スポンサーリンクあり

全50作品。1957年の映画ランキング

  1. 十二人の怒れる男
    • A
    • 4.26
    ニューヨークの裁判所。18歳の不良少年が実父殺害の容疑で裁かれようとしていた。12人の陪審員たちは評決の投票をするが、ただひとり陪審員8番だけが無罪を主張し、改めて審議が行なわれることに。それでなくても疲れきっていた11人は苛立つが、8番の説得によって次々と無罪に転じていく。はたして審議の行方は? レジナルド・ローズ脚本のテレビドラマを映画化。シドニー・ルメットがこの作品で映画初監督を飾った。

    ネット上の声

    • 日本で陪審員制度導入するならまずこれ見て
    • 今さらながら、高評価だったので私も
    • ディスカッション劇の古典的傑作。
    • 本当に凄い作品を観てしまった!
    裁判・法廷、 サスペンス
    • 製作年1957年
    • 製作国アメリカ
    • 時間95分
    • 監督シドニー・ルメット
    • 主演ヘンリー・フォンダ
  2. 2

    情婦

    情婦
    • A
    • 4.15
    アガサ・クリスティの短編「検察側の証人」の映画化。主演のマレーネ・デートリッヒたっての希望で、監督にはビリー・ワイルダーに白羽の矢がたった。ワイルダーにとっては初の法廷劇だが、彼の作品特有の悪女は今作でも健在。ロンドンで、裕福な未亡人の刺殺事件が起きる。容疑の疑いがかけられたレナードは、ロンドンきっての敏腕弁護士ローバーツ卿に弁護を依頼する。しかし、唯一のアリバイを証言する妻が思いもよらないことを口にし……。

    ネット上の声

    • どんでん返しに本当にひっくり返った(笑)
    • ドンデン返し映画☆マイナンバーワンの傑作
    • 面白い!どんでん返しをさらにひっくり返す
    • 白黒作品=「古い」作品だと思っている人へ
    どんでん返し、 裁判・法廷、 サスペンス
    • 製作年1957年
    • 製作国アメリカ
    • 時間117分
    • 監督ビリー・ワイルダー
    • 主演タイロン・パワー
  3. 青空娘
    • A
    • 4.13
    “明星”連戴、“ラジオ東京”連続放送劇である源氏鶏太の原作小説を「くちづけ(1957)」のコンビ白坂依志夫が脚色、増村保造(監督第二回)が監督した、一人の娘の物語。撮影は「九時間の恐怖」の高橋通夫。主演は「夕凪」の若尾文子、「穴」の菅原謙二、「稲妻街道」の品川隆二、「真昼の対決」の八潮悠子、「夜の蝶」の穂高のり子、川崎敬三、「愛すべき罪」の藤田佳子、「幻の馬」の子役岩垂幸彦など。色彩は大映カラー。

    ネット上の声

    • 【”日本版シンデレラ&真の母を求めて三千里。”継母や義理の姉の嫌がらせにもめげず明るくたくましく生きる女性を描いた作品。若尾文子さんってお綺麗だなあ。】
    • 私は女の人の服でノースリーブにふんわりしたスカートが一番好きなんですが、この頃の
    • 総天然色がいい。登場人物も天然でいい。
    • これを観れば誰でも若尾文子が好きになる
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国日本
    • 時間89分
    • 監督増村保造
    • 主演若尾文子
    • レンタル
    • 定額
  4. 鉄路の男
    • A
    • 4.12
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国ポーランド
    • 時間89分
    • 監督アンジェイ・ムンク
    • 主演カジミェシュ・オパリンスキ
  5. 鶴は翔んでゆく
    • A
    • 4.08
    一九五八年のカンヌ映画祭でグラン・プリを授賞されたソヴィエト映画。スピードに富んだ卓抜なキャメラ・ワークや、個人を中心としたテーマの描出で、新しいソ連映画として賞讃された。第二次大戦下の、兵士として出征した恋人を思いながら、空襲下に結ばれた他の男との結婚に悩み、恋人の戦死によって、一人強く生きることを決意する女主人公の物語を、ヴィクトル・ローゾフが執筆、「最後のあがき」「親友」等の未輸入作品を作っているミハイル・カラトーゾフが監督した。キャメラは「女狙撃兵 マリュートカ」のセルゲイ・ウルセフスキー。音楽はエム・ワインベルグ。監督のカラトーゾフは前文化省副大臣という肩書をもっている。女主人公を演じるのはタチアナ・サモイロワ、彼女はこの作品の前に「メキシコ人」という作品でメキシコ女を演じた。他にアレクセイ・バターロフ、ワシリー・メルクーリエフ、アレクサンドル・シュウォーリン、S・ハリートノワ、K・ニキチン、V・ズブコフ等が出演する。後に邦題が「鶴は翔んでゆく」に改題された。

    ネット上の声

    • ヴェロニカの心を描くモノクロ撮影美
    • 鶴にはじまり鶴に終わる
    • うーん、、、、。
    • 戦争と貞操
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国ソ連
    • 時間97分
    • 監督ミハイル・カラトーゾフ
    • 主演タチアナ・サモイロワ
  6. 野いちご
    • A
    • 4.06
    スウェーデンの巨匠イングマール・ベルイマンが、ひとりの老人の1日を通して人生のむなしさや孤独をつづり、ベルリン国際映画祭金熊賞をはじめ数々の映画賞に輝いた傑作ドラマ。名誉博士号を授与されることになった老教授が車で授与式場へと向かう道のりを、老教授の回想や悪夢を織り交ぜながら描いていく。老教授を演じるのはサイレント期の名監督として知られるビクトル・シェストレムで、本作が遺作となった。2013年、デジタルリマスター版でリバイバル公開。2018年の「ベルイマン生誕100年映画祭」(18年7月~、YEBISU GARDEN CINEMAほか)でもリバイバル上映。

    ネット上の声

    • ベルイマンの世にも奇妙な物語inすえーで
    • 他者と向き合い、自分自身と向き合う旅
    • 白夜は本当に夢の中にいるようですよ
    • 生きながらの屍より、生きながらの生
    孤独、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国スウェーデン
    • 時間90分
    • 監督イングマール・ベルイマン
    • 主演ヴィクトル・シェストレム
  7. 四十挺の拳銃
    • A
    • 4.05
     力が物を言う西部開拓時代のアメリカ。アリゾナのコーチス郡。

