全2作品。離婚映画ランキング

  1. クレイマー、クレイマー

    クレイマー、クレイマー
    評価:A3.94
    アカデミー賞(1980年・5部門)父親が泣いてしまう映画のド定番1980年代のアメリカが舞台。シングルファザーの父と子を描いた作品。仕事に追われる父。ドタバタの生活。すれ違う親子。それでも心通わせる二人。しかし平和な生活が一変する出来事が…。最後の朝食は涙なしでは見られない感動作。世の中がどんなに変わっても、人生は家族で始まり、家族で終わることに変わりはない。

    ヒューマンドラマ、子供が生まれてから見たら大泣きする、離婚、シングルファザー

    ネット上の声

    グラスを叩きつけるダスティと怯えるメリル
    展開が早いのに時間がゆっくり流れる映画
    名作だが何度も観たくはないテーマ
    まさか自分が同じ目に・・・
    製作年:1979
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・ベントン
    主演:ダスティン・ホフマン
    1
  2. ラブレス

    ラブレス
    評価:C3.46
    第70回カンヌ国際映画祭で審査員賞に輝いたヒューマンドラマ。離婚の準備を進める夫婦が、12歳の一人息子の失踪に直面する。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、誘拐、離婚、悲劇

    ネット上の声

    現実なら母親の息子殺しとゆう結末が正しい
    ブログに書き込みました。 理不尽な映画だが、現代社会の切り取り方
    西とか東とか関係ない/愛さなければ愛されない
    入り込めない誰かの心の中の小部屋
    製作年:2017
    製作国:ロシア,フランス,ドイツ,ベルギー
    監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ
    主演:マリヤーナ・スピヴァク
    2

スポンサードリンク