スポンサーリンクあり

全50作品。1974年の映画ランキング

  1. ゴッドファーザーPART II
    • S
    • 4.42
    フランシス・フォード・コッポラ監督の代表作「ゴッドファーザー」のシリーズ第2作。前作でコルレオーネ・ファミリーの首領となったマイケルの苦悩の日々と、彼の父ビトーの若き日を交錯させながら描く。1958年。亡き父ビトーの後を継いでファミリーのボスの座に就いたマイケルは、収入源であるラスベガスに近いネバダ州タホー湖畔に根拠地を移す。そんな彼は、ことあるごとに偉大な父を思い出していた。1901年、シチリア島。9歳のビトーはマフィアに両親と兄を殺されて天涯孤独となり、単身ニューヨークへと渡る。リトルイタリーで成長した彼は、街を牛耳るギャングを暗殺したことをきっかけに移民たちの信頼を集め、頭角を現していく。第47回アカデミー賞で作品賞など6部門を受賞。若き日のビトーを演じたロバート・デ・ニーロは同助演男優賞に輝いた。

    ネット上の声

    • 父に近づかんとしようとするが一向に離れていく。 マイケルの髪を触る...
    • 実はマフィア映画と西部劇には少し苦手意識があり、若干避け気味でした
    • フランシス・フォード・コッポラの最高傑作
    • 2作で完成する美しくも哀しい壮大な叙事詩
    ヤクザ・ギャング
    • 製作年1974年
    • 製作国アメリカ
    • 時間200分
    • 監督フランシス・フォード・コッポラ
    • 主演アル・パチーノ
    • 定額
    • 定額
  2. セリーヌとジュリーは舟でゆく
    • A
    • 4.30
    フランスの映画作家ジャック・リベットが「不思議の国のアリス」に着想を得て撮りあげた傑作ファンタジー。公園のベンチで魔術の本を読んでいた図書館司書ジュリーは、ひょんなことから魔術師のセリーヌと知り合う。ふたりは不思議なキャンディの力で現実と幻想の世界を行き来しながら、郊外の屋敷で起きた忌まわしい事件の謎に迫るが……。「ウラジミールとローザ」のジュリエット・ベルトがセリーヌを演じ、彼女とジュリー役のドミニク・ラブリエが書き始めた台本を出発点に構成。劇中で起こる屋敷内の事件はヘンリー・ジェームズの小説をモチーフにしている。共演はリベット監督作の常連として知られるビュル・オジエ、「うたかたの日々」のマリー=フランス・ピジェ。

    ネット上の声

    • 奇麗なものと奇妙なものは、どこか似てるね
    • どこまでも自由で、どこまでも芸術的
    • 単純で複雑、しかし冗長すぎます!
    • パリの不思議迷宮においでませ。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国フランス
    • 時間192分
    • 監督ジャック・リヴェット
    • 主演ジュリエット・ベルト
  3. ある結婚の風景
    • A
    • 4.23
    ある一組の夫婦の結婚と離婚を通じ人間の真の結びつき、コミュニケーションとは何かを描く人間ドラマで、当初スウェーデン国営放送のもとで各50分6エピソード全5時間のTVシリーズとして企画・製作されたもの。製作はラース・オウェ・カールズベルイ、監督・脚本は「叫びとささやき」のイングマール・ベルイマン、撮影はスヴェン・ニクヴィスト、音楽はオーヴェ・スヴェンソン、編集はイングマール・ベルイマンとシブ・ラングレン、製作デザインはビヨルン・チューリン、衣裳はインガー・ペルソンが各々担当。出演はリヴ・ウルマン、エルランド・ヨセフソン、ビビ・アンデショーン、ヤン・マルムシェーなど。

    ネット上の声

    • ここにはないどこか、なんてない!?
    • ある意味、ホラー映画かもしれない
    • 目が離せませんでした
    • 言葉による関係の崩壊
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国スウェーデン
    • 時間168分
    • 監督イングマール・ベルイマン
    • 主演リヴ・ウルマン
  4. ラ・パロマ
    • A
    • 4.21
    青年貴族と娼館の歌姫ラ・パロマとの幻想的な恋を描く。製作はイヴ・ペイロ、監督・脚本は「ヘカテ」のダニエル・シュミット、撮影はレナート・ベルタ、音楽はゴットフリード・ヒュンスベルク、編集はイラ・フォン・ハスペルクが担当。出演はイングリッド・カーフェン、ペーター・カーン、ペーター・カテル、ビュル・オジェ、ジェローム・オリヴィエ・ニコランなど。

    ネット上の声

    • 突然始まるデュエットシーンの画作りが頭おかしい
    • ちょっと変わってる映画
    • オペラ調怪異譚
    • メロドラマ自体が極端だけど、更にどこまでも極端であるゆえ恐怖も笑いも内包した美し
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国スイス,フランス
    • 時間110分
    • 監督ダニエル・シュミット
    • 主演イングリット・カーフェン
  5. ぼくの小さな恋人たち
    • A
    • 4.18
    ポスト・ヌーベルバーグの最重要人物の1人とされる夭逝の映画監督ジャン・ユスターシュが自身の少年時代を投影させて描いた自伝的作品。カンヌ国際映画祭で審査員特別グランプリを受賞した「ママと娼婦」に続く長編2作目で、ユスターシュにとっては最後の長編映画となった。 ペサックで暮らす13歳の少年ダニエルは優しい祖母や友人たちに囲まれて幸せな毎日を過ごしていたが、ナルボンヌに住む母と継父のもとへ引き取られることに。ダニエルは経済的な事情から学業を諦め、原付自転車修理店の見習いとして働き始める。 タイトルは詩人ランボーの同名の詩から採用された。特集上映「ジャン・ユスターシュ映画祭」(2023年8月18日~、東京・ヒューマントラストシネマ渋谷ほか)にて4Kデジタルリマスター版で上映。

    ネット上の声

    • きれいな瞳を捉えた、秀作。
    • 子供と大人の狭間で…
    • 少年映画の最高峰
    • 親の都合で大人になる事を急かされた少年の鬱屈と性の目覚めを、瑞々しい映像と乾いた
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国フランス
    • 時間123分
    • 監督ジャン・ユスターシュ
    • 主演マルタン・ローブ
  6. 6

