全50作品。社会派ドラマのヒューマンドラマ映画ランキング

  1. 老親 ろうしん

    老親 ろうしん
    評価:S4.47
    老いた親の介護問題を、ユーモラスかつ、温かい視点で描いた家族ドラマ。嫁と舅の関係を例にとり、介護の在り方、それに対する家族の役割などの問題点を浮かび上がらせていく。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、家族

    ネット上の声

    介護から家族一人一人が見えてきます
    テーマは重いのに、楽しい映画だ。
    老人介護の教育映画
    年をかさねて
    製作年:2000
    製作国:日本
    監督:槙坪夛鶴子
    主演:萬田久子
    1
  2. 酔っぱらった馬の時間

    酔っぱらった馬の時間
    評価:S4.44
    国家を持たない世界最大の少数民族であるクルド人監督が描く、感動の家族ドラマ。監督は、これがデビュー作となるバフマン・ゴバディ。2000年度カンヌ国際映画祭で大絶賛された。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、家族

    ネット上の声

    圧倒的に美しく、圧倒的に冷酷なクルディスタン
    過酷な世界に生きるからこその絆の強さ
    ノンフィクションを凌駕する現実性!
    ドキュドラの最高峰の傑作
    製作年:2000
    製作国:イラン/フランス
    監督:バフマン・ゴバディ
    主演:アヨブ・アハマディ
    2
  3. ロング・ウォーク・ホーム

    ロング・ウォーク・ホーム
    評価:S4.32
     アメリカ公民権運動の発端になった出来事を背景に、白人女性の主婦とその家の黒人メイドとの熱い友情を描いた人種問題ドラマ。乗り合いバスに白人と黒人の座る席が区別されていた1955年。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、人種差別

    ネット上の声

    それでも「アメイジング・グレイス!」
    真面目な気持ちで観る映画です・・・
    間違いに気付くだけでは足りない
    ロング・ウォーク・ホーム
    製作年:1990
    製作国:アメリカ
    監督:リチャード・ピアース
    主演:ウーピー・ゴールドバーグ
    3
  4. 亀も空を飛ぶ

    亀も空を飛ぶ
    評価:S4.17
    開戦が迫る中、イラク北部の小さな村に住む少年サテライト(ソラン・エブラヒム)は、地雷除去の仕事をしたり、大人たちの小間使いなどをしたりして生活をしていた。そんなある日、予知能力のある少年と出会い……。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    出来はB級、ただし見る価値あり
    強烈な映画だ!
    製作年:2004
    製作国:イラク
    監督:バフマン・ゴバディ
    主演:ソラン・エブラヒム
    4
  5. ホテル・ルワンダ

    ホテル・ルワンダ
    評価:S4.16
    トロント国際映画祭(2004年・ピープルズ・チョイス・アウォード)1994年、ルワンダの首都キガリ。高級ホテル「ミル・コリン・ホテル」で働く支配人のポール(ドン・チードル)は毎日順調に仕事をこなしていたが、ある晩、ホテルからの帰宅途中に街で火の手が上がっているのを発見する。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、実話、アフリカ舞台、ジェノサイド

    ネット上の声

    ルワンダ内戦での実話。 ホテルの支配人が難民を保護する、国連や諸国...
    この作品をメジャー配給会社が無視した理由が分からない  
    どうしてイギリスのようにアフリカ連合国にならないの?
    人間は常に同じ過ちや苦しみを生み続けている
    製作年:2004
    製作国:イギリス/イタリア/南アフリカ
    監督:テリー・ジョージ
    主演:ドン・チードル
    5
  6. チョコレートドーナツ

    チョコレートドーナツ
    評価:S4.14
    1970年代アメリカの実話を基に、母親に見捨てられたダウン症の少年と一緒に暮らすため、司法や周囲の偏見と闘うゲイカップルの姿を描いた人間ドラマ。ゲイであるがゆえに法の壁に阻まれる苦悩を、テレビドラマ「グッド・ワイフ」シリーズなどアラン・カミングと、『LOOPER/ルーパー』などのギャレット・ディラハントが熱演する。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、実話、同性愛

    ネット上の声

    偏見をこらえ本当の愛を主張した二人の戦記
    生理的に受け付けないから★一つの人へ……
    切なくも、心に響く、社会派ドラマ★
    涙活ならほかでやってくれ
    製作年:2012
    製作国:アメリカ
    監督:トラヴィス・ファイン
    主演:フランシス・フィッシャー
    6
  7. クロッシング

    クロッシング
    評価:S4.14
    『オオカミの誘惑』『百万長者の初恋』のキム・テギュン監督が、生きるために北朝鮮から中国へ渡った父子の悲劇を描いた人間ドラマ。100人近い脱北者への取材を基に北朝鮮の現実に根ざした骨太なストーリーに仕立て、第81回アカデミー賞外国語映画部門賞の韓国代表作品に選ばれた。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    “現状を知る切っ掛け”として、非常に良い映画
    どうして北朝鮮を放っておくんだ!!!
    【特薦】2007年・北朝鮮の真実
    北朝鮮版 「父を訪ねて三千里」
    製作年:2008
    製作国:韓国
    監督:キム・テギュン
    主演:チャ・インピョ
    7
  8. 遠い夜明け

