(1955)」の田村高廣、「お勝手の花嫁」の山本和子、「遠い雲」の小林トシ子、「若き日の千葉周作」の雪代敬子など。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ぜったい泣いちゃう、ぐじゅぐじゅ・・
    典型的な悲恋の名作
    悲恋もの・・・
    期待はずれ
    製作年:1955
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:田中晋二
    13
  14. こころ

    こころ
    評価:B3.65
    夏目漱石の原作を「女給」の猪俣勝人と長谷部慶次が共同脚色し「青春怪談(1955 市川崑)」の市川崑が監督、「狼」の伊藤武夫が撮影を担当した。主なる出演者は「楊貴妃」の森雅之、「月夜の傘」の新珠三千代、「青空の仲間」の三橋達也、「志津野一平 地獄の接吻」の安井昌二、「うちのおばあちゃん」の田村秋子など。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    原作には近いけど、原作にちょっと……
    主役としての奥さん
    古い映画も観てみるものだなぁ‥
    なぜか、こころに残る
    製作年:1955
    製作国:日本
    監督:市川崑
    主演:森雅之
    14
  15. ノンちゃん雲に乗る

    ノンちゃん雲に乗る
    評価:B3.64
     主人公ノンちゃんが夢の中で不思議な老人に導かれ、“雲の上の世界”を体験するというファンタジー。雲の世界の蝶や星などにアニメ合成が使用されている。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    「よいこ」のための映画。
    原節子さんを偲んで
    鰐淵晴子が可愛い
    文部省推薦らしいけど
    製作年:1955
    製作国:日本
    監督:倉田文人
    主演:鰐淵晴子
    15
  16. あした来る人

    あした来る人
    評価:B3.62
    朝日新聞連載の井上靖の小説から「男ありて」の菊島隆三が脚本を執筆、「愛のお荷物」の川島雄三が監督に当る。撮影は「湯の町椿」の高村倉太郎、音楽は「青春怪談(1955 市川崑)」の黛敏郎の担当。主なる出演者は「銀座令嬢」の月丘夢路、「花のゆくえ」の新珠三千代、「青春怪談(1955 市川崑)」の山村聰、三橋達也、「地獄の用心棒」の三國連太郎などである。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    あした? 誰も来ないと思うよ。
    川島雄三監督は凄い!
    1955年
    おもしろい、おもしろいね
    製作年:1955
    製作国:日本
    監督:川島雄三
    主演:山村聡
    16
  17. 浮雲

    浮雲
    評価:B3.62
    ブルーリボン賞(1956年・作品賞) 「めし」「稲妻」の名匠・成瀬巳喜男監督が、とめどなく落ちぶれていく自堕落な男と、そうと分かっていながら結局どこまでも男に着いていってしまうひとりの女の宿命を描いた愛と悲劇の物語。戦時中、赴任先のインドシナで、妻ある男・富岡と出会い愛し合ったゆき子。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    森雅之さん、似合ってます。こういう役
    依存と執着
    愛憎劇
    美しい。なぜ、高峰秀子はこれほどまでに。
    製作年:1955
    製作国:日本
    監督:成瀬巳喜男
    主演:高峰秀子
    17
  18. 汚れなき悪戯

    汚れなき悪戯
    評価:B3.62
     その日、スペインのある小さな村では聖マルセリーノ祭を迎えていた。そんな中、一人の僧侶がある貧しげな家で病に臥せっている少女を訪れる。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    泣けました…(これまた午前10時の映画祭…)
    切なくて不思議なスペインのおとぎ話
    「け」のつく元気になった洋画2
    宗教画を鑑賞するつもりで〜
    製作年:1955
    製作国:スペイン
    監督:ラディスラオ・ヴァホダ
    主演:パブリート・カルヴォ
    18
  19. 悪魔のような女

