全44作品。家族がテーマの映画ランキング

  1. 老親 ろうしん

    老親 ろうしん
    評価:S4.47
    老いた親の介護問題を、ユーモラスかつ、温かい視点で描いた家族ドラマ。嫁と舅の関係を例にとり、介護の在り方、それに対する家族の役割などの問題点を浮かび上がらせていく。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、家族

    ネット上の声

    介護から家族一人一人が見えてきます
    テーマは重いのに、楽しい映画だ。
    老人介護の教育映画
    年をかさねて
    製作年:2000
    製作国:日本
    監督:槙坪夛鶴子
    主演:萬田久子
    1
  2. 酔っぱらった馬の時間

    酔っぱらった馬の時間
    評価:S4.44
    国家を持たない世界最大の少数民族であるクルド人監督が描く、感動の家族ドラマ。監督は、これがデビュー作となるバフマン・ゴバディ。2000年度カンヌ国際映画祭で大絶賛された。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、家族

    ネット上の声

    圧倒的に美しく、圧倒的に冷酷なクルディスタン
    過酷な世界に生きるからこその絆の強さ
    ノンフィクションを凌駕する現実性!
    ドキュドラの最高峰の傑作
    製作年:2000
    製作国:イラン/フランス
    監督:バフマン・ゴバディ
    主演:アヨブ・アハマディ
    2
  3. DOOR TO DOOR 〜僕は脳性まひのトップセールスマン〜

    DOOR TO DOOR 〜僕は脳性まひのトップセールスマン〜
    評価:S4.43


    ヒューマンドラマ、家族

    ネット上の声

    良かった。このドラマにはモデルがいた
    英ちゃんに逢いたくなります
    親子の情愛溢れる傑作
    すごいの一言
    製作年:2009
    製作国:日本
    主演:二宮和也
    3
  4. カオス・シチリア物語

    カオス・シチリア物語
    評価:S4.42
    ノーベル賞作家の短編集を原作にタビアーニ兄弟が描く、圧倒的に美しく壮大な抒情詩傑作。<もう一人の息子><月の病><甕><レクイエム>……鈴をつけられたカラスが真っ青なシチリアの空を飛び、かの地に暮らす人々の物語を結んでいく。そして、人生に疲れて故郷シチリアに戻った作者ピランデッロに、亡くなったはずの母が少女の頃の思い出を語る、まばゆいばかりに美しい<母との対話>がエピローグを飾る。

    ヒューマンドラマ、家族

    ネット上の声

    混沌(カオス)の世界に生きる人々の強さ
    イタリア落語「カオスシチリア噺」
    混沌の内から輝くものは?
    泣けるエピソードが秀逸
    製作年:1984
    製作国:イタリア
    監督:パオロ・タヴィアーニ
    主演:マルガリータ・ロサーノ
    4
  5. ステラ

    ステラ
    評価:S4.27
    ゴールデングローブ賞(1955年・外国語映画賞) 25年のサイレントと、37年バーバラ・スタンウィック主演の「ステラ・ダラス」。かつてハリウッドを代表した名プロデューサー、サミュエル・ゴールドウィンお気に入りの原作を、息子のサミュエル・ゴールドウィン・Jrが映画化した感動のヒューマン・ドラマ。

    ヒューマンドラマ、恋愛、家族、シングルマザー、泣ける

    ネット上の声

    レビューがきっかけで、10数年ぶりの再会
    これがレンタルされてないなんて!
    海より深く,太陽より暖かい。
    辛い決断だろうなぁ・・・
    製作年:1990
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・アーマン
    主演:ベット・ミドラー
    5
  6. ファニーとアレクサンデル

    ファニーとアレクサンデル
    評価:S4.21
    アカデミー賞(1984年・4部門)スウェーデンの巨匠イングマール・ベルイマンが自身の故郷である地方都市ウプサラを舞台に撮りあげた自伝的作品で、劇場を営む一族の2年間を2人の孫の目を通して豪華絢爛に描いた全5章構成の群像ドラマ。1907年のクリスマスイブ。少年アレクサンデルと妹のファニーは、劇場主で俳優の父オスカル・エクダールや女優の母エミリーと共に毎年恒例のキリスト降誕劇を上演し、クリスマスを盛大に祝う。ところがその年明けにオスカルが舞台のリハーサル中に倒れ、そのまま帰らぬ人に。夫を亡くしたエミリーは、相談に乗ってくれたベルゲルス主教と再婚することになるが……。第56回アカデミー賞で外国語映画賞など4部門を受賞したほか数々の…