    鏡
    • A
    • 4.17
    ロシアの名匠アンドレイ・タルコフスキー監督が1975年に手がけた自伝的作品。木立に囲まれた祖父の家で、たらいに水を張って髪を洗う母。干し草置き場で火事があった年、父は家族のもとを去った。そして今、母からの電話で夢から醒めた“私”は、母が印刷所で働いていた頃の同僚が死んだことを知らされる。“私”も両親と同じように妻ナタリアと別れ、息子イグナートと離れて暮らしている。第2次世界大戦、中国の文化大革命、中ソ国境紛争などの記録映像を挟み込みながら、過去と現在を巧みに交錯させ、母への思慕や別れた妻子との関係を浮かび上がらせていく。母の場面では、タルコフスキー監督が自ら実父アルセニー・タルコフスキーの詩を朗読。

    ネット上の声

    • タルコフスキーの極めて個人的で詩的な映像美の独白
    • 【タルコフスキーを通して世界を考えてみる】
    • タルコフスキーの映像芸術の中核
    • タイトルなし
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国ソ連
    • 時間108分
    • 監督アンドレイ・タルコフスキー
    • 主演マルガリータ・テレホワ
  7. こわれゆく女
    • A
    • 4.15
    精神を病んだ妻とその夫の愛と葛藤を描き、ジョン・カサベテス監督の代表作の1つとなった傑作ドラマ。 専業主婦のメイベルは、土木工事の現場監督を務める夫ニックや3人の子どもたちと暮らしている。精神バランスの不安定なメイベルは、ある晩ニックが仕事での突発的なトラブルで帰宅できなかったことを発端に、異常な行動を見せるようになり……。 カサベテス監督の旧友ピーター・フォークと妻ジーナ・ローランズが主人公夫婦に扮する。

    ネット上の声

    • 彼女の精神が壊れる原因は家庭にあるので精神病院に送っても無駄なんです、、
    • 色々な感情を引き出してくれる作品
    • 迫真、緊張、そして安堵。
    • 引き受け続けるということ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国アメリカ
    • 時間145分
    • 監督ジョン・カサヴェテス
    • 主演ジーナ・ローランズ
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  8. 不安は魂を食いつくす
    • A
    • 4.11
    ニュー・ジャーマン・シネマを牽引したライナー・ベルナー・ファスビンダー監督が、1955年製作のダグラス・サーク監督作「天はすべて許し給う」の物語を下敷きに、愛に起因する苦悩や残酷さを鮮やかに描いた傑作ドラマ。 ドイツ、ミュンヘン。夫に先立たれ掃除婦として働く初老の女性エミは、ある雨の夜、近所の酒場で移民労働者の青年アリと出会う。2人は恋に落ちすぐに結婚を決めるが、エミの子どもたちや仕事仲間からは冷たい視線を向けられる。それでも愛を育んでいくエミとアリだったが……。 1974年・第27回カンヌ国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞し、ファスビンダー監督の名を世界に知らしめた。日本では2023年7月に劇場初公開。

    ネット上の声

    • 幸福が楽しいとは限らない
    • 話がトントンと進んでいく
    • 「天が許し給うすべて」は昔見たが、良すぎて自分にはまだ言語化出来ないわと何年もレ
    • 「幸せが楽しいとは限らない」と言っているけど、幸せが絶対いいに決まってんじゃん…
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国ドイツ
    • 時間90分
    • 監督ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー
    • 主演ブリギッテ・ミラ
  9. あんなに愛しあったのに
    • A
    • 4.10
    同じ一人の女性を愛した3人の親友同士の30年間に渡る人生模様を、戦後イタリア映画の黄金時代への郷愁を織り混ぜて描いた、「ラ・ファミリア」のエットーレ・スコラの監督作品。製作はピオ・アンジェレッティとアドリアーノ・デ・ミケーリ、原案・脚本はアージェ・スカルペッリとスコラ、撮影はクラウディオ・チリロ、音楽はアルマンド・トロバヨーリが担当。出演はニーノ・マンフレーディ、ヴィットリオ・ガスマンほか。フェデリコ・フェリーニらが特別出演。

    ネット上の声

    • エットレ・スコーラはやはり名作が多いなと、うーんと唸ってしまう作品
    • 孤独な金持ち、貧乏人の友沢山
    • 男性三人+女性一人の人生模様
    • 人の思いを描き出す
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国イタリア
    • 時間123分
    • 監督エットレ・スコーラ
    • 主演ニーノ・マンフレディ
  10. ヤング・フランケンシュタイン
    • A
    • 4.09
    怪奇映画の主人公フランケンシュタインをパロディ化したコメディ。製作はマイケル・グラスコフ、監督は「ブレージングサドル」のメル・ブルックス、脚本はブルックス自身と俳優のジーン・ワイルダーの共同、原作はメアリー・シェリーの『フランケンシュタイン』、撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はジョン・モリス、美術はデール・ヘネシー、セットはボブ・デ・ベステル、メークはウィリアム・タトル、特殊効果はヘンリー・ミラーとハル・ミラーが各々担当。出演はジーン・ワイルダー、ピーター・ボイル、マーティ・フェルドマン、マデリーン・カーン、クロリス・リーチマン、リチャード・ヘイドン、ジーン・ハックマン、テリー・ガーなど。日本語版監修は清水俊二。黒白、スタンダード。1974年作品。

    ネット上の声

    • 見終わった後に盲目のおじいさんが、ジーン・ハックマンだったことを知ってびっくりし
    • アイゴールは熊倉一雄さんでしょう。
    • 愛情のこもったパロディ映画でした。
    • フランケンさんいらっしゃ〜い♪
    ホラー
    • 製作年1974年
    • 製作国アメリカ
    • 時間107分
    • 監督メル・ブルックス
    • 主演ジーン・ワイルダー
  11. 砂の器
    • A
    • 4.04
    松本清張による同名原作を、野村芳太郎監督、橋本忍&山田洋次脚本で映画化した社会派サスペンス。モスクワ国際映画祭の審査員特別賞を受賞。2005年6月にデジタルリマスター版が公開されている。東京・蒲田にある国鉄の操車場で殺人事件が発生。被害者の身元がわからず捜査は難航する。しかし、被害者が殺害される直前にある男と会っていたことがわかり、2人の会話から「カメダ」という謎の単語が浮かび上がる。