    悪魔のような女
    評価:B3.60
    ニューヨーク映画批評家協会賞(1955年)「恐怖の報酬」についでアンリ・ジョルジュ・クルーゾーが監督する推理スリラー映画一九五五年度作品である。原作はピエール・ボワローとトーマス・ナルスジャックが合作した探偵小説で、クルーゾーとG・ジェロミニが共同で脚色、台詞も担当した。撮影は「恐怖の報酬」のアルマン・ティラールと「禁じられた遊び」のロベエル・ジュイヤアル、音楽は「寝台の秘密」のジョルジュ・ヴァン・パリスである。主演は、「嘆きのテレーズ」のシモーヌ・シニョレ、「恐怖の報酬」のヴェラ・クルーゾー、「宝石館」のポール・ムーリッスで、「埋れた青春」のシャルル・ヴァネル、「密告(1943)」のピエール・ラルケエ、テレーズ・ドルニー、ジャン・…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ラストのハラハラドキドキ感は白黒映像と相まって、なかなか印象的でし...
    推理サスペンス・スリラーだ!☆3つ
    少年の意味深な一言が!(≧ω≦)b
    1955年製極上のサスペンス
    製作年:1955
    製作国:フランス
    監督:アンリ=ジョルジュ・クルーゾー
    主演:シモーヌ・シニョレ
    19
  20. 人生とんぼ返り

    人生とんぼ返り
    評価:B3.59
     長谷川幸延の戯曲『殺陣師段平』をマキノ雅弘が脚色し監督。新国劇で頭取と殺陣師を務めた市川段平の半生を描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    人生に、「とんぼ返り」は必須だ。
    「殺陣師段平」との役者比較
    私には、退屈な作品でした
    涙で、、、、
    製作年:1955
    製作国:日本
    監督:マキノ雅弘
    主演:森繁久彌
    20
  21. おえんさん

    おえんさん
    評価:C3.56
    新派で上演された原作から「君死に給うことなかれ」の西島大が脚本を書き、「ゴジラ(1954)」の本多猪四郎が監督にあたり、「雪の炎」の飯村正が撮影する。主なる出演者は「明日の幸福」の水谷八重子、「雪の炎」の司葉子、「ゴジラの逆襲」の小泉博、「男ありて」の清水将夫、「制服の乙女たち」の藤原釜足など。

    ネット上の声

    薄気味悪い 東宝版母物映画
    「晩春」の逆バージョン
    昔の母子関係?
    製作年:1955
    製作国:日本
    監督:本多猪四郎
    主演:水谷八重子[初代]
    21
  22. 俺たちは天使じゃない

    俺たちは天使じゃない
    評価:C3.55
     刑務所を脱獄した囚人3人組。彼らは近くの港町に辿り着き、そこで着る物や金を調達しようと、とある雑貨屋に押し入った。

    コメディ

    ネット上の声

    娯楽映画。週末に家族で楽しんで。
    GEO宅配レンタルにて鑑賞。NO.8
    同名リメイクとは
    四匹のおっさん
    製作年:1955
    製作国:アメリカ
    監督:マイケル・カーティス
    主演:ハンフリー・ボガート
    22
  23. 生きものの記録

    生きものの記録
    評価:C3.54
    一貫して反戦を訴え続けた黒澤明監督が、原水爆の恐怖を真正面から取り上げた異色のヒューマン・ドラマ。町工場を経営する中島喜一は原水爆の実験に脅威を感じ、地球上で安全な場所は南米しかないと考え、家族にも相談しないで南米への移住を計画。しかし息子たちは父の計画に猛反対し、中島を裁判にかける。次第に孤独に追い込まれていく中島がとった行動は・・・。当時35才の三船敏郎が、メイクによりみごとに70過ぎの老人を熱演。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    当時の人はどう感じたんだろう?
    やさしすぎる頑固者・・・
    メッセージ
    涙が出た
    製作年:1955
    製作国:日本
    監督:黒澤明
    主演:三船敏郎
    23
  24. 血槍富士

    血槍富士
    評価:C3.54
    中国抑留から帰還した内由吐夢の第一回作品である。故井上金太郎の原作から「近松物語」の八尋不二、「酔いどれ囃子」の民門敏雄が脚色、「越後獅子祭り やくざ若衆」の三村伸太郎が脚本を書いた。企画マキノ、玉木の他、企画協力として溝口、小津、清水、伊藤が賛助した。撮影は「新諸国物語 紅孔雀」の吉田貞次。出演者は、「隼の魔王」の片岡千恵蔵、喜多川千鶴、田代百合子、島田照夫、「浮雲」の加東大介、片岡の子息植木基晴、息女千恵。