    ヒューマンドラマ、クリスマス、家族、群像劇

    ネット上の声

    不朽の名作。特に後半の独り演技が最高。
    やや過大な期待をしすぎてしまった作品
    絵画のような映像美に目を奪われます。
    5時間超の大作☆ベルイマン最高傑作!
    製作年:1982
    製作国:スウェーデン/フランス/西ドイツ
    監督:イングマール・ベルイマン
    主演:グン・ヴォールグレーン
    6
  7. おにいちゃんのハナビ

    おにいちゃんのハナビ
    評価:S4.20
    年に一度打ち上げられる花火に思いを託す余命わずかな少女と兄のきずなを描く感動のトゥルーストーリー。『ソラニン』などで一躍人気俳優となった高良健吾が、妹から生きる勇気をもらい、引きこもりから再生する兄を演じている。

    ヒューマンドラマ、実話、花火が印象的、難病、家族、白血病

    ネット上の声

    泣けます!.....号泣です!....兄弟愛.....最高でした!
    想いがこもった”ハナビ”が心に響く良作!
    何気ない毎日が奇跡なのかもしれないですね
    超感動!泣きすぎて頭が痛くなっちゃった!
    製作年:2010
    製作国:日本
    監督:国本雅広
    主演:高良健吾
    7
  8. 息子

    息子
    評価:A4.09
    日本アカデミー賞(1992年・最優秀作品賞)田舎に住む父親と都会でフリーアルバイター生活を送る息子との対立と和解を通して、家族の真の幸福を描くドラマ。椎名誠原作『倉庫作業員』を基にした映画化で、脚本・監督は「男はつらいよ 寅次郎の休日」の山田洋次。共同脚本は同作の朝間義隆。撮影は同作の高羽哲夫がそれぞれ担当。主な出演者は「釣りバカ日誌3」の三國連太郎、「喪の仕事」の永瀬正敏など。

    ヒューマンドラマ、家族、聴覚障害

    ネット上の声

    歳を重ねるとともに味わい深くなる作品。
    15年前の作品だけど今でも染み入ります
    ある年代になると味わい深くなる作品。
    和久井 映見の演技がとっても良かった
    製作年:1991
    製作国:日本
    監督:山田洋次
    主演:三國連太郎
    8
  9. ギルバート・グレイプ

    ギルバート・グレイプ
    評価:A4.07
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(1993年) 「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」のL・ハルストレム監督による青春映画。アイオワ州エンドーラ。

    ヒューマンドラマ、青春、兄弟、家族

    ネット上の声

    夢を見ることすら許されず、家族の為にその人生を捧げる主人公。演じる...
    『逃げられない』『投げ出せない』アナタへ
    家族愛は自己犠牲の上に成り立つのか
    素晴らしすぎて頭が追い付かない
    製作年:1993
    製作国:アメリカ
    監督:ラッセ・ハルストレム
    主演:ジョニー・デップ
    9
  10. リアル・スティール

    リアル・スティール
    評価:A4.05
    ロボット、格闘技、家族という意外な組み合わせの傑作スティーヴン・スピルバーグ率いるドリームワークスが、『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』のヒュー・ジャックマン主演で手掛けた、ロボットとの出会いを通じて親子のきずなを描く感動のストーリー。ボクシングの主役が生身の人間からロボットに移行した時代、リングにすべてを懸けた父と息子の起死回生のドラマを描く。

    ヒューマンドラマ、SF、ボクシング、家族、ロボット

    ネット上の声

    この作品は俺、好みの最高のサクセスストーリーでした。内容はロボット...
    思わず『エイドリアーン』と叫びたくなる。
    笑顔で泣けました!素晴らしい映画です!!
    スクラップが親子にくれた価値ある未来
    製作年:2011
    製作国:アメリカ
    監督:ショーン・レヴィ
    主演:ヒュー・ジャックマン
    10
  11. 天国で君に逢えたら

    天国で君に逢えたら
    評価:A4.04


    ヒューマンドラマ、実話、サーファー、家族

    ネット上の声

    とてもゆるやかに
    静かな愛
    この世から旅立つ間際に…
    託す想い
    製作年:2009
    製作国:日本
    主演:二宮和也
    11
  12. あなたを抱きしめる日まで

    あなたを抱きしめる日まで
    評価:A4.04
    ヴェネチア国際映画祭(2013年・金オゼッラ賞)10代で未婚の母となり幼い息子と強制的に引き離された女性の奇跡の実話を、『クィーン』などのスティーヴン・フリアーズ監督が名女優ジュディ・デンチを主演に迎えて映画化。ジャーナリストのマーティン・シックススミスによる「The Lost Child of Philomena Lee」を基に、50年前に生き別れた息子との再会を願う母親フィロミナの姿を描く。