    ネット上の声

    • 暴走する馬のOP
    西部劇、 アクション
    • 製作年1957年
    • 製作国アメリカ
    • 時間81分
    • 監督サミュエル・フラー
    • 主演バーバラ・スタンウィック
  8. カビリアの夜
    • A
    • 4.00
    イタリアの巨匠フェデリコ・フェリーニが「道」に続いてジュリエッタ・マシーナを主演に据え、ある娼婦の哀歓を描いた名作。不幸な境遇に置かれながらも、仲間に夢を語り明るく前向きに生きる娼婦カビリア。ある夜、有名な映画俳優が彼女を豪邸へ連れ帰るが、彼の元恋人が現れカビリアは追い出されてしまう。数日後、カビリアは見世物小屋で出会った青年オスカーに求婚されるが……。数々の苦難に巻き込まれても明るさを失わない主人公をマシーナが鮮やかに演じ、第10回カンヌ国際映画祭で主演女優賞に輝いた。第30回アカデミー賞では外国語映画賞を受賞。1966年には「スイート・チャリティー」というタイトルでブロードウェイ・ミュージカルとなり、シャーリー・マクレーン主演でハリウッド映画化もされた。1957年製作・公開。フェリーニ生誕100年を記念した「生誕100年フェデリコ・フェリーニ映画祭」(2020年7月31日~8月20日=東京・YEBISU GARDEN CINEMAほか)で4Kデジタルリマスター版が上映。

    ネット上の声

    • フェリーニ監督は薄幸の女性を描くのがうまい
    • 少しフェリーニのこと判ったような気がした
    • 近頃元気が足りない人、必見の映画。
    • 表情豊かなヒロインが魅力の☆3つ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国イタリア,フランス
    • 時間111分
    • 監督フェデリコ・フェリーニ
    • 主演ジュリエッタ・マシーナ
    • レンタル
    • 定額
  9. 蜘蛛巣城
    • A
    • 3.99
    シェイクスピアの「マクベス」を日本の戦国時代に置き換え描いた、戦国武将の一大悲劇。謀叛を起こした敵を討ち城主の危機を救った鷲津武時は、帰城途中に出会った老婆から不思議な予言を聞く。その予言通りに大将に任ぜられると、今度は妻にそそのかされて主を殺害、自ら城主の地位に着く。黒澤監督は、欲望に刈られた魂が繰り返す殺戮と狂気を、能の様式美に乗せて見事に描いていく。三船=マクベスが無数の矢に曝されるラストシーンは圧巻。

    ネット上の声

    • 初めて観る風の映画で、現代にはあまり好まれ難い雰囲気もあるけど話が...
    • もちろん先が読めるけど、食い入ってしまう。 二人の顔がすごく凄い。...
    • 黒澤版「マクベス」、おどろおどろしく見参!
    • シンプルな話に力のある映像で、目が離せない
    時代劇
    • 製作年1957年
    • 製作国日本
    • 時間110分
    • 監督黒澤明
    • 主演三船敏郎
  10. あらくれ
    • B
    • 3.96
    自然主義文学の代表的作家・徳田秋声の同名小説を、「浮雲」の成瀬巳喜男監督、水木洋子脚色、高峰秀子主演で映画化。大正初期。子どもの頃に農家へ養子に出された庄屋の娘・お島。結婚話を嫌がって東京へ逃げ出した彼女は、神田の缶詰屋の若主人の後妻となる。しかし女出入りの激しい夫と気性の激しいお島との間には諍いが絶えず、大ゲンカの末に離婚。東北の山村の旅館で女中として働き始めた彼女は、そこの若旦那と関係を持つが、若旦那の病気の妻が帰ってきたために居場所を失ってしまう。東京へ戻ったお島は洋服職人と再婚して2人で店を開き、商売を軌道に乗せていくが……。

    ネット上の声

    • 成瀬アンド高峰秀子の黄金コンビ作でダメ男ゴロゴロ映画でもある
    • 働き者で気が強く頭がいい女、但し男運なし
    • 徳田秋声の原作を成瀬巳喜男監督が映画化
    • エネルギッシュな主人公が大きな魅力
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国日本
    • 時間121分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演高峰秀子
    • レンタル
    • 定額
  11. 11

    突撃

    突撃
    • B
    • 3.95
    原作「栄光の小径」は、第1次世界大戦中処刑されたフランス人兵士の実際の裁判をもとに書かれた。”蟻塚”と呼ばれるドイツ軍の要所を2日間で陥落させることを命じられたダックス大佐。部下を思うダックスは無謀な任務に反対するが、作戦は実行に移される。結果失敗に終わり、責任をなすりつけられた3人の兵士が軍法会議にかけられる。戦争の持つ不条理さと戦争下においての非人間的な感情を描いた反戦映画。

    ネット上の声

    • ヒューマニテイを主題にしたキューブリック監督には珍しい作品
    • カーク・ダグラスは『炎の人ゴッホ』しか観たことがない💦
    • WW1中に仏蘭西で起きた実話を元に映画化
    • 50年も前の映画ですが・・・さすがです。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国アメリカ
    • 時間86分
    • 監督スタンリー・キューブリック
    • 主演カーク・ダグラス
    • 定額
  12. 下町(ダウンタウン)
    • B
    • 3.95
    故林芙美子の同名小説の映画化で、戦後の混乱した世相を背景に下層階級の男女のささやかな愛情を描く。「大学の侍たち」の笠原良三と、吉田精弥が共同脚色、「続大番 (風雲篇)」のコンビ、千葉泰樹が監督、西垣六郎が撮影した。主演は「どん底」の三船敏郎と山田五十鈴。田中春男、村田知英子、淡路恵子、多々良純などが助演している。

    ネット上の声

    • あの三船敏郎も事故には勝てませんでした。
    • 静岡のお茶は美味しいよ~
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国日本
    • 時間58分
    • 監督千葉泰樹
    • 主演山田五十鈴
  13. 13