    時代劇

    ネット上の声

    酒でもチビリチビリやりながら拝見しましょ
    異色の時代劇
    馬鹿な上司持つとつらい感じ?
    絵に描いたような富士山
    製作年:1955
    製作国:日本
    監督:内田吐夢
    主演:片岡千恵蔵
    24
  25. 夏の夜は三たび微笑む

    夏の夜は三たび微笑む
    評価:C3.53
    スウェーデンが生んだ巨匠イングマール・ベルイマンが、20世紀初頭のスウェーデンを舞台に、男女の交錯する思いを軽妙なタッチで描いた恋愛喜劇。弁護士のフレデリックは若い後妻のアンと、先妻との間に生まれた年頃の息子ヘンリックと幸せに暮らしていた。一方で、かつて情事をかわした舞台女優のデジレへの思いも捨てきれず、デジレの舞台を見に行った夜、彼女の家を訪れる。しかし、デジレにはパトロンである伯爵がつきまとっていた。一方、息子のヘンリックは、若き義母のアンに思いを寄せていたが、メイドのペトラの誘惑にも流されそうになっている。デジレは、ヘンリックとアンを結びつけ、自分がフレデリックの正式な妻になろうと計画…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ベルイマン・コメディ〜愛欲の戯れに陶酔す
    コメディだけど気の利いた台詞が随所に
    男性の浅はかさ、女性のしたたかさ
    ベルイマンにしては異色作品
    製作年:1955
    製作国:スウェーデン
    監督:イングマール・ベルイマン
    主演:グンナール・ビョルンストランド
    25
  26. マーティ

    マーティ
    評価:C3.52
    アカデミー賞(1956年) 互いに冴えない自分の容姿を気にするあまり恋愛に今一歩踏み出せずにいた肉屋の男と女教師の、淡い恋の行方を描いたオスカー作品賞受賞のロマンティック・コメディ。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ほのぼのできる夢のあるホームドラマ
    男も女も顔じゃないよ、気持ちだよ。
    あんたは、いつ結婚を?
    典型的なホームドラマ
    製作年:1955
    製作国:アメリカ
    監督:デルバート・マン
    主演:アーネスト・ボーグナイン
    26
  27. マダムと泥棒

    マダムと泥棒
    評価:C3.50
    若手の脚本家ウィリアム・ローズのオリジナル・シナリオを「成功の甘き香り」のアレクサンダー・マッケンドリックが渡米前にイギリスで監督したスリラー・コメディ。撮影監督はオットー・ヘラー、音楽はトリストラム・ケリイー。主演は「戦場にかける橋」のアレック・ギネス、「完全なる夫」のセシル・パーカー、「戦争と平和」のハーバート・ロム、「文なし横丁の人々」のダニー・グリーン、新人のピーター・セラーズ、七十七歳の老女優カティ・ジョンソン。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    「レディ・キラーズ」のオリジナル作品☆
    『レディ・キラーズ』のオリジナル作品
    60年前の映画だがそれなりの面白さ。
    おばあちゃんの演技ぱねぇ。
    製作年:1955
    製作国:イギリス
    監督:アレクサンダー・マッケンドリック
    主演:アレック・ギネス
    27
  28. 続・宮本武蔵 一乗寺の決闘

    続・宮本武蔵 一乗寺の決闘
    評価:C3.50
    「宮本武蔵」の続編で、鶴田浩二の佐々木小次郎が初登場する。鎖鎌の宍戸梅軒との死闘を皮切りに、京八流吉岡一門と、洛北蓮台寺野、蓮華王院、三十三間堂、そして一乗寺下り松と、血で血を洗う文字通り“血闘“を繰り返す。

