スポンサーリンクあり

映画「道」のランキング情報

B
3.86
評価数:14352
道
製作
1954年 イタリア
時間
115分
監督
フェデリコ・フェリーニ
出演
アンソニー・クインジュリエッタ・マシーナリチャード・ベースハート
種類
知的障害不幸な結末のバッドエンド
イタリアの巨匠フェデリコ・フェリーニの代表作のひとつで、旅回りの芸人たちの悲哀を描き、第29回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞した古典的名作。貧しい家庭に生まれ育った知的障害の女性ジェルソミーナは力自慢の大道芸人ザンパノに買われ、彼の助手として旅回りに出る。粗暴で女好きなザンパノに嫌気が差したジェルソミーナは彼のもとから逃げ出すが、捕まって連れ戻されてしまう。そんなある日、2人はサーカス団と合流することになり、ジェルソミーナは綱渡りの陽気な青年と親しくなる。青年の言葉に励まされ、ザンパノのもとで生きていくことを決意するジェルソミーナだったが……。「アラビアのロレンス」のアンソニー・クインがザンパノ、フェリーニ監督の公私にわたるパートナーであるジュリエッタ・マシーナがジェルソミーナを演じた。1954年製作で日本では57年に劇場初公開。2020年、フェリーニ生誕100年を記念した「生誕100年フェデリコ・フェリーニ映画祭」(2020年7月31日~8月20日=東京・YEBISU GARDEN CINEMAほか)でも上映。

「道」のランキング情報

1954年
第10位(544件中)
洋画
第2554位(39362件中)
イタリア
第131位(2394件中)
1950年代
第134位(13195件中)
Amazonレンタル視聴
第1431位(16912件中)
不幸な結末のバッドエンド
第7位(19件中)
知的障害
第8位(15件中)
第29回アカデミー賞(1957年開催)
第2位(15件中)
第22回ニューヨーク映画批評家協会賞(1956年開催)
第1位(5件中)
フェデリコ・フェリーニ監督が制作
第5位(20件中)
アンソニー・クインが出演
第2位(57件中)
ジュリエッタ・マシーナが出演
第2位(9件中)
リチャード・ベースハートが出演
第2位(18件中)

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。