    渇き

    渇き
    • B
    • 3.92
    インドの巨匠、グル・ダット監督の崇高なる代表作。世間からも家族からも見捨てられた売れない詩人・ヴィジャイと、彼の詩をただひとり愛する美しい娼婦・グラーブとの高貴な魂の触れ合いを通し、人生の真実を描き出す。娼婦役はワヒーダー・ラフマーン。2000年3月3日~3月11日、国際交流基金フォーラムにて開催された『インド映画の奇跡 グル・ダットの全貌』で公開。

    ネット上の声

    • この「驚き」には従う価値がある。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国インド
    • 時間139分
    • 監督グル・ダット
    • 主演グル・ダット
  14. 翼に賭ける命
    • B
    • 3.91
    現代アメリカ文学の代表的作家ウィリアム・フォークナーの小説「パイロン」(飛行標塔)の映画化で、曲芸飛行に命を賭ける男を中心に、人間の愛情と運命を描いた文芸篇。「風と共に散る」のジョージ・ザッカーマンが脚色、「間奏曲」のダグラス・サークが監督した。撮影監督は「東京特ダネ部隊」のアーヴィング・グラスバーグ、音楽は作曲が「間奏曲」のフランク・スキナー、指揮が「悪魔に支払え!」のジョセフ・カーシェンスン。主演は「大空の凱歌」のロック・ハドソン、「硝煙」のロバート・スタック、「千の顔を持つ男」のドロシー・マローン。「脱獄囚」のジャック・カーソン、「友情ある説得」のロバート・ミドルトンが助演する。

    ネット上の声

    • クールで赤裸々な人間関係
    • 欲望より理性、そして愛
    • 分かりやすさの拒絶
    • そつのない堅実な造り
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国アメリカ
    • 時間91分
    • 監督ダグラス・サーク
    • 主演ロバート・スタック
  15. 15

    暖流

    暖流
    • B
    • 3.91
    岸田国士の同名小説の再映画化(前回は昭和十四年、吉村公三郎監督、佐分利信、高峰三枝子、水戸光子主演)今回は「青空娘」のコンビ、白坂依志夫が脚色、増村保造が監督した。撮影は「透明人間と蠅男」の村井博。主演は「駐在所日記」の根上淳、「九人の死刑囚」の左幸子、「地上」の野添ひとみ、「駐在所日記」の船越英二、南左斗子、それに品川隆二、叶順子。大映カラー。

    ネット上の声

    • 左幸子と野添ひとみ
    • 左幸子の怪演
    • 快速メロドラマ
    • ファーストシーン、看護婦たちが屋上でボール遊びに興じる昼休憩から増村っぽさを感じ
    群像劇、 社会の裏側、 看護師(ナース)、 病院(医療モノ)、 会社再建、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国日本
    • 時間94分
    • 監督増村保造
    • 主演根上淳
  16. 戦場にかける橋
    • B
    • 3.90
    ピエール・ブールの同名小説を名プロデューサー、サム・スピーゲルと巨匠デビッド・リーンのコンビで映画化した戦争大作。第2次世界大戦下の1943年、ビルマとタイの国境付近にある捕虜収容所を舞台に、捕虜となったイギリス人兵士と、彼らを利用して橋を造りたい日本軍人たちの対立と心の交流を描く。出演はウィリアム・ホールデン、アレック・ギネス、早川雪舟。57年度のアカデミー賞では作品賞、監督賞を含む7部門で受賞した。

    ネット上の声

    • あの有名な「クワイ河マーチ」が聞こえる
    • 名作である事は認めつつ・・・・・・・
    • 名誉と誇りを懸けた男たちの挑戦
    • 《午前十時》小脱走があったのね
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国アメリカ
    • 時間155分
    • 監督デヴィッド・リーン
    • 主演アレック・ギネス
  17. 幕末太陽傳
    • B
    • 3.90
    川島雄三監督が1957年に発表した名作喜劇。幕末の文久2年、品川の遊郭で飲めや歌えやの大騒ぎを繰り広げた佐平次は、一文の金も持ち合わせておらず、遊んだ分を居残りで働くことに。しかし、お調子者の佐平次は自らの困難をものともせず、遊郭に立ち寄った高杉晋作らとも交友し、巻き起こる騒動を次々と片付けていく。物語のベースは古典落語の「居残り佐平次」。脚本を手がけた今村昌平が助監督を務めている。2012年、日活創立100周年記念事業の一環として最新のデジタル技術を駆使して映像修復した「デジタル修復版」が公開された。

    ネット上の声

    • 川島監督最高傑作:幕末動乱を喰う痛快喜劇
    • 回顧主義?すごいものはすごいのです
    • 【奇跡】スーパーヒーロー佐平次
    • 今日も僕は佐平次をあがく。
    幕末、 時代劇
    • 製作年1957年
    • 製作国日本
    • 時間110分
    • 監督川島雄三
    • 主演フランキー堺
    • 定額
  18. 眼には眼を
    • B
    • 3.85
    フランス映画の社会派、「洪水の前」のアンドレ・カイヤットが、アルメニア生れの青年作家ヴァエ・カッチャの原作をとりあげた復讐劇。この二人が共同で脚本を執筆、「女と奇蹟」のピエール・ボストが台詞を担当した。撮影は「歴史は女で作られる」のクリスチャン・マトラ。「陽はまた昇る」のジュリエット・グレコが吹替えで一曲歌っている。主演はドイツ出身の国際俳優「眼下の敵」のクルト・ユルゲンス、イタリア出身、「大いなる希望」のフォルコ・ルリ。他にレア・パドヴァーニ、パスカル・オードレ、ポール・フランクール等が助演する。

    ネット上の声

    • 小学生時代にテレビで観たトラウマ映画
    • こんな復讐劇は見たことない
    • 折りにつけ思い出す映画。
    • 砂漠の恐ろしさでは?1!
    トラウマになる、 サスペンス
    • 製作年1957年
    • 製作国フランス,イタリア
    • 時間113分
    • 監督アンドレ・カイヤット
    • 主演クルト・ユルゲンス
  19. 灰とダイヤモンド
    • B
    • 3.80
    「地下水道」のアンジェイ・ワイダが監督したポーランド映画。ドイツ降服直後のポーランドを背景とする、ロンドン派の抵抗組織に属した一人の青年の物語である。イェジー・アンジェイエフスキーの原作を、アンジェイエフスキー自身とワイダが脚色にあたり、撮影はイェジー・ウォイチック。音楽はフィリップ・ノワック指揮のウロツラウ放送五重奏団。出演するのはズビグニエフ・チブルスキー、エヴァ・クジイジェフスカ、アダム・パウリコフスキー、ボグミール・コビェラ、スタニスラフ・ミルスキー、ズビグニェフ・スコフロニュスキー等。

