全50作品。1934年の映画ランキング

  1. アタラント号

    アタラント号
    評価:A3.81
    29歳の若さで夭逝しながら、フランス映画界の新人に与えられる賞にその名を残す伝説的な監督J・ヴィゴが、唯一残した長編作品。若き船長とその妻の新婚生活における歓喜と戸惑い、別れと再会を鮮烈なタッチで生き生きと描き出していく。全編に満ちあふれる、みずみずしい詩情を湛えた映像が素晴らしい。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1934
    製作国:フランス
    監督:ジャン・ヴィゴ
    主演:ディタ・パルロ
    1
  2. 或る夜の出来事

    或る夜の出来事
    評価:B3.68
    アカデミー賞(1935年・5部門)父親に結婚を反対されて家を飛び出した大富豪の娘エリーは、ニューヨーク行きのバスで失業中の新聞記者ピーターと出会う。最初は反発しあっていた2人だったが、旅を続けるうちにいつしか惹かれ合うようになり……。1934年度アカデミー賞の主要5部門(作品賞・監督賞・主演男優賞・主演女優賞・脚本賞)を独占したロマンティック・コメディの大傑作。監督のフランク・キャプラ、主演のクラーク・ゲイブルの出世作でもある。

    コメディ、恋愛

    ネット上の声

    キング・オブ・ハリウッドの主演男優賞作品
    行動力と知性とユーモアに溢れる紳士
    シンプルな映画作りに瑞々しい詩情
    暖かい白黒の質感と!優しい世界へ
    製作年:1934
    製作国:アメリカ
    監督:フランク・キャプラ
    主演:クラーク・ゲイブル
    2
  3. 別れの曲

    別れの曲
    評価:B3.62
    フレデリック・ショパン生誕200年を記念しリバイバル上映。『エチュード第3番ホ長調』が『別れの曲』と呼ばれる由来となった作品であり、ハンガリーの巨匠ゲツァ・フォン・ボルヴァリーが“ピアノの詩人“ショパンの若き日の愛と苦悩を描く創作伝記映画。主役のヴォルフガング・リーベンアイナーは、後に傑作映画『菩提樹』を監督した逸材。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    芳しい上品さはあったような…
    素敵な映画です。
    70年以上前の恋のエチュード
    製作年:1934
    製作国:フランス/ドイツ
    監督:ゲツァ・フォン・ボルヴァリー
    主演:ジャン・セルヴェ
    3
  4. 浮草物語

    浮草物語
    評価:C3.45
    池田忠雄=小津安二郎の名コンビによる人情ものの傑作。ドサ回りの一座の座長・喜八は、昔の女がいる田舎町に興行に行く。女には、喜八の子供がいて、立派に成長し、喜八をおじさんだと思い込まされている。一座の看板女優で、喜八の情婦でもある女は、昔の喜八の女に嫉妬して、妹分の女優に喜八の息子を誘惑するようにしむける。騒動が起こり、息子はおじさんだと思っていた喜八が実の父だと知ってしまう……。坂本武を主人公にしたいわゆる“喜八“ものの一作で、旅一座の哀感と、人々の細やかな心情とを小津安二郎ならではの淡々とした空間に描いた。1959年に小津自身が自ら「浮草」という題名でリメイクしている。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1934
    製作国:日本
    監督:小津安二郎
    主演:坂本武
    4
  5. コンチネンタル

    コンチネンタル
    評価:C3.38
    アカデミー賞(1935年)1932~33年にニューヨークで、1933~34年にロンドンで好評を得たドワイト・テイラー作のミュージカル・コメディー「陽気な離婚」の映画化で、脚色には「ラジオは笑う」「その夜」の小ジョージ・マリオン・ジュニアと「ふるさとの唄」のドロシ・ヨーストが共同し、監督には「メリケン万歳爆走の巻」「レヴュー艦隊」のマーク・サンドリッチが当たった。主役は「空中レヴュー時代」に出演したフレッド・アステアたジンジャー・ロジャースのチームで「坊やが盗まれた」「紐育・ブロードウェイ」のアリス・ブラディ、「生活の設計」「恋の手ほどき(1933)」のエドワード・エヴァレット・ホートンが共演するほか、エリック・ローズ…