    遠い夜明け
    評価:A4.10
    アパルトヘイト政策をとる南アフリカ共和国を舞台に自由な理想社会を叫ぶ黒人男性と彼を支持する白人男性との熱い友情を描く壮大な叙事詩的映画。製作・監督は「ガンジー」「コーラスライン」のリチャード・アッテンボロー、原作は本編の主人公でもあるドナルド・ウッズ、脚本はジョン・ブライリー、撮影はロニー・テイラー、音楽はジョージ・フェントンとジョナス・グワングワが担当。出演はケヴィン・クライン、デンゼル・ワシントン、ペネロープ・ウィルトンほか。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、実話、アフリカ舞台、人種差別

    ネット上の声

    地上最凶の人種、その名は「白人」
    大きなショックを受けた映画でした
    「夜明け」を近からしめた熱い思い
    あの時代にマンデラとビコがいた
    製作年:1987
    製作国:イギリス
    監督:リチャード・アッテンボロー
    主演:ケヴィン・クライン
    8
  9. 憎しみ

    憎しみ
    評価:A4.09
    セザール賞(1996年・作品賞) パリ郊外の移民ゲットーで暴動が発生し、アブデュルという青年が重体に陥った。次の日、サイードはヴィンスとユベールと共に、アブデュルの見舞いに病院を訪れる。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、人種差別、暴動

    ネット上の声

    アメリのニノ ほんとにお前が作ったのか?
    問題はどうやって着地するか
    これは事実でもあるだろう
    一回観ただけでは
    製作年:1995
    製作国:フランス
    監督:マチュー・カソヴィッツ
    主演:ヴァンサン・カッセル
    9
  10. 私は死にたくない

    私は死にたくない
    評価:A4.09
    アカデミー賞(1959年・主演女優賞) ある日、カルフォルニア州バーバンクで独り身の老婦人が殺された。2ヵ月後、札付きの前科者エメットとジャックが逮捕される。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    スーザン・ヘイワードの熱演
    最後は観てられないです
    最後まで冤罪を訴えた女
    真実の闇減らず口の瞳
    製作年:1958
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・ワイズ
    主演:スーザン・ヘイワード
    10
  11. 父の祈りを

    父の祈りを
    評価:A4.07
    ベルリン国際映画祭(1994年・金熊賞) IRAの抗争が激化した北アイルランドとロンドンで“ギルフォード・フォー事件”と呼ばれた衝撃の実話に基づくフィクション。1974年10月5日、ロンドン郊外の町ギルフォードで起きた爆弾テロ事件。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、裁判・法廷、実話、子供が生まれてから見たら大泣きする、冤罪、刑務所

    ネット上の声

    ”ギルフォード・フォー事件”回想記が原作
    息子を想う父の祈りが切なく胸が詰った!!
    「冤罪」・・ギルフォード・フォー事件より
    奪われた時間、父の祈りに取り戻した心。
    製作年:1993
    製作国:イギリス/アメリカ
    監督:ジム・シェリダン
    主演:ダニエル・デイ=ルイス
    11
  12. それでもボクはやってない

    それでもボクはやってない
    評価:A4.05
    『Shall We ダンス?』の周防正行監督が、11年ぶりにメガホンを取った本格的な社会派ドラマ。電車で痴漢に間違えられた青年が、“裁判”で自分の無実を訴える姿を、日本の裁判制度の問題点を浮き彫りにしつつ描く。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、裁判・法廷、冤罪

    ネット上の声

    被害者は鉄道会社を訴えてみてはいかがか?
    家族に冤罪を突きつけられた経験者として
    私も『冤罪経験者』で『痴漢被害者』
    私たちならば真実は見抜けるのか?
    製作年:2007
    製作国:日本
    監督:周防正行
    主演:加瀬亮
    12
  13. プライベート・ライアン

    プライベート・ライアン
    評価:A4.03
    アカデミー賞(1999年・5部門) 1944年6月。ノルマンディ上陸作戦は成功に終わったものの、激戦に次ぐ激戦は多くの死傷者を出していた。

    ヒューマンドラマ、戦争、リアルな戦闘シーンがある

    ネット上の声

    私的戦争映画の最高傑作!君は時の涙を見る
    今を生きる、それがどんなに幸せなことか
    善悪不明でただただ凄惨な戦場体験映画
    人間は、何をやってるんだ...
    製作年:1998
    製作国:アメリカ
    監督:スティーヴン・スピルバーグ
    主演:トム・ハンクス
    13
  14. 孤高のメス

