全50作品。1960年代のヒューマンドラマ映画ランキング

  1. その場所に女ありて

    その場所に女ありて
    評価:S4.30
     升田商二と鈴木英夫によるオリジナル脚本を、主演に司葉子を迎え鈴木英夫が監督した。1960年代に男性社会で活躍するキャリア・ウーマンの姿を描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    口説くつもりなら、もう少し…。
    ホラーテイスト
    傑作
    製作年:1962
    製作国:日本
    監督:鈴木英夫
    主演:司葉子
    1
  2. 母の旅路

    母の旅路
    評価:S4.28


    ヒューマンドラマ
    製作年:1965
    製作国:アメリカ
    監督:デヴィッド・ローウェル・リッチ
    主演:ラナ・ターナー
    2
  3. 愛すれど心さびしく

    愛すれど心さびしく
    評価:S4.24
    ニューヨーク映画批評家協会賞(1968年)ひたすら恋人の幸せをねがい、ひとりぼっちの愛に生きる… やわらかな情感をたたえる永遠に清らかな愛の世界! 病院に入院した友人、スピロスの近くにいようとジョージア州の小さな町に越してきた聾唖の彫金師シンガー(A・アーキン)。下宿先の娘ミック(S・ロック)は、音楽の道に進みたいと望んでいるが腰を悪くした父親の収入が少ないため、レコードを聞くこともできない。ある日シンガーは壁に頭を打ち付け、昏倒していた流れ者の酔っ払いブライアント(S・キーチ)を部屋に泊めてやる。ブライアントを治療した黒人医師のコー…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    なぜか印象に残った
    DVD化するべき名画☆
    アラン・アーキン
    やるせない映画
    製作年:1968
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・エリス・ミラー
    主演:アラン・アーキン
    3
  4. サウンド・オブ・ミュージック

    サウンド・オブ・ミュージック
    評価:S4.17
    アカデミー賞(1966年・5部門)リチャード・ロジャース作曲&オスカー・ハマースタイン2世作詞によるブロードウェイミュージカルを、「ウエスト・サイド物語」のロバート・ワイズ監督により映画化。1938年、オーストリア・ザルツブルグ。古風で厳格な教育方針のトラップ家に家庭教師としてやってきた修道女マリアは、子どもたちに音楽や歌うことの素晴らしさを伝えていこうとするが、子どもたちの父親であるトラップ大佐とは事あるごとに衝突してしまう。やがて、自分がトラップ大佐にひかれていることに気付いたマリアだったが、そんな折、トラップ大佐は再婚が決まってしまう。「ドレミの歌」「私のお気に入り」「エーデルワイス」など劇中で歌われる名曲の数々ととも…

    ヒューマンドラマ、ミュージカル、シスター

    ネット上の声

    何度観ても感動する。親子三世代で楽しめる最高の映画。
    エーデルワイスとラマルセイエーズを持つ国
    映画・音楽・人生 イズ ビューティフル
    ミュージカルというジャンルを超えた映画
    製作年:1964
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・ワイズ
    主演:ジュリー・アンドリュース
    4
  5. 競輪上人行状記

    競輪上人行状記
    評価:S4.13
     寺内大吉の短編小説『競輪上人随聞記』を、大西信行と今村昌平が脚色した、西村昭五郎の監督デビュー作。  宝寺院の住職を務める長男の玄道が亡くなり、次男の春道が呼び戻される。春道は坊主になるのがいやで家を飛び出し教職に就いていた。兄嫁みの子に想いを寄せる春道は、仕方なく寺を継ぐことを決意。しかし寺は不景気で、犬の葬式ばかりを引き受けていた。父の玄海から本堂の再建を命じられた春道だったが、お布施はなか...