    ミュージカル、文芸・史劇

    ネット上の声

    30年代のハリウッド映画は、この底力!
    格別の魅力を持つ二人のダンス
    無邪気な初共演作
    ポールが好きなアステア
    製作年:1934
    製作国:アメリカ
    監督:マーク・サンドリッチ
    主演:フレッド・アステア
    5
  6. クレオパトラ

    クレオパトラ
    評価:C3.33
    アカデミー賞(1935年・撮影賞)セシル・B・デミルが「新世紀」「恐怖の四人」に次いで監督製作した映画で、「喇叭は響く」「恐怖の四人」の脚色者バートレット・コーマックが史実に取材して組立てた物語で「路傍」「夜毎来る女」のヴィンセント・ローレンスと「坊やはお休み」「暴君ネロ(1932)」のウォルデマー・ヤングが共同脚色したもの。主役は「暴君ネロ(1932)」「或夜の出来事」のクローデット・コルベールが勤め、「一日だけの淑女」のウォーレン・ウィリアム、英国劇壇から招聘されたヘンリー・ウィルコクスンが共演するほか、「絢爛たる殺人」のガートルード・マイケル、「薫る河風」のジョセフ・シルドクラウト「クリスチナ女王」のアイアン・キース及…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    水着の女王?さよなら・さよなら・サヨナラ
    「或る夜の出来事」と同年の作品(驚)!
    製作年:1934
    製作国:アメリカ
    監督:セシル・B・デミル
    主演:クローデット・コルベール
    6
  7. メリィ・ウィドウ

    メリィ・ウィドウ
    評価:D3.23
    アカデミー賞(1935年・美術賞)『ラヴ・パレード』のモーリス・シュヴァリエとジャネット・マクドナルド主演、エルンスト・ルビッチ監督によるミュージカル。大富豪の未亡人とプレイボーイ伯爵との恋の駆け引きを洒脱な演出と美しい音楽の中に描く。
    ※全編モノクロです。


    恋愛

    ネット上の声

    期待はずれ
    奇跡のように完璧
    製作年:1934
    製作国:アメリカ
    監督:エルンスト・ルビッチ
    主演:モーリス・シュヴァリエ
    7
  8. アラン

    アラン
    評価:D3.15


    ドキュメンタリー
    製作年:1934
    製作国:イギリス
    監督:ロバート・J・フラハティ
    主演:コールマン・キング
    8
  9. 特急二十世紀

    特急二十世紀
    評価:D3.06
    自称"ブロードウェイの鬼才"の舞台演出家ジャフィーは無名の大根役者を新人女優"リリー・ガーランド"に仕立て上げ、大成功を収める。だがリリーはジャフィーの干渉と束縛に耐えかね、ハリウッドへと去ってしまう。リリーを失ったジャフィーは半狂乱になるが……。ホークスにとっての全面的なトーキー喜劇映画で、彼独特のスクリューボール・コメディの特徴が既に現れている。

    ヒューマンドラマ、コメディ
    製作年:1934
    製作国:アメリカ
    監督:ハワード・ホークス
    主演:ジョン・バリモア
    9
  10. 暗殺者の家

    暗殺者の家
    評価:D2.96
     娘を誘拐された夫婦の苦悩を、ヒッチコックならではのユーモアとサスペンス仕立てで描いた作品。休暇で娘とスイスを訪れたローレンス夫妻はフランス人のルイと親しくなるが、直後彼は殺害されてしまう。瀕死のルイから国家機密を聞かされた一家は、口封じのため新たなターゲットにされる。息つく間もない展開や妻のジルが射撃の腕前を披露する伏線など、クライマックスへの期待が否が応でも高まる。22年後、「知りすぎていた男」のタイトルで監督自らリメイクしている。