    孤高のメス
    評価:A4.03
    患者のたらい回しなど現代の医療問題に鋭く切り込む衝撃的な医療ドラマ。実際に医療に携わる大鐘稔彦の同名小説を基に、地方の市民病院に勤務する外科医が旧弊な医療現場で困難な手術に立ち向かうさまを描く。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、医師、病院(医療モノ)

    ネット上の声

    命を支える医師の“志”に胸打たれて☆
    当麻先生に憧れた子供が医療を継ぐ未来
    もう、この映画の すべてが素晴らしい
    揺るぎない使命、孤高のドクター
    製作年:2010
    製作国:日本
    監督:成島出
    主演:堤真一
    14
  15. ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気

    ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気
    評価:A4.02
    第80回アカデミー賞ドキュメンタリー映画賞(短編)に輝いた作品をベースにしたヒューマンドラマ。病で余命半年となって同性のパートナーに遺族年金を残そうとする女性が、それを認めていない法制度に立ち向かう。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、実話、同性愛
    製作年:2015
    製作国:アメリカ
    監督:ピーター・ソレット
    主演:ジュリアン・ムーア
    15
  16. ニューオーリンズ・トライアル

    ニューオーリンズ・トライアル
    評価:A4.00
    「ペリカン文書」などの人気リーガル・サスペンス作家ジョン・グリシャムの「陪審評決」を、「コレクター」「サウンド・オブ・サイレンス」のゲイリー・フレダー監督が映画化。銃乱射事件の裁判の裏側で、陪審員工作、弁護士の取引きなど熾烈な裏工作合戦が展開していく。下積み時代からの親友のジーン・ハックマンとダスティン・ホフマンが、陪審コンサルタント役と原告側の弁護士役という敵対する役柄で初共演したのも話題。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、裁判・法廷

    ネット上の声

    こんな事やってるかもしれませんね・・・・
    久しぶりのお気に入り作品となりました。
    法廷もののいい映画です。惜しいけど。
    陪審員の裏側、という意味において。
    製作年:2003
    製作国:アメリカ
    監督:ゲイリー・フレダー
    主演:ジョン・キューザック
    16
  17. もうひとりの息子

    もうひとりの息子
    評価:A4.00
    ユダヤ系フランス人のロレーヌ・レヴィが監督と脚本を担当し、第25回東京国際映画祭で東京 サクラ グランプリと最優秀監督賞に輝いた感動作。イスラエルとパレスチナという対立関係にある家族の間で、取り違えられた子どもをめぐる困惑の日々を描き出す。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    愛があれば、乗り越えられない「壁」はない
    家族の物語に込められた、世界平和への願い
    もう少しの説明で、すぐに傑作と思えたはず
    溢れる涙の向こうに母の強さと優しさが・・
    製作年:2012
    製作国:フランス
    監督:ロレーヌ・レヴィ
    主演:ジュール・シトリュク
    17
  18. 黄色い星の子供たち

    黄色い星の子供たち
    評価:A3.97
    1942年ナチス占領下のパリ、ユダヤ人は胸に黄色い星をつけるよう義務付けられ、公園や映画館、遊園地への立ち入りが禁じられていた。それでも11歳のジョー(ユゴ・ルヴェルデ)と家族、隣人たちは、ささやかな暮らしは続くと信じていた。同年7月16日、フランス警察によるユダヤ人一斉検挙が始まり、およそ1万3,000人もの人々がヴェル・ディヴ(冬季競輪場)へと送られる。

    ヒューマンドラマ、戦争、実話、ホロコーストが舞台

    ネット上の声

    「ヴェル・ディヴ事件」を多く知ってほしい
    『サラの鍵』の露払いとしてパーフェクト!
    悲劇を知り、学ぶ。意義と価値がある秀作。
    ほんの少しでいい。暴力の最前線に優しさを
    製作年:2010
    製作国:フランス/ドイツ/ハンガリー
    監督:ローズ・ボッシュ
    主演:メラニー・ロラン
    18
  19. ドクター

    ドクター
    評価:A3.96
    ガンの宣告を受けたエリート外科医の、医師として人間としてのアイデンティティの揺らぎを描く。監督は「愛は静けさの中に」のランダ・ヘインズ、製作は「プリティ・ウーマン」のローラ・ジスキン、エグゼクティヴ・プロデューサーは「グリーン・カード」のエドワード・S・フェルドマン、脚本はロバート・キャスウェル、原作はエド・ローゼンバームの実体験に基づいた小説、撮影は「いまを生きる」のジョン・シール、音楽は「ヒドゥン」のマイケル・コンヴァーティノが担当。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、医師、癌(がん)

    ネット上の声

    祈り瞑想してチョコを食べる。踊るのもイイ
    世界中のドクターに観てもらいたい・・
    よくあるけれど
    ドクター
    製作年:1991
    製作国:アメリカ
    監督:ランダ・ヘインズ
    主演:ウィリアム・ハート
    19
  20. ルワンダの涙