    ヒューマンドラマ、実話、家族

    ネット上の声

    何が善で、何が悪かを説明できるくらいなら
    ミステリーとしても面白い、しかもこれ実話
    知的な抑制が利いた極上の98分に大満足。
    切なくて、心温まる、素晴らしい作品!!
    製作年:2013
    製作国:フランス/イギリス
    監督:スティーヴン・フリアーズ
    主演:ジュディ・デンチ
    12
  13. 愛と哀しみのボレロ

    愛と哀しみのボレロ
    評価:A4.03
    『マイ・ラブ』『男と女』などのクロード・ルルーシュ監督によるドラマ。ベルリン、モスクワ、パリ、ニューヨークを舞台に指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤン、バレエダンサーのルドルフ・ヌレエフ、シャンソン歌手エディット・ピアフ、ジャズミュージシャンのグレン・ミラーらの波瀾(はらん)の人生をモデルに壮大な物語を紡ぐ。

    ヒューマンドラマ、家族、バレエ(バレリーナ)

    ネット上の声

    伝説となる、ジョルジュ・ドンの踊るボレロ
    何回も見ました。すばらしい作品です
    巧みで濃密。実感2時間のち脳疲労。
    また映画館で見られて幸せです。
    製作年:1981
    製作国:フランス
    監督:クロード・ルルーシュ
    主演:ロベール・オッセン
    13
  14. 晩秋

    晩秋
    評価:A4.00
    年老いた父と息子の交流を通して、家族の絆を描くドラマ。エグゼクティヴ・プロデューサーはスティーヴン・スピルバーグとフランク・マーシャル、キャスリーン・ケネディ。ウィリアム・ワートンの原作を基に、製作・監督・脚本はゲイリー・デイヴィッド・ゴールドバーグ、共同製作はジョゼフ・スターン、撮影はジャン・キーサー、音楽はジェームズ・ボーナーが担当。出演はジャック・レモン、テッド・ダンソンほか。

    ヒューマンドラマ、家族

    ネット上の声

    粋な邦題、原題は“DAD”
    人は許し合い、愛し合う
    ジャック・レモン!
     アメリカでの自動車免許取得は簡単だというけど、いくらなんでもあの...
    製作年:1989
    製作国:アメリカ
    監督:ゲイリー・デヴィッド・ゴールドバーグ
    主演:ジャック・レモン
    14
  15. 私の中のあなた

    私の中のあなた
    評価:A3.99
    アメリカの人気作家ジョディ・ピコーのベストセラー小説を、『きみに読む物語』のニック・カサヴェテス監督が映画化。白血病の姉のドナーとなるべく遺伝子操作によって生まれた妹が、姉への臓器提供を拒んで両親を提訴する姿を通し、家族のありかたや命の尊厳を問いかける。

    ヒューマンドラマ、難病、家族、白血病

    ネット上の声

    生きた時間より、込められた時間
    「最高の人生」ってなんだろう
    シュールな笑いが評判だったロードムービー『リトル・ミス・サンシャイ...
    命、体って誰のもの? 愛であれば何でも許されるのか?
    製作年:2009
    製作国:アメリカ
    監督:ニック・カサヴェテス
    主演:キャメロン・ディアス
    15
  16. マイ・ライフ

    マイ・ライフ
    評価:A3.97
     ガンを宣告され余命幾許も無い事を知った男は、産まれてくる我が子のために自分の姿をビデオで残そうとする。自分の“遺言作り”を通して、妻と家族の絆を取り戻していく様を描いた感動編。

    ヒューマンドラマ、難病、家族、癌(がん)

    ネット上の声

    埋もれ気味だがなかなかの佳作
    「死」から生まれるもの
    死を知り、生を考える
    希望
    製作年:1993
    製作国:アメリカ
    監督:ブルース・ジョエル・ルービン
    主演:マイケル・キートン
    16
  17. やさしい嘘と贈り物

    やさしい嘘と贈り物
    評価:A3.91
    認知症で記憶をなくした老人が、彼を気遣う家族に見守られながら自分の妻に恋をする姿を描いた人間ドラマ。主人公の老夫婦を、共にオスカー俳優のマーティン・ランドーとエレン・バースティンが演じる。

