スポンサーリンクあり

全50作品。インドのヒューマンドラマ映画ランキング

  1. バジュランギおじさんと、小さな迷子
    • S
    • 4.84
    インド人青年と、声を出せないパキスタンから来た少女が、国や宗教を超えて織り成す2人旅をあたたかく描き、世界各国でヒットを記録したインド映画。幼い頃から声が出せない障がいを持つシャヒーダーは、パキスタンの小さな村からインドのイスラム寺院に願掛けにやってきた。しかし、その帰り道で母親とはぐれてしまい、1人インドに取り残されてしまう。そんなシャヒーダーが出会ったのは、正直者でお人好しなパワンだった。ヒンドゥー教のハヌマーン神の熱烈な信者であるパワンは、ハヌマーンの思し召しと、シャヒーダーを預かることにするが、彼女がパキスタンのイスラム教徒だと分かり驚がくする。長い年月、さまざまな部分で激しく対立するインドとパキスタン。しかし、パワンはシャヒーダーを家に送り届けることを決意し、パスポートもビザもない、国境越えの2人旅がスタートする。主人公パワンをインド映画界の人気スター、サルマーン・カーンが演じる。

    ネット上の声

    • こんなにも優しい映画があっていいのか? 全てに勝る“愛”の強さを描いたワールドワイドな傑作
    • 邦画には敵わないインド映画のスケール感・スピード感に圧倒されました!
    • 彼が危険を冒してまで密入国した動機は、愛でした。
    • 泣けるロードムービーで終わらない素晴らしさ!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2015年
    • 製作国インド
    • 時間159分
    • 監督カビール・カーン
    • 主演サルマーン・カーン
  2. ラストファーマー
    • S
    • 4.82
    年老いた農夫マヤンディの村は開発計画予定地であり、他の農家は土地を売却して村を去っていった。彼は村の寺院を守り自分の土地で農作していたが国鳥であるクジャクを殺したという濡れ衣を着せられ、拘留されてしまった。拘置所から農作を続ける方法とは果たしてどのようなものか?

    ネット上の声

    • 「西洋の科学技術では解明されていない何かがある悠久のインド」という事を静かに訴え
    • 開発で売りに出される農地が多い中、作物を育てて生活していくことに全てを捧げ、頑固
    • 映像や音楽やストーリー展開からはいい意味でインド映画らしさを感じない
    • 派手なアクションやダンスはないがこれもインド映画
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2021年
    • 製作国インド
    • 時間145分
    • 監督M・マニカンダン
    • 主演ヴィジャイ・セードゥパティ
  3. ただ空高く舞え
    • S
    • 4.82
    インド初の格安航空会社「エア・デカン」の創設者G・R・ゴーピナート大尉の自伝的著作をベースに、航空会社創業にまい進する男たちを描いたドラマ。 エコノミー席が満席のため、父の死に目に会うことができなかった空軍士官ネドゥマーランは、空軍時代の同期生と3人でインド初となる格安航空会社を立ち上げようとする。そんな彼らの熱意を、さげすむ者や馬鹿にする者も多かったが、周囲の雑音にもめげず、彼らは航空会社創業という夢を目指して前進していく。 タミル語映画のスター、スーリヤが主演を務める。監督は「ファイナル・ラウンド」のスダー・コーングラー。

    ネット上の声

    • 高額ゆえに、富裕層だけにしか許されなかった飛行機の旅を、空からの景色を、貧困に関
    • 今年のIDE(インド大映画祭)1本目はこちら🛩
    • IDE2023@ケイズシネマ 2本目
    • インドで格安航空会社を立ち上げようと奮闘する元空軍パイロットの史実に基づいた話し
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2020年
    • 製作国インド
    • 時間150分
    • 監督スダ・コンガラ
    • 主演スーリヤ
  4. マイネーム・イズ・ハーン
    • S
    • 4.73

    アスペルガー症候群の青年がアメリカ横断に挑む

    アメリカに住むイスラム系の青年。 彼は恋した女性と結婚し、親子3人幸せに暮らしていた。しかし911同時多発テロによって全て一変する。米国全体からの敵視の目。「私はテロリストじゃない」それでも止まない差別、いじめ、暴力。そして家族に降りかかる最大の悲劇・・・。全てを失ったとき彼が取った行動は・・・。

    ネット上の声

    • 今年、初号泣作品・・・是非確かめて下さい
    • 世の中には2通りの人間しかいない、の言葉
    • 心が洗われるような、素晴らしい作品です!
    • 慈愛の心は怒り、憎しみを超越します!!
    自閉症、 人種差別、 ヒューマンドラマ

    批評家の声

    • ★★★★★(5点)
      これは隠れた名作です。 911テロ後のイスラムに厳しいアメリカ、家族の不幸、しかも彼自身に自閉傾向あり。 かなり重いテーマの映画です。それでも全体を通して何故か温かい気持ちになれるんですよね。 号泣ポイント多め(TT)
    • 製作年2010年
    • 製作国インド
    • 時間162分
    • 監督カラン・ジョーハル
    • 主演シャー・ルク・カーン
  5. PK ピーケイ
    • S
    • 4.70
    日本でもロングランヒットを記録したインド映画「きっと、うまくいく」のラージクマール・ヒラーニ監督と、インド映画界のスターであるアーミル・カーンの再タッグ作。本国インドでは「きっと、うまくいく」を超える興行成績を記録し、全米公開もされた。留学先のベルギーで大きな失恋を経験したジャグーは、いまは母国インドのテレビ局で働いている。そんなある日、ジャグーは、地下鉄で黄色いヘルメットを被って大きなラジカセを持ち、あらゆる宗教の装飾を身に付けてチラシを配る奇妙な男を見かける。男は「PK」と呼ばれ、神様を探しているということを知ったジャグーは、男になぜ神様を探しているのか話を聞くのだが……。