    サスペンス

    ネット上の声

    「知りすぎていた男」で22年後再映画化!
    20年後の成長具合が感じられる
    いまいち、苦手かな・・・
    「知りすぎていた男」の元
    製作年:1934
    製作国:イギリス
    監督:アルフレッド・ヒッチコック
    主演:レスリー・バンクス
    10
  11. 麦秋(むぎのあき)

    麦秋(むぎのあき)
    評価:E0.00
    「南風」「シナラ」の監督者キング・ヴィダーが独立製作した映画で、自ら原作監督に当たったもの。脚色にはエリザベス・ヒルが任じ、「断崖の砲火」「素晴らしき人生」のロバート・ブランクが撮影を担当した。主演は「肉鎧」「暗黒街の顔役(1932)」のカレン・モーリー及び「熱血撮影隊」「ロッキーの彼方」のトム・キーンで、「ストリート・シーン」のジョン・T・クウェーレン、「僕はカウボーイ」のアディスン・リチャーズ、ジョージ・ホワイトのレヴューに出演していたバーバラ・ペッパー等が助演している。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1934
    製作国:アメリカ
    監督:キング・ヴィダー
    主演:カレン・モーリイ
    11
  12. ミモザ館

    ミモザ館
    評価:E0.00
    「外人部隊(1933)」に次ぐジャック・フェーデの監督作品で、シナリオと台詞も前作と同じくフェーデがシャルル・スパークと協力して書いたものである。主役は「外人部隊(1933)」「母性の秘密」のフランソワーズ・ロゼーで、舞台から来たポール・ベルナール、同じくアレルム、それからコメディー・フランセーズ座のリーズ・ドラマールがそれを助けて重要な役を勤めるほか舞台から来たジャン・マックス、ポール・アザイス、アルレッティ、「乙女の湖」のイラ・メエリー、「最後の億万長者」のレイモン・コルディ、子役のベルナール・オプタル、等も出演している。撮影はロジェ・ユベール、装置はラザール・メールソンの担任である。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    母になりきれなかった女の悲劇
    お願いします(´;ω;`)
    何をどう書けばよいのか
    製作年:1934
    製作国:フランス
    監督:ジャック・フェデー
    主演:フランソワーズ・ロゼー
    12
  13. 痴人の愛

    痴人の愛
    評価:E0.00
    「秘密」「永遠に微笑む」のレスリー・ハワードが主演する映画で、「雨」の作者サマーセット・モーム作の小説を「人生の行路」「砂上の摩天楼」のレスター・コーエンが脚色し、「砂上の摩天楼」「世界と其の男」のジョン・クロムウェルが監督し「若草物語(1933)」「猟奇島」のヘンリー・ジェラードが撮影した。助演者は「失踪者三万人」「舗道の三人女」のベティ・デイヴィス、「若草物語(1933)」のフランセス・ディー、「狂乱のアメリカ」のケイ・ジョンスン、「肉弾鬼中隊」のレジナルド・デニー及びアラン・ヘール、レジノルド・オウエン、レジナルド・シェフィールド等である。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    こりゃしょうがないです
    「イヴの総て」のベティ・デイヴィス出世作
    「ベティ・ディヴィスの瞳」に乾杯!
    人生の真理は時に...。
    製作年:1934
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・クロムウェル
    主演:ベティ・デイヴィス
    13
  14. 隣の八重ちゃん

    隣の八重ちゃん
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ
    製作年:1934
    製作国:日本
    監督:島津保次郎
    主演:逢初夢子
    14
  15. 商船テナシチー

    商船テナシチー
    評価:E0.00
    1920年発表の、日本を含めて世界中で上演され好評を博した戯曲をもとに、原作者自身とデュヴィヴィエ監督の二人が映画化にあたって台詞や動作を書き改めた。現実への順応が結局は人生を切り開いていくというのが主題の人間ドラマ。パリの失業者バスチアンとセガールはカナダ移住を決意してアーブル港へやって来た。船を待つ何日かの間に宿の女中テレーズに恋をするセガール。だが、ふとしたことからバスチアンとテレーズが結ばれてしまい、二人はフランスで新しく人生をやり直すとセガールに置き手紙をして港を去る。残されたセガールはもともとカナダ行きにそれほど熱心ではなかったのだが、二人が去ったあと心から自分の人生を切り開いて…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    デュヴィヴィエの分かれ道
    デュヴィヴィエの若き頃
    アレベール・プレジャン
    製作年:1934
    製作国:フランス
    監督:ジュリアン・デュヴィヴィエ
    主演:アルベール・プレジャン
    15
  16. ムンクブローの伯爵