    時代劇
    製作年:1955
    製作国:日本
    監督:稲垣浩
    主演:三船敏郎
    28
  29. 人間魚雷回天

    人間魚雷回天
    評価:C3.48
    回天特別攻撃隊員津村敏行の手記を、「若者よ! 恋をしろ」の須崎勝彌が脚色したもので「慈悲心鳥」の松林宗恵、西垣六郎が夫々監督、撮影に当っている。出演者は「億万長者(1954)」の岡田英次、木村功、「女性に関する十二章」の津島恵子、「慈悲心鳥」の和田孝、細川俊夫、高原駿雄、沼田曜一、宇津井健、信欣三、原保美などである。

    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    静かに淡々と若者たちの命が散っていく
    死なない絶対の方法は生まれないことだ
    職人監督がとっただけに 見せる
    特攻の裏側とむなしさを知る
    製作年:1955
    製作国:日本
    監督:松林宗恵
    主演:岡田英次
    29
  30. 必死の逃亡者

    必死の逃亡者
    評価:C3.47
    「ローマの休日」のウィリアム・ワイラーが製作、監督した、ビスタビジョンはじめての黒白作品。原作はジョセフ・ヘイスのベスト・セラー小説で、1955年ブロードウェイで劇化、上演されヒット・プレイの1つとなった。原作者のヘイスが舞台と同様、脚色を担当した。撮影は「ピラミッド(1955)」のリー・ガームス、音楽はゲイル・クビク。主な出演者は、「俺達は天使じゃない(1955)」のハンフリー・ボガート、「重役室」のフレドリック・マーチ、「顔役時代」のアーサー・ケネディ、「美しき生涯」のマーサ・スコット、「ピラミッド(1955)」のデューウィ・マーティン、「三銃士(1948)」のギグ・ヤング、「白昼の対決…

    サスペンス

    ネット上の声

    追従許さぬサスペンスのお手本。
    必死なのは逃亡者だけではない
    ワイラーとボガード
    我が家では・・・。
    製作年:1955
    製作国:アメリカ
    監督:ウィリアム・ワイラー
    主演:フレデリック・マーチ
    30
  31. ここに泉あり

    ここに泉あり
    評価:C3.47
    今井正が「にごりえ」に次いで監督する映画で、群馬の地方交響楽団をモデルに「浮雲」の水木洋子が脚本を書き、「愛すればこそ」の中尾駿一郎が撮影に当り、同じく団伊玖磨が音楽を担当する。主なる出演者は「あなたと共に」の岸恵子、「人間魚雷回天」の岡田英次、「学生心中」の小林桂樹、「浮雲」の加東大介、「銀座令嬢」の三井弘次、「姿三四郎 第二部(1955)」の東野英治郎、「哀愁日記」の草笛光子等で、山田耕筰のほか楽団人も特別出演する。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    日本初のオーケストラ映画☆
    昭和初期の音楽映画
    一つの生き方
    脚本に感服
    製作年:1955
    製作国:日本
    監督:今井正
    主演:岡田英次
    31
  32. 愛のお荷物

    愛のお荷物
    評価:C3.46
    「お月様には悪いけど」の柳沢類寿と「昨日と明日の間」の川島雄三が共同で脚本を書き、川島雄三が監督に当る。撮影は「月は上りぬ」の峰重義、音楽は「女の一生(1955)」の黛敏郎。出演者は「美男お小姓 人斬り彦斎」の山村聡、轟夕起子、「月は上りぬ」の北原三枝、笠智衆、「億万長者(1954)」の山田五十鈴、「地獄への復讐」の三橋達也の外、坪内美子、東野英治郎、フランキー堺などである。

    コメディ

    ネット上の声

    「お荷物」と言いながらやっぱり子どもは宝
    見所は、轟夕起子か・・?
    下世話な考えだが
    電波と妊娠
    製作年:1955
    製作国:日本
    監督:川島雄三
    主演:三橋達也
    32
  33. 足ながおじさん

    足ながおじさん
    評価:C3.45
    ジーン・ウェブスターの小説『足ながおじさん』を「ショウほど素敵な商売はない」のフィービー・エフロンとヘンリー・エフロン夫妻が脚色し「愛の泉」のジーン・ネグレスコが監督、「聖衣」のレオン・シャムロイが撮影監督に当たった。主なる出演者は「土曜日は貴方に」のフレッド・アステア、「巴里のアメリカ人」のレスリー・キャロン、「十二哩の暗礁の下に」のテリー・ムーア、「裏窓」のセルマ・リッター、「サンセット大通り」のフレッド・クラーク、「百万長者と結婚する方法」のシャーロット・オースティン、「愛の泉」のキャスリン・ギヴニーなど。作中の10篇の歌の作詞作曲はジョニー・マーサーが担当。パリ、香港、リオのバレエ音…