    ネット上の声

    • 壮絶な“宿命”に心が震える、色褪せない珠玉の人間ドラマ
    • 壮絶な人生、哀切の旋律に心揺さぶられる
    • 私の解釈は・・・(三木巡査について)
    • その曲の前で俺はパブロフの犬になる
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国日本
    • 時間143分
    • 監督野村芳太郎
    • 主演丹波哲郎
    • 定額
    • 定額
  12. フェリーニのアマルコルド
    • A
    • 4.02
    巨匠フェデリコ・フェリーニが故郷であるイタリア北部の港町リミニを舞台に撮りあげた半自伝的作品。自身の幼少期のエピソードを盛り込みつつ、ある少年が家族や個性的な人々と触れ合いながら大人の世界をのぞき込む姿を、季節の移ろいとともに温かいまなざしで描く。1930年代。港町リミニで暮らす少年チッタは、学校の友人たちとイタズラに明け暮れる毎日を送っていた。年上の女性グラディスカに憧れるチッタだったが、子ども扱いされ全く相手にされない。町にファシズムの足音が忍び寄る中、チッタの周囲では様々な出来事が起こり、その年は彼にとって生涯忘れられない1年となる。第47回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞。1974年製作・公開。フェリーニ生誕100年を記念した「生誕100年フェデリコ・フェリーニ映画祭」(2020年7月31日~8月20日=東京・YEBISU GARDEN CINEMAほか)で4Kデジタルリマスター版が上映。

    ネット上の声

    • 猥雑、混沌でも整然。易しくないけど優しい
    • そしてまた綿毛の舞う季節がやってくる
    • フェリーニの「おっぱいバレー」
    • やはり名作なのでありました
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国イタリア,フランス
    • 時間124分
    • 監督フェデリコ・フェリーニ
    • 主演ブルーノ・ザニン
  13. サンダカン八番娼館 望郷
    • A
    • 4.01
    かつて、“からゆきさん”として遥か南海に愛と青春を没していった日本の少女たちの秘話を描く。原作は山崎朋子著『サンダカン八番娼館』。脚本は広沢栄、監督は脚本も執筆している「朝やけの詩」の熊井啓、撮影は「ザ・ゴキブリ」の金宇満司がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 本来、こういったベタでウェットな古いタイプの邦画は苦手なんだが、ここんとこ悲劇観
    • 多くの唐行きさんに謝りながら、恥ずべき歴史を知るべき
    • 取材の関係づくりの難しさと田中絹代氏の演技の凄味
    • 貧しい女性は、ここまで虐待されるのか?
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国日本
    • 時間121分
    • 監督熊井啓
    • 主演栗原小巻
    • レンタル
    • 定額
  14. 仁義なき戦い 頂上作戦
    • A
    • 3.99
    “仁義なき戦い”シリーズ第四作目。昭和38年春から39年へかけて、敵対する二つの広域暴力団の代理戦争とも言うべき広島抗争を、リアリズム・タッチで描く。原作は飯干晃一の「仁義なき戦い」、脚本は「仁義なき戦い 代理戦争」の笠原和夫、監督も同作の深作欣二、撮影も同作の吉田貞次がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 4作目ともなるとお腹いっぱいではあるが
    • 仁義なき頂上、簡潔な完結編 第4弾
    • なぜか、観ちゃうんだよなぁ・・・
    • 腑抜けになった日本映画に見飽きた
    ヤクザ・ギャング
    • 製作年1974年
    • 製作国日本
    • 時間101分
    • 監督深作欣二
    • 主演菅原文太
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  15. 田園に死す
    • B
    • 3.97
    寺山修司が監督・脚本を手がけ、自身の同名歌集を映画化した自伝的作品。青森県・恐山のふもとの村。少年時代の“私”は父を亡くし、古い家屋で母と2人で暮らしていた。少年の唯一の楽しみは、イタコに父の霊を呼び出してもらい会話することだ。隣家に嫁いできた美しい女性や村にやって来たサーカス団が、少年を家出の誘惑へと駆り立てる。やがて上京した“私”は中年となり、1本の映画を撮る。そんな“私”の前に、少年時代の自分が現れ……。「十三人の刺客」などの菅貫太郎が主演を務め、隣家の妻を八千草薫が演じた。

    ネット上の声

    • 今の時代にこんな映画を撮れる人いますかね
    • 頭モヤモヤする人の心をズバッと打ちます
    • 不思議で幻想的だが破綻はしていない
    • 寺山修司の青森、万人向きではない
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国日本
    • 時間102分
    • 監督寺山修司
    • 主演菅貫太郎
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
  16. 頭の中の指
    • B
    • 3.97

    ネット上の声

    • パリのシネマテークで鑑賞したが、見ている間もそうなんだけど帰り道泣きながら帰った
    • 製作年1974年
    • 製作国フランス
    • 時間105分
    • 監督ジャック・ドワイヨン
    • 主演クリストフ・ソト
  17. ファントム・オブ・パラダイス
    • B
    • 3.96
    作曲家のウィンスローは腹黒いレコード会社の社長スワンに新作を横取りされ、そのあげく麻薬所持の濡れ衣を着せられてしまう。刑務所に放り込まれたウィンスローはのちに脱獄し、スワンに復讐しようとするが、レコード工場で顔をつぶされ、醜い形相に変わり果ててしまう。やがて仮面の怪人がスワンに近づくが……。「オペラ座の怪人」をベースにした、おぞましくも華麗で、そして悲痛なロック・ミュージカル。

    ネット上の声

    • 華やかなショウビズ界の「裏」に渦巻く欲望
    • パラダイス座のがばいファントム
    • デパルマがデパルマたる所以!
    • 2074年公開でも新しそう(笑)
    サスペンス
    • 製作年1974年
    • 製作国アメリカ
    • 時間94分
    • 監督ブライアン・デ・パルマ
    • 主演ポール・ウィリアムズ
    • レンタル
  18. ザッツ・エンタテインメント
    • B
    • 3.94
    ハリウッドの名門スタジオ・MGM(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー)の創立50周年を記念し、MGMミュージカルの栄光の軌跡を名場面の数々でつづったアンソロジー映画。トーキー黎明期の1929年に製作された「ハリウッド・レビュー」「ブロードウェイ・メロディー」に始まり、ハリウッド・ミュージカルの黄金期に製作された200本のMGM作品の中から75本の名場面を抜粋。フランク・シナトラ、ジーン・ケリー、フレッド・アステア、エリザベス・テイラーら11人の豪華スターが案内役を務め、総勢125人の至高のパフォーマンスを紹介していく。

    ネット上の声

    • ザッツ・エンタテインメント〜こんなに楽しい映画はない〜
    • レンタルではなく手元に置いていたくなる映画
    • 栄光のMGMミュージカル最後の輝き!
    • MGMミュージカル、ベストリミックス
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国アメリカ
    • 時間132分
    • 監督ジャック・ヘイリー・Jr
    • 主演フレッド・アステア
    • レンタル
    • 定額
  19. 19