    ムンクブローの伯爵
    評価:E0.00
    アカデミー賞女優イングリッド・バーグマン初期出演作!舞台は下町のとある長期滞在用の宿屋。ある日、警察の目を気にする挙動不審の男が身一つで部屋を借りた。住人のエルザは、彼が警察から逃れて彼女の部屋に逃げ込んだことが縁で彼と親しくなる。彼はいったい何者なのだろうか?

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    混沌とした時代に、町人達の幸福とは?
    なかなかよいのでは
    スウェーデン時代
    製作年:1934
    製作国:スウェーデン
    監督:エドヴィン・アドルフソン
    主演:イングリッド・バーグマン
    16
  17. 模倣の人生

    模倣の人生
    評価:E0.00
    「裏町」「昨日」に次ぐジョン・M・スタール監督作品で「裏町」「六百万交響楽」のファニー・ハースト作の小説を「青い部屋」のウィリアム・ハールバットが脚色したもの。主演者は「クレオパトラ(1934)」「或る夜の出来事」のクローデット・コルベールで、「クレオパトラ(1934)」「一日だけの淑女」のウォーレン・ウィリアムを始め、「奈落の青空」「家なき少年群」のロチェル・ハドソン、「虹の都へ」「一日だけの淑女」のネッド・スパークス、「爆弾の頬紅」「舗道」のルイス・ビーヴァース、ユ社が売出しの新小女優ベビー・ジェーン、「第三階段」「痴人の愛」のアラン・ヘール、その他が助演している。撮影は「昨日」「青白い瞼」のメリット・B・ガースタッドが担任した。
    製作年:1934
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・M・スタール
    主演:クローデット・コルベール
    17
  18. 濁流

    濁流
    評価:E0.00
    「キャバレエの鍵穴」と同じくローウェル・シャーマンが監督に当たった20世紀映画で「死の航空路」のラルフ・グレイヴスが自らの原作を潤色して台詞を書き、マリスン・ジェコブスが脚色したもの。主演者は「ロスチャイルド」「キャラバン」のロレッタ・ヤングと、「三日姫君」「接吻とお化粧」のケーリー・グラントで、子役ジャッキー・ケルク「ウィーンの再会」「舗道の雨」のヘンリー・トラヴァース「白衣の騎士」のラッセル・ホプトン、「乾杯の唄」のハリー・ブリーン、アンドリュー・トームス、マリオン・バーンズ、ポール・ハーヴェイ等が助演している。撮影は「キャバレエの鍵穴」「バワリイ」のバーニー・マクギルの担当。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    心温まる話
    製作年:1934
    製作国:アメリカ
    監督:ローウェル・シャーマン
    主演:ロレッタ・ヤング
    18
  19. 肉弾鬼中隊

    肉弾鬼中隊
    評価:E0.00
    「戦争と母性」「肉体」のジョン・フォードが監督に当たった映画で、フィリップ・マクドナルド作の実話小説「偵察隊」に基づいて、「ニューヨークの仇討ち」「七万人の目撃者」のギャレット・フォートが改作、「西部の渡り鳥」のダドリー・ニコルズが脚色した。撮影は「キートンの麦酒王」「快走艇」のハロルド・ウェンストロムの担当である。主役は「武装ラグビー」「藪睨み武勇伝」のヴィクター・マクラグレンで、「ミイラ再生」「魔の家(1932)」のボリス・カーロフ、「三角の月」「ビッグ・ゲージ」のウォーレス・フォード、「昨日」「カイロの一夜」のレジノルド・デニー、「流れる青空」のJ・M・ケリガン、「青白い瞼」のダグラス…