    ネット上の声

    • 地球から帰れなくなった宇宙人・pkが巻き起こす感動の奇跡を描いたハートフルな作品
    • 見て、いっしょに笑って考えて語ってほしい
    • MJは音楽で、PKは映画で世界を救おうとした
    • 全人類必見!場外ホームラン級の傑作!!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2014年
    • 製作国インド
    • 時間153分
    • 監督ラージクマール・ヒラニ
    • 主演アーミル・カーン
  6. マンデラ
    • S
    • 4.70
    トイレさえない小さな村スーラングディに住む床屋マンデラは低カーストに属していた。教養がなく文盲の彼は見下されても平然としていたが、ふとした事から村の選挙に巻き込まれ、思いもよらぬ出来事が彼の身に…。

    ネット上の声

    • トイレの利用順だけで人が争う点に教育の機会のない人々の知性やモラルの低さ(=動物
    • 低階級で蔑まれていた主人公がたまたま選挙の重要なスイング・ステートになった事で両
    • 北と南で仲が悪いある村で村長の選挙の日が近づいている頃、村人からパシリ扱いされて
    • 今回のインド大映画祭全4本中3本に出演の売れっ子ヨーギ・バーブが本作では主役
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2021年
    • 製作国インド
    • 時間135分
    • 監督マドーン・アルヴィン
    • 主演ヨーギ・バーブ
  7. 7

    尋問

    尋問
    • S
    • 4.70

    ネット上の声

    • エンカウンターや尋問シーン、娯楽映画とかだと割とフワッとした描かれ方をしている警
    • 多くの日本人が想像するインド映画とは遠くかけ離れた胸糞悪い系だけど内容とは裏腹に
    • ヴェトリマーランが監督兼プロデューサー、ダヌシュもプロデューサーとしてクレジット
    • 「実話を基にした」って書いてあったから、どこまでが実話なのかわからないけど、マジ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2015年
    • 製作国インド
    • 時間115分
    • 監督ヴェトリマーラン
    • 主演ディネシュ・ラヴィ
    • 定額
  8. 伝説の女優 サーヴィトリ
    • S
    • 4.70
    「インディアンムービーウィーク2020」(20年9月11日~10月9日、キネカ大森/20年9月25日~、新宿ピカデリー)上映作品。

    ネット上の声

    • うぅ…こんな不憫な話があっていいの…😭キラッキラしてるキールティちゃんが可愛すぎ
    • 壮絶な伝記映画と聞いていたから硬い映画を想像してたんですが、すごく明るくてダンス
    • テルグ・タミルに明るくなさすぎてサーヴィトリさんは存じ上げなかったのだけど、旦那
    • かつて南インド映画界で300本以上出演した唯一無二の大女優サーヴィトリの壮絶な人
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2018年
    • 製作国インド
    • 時間167分
    • 監督ナーグ・アシュウィン
    • 主演キールティ・スレーシュ
  9. きっと、うまくいく
    • S
    • 4.69
    インドで興行収入歴代ナンバーワンを記録する大ヒットとなったコメディドラマ。インド屈指のエリート理系大学ICEを舞台に、型破りな自由人のランチョー、機械よりも動物が大好きなファラン、なんでも神頼みの苦学生ラジューの3人が引き起こす騒動を描きながら、行方不明になったランチョーを探すミステリー仕立ての10年後の物語が同時進行で描かれる。

    ネット上の声

    • 私の感覚がおかしいのかな?
    • 3人の友情に大いに笑わされ、オイオイ泣かされます。 ボリウッド最高...
    • エリートエンジニアを輩出する名門大学ICEで出会った3人組が狡猾な...
    • 正直見る前は舐めてたけどめっちゃ良かった。
    元気が出る、 青春、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2009年
    • 製作国インド
    • 時間170分
    • 監督ラージクマール・ヒラニ
    • 主演アーミル・カーン
    • レンタル
    • 定額
  10. きっと、またあえる
    • S
    • 4.66
    「ダンガル きっと、つよくなる」のニテーシュ・ティワーリー監督が、自身の大学時代のエピソードなども盛り込みながら、1990年代インドの工科大学の学生寮を舞台に、主人公と仲間たちの友情を描いた一作。息子が受験に失敗し、病院に担ぎ込まれたアニ。そこへいまは親世代となった悪友たちが集まり、アニの息子を励ますため学生時代の奮闘記を語り始める。90年代、インドでもトップクラスのボンベイ工科大学に入学したアニだったが、学生寮は負け犬ばかりが集まるといわれるボロボロの4号寮に振り分けられる。アニと4号寮の仲間たちは、寮対抗の競技会で「負け犬寮」の汚名を返上すべく、知恵とやる気と団結力でさまざまな競技を勝ち抜いていくのだが……。主人公アニ役に「PK」のスシャント・シン・ラージプート、ヒロインとなるマヤ役に「サーホー」のシュラッダー・カプール。

    ネット上の声

    • 人生の大事なもの、全部入り。見るしかない
    • 友と交わす約束、自分に克つことの大切さ
    • 過去と現在をリンクさせてるのも良かった
    • 学生時代はいいものだ、と教えてくれる
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2019年
    • 製作国インド
    • 時間143分
    • 監督ニテーシュ・ティワーリ
    • 主演スシャント・シン・ラージプート
    • 定額
    • レンタル
    • レンタル
    • 定額
  11. ダンガル きっと、つよくなる
    • S
    • 4.65
    実話をもとに2人の娘をレスリングの世界で成功させるべく奮闘する父親を描き、本国インドのほか世界各国で大ヒットを記録した人間ドラマ。レスリングを愛する男。生活のため選手の道を諦めた彼は、いつか自分の息子を金メダリストにすることを夢見ながら道場で若手の指導に励む日々を送っていた。しかし生まれたのは4人連続で女の子。意気消沈した男は道場からも遠ざかってしまうが、ある日ケンカで男の子を打ち負かした長女と次女の格闘センスに希望を見出し、コーチとして2人を鍛えはじめる。町中の笑いものになっても意に介さず突き進もうとする父と、そんな父にささやかな抵抗を続ける娘たちだったが……。主演は「きっと、うまくいく」のアーミル・カーン。