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    大多数の方には支持されない映画。
    古き悪しき(!?)昭和の象徴が競輪だ
    西村昭五郎監督デビュー作
    蔵出し映画の臨界点
    製作年:1963
    製作国:日本
    監督:西村昭五郎
    主演:小沢昭一
    5
  6. 奇跡の人

    奇跡の人
    評価:S4.12
    アカデミー賞(1963年・2部門)ヘレンケラーの伝記 三重苦の困難を乗り越え社会福祉に身を捧げた偉人ヘレン・ケラーの物語をW・ギブソンが戯曲化した舞台劇の映画版。生後19ケ月で、熱病により目が見えず、耳も聞こえず、言葉も喋れなくなってしまったヘレン。

    ヒューマンドラマ、伝記、実話、盲目、聴覚障害

    ネット上の声

    人生は厳しいものなのだ!(笑)
    もっと早くに観ればよかった…
    全人類必見の映画です!!(笑)
    是非観てほしい作品です。
    製作年:1962
    製作国:アメリカ
    監督:アーサー・ペン
    主演:アン・バンクロフト
    6
  7. 砂の女

    砂の女
    評価:S4.12
    カンヌ国際映画祭(1964年・グランプリ)読売文学賞を受賞した小説を、原作者の安部公房自らが脚色。映像化は困難であると思われた観念的な原作を、勅使河原監督は見事なモノクロームの映像化に成功している。カンヌ映画祭審査員特別賞をはじめ、数多くの賞を受賞した力作。砂丘地帯に昆虫採集に来た教師が一夜の宿にと、砂の穴の中にある後家の家に泊まる。穴はたえず砂が崩れ落ち、女は終日その砂をかき出している。男は自分がその労働力として囚われの身になったことを知り愕然とし、脱出を図るが果たせない。そして女と欲情で結ばれ、住人に同化していく……。文明の囚人となった人間を象徴的に描き、痛烈なショックを与える前衛的な作品である。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    見ている自分も砂に吸い込まれていく・・・
    もっとエロティックにできなかったのか
    数少ない文学作品の映画化成功例
    こんな映画を日本人は作っていた
    製作年:1964
    製作国:日本
    監督:勅使河原宏
    主演:岡田英次
    7
  8. 赤い殺意

    赤い殺意
    評価:S4.10
     「にっぽん昆虫記」の今村昌平が、ある事件をきっかけに逞しく成長していく女の姿を描く。貞子は夫の出張中、強盗に犯されてしまう。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    人間の本質に肉迫した、重く巨大な作品!
    今村昌平の青森志向がよく出た作品。
    弱い女のドラマより、強い芋虫の祈り
    今村監督どえらい愛
    製作年:1964
    製作国:日本
    監督:今村昌平
    主演:春川ますみ
    8
  9. いぬ

    いぬ
    評価:A4.09
    新鋭推理作家ピエール・ルズーの同名の小説からわが国には初めてながら、名匠のジャン・ピエール・メルヴィルが脚色、演出もした暗黒もの。撮影は、ニコラ・エイエ、音楽はポール・ミスラキが担当した。出演者は「大盗賊」のジャン・ポール・ベルモンド。他にセルジュ・レジアニ、ジャン・ドザイ、ミシェル・ピッコリ、新人女優のフェビエンヌ・ダリ、モニーク・エネシーら。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    フィルム・ノワール仕立てのミステリー
    クール&スタイリッシュな傑作
    フィルムノワールの傑作
    クールな生き様
    製作年:1963
    製作国:フランス
    監督:ジャン=ピエール・メルヴィル
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    9
  10. 告白

    告白
    評価:A4.08
    51年プラハ。外務次官のジェラールは突然連行され、拉致される。睡眠も食事もほとんど与えられず、監禁され拷問を受ける。そして身に覚えのない反逆行のための“自白”を強要される……。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    「レーニンよ目覚めよ!彼らは発狂した」
    鉄のカーテンに閉ざされていたチェコ
    歯止めの利かないスターリニズム
    今夜も眠らせないよ
    製作年:1969
    製作国:フランス/イタリア
    監督:コスタ=ガヴラス
    主演:イヴ・モンタン
    10
  11. 武器なき斗い

    武器なき斗い
    評価:A4.08
     西口克己の小説『山宣』を、山形雄策と依田義賢が脚色し、山本薩夫が監督した。治安維持法改正に反対した実在の政治家、山宣こと山本宣治の生涯を描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    普通選挙法と抱き合わせの形で成り立った治安維持法
    権力者が利権をむさぼり、庶民が犠牲になる
    本当に必要な人は政治家になりたがらない!
    日本の戦争、軍国主義、言論弾圧の悪循環
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:山本薩夫
    主演:下元勉
    11
  12. にっぽん昆虫記