    ヒューマンドラマ、アクション、戦争

    ネット上の声

    水に招かれて
    製作年:1934
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・フォード
    主演:ヴィクター・マクラグレン
    19
  20. 恋のページェント

    恋のページェント
    評価:E0.00
    「恋の凱歌」に次ぐマルシーネ・ディートリッヒ主演映画で「ブロンド・ヴィナス」「上海特急」のジョセフ・フォン・スタンバーグが監督したもの。マムエル・コムロフ編集のカテリナ二世の日記を素材として脚色したものでフォン・スタンバーグが脚色に当たった。撮影は「ブロンド・ヴィナス」「勝利の朝」のバート・グレノンの担当である。助演は「若草物語(1933)」のジョン・デイヴィス・ロッジ、「復活(1934)」のサム・ジャッフェ、「ゆりかごの唄」のルイズ・ドレッサー、「クレオパトラ(1934)」のC・オーブリー・スミス、「紅蘭」のルーセルマ・スティーヴンス、「風雲の支那」のギャヴィン・ゴードンその他である。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1934
    製作国:アメリカ
    監督:ジョセフ・フォン・スタンバーグ
    主演:マレーネ・ディートリッヒ
    20
  21. たそがれの維納(ウィーン)

    たそがれの維納(ウィーン)
    評価:E0.00
    製作年:1934
    製作国:オーストリア
    監督:ヴィリ・フォルスト
    主演:アントン・ウォルブルック
    21
  22. 春の調べ

    春の調べ
    評価:E0.00
    性の解放をテーマにし、全裸の女性が登場することから当時は世界的なセンセーションを巻き起こし、様々な検閲を受けることになった問題作。新婚の花嫁エバは夫に不満を感じ、実家に逃げ帰る。そこである青年と関係を持つようになってしまったが、ふとしたことからそれが夫に知られてしまう……。ビデオは67分の短編版。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    思春期のエロス
    性と馬
    映画資料として価値ある当時の意欲作
    製作年:1934
    製作国:チェコ
    監督:グスタフ・マハティ
    主演:ヘディ・キースラー
    22
  23. 最後の億萬長者

    最後の億萬長者
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ
    製作年:1934
    製作国:フランス
    監督:ルネ・クレール
    主演:マックス・デアリー
    23
  24. レーニンの三つの歌

    レーニンの三つの歌
    評価:E0.00
    製作年:1934
    製作国:ソ連
    監督:ジガ・ヴェルトフ
    24
  25. スペイン狂想曲

    スペイン狂想曲
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ディートリッヒが好きな方には
    名コンビ最後の華
    製作年:1934
    製作国:アメリカ
    監督:ジョセフ・フォン・スタンバーグ
    主演:マレーネ・ディートリッヒ
    25
  26. 限りなき舗道

    限りなき舗道
    評価:E0.00

    ネット上の声

    幸福はどこにあるの?
    一部納得がいかない
    製作年:1934
    製作国:日本
    監督:成瀬巳喜男
    主演:忍節子
    26
  27. 嵐の三色旗

    嵐の三色旗
    評価:E0.00
    「孤児ダビド物語」と同じくデイヴィッド・O・セルズニックが製作したチャールズ・ディケンズ名作の映画化で、「モンテカルロの銀行破り」「戦う巨象」のレナルド・コールマンが主演するもの。脚色には「噫無常」「戦う巨象」のW・P・リプスコームと「風来坊」「クリスチナ女王」のS・N・ベールマンが協力し「ギャングの花嫁」「わたし純なのよ」のジャック・コンウェイが監督にあたり、「孤児ダビド物語」「男子牽制」のオリヴァー・T・マーシュが撮影した。助演者は「孤児ダビド物語」に共演したエリザベス・アラン、エドナ・メイ・オリヴァー及びバジル・ラスボーン、映画初出演の舞台女優ブランシュ・ヤーカ、「野性の叫び(1935)」のレジナルド・オーウェン、「いとしのアデリン」のドナルド・ウッズ、「オペラ・ハット」のウォルター・カトレット、ヘンリー・B・ウォルソール、フリッツ・ライバー、H・B・ワーナー、イザベル・ジュウェル等