    ネット上の声

    • 最高!!!スポ根の形をしたロックンロール
    • はるかちゃんとインドブームに乗っかって❗
    • 一番ヒットしたインド映画というのも納得
    • 作品も最高だがそれ以上に驚愕したのは…
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2016年
    • 製作国インド
    • 時間140分
    • 監督ニテーシュ・ティワーリ
    • 主演アーミル・カーン
  12. パッドマン 5億人の女性を救った男
    • S
    • 4.61
    現代のインドで、安全で安価な生理用品の普及に奔走した男の実話を映画化したヒューマンドラマ。インドの小さな村で最愛の妻と新婚生活を送るラクシュミは、貧しくて生理用品が買えず不衛生な布を使用している妻のため、清潔で安価なナプキンを手作りすることに。生理用品の研究とリサーチに明け暮れるラクシュミは、村人たちから奇異な目を向けられ、数々の誤解や困難に直面する。そんな彼の熱意に賛同した女性パリーの協力もあり、ついに低コストで大量生産できる製造機の発明に成功。農村の女性たちに、ナプキンだけでなく、その製造機を使って働く機械も与えようと奮闘するラクシュミだったが……。主演は「チャンドニー・チョーク・トゥ・チャイナ」のアクシャイ・クマール。共演に「ミルカ」のソーナム・カプール。

    ネット上の声

    • 再現ドラマで十分!!
    • 最高?普通?最悪?…最高! 彼こそ、本当のヒーロー!
    • ボヘミアンラプソディーより泣きました!
    • 脚色がとてもいい本年ベスト級インド映画
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2018年
    • 製作国インド
    • 時間137分
    • 監督R・バールキ
    • 主演アクシャイ・クマール
    • 定額
  13. グレート・インディアン・キッチン
    • S
    • 4.60
    ある一組の夫婦の姿を通して、インドの中流階級に根強く残る家父長制やミソジミー(女性嫌悪、女性蔑視)を鋭く描き、インド本国でも女性観客の支持を得て、口コミで話題と評判が広がった一作。インド、ケーララ州北部のカリカットの町で、高位カーストの男女がお見合いで結婚する。夫は由緒ある家柄の出身で、伝統的な邸宅に暮らしている。一方、中東育ちで教育もあり、モダンな生活様式になじんだ妻は、結婚して夫とその両親とが同居する家で暮らしはじめるが、台所と寝室で男たちに奉仕するだけの生活に疑問を持ち始める。

    ネット上の声

    • たまたま見たけどなかなかヘビーな映画だった! 見る人の性別で受け取...
    • ”家庭”という呪縛を断ち切るのは良くも悪くもデジタル化だ!!
    • 自分のためではなく家族のために結婚をしている
    • 美味しそうであればあるほど苦しい
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2021年
    • 製作国インド
    • 時間100分
    • 監督ジヨー・ベービ
    • 主演ニミシャ・サジャヤン
  14. ガルギ 正義の女神
    • S
    • 4.56
    貧しい家庭出身の学校教師ガルギは両親と妹の 4 人家族で、ささやかながら平凡な生活を送っていた。警備員を生業にしている父親が仕事中に遭遇した事件で逮捕されてしまった。その日からガルギの日常は一変し、父にかけられた恥ずべき容疑を晴らそうと東奔西走するが、衝撃的な真実に向き合う事になってしまう。

    ネット上の声

    • IDE2023@ケイズシネマ 11本目!ラスト!
    • 設定甘い、演技甘い、でもそれだからそインド、という個人的なインド贔屓もあるので、
    • 2023年8月26日@京都みなみ会館 インド大映画祭 IDE 2023
    • 心の置きどころがわからない、ものすごく抉られる
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2022年
    • 製作国インド
    • 時間133分
    • 監督ゴータム・ラマーチャンドラン
    • 主演サイ・パラヴィ
  15. スーパー30 アーナンド先生の教室
    • S
    • 4.56
    世界から注目を集めたインド発の教育プログラム「スーパー30」の誕生に情熱を燃やした男の実話を基に描いたヒューマンドラマ。 貧しい家庭に生まれたアーナンドは数学の才能を認められ、イギリス留学のチャンスを得る。しかし家計からその費用は出せず、当てにしていた援助も断られ、いつも励ましてくれた父も心臓発作で他界。留学を断念し、町の物売りとして暮らしていた彼は、予備校を経営するラッランに見いだされて人気講師となる。やがてアーナンドは路上で勉強する貧しい若者との出会いをきっかけに、私財を投げうって私塾「スーパー30」を開設。意欲と能力がありながらも貧困で学ぶことができない子どもたち30人を選抜して無償で寮と食事を与え、最高学府・インド工科大学を目指して数学と物理を教え始める。教育をビジネスとしか考えないラッランに妨害されながらも、アーナンドは型破りな教育で生徒たちを導いていく。 主演は「WAR ウォー!!」のリティク・ローシャン。

    ネット上の声

    • いささか脚色はやり過ぎだが、過剰さに魅力の真髄がある。
    • 内発的な知識欲を引き出す
    • おまえの顔はフィーだ‼
    • 21世紀に入って、こういったインド最高学府合格を目指す「完全無料・貧困子女限定学
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2019年
    • 製作国インド
    • 時間154分
    • 監督ヴィカース・バハル
    • 主演リティック・ローシャン
  16. ビジョン
    • S
    • 4.54

    ネット上の声

    • どっちに共感すれば良いのか、感情が忙しいけど、一つ言えるのは、むちゃくちゃ面白い
    • 映画好きを活かしたアリバイ作りということで、もっと映画のシーンとトリックを絡めて
    • 観始めてすぐ挫折しそうになったけど、もう少しだけがんばって観たら、面白かったパタ
    • 実は息子が生きていました!なんでオチもなく、特にどんでん返されなかった
    ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年2015年
    • 製作国インド
    • 時間162分
    • 監督ニシカント・カマト
    • 主演アジャイ・デーヴガン
    • 定額
  17. 人生は二度とない
    • S
    • 4.54
    スペインを旅する3人のインド人青年の友情や葛藤をユーモアを散りばめながら描き、本国インドで大ヒットを記録したロードムービー。 大富豪の娘との結婚が決まったカビールは独身最後の旅行として、多忙な証券ディーラーのアルジュンと皮肉屋のコピーライターのイムラーンら学生時代の仲間たちとともに3週間のスペイン縦断の旅に出る。アルジュンは旅行中も仕事を続けて2人をいら立たせ、イムラーンはスペインに住む生き別れの父に会うべきか悩む。やがて、スキューバダイビングのインストラクターであるライラとの出会いが、彼らに変化をもたらしていく。 出演は「スーパー30 アーナンド先生の教室」のリティク・ローシャン、「チェイス!」のカトリーナ・カイフ、「ミルカ」のファルハーン・アクタル。「ガリーボーイ」のゾーヤー・アクタルが監督を務めた。