    にっぽん昆虫記
    評価:A4.05
    ブルーリボン賞(1964年・作品賞) 今村昌平が長谷部慶次とともに書いたオリジナル脚本を監督し映画化。コールガール組織のマダムになった女の半生を、昆虫観察のような視線で描いたドラマ。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    今村昌平が、女性の生命力を追求した名作
    傑作!今村昌平監督が描く“性”の原点
    女性の生命力を冷徹に描いた傑作
    とめちゃんふぁいと!
    製作年:1963
    製作国:日本
    監督:今村昌平
    主演:左幸子
    12
  13. 名もなく貧しく美しく

    名もなく貧しく美しく
    評価:A4.05
    松山善三が自らのオリジナル脚本を演出した第1回監督作品。戦争末期から終戦後までの困難な時代を生き抜いた、ろうあ者夫婦の姿を感動的に描く。成瀬作品で知られる玉井正夫の撮影が素晴らしく、高峰秀子も迫真の名演技。二人の手話の内容は字幕によって表される。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    展開速いがじんわりと感動 結末には???
    あーっという見事なラストが待っていた・・
    電車の中で手話する場面は印象に残る
    感動の名シーン☆・最悪のラスト!
    製作年:1961
    製作国:日本
    監督:松山善三
    主演:小林桂樹
    13
  14. 清作の妻

    清作の妻
    評価:A4.04
     吉田絃二郎の同名小説を、新藤兼人が脚色、増村保造が監督した。村田実のサイレント版(1924年)に続いて、2回目の映画化。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    増村によると女性は全て正しくなる
    愛を追い求める女の強さ
    増村と新藤兼人との相性
    戦争にたてつく激情愛
    製作年:1965
    製作国:日本
    監督:増村保造
    主演:若尾文子
    14
  15. 召使

    召使
    評価:A4.04
    ニューヨーク映画批評家協会賞(1964年・脚本賞) 結婚するために南米から帰った貴族トニーが、バレットという召使いを雇った。完璧な執事ぶりを示すバレットに、トニーは次第にすべてを任すようになる。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    そこは抜け出せないモノクロの迷宮
    鼻毛を読まれてサヨウナラ(笑)
    ロージー、イギリス時代の傑作。
    階級社会を皮肉ってるね~
    製作年:1963
    製作国:イギリス
    監督:ジョセフ・ロージー
    主演:ジェームズ・フォックス
    15
  16. 香華 前後篇

    香華 前後篇
    評価:A4.04
     有吉佐和子の同名ベストセラー小説を、木下恵介が脚色し監督。明治から昭和までの六十年に及ぶ母と娘の壮大な物語で、乙羽信子と岡田茉莉子が共演した。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    母と娘2人の60年に及ぶ愛憎劇
    素晴らしい作品です。
    女は3界に家なし
    残念なところも多かった・・・
    製作年:1964
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:岡田茉莉子
    16
  17. ベルイマン監督の 恥

    ベルイマン監督の 恥
    評価:A4.04


    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    恥=非人間性と解釈いたしました
    戦争とは究極の絶対悪である
    剥き出しになる人間の本性
    ベルイマンの劇場未公開作
    製作年:1966
    製作国:スウェーデン
    監督:イングマール・ベルイマン
    主演:マックス・フォン・シドー
    17
  18. 新網走番外地 さいはての流れ者

    新網走番外地 さいはての流れ者
    評価:A4.04
    伊藤一原作の『網走番外地』(プレス東京刊)を、「関東テキヤ一家」の村尾昭が脚色し、「必殺 博奕打ち」の佐伯清が監督した“新番外地シリーズ”第三作。撮影は「夜の歌謡シリーズ おんな」の飯村雅彦が担当。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1969
    製作国:日本
    監督:佐伯清
    主演:高倉健
    18
  19. アルプスの少女ハイジ

    アルプスの少女ハイジ
    評価:A4.02


    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    「アルムの山の自然と優しいクララ」
    美しいスイスの山並みと自然児ハイジ
    今のあのCMと比べると・・・
    素朴な味わいのあるハイジ
    製作年:1965
    製作国:西ドイツ/オーストリア
    監督:ウェルナー・ヤコブス
    主演:エヴァ・マリア・ジンクハイマー
    19
  20. あした晴れるか