    ネット上の声

    •  晩秋恒例のポーランド映画祭。今回は劇場を変えて、シネマート新宿に...
    • 普通の人にはつまらないです。要注意!!
    • 学生時代・・とにかくワイダにハマった
    • 今でも光り輝くダイヤモンドの如し
    花火が印象的、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国ポーランド
    • 時間102分
    • 監督アンジェイ・ワイダ
    • 主演ズビグニエフ・チブルスキー
  20. 土砂降り
    • B
    • 3.79
    新派で上演された北条秀司の原作を「婦警日誌より 婦人科医の告白」の椎名利夫と「つゆのあとさき」の中村登が共同脚色、同じく中村登が監督した異色ドラマ。撮影は「情痴の中の処女 天使の時間」の長岡博之。主演は「刃傷未遂」の岡田茉莉子、「正義派」の佐田啓二。助演陣は「伴淳・森繁の糞尿譚」の沢村貞子、「東京暮色」の田浦正巳、「体の中を風が吹く」の日守新一、「暴力の波止場」の桑野みゆきなど。

    ネット上の声

    • 中村登監督の再評価のきっかけになった一本で、物語や演出は元より舞台設定なども見所あり
    • 上映と上映の間に外に出たらレオスカラックスがなんか飯食っててすげーって思ったけど
    • 私は、『紀ノ川』も『古都』も特にいいとも思わなく、この作家に特別惹き付けられてい
    • 連れ込み宿を経営している妾の娘が婚約相手から見放されてしまい、ヤケクソになって道
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国日本
    • 時間105分
    • 監督中村登
    • 主演沢村貞子
    • 定額
    • 定額
  21. リラの門
    • B
    • 3.77
    フランスを代表する巨匠ルネ・クレール監督が、お人よしの男が殺人犯をかくまったことから巻き起こる騒動を描いた人情喜劇。パリの下町で暮らすジュジュは、仕事もせずに酒に溺れる毎日を送っていた。そんなある日、近所に暮らす音楽家の友人の家に、警官を殺したピエールが逃げ込んでくる。2人はピエールを追い出そうとするが、負傷した彼を放っておけず、かくまうことに。ところが、ジュジュがひそかに思いを寄せているマリアがピエールに夢中になってしまい……。「天井桟敷の人々」の名優ピエール・ブラッスールが、ろくでなしだが憎めない主人公ジュジュを熱演。シャンソン歌手ジョルジュ・ブラッサンスが音楽家の友人役を演じる。1957年製作・公開。2019年6月、クレール監督の生誕120周年を記念して4Kデジタルリマスター版が公開。2021年10月にもルネ・クレール没後40周年にあわせた「ルネ・クレール レトロスペクティブ」でも4Kデジタルリマスター版が公開。

    ネット上の声

    • 可笑しくて、面白くて、やがて悲しくて、ペーソスがあって、何だか深い 観終わった味わいは寅さんと同じなのです
    • 私は善人でないし情に厚くないのでジュジュに肩入れできず、ジュジュの友人の芸術家も
    • 信じて疑わないピュアな人々と身勝手で傲慢な人間の対比を浮き彫りにし...
    • お金持ちになったらフォアグラを君に
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国フランス,イタリア
    • 時間98分
    • 監督ルネ・クレール
    • 主演ジョルジュ・ブラッサンス
  22. 成功の甘き香り
    • B
    • 3.76
    コスモポリタン誌に連載されたアーネスト・リーマンの小説からクリフォード・オデッツとアーネスト・リーマンが共同脚色し、「ハイ・アンド・ドラム」などの作品をイギリスで監督したアレクサンダー・マッケンドリックが初のハリウッド入りで描く、芸能界ーブロードウェイの暗黒面。撮影は「ピクニック」のジェームズ・ウォン・ホウ、音楽エルマー・バーンスタイン。主演は「OK牧場の決斗」のバート・ランカスター、「野望に燃える男」のトニー・カーティス、この映画がデェビュー作のスーザン・ハリソン、「OK牧場の決斗」のマーティ・ミルナー、「ながれ者」のバーバラ・ニコルズ。ほかにサム・レヴィーン、ジェフ・ドンネルなど。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国アメリカ
    • 時間96分
    • 監督アレクサンダー・マッケンドリック
    • 主演トニー・カーティス
  23. 怪盗ルパン
    • B
    • 3.74
    日本でもおなじみの怪盗アルセーヌ・ルパンの活躍を描いたモーリス・ルブランの小説を、「現金に手を出すな」のジャック・ベッケル監督が映画化。20世紀初頭のフランス。上院議員の豪邸で開かれていたパーティの途中、怪盗アルセーヌ・ルパンにより数枚の名画が盗まれる。その数日後、ルパンは宝石店を狙い、またしても成功をおさめる。共犯と疑われて職を失ったレオンティヌは、ルパンらしき人物を捕らえ警察に引き渡すが……。

    ネット上の声

    • 泥棒までが優雅だった頃…
    • 冒頭テラスの欄干を華麗なる跳躍で飛び越えるように映画の視覚的限界を軽々と突破する
    • ルパンの持つ軽さが三世と地続きでじいちゃんの血をちゃんと引いてるじゃんって思った
    • 50年代の作品とは思えないクラシックな活劇スタイルの怪盗映画を、ベッケル監督は得
    サスペンス
    • 製作年1957年
    • 製作国フランス
    • 時間104分
    • 監督ジャック・ベッケル
    • 主演ロベール・ラムール
  24. 間奏曲
    • B
    • 3.74
    古都ザルツブルグとミュンヘンを舞台にした哀愁メロドラマ。ジェームズ・ケイン「(郵便配達は二度ベルをならす)」の原作小説を「島の女」のドワイト・テイラーが映画脚本に書き直し、これをイネツ・コックが翻案、さらにダニエル・フックスとフランクリン・コーエンがこれを脚色した。監督は「大空の凱歌」のダグラス・サーク、撮影監督は「夜の道」のウィリアム・ダニエルス、音楽は作曲が「三人のあらくれ者」のフランク・スキナー、指揮を「東京特ダネ部隊」のジョセフ・ガーシェンソンがとった。主演は「旅情」のロッサノ・ブラッツィ、「夜の乗合自動車」のジューン・アリソン。「バルテルミーの大虐殺」のフランソワーズ・ロゼエ。