    ネット上の声

    • 展開は荒々しいけど皆んながみんな独身旅を通して本当にしたいこと、自...
    • 友情や親子の関係や仕事と生活のバランスが面白く展開していて良かった
    • 『ハングオーバー』真面目版 in スペイン from インド
    • 気のおけない友人と独身最後のロード・ムービー!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2011年
    • 製作国インド
    • 時間155分
    • 監督ゾーヤー・アクタル
    • 主演リティック・ローシャン
  18. ピンク
    • S
    • 4.53
    ベンガル語映画の監督アニルッド・ロイ・チョウドリーのヒンディー語映画デビュー作。『ピクー』(2015)等の監督で、ベンガル人のシュージト・サルカールが製作を担当、脚本にも参加し、インドが抱える深刻な社会問題を盛り込んだ力作を完成させた。アミターブ・バッチャン以外は若手俳優と中堅の脇役俳優というキャストは地味だが、彼らの熱演と巧みなストーリー展開が観客を捉え、スマッシュヒットとなった。第64回国家映画賞の社会問題映画賞を受賞したほか、多くの映画賞で作品賞、監督賞などにノミネート、アミターブ・バッチャンは3つの主要な映画賞で主演男優賞を獲得した。ニューデリー南部の集合住宅で同居する若い女性、ミナール、ファラク、アンドレアは、3人組の若者にコンサート会場で誘われ、夕食を共にする。だが、その後、レイプされそうになり、ミナールが若者の1人ラジヴィールをビンで殴り、彼女たちは自宅に逃げ帰った。大けがをして病院に担ぎ込まれたラジヴィールは政治家の甥で、ミナールたち3人は殺人未遂等で訴えられる。同時に、彼女たちは様々な嫌がらせと誹謗中傷に晒されたことから、同じ敷地内に住む老弁護士ディーパクの申し出を受けて弁護を依頼する。高齢のディーパクの弁護は一見頼りなかったが、彼は確固たる信念を持っていた…。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2016年
    • 製作国インド
    • 時間130分
    • 監督アニルッダ・ロイ・チョウドゥリー
    • 主演アミターブ・バッチャン
  19. マダム・イン・ニューヨーク
    • S
    • 4.51
    自分の価値を認めてもらえない専業主婦が一念発起し、英語が苦手というコンプレックスを克服して誇りと自信を取り戻していく姿を描いたインド製ドラマ。専業主婦のシャシは、2人の子どもと忙しいビジネスマンの夫サティシュのために尽くしてきたが、事あるごとに家族の中で自分だけ英語ができないことを夫や子どもたちにからかわれ、傷ついていた。ニューヨークに暮らす姉から姪の結婚式の手伝いを頼まれ、渡米したシャシは、「4週間で英語が話せる」という英会話学校を見つけ、姉にも内緒で英会話学校に通うことを決める。仲間とともに英語を学ぶうちに、次第に自信を取り戻していくシャシだったが……。主演はインドで国民的人気を誇る女優のシュリデビ。新鋭女性監督ガウリ・シンデーがメガホンをとった。

    ネット上の声

    • 自分が変われば周りも変わり明日も変わる。
    • 人としての尊厳を高らかに歌い上げたくなる
    • わかる、わかるよマダム! その気持ち
    • 観た後に、絶対にハッピーになれる映画
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2012年
    • 製作国インド
    • 時間134分
    • 監督ガウリ・シンデー
    • 主演シュリデヴィ
    • 定額
  20. カルナン
    • S
    • 4.51
    抑圧されているコミュニティのポディヤンクラム村にはバス停がなかった。隣村メールールとの関係が悪化するのを打開すべく青年カルナンが立ち上がる。緑豊かな風景とは裏腹に、彼と村を待ち受けていたのは壮絶な運命であった…。

    ネット上の声

    • 第3回インド大映画祭⑥
    • 華々しいダヌシュのオープニングクレジットが出てワクワクしたのも束の間、衝撃的な画
    • 鑑賞中は退屈だなと思っていたが、何日経っても何ヶ月経ってもこの映画のことを考えて
    • 焼け野原系と呼ばれるインド映画のジャンルが存在していることを初めて知りました
    ヒューマンドラマ、 アクション
    • 製作年2021年
    • 製作国インド
    • 時間152分
    • 監督マーリ・セルヴァラージ
    • 主演ダヌーシュ
  21. 神さまがくれた娘
    • S
    • 4.50
    南インドの牧歌的な自然を背景に、6歳児の知能しか持たない父親と5歳の娘のあたたかな親子愛を描いたインド製ヒューマンドラマ。チョコレート工場で働くクリシュナは、6歳児程度の知能しかないが、正直者で周囲から愛されていた。やがて結婚し、娘のニラーも生まれたが、妻は他界。クリシュナは周囲の助けを借りながらニラーを育てる。しかしニラーが5歳になったある日、町の有力者で亡き妻の父が「子どものような親に子育てはできない」とニラーを連れ去ってしまい……。