    あした晴れるか
    評価:A4.02
    菊村到の同名長編小説を中平康が池田一朗とともに脚色し監督。石原裕次郎がカメラマンを演じ、東京の名所でロケーションが行われた。伊達眼鏡におでこ丸出しの芦川いづみがキュート。 カメラマンの三杉耕平は、新聞社の宣伝部長から仕事の依頼を受ける。「東京探検」というテーマで、宣伝部員の矢巻みはると東京の名所をめぐることに。だがみはるは頭が良く堅物で、耕平の最も苦手なタイプだった。耕平はバーで働くセツ子に追いかけられており、こちらもまた苦手なタイプだった。一日中一緒に東京の名所をめぐるうち、みはるは耕平の熱心な仕事ぶりに心惹かれる。耕平はセツ子の父の清作と…

    ヒューマンドラマ、コメディ、青春、恋愛

    ネット上の声

    眼鏡&ツンデレの芦川いづみ♡
    1960年の和製ラブコメ
    美人のメガネが正義なわけ
    愛すべき小品
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:中平康
    主演:石原裕次郎
    20
  21. ケス

    ケス
    評価:A4.01
     ヨークシャー地方の寂れた炭鉱町に住むビリー・キャスパーは年の離れた兄とケンカが絶えず、学校でもあまりぱっとしない地味な少年。彼は修道院跡の崖に鷹の巣がある事を発見し、巣からヒナを持ち帰る。

    ヒューマンドラマ、青春

    ネット上の声

    潔さに、却って心の深くにまで突き刺さる
    心の吉備を敏感に捉えた傑作
    クールであたたかなまなざし
    厳しすぎて涙も出ません
    製作年:1969
    製作国:イギリス
    監督:ケン・ローチ
    主演:デヴィッド・ブラッドレイ
    21
  22. 冬の光

    冬の光
    評価:A4.01


    ヒューマンドラマ、不幸な結末のバッドエンド
    製作年:1962
    製作国:スウェーデン
    監督:イングマール・ベルイマン
    主演:グンナール・ビョルンストランド
    22
  23. ふくろうの河

    ふくろうの河
    評価:A4.00
    アカデミー賞(1964年)南北戦争のさなか、北軍の手によって鉄橋の上で絞首刑にされようとしている男がいる。男は助かりたいと天に祈る。処刑の命令が下りた瞬間、男をつないでいた綱が切れ男は眼下の急流に落ちた。かろうじて助かった男は妻子のもとに帰るが……。R・アンリコが綴る美しい映像詩。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    あっ!と驚くどんでんがえし
    映像と音楽がすばらしかった
    白黒の美しさ
    良質の短編幻想小説
    製作年:1961
    製作国:フランス
    監督:ロベール・アンリコ
    主演:ロジェ・ジャッケ
    23
  24. 野のユリ

    野のユリ
    評価:A3.99
    アカデミー賞(1964年・主演男優賞)S・ポワチエが、黒人としては史上二人目のアカデミー賞を受けた心温まるヒューマン・ドラマ。アリゾナの荒地に修道院を建設しようと、マリア院長以下、東ドイツから亡命してきた5人の尼僧が孤軍奮闘していた。そこへ流れ者の黒人青年ホーマーが現れ、気まぐれ半分に修道院建設を手伝うことに。信心深くガンコなマリア院長と束縛を嫌うホーマーは、ことあるごとにケンカになるが、やがて地域の人々の友情と信頼を得た彼らは、ついに独力で困難な仕事を成し遂げる……。R・ネルソン監督の手腕が発揮された、粋で泣かせるラストシーンは必見。

    ヒューマンドラマ、シスター

    ネット上の声

    NO.52「の」のつく元気になった洋画
    歌あり、笑いあり、人情あり、感動あり
    癒されたい人にお勧めの映画です
    こんなにポップだったぁあ?!
    製作年:1963
    製作国:アメリカ
    監督:ラルフ・ネルソン
    主演:シドニー・ポワチエ
    24
  25. チコと鮫