    恋愛、ミュージカル

    ネット上の声

    足ながおじさんの方が主人公、楽しい映画!
    レスリー・キャロン、ダンスショー
    レスリー・キャロンがCUTE!
    楽しいミュージカル!
    製作年:1955
    製作国:アメリカ
    監督:ジーン・ネグレスコ
    主演:フレッド・アステア
    33
  34. 日本人の勲章

    日本人の勲章
    評価:C3.44
    「あの高地を取れ」のドア・シャーリーが1955年に製作した異色西部劇で、ハワード・ブレスリンの原作から「底抜け最大のショウ」のドン・マクガイアが脚色、「拳銃魔」のミラード・カウフマンが脚本化し、「海底の黄金」のジョン・スタージェスが監督に当たった。イーストマンカラー色彩の撮影は「裸の拍車」のウィリアム・C・メラー、「幌馬車隊」のアンドレ・プレヴィンが音楽を担当した。出演者は「折れた槍」のスペンサー・トレイシー、「裸の拍車」のロバート・ライアン以下、「奥様は芳紀17才」のアン・フランシス、「ホワイト・クリスマス」のディーン・ジャガー、「遠い国」のウォルター・ブレナン、「皇太子の初恋」のジョン・エリクソン、アーネスト・ボーグナインなど。

    アクション
    製作年:1955
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・スタージェス
    主演:スペンサー・トレイシー
    34
  35. 崖
    評価:C3.44
     アウグストは、根っからのチンピラのホペルトと画家くずれのピカソを率いて、“男爵”が仕組んだ詐欺の片棒をかつぐ。それは聖職者の扮装で献金をかすめ取る、というものだった。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    人間というものを信じていないのかも
    あえて外した?ラストの違和感
    詐欺師に観てほしい作品
    懺悔としての‘麻痺’
    製作年:1955
    製作国:イタリア/フランス
    監督:フェデリコ・フェリーニ
    主演:ブロデリック・クロフォード
    35
  36. 天はすべて許し給う

    天はすべて許し給う
    評価:C3.43


    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    喪に服す2人の子持ち
    世間体
    よろめかない未亡人
    製作年:1955
    製作国:アメリカ
    監督:ダグラス・サーク
    主演:ジェーン・ワイマン
    36
  37. わが青春のマリアンヌ

    わが青春のマリアンヌ
    評価:C3.41
    霧の立ち込める湖の彼方にそびえ立つ謎の古城。対岸のインゲンシュタットの館に住む少年たちは、この古城に興味を惹かれ、冒険に出発する。一行は大きな犬に襲われて逃げ帰ってくるが、バンサンだけ取り残される。彼はそこで美しい乙女マリアンヌと出会い、彼女に心を奪われる。それ以来、バンサンの心にはマリアンヌの面影しかなかった。ある日、マリアンヌから助けを求める手紙がきて、バンサンは夢中で湖を泳いで古城に向かうのだが……。そして2日後、湖の岸で血まみれになったバンサンの姿が発見される。青春の美しい記憶の一頁をドイツ・ロマン主義の神秘的な幻想の中で描いた珠玉の一編。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    思春期を思い出せ
    青春の通過儀礼。
    青春の1ページ
    松本零士先生って。
    製作年:1955
    製作国:フランス/ドイツ
    監督:ジュリアン・デュヴィヴィエ
    主演:マリアンヌ・ホルト
    37
  38. 慕情