    ヒューマンドラマ、難病、夫婦、家族、認知症

    ネット上の声

    物足りなさあるが、こんな素敵な嘘はいいよ
    誰にでも起こり得ることだから・・・
    こんな素敵な嘘なら歓迎かな♪
    予告編というやさしくない嘘。
    製作年:2008
    製作国:アメリカ
    監督:ニコラス・ファクラー
    主演:マーティン・ランドー
    17
  18. 海辺の家

    海辺の家
    評価:A3.87
    42歳の建築デザイナーが余命4カ月と宣告され、離婚した妻のもとで暮らし、父に反感を持つ16歳の息子とともに、父の住んでいた家を建て直そうと決意する。ふたりは親子の絆を回復することができるのか。監督は「ロッキー」などの製作を経て「真実の瞬間」で監督デビューしたアーウィン・ウィンクラー。脚本は「恋愛小説家」のマーク・アンドラス。撮影は「ディア・ハンター」などのベテラン、ビルモス・ジグモント。

    ヒューマンドラマ、子供が生まれてから見たら大泣きする、家族

    ネット上の声

    美しく静かに最後の時が流れる
    悪いことが良いことになる。
    息子のまなざし
    多くは語らなくともわかる!父と息子の絆!
    製作年:2001
    製作国:アメリカ
    監督:アーウィン・ウィンクラー
    主演:ケヴィン・クライン
    18
  19. 花いちもんめ。

    花いちもんめ。
    評価:A3.85
    出演:千秋実、十朱幸代 他。 ボケが進行していく祖父を抱えた一家が、それがもとで逆に家族の亀裂を修復、絆を強めていく異色のホーム・ドラマ。もと大学教授の鷹野冬吉は、ミスがもとで勤務先をクビになってしまう。

    ヒューマンドラマ、家族、認知症

    ネット上の声

    考えさせられるドラマ☆3つ半
    なんか。。切ないです。
    …泣ける。
    製作年:1985
    製作国:日本
    監督:伊藤俊也
    主演:千秋実
    19
  20. 湯を沸かすほどの熱い愛

    湯を沸かすほどの熱い愛
    評価:A3.83
    『紙の月』などの宮沢りえと、『愛を積むひと』などの杉咲花が母娘を演じ、余命宣告を受けた主人公の奮闘に迫る家族ドラマ。行方不明の夫を連れ戻すことをはじめ、最後の四つの願い事をかなえようと奔走するヒロインの姿を捉える。

    ヒューマンドラマ、難病、家族、癌(がん)、銭湯

    ネット上の声

    ツッコミ入れたくなるのもわかる
    杉咲花がとても良い。 やっぱりそうくるのか、とても後を引く。 画力...
    Amazon primeにて鑑賞。 ツッコミどころは多いけど、それ...
    宮沢りえさんの熱演で湯が湧きます
    製作年:2016
    製作国:日本
    監督:中野量太
    主演:宮沢りえ
    20
  21. マスク

    マスク
    評価:B3.79
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(1985年) 骨の膨張により顔が獅子のように変形する奇病“ライオン病”患者の少年と母親の絆を描いた異色作。この手の映画はお涙を誘うエセ・ヒューマニズム的な作品が多いが、この作品で驚かされるのはシェール演じる母親の力強さ。

    ヒューマンドラマ、難病、家族

    ネット上の声

    ハンデを負った少年の苦しみと幸福
    衝撃でした
    生きる力
    ただひたすらに“強い”映画
    製作年:1984
    製作国:アメリカ
    監督:ピーター・ボグダノヴィッチ
    主演:シェール
    21
  22. マグノリアの花たち

    マグノリアの花たち
    評価:B3.73
    ゴールデングローブ賞(1989年・助演女優賞) 犯罪者の夫を持つアネルがトゥルーヴィの美容室に勤め始めたその日は、近くに住むマリンの娘シェルビーの結婚式だった。髪を結いに来た二人、さらに前町長の未亡人クレリーを交え楽しく語らっていた時、シェルビーに糖尿病の発作が起きる。

    ヒューマンドラマ、家族

    ネット上の声

    逞しく生きる!オバサン達の絆や愛に感動!
    大事なものはなくならない
    だから女は強いのよっ!
    人間のほんとうの強さ。
    製作年:1989
    製作国:アメリカ
    監督:ハーバート・ロス
    主演:サリー・フィールド
    22
  23. 映画 あたしンち

    映画 あたしンち
    評価:B3.71
    けらえいこ原作の人気アニメーション「あたしンち」の映画化。劇場用オリジナル・ストーリーで、母とみかんが入れ替わってしまったタチバナ家の一大騒動を描く。