    ネット上の声

    • 「バーフバリ」のデーヴァセーナが強気な女弁護士・アヌに転生しているので、「もうこ
    • 主人公を取り巻く美人女優に惹かれっぱなし
    • 驚きのどんでん返しだが絶妙の落としどころ
    • 2012年大阪アジアン映画グランプリ受賞
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2011年
    • 製作国インド
    • 時間149分
    • 監督A・L・ヴィジャイ
    • 主演ヴィクラム
  22. 響け!情熱のムリダンガム
    • S
    • 4.49
    インド伝統音楽の打楽器「ムリダンガム」の奏者を目指す青年の奮闘を描いた青春音楽映画。 インドのチェンナイで暮らすムリダンガム職人の息子ピーターは、父が作ったムリダンガムを巨匠が演奏するのを見たことがきっかけで、自身もその奏者になりたいと思うように。巨匠に弟子入りし修行に励むピーターは、カースト差別や伝統芸能の継承に伴う軋轢、世代間の意見の違いなど様々な困難にぶつかりながらも、情熱と敬意をもって立ち向かっていく。 「スラムドッグ$ミリオネア」でアカデミー作曲賞を受賞したA・R・ラフマーンが音楽を手がけ、ラフマーンの甥で映画音楽の作曲家としても知られるG・V・プラカーシュ・クマールが主人公ピーターを演じた。2018年・第31回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門では、「世界はリズムで満ちている」のタイトルで上映。2022年10月の劇場公開に際しては、本作にほれ込んだ南インド料理店「なんどり」(東京・荒川区)が配給した。

    ネット上の声

    • 【インド映画は定期的に摂取していきたい🔥】
    • 出会いに感謝します
    • インドの凄さ
    • インド映画を見るようになったのは最近なのですが、本当にお恥ずかしながらインドのこ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2018年
    • 製作国インド
    • 時間132分
    • 監督ラージーヴ・メーナン
    • 主演G・V・プラカーシュ・クマール
  23. マスター 先生が来る!
    • S
    • 4.46
    「ビギル 勝利のホイッスル」「ジッラ 修羅のシマ」などで知られるインドのスター俳優ビジャイの主演で、型破りな教師が非行少年たちの更生のため凶悪なギャングと対峙する姿を描いたアクションドラマ。 名門大学教授のJDは、腕っぷしの強さと行動力で学生たちに人気だったが、彼が実施を主張した学生会長選挙で暴動が起こったため、責任をとることに。教授職を辞し、新たに地方都市の少年院に赴任したJDだったが、その少年院は地元ギャングのバワーニに支配され、少年たちが犯罪と暴力に染まる劣悪な場所だった。JDは少年たちの更生のために立ち上がる。 ビジャイがJD役を務め、バワーニ役にインド映画界の演技派として知られるビジャイ・セードゥパティが務めた。監督は「囚人ディリ」のローケーシュ・カナガラージ。

    ネット上の声

    • 勢いとノンストップの感情の波がすごく、圧倒された
    • 聖人君子でもなんでもないぶっ飛んでる先生が悪をバッタバッタなぎ倒すのスッキリする
    • 主人公自体をアウトサイダー(アル中)としていることによって単純な勧善懲悪を避けら
    • 初マスター先生が来るめちゃくちゃ楽しかったので終始ニヤニヤしながら観てました
    ヒューマンドラマ、 アクション
    • 製作年2021年
    • 製作国インド
    • 時間179分
    • 監督ローケーシュ・カナガラージ
    • 主演ヴィジャイ
  24. 僕の名はパリエルム・ペルマール
    • S
    • 4.45
    「インディアンムービーウィーク2020」(20年9月11日~10月9日、キネカ大森/20年9月25日~、新宿ピカデリー)上映作品。

    ネット上の声

    • インドのカースト制度は知っているけれど…
    • なんちゅうもんを見せてくれたんや…
    • ダリト出身監督が描く
    • インドのカースト制度がテーマなので楽しい話ではないし、ずっとつらい
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2018年
    • 製作国インド
    • 時間153分
    • 監督マーリ・セルヴァラージ
    • 主演カティル
  25. シャンカラーバラナム 不滅のメロディ
    • S
    • 4.43
    「インディアンムービーウィーク2022 パート1」(22年6月10日~、キネカ大森ほか)上映作品。

    ネット上の声

    • 2022年劇場見納め作品は、RRR🇮🇳とIMWの本作で締めくくり💪
    • やっと観れた!!!!
    • インドの音楽って人生でほとんど触れてこなかったのに何故か身体に馴染む感じがする
    • 『芸道もの』インド映画で絶対に外せない1本、と聞いて観たいな~と思っていたもの
    音楽、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1979年
    • 製作国インド
    • 時間136分
    • 監督K・ヴィシュワナート
    • 主演J・V・ソーマヤージュル
  26. パダヤッパ いつでも俺はマジだぜ!
    • A
    • 4.42
    「ムトゥ 踊るマハラジャ」のインドのスーパースター、ラジニカーントが、同作品のK・S・ラヴィクマール監督と音楽のA・R・ラフマーンと再び手を組んで製作。三角関係を軸にした、陽気で楽しいマサラ・ラブストーリー。

    ネット上の声

    • なぜこれをチョイスしたのか自分でも意味不明😅
    • 特徴_________________
    • すごい女を見たかったらコレを
    • ラジニカーントさんパート③
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1999年
    • 製作国インド
    • 時間180分
    • 監督K・S・ラヴィクマール
    • 主演ラジニカーント
  27. ラガーン
    • A
    • 4.39

    ネット上の声

    • おらが村の年貢(ラガーン)を賭けた勝負
    • ネタばれしたところで、そんなの些事
    • クリケットやってみたいなあ
    • これはおもしろい!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2001年
    • 製作国インド
    • 時間224分
    • 監督アシュトーシュ・ゴーワリケール
    • 主演アーミル・カーン
    • 定額
  28. ホテル・ムンバイ
    • A
    • 4.38
    2008年のインド・ムンバイ同時多発テロでテロリストに占拠されたタージマハル・パレス・ホテルでの人質脱出劇を、「LION ライオン 25年目のただいま」「スラムドッグ$ミリオネア」のデブ・パテル主演で映画化。2008年11月、インドを代表する五つ星ホテルが500人以上の宿泊客と従業員を人質にテロリストによって占拠された。宿泊客を逃がすために、プロとしての誇りをかけてホテルに残ったホテルマンたち。部屋に取り残された赤ちゃんを救出するため、決死の覚悟で銃弾の中へと向かう父と母。テロリストたちに支配される極限の状況下で、特殊部隊の到着まで数日という過酷な現実を前に、人々の誇りと愛に満ちあふれた脱出劇が描かれる。パテルが宿泊客を守ろうとするホテルマン役を演じるほか、「君の名前で僕を呼んで」のアーミー・ハマーがアメリカ人旅行客役で出演。監督はこれまでも数多くの短編作品を手がけ、本作が長編初監督作となるオーストラリア出身のアンソニー・マラス。