    友情

    友情
    • B
    • 3.92
    アメリカで実際にあったエピソードを基に、白血病に冒された少女と彼女のクラスメイトたちの厚き友情を描いたヒューマン・ドラマ。監督は「大安に仏滅!?」の和泉聖治。脚本は、「大安に仏滅!?」の布勢博一と「曖・昧・Me」の伊藤尚子の共同。撮影を「大安に仏滅!?」の安藤庄平が担当している。主演は、故三船敏郎の愛娘で映画初出演の三船美佳。文部省選定、厚生省、骨髄移植推進財団推薦作品。

    ネット上の声

    • 淡々と、しみじみと、いろいろありますなぁ。
    • イヴモンタン(町工場の似合わないこと!)のいつもの微笑みが、ずっと不安げに、泣く
    • クロードソーテの友情
    • クロード・ソーテ監督、フィリップ・サルドの音楽、このコンビの作品はいつもフランス
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国フランス
    • 時間118分
    • 監督クロード・ソーテ
    • 主演イヴ・モンタン
    • 定額
  20. フィメール・トラブル
    • B
    • 3.92
    “女性としての”トラブルに巻き込まれる女性の話。監督・脚本・撮影・編集は「ピンク・フラミンゴ」のジョン・ウォーターズが担当。出演はディヴァイン、デイヴィッド・ロチャリーほか。

    ネット上の声

    • 伊達にランダルクレイザーをリスペクトしてるわけじゃないことがわかるうまい舵の切り
    • ジョン・ウォーターズは無茶苦茶なことをやりながらも倫理観がちゃんとあって、差別的
    • 奇矯で型破りな主人公を生き生きと映しつつ、不幸やアウトローを美と礼賛する人々への
    • 青いクロコダイル柄のワンショルボディコンスタイルのディヴァインはこの作品で観れる
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国アメリカ
    • 時間98分
    • 監督ジョン・ウォーターズ
    • 主演ディヴァイン
  21. 濡れた欲情 特出し21人
    • B
    • 3.91
    “濡れた欲情”シリーズ二作目。社会の片隅の底辺に生きる踊り子たちの青春と、たくましい生命力を描く。脚本は鴨田好史、監督は脚本も執筆している「四畳半襖の裏張り」の神代辰巳、撮影も同作の姫田真佐久がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 神代映画は癖になるよねえ
    • 「一条さゆり 濡れた欲情」に続いてストリッパーを題材に、漂泊する、逃げる、移動し
    • これはつまらんかったけど、終盤の男たちはムショで、女たちはストリップショーで、み
    • たしか明確なオーガズム表現はNGだよね?そのくせ『青森行こうやぁ』『行く(イク)
    • 製作年1974年
    • 製作国日本
    • 時間77分
    • 監督神代辰巳
    • 主演片桐夕子
    • 定額
    • レンタル
  22. インディア・ソング
    • B
    • 3.91
    1930年代のカルカッタの仏大使館を舞台に人間の癒しがたい倦怠感、愛の渇望等を描く。製作はステファーヌ・テカルガジェフ、監督・原作・脚本はマルグリット・デュラス、撮影はブルーノ・ニュイッテン、音楽はカルロス・ダレッシオが担当。出演はデルフィーヌ・セイリグ、ミシェル・ロンダールなど。

    ネット上の声

    • Chant Laotien × 3
    • 女流作家、マルグリット・デュラスが自ら監督した作品!🎬
    • 本当に美しい
    • 耽美的なカメラワークもさることながら、画面にいる声なき登場人物と彼らを語っている
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国フランス
    • 時間120分
    • 監督マルグリット・デュラス
    • 主演デルフィーヌ・セイリグ
  23. 街の灯
    • B
    • 3.91
    チンピラがひょんなことから老人と美少女と連れだって、東京をふりだしに九州まで徒歩旅行を続けることになり、奇想天外な事件に次々と巻き込まれてしまう。堺正章松竹初主演作。脚本は梶浦政男、監督は脚本も執筆している「野良犬(1973)」の森崎東、撮影も同作の吉川憲一がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • できるならもう一度見たい
    • しっちゃかめっちゃかな作品だったけど、岩国の反基地闘争がでてきたり三井三池炭鉱が
    • 人生の悲哀、人間のおかしみ、全部詰まってる!森崎東映画祭を個人的に開始するしかな
    • 堺正章のヒット曲がタイトルだが、歌は流れず、歌詞内容とも全く関係しない、歌謡曲映
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国日本
    • 時間91分
    • 監督森崎東
    • 主演堺正章
  24. ラビッド・ドッグズ
    • B
    • 3.91

    ネット上の声

    • 血と汗と恥辱に満ちた強盗たちの逃避行
    • 上には上がいる
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国イタリア
    • 時間96分
    • 監督マリオ・バーヴァ
    • 主演リカルド・クッチョーラ
  25. 脱獄広島殺人囚
    • B
    • 3.91
    殺人罪で四十一年七カ月の刑に服する実在の人物をモデルにして、あくなき自由への渇望から七回に及ぶ脱獄を敢行した男の執念を描く。脚本は「あゝ決戦航空隊」の野上龍雄、監督は「安藤組外伝 人斬り舎弟」の中島貞夫、撮影は「実録飛車角 狼どもの仁義」の赤塚滋がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 捕まっては、脱獄して、また捕まっては、脱獄して、またまた捕まっては、脱獄して…を
    • 荒唐無稽!ギラギラした反骨精神
    • 41年7ヶ月
    • 一度目の脱獄ののち植田(松方弘樹)が神戸の映画館にて再び逮捕される場面では、警察
    アクション
    • 製作年1974年
    • 製作国日本
    • 時間97分
    • 監督中島貞夫
    • 主演松方弘樹
    • レンタル
    • 定額
  26. 赤線玉の井 ぬけられます
    • B
    • 3.88
    昭和三十三年の新春を迎えて、いよいよ四月から売春防止法が施行されるという頃の東京“玉の井”の特飲街に働く売春婦たちの哀歓を描く。原作は清水一行の『赤線物語』。なおタイトル画、風俗考証は漫画家の滝田ゆうが担当。脚本・監督は「青春の蹉跌」の神代辰巳、撮影も同作の姫田真佐久がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 途中まで誰が誰か分かっておらず、二人の旦那さんを混同していた、手堅い感じの旦那さ
    • 女と男のさまざまな人生が、階段を駆け降りたり駆け上ったりするように、けたたましく
    • 天皇制と被差別の符号にあちらがわからここまでがっつり触りにこられるとなあ
    • 「下書き」の欄を見てみたら何年か前に書いて未postの下書き出てきて驚愕
    • 製作年1974年
    • 製作国日本
    • 時間78分
    • 監督神代辰巳
    • 主演宮下順子
  27. チャイナタウン
    • B
    • 3.88
    1930年代のロサンゼルスを舞台に、政治的陰謀に巻き込まれた私立探偵の戦いを描いた名作ハードボイルド。「さらば冬のかもめ」のロバート・タウンが脚本を手がけ、1975年・第47回アカデミー賞で脚本賞を受賞。「ローズマリーの赤ちゃん」のロマン・ポランスキー監督がメガホンをとり、ジャック・ニコルソンが主演を務めた。私立探偵ジェイク・ギテスは水道局幹部モーレイの妻と名乗る女性から、モーレイの浮気調査を依頼される。モーレイに若い恋人がいることを突き止めたギテスは、同時に彼が新ダム建設に反対していること、そして町の実力者である義父クロスと対立していることを知る。やがてギテスが撮影したモーレイの浮気現場の写真がゴシップ誌に掲載され、モーレイの本当の妻が弁護士を伴ってギテスの事務所に乗り込んでくる。そんな中、モーレイが溺死体となって発見され……。共演に「俺たちに明日はない」のフェイ・ダナウェイ、「マルタの鷹」などの監督ジョン・ヒューストン。