    慕情
    評価:C3.38
    アカデミー賞(1956年)「東京暗黒街・竹の家」のバディ・アドラーが「一攫千金を夢みる男」についで香港ロケで製作した1955年作品。原作は1952年のベスト・セラー、女医ハン・スーインの自伝小説で、これを「真紅の女」のジョン・パトリックが脚色し、「野性の女(1955)」のヘンリー・キングが監督した。主演は「重役室」のウィリアム・ホールデンと「悪魔をやっつけろ」のジェニファー・ジョーンズで他に「聖衣」のトリン・サッチャー「我が心に君深く」のイソベル・エルソム、マレイ・マシスン、ヴァージニア・グレッグ、「一攫千金を夢みる男」のスウ・ヨン等が出演する。音楽は「七年目の浮気」のアルフレッド・ニューマン、撮影は「足ながおじさん…

    ヒューマンドラマ、恋愛

    ネット上の声

    主題曲 <慕情> は永遠に!!!
    音楽よいですよね。映画ですね。
    若いヒトにはつまらんだろうな
    ありきたりのメロドラマ・・・
    製作年:1955
    製作国:アメリカ
    監督:ヘンリー・キング
    主演:ジェニファー・ジョーンズ
    38
  39. ミスタア・ロバーツ

    ミスタア・ロバーツ
    評価:C3.37
    アカデミー賞(1956年)トーマス・ヘッゲンの同名の原作は、米国における第二次世界大 戦を扱った文学として1946年のベスト・セラーとなった。ついでブロードウエイのプロデューサー、ジョシュア・ローガンが原作者ヘッゲンと共同で劇化し1948年から1952年まで3シーズンに亘ってブロードウエイで続演された。製作は舞台と同様、ブロードウエイのヒット作「南太平洋」などのプロデューサー、リーランド・ヘイワード。監督は「長い灰色の線」のジョン・フォードと「荒野の貴婦人」のマーヴィン・ルロイが共同で当り、脚色も「静かなる男」でアカデミー賞を得たフランク・S・ニュージェントとジョシュア・ローガンが共同担当している。撮影は「楽園に帰る…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    もし能力なく艦長を任されたらどうなるのか
    NO.66 「み」のつく元気になった洋画
    ”眼下の敵"とともに観るとよいです!
    監督はJ・フォードですが…
    製作年:1955
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・フォード
    主演:ジェームズ・キャグニー
    39
  40. 東京暗黒街・竹の家

    東京暗黒街・竹の家
    評価:C3.35
    「情炎の女サロメ」のハリー・クライナーが脚本を書き、「地獄と高潮」のサミュエル・フラーが監督、撮影は「スピードに命を賭ける男」のジョー・マクドナルド、音楽は「拾った女」のリー・ハーラインが担当する。主なる出演者は「太平洋作戦」のロバート・ライアン、「紅の翼(1954)」のロバート・スタック、「東は東」のシャーリー・ヤマグチ(山口淑子)、「デジレ」のキャメロン・ミッチェル、「恐怖の土曜日」のブラッド・デクスター、他に早川雪洲など。1955年作品。

    アクション

    ネット上の声

    浅草松屋デパート屋上の銃撃戦!
    アメリカ人もお風呂好きです。
    絢爛豪華な日本世界・・・笑
    占領と安保の間に
    製作年:1955
    製作国:アメリカ
    監督:サミュエル・フラー
    主演:ロバート・スタック
    40
  41. ベニイ・グッドマン物語

    ベニイ・グッドマン物語
    評価:C3.35
    クラリネットでスウィング・ジャズの黄金時代を築いたベニイ・グッドマンの自伝映画。少年時代から、1930年代後半“キング・オブ・スウィング“の称号を得た後、カーネギー・ホールでの歴史的なコンサートを成功させるまでを、おなじみのヒット曲にのせて描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    とっても素敵なプロポーズ
    スウィング・ジャズに拍手
    キング・オブ・スイング
    わが青春の原点
    製作年:1955
    製作国:アメリカ
    監督:ヴァレンタイン・デイヴィス
    主演:スティーヴ・アレン
    41
  42. 野郎どもと女たち