    コメディ、アニメ、家族、入れ替わり

    ネット上の声

    しみちゃんとしゅうぞうは良いやつ。
    入れ替わりムービー
    TVでやりましたね
    おもしろい!!
    製作年:2003
    製作国:日本
    監督:やすみ哲夫
    主演:渡辺久美子
    23
  24. フォーチュン・クッキー

    フォーチュン・クッキー
    評価:B3.70
    再婚を控えた母親(ジェイミー・リー・カーティス)と反抗ばかりの娘アンナ(リンゼイ・ローハン)。中華料理店でフォーチュン・クッキーを食べたふたりは翌朝、自分たちの身体が入れ替わっていることに気づく。

    コメディ、アニメ、家族、入れ替わり

    ネット上の声

    相手の立場が判るフォーチュン・クッキー!
    ベタなストーリーだが、テンポよい秀作!
    テンポが良くて、とても楽しめました!
    怪しいクッキーは食べてはいけません
    製作年:2003
    製作国:アメリカ
    監督:マーク・ウォーターズ
    主演:ジェイミー・リー・カーティス
    24
  25. 家族の庭

    家族の庭
    評価:B3.69
    『ヴェラ・ドレイク』などのイギリスの巨匠、マイク・リー監督による心揺さぶられる人間ドラマ。揺るぎない信頼関係で結ばれている一組の夫婦と、彼らのもとに集まる人々の喜怒哀楽を優しく見つめる。

    ヒューマンドラマ、家族

    ネット上の声

    心温まる映画ではなく、辛辣な差別感覚
    いつまでも幸せでいられるには・・・
    「老い」の先に待ち受ける「孤独」
    マイク・リーは恐ろしい
    製作年:2010
    製作国:イギリス
    監督:マイク・リー
    主演:ジム・ブロードベント
    25
  26. モンスーン・ウェディング

    モンスーン・ウェディング
    評価:B3.68
    ヴェネチア国際映画祭(2001年・金獅子賞) インド・デリー。テレビ局に勤める女性アディティ・ベルマは父の決めた縁談をここへきて急に承諾した。

    ヒューマンドラマ、家族、結婚

    ネット上の声

    パパさんの毅然とした態度は立派だった
    あなたが流した涙はきっと幸せに・・・
    踊るマハラジャだけではない!
    やっぱりインドといえば音楽
    製作年:2001
    製作国:インド/アメリカ/フランス/イタリア
    監督:ミーラー・ナーイル
    主演:ナセールディン・シャー
    26
  27. 罠にかかったパパとママ

    罠にかかったパパとママ
    評価:B3.67
     主人公の少女が、自分と瓜二つの少女と出会う。親友となった二人はお互いの事を話すうち、自分たちが、離婚して父と母に引きとられた双子であると分かる。

    ヒューマンドラマ、家族、ディズニー

    ネット上の声

    オハラさん in Disneymagic
    ベッキー
    子供向けだけど、楽しめる
    製作年:1961
    製作国:アメリカ
    監督:デヴィッド・スウィフト
    主演:ヘイリー・ミルズ
    27
  28. 華岡青洲の妻

    華岡青洲の妻
    評価:B3.67
    医者の家に嫁いだ嫁と姑の対立を描いた問題作 有吉佐和子の同名小説を新藤兼人が脚色、増村保造が監督した。世界で初めて麻酔を使った手術を成功させた華岡青洲と、彼への愛を争う妻と母との確執を描いた文芸作。

    ヒューマンドラマ、医師、家族

    ネット上の声

    紀州弁の優しい響きが、ゆったりと流れます
    クレージーキャッツとキチ○イナスビ(笑)
    猫好きの方にはオススメ出来ません
    70点 一流だが、どうも足りない。
    製作年:1967
    製作国:日本
    監督:増村保造
    主演:市川雷蔵
    28
  29. ちづる

    ちづる
    評価:B3.61
    立教大学の学生赤崎正和が、卒業制作として重度の知的障害と自閉症を持つ20歳の妹にカメラを向けたドキュメンタリー。5年前に夫を交通事故で失って以来、女手ひとつで奮闘してきた母親と妹の姿を1年にわたってカメラに収める。

    ドキュメンタリー、自閉症、家族、シングルマザー

    ネット上の声

    自閉症あるある、障害児者の家族あるある
    知ること、そして少しずつ理解すること
    監督の妹への想いがあふれている。
    人はどうあろうとも生きていく
    製作年:2011
    製作国:日本
    監督:赤崎正和
    29
  30. マイ・ブラザー