    ネット上の声

    • 犯罪の謎解きから突然家族模様の掘り下げへ急展開
    • 特典映像である製作サイドの作品解説は必見
    • フィルム・ノワールミステリーの傑作です!
    • あ~切なくて素晴らしい映画らしい映画!!
    探偵、 サスペンス
    • 製作年1974年
    • 製作国アメリカ
    • 時間131分
    • 監督ロマン・ポランスキー
    • 主演ジャック・ニコルソン
    • レンタル
    • 定額
  28. カンバセーション…盗聴…
    • B
    • 3.85
    プロの盗聴屋が若い男女を尾行し、会話を盗聴したことから捲き込まれる恐怖劇。ピーター・ボグダノビッチ、ウィリアム・フリードキン、フランシス・フォード・コッポラの3人が設立したプロダクション、ディレクターズ・カンパニー作品として、コッポラが寄与する第1作。製作はフレッド・ルース、共同製作はモナ・スカジャー、監督・脚本はフランシス・フォード・コッポラ、撮影はビル・バトラー、音楽はデイヴィッド・シャイア、編集はリチャード・チュウが各々担当。出演はジーン・ハックマン、ジョン・カザール、アレン・ガーフィールド、フレデリック・フォレスト、シンディ・ウィリアムズ、マイケル・ヒギンズ、エリザベス・マックレー、テリー・ガー、ハリソン・フォード、ロバート・デュヴァルなど。

    ネット上の声

    • 途方に彷徨え!ハックマン激ムズ仕事人だ。
    • コッポラの“負”の部分がでた・・・
    • 理想のカンバセーションを求めて...
    • 『あなたもきっと盗まれている』
    サスペンス
    • 製作年1974年
    • 製作国アメリカ
    • 時間114分
    • 監督フランシス・フォード・コッポラ
    • 主演ジーン・ハックマン
    • レンタル
    • 定額
  29. 愛の讃歌 エディット・ピアフの生涯
    • B
    • 3.85
    大道芸人の子としてパリの舗道に生まれた歌手エディット・ピアフの、世に出るまでの不遇な青春時代を描く。製作は「キャバレー」のサイ・フュエとE・H・マルタン、監督は「パリは気まぐれ」のギイ・カザリル、ピアフの実妹シモーヌ・ベルトーの原作をカザリルとフランソワーズ・フェルレーが共同で脚本化、撮影はエドモン・セシャン、音楽監修はラルフ・バーンズが各々担当。出演はこれが映画デビュー作のブリジット・アリエル、パスカル・クリストフ、ギイ・トレジャン、ピエール・ヴェルニエ、ジャック・デュビー、アヌーク・フェルジャック、シルヴィー・ジョリー、イヴァン・バルコ、ミシェル・ベディティ、フランソワーズ・ディレックなど。

    ネット上の声

    • エンディングで泣きました。
    • こっちの方が良い。
    • ラストの「愛の賛歌」に涙した…
    • これは高校の時に、何かの併映作品として観たような気がするけど、結構感動させられた
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国フランス
    • 時間104分
    • 監督ギイ・カザリル
    • 主演ブリジット・アリエル
  30. トラベラー
    • B
    • 3.82
    イランの名匠アッバス・キアロスタミが1974年に製作した長編デビュー作で、サッカーの試合を観戦するため悪戦苦闘する少年のおかしくも切ない冒険を瑞々しく描いた人間ドラマ。小学校に通う10歳の少年ガッセムはサッカーに夢中で、宿題も授業もさぼりがちとなり先生や母親に叱られてばかりいた。首都テヘランで開催される大事な試合をどうしても観に行きたい彼は、交通費とチケット代を手に入れるため、家の金を盗んだり友人たちを騙したりと、あの手この手でお金を稼ごうとするが……。特集企画「そしてキアロスタミはつづく」(2021年10月16日~、東京・ユーロスペースほか)にてデジタルリマスター版を上映。

    ネット上の声

    • てめえは誰んとこのガキだ?
    • 74年当時のイランの空気感を感じる傑作
    • くすねた金で夢は買えない
    • アホさにハラハラ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国イラン・イスラム
    • 時間72分
    • 監督アッバス・キアロスタミ
    • 主演マスウード・ザンベグレー
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  31. 刑事スタスキー&ハッチ/スペシャル
    • B
    • 3.81

    ネット上の声

    • スタさんハッチさん珍道中
    • スタハチっていいよね!
    アクション
    • 製作年1974年
    • 製作国アメリカ
    • 時間78分
    • 監督バリー・シアー
    • 主演デヴィッド・ソウル
  32. 自由の幻想
    • B
    • 3.78
    「アンダルシアの犬」などの巨匠ルイス・ブニュエルが晩年に撮りあげたシニカルな不条理劇。1808年、ナポレオン占領下のスペインで、抵抗派の男が「自由くたばれ!」と叫びながら処刑される。現代のパリでは、公園で遊んでいた少女が見知らぬ紳士からもらった観光地の写真を両親に見せると、両親はそこに写った建造物に眉をひそめながらも性的興奮を覚える。容態の悪化した父のもとへ急ぐ看護師の女は、道中で次々と奇妙な人たちに出会う。互いに関係のない不思議なエピソードの数々が、様々な偶然を介して緩やかに連結されていく。出演は「女は女である」のジャン=クロード・ブリアリ、「太陽はひとりぼっち」のモニカ・ビッティ。