    チコと鮫
    評価:A3.99
     タヒチの少年チコが、人食い鮫の子供を捕まえた。チコは鮫を育てて、これと友達になる。

    ヒューマンドラマ、青春

    ネット上の声

    海と自然が印象的・・・
    最高のメルヘン映画
    海で生きる原風景
    製作年:1962
    製作国:イタリア/フランス
    監督:フォルコ・クィリチ
    主演:アル・カウイ
    25
  26. モラン神父

    モラン神父
    評価:A3.98
    ジャン=ピエール・メルヴィル監督がジャン=ポール・ベルモンド主演で描いた恋愛ドラマ。第二次世界大戦下、アルプスの村に逃げ込んだコミュニストの闘志・バルニーは、小さな教会の若い神父・モランと出会い…。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    慈悲深く残酷な愛
    イタリア兵の帽子って確かに可愛い!
    神学論争としての愛の会話
    モラン神父
    製作年:1961
    製作国:フランス/イタリア
    監督:ジャン=ピエール・メルヴィル
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    26
  27. 太平洋奇跡の作戦 キスカ

    太平洋奇跡の作戦 キスカ
    評価:A3.97
     太平洋戦争末期、連合軍に封鎖されたキスカ島には、数百の将兵が残されていた。司令部は救出艦隊を組織、大村少将を指揮官として派遣するが……。

    ヒューマンドラマ、戦争、リアルな戦闘シーンがある

    ネット上の声

    「戦争」を描く難しさ
    良作
    女性と外国人が全く出演しない映画です。
    「阿武隈」のプラモを買った
    製作年:1965
    製作国:日本
    監督:丸山誠治
    主演:三船敏郎
    27
  28. Z

    Z
    評価:A3.97
    アカデミー賞(1970年・編集賞) 地中海に近いある国で、革新政党の指導者モンタンが暴漢に襲われた後、死亡する。当局は自動車事故による脳出血と発表するが、これに疑問を抱いた予審判事トランティニャンは新聞記者ペランの協力を得て真実に迫ろうとする。

    ヒューマンドラマ、実話

    ネット上の声

    冷戦期の映画とは思えない
    重厚、迫力。
    国家権力の横暴・陰謀に対する批判
    群集心理、人の仮面
    製作年:1969
    製作国:フランス/アルジェリア
    監督:コスタ=ガヴラス
    主演:イヴ・モンタン
    28
  29. 「エロ事師たち」より 人類学入門

    「エロ事師たち」より 人類学入門
    評価:A3.97
     野坂昭如の小説『エロ事師たち』を今村昌平が映画化。エロ事師と呼ばれる男を通して日本の性風俗をブラックかつシニカルに描き出す。

    ヒューマンドラマ、コメディ

    ネット上の声

    今村監督「うなぎ」の原型は「フナ」だった
    小沢昭一が亡くなった
    出演しているフナは“ヘラブナ”です
    日本のコメディ映画の最高峰。
    製作年:1966
    製作国:日本
    監督:今村昌平
    主演:小沢昭一
    29
  30. シベールの日曜日

    シベールの日曜日
    評価:A3.96
    アカデミー賞(1963年)フランスの作家V・エシャスリオーの小説『ビル・ダブレの日曜日』を、ドカエのみずみずしいモノクロ撮影を得て映像化した、リリシズムあふれる名編。パイロットだったピエールは戦争経験の痛手で記憶喪失となり、小さな田舎町で看護婦をしている女性と暮らしていた。ピエールの毎日はあてもなく森をさまようことしかない。そんな時彼の前に現れる一人の少女シベール。父親に見捨てられたシベールとピエールは、日曜ごとに池の畔で無邪気な逢瀬を重ねる。しかし、ピエールを変質者扱いする大人たちが、二人を引き裂こうとして……。肉体を超えた恋の清らかさが忘れ難い一編。

    ヒューマンドラマ、恋愛、クリスマス

    ネット上の声

    「ピュア」のハードルが高いので・・・
    切なくて悲しいドラマ☆4.0
    もう名前なんていらないわ
    男の人ってなんでこんなにロマンチックなの
    製作年:1962
    製作国:フランス
    監督:セルジュ・ブールギニョン
    主演:ハーディ・クリューガー
    30
  31. アンドレイ・ルブリョフ 動乱そして沈黙(第一部) 試練そして復活(第二部)