    野郎どもと女たち
    評価:C3.33
    ゴールデン・グローブ賞(1955年)原作はニューヨークの下町を舞台にアメリカ的風俗詩を描いた短編小説作家デーモン・ラニョンの“サラ・ブラウン嬢の挿話”で、ジョー・スワーリングとエイブ・バロウズがミュージカル・プレイにアダプトし、1950年ブロードウェイで上演した。スワーリングとバロウズの台本から、「裸足の伯爵夫人」のジョセフ・L・マンキーウィッツが脚色・監督した。撮影は「トロイのヘレン」ノハリー・ストラドリング、作詩・作曲は舞台同様「アンデルセン物語」のフランク・ローサー、音楽監督と演奏指揮はジェイ・ブラックトン、舞踏振付けは「いつも上天気」に自身出演した「略奪された7人の花嫁」のマイケル・キッド。主な出演者は、「デジレ」で共…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    20世紀FOXさんしっかりしてください
    マーロンとハバナでバカルディミルク♪
    マーロン・ブランドが歌う
    見れて、幸せ(*^-^*)
    製作年:1955
    製作国:アメリカ
    監督:ジョセフ・L・マンキウィッツ
    主演:マーロン・ブランド
    42
  43. 黄金の腕

    黄金の腕
    評価:C3.32
     “黄金の腕”とあだ名されるカードの名手フランキーは、六ヶ月の療養所生活を終え、車椅子生活の妻ゾシュが待つ古巣の町に戻ってきた。フランキーは博奕打の暮らしに戻りたくはなく、施設で持ち前のリズム感を生かしドラムの修行を受けていたが、悪妻のゾシュや売人のルイも目は冷ややかだった。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    歌わないフランク・シナトラの名演技が光る
    いまいちスッキリしない・・・
    麻薬撲滅キャンペーン映画
    ここでもやっぱり魅力的☆
    製作年:1955
    製作国:アメリカ
    監督:オットー・プレミンジャー
    主演:フランク・シナトラ
    43
  44. わんわん物語

    わんわん物語
    評価:C3.28
    ウォルト・ディスニー製作によるシネマスコープ長編漫画の第一作。新聞記者上りのユーモア作家で最近物故したウォード・グリーンがこの映画のために書き卸した物語から、犬の世界のさまざまな出来事を笑いとペーソスとロマンティシズムを混えて描くテクニカラー作品。製作補佐アードマン・ペナー、監督はハミルトン・S・ラスク、クライド・ジェロニミ、ウィルフレッド・ジャクソンと三名の共同、主題歌作詞・作曲は歌手のペギー・リーとサニー・バーク、音楽は「不思議の国のアリス(1951)」のオリヴァー・ウォレンス。日本語版製作に当ってはディズニー撮影所技術部長ジョン・A・カッティングが来日、「ダンボ」の経験を活かし、立教大…

    アニメ、クリスマス、犬、ディズニー

    ネット上の声

    ディズニー、オリジナルストーリー映画開始
    ディズニー完全オリジナルストーリー
    レディがキュート。大好きな作品。
    今夜はミートボールスパ!
    製作年:1955
    製作国:アメリカ
    監督:ハミルトン・ラスケ
    主演:ペギー・リー
    44
  45. 理由なき反抗

    理由なき反抗
    評価:C3.27
    「エデンの東」でアカデミー男優賞候補となったジェームズ・ディーンの遺作。青少年の犯罪心理を追求したニコラス・レイの原作をスチュワート・スターンが脚色、アーヴィング・シュルマンが潤色シ、ニコラス・レイが監督した。撮影は「快傑ダルド」のアーネスト・ホーラー、音楽は「エデンの東」のレナード・ローゼンマン。主な出演者はJ・ディーンの他、「銀の盃」のナタリー・ウッド、「四角いジャングル」のジム・バッカス、「紅の翼(1954)」のアン・ドーランとウィリアム・ホッパーの他、サル・ミネオ、コリー・アレン、「ミスタア・ロバーツ」のニック・アダムスなど少年俳優が出演する。「放射能X」のデイヴィッド・ワイスバート…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    不機嫌な青春
    3.6 非常にリアル。一晩で何人も青年が死んでしまうのは少し死にす...
    チキンレースの場面はあまりにも有名!
    内容というよりもジェームズ・ディーン
    製作年:1955
    製作国:アメリカ
    監督:ニコラス・レイ
    主演:ジェームズ・ディーン
    45
  46. 旅情