    マイ・ブラザー
    評価:C3.58
    デンマーク映画『ある愛の風景』を、トビー・マグワイア、ジェイク・ギレンホール、ナタリー・ポートマンらの豪華共演でリメイクした家族ドラマ。秘密を抱えた元兵士の男と妻、そして二人の娘に男の弟を巻き込んで、家族の崩壊と再生を情感豊かにつづる。

    サスペンス、兄弟、家族

    ネット上の声

    リメイク作品と前もって知っていれば・・・
    例えそれを知っていても叫ばずにいられない
    アメリカを苦しめ続ける「国家の問題」
    目で語るトビー・マグワイア
    製作年:2009
    製作国:アメリカ
    監督:ジム・シェリダン
    主演:トビー・マグワイア
    30
  31. キッズ・オールライト

    キッズ・オールライト
    評価:C3.56
    ゴールデングローブ賞(2010年・2部門)ある風変わりな家族を通し、真の愛情や家族のあり方を見つめた人間ドラマ。長年共に暮らしてきた同性カップルの子どもたちが、自分たちの父親を捜し始めたことから起きる騒動をコミカルに描く。

    ヒューマンドラマ、家族

    ネット上の声

    わかるんだけど、わかりたくない、みたいな
    家族の愛の形は本当にいろいろあります
    家族とは作りあげていくもの…?
    闖入者
    製作年:2010
    製作国:アメリカ
    監督:リサ・チョロデンコ
    主演:アネット・ベニング
    31
  32. 名もなきアフリカの地で

    名もなきアフリカの地で
    評価:C3.55
    アカデミー賞(2003年)第2次世界大戦下、ナチスから逃れるため祖国ドイツから、アフリカへ渡ったユダヤ人一家。その幼い娘レギーナは、料理人である現地民オウアや、周囲の子どもたちとの交流の中で、たくましく成長していくが、彼女の両親には複雑な思いがあった。監督は聴覚に障害を持つ両親と暮らす少女を描く「ビヨンド・サイレンス」の女流監督カロリーヌ・リンク。長期ロケを敢行してアフリカの大地のさまざまな顔を映し出す。

    ヒューマンドラマ、アフリカ舞台、家族

    ネット上の声

    外国語映画賞に輝いた、淡々of淡々映画。
    その土地の人と同じものの見方になって
    成長していく心の軌跡が素晴らしい!!
    小さなメンサブ(奥さん)
    製作年:2001
    製作国:ドイツ
    監督:カロリーヌ・リンク
    主演:ユリアーネ・ケーラー
    32
  33. レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い

    レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い
    評価:C3.54
    アカデミー賞(1995年・撮影賞)遙かなオールド・ウエストを舞台に、愛に素直に生きられない青年と、彼を想い続けた女性の悲しい愛の軌跡を描いた大河ロマン。「ウルフ」の脚本も手掛けた現代アメリカ文学の人気作家ジム・ハリソンの中編小説を、「きのうの夜は…」「グローリー」のエドワード・ズウィックの監督で映画化。脚本はスーザン・シリディとビル・ウィトリフ。製作はズウィック、彼のパートナーのマーシャル・ハースコヴィッツ、ウィトリフの共同。エグゼクティヴ・プロデューサーは「めぐり逢えたら」のパトリック・クロウリー。カナダ・ロケで美しい自然をとらえた撮影は「ブルーサンダー」のジョン・トール、音楽は「スウィング・キッズ」のジェームズ・ホーナー…

    ヒューマンドラマ、家族

    ネット上の声

    あー!もぅ!せつなすぎてたまらん!!
    厳格な父と性格の違う3兄弟の強い絆
    辛口ですみません
    ブラットピットのプロモーションビデオ
    製作年:1994
    製作国:アメリカ
    監督:エドワード・ズウィック
    主演:ブラッド・ピット
    33
  34. アリスのままで

    アリスのままで
    評価:C3.53
    アカデミー賞(2015年・主演女優賞)若年性アルツハイマー病と診断された50歳の言語学者の苦悩と葛藤、そして彼女を支える家族との絆を描く人間ドラマ。ベストセラー小説「静かなアリス」を基に、自身もALS(筋委縮性側索硬化症)を患ったリチャード・グラツァーと、ワッシュ・ウェストモアランドのコンビが監督を務めた。