    ネット上の声

    • 異国ドイツを舞台に、波乱の予感がプンプンするアナーキーな天才指揮者と安泰な医師と
    • ダグラスサークの作品はいつもベタなメロドラマなのに切り捨てられない力強さがあって
    • ラスト15分まで典型的なラブドラマだなと思ってみてたら、予想外の展開笑 さすがサ
    • 生きてるだけで周りを不幸にしている女を演じるマリアンネ・コッホ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国アメリカ
    • 時間89分
    • 監督ダグラス・サーク
    • 主演ジューン・アリソン
  25. 死刑台のエレベーター
    • B
    • 3.73
    ノエル・カレフの推理小説を、製作当時25歳だったルイ・マルが監督した傑作サスペンス。パリの土地開発会社の重役ジュリアンは、その会社の社長夫人フロランスと不倫関係にあった。情事の果て、2人は社長を自殺に見せかけて殺す完全犯罪を計画し、実行に移すが、犯行直後、会社のエレベーターが停電で止まり、ジュリアンが閉じ込められてしまう……。出演はジャンヌ・モロー、モーリス・ロネ、リノ・バンチュラ。音楽にマイルス・デイビス。2010年、ニュープリント版でリバイバル公開。

    ネット上の声

    • これぞ神品 私が最も数多く見た映画です
    • ヌーヴェルヴァーグの恋人に魅せられる
    • 時代の経過は時として残酷なもの・・・
    • 炭酸が抜けてしまったら甘いだけ
    どんでん返し、 サスペンス
    • 製作年1957年
    • 製作国フランス
    • 時間92分
    • 監督ルイ・マル
    • 主演ジャンヌ・モロー
  26. 動物園日記
    • B
    • 3.71
    「絵を描く子どもたち」や「双生児学級」などを発表して好評を得た岩波映画が新しく製作した記録映画で、動物園の生態を飼育係の苦心などを点綴しながら克明に描いている。前記二作に続いて脚本、監督を羽仁進、撮影を今野敬一が担当し、上野動物園飼育課長の林寿郎が監修に当る。なお、舞台は上野動物園が使用された。
    • 製作年1957年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督羽仁進
    • 主演---
  27. 眼下の敵
    • B
    • 3.68
    イギリス海軍中佐D・A・レイナーが自分の体験にもとづいて書いた処女小説「水面下の敵」の映画化で、第二次大戦におけるイギリス駆逐艦とドイツ・Uボートとの戦いを描く戦記もの。「翼よ!あれが巴里の灯だ」の共同脚色者の1人、ウェンデル・メイスが脚色、「夜の乗合自動車」のディック・パウエルが監督した。撮影は「悪い種子」のハロルド・ロッソン、音楽は「気まぐれバス」のリー・ハーライン。主演は「海の荒くれ」のロバート・ミッチャム、「素直な悪女」のクルト・ユールゲンス、新人アル・ヘディソン、「アフリカの女王」のセオドア・バイケル。

    ネット上の声

    • あれ〜まさか?この映画で泣いたばい!!
    • 女性ですが、文句なしマイベストムービー
    • 戦争映画の最高傑作だけではない
    • 敵を人間として描くという事。
    リアルな戦闘シーンがある、 戦争
    • 製作年1957年
    • 製作国アメリカ
    • 時間98分
    • 監督ディック・パウエル
    • 主演ロバート・ミッチャム
    • レンタル
    • レンタル
  28. 昼下りの情事
    • B
    • 3.65
    パリを舞台にしたロマンチックコメディ。音楽院でチェロの勉強をしているアリアーヌは、私立探偵である父親の仕事に興味津々。素行調査に登場する億万長者のプレイボーイ、フラナガンの存在が気になってしょうがない。一計を案じ、彼との出会いに成功するが、数々の男を手玉に取った遊び人を装ってしまう。2度目のワイルダー作品となるオードリー・ヘプバーンが、背伸びした純情な娘を好演。フラガナン役は当初、ケイリー・グラントが打診されていた。

    ネット上の声

    • 彼女の魅力にはプレイボーイもかたなし・・
    • 何とも腹立たしい展開がラスト10分で…!
    • 《午前十時》涙をぬぐう時間を与えてね
    • 星影のワルツはダメよ・・・夜だから
    恋愛
    • 製作年1957年
    • 製作国アメリカ
    • 時間134分
    • 監督ビリー・ワイルダー
    • 主演オードリー・ヘプバーン
  29. 暁の非常線
    • B
    • 3.64
    「美男剣競録」の金田光夫のオリジナル・シナリオを「「青春万歳」より 源平恋合戦」の小森白が監督、「怒濤の兄弟」の岡戸嘉外が撮影したギャング映画。主演は「続・若君漫遊記 金比羅利生剣」の天知茂、「「青春万歳」より 青春源平恋合戦」の舟橋元、「怪談累が淵(1957)」の和田孝、「修羅八荒(1957)」の沼田曜一。ほかに三ツ矢歌子、横山運平、小倉繁、大原譲治、野々村律子など。
    アクション
    • 製作年1957年
    • 製作国日本
    • 時間76分
    • 監督小森白
    • 主演天知茂
  30. さすらい
    • B
    • 3.63
    日本初登場のミケランジェロ・アントニオーニ監督作品。ローマの映画実験センターを出てロッセリーニ、カルネ、デ・サンティス等の作品に協力したことのある彼の、イデオロジカル・ロマンチシズム作品と評された一作である。ポー河流城を舞台にする一知識労働者の物語で、アントニオーニ自身の原案を、アントニオーニ、エンニオ・デ・コンチーニ、エリオ・バルトリーニの三人が共同でシナリオ化している。撮影はジャンニ・ディ・ヴェナンツォ、音楽をジョヴァンニ・フスコが担当している。出演するのは、「肉弾戦車隊」のスティーヴ・コクラン、「マーティ」のベッツィ・ブレアの二人がアメリカから招かれている他、「夏の嵐」のアリダ・ヴァリ、「屋根」のガブリエラ・パロッタ、新人リン・ショウ等。製作フランコ・カンチェリエーリ。