    旅情
    評価:C3.26
    ニューヨーク映画批評家協会賞(1955年)ブロードウェイでヒットしたアーサー・ローレンツの戯曲『カッコー鳥の時節』から「ホブスンの婿選び」のデイヴィッド・リーンがヴェニスにロケイションして監督した一九五五年度作品。脚色はデイヴィッド・リーンと小説家のH・E・ベイツが協力して行った。テクニカラー色彩の撮影は「ホブスンの婿選び」のジャック・ヒルドヤード、音楽は「パンと恋と夢」のアレッサンドロ・チコニーニである。主演は「アフリカの女王」のキャサリン・ヘップバーンで、「愛の泉」のロッサノ・ブラッツィが共演、ほか「怪僧ラスプーチン」のイザ・ミランダ、ダレン・マッガヴィン、「裸足の伯爵夫人」のマリ・アルドン、「黒い骰子」のマクドナルド・パーク、…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    当時の30代女性
    名作として有名ですが、今観るとオールドミスの一夏の不倫アバンチュー...
    寂しい中年女性が旅先で言い寄られたイタリア男との恋愛に酔いしれ旅を...
    オープニングの絵、ベネチアの風景が素晴らしい。 女一人旅。結局は男...
    製作年:1955
    製作国:イギリス
    監督:デヴィッド・リーン
    主演:キャサリン・ヘプバーン
    46
  47. 七年目の浮気

    七年目の浮気
    評価:C3.23
    ゴールデングローブ賞(1955年・主演男優賞)

    ヒューマンドラマ、恋愛、夏に見たくなる
    製作年:1955
    製作国:アメリカ
    監督:ビリー・ワイルダー
    主演:トム・イーウェル
    47
  48. 新・平家物語

    新・平家物語
    評価:D3.20
    週刊朝日連載の吉川英治作「新・平家物語」を「楊貴妃」の依田義賢、成澤昌茂と辻久一が共同脚色し同じく溝口健二が監督にあたる大映カラー天然色映画。撮影は「天下を狙う美少年」の宮川一夫が担当、色彩は画家和田三造が監督した。主なる出演者は「踊り子行状記」の市川雷蔵、「あすなろ物語」の久我美子、「哀しき富士の白雪よ」の林成年、「リオの情熱」の木暮実千代、「旗本退屈男 謎の怪人屋敷」の進藤英太郎、「幻の馬」の千田是也、新派の大矢市次郎など。

    時代劇

    ネット上の声

    溝口監督が合戦もの時代劇を敬遠した理由
    棺にクレーンを入れたかった監督
    溝口のカラー作品・・・
    なかなか興味深い
    製作年:1955
    製作国:日本
    監督:溝口健二
    主演:市川雷蔵
    48
  49. 去り行く男

    去り行く男
    評価:D3.19


    アクション
    製作年:1955
    製作国:アメリカ
    監督:デルマー・デイヴィス
    主演:グレン・フォード
    49
  50. 楊貴妃

    楊貴妃
    評価:D3.18
    大映と香港のショウ・ブラザース社との合作による大映カラー総天然色映画で、永田雅一、ランラン・ショウが製作に当る。白楽天の『長恨歌』にもとずいて香港の脚本家陶秦が書いたものを「七つの顔の銀次」の川口松太郎、「舞妓三銃士」の依田義賢、「明治一代女」の成澤昌茂が共同で書き直し、「近松物語」の溝口健二が監督に当り、撮影には「千姫(1954)」の杉山公平が当る。中国の時代考証家廬世候が美術の水谷浩と協力している。出演者は「春の渦巻」の京マチ子、「愛のお荷物」の山村聡、「浮雲」の森雅之、「お嬢さん先生」の南田洋子「近松物語」の小沢栄、「女給」の山形勲のほかに霧立のぼる、村田知英子、阿井美千子、進藤英太郎…

    恋愛、文芸・史劇

    ネット上の声

    シナリオがよくないんじゃないかしら?
    いやはや、どうも・・
    ほほほほほほほほ…
    華やかさと寂しさ
    製作年:1955
    製作国:日本
    監督:溝口健二
    主演:京マチ子
    50

スポンサードリンク