    ヒューマンドラマ、難病、家族、認知症

    ネット上の声

    若年性アルツハイマーの恐怖。あんな症状、私にもいっぱいある、やばい...
    記憶をなくし、知性をなくすことは、幸せなことだと思う。人間以外の生...
    記憶をなくし、知性をなくすことは、幸せなことだと思う。人間以外の生...
    自分が自分じゃなくなる自覚って恐怖しかない……
    製作年:2014
    製作国:アメリカ
    監督:リチャード・グラツァー
    主演:ジュリアン・ムーア
    34
  35. トイレット

    トイレット
    評価:C3.50
    プラモデルオタクのレイ(アレックス・ハウス)、引きこもりピアニストの兄モーリー(デヴィッド・レンドル)、エアギターで自己実現のアイデンティティーを保っている大学生の妹リサ(タチアナ・マズラニー)の三兄弟は、人生は退屈の繰り返しに耐えることだと信じて疑わなかった。しかし、生前母親が日本から呼んだばーちゃん(もたいまさこ)との日々を過ごす中で、三兄弟の心に少しずつ変化が起こり始める。

    ヒューマンドラマ、家族

    ネット上の声

    冷えた身体には、温泉が効くように、心に効く荻上ワールドの不思議体験を是非どうぞ!
    なんにもないけど、余韻も残る映画。 もたいさんの間というか、存在感...
    見えなかった優しさに気づき、支え合うことの大切さを知る。
    言葉なくても・・・ほっこり心が温まる映画
    製作年:2010
    製作国:日本/カナダ
    監督:荻上直子
    主演:アレックス・ハウス
    35
  36. ベルナのしっぽ

    ベルナのしっぽ
    評価:C3.44
    目の不自由なしずく(白石美帆)と夫、隆一(田辺誠一)のもとに、盲導犬ベルナがやってきた。盲導犬に対する世間の理解が低い中、ベルナとパートナーを組み、自分たちで子育てをしようと2人は奮闘する。ベルナは家族の一員として暮らしきずなを深めていくが、息子の成長とともに年老いたベルナに盲導犬を引退する時期が迫っていた。

    ヒューマンドラマ、実話、犬、盲目、家族

    ネット上の声

    期待しすぎちゃったなぁ
    う〜ん・・・
    「優しくなろう」という気持ちになる映画
    盲導犬を連れて「普通に」暮らすには
    製作年:2005
    製作国:日本
    監督:山口晃二
    主演:白石美帆
    36
  37. クリスマス・ストーリー

    クリスマス・ストーリー
    評価:C3.35
    とあるクリスマス。ヴュイヤール家では、母ジュノン(カトリーヌ・ドヌーヴ)の病気をきっかけに、長女エリザベート(アンヌ・コンシニ)、三男イヴァン(メルヴィル・プポー)ら、子どもたちが集まっていた。しかし、絶縁されていた次男アンリ(マチュー・アマルリック)の登場で、穏やかなクリスマスに波風が立ち始める。

    ヒューマンドラマ、クリスマス、家族、白血病

    ネット上の声

    苦い話だが決して悪くは無い、フランス映画好きな方にはお勧めの作品だと思うよ!
    テーマはシンプルだけど難しい(-.-)
    家族という小宇宙の不思議
    キャストが豪華
    製作年:2008
    製作国:フランス
    監督:アルノー・デプレシャン
    主演:メルヴィル・プポー
    37
  38. あしたのパスタはアルデンテ

    あしたのパスタはアルデンテ
    評価:C3.33
    パスタ会社社長の息子トンマーゾ(リッカルド・スカマルチョ)は、家族には経営学部と偽って文学部を卒業し、小説を執筆していた。さらに大きな秘密を抱える彼は、長兄のアントニオ(アレッサンドロ・プレツィオージ)が新社長に就任する食事会でそのことを告白しようとした矢先、兄が驚がくの秘密を発表。トンマーゾは何も言い出せないまま、兄の代わりに会社の経営を任されてしまい……。

    ヒューマンドラマ、同性愛、家族

    ネット上の声

    父親が知らない秘密を握る観客の優越感が笑いの原動力
    家族にばれないようにするのはおもしろい。 最後は81/2だよね。
    やりたいことは“きょう”やってしまおう!
    もっとドタバタ劇を期待していたのですが…
    製作年:2010
    製作国:イタリア
    監督:フェルザン・オズペテク
    主演:リッカルド・スカマルチョ
    38
  39. フレンチアルプスで起きたこと

    フレンチアルプスで起きたこと
    評価:C3.24
    オースティン映画批評家協会賞(2014年・外国語映画賞)フランスのスキーリゾートに休暇で訪れたスウェーデン人一家が経験する家族の危機を描く人間ドラマ。ある出来事をきっかけに一変する家族の関係を活写し、第67回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞を受賞した。