    ルワンダの涙
    評価:A3.95
    アフリカのルワンダで、フツ族によるツチ族虐殺事件が発生。公立技術学校を運営する英国カトリック教会のクリストファー神父(ジョン・ハート)とそこで働く青年協力隊の英語教師ジョー・コナー(ヒュー・ダンシー)は、生徒のマリー(クレア=ホープ・アシティ)ら、学校に避難してきたツチ族とともに不穏な状況に直面してしまう……。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、実話、アフリカ舞台、ジェノサイド

    ネット上の声

    これは忘れてはいけないことなのだと思った
    虐殺を見殺しにするのか?事実は単純でない
    フツ族って野蛮!などとは思わないように
    ホテル・ルワンダとセットで観てほしい
    製作年:2005
    製作国:イギリス/ドイツ
    監督:マイケル・ケイトン=ジョーンズ
    主演:ジョン・ハート
    20
  21. 大理石の男

    大理石の男
    評価:A3.95
     スターリン時代に労働者の英雄に祭り上げられた男の大理石像が、製作中の記録映画の取材で訪れた博物館の片隅に放置されているのを映画大学の女子学生が発見する。彼女が、その像の男の真実を探り、ポーランド現代史の裏面に深く立ち入っていく様を、重厚なリアリズム描写で映画化したワイダの大作。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    歴史の流れを体感しました。
    政治と歴史
    労働英雄
    博物館の片隅に放置
    製作年:1977
    製作国:ポーランド
    監督:アンジェイ・ワイダ
    主演:イエジー・ラジヴィオヴィッチ
    21
  22. いしゃ先生

    いしゃ先生
    評価:A3.94
    地域医療の難しさを描いた社会派ドラマ第2次世界大戦後の山形県の無医村で、地域医療に尽力した実在の女医・志田周子さんの半生を全編山形県ロケで描くヒューマンドラマ。東京から故郷に戻り、医者を始めた当初は村で孤立しながらも、村民と相対し診察を続けていくヒロインの姿をつづる。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、実話、医師、病院(医療モノ)
    製作年:2015
    製作国:日本
    監督:永江二朗
    主演:平山あや
    22
  23. エリン・ブロコビッチ

    エリン・ブロコビッチ
    評価:A3.94
    アカデミー賞(2001年・主演女優賞)第73回アカデミー賞でジュリア・ロバーツが主演女優賞を受賞。作品賞、監督賞ほか5部門にノミネートされたスティーブン・ソダーバーグの監督作。カリフォルニアの小さな町に住むエリンは、幼い子供を3人も抱えているのに仕事もお金もなく、しまいには車の衝突事故に遭い怪我までする始末。雇った弁護士エドは和解金を取れず、借金はかさむ一方だ。窮地に追い込まれたエリンは、エドの弁護士事務所に押しかけて居座り、エドはしぶしぶ彼女を雇い入れる。不動産関係のファイル整理を任された彼女は、ある書類に不審を抱いて調査を始め、大企業が引き起こした周辺地域の水質汚染に気付く。

    ヒューマンドラマ、裁判・法廷、実話、不正告発、シングルマザー

    ネット上の声

    再見。最初見たときは、印象に残らない作品でしたが、圧倒されました。...
     本物のエリン・ブロコビッチがウェートレス役で登場。ジュリア・ロバ...
    実話だっていうからすごい! ホントにドラマみたいな見事なサクセスス...
    実話というところが、すごい。正しいことに、正していくために。
    製作年:2000
    製作国:アメリカ
    監督:スティーヴン・ソダーバーグ
    主演:ジュリア・ロバーツ
    23
  24. スタンドアップ

    スタンドアップ
    評価:A3.92
    離婚して故郷の北ミネソタに帰って来たジョージー(シャーリーズ・セロン)は2人の子供を抱え給料の高い鉄鉱山で働くことを決心する。しかし、その職場には想像を絶するような男性社員からの嫌がらせが待ち受けていた。

    ヒューマンドラマ、実話、不正告発

    ネット上の声

    セクハラについて考えさせられました・・・
    涙、涙のヒューマンストーリーではない!!
    シャーリーズ・セロンの実話に基づく衝撃作
    群れから孤立すれば“えじき”になる。
    製作年:2005
    製作国:アメリカ
    監督:ニキ・カーロ
    主演:シャーリーズ・セロン
    24
  25. ミンボーの女

    ミンボーの女
    評価:A3.92
     「お葬式」「マルサの女」の伊丹十三監督が、バブル期の日本において地上げ屋、総会屋といった暴力団による経済活動が活発化するのに目を付け、ヤクザと対決するミンボー(民事介入暴力)専門の女性弁護士の活躍を描いた痛快エンタテインメント。東京の名門ホテル、ロイヤルコートはサミットの開場をライバルホテルに奪われてしまう。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    伊丹監督お得意の「マニュアル」映画
    怖いものはヤクザと・・・・
    伊丹監督のアップの凄み
    安定感のある面白さ☆3つ
    製作年:1992
    製作国:日本
    監督:伊丹十三
    主演:宮本信子
    25
  26. イーダ