    ネット上の声

    • 緊迫、緊張、恐怖の120分。必見の傑作!
    • 久々に息ができなくなる映画を見た。
    • タージマハル・ホテルは現在も営業中
    • 実際のテロを映画化したリアルな恐怖
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2018年
    • 製作国オーストラリア,アメリカ,インド
    • 時間123分
    • 監督アンソニー・マラス
    • 主演デヴ・パテル
    • レンタル
    • 定額
  29. シークレット・スーパースター
    • A
    • 4.37
    「きっと、うまくいく」「PK」「ダンガル きっと、つよくなる」などで知られるインド映画界のスター、アーミル・カーンが製作を務め、出演も兼ねたインド映画。インド最大の音楽賞のステージで歌うことを夢見る14歳の少女インシアだったが、厳格な父親から現実味のない夢だと大反対され、歌うことを禁じられてしまう。それでも歌をあきらめられないインシアは、顔を隠して歌った動画をこっそりと動画サイトにアップ。ネットを通じて彼女の歌声は大人気を博す。やがてインシアは、落ち目の音楽プロデューサー、シャクティ・クマールと出会うこととなるが……。「ダンガル きっと、つよくなる」のザイラー・ワシームが主人公のインシアを演じ、カーンがシャクティ・クマール役で出演。

    ネット上の声

    • 劇場で観てあれだけ面白かったのにレビューしてなかったのを発掘するシリーズその1
    • 二時間半の内、最後の十数分だけ感動的でした、鑑賞が苦痛でした
    • ザイラー・ワシームの魅力溢れる引退作
    • 感動して涙が溢れました🈵
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2017年
    • 製作国インド
    • 時間150分
    • 監督アドヴェイト・チャンダン
    • 主演ザイラー・ワシーム
  30. ガリーボーイ
    • A
    • 4.36
    インドで活躍するアーティスト・Naezyの実話をもとに、スラムで生まれ育った青年がラップとの出会いによって人生を一変させる姿を描いた青春サクセスストーリー。ムンバイの貧しい家庭で生まれ育った青年ムラード。両親は彼を大学へ通わせるため一生懸命に働いているが、そんな親の思いを知る由もなく、ムラードは悪友と車上荒らしに手を染め、医者の父を持つ身分違いの彼女と内緒で付き合っている。自分の人生を半ば諦めて生きてきたムラードだったが、大学構内でフリースタイルラップのパフォーマンスをしていた学生MC Sherとの出会いをきっかけに、ラップの世界にのめり込んでいく。親からの反対や友情、恋など様々な葛藤を抱えながらも、フリースタイルラップの大会で優勝を目指すムラードだったが……。「パドマーワト 女神の誕生」などボリウッドで注目を集めるランビール・シンが主演を務め、「チャンスをつかめ!」のゾーヤー・アクタルがメガホンをとった。作家・クリエイターのいとうせいこうが日本語字幕を監修。

    ネット上の声

    • 自分の言葉を見つけて、そこに魂が宿るまで
    • 2019年インド映画世界興行収入2位の理由
    • 観て良かったー感動した素晴らしい作品
    • こうやって少しずつ解き放とう!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2018年
    • 製作国インド
    • 時間154分
    • 監督ゾーヤー・アクタル
    • 主演ランヴィール・シン
    • レンタル
    • 定額
  31. マドラス 我らが街
    • A
    • 4.36
    「インディアンムービーウィーク2022 パート1」(22年6月10日~、キネカ大森ほか)上映作品。

    ネット上の声

    • 政治系だから難しいかな?と思ったが、そんな心配は御無用で頭空っぽで楽しめた👍
    • これはすごかった
    • IMW2022パート1 ⑨
    • なにがどうなって結婚した!?みたいな謎展開もありますが、、、なかなかに評価の高い
    青春、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2014年
    • 製作国インド
    • 時間150分
    • 監督パー・ランジット
    • 主演カールティ
  32. ミッション・マンガル 崖っぷちチームの火星打上げ計画
    • A
    • 4.36
    アジアで初めて火星の周回軌道に探査機を到達させたインドの実話を基に映画化。2010年、インドの宇宙事業の命運をかけたロケット打ち上げが失敗に終わり、責任者のラケーシュとタラは火星探査プロジェクトという閑職に異動させられる。誰もが実現不可能だと考える火星探査だったが、タラは家庭での料理方法をヒントに、小さなロケットで探査機を火星に送る画期的なアイデアを思いつく。低予算ながらプロジェクト始動を承認されたものの、集められたスタッフは経験の浅い女性ばかり。始めはバラバラのチームだったが、ラケーシュのリーダーシップと女性たちの節約アイデアで、僅かな予算で打ち上げを成功させるべく結束していく。製作チームには「パッドマン 5億人の女性を救った男」のメンバーが再結集。同作で主演を務めたアクシャイ・クマールがラケーシュを演じ、監督を務めたR・バールキが脚本・製作を担当、助監督のジャガン・シャクティがメガホンをとった。

    ネット上の声

    • 女性科学者の活躍が、同じ女性としてなんか嬉しい😁
    • チームワークと節約のインド火星探査チーム
    • このロケット(映画)で火星は遠かった
    • ミションマンガロ🎵ミションマンガロ🎵ミションマンガロ🎵ミションマンガロ🎵
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2019年
    • 製作国インド
    • 時間130分
    • 監督ジャガン・シャクティ
    • 主演アクシャイ・クマール
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
  33. ヴィクラムとヴェーダー
    • A
    • 4.36
    2017年・第30回東京国際映画祭ワールド・フォーカス部門上映作品。