    ネット上の声

    • 初めてのミケランジェロ・アントニオーニ監督レビュー!スティーブ・コクラン、アリダ
    • 監督の問いかける、男の悲哀を酌みとれ。
    • アントニオーニの訃報に哀悼の意を捧げる
    • 「ひまわり」 が白黒だったら困るけど
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国イタリア
    • 時間102分
    • 監督ミケランジェロ・アントニオーニ
    • 主演スティーヴ・コクラン
  31. 31

    白夜

    白夜
    • C
    • 3.62
    ドストエフスキーの同名短編小説の映画化。オールロケが多いルキノ・ビスコンティ作品には珍しく、全編スタジオで撮影された。イタリアの港町に住む青年がある晩、橋のたもとで悲しみに暮れる美しい女性と出会う。離ればなれになった恋人を探すため毎晩同じ場所で待ち続ける彼女に、青年は魅かれていく。舞台俳優をしていたマルチェロ・マストロヤンニがビスコンティに才能を見出され、主役に抜擢された。1957年ベネチア国際映画祭銀獅子賞受賞。

    ネット上の声

    • マストロヤンニがふられるなんて・・・
    • 庶民の哀歓を、幻想的な港町を舞台に
    • マルチェッロが振られる!?
    • わたしは永遠にあなたのもの
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国イタリア
    • 時間107分
    • 監督ルキノ・ヴィスコンティ
    • 主演マルチェロ・マストロヤンニ
  32. 縮みゆく人間
    • C
    • 3.62
    新進怪奇小説作家リチャード・マシスンの原作「縮みゆく人間」を彼自ら脚色、「タランチュラの襲撃」のジャック・アーノルドが監督した空想科学映画。撮影監督は「決闘者」のエリス・W・カーター、音楽は同じくジョセフ・ガーシェンソン。主演は、「風と共に散る」のグラント・ウィリアムス、「僕は戦争花嫁」のランディ・スチュアート、テレビショウに出ているエイプリル・ケントなど。

    ネット上の声

    • チーズはどこへ行った?の2000倍面白い
    • 50年代SF映画の金字塔の一本!
    ホラー、 ファンタジー
    • 製作年1957年
    • 製作国アメリカ
    • 時間81分
    • 監督ジャック・アーノルド
    • 主演グラント・ウィリアムズ
  33. 決断の3時10分
    • C
    • 3.61
    エルモア・レナードの原作をハルステッド・ウェルズが脚色、「襲われた幌馬車」のデルマー・デイヴスが監督した異色西部劇。撮影監督は「夜の乗合自動車」のチャールズ・ロートン・ジュニア、音楽は作曲が「ピクニック」のジョージ・ダニング、指揮を「女ひとり」のモリス・W・ストロフがとった。主演は、「辺境の掠奪者」のグレン・フォード。「愛欲と戦場」のヴァン・ヘフリン、「襲われた幌馬車」のフェリシア・ファー。

    ネット上の声

    • リメイク版との男前度を比較して下さい。
    • うらぶれた バーのカウンターに 独り立つ
    • ガンアクションは期待薄ですが・・・
    • 正義感、プライド、男の誇りに脱帽。
    西部劇
    • 製作年1957年
    • 製作国アメリカ
    • 時間92分
    • 監督デルマー・デイヴィス
    • 主演グレン・フォード
  34. 赤裸々な事実
    • C
    • 3.54

    ネット上の声

    • 50年代イギリス産モノクロ・ドタバタ・コメディ傑作!
    • お茶を飲んでから…
    • 20211006
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国イギリス
    • 時間92分
    • 監督マリオ・ザンピ
    • 主演ピーター・セラーズ
  35. 夜の蝶
    • C
    • 3.54
    銀座の酒場に生きる女たちの激しい執念とペーソスを描いた“中央公論”所載の川口松太郎の小説を映画化した文芸篇。「流れる」の共同脚色者の一人、田中澄江が脚色し「大阪物語」の吉村公三郎が監督した。撮影は「朱雀門」の宮川一夫。主演は、「源氏物語 浮舟」の山本富士子、「地獄花」の京マチ子、「永すぎた春」の船越英二、「湖水物語」の近藤美恵子、八潮悠子、「曙荘の殺人」の川上康子。ほかに山村聡、小沢栄太郎、穂高のり子、芥川比呂志など。

    ネット上の声

    • 着物、話し方、町並み、ミニそろばん
    • 今の感覚にとっては地味な映画
    • 黒皮の手帳みたいな話
    • 裏でゴチャゴチャやってるのは相変わらずおじさん
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国日本
    • 時間92分
    • 監督吉村公三郎
    • 主演京マチ子
  36. レ・ミゼラブル
    • C
    • 3.54
    ヴィクトル・ユーゴーの原作を「みどりの学園」のジャン・ポール・ル・シャノワ監督が映画化した作品。脚色はルネ・バルジャヴェルとル・シャノワの共同。撮影をジャック・ナトーが受けもっている。音楽ジョルジュ・ヴァン・パリス。出演するのは「可愛い悪魔」のジャン・ギャバン、「殺意の瞬間(1956)」のダニエル・ドロルム、ベルナール・ブリエ、フェルナン・ルドウ、セルジュ・レジアニ、アンドレ・ブールビル、シルヴィア・モンフォール、ベアトリス・アルタリバ、ジャンニ・エスポジト、ジミー・ウルバン等。テクニカラー・テクニラマ。オリジナルは217分。

    ネット上の声

    • ジャン・ギャバンのはとりあえず観るべき
    • 一つだけ大事なことがある。それは…
    • この小説の映画化は全部みたい。
    • J・ギャバン、カッコいい・・・
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国フランス,イタリア
    • 時間186分
    • 監督ジャン=ポール・ル・シャノワ
    • 主演ジャン・ギャバン
  37. エロイカ
    • C
    • 3.54
    戦争、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国ポーランド
    • 時間87分
    • 監督アンジェイ・ムンク
    • 主演エドヴァルド・ヂェヴォンスキ
  38. 38