    イーダ
    評価:A3.91
    1960年代のポーランドを舞台に若い修道女が出生の秘密をたどる旅を描き、トロント国際映画祭など各映画祭で好評を博したヒューマンドラマ。自分がユダヤ人であることを告げられたヒロインが、両親の死の真相を知るべく過去をひもといてゆくさまをつづる。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ

    ネット上の声

    リリカルな映像美、問いかける生きる意味。
    過去を振り返り、今を生きる意味を考える
    引き裂かれた国で引き裂かれてしまった人
    静かな映像が人の存在感を際立たせている
    製作年:2013
    製作国:ポーランド
    26
  27. ポチの告白

    ポチの告白
    評価:A3.90
    実際に存在した警察犯罪を思わせる数々の事件とともに、善良な警官が悪に染まっていく過程を重厚に描き出した社会派エンターテインメント。警察問題ジャーナリストの寺澤有の原案を基に、メガホンを取ったのは『GOTH』の高橋玄。

    ヒューマンドラマ、刑事、不正行為

    ネット上の声

    人間というのは、こんな単純では無いと思う
    警察以外の人たちは、みんな”ポチ”なのさ
    誰にとっての常識であり非常識なのか
    初日舞台挨拶、監督到着せず
    製作年:2006
    製作国:日本
    監督:高橋玄
    主演:菅田俊
    27
  28. 君のためなら千回でも

    君のためなら千回でも
    評価:A3.90
    『チョコレート』『主人公は僕だった』のマーク・フォースター監督が、兄弟のように育った少年2人の心の傷と許しを描くヒューマンドラマ。ソ連とタリバンに翻弄(ほんろう)されるアフガニスタンの過去と現在を見せる、衝撃的な政治ドラマでもある。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ

    ネット上の声

    『 君のためなら千回でも! 』
    応える勇気
    人としての様々な気持ち・心情とイスラムの習慣など見応えあり。
    結果的には贖罪。でも一途な想いには感じず
    製作年:2007
    製作国:アメリカ
    監督:マーク・フォースター
    主演:ハリド・アブダラ
    28
  29. 母たちの村

    母たちの村
    評価:A3.90
    コレ(ファトゥマタ・クリバリ)は西アフリカの村で、第一夫人(マイムナ・エレーヌ・ジャラ)らと平和に暮らしていた。ある朝、4人の少女が“モーラーデ(保護)”を求めて彼女の家に駆け込んでくる。自分の娘(サリマタ・トラオレ)にも割礼を受けさせなかったコレは彼女たちを保護することを決心し、玄関に縄を張る。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    オマ○コがもぞもぞしてくる映画です
    2時間があっという間
    大切なメッセージ
    今でも続いている伝統だなんて衝撃
    製作年:2004
    製作国:フランス/セネガル
    監督:ウスマン・センベーヌ
    主演:ファトゥマタ・クリバリ
    29
  30. ハゲタカ

    ハゲタカ
    評価:A3.87
    企業買収をテーマにした壮絶なマネーゲームを描いて大反響を呼んだNHKテレビドラマ「ハゲタカ」の劇場版。ドラマから数年が経過した日本を舞台に、日本の基幹産業・大手自動車メーカーに買収を仕掛ける中国系ファンドと天才ファンドマネージャー・鷲津政彦が繰り広げる激しいマネー戦争を活写する。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    役者の”目ぢから”に圧倒される!
    鷲津さんに会えるのは 今だけ!
    時を味方に出来なくて残念(T_T)
    ドラマと映画の体感温度差。
    製作年:2009
    製作国:日本
    監督:大友啓史
    主演:大森南朋
    30
  31. ノー・マンズ・ランド

    ノー・マンズ・ランド
    評価:A3.87
    アカデミー賞(2002年)アカデミー外国語映画賞、カンヌ映画祭脚本賞などを受賞。93年、ボスニア紛争下、ボスニアとセルビアの中間地帯“ノー・マンズ・ランド”に取り残された2国の兵士チキとニノの駆け引きに、彼らの周囲の国連防護軍や、マスコミの動きをユーモアを交えて描く。監督はボスニア戦争の最前線でドキュメンタリーを撮影した経験の持ち主。キャストもスタッフも、クロアチア、ボスニア、セルビア、英国、ベルギーなど各国の人材が集合。

    ヒューマンドラマ、戦争、リアルな戦闘シーンがある、どんでん返し

    ネット上の声

    中立という立場のずるさ
    皮肉てんこ盛り
    笑顔泥棒
    内容ネタバレはないが、意図を解釈してます
    製作年:2001
    製作国:フランス/イタリア/ベルギー/イギリス/スロヴェニア
    監督:ダニス・タノヴィッチ
    主演:ブランコ・ジュリッチ
    31
  32. アラバマ物語