    ネット上の声

    • ヴィジャイ・セードゥパティの愛嬌と掴みどころの無さがめちゃくちゃヴェーダに嵌まっ
    • 冒頭からのヴィクラムの言動がアウトすぎて、家でテレビで観てたらチャンネル変えてた
    • 冒頭から激しめの銃撃戦とアクションで攻めるが、正義と悪の境界線と非常にヘヴィなテ
    • 善と悪で括れないストーリーに考えさせられるものがありました
    ヒューマンドラマ、 サスペンス、 アクション
    • 製作年2017年
    • 製作国インド
    • 時間140分
    • 監督ブシュカル
    • 主演R・マーダヴァン
  34. 家族の四季 -愛すれど遠く離れて-
    • A
    • 4.31
    アミターブ・バッチャン、シャー・ルク・カーンら、インドを代表する豪華キャストが集結した家族ドラマ。大富豪のラーイチャンドは、養子ながら愛情をかけて育ててきた長男ラーフルに縁談を持ちかけるが、ラーフルは庶民の娘アンジャリーと恋に落ちてしまう。アンジャリーとの恋を反対されたラーフルは、愛する家族に別れを告げてアンジャリーと生きることを決意。数年後、ラーフルの弟ローハンは家族の絆(きずな)を取りもどすため、兄が暮らすイギリスへと向かう。

    ネット上の声

    • インド中の女性が泣いた! 作品すべてが大ヒットの【カラン・ジョーハ...
    • インド中の女性が泣いた! 作品すべてが大ヒットの【カラン・ジョーハ...
    • 絆ゆえの対立する父と息子を解ってほしい
    • インドに触れてみよう。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2001年
    • 製作国インド
    • 時間210分
    • 監督カラン・ジョーハル
    • 主演シャー・ルク・カーン
  35. あなたの名前を呼べたなら
    • A
    • 4.30
    農村で生まれたラトナ(ティロタマ・ショーム)は、ムンバイで建設会社の御曹司アシュヴィン(ヴィヴェーク・ゴーンバル)の家で住み込みのメイドとして働いていた。ファッションデザイナーを夢見る彼女は、挙式直前に婚約者の浮気で破談になった傷心のアシュヴィンを気遣いながら身の回りの世話をしている。あるとき、ラトナがアシュヴィンにあることを頼んだのをきっかけに、二人は親しくなっていく。

    ネット上の声

    • 略して "あな呼べ" (Sakiちゃんとタイトル覚えづらいよね〜って話しててこう
    • 【近くて遠い】
    • インドのカースト制度の実体を知らないからそんな大変なもんなんだの衝撃がでかかった
    • 誠実で素敵なふたりが惹かれあってるだけなのに一緒にいられない理不尽さがつらくて涙
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2018年
    • 製作国インド,フランス
    • 時間99分
    • 監督ロヘナ・ゲラ
    • 主演ティロタマ・ショーム
  36. 私の夢、父の夢
    • A
    • 4.29
    「インディアンムービーウィーク2022 パート2」(22年12月23日~23年1月19日/キネカ大森)上映作品。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2018年
    • 製作国インド
    • 時間145分
    • 監督アルンラージャー・カーマラージ
    • 主演アイシュワリヤー・ラージェーシュ
  37. 無職の大卒
    • A
    • 4.27
    「インディアンムービーウィーク2020」(20年9月11日~10月9日、キネカ大森/20年9月25日~、新宿ピカデリー)上映作品。

    ネット上の声

    • 【インド工学部卒就職率が10%と言う事実に驚き、汚職塗れのインド建築業界に少し驚き、前半と後半の主人公の印象の違いに物凄く驚いた作品。インド社会の重い問題を見事なエンタメ作品に仕上げた作品でもある。】
    • やさぐれ男を演じさせたら世界一のダヌシュ
    • 「やさぐれ男を演じさせたら世界一」と私のフォロワーさんのフジタジュンコさんが言う
    • 音楽がかっこいいって思ったらアニルドくんの音楽だった 前半のニート三昧でごろ寝し
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2014年
    • 製作国インド
    • 時間133分
    • 監督ヴェールラージ
    • 主演ダヌーシュ
  38. チャーリー
    • A
    • 4.26
    都会暮らしの女性が旅の中で自分らしさを発見していく様を描いたインド映画。インドの大都市バンガロールに暮らす若いアーティストのテッサは、自由を謳歌しているかのように見えたが、実は日常に物足りなさを感じていた。親の決めた縁談を拒否し、家を飛び出した彼女は、ヒッチハイクをしながら港町コーチンの古いアパートにたどり着く。前の住人だったチャーリーの持ち物があふれかえるその部屋で、テッサはチャーリーが描いたと思われる漫画に興味を持つ。しかし、その漫画は肝心の結末が描かれていなかった。物語の結末を知るため、部屋に残されたチャーリーの写真を手がかりに、テッサはチャーリー探しの旅に出る。

    ネット上の声

    • インド人なのにビーフカレーを食べるとは!
    • 「きっと、うまくいく」の冗漫な亜流
    • ただただインドのパワーにのまれた(笑)。
    • また観たい
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2015年
    • 製作国インド
    • 時間129分
    • 監督マーティン・プラーカット
    • 主演ドゥルカル・サルマーン
  39. 至高の奉仕
    • A
    • 4.20
    「インディアンムービーウィーク2022 リターンズ」(22年9月9日~、キネカ大森ほか)上映作品。

    ネット上の声

    • 水不足で悩まされる村で、掘削された穴に落ちてしまった少女の救出劇
    • 最初はハラハラして、インドの社会問題に心を痛めていたんだが、途中からジャッリカッ
    • これシリーズ化してる感じ?そうやって感じさせるような終わり方だった
    • 民主主義、政治のあるべき姿を考える素晴らしい作品でした
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2017年
    • 製作国インド
    • 時間120分
    • 監督ゴーピ・ナイナール
    • 主演ナヤンターラー
  40. たとえ明日が来なくても
    • A
    • 4.16
    ニューヨークを舞台に3人の男女が織りなす恋と友情を描いたインド発の感動ラブストーリー。ニューヨークで暮らすインド人女性ナイナーは複雑な家庭の事情を抱え、もう長いあいだ笑顔を忘れていた。そんなある日、近所に陽気な青年アマンが引越してくる。アマンの悪ふざけに怒りながらも、いつしか心ひかれていくナイナー。そしてアマンもまたナイナーに好意を抱くが、アマンはなぜかナイナーを同級生のローヒトと結びつけようとする。