    アンドレイ・ルブリョフ 動乱そして沈黙(第一部) 試練そして復活(第二部)
    評価:A3.95
     アンドレイ・タルコフスキーとアンドレイ・コンチャロフスキーという、旧ソ連の枠を脱して活躍することになる二大俊英が協力して脚本を執筆し、中世ロシア史上最高のイコン画家アンドレイ・ルブリョフを主人公に、当時の社会と民衆の関わりを巨視的に捉えた歴史大作。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    信仰の具現化
    無題
    気球と鐘の意味するものは..
    長いが、見応え充分!
    製作年:1969
    製作国:ソ連
    監督:アンドレイ・タルコフスキー
    主演:アナトリー・ソロニーツィン
    31
  32. 男はつらいよ

    男はつらいよ
    評価:A3.94
    「喜劇 一発大必勝」の山田洋次と「いい湯だな 全員集合!!」の森崎東が、脚本を共同執筆し、山田洋次が監督した人情喜劇。撮影は高羽哲夫。出演は渥美清、森川信、倍賞千恵子ほか。山田監督原作、渥美主演の同名TV番組の映画化。

    ヒューマンドラマ、コメディ、男はつらいよ

    ネット上の声

    1969年が全然古くない。
    寅さんのいる柴又
    初めて見ました。
    冒頭の渥美清のナレーション、故郷っていいよね。柴又は私の故郷ではな...
    製作年:1969
    製作国:日本
    監督:山田洋次
    主演:渥美清
    32
  33. 乱れる

    乱れる
    評価:A3.93
    「みれん」の松山善三がオリジナル・シナリオを執筆、「女の歴史」の成瀬巳喜男が監督した女性ドラマ。撮影もコンビの安本淳。

    ヒューマンドラマ、恋愛

    ネット上の声

    ヒロインの心理描写が巧みで面白い☆3つ半
    因習の中で揺れて乱れるヒロイン
    どーしてもあのラストは・・・
    高峰秀子さんと一緒に
    製作年:1964
    製作国:日本
    監督:成瀬巳喜男
    主演:高峰秀子
    33
  34. ニュールンベルグ裁判

    ニュールンベルグ裁判
    評価:A3.93
    アカデミー賞(1962年・2部門) 連合軍によるナチス・ドイツの戦犯裁判を描いた作品。アビー・マンのTVドラマをもとに、マン自身が脚色。

    ヒューマンドラマ、裁判・法廷

    ネット上の声

    体制の中での個人の責任・・・
    演技合戦を堪能せよ☆3.5
    責任の所在
    M・ディートリッヒ見たさに・・・。
    製作年:1961
    製作国:アメリカ
    監督:スタンリー・クレイマー
    主演:スペンサー・トレイシー
    34
  35. はなればなれに

    はなればなれに
    評価:A3.93
     「勝手にしやがれ」のジャン=リュック・ゴダールが64年に製作した長編第7作目で、即興演出が冴え、ミュージカル・シーンも織り込んだコメディ・タッチの犯罪ミステリー。冬のパリ。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    舞台劇風振り付けが印象的
    せつない青春の1ページ
    埋もれた名作!!!
    オディール
    製作年:1964
    製作国:フランス
    監督:ジャン=リュック・ゴダール
    主演:アンナ・カリーナ
    35
  36. ビリディアナ

    ビリディアナ
    評価:A3.92
    カンヌ国際映画祭(1961年・パルム・ドール)

    ヒューマンドラマ
    製作年:1960
    製作国:スペイン
    監督:ルイス・ブニュエル
    主演:シルヴィア・ピナル
    36
  37. 皆殺しの天使

    皆殺しの天使
    評価:A3.92
    オペラの終演後、ブルジョアの一団が晩餐に招かれる。だが理由なき無気力感に襲われた彼らは部屋から出られなくなり、客間での幽閉生活が始まった。シュルレアリスト、ルイス・ブニュエル監督が描く不条理劇。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ルイス・ブニュエルが簡単に観れる時代・・・。
    かくも長き滞在
    条件の映画
    いいよね!
    製作年:1962
    製作国:メキシコ
    監督:ルイス・ブニュエル
    主演:シルヴィア・ピナル
    37
  38. 私が棄てた女