    アラバマ物語
    評価:A3.87
    アカデミー賞(1963年・3部門) ピューリッツァ賞を受賞したH・リーの『ものまね鳥を殺すには』を劇作家H・フートが脚色、後に「サンセット物語」などの社会派ドラマを多く手掛ける製作パクラ=監督マリガンのコンビが映画化した問題作。不況の風吹く1932年、南部のアラバマ州。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、裁判・法廷、人種差別

    ネット上の声

    子供に迎合しない内容で子供に見せ様としている作りが良い
    第35回アカデミー男優賞にての大盤狂わせ
    裁判物語ではなく、子供たちの物語です。
    人種差別〜法律的な正義!「(゚〜゚o)
    製作年:1962
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・マリガン
    主演:グレゴリー・ペック
    32
  33. 愛と哀しみの旅路

    愛と哀しみの旅路
    評価:A3.87
     第二次大戦を背景に、アメリカ人男性と日系女性の悲恋を描いたラブ・ストーリー。社会派のメッセージを織り込みながらも、基本的にはメロドラマとなっているところがポイントで、あざとくなく純粋に涙を誘う造りは悪くない。

    ヒューマンドラマ、恋愛、戦争、人種差別

    ネット上の声

    アラン・パーカーが描く、日系人の受難
    史実を忘れてはならない
    時代感は素敵
    日系二世は日本人の敵なのか?
    製作年:1990
    製作国:アメリカ
    監督:アラン・パーカー
    主演:デニス・クエイド
    33
  34. インサイダー

    インサイダー
    評価:A3.86
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(1999年・2部門)CBSの人気報道番組「60ミニッツ」のプロデューサー、バーグマンの元に匿名でタバコ会社の極秘書類が届けられた。バーグマンはこの書類を調べ、ワイガンドなる人物に行き当たる。ワイガンドは大手タバコ会社、B&W社の研究開発部門の副社長だったが、上層部と対立し解雇されていた。彼の握る秘密とは、タバコ業界の存在を根底から崩し得る決定的な証拠だった。ワイガンドがマスコミと接触したと知ったB&W社は、ワイガンドと彼の家族に圧力をかけ始める。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、実話、不正告発

    ネット上の声

    疑問に感じます。
    環境問題
    カッコいい大人の男の「立派な映画」
    煮え切らない世の中を見ているよう。
    製作年:1999
    製作国:アメリカ
    監督:マイケル・マン
    主演:アル・パチーノ
    34
  35. 約束の土地

    約束の土地
    評価:A3.84
     19世紀末、ポーランドの工業都市ウッジに、ユダヤ人のモリツ、ドイツ人のマックス、ポーランド人のカルロという三人の国籍も育ちも異なる若者が、自分たちの製糸工場建設に向かって共に働き始める。やがて夢は叶い、彼らの事業は急成長するが、旧資本に睨まれ、新工場を放火で焼失以来傾いてしまう。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ワイダはやはり
    若き日の理想はやがて...。
    製作年:1974
    製作国:ポーランド
    監督:アンジェイ・ワイダ
    主演:ダニエル・オルブリフスキー
    35
  36. 13歳の夏に僕は生まれた

    13歳の夏に僕は生まれた
    評価:A3.84
    裕福な家庭の少年サンドロ(マッテオ・ガドラ)は、父親のブルーノ(アレッシオ・ボーニ)と地中海クルージングに出かけた際、誤って海に落ちてしまう。取り残されたサンドロは不法移民を乗せた密航船に助けられ、ルーマニア人の少年ラドゥ(ヴラド・アレクサンドル・トーマ)と妹のアリーナ(エスター・ハザン)に出会うが……。

    ヒューマンドラマ、懐かしいノスタルジックな夏、夏に見たくなる

    ネット上の声

    ”それはただの現実にしか過ぎない”
    イタリア映画って、いいのかも
    イタリア映画復活の兆し
    ZERO円レンタル〜VO.1〜
    製作年:2005
    製作国:イタリア
    監督:マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ
    主演:マッテオ・ガドラ
    36
  37. 司祭

    司祭
    評価:A3.84


    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、同性愛
    製作年:1994
    製作国:イギリス
    監督:アントニア・バード
    主演:ライナス・ローチ
    37
  38. 堕ちる

    堕ちる
    評価:A3.84
    地下アイドルにハマっていく中年の職人を描いた問題作映像ディレクターの村山和也が監督を務め、地下アイドルに溺れる中年男性の姿に迫る人間ドラマ。群馬県桐生市を舞台に、これまで職人としてひたむきに働いてきた男が人生を謳歌(おうか)する姿を描く。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ

    ネット上の声

    アイドルも楽曲もいいので好印象
    某エンジニア
    ★★★★★(5点)
    職人というちょっとお堅い人種の方が、アイドルにハマり、恋に落ちる映画。 いや。恋と言うよりも、タイトル通りまさに「堕ちる」と言った方が正しいか。 タイトルには色んな意味が込められているようです。
    製作年:2016
    製作国:日本
    監督:村山和也
    主演:中村まこと
    38
  39. ビフォア・ザ・レイン