    ヒューマンドラマ
    製作年:1934
    製作国:アメリカ
    監督:ジャック・コンウェイ
    主演:ロナルド・コールマン
    27
  28. リリオム

    リリオム
    評価:E0.00
    フェレンク・モルナールの名作戯曲の映画化で、「白い友情」「心の傷手」のシャルル・ボワイエが主演するもの。脚色には「ワルツ合戦」のロベルト・リープマンが当たり、劇作家ベルナール・ジンメルが台詞を書き、「怪人マブゼ博士(1932)」「M」のフリッツ・ラングが監督し「最後の億万長者」のルドルフ・マテが「沐浴」のルイ・ネと協力撮影した。音楽は「不景気さよなら」のジャン・ルノワールとフランツ・ワックスマンが夫々作曲・編曲し、セットはポール・コランが担当した。助演者は、「アトランティド」「フランス日和」のフローレル、「父帰らず」のピエール・アルコヴェー、新人マドレーヌ・オーズレー、「沐浴」のアレクサンダー・リニョオ、「黄色の部屋」のローラン・トゥータン、ロベール・アルヌー、アンリ・リシャール、マクシミリエンヌ、バランセー等である。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1934
    製作国:フランス
    監督:フリッツ・ラング
    主演:シャルル・ボワイエ
    28
  29. 彩られし女性

    彩られし女性
    評価:E0.00
    「クリスチナ女王」に次ぐグレタ・ガルボ主演映画で、「雨」「痴人の愛」と同じくW・サマセット・モーム作の小説の映画化。脚色には「蛍の光」のジョン・ミーハン、「クリスチナ女王」のザルカ・フィアテル、「今日限りの命」のエディス・フィッツジェラルドが協力し、「噫無情」「白衣の騎士」のリチャード・ボレスラウスキーが監督に当たり、「クリスチナ女王」「白い蘭」のウィリアム・ダニエルスが撮影している。ガルボを助けて「台風」「旅客機の怪盗」のハーバート・マーシャルと「最初の接吻」「紅唇罪あり」のジョージ・ブレントとを始め、「白衣の騎士」のジーン・ハーショルト、「南風の恋歌」のワーナー・オーランド、「白い蘭」の…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    2006年のリメイクのほうをおすすめ
    重要なものは何か
    製作年:1934
    製作国:アメリカ
    監督:リチャード・ボレスラウスキー
    主演:グレタ・ガルボ
    29
  30. 其の夜の真心

    其の夜の真心
    評価:E0.00
    名馬ブロードウェイ・ビルを取りまく競馬の世界の人々を描いたコメディ・ドラマ。大富豪ヒギンズ家の娘婿ダンは、一家の当主と衝突し、愛馬ブロードウェイ・ビルを連れて家を飛び出す。彼は仲間と共にブロードウェイ・ビルを競走馬として育てあげ、大規模なダービーに出走させるためにあの手この手で奮闘するが……。監督は「或る夜の出来事」のフランク・キャプラ。彼は後に本作を「恋は青空の下」というタイトルで自らリメイクしている。
    製作年:1934
    製作国:アメリカ
    監督:フランク・キャプラ
    主演:ワーナー・バクスター
    30
  31. はだかの女王

    はだかの女王
    評価:E0.00
    フランスのレヴュウ界の大立物であり黒人の踊り手として歌姫として世界的に名の高いジョゼフィン・ベーカーのトーキー第一回作品で、G・アバチノの原作をカルロ・リムが脚色並びに台詞づけ、「家なき児(1935)」「乙女の湖」のマルク・アレグレが監督に当たった映画。相手役は「上から下まで」のジャン・ギャバンで、その他、新人イヴェット・ルボン、「乙女の湖」のイラ・メエリー、「別れの曲」「泣き笑い千法札」のマルセル・ヴァレ、「外人部隊(1933)」のピエール・ラルケ、ピエール・パロー、等が助演している。撮影はミシェル・ケルベがルイ・ネの協力を得て担任し、作曲はジョルジュ・ヴァン・パリス、ヴァンサン・スコット、アル・ロマンの三人が分担し、そして舞踊振付は「泣き笑い千法札」のフロイド・デュポンが行った。
    製作年:1934
    製作国:フランス
    監督:マルク・アレグレ
    主演:ジョセフィン・ベイカー
    31
  32. 紅はこべ