    ネット上の声

    • 【「自由よ、くたばれ!」で始まるもの/“林檎”、“ゴリラ”、“ラッパ”、“パリ”、“林檎”】
    • 自由な欲望に支配された人間の可笑しさと生理を風刺したルイス・ブニュエルの傑作
    • 不自由なくして自由は有り得ない
    • 非日常的なブラックユーモアの
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国フランス
    • 時間104分
    • 監督ルイス・ブニュエル
    • 主演ジャン=クロード・ブリアリ
    • 定額
  33. 従軍慰安婦
    • B
    • 3.76
    己の肉体を将兵に捧げることが「お国の為」と信じて戦地へ赴いた慰安婦たちの最前線における極限の性を描く。原作は千田夏光のドキュメント「“声なき女”八万人の告発・従軍慰安婦」。脚本は「現代任侠史」の石井輝男、監督は「ボディガード牙 必殺三角飛び」の鷹森立一、撮影は「ゴルゴ13(1973)」の飯村雅彦がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 名も無き戦死者の詩
    • 小便ネタ、たこ八郎には笑わざるを得ないんだけど、緑魔子が死ぬ間際のシーンとか中島
    • 評判が良いけどビデオもDVDも無いから劇場に足を運んだが、中々変わってて良い戦争
    • 従軍慰安婦という微妙な題材ながら、さじ加減がよいので見やすいと思う
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国日本
    • 時間86分
    • 監督鷹森立一
    • 主演中島ゆたか
  34. ドッキリ・ボーイ/窓拭き大騒動
    • B
    • 3.76
    のぞきにつかれたプレイボーイの窓拭き屋の顛末を描くコメディ。製作はグレッグ・スミス、監督はヴァル・ゲスト、脚本はクリストファー・ウッドとグェスト自身、撮影はノーマン・ワーウィック、音楽はサム・スクレアーが各々担当。出演はロビン・アスクウィズ、リンダ・ヘイドン、アンソニー・ブース、シーラ・ホワイト、ビル・メーナードなど。

    ネット上の声

    • 窓拭きサービスの青年が出張先の女性に誘惑されまくる大英帝国産エロコメ
    • イギリスお色気コメディ
    • ムキムキ童貞ティミー君が始めた仕事は窓拭き!ハシゴ片手にうろつき、様々なおバカで
    • 35年過ぎても思い出す音楽
    コメディ
    • 製作年1974年
    • 製作国イギリス
    • 時間90分
    • 監督ヴァル・ゲスト
    • 主演ロビン・アスクウィズ
  35. ボウイ&キーチ
    • B
    • 3.75
    1930年代のミシシッピー。ボウイ、チカモー、Tダブの3人は刑務所を脱獄。その後、彼らはチカモーの親戚の家に身を隠し、銀行強盗の計画を練る。ボウイはチカモーの姪で、コーラばかり飲んでいる娘キーチと出会うことに。3人組は強盗に成功し、世間を騒がせる。そんな中、ボウイとキーチは愛し合い、やがてキーチは妊娠。しかしTダブが射殺され、チカモーは逮捕されるという事態に……。大恐慌の時代を背景に、若者たちの犯罪と愛を描いた青春映画。

    ネット上の声

    • こういう映画は場末の小屋が似合う(1)
    • あらすじなど、思いの外『夜の人々』とほぼ一緒なのだが、あの作品が影の映画だったの
    • 交通事故で近づいてきた男を射殺するときは死体を映さなかったのに、脱獄した帰りに捕
    • 決してヒーローでもない普通の人だしどっちかというとボンクラなボニー&クライドもの
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国アメリカ
    • 時間122分
    • 監督ロバート・アルトマン
    • 主演キース・キャラダイン
  36. 霊長類
    • B
    • 3.74

    ネット上の声

    • 映像になってしまえば何だって喜劇になるということが実感できる
    • フレデリック・ワイズマンの映画は有機的で、人間の経験を反映したものです
    • 強烈なことは承知の上で見たが、それでもオエっとなるシーンがあった
    • 上映2回平日しかやってなかったら半休取って行ったんですよ
    ドキュメンタリー
    • 製作年1974年
    • 製作国アメリカ
    • 時間105分
    • 監督フレデリック・ワイズマン
    • 主演---
  37. 37

    魔笛

    魔笛
    • B
    • 3.71
    スウェーデン放送協会の創立50周年を記念して製作されたTVムーヴィ。シカネダーの台本、モーツァルトの音楽によるオペラ「魔笛」をイングマル・ベルイマンがアダプトしたもの。監督、脚本はイングマール・ベルイマン、撮影はスヴェン・ニクヴィスト、音楽はエリック・エリクソン指揮のスウェーデン・ラジオ・シンフォニーが演奏を各々担当。出演はヨゼフ・コストリンガー、イルマ・ウリラなど。

    ネット上の声

    • モーツァルト歌劇「魔笛」をベルイマンが映画化した作品
    • モーツァルトとベルイマンの最強オペラ☆
    • 初めてオペラを映画で観る人におすすめ
    • ベルイマンのモーツァルト
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国スウェーデン
    • 時間137分
    • 監督イングマール・ベルイマン
    • 主演ヨゼフ・コストリンガー
  38. 仁義なき戦い 完結篇
    • B
    • 3.70
    「仁義なき戦い」シリーズ第5部・完結篇。警察の“頂上作戦”で一応終息したかにみえた広島やくざ抗争は、服役していた組長・幹部などの出所をきっかけに、組織の再編成にともなう流血の縄張り争いを再然させた。脚本は「ザ・カラテ」の高田宏治、監督は「仁義なき戦い 頂上作戦」の深作欣二、撮影は「殺人拳・2」の吉田貞次がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 大傑作シリーズ完結。諸行無常。切なすぎる最終章。
    • “頂上作戦”その後~容赦無い世代交代の物語
    • 本来は予定していなかったシリーズ第五弾
    • 二日間に分けて1から5まで一気に観た
    大阪が舞台、 ヤクザ・ギャング
    • 製作年1974年
    • 製作国日本
    • 時間98分
    • 監督深作欣二
    • 主演菅原文太
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  39. ミスター・ノーボディ
    • B
    • 3.70
    セルジオ・レオーネが原案提供の久々のマカロニ・ウェスタン。製作はクラウディオ・マンシーニ、監督は「怒りの荒野」のトニーノ・ヴァレリー、脚本はエルネスト・ガスタルディ、撮影はジュゼッペ・ルゾリーニ、音楽はエンニオ・モリコーネが各々担当。出演はテレンス・ヒル、ヘンリー・フォンダ、ジャン・マルタン、ピエロ・ルッリ、レオ・ゴードンなど。