    誘惑

    誘惑
    • C
    • 3.53
    朝日新聞連載伊藤整の同名小説を大橋参吉が脚色、「殺したのは誰だ」の中平康が監督した。撮影はこれが昇進第一回作品の山崎善弘。主演は「白夜の妖女」の葉山良二、「狂った関係」の安井昌二、宍戸錠、「幕末太陽伝」の芦川いづみ。ほかに渡辺美佐子、轟夕起子、中原早苗、高友子など。

    ネット上の声

    • まだまだ映画的幸福を得られる作品ってあるんだなと深く実感できた物語
    • 過去に心残りのある銀座の洋品店を営む寡の男
    • 小粋で大人なロマンティックコメディ
    • 群像劇タッチのラブコメ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国日本
    • 時間91分
    • 監督中平康
    • 主演千田是也
  39. 東京暮色
    • C
    • 3.51
    「早春」以来、久々に登場する小津安二郎、野田高梧のコンビが執筆した脚本から小津が監督した話題作。父を裏切って家出した母を求める娘の激情を描く。撮影は「あなた買います」の厚田雄春。主演は「白磁の人」の有馬稲子、「大番」の原節子、「暴れん坊街道」の山田五十鈴、「顔(1957)」の笠智衆。ほかに「情痴の中の処女 天使の時間」の高橋貞二、「近くて遠きは」の杉村春子、「正義派」の田浦正巳、それに山村聡、信欣三、中村伸郎、宮口精二、浦辺粂子、三好栄子、藤原釜足、増田順二、長岡輝子のヴェテラン。菅原通済が特別出演している。

    ネット上の声

    • これは観客が好きな小津ではないよ。暗い。
    • 小津さんと思って観ない方がいいでしょう
    • 当時の有馬稲子のひたむきな表情が良い
    • 「失敗作」だからこそ逆に印象に残る。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国日本
    • 時間140分
    • 監督小津安二郎
    • 主演原節子
  40. 気違い部落
    • C
    • 3.51
    きだみのるの『気違い部落周遊記』『気違い部落紳士録』『霧の部落』『奥様騒動記』『日本文化の根底に潜むもの』など、一連の“気違い部落”ものを原作に、「「元祿忠臣蔵・大石最後の一日」より 琴の爪」より 琴の爪」の共同脚色者の一人、菊島隆三が書いたシナリオを「正義派」の渋谷実が監督した社会喜劇。撮影は「土砂降り」の長岡博之。主演は「鳴門秘帖(1957)」の淡島千景、伊藤雄之助、「肌色の月」の石浜朗、新人水野久美、「伝七捕物帖 銀蛇呪文」の伴淳三郎。解説者として森繁久弥が登場する。

    ネット上の声

    • まぎれもない私たちの村=“日本”の物語
    • 本邦最後の上映か・・・
    • モノクロ映画だけど
    • タイトルからして今村昌平や大島渚のような世界観を想像していたら、気違いというより
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国日本
    • 時間134分
    • 監督渋谷実
    • 主演伊藤雄之助
  41. どたんば
    • C
    • 3.51
    昭和三十一年度芸術祭に文部大臣賞を得たNHKテレビ・ドラマ(菊島隆三・作)の映画化。「張込み」の橋本忍が脚色、「大菩薩峠(1957)」の内由吐夢が監督した。撮影は「爆音と大地」の藤井静。主演は「爆音と大地」の加藤嘉、「真昼の対決」の志村喬、「純愛物語」の江原真二郎、岡田英次、「逢いたいなァあの人に」の中村雅子。

    ネット上の声

    • この作品も配信終了直前😅
    • 生死を分けたのは…。
    • 🔸Film Diary🔸
    • 災害の最中に、朝鮮人差別の発言で事態はこじれ、彼らは一度レスキューを撤退、救出は
    ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年1957年
    • 製作国日本
    • 時間109分
    • 監督内田吐夢
    • 主演江原真二郎
    • 定額
  42. 42

    地上

    地上
    • C
    • 3.50
    大正初期の作家島田清次郎の同名小説を原作に「美徳のよろめき」の新藤兼人が脚色、「夜の蝶」の吉村公三郎が監督した文芸篇。撮影は「地獄花」の中川芳久。主演は「くちづけ(1957)」のコンビ川口浩と野添ひとみ、「太夫さんより 女体は哀しく」の田中絹代、「夜の鴎」の佐分利信、「ひかげの娘」の香川京子。ほかに川崎敬三、月田昌也、三宅邦子、新人安城啓子、小沢栄太郎、信欣三など。色彩は大映カラー。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国日本
    • 時間98分
    • 監督吉村公三郎
    • 主演川口浩
  43. わらの男
    • C
    • 3.47
    「街は自衛する」「鉄道員」のピエトロ・ジェルミ監督作。三人家族のある機械熟練工の生活をめぐって、妻子の留守中に起った夫と別の女との関係を中心に、現代イタリア小市民家庭の物語が描かれる。ピエトロ・ジェルミとアルフレード・ジャンネッティの共同になる原案を、ピエトロ・ジェルミ、アルフレード・ジャンネッティ、レオ・ベンヴェヌーティ、ピエロ・デ・ベルナルディの四人が共同で脚本化している。撮影は「鉄道員」のレオニダ・バルボーニ。音楽をカルロ・ルスティケリが担当している。出演者は「鉄道員」のキャスト、ピエトロ・ジェルミ自身をはじめ、ルイザ・デラ・ノーチェ、エドアルド・ネヴォラ少年、サーロ・ウルツィ等。それに新しくフランカ・ベットーヤが主要な役を演じて登場する。製作フランコ・クリスタルディ。