    紅はこべ
    評価:E0.00
    製作年:1934
    製作国:イギリス
    監督:ハロルド・M・ヤング
    主演:レスリー・ハワード
    32
  33. ターザンの復讐

    ターザンの復讐
    評価:E0.00
    製作年:1934
    製作国:アメリカ
    監督:セドリック・ギボンズ
    主演:ジョニー・ワイズミュラー
    33
  34. ナポレオン

    ナポレオン
    評価:E0.00

    ネット上の声

    サイレント期フランスの傑作
    製作年:1934
    製作国:フランス
    監督:アベル・ガンス
    主演:アルベール・デュードネ
    34
  35. 母を恋はずや

    母を恋はずや
    評価:E0.00
    血のつながらない母と息子の複雑な思いを丁寧な筆致で描いたサイレント感動ドラマ

    ヒューマンドラマ
    製作年:1934
    製作国:日本
    監督:小津安二郎
    主演:岩田祐吉
    35
  36. 幸福

    幸福
    評価:E0.00
    製作年:1934
    製作国:ソ連
    監督:アレクサンドル・メドヴェトキン
    36
  37. ドン・ファン

    ドン・ファン
    評価:E0.00
    アレクサンダー・コルダが主催するロンドン・フィルム社作品として我国にもたらされた最初の映画。アンリ・バタイユ作の短編に基きフレデリック・ロンスデールとラヨス・ビロが協力して書卸し、監督にはコルダ自ら当っている。主役は「ロビンソン・クルーソー」以来のダグラス・フェアバンクスが勤め、コルダに発見されたマール・オベロン、「婦人に御給仕」「明日の太陽」のベニタ・ヒューム、マール・オーベロンと共に「ヘンリー八世」に出演したビニー・バーンズ、ジョーン・ガードナー、「永遠の緑」のバリー・マッケイ、メルヴィル・グーパーその他欧州映画界では名を知られた連中が助演している。撮影は「パリ祭」「自由を我等に」のジョルジュ・ペリナール、装置はヴィンセント・コルダが担当。なおアーサー・ウィンペリス作詞、ミッシャ・スポリアンスキー作曲の『ドン・ファン・セレナーデ』が歌われる。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1934
    製作国:イギリス
    監督:アレクサンダー・コルダ
    主演:ベニタ・ヒューム
    37
  38. 戦ふ幌馬車

    戦ふ幌馬車
    評価:E0.00
    製作年:1934
    製作国:アメリカ
    監督:チャールズ・T・バートン
    主演:ランドルフ・スコット
    38
  39. 復活

    復活
    評価:E0.00
    「恋の凱歌」「クリスチナ女王」につぐルーベン・マムーリアンの監督作品で、レオ・トルストイの名著を映画化したもの。脚色には「力と栄光」のプレストン・スタージェス、「雨」のマクスウェル・アンダーソン、「花嫁は泣きました」のレナーデ・プラキンスの3人が協力して参興した。主演者は「女優ナナ」のアンナ・ステンと「明日無き抱擁」「生活の設計」のフレドリック・マーチとの2人で、「恋のページェント」のサム・ジャッフェ、「クレオパトラ(1934)」のC・オーブリー・スミス、英国の舞台女優ジェーン・バクスター、それからジェシー・ラルフ、エセル・グリフィス、グウェンドリン・ローガン、等が助演している。撮影は「ローマ太平記」「仮面の男(1933)」と同じくグレッグ・トーランドの担任。
    製作年:1934
    製作国:アメリカ
    監督:ルーベン・マムーリアン
    主演:フレデリック・マーチ
    39
  40. 嬉しい娘