    ヒューマンドラマ、家族
    製作年:2014
    製作国:スウェーデン,デンマーク,フランス,ノルウェー
    監督:リューベン・オストルンド
    主演:ヨハネス・バー・クンケ
    39
  40. チャーリーとパパの飛行機

    チャーリーとパパの飛行機
    評価:D3.15
    パパ(ヴァンサン・ランドン)からのクリスマスプレゼントを楽しみにしていたチャーリー(ロメオ・ボツァリス)だが、期待していた自転車ではなく、手作りの白い模型飛行機をプレゼントされてがっかりする。そんな中、パパが突然の事故で死んでしまい、ママ(イザベル・カレ)とチャーリーは途方に暮れる。

    ヒューマンドラマ、クリスマス、家族

    ネット上の声

    空の一点を見つめるといつでも見えるから…
    結局・・・なんだったのだろうか。あれは
    この手の題材はアメリカの任せろ的映画
    やはりファンタジーものに弱い。。。
    製作年:2005
    製作国:フランス
    監督:セドリック・カーン
    主演:イザベル・カレ
    40
  41. それでも、愛してる

    それでも、愛してる
    評価:D3.05
    玩具会社の2代目として会社を率い、結婚20年になる妻メレディス(ジョディ・フォスター)や2人の息子と幸せな人生を送っていたウォルター・ブラック(メル・ギブソン)。ところが突然うつ病を患い、ひょんなことからビーバーの縫いぐるみに命を救われる。ウォルターは元気になったものの、それ以来、左手からビーバーを放せなくなってしまう。

    ヒューマンドラマ、家族、うつ病

    ネット上の声

    これぐらい愛されれば
    クマのぬいぐるみじゃないよ、ビーバー人形だよ
    それまで、愛してたのか?後味良くない作品
    若者、おじさん、男のある生き方について
    製作年:2009
    製作国:アメリカ
    監督:ジョディ・フォスター
    主演:メル・ギブソン
    41
  42. ラブリーボーン

    ラブリーボーン
    評価:D3.03
    スージー・サーモン(シアーシャ・ローナン)という魚の名前のような彼女は、14歳のときにトウモロコシ畑である者に襲われ、殺されてしまう。そしてスージーは天国にたどり着くが、父(マーク・ウォールバーグ)は犯人探しに明け暮れ、母(レイチェル・ワイズ)は愛娘を守れなかった罪悪感に苦しむ。崩壊していく家族の姿を見てスージーは……。

    ヒューマンドラマ、家族

    ネット上の声

    いくら綺麗なメッキを施してはいても…
    殺された人が天国に行く瞬間はいつか
    悲劇の少女が真に望んだものとは…?
    期待通りではないもどかしさ
    製作年:2009
    製作国:アメリカ/イギリス/ニュージーランド
    監督:ピーター・ジャクソン
    主演:マーク・ウォールバーグ
    42
  43. 象の背中

    象の背中
    評価:D2.82
    これまで何不自由なく暮らしてきた48歳の中堅不動産会社部長・藤山幸弘(役所広司)は、人生の円熟期を迎えようとしていた。ある日突然、医師に肺ガンで余命半年と宣告されてしまう。これまでの人生を振り返った藤山は延命治療を選択せず、今までに出会った大切な人たちと直接会って、自分なりの別れを告げることを決意する。

    ヒューマンドラマ、家族、癌(がん)

    ネット上の声

    し、しあわせだなあ~!
    今日はお涙頂戴で攻めますか。役所広司主演、これなら少しは泣けるだろ...
    年を取れば、好みも変わるよ。それが人生の楽しみだ
    強引に夫婦愛で纏める
    製作年:2007
    製作国:日本
    監督:井坂聡
    主演:役所広司
    43
  44. 看護婦のオヤジがんばる

    看護婦のオヤジがんばる
    評価:E0.00
    看護婦を妻にもつ亭主と子供たちの生活をコミカルに描くことで、看護婦という仕事が家族の犠牲の上に成立っていることを訴える。藤田健次の原作「看護婦のオヤジがんばる」と「看護婦のオヤジ泣いて笑って」を合せて映画化したもので、脚本は関功、監督は「二つのハーモニカ」の神山征二郎、撮影も同作の南文憲がそれぞれ担当。

    家族、看護師(ナース)
    製作年:1980
    製作国:日本
    監督:神山征二郎
    主演:前田吟
    44

スポンサードリンク