    ビフォア・ザ・レイン
    評価:A3.83
     マケドニアの美しい山岳地帯。まるで歴史に取り残されたかの様に佇む修道院で、沈黙を守る若い僧・キリルと少女の物語「言葉」、ロンドンを舞台に写真エージェントで働く女性編集者・アンとカメラマンで愛人のアレックスとの愛の模様を描く「顔」、アレックスを主人公に、名声も仕事も捨てて故郷の村を訪ねた彼がかつて好きだった女性と出会うエピソード「写真」の3話オムニバスで描く人間ドラマ。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ

    ネット上の声

    我々は所詮見ているだけなのか
    醜い紛争の子
    真面目なパルプ・フィクション
    戦争を、より鮮やかにカオスに導く傑作
    製作年:1994
    製作国:イギリス/フランス/マケドニア
    監督:ミルチョ・マンチェフスキー
    主演:グレゴワール・コラン
    39
  40. 人魚の眠る家

    人魚の眠る家
    評価:A3.83
    数々の著書が映像化されてきた作家・東野圭吾の小説を原作にしたミステリー。事故で重体に陥った少女の両親が過酷な選択を強いられる。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、病院(医療モノ)
    製作年:2018
    製作国:日本
    監督:堤幸彦
    主演:篠原涼子
    40
  41. 素晴らしき戦争

    素晴らしき戦争
    評価:A3.81
    ゴールデン・グローブ賞(1969年)替え歌でつづられた反戦ミュージカル。俳優として知られたリチャード・アッテンボローの監督第1作。製作はブライアン・ダフィーとリチャード・アッテンボロー。コンテニュィティをアン・スキナーが担当。撮影はゲリー・ターピン、音楽監督はアルフレッド・ラルストン、美術はハリー・ホワイト、振付はエレナー・フェイザン、衣裳デザインはアンソニー・メンデルソン、編集はケヴィン・コナーがそれぞれ担当。出演はローレンス・オリヴィエ、ラルフ・リチャードソン、ジョン・ギールグッド、ジョン・ミルズ、ケネス・モア、ジャック・ホーキンス、コリン・レッドグレーヴ、ポール・シェリー、モーリス・ローヴス、コーリン・ファレル、マルカム…

    ヒューマンドラマ、ミュージカル

    ネット上の声

    第一次世界大戦が舞台のミュージカルだが?
    発掘良品を観る #421
    度肝を抜く演出
    ラストが凄い!
    製作年:1969
    製作国:イギリス
    監督:リチャード・アッテンボロー
    主演:ローレンス・オリヴィエ
    41
  42. 若者のすべて

    若者のすべて
    評価:A3.81
     巨匠ヴィスコンティがイタリアに存在する南北格差の問題を真正面から取上げ、南部の家族の崩壊を描いた壮大な叙事詩。父を失い南部で貧窮にあえいでいたパロンディ家は、北部の大都市ミラノに出稼ぎに来ていた長兄を頼って、老いた母と兄弟4人でやって来る。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ

    ネット上の声

    家族の絆、恋人への愛のあり方
    許されざる者と許す者
    睡眠の夢が、モノクロな人向き
    価値の変換とねじれ
    製作年:1960
    製作国:イタリア/フランス
    監督:ルキノ・ヴィスコンティ
    主演:アラン・ドロン
    42
  43. 招かれざる客

    招かれざる客
    評価:A3.80
    アカデミー賞(1968年・2部門) 世界的にその名を知られる黒人医師ジョン(ポワチエ)はハワイで知り合った白人女性ジョーイ(C・ホートン)と人種の壁を越えて結婚を誓い合い、互いの両親の許しを得るためサンフランシスコのドレイトン家を訪れる。最初戸惑っていた母も、娘の喜ぶ様子を見て次第に祝福する気になるが、父マットの心境は複雑だ。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、人種差別

    ネット上の声

    【K推奨作品】オバマが誕生するまで
    K・ヘプバーンがいい・・・
    あらゆる意味で名作
    家族の心の葛藤
    製作年:1967
    製作国:アメリカ
    監督:スタンリー・クレイマー
    主演:スペンサー・トレイシー
    43
  44. 地下水道

    地下水道
    評価:B3.80
    第二次大戦下のポーランドにおける対独ゲリラ戦の一挿話を描いた一篇。イェジー・ステファン・スタウィニュスキーの原作『下水渠』をスタウィンスキ自ら脚色、三十一歳の若手アンジェイ・ワイダが監督した。撮影はイェジー・リップマン、音楽はヤン・クレンズ。主演はタデウシュ・ヤンチャル、テレサ・イゼウスカ、ヴィンチェスワフ・グリンスキー、そのほかポーランド国立映画アカデミーの学生たち。一九五七年度カンヌ国際映画祭・審査員特別賞、一九五七年度モスクワ世界青年平和友好映画祭青年監督賞をそれぞれ受賞。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    往くも、退くも・・。自分だったら・・
    息苦しいポーランドの水脈
    格子を背にした恋人達
    怖くて悲惨。。。
    製作年:1956
    製作国:ポーランド
    監督:アンジェイ・ワイダ
    主演:タデウシュ・ヤンツァー
    44
  45. 闇の列車、光の旅