    私が棄てた女
    評価:A3.92
     遠藤周作の『わたしが・棄てた・女』を「キューポラのある街」の浦山桐郎監督が映画化。幸せな人生のためと田舎娘を棄て、出世の道を選んだ男の末路を虚無的とも諦観ともとれる眼差しで描き、愛や人生について静かに問う名作。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    その惨めさは永遠に人の心を打つのだ!
    製作年:1969
    製作国:日本
    監督:浦山桐郎
    主演:河原崎長一郎
    38
  39. 女は二度生まれる

    女は二度生まれる
    評価:A3.91
     富田常雄の小説『小えん日記』を、川島雄三が井手俊郎とともに脚色し監督。大映での初監督作品であり、川島の最高傑作の一つに挙げられる。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    若尾文子を女にしてみせます
    若尾文子を筆頭に女図鑑
    俗っぽく生々しい迫力
    ゆるい顔の若尾文子
    製作年:1961
    製作国:日本
    監督:川島雄三
    主演:若尾文子
    39
  40. 絞死刑

    絞死刑
    評価:A3.90
    ATG最初の1千万円映画として製作された記念すべき作品。1958年に起きた小松川女子高校生殺人事件を材に取り、死刑制度や在日韓国人問題などを追求した大島渚代表作の1本。物語は死刑囚・韓国人少年Rの絞死刑が失敗したところから始まる。Rは死刑執行失敗のショックで心神喪失状態に陥ってしまう。その状態では刑の再執行は許されないため、Rの判断能力を取り戻させようと、死刑執行人たちが四苦八苦する姿がブラック・ユーモア風に描かれていく。執行人たちはRの家庭環境や彼の犯罪を芝居で再現して見せる。その混沌とする事実と虚構が、事件の真相や日本国家に内在する矛盾、問題点をあらわにしていく。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    大島渚監督 コント風 「死刑」とは?
    個室劇ゆえにシャロウ・フォーカス
    死刑を絞めた果てにあるもの
    あの時代の大島さんらしい作品
    製作年:1968
    製作国:日本
    監督:大島渚
    主演:佐藤慶
    40
  41. モード家の一夜

    モード家の一夜
    評価:A3.90
    ニューヨーク映画批評家協会賞(1970年・脚本賞)エリック・ロメール監督が手がけた連作『六つの教訓物語』の第3話。ジャン=ルイ・トランティニャン扮する内向的な男が、無神論者の女医・モードと金髪の女学生・フランソワーズの間で揺れ動くさまを幻想的に綴っている。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    エリック・ロメールの知的な会話劇
    知的な会話へのいざない
    微妙な心理を描く秀作
    閉じた世界のなかで
    製作年:1968
    製作国:フランス
    監督:エリック・ロメール
    主演:ジャン=ルイ・トランティニャン
    41
  42. 女系家族

    女系家族
    評価:A3.90
    週刊文春連載・山崎豊子原作を「第三の悪名」の依田義賢が脚色、「新選組始末記」の三隅研次が監督した文芸作品。撮影は「第三の悪名」の宮川一夫。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    遺産相続を巡る秀逸なコメディ 必見です。
    さすがに微細な心理描写までは無理かな
    おとうはん、こいさん、あきまへんな。
    お金がもたらす人の変貌
    製作年:1963
    製作国:日本
    監督:三隅研次
    主演:若尾文子
    42
  43. あゝ予科練

    あゝ予科練
    評価:A3.90
    「あゝ同期の桜」の須崎勝弥がシナリオを執筆し、「旅路(1967)」の村山新治が監督した東映戦記シリーズの第三弾。撮影は「夜の手配師」の仲沢半次郎が当った。

    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    記録映画?記憶映画?追憶映画?追悼映画?
    良い映画
    製作年:1968
    製作国:日本
    監督:村山新治
    主演:鶴田浩二
    43
  44. 博奕打ち 総長賭博

    博奕打ち 総長賭博
    評価:A3.89
    「日本侠客伝 斬り込み」の笠原和男がシナリオを執筆し、「男の勝負 関東嵐」の山下耕作が監督した“博奕打ち”シリーズ第四作目。撮影は「博奕打ち 不死身の勝負」の山岸長樹。