    嬉しい娘
    評価:E0.00

    ネット上の声

    ラヂオ体操だいいちー
    製作年:1934
    製作国:日本
    監督:千葉泰樹
    主演:杉狂児
    40
  41. 黒猫

    黒猫
    評価:E0.00
    「フランケンシュタイン(1931)」「ミイラ再生」のボリス・カーロフと「モルグ街の殺人」「恐怖の夜」のベラ・ルゴシが共演する怪奇劇で、美術監督から昇進したエドガー・G・ウルマーが第1回作品として監督にあたった者である。エドガー・アラン・ポーの名作からヒントを得て監督者ウルマーがピーター・ルーリックと共同して書き下ろした脚本であるから原作とは甚だ相違がある。助演者は「ミイラ再生」のデイヴィッド・マナース、「国境隊」のジャクソン・ウェルズ、「土曜日の大観衆」のルシル・ランド、「最後の一人まで(1933)」のエゴン・ブレッチャー、「戦線の嵐」のハリー・コーディング等で、撮影は「摩天楼の悲劇」のジョン・J・メスコールが担当している。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1934
    製作国:アメリカ
    監督:エドガー・G・ウルマー
    主演:ボリス・カーロフ
    41
  42. 男の世界

    男の世界
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1935年)

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    パブリックエネミーズを観た方には
    政治の裏のメロドラマ
    製作年:1934
    製作国:アメリカ
    監督:W・S・ヴァン・ダイク二世
    主演:クラーク・ゲイブル
    42
  43. モンブランの王者

    モンブランの王者
    評価:E0.00
    「死の銀嶺」「モンブランの嵐」「白銀の乱舞」等と同じく山岳映画の権威アーノルト・ファンクが監督した映画で、脚本もファンク自身がカール・ツィアクの史実小説『パッカール対バルマ』に基いて書き卸した。撮影には「SOS氷山」「白銀の乱舞」のリヒャルト・アングストと「白銀の乱舞」のクルト・ノイバートとが協力して当り、音楽は「青の光」「銀嶺征服」のジュゼッペ・ベッチェが担当した。主役は「SOS氷山」「モンブランの嵐」のゼップ・リストで、新人ブリギッテ・ホルナイが対手役を勤め、その他、「第二の人生」のエドゥアルト・フォン・ヴィンターシュタイン、「銀界縦走」のワルター・リムル、エルンスト・ナンセン、クラウス・ポール、エルンスト・デュムケ、等が助演している。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1934
    製作国:オーストリア
    監督:アーノルド・ファンク
    主演:ゼップ・リスト
    43
  44. 影なき男

    影なき男
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ
    製作年:1934
    製作国:アメリカ
    監督:W・S・ヴァン・ダイク二世
    主演:ウィリアム・パウエル
    44
  45. 無法辺境地帯

    無法辺境地帯
    評価:E0.00

    ネット上の声

    ジョン・ウェインの“スケルトン”!
    製作年:1934
    製作国:アメリカ
    監督:R・N・ブラッドベリ
    主演:ジョン・ウェイン
    45
  46. 雲霞閻魔帳 後篇 流星

    雲霞閻魔帳 後篇 流星
    評価:E0.00
    製作年:1934
    製作国:日本
    監督:晩孔秀
    主演:阪東妻三郎
    46
  47. 罪ぢゃないわよ

    罪ぢゃないわよ
    評価:E0.00
    製作年:1934
    製作国:アメリカ
    監督:レオ・マッケリー
    主演:メエ・ウェスト
    47
  48. 厳窟王

    厳窟王
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ、アクション、アドベンチャー(冒険)
    製作年:1934
    製作国:アメリカ
    監督:ローランド・V・リー
    主演:ロバート・ドーナット
    48
  49. 金環蝕

    金環蝕
    評価:E0.00
    製作年:1934
    製作国:日本
    監督:清水宏
    主演:藤井貢
    49
  50. 孔雀

    孔雀
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ
    製作年:1934
    製作国:アメリカ
    主演:アン・ミラー
    50

スポンサードリンク