    ネット上の声

    • 【「マカロニウエスタン」ブームの最後を飾った痛快作。レオーネ作品のパロディを散りばめたコメディタッチの仕上がりで、古き良き西部劇への郷愁も感じさせる作品。】
    • 西部劇をはじめ様々なアメリカフロンティア精神に満ちた作品に出演したヘンリー・フォ
    • セルジオ・レオーネがトニーノ・ヴァレリ監督を隠れ蓑?にして、恐らくは自らが裏で仕
    • 軽快な口笛とともにあらわれた、若きガンマン
    西部劇
    • 製作年1974年
    • 製作国イタリア,フランス,ドイツ,アメリカ
    • 時間115分
    • 監督トニーノ・ヴァレリ
    • 主演ヘンリー・フォンダ
    • 定額
  40. 樺太 1945年 夏 氷雪の門
    • B
    • 3.70
    1945年夏、太平洋戦争も終盤に近づいたころ、現在のロシア領サハリンは当時、樺太と呼ばれる日本の領土だった。その西海岸にある真岡町の郵便局では班長の律子(二木てるみ)をはじめ、若い女性たちが電話交換手として働いていた。やがて日本は終戦を迎えるが、その混乱に乗じてソ連軍が日ソ不可侵条約を破って樺太に進攻し……。

    ネット上の声

    • 戦争に弄ばれた9人の乙女の哀しき運命。。
    • ソ連が公開中止させた、勇気ある真実の物語
    • 年寄りばかりは勿体無い。是非若者も!
    • それでも、目を背けてはいけない・・
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国日本
    • 時間119分
    • 監督村山三男
    • 主演二木てるみ
  41. ジーンズブルース 明日なき無頼派
    • B
    • 3.69
    精神的に満されぬ現代社会から脱皮を計る二人の若者が、短時間ではあるが二人だけの青春を精いっぱい生き、自滅するまでを描く。脚本は「ネオンくらげ 新宿花電車」の金子武郎、監督は脚本も執筆している「東京=ソウル=バンコック 実録麻薬地帯」の中島貞夫、撮影は「恐怖女子高校 アニマル同級生」の増田敏雄がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 中島監督の明日に向かって撃て日本版
    • この映画観たかった
    • 梶芽衣子がかっこいい
    • ハリボテ感の目立つシーンもあるが、話の軽さと転がりの早さを維持したままラストまで
    アクション
    • 製作年1974年
    • 製作国日本
    • 時間91分
    • 監督中島貞夫
    • 主演梶芽衣子
    • レンタル
    • 定額
  42. さすらいの二人
    • B
    • 3.67
    偶然のなり行きから、仕事と家庭を棄てて他人になりきろうとしたテレビ・レポーターの行動を描く。製作総指揮はアレッサンドロ・フォン・ノルマン、製作はカルロ・ポンティ、監督は「砂丘」のミケランジェロ・アントニオーニ、原案はマーク・ペプロー、脚本はペプローとアントニオーニの共同、撮影はルチアーノ・トヴォリ、音楽はイワン・バンドール、編集はフランコ・アルカーリとアントニオーニの共同。出演はジャック・ニコルソン、マリア・シュナイダー、ジェニー・ラナクレー、イアン・ヘンドリー、チャック・マルベヒル、スティーヴン・バーコフなど。

    ネット上の声

    • 右も左も同じに見えているうちは、誰かがまっすぐ羽ばたくための標にでもなろう
    • 放浪三部作と呼ばれる「欲望」(1966)「砂丘」(1970)に続く三作目
    • 印象深いラスト
    • 息苦しい想い
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国イタリア,フランス,スペイン
    • 時間124分
    • 監督ミケランジェロ・アントニオーニ
    • 主演ジャック・ニコルソン
  43. レニー・ブルース
    • B
    • 3.66
    1950年代から60年前半のアメリカ・ショー・ビジネス界に生きた異端児レニー・ブルースの生涯を描く。製作総指揮はデイヴィッド・V・ピッカー、製作マーヴィン・ワース、監督は「キャバレー」のボブ・フォッシー、脚本はジュリアン・バリー、撮影はブルース・サーティーズ、衣装はアルバート・ウォルスキー、音楽監督はラルフ・バーンズ、編集はアラン・ハイムが各々担当。出演はダスティン・ホフマン、ヴァレリー・ペリン、ジャン・マイナー、スタンリー・ベック、ゲーリー・モートン、ガイ・レニーなど。日本語版監修は高瀬鎮夫。モノクロ、ビスタサイズ。1974年作品。

    ネット上の声

    • ボブ・フォッシー監督が、スタンダップコメディアンのレニー・ブルース(毒舌漫談家)
    • 言論の統制と闘ったスタンダップ・コメディアンのレニー・ブルースの生涯
    • こんな芸人がいたアメリカって・・・
    • 毒舌芸人ダスティンホフマン
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国アメリカ
    • 時間112分
    • 監督ボブ・フォッシー
    • 主演ダスティン・ホフマン
    • 定額
  44. ハーツ・アンド・マインズ/ベトナム戦争の真実
    • B
    • 3.65
    第47回アカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞受賞作。「地獄の黙示録」「ディア・ハンター」といったベトナム戦争映画に多大な影響を与えた言われるドキュメンタリー。エゴイスティックな政治家、元米兵、ベトナム難民など戦争を体験した様々な層の人間からの証言を積み重ね、無意味な戦争の真実を浮かび上がらせていく。監督は、アメリカのテレビ各局で数々のドキュメンタリーを手がけてきたピーター・デイビス。2010年に日本劇場公開。ベトナム戦争終結から40年となる15年、HDリマスター版でリバイバル。