    ヒューマンドラマ、ヤクザ・ギャング

    ネット上の声

    健さんの出演なし
    美学
    日本任侠映画史上 最高傑作
    劇場貸切状態で見ました。
    製作年:1968
    製作国:日本
    監督:山下耕作
    主演:鶴田浩二
    44
  45. 夕陽に向って走れ

    夕陽に向って走れ
    評価:A3.89
    インディアンの青年ウィリー・ボーイが、結婚を反対されたため、恋人の父親とトラブルを起こし誤って殺してしまう。彼は恋人を連れて逃亡するが、やがて、追っ手の銃の前に倒れる……。実話を元にしたドラマ。

    ヒューマンドラマ、アクション、西部劇

    ネット上の声

    ウィリーを探せ
    インディアン問題に更に一石を投じる
    製作年:1969
    製作国:アメリカ
    監督:エイブラハム・ポロンスキー
    主演:ロバート・レッドフォード
    45
  46. 人間の條件 完結篇

    人間の條件 完結篇
    評価:A3.88


    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    人間はどこまで人間でいられるのか?
    理不尽への抵抗
    金字塔
    迫力あるスケールに描かれる戦時の男の心理
    製作年:1961
    製作国:日本
    監督:小林正樹
    主演:仲代達矢
    46
  47. 明治侠客伝 三代目襲名

    明治侠客伝 三代目襲名
    評価:A3.88
    紙屋五平の原案を、「日本侠客伝 関東篇」の村尾昭と「大阪ど根性物語 どえらい奴」の鈴木則文が共同でシナリオ化、「幕末残酷物語」の加藤泰が監督したやくざもの。撮影は「大勝負」のわし尾元也。

    ヒューマンドラマ、ヤクザ・ギャング

    ネット上の声

    色々な思いを込められて楽しめる
    期待してたほどではなかった
    鶴田浩二のセクシー
    東映任侠映画の原点
    製作年:1965
    製作国:日本
    監督:加藤泰
    主演:鶴田浩二
    47
  48. ロミオとジュリエット

    ロミオとジュリエット
    評価:A3.87
    アカデミー賞(1969年・2部門) 言わずと知れたシェイクスピア原作の映画化。イタリア、ルネッサンス期の1450年頃、春まだ浅きヴェロナの町。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ★スクリーンの魔法★ その?
    直球派はうっとり担当
    恋愛悲劇の代名詞
    ジュリェットが美し過ぎる。オリビアはまさにジュリェットそのものだった。
    製作年:1968
    製作国:イギリス/イタリア
    監督:フランコ・ゼフィレッリ
    主演:オリヴィア・ハッセー
    48
  49. ロシュフォールの恋人たち

    ロシュフォールの恋人たち
    評価:A3.87
    お祭りを2日後に控えたフランス西南部の海辺の街ロシュフォールに、作曲家の卵のソランジュ(フランソワーズ・ドルレアック)とダンサー志望の妹デルフィーヌ(カトリーヌ・ドヌーヴ)という双子姉妹が暮らしていた。お祭の当日、旅芸人のエチエンヌ(ジョージ・チャキリス)たちに頼まれ、彼女たちは歌と踊りを披露する。

    ヒューマンドラマ、ミュージカル

    ネット上の声

    フレンチ・ミュージカルを召し上がれ
    そうよ ワ タ シ は 双子座のふたご♪
    美しく、楽しく、嬉しくなる!
    仏ミュージカル
    製作年:1966
    製作国:フランス
    監督:ジャック・ドゥミ
    主演:フランソワーズ・ドルレアック
    49
  50. 飢餓海峡

    飢餓海峡
    評価:A3.87
     水上勉の同名推理小説を内田吐夢が映画化。「砂の器」と並び、日本映画の傑作と称される。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    配役はいいのだが、内容は微妙☆3つ
    「八重の最期の笑顔」
    貧困から抜け出したはずだけど、過去は後から追いついてくる。どんなに...
    一晩過ごしただけの娼婦の人生に比べて主人公の人生が見つめられていない
    製作年:1965
    製作国:日本
    監督:内田吐夢
    主演:三國連太郎
    50

スポンサードリンク