    ネット上の声

    • ピエトルジェルミ、わらの恋
    • そこで体温を計らないで~
    • 役者としてのジェルミ
    • まさに これぞ名画
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国イタリア
    • 時間108分
    • 監督ピエトロ・ジェルミ
    • 主演ピエトロ・ジェルミ
  44. 群衆の中の一つの顔
    • C
    • 3.46
    一介の浮浪者が全米一のテレビ・スターにのり上がり大衆を罵倒したことから忽ち転落するというハードボイルドな物語。「ベビイドール」のエリア・カザンが「ビイドール」のエリア・カザンが「殴られる男」のライター、バッド・シュールバーグの原作・脚本を得て監督した。このコンビは、「波止場」以来のもので、ここでもアメリカ社会を痛烈に批判する。撮影監督は「野郎どもと女たち」のハリー・ストラドリング、作曲はトム・グレーザー。主演はブロードウェイのヒット作「ノー・タイム・フォア・サージャント」の主役をつとめた31歳のアンディ・グリフィス、「地球の静止する日」のパトリシア・ニール。これを助けてブロードウェイの劇「帽子一杯の雨」(「夜を逃れて」の原作)出演のアンソニー・フランシオサ、ミス・フロリダ出身のリー・レミック、「赤い砦」のウォルター・マッソーらが出演。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国アメリカ
    • 時間126分
    • 監督エリア・カザン
    • 主演パトリシア・ニール
  45. エリザベート3 運命の歳月
    • C
    • 3.43

    ネット上の声

    • 結核と闘うシシー
    • ハンガリー
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国オーストリア
    • 時間104分
    • 監督エルンスト・マリシュカ
    • 主演ロミー・シュナイダー
  46. いとはん物語
    • C
    • 3.43
    北条秀司の名古屋おどり“いとはん”より、「あこがれの練習船」の成澤昌茂が脚色、大映決入社第一回の伊藤大輔が久方ぶりに監督する文芸篇。撮影は「午後8時13分」の高橋通夫。アグファカラーの第二作。主な出演者は、「八月十五夜の茶屋」の京マチ子、「眠狂四郎無頼控」の鶴田浩二、「四十八歳の抵抗」の小野道子、「誰かが殺される」の矢島ひろ子、「高校生と殺人犯」の市川和子、「母白雪」の入江洋佑、「リンゴ村から」の梅若正義、「愛の海峡」の鶴見丈二、ほかに東山千栄子、加東大介、浦辺粂子のヴェテラン陣。

    ネット上の声

    • 幸せな長女
    • 昔とハイカラが混じっている大正の大阪
    • メイクでこんなにも。。。。
    • 庭の千草も虫の音も♪
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国日本
    • 時間83分
    • 監督伊藤大輔
    • 主演鶴田浩二
  47. めぐり逢い
    • C
    • 3.43
    ケイリー・グラントとデボラ・カーが共演し、運命的な恋に落ちた男女のすれ違いの行方を描いた名作ラブストーリー。1939年の映画「邂逅(めぐりあい)」を、同作の監督を務めたレオ・マッケリー自らのメガホンでリメイクした。プレイボーイとして名を馳せるニッキーは、ニューヨークへ向かう豪華客船で魅力的な女性テリーと出会う。ニッキーとテリーは船内で何度も出くわすうちに親しくなり、次第に惹かれ合っていくが、2人にはそれぞれ婚約者がいた。ニューヨークに着く頃には互いにかけがえのない存在となった2人は、6カ月後にエンパイアステートビルで再会することを約束して別れるが……。

    ネット上の声

    • エンパイア・ステートビルには泣かされる。
    • 3作も作られた不朽のラブ・ロマンス
    • 涙腺が、どうしてもゆるみます
    • 正統派 ラブ・ストーリー!
    船上、 恋愛
    • 製作年1957年
    • 製作国アメリカ
    • 時間115分
    • 監督レオ・マッケリー
    • 主演ケイリー・グラント
  48. 48

    枯葉

    枯葉
    • C
    • 3.40
    ドイツ自然主義文学の代表者ゲルハルト・ハウプトマンの舞台劇『ローゼ・ベルント』より舞台脚本家のウォルター・ウルブリッヒが現代風に脚色、東ドイツ出身のヴォルフガング・シュタウテが監督した女の一生物語。撮影は西ドイツのクラウス・フォン・ラウテンフェルト、音楽は戦前ウーファの「美の祭典 オリンピア第2部」などを担当したヘルバート・ヴィント。主演は「最後の橋」のマリア・シェル、「愛は惜しみなく」のラフ・ヴァローネ、他にケーテ・ゴールト、レオポルド・ビベルティなど。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国ドイツ
    • 時間100分
    • 監督ヴォルフガング・シュタウテ
    • 主演マリア・シェル
  49. 集金旅行
    • C
    • 3.40
    井伏鱒二の同名小説の映画化で、西日本のローカル・カラーを取入れて庶民生活の哀歓を描いたコメディ。「抱かれた花嫁」の共同脚本執筆者の一人、椎名利夫が脚色、「土砂降り」の中村登が監督した。撮影は「抱かれた花嫁」の生方敏夫。主演は「ただいま零匹」の佐田啓二、岡田茉莉子二人を中心に小林トシ子、花菱アチャコ、伊藤雄之助、トニー谷、市村俊幸、関千恵子、十朱久雄など。色彩はイーストマン松竹カラー。

    ネット上の声

    • 可愛い可愛い岡田茉莉子
    • 惜しい!名作
    • 見ていて途中でそうか、この二本立ては岡田茉莉子と北から南へ日本旅行を楽しめちゃう
    • 若い男女と小学生くらいのガキの3人旅行なんて男女の仲しいては家族のようになるはず
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国日本
    • 時間102分
    • 監督中村登
    • 主演佐田啓二
  50. 女殺し油地獄
    • C
    • 3.39
    近松門左衛門の世話浄瑠璃『女殺油地獄』の映画化。「どたんば」の橋本忍が脚色、「「元祿忠臣蔵・大石最後の一日」より 琴の爪」の堀川弘通が監督し、「危険な英雄」の中井朝一が撮影した。主演は「「元祿忠臣蔵・大石最後の一日」より 琴の爪」の中村扇雀、「どん底」の中村鴈治郎、「地上」の香川京子、「遥かなる男」の新珠三千代、「どん底」の三好栄子、それに藤乃高子、山茶花究。色彩はアグファカラー。1958年2月5日より全国公開。

    ネット上の声

    • 江戸時代のパンク?
    • 人形浄瑠璃とも歌舞伎とも違う
    • 江戸時代のミセスの美しさ!
    • 与兵衛の闇
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国日本
    • 時間99分
    • 監督堀川弘通
    • 主演中村扇雀
    • レンタル

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。