    ネット上の声

    • 戦争終結前に撮影した命懸けのドキュメント
    • 自由を求めて闘う力は、誰にも止められない
    • 数々のベトナムものと違うインパクト。
    • ぼく 62歳 公開の時に見てる
    リアルな戦闘シーンがある、 ドキュメンタリー
    • 製作年1974年
    • 製作国アメリカ
    • 時間110分
    • 監督ピーター・デイヴィス
    • 主演---
  45. 極私的エロス 恋歌1974
    • B
    • 3.65
    子どもを連れて沖縄へ旅立った元同棲相手を追い、自力出産を含む彼女の生き様をカメラに収めたドキュメンタリー。監督は「さよならCP」の原一男。製作は原の現同棲者でもある小林佐智子。16ミリ。

    ネット上の声

    • 情けない男とたくましい女たちのガチ
    • 情けない男とたくましい女たちのガチ
    • ひるんだのか、事故かブレボケ
    • 突き抜けた、死に物狂いの青春
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国日本
    • 時間110分
    • 監督原一男
    • 主演---
    • レンタル
  46. メリーゴーランド
    • B
    • 3.65
    幼くして母を失った十歳の少年が不治の白血病に襲われ、死ぬまでを父と子の情愛をとおして描く。製作はオビディオ・G・アソニティスとジョルジョ・カルロ・ロッシ、監督はライモンド・デル・バルツォ、脚本はアントニオ・トロイシオとライモンド・デル・バルツォ、撮影はロベルト・デットーレ・ピアッツォリ、音楽はフランコ・ミカリッツィが各々担当。出演はレナート・チェスティ、ベキム・フェーミュ、アゴスティーナ・ベリ、マルゲリータ・メランドリ、ニーノ・セグリーニなど。日本語版監修は山崎剛太郎。テクニカラー、テクニスコープ。

    ネット上の声

    • 白血病によって余命いくばくとなった子供と、仕事中心で子供と過ごす時間を作らなかっ
    • ドラマティックな作劇、メロディアスな音楽、難病という感動的な主題、の三拍子が揃っ
    • イタリア映画のアテレコってなんでああもオーバーリアクションなのだろうか
    • ꕥᒪ’ᑌᒪTIᗰᗩꕥᑎᗴᐯᗴꕥᗪIꕥᑭᖇIᗰᗩᐯᗴᖇᗩꕥ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国イタリア
    • 時間95分
    • 監督ライモンド・デル・バルツォ
    • 主演レナート・チェスティエ
  47. スウィート・ムービー
    • B
    • 3.64
    処女かどうかを鑑定するコンテストで選ばれたミス・ワールドの体験する出来事と、女船長の支配する船に乗り込んだ水兵とその女船長の行動を並行して描く。エグゼキュティヴ・プロデューサーはエレーヌ・ヴァジェール、製作はヴァンサン・マル、監督・脚本は「コカコーラ・キッド」のドゥシャン・マカヴェイエフ、撮影はピエール・ロム、音楽はマノス・ハジダキスが担当。出演はキャロル・ロール、ピエール・クレマンティ、アンナ・プルクナルほか。

    ネット上の声

    • サヴァイヴァル号は重く厳かに進みゆく
    • 処女かどうかを鑑定するコンテストで選ばれたミス・ワールドの体験する出来事と、女船
    • 昔、YouTubeで見た記憶がある作品
    • 卵の黄身がツルツルと..。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国フランス,ドイツ,カナダ
    • 時間98分
    • 監督ドゥシャン・マカヴェイエフ
    • 主演カロル・ローレ
  48. アルプスの少女ハイジ
    • C
    • 3.63
    ヨハンナ・スピリの原作のテレビアニメーションの劇場版。「東宝チャンピオンまつり」の1本として公開。TVシリーズのブローアップ。監督は高畑勲。

    ネット上の声

    • 1974年に放送を開始したテレビアニメ『アルプスの少女ハイジ』
    • 古きを温めて、新しきを知る。 3人の大巨匠が一つのエンドクレジットに名を連ねる様はまさに壮観!
    • ハイジの4話「もう一人の家族」のブローアップ盤
    • 自然と共に暮らす子供
    アニメ
    • 製作年1974年
    • 製作国日本
    • 時間25分
    • 監督---
    • 主演杉山佳寿子
    • レンタル
  49. 湖のランスロ
    • C
    • 3.62
    「抵抗(レジスタンス) 死刑囚の手記より」「スリ」などの名作を手がけたフランスのロベール・ブレッソン監督が、「アーサー王伝説」の後日譚である王妃グニエーヴルと円卓の騎士ランスロの不義の恋をモチーフに、騎士道精神の崩壊を現代的視点から描いた歴史ドラマ。聖杯探索に失敗して多くの死者を出し、城に帰還した円卓の騎士たち。その中のひとりであるランスロは、王妃グニエーヴルとの許されざる恋に苦悩していた。不倫の解消を神に誓うランスロだったが、グニエーヴルにその気はない。彼らの不義を利用して権力を手にしようと企むモルドレッドは、仲間を増やすべく暗躍する。そして騎士たちの絆に亀裂が入り始め、事態は思わぬ方向へと展開していく。1974年・第27回カンヌ国際映画祭で国際批評家連盟賞を受賞。

    ネット上の声

    • 上手い映画と面白い映画は、まったき、違う
    • ロベール・ブレッソン監督作品8作品目…
    • 円卓の騎士たちの寒々とした終焉
    • 肉と鎧のバイオレンス映画
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国フランス,イタリア
    • 時間84分
    • 監督ロベール・ブレッソン
    • 主演リュック・シモン
  50. 50

    孤高

    孤高
    • C
    • 3.62
    16歳で映画監督デビューしたフィリップ・ガレルが、1974年に製作したモノクロ・サイレント作品。出演は、ガレル映画のミューズだったニコと、「勝手にしやがれ」のヒロインで本作の5年後パリの路上で謎の死を遂げたジーン・セバーグ。ガレルが愛した二人の女性がフィルムに焼き付けられている。

    ネット上の声

    • フィリップ・ガレル監督が、大好きなジーン・セバーグとニコをただひたすら映しまくっ
    • ポートレート集、サイレント 適切な位置にカメラを置けば感情を捉えることができるっ
    • ニコもセバーグもティナオーモンもめちゃくちゃラフな美しさがある
    • 『処女の寝台』に引き続きティナ・オーモンの色気と艶かしさも健在
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国フランス
    • 時間80分
    • 監督フィリップ・ガレル
    • 主演ジーン・セバーグ

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。