    闇の列車、光の旅
    評価:B3.80
    オースティン映画批評家協会賞(2009年・外国語映画賞)2009年のサンダンス映画祭で監督賞と撮影監督賞を受賞した、感動的なロードムービー。現在の中南米の厳しい状況を、ホンジュラス移民の少女とメキシコのギャング団の一員である青年の偶然の出会いを軸に描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    どちらの闇に真の光は差し込んだのだろうか
    中南米の現実を描いた衝撃的ロードムービー
    厳しい現実に胸が締め付けられますが…
    厳しい映画 ! とは言えないなぁ〜。
    製作年:2009
    製作国:メキシコ/アメリカ
    監督:キャリー・ジョージ・フクナガ
    主演:エドガル・フローレス
    45
  46. マンデラの名もなき看守

    マンデラの名もなき看守
    評価:B3.79
    南アフリカ初の黒人大統領ネルソン・マンデラの“囚われの27年間”にスポットを当てた感動作。政治活動家として刑務所生活を強いられたマンデラと、彼との出会いによって社会を見つめ直す白人看守グレゴリーの交流が描かれる。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、実話、刑務所、アフリカ舞台

    ネット上の声

    敵ではなく、自分に対する戦い。
    すべての始まりは「こども」
    うまくまとめた27年の物語
    名もなき父と名のある父
    製作年:2007
    製作国:フランス/ドイツ/ベルギー/南アフリカ
    監督:ビレ・アウグスト
    主演:ジョセフ・ファインズ
    46
  47. カンダハール

    カンダハール
    評価:B3.79
    アフガニスタンで貧窮の中に生きる人々の実相を詩的な映像で描き出した作品。監督・脚本・編集は「サイレンス」のモフセン・マフマルバフ。出演はジャーナリストのニルファー・パズィラほか。2001年カンヌ国際映画祭エキュメニック賞(国際キリスト教会審査員賞)、同年ユネスコ〈フェデリコ・フェリーニ〉メダル、同年テサロニキ映画祭国際批評家賞受賞。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    沈黙のアフガン
    落下傘と義足
    イン・ディス・ワールドを先に見たので
    ストーリーよりも映像がインパクト大
    製作年:2001
    製作国:イラン
    監督:モフセン・マフマルバフ
    主演:ニルファー・パズィラ
    47
  48. 密約 外務省機密漏洩事件

    密約 外務省機密漏洩事件
    評価:B3.79
    1972年の沖縄返還に伴い、日本とアメリカの政府間で極秘に交わされた密約をスクープした外務省機密漏洩事件を映像化した社会派ドラマ。1978年にテレビドラマとして放送され、その10年後には劇場公開された。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    黙認は美徳、政治とジャーナルは存在しない
    一つの事実に真剣に向き合って…
    吉行和子が良い。。。
    ジャーナリズムが機能し、生きている時代
    製作年:1978
    製作国:日本
    監督:千野皓司
    主演:北村和夫
    48
  49. エルミタージュ幻想

    エルミタージュ幻想
    評価:B3.78
    映画史上だれもなし得なかった90分間ワンカット、編集なし、本番一日という条件。しかも世界遺産であるエルミタージュ美術館の内部で撮影された驚異の映画。監督は、現代ロシアを代表するアレクサンドル・ソクーロフ。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ラストだけでも観る価値あり!
    衣擦れの音に耳をかたむけて
    まさに夢、まさに幻想
    まさに絵の中にいる気分
    製作年:2002
    製作国:ロシア/ドイツ/日本
    監督:アレクサンドル・ソクーロフ
    主演:セルゲイ・ドレイデン
    49
  50. フルートベール駅で

    フルートベール駅で
    評価:B3.78
    サンダンス映画祭(2013年・2部門)2009年1月1日、22歳の黒人青年が警察官に銃で撃たれて死亡した事件を基に映画化し、映画祭や賞レースを席巻したドラマ。新年を迎えようという12月31日、家族や友人といつもの日常を過ごす青年の姿を描き、突然この世から去った彼の運命の残酷さやはかなさを浮き上がらせる。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、実話、人種差別

    ネット上の声

    淡々とした展開が最後の悲哀を倍加する
    冒頭の映像を超えているか
    編集がうまいな
    差別と後悔。
    製作年:2013
    製作国:アメリカ
    監督:ライアン・クーグラー
    主演:マイケル・B・ジョーダン
    50

スポンサードリンク