    ネット上の声

    • 商業グリッター邦画や調子の悪い時の韓国映画みたいな恋愛一色の湿りけが、少し子供
    • 久しぶりにシャー・ルク・カーン様に会うことができました
    • 休日は終盤のパーティーの曲を流して踊るのがわたしたちの定番ですが、ようやく本編を
    • あらすじをざっと説明してたら「今観てる韓国ドラマがそんな感じ」って言われたので、
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2003年
    • 製作国インド
    • 時間186分
    • 監督ニキル・アドヴァーニー
    • 主演シャー・ルク・カーン
  41. デーヴダース
    • A
    • 4.16
    ベンガルの作家シャラトチャンドラ・チャテルジーが書いた小説『デーヴダース』は、1928年から現在まで、様々な言語で20回も映画化されている。その中でも最高の製作費5億ルピー(当時で約13億円)が費やされた本作は、デーヴにシャー・ルク・カーン、パーローにアイシュワリヤー・ラーイ、チャンドラムキーにはマードゥリー・ディークシトと、最高の顔ぶれが揃えられた。第55回カンヌ国際映画祭でのワールド・プレミア後、インドで公開されるや大ヒット、2002年の興収第1位となったほか、インド国内外で数々の賞も受賞した名作である。デーヴとパーローは隣同士の幼なじみ。デーヴは地主の次男で、パーローの家とは身分が違うが、両家の人々は幼い2人が仲良くすることを許していた。だが、デーヴが長期の留学から戻ると、2人の結婚を望んだパーローの母の申し出は地主から拒絶され、パーローは年の離れた金持ちに嫁ぐことに。デーヴは傷つき、娼館に行っては酒に溺れるようになる。娼婦チャンドラムキーはそんな彼を心配するが、デーヴは破滅へと向かっていく…。そして何年かのち、病に冒されたデーヴは、以前パーローと交わした約束「死ぬ前に必ず君の家を訪ねる」を果たすため、パーローの婚家がある村へと向かったのだった。

    ネット上の声

    • IMW2022パート1 ⑦
    • これぞボリウッドというべき豪華絢爛な絵作りながら、ドロッドロな悲恋を描くメロドラ
    • imw2022シャールクカーンの若い頃が観れて豪華絢爛ボリウッド~ながら、優柔不
    • とにかくみんな綺麗だしセットが豪華すぎる!みんな幸せになって欲しいよね
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2002年
    • 製作国インド
    • 時間183分
    • 監督サンジャイ・リーラ・バンサーリー
    • 主演シャー・ルク・カーン
  42. サラーム・ボンベイ!
    • A
    • 4.14
    インドのボンベイを舞台に、ストリート・チルドレンたちの苛酷な生活と、たくましい生命力を描くドラマ。製作・監督は「インディア・キャバレー」のミーラー・ナイール。ナイールとスーニー・ターラープルワーラーの原案を基に、脚本はターラープルワーラー、撮影はサンディ・シッセル、音楽はL・スブラマニアムが担当。出演はシャフィーク・サイード、ナーナー・パーテーカルほか。88年カンヌ映画祭新人監督賞受賞。

    ネット上の声

    • まだムンバイがボンベイだった頃
    • サラーム・ボンベイ
    • インド社会の片隅で
    • 「ボンベイに平安あれ!」なんて皮肉的なタイトルが付けられた、インドの貧しい子供ら
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1988年
    • 製作国インド,イギリス,フランス,アメリカ
    • 時間113分
    • 監督ミーラー・ナーイル
    • 主演シャフィーク・サイイド
  43. SANJU/サンジュ
    • A
    • 4.12
    インドの国民的スターとして、「サンジュ」の愛称で親しまる実在の俳優サンジャイ・ダットの栄光と没落、ジェットコースターのごとき激動の人生を描いた実録映画。大ヒット映画「きっと、うまくいく」「PK」のラージクマール・ヒラーニ監督がメガホンをとり、「PK」「若さは向こう見ず」のランビール・カプールが主演を務めた。父は名監督、母は大女優という映画界のサラブレッドとして生まれたサンジャイ・ダットは、25歳で主演デビューを飾ると大ヒットを連発し、瞬く間にトップスターへとのぼり詰めていく。しかし、その重圧からドラッグに溺れ、さらには母親の死や恋人との別れ、銃の不法所持による逮捕、果てはテロ関与の冤罪など、次々と悲劇や試練に見舞われる。スター街道から転落し、刑務所暮らしになったサンジャイだったが、やがて不屈の闘志を燃やし、再起へ向けて立ち上がる。

    ネット上の声

    • 芸能界の偉大な両親を持つサンジャイ・ダット(ランビール・カプール)は自らも俳優と
    • 両親がボリウッドの名優でその庇護の下、スターになった男のその後の流転の人生を情感豊かに描く。特に後半前面に出てくる社会的メッセージに深く共感した
    • うーん、確かに波瀾万丈な人生だったけど、結局は自業自得だったわけで・・・人間ドラ
    • 序盤でヘコタレそうになったが、それを乗り切ったら途端に面白味が増してくる
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2018年
    • 製作国インド
    • 時間159分
    • 監督ラージクマール・ヒラニ
    • 主演ランビール・カプール
  44. バジラーオとマスターニー
    • A
    • 4.12
    「インディアンムービーウィーク2021 パート3」(21年12月17日~、キネカ大森ほか)上映作品。

    ネット上の声

    • なんだこの壮大なメロドラマはw
    • 愛とかなんとか言ってもひたすらカーシーがかわいそうでは?妻の祭りの時に本人が動く
    • イスラム教とヒンドゥー教が今以上に入り乱れてた時代の話で、バジラーオとマスターニ
    • 開始早々「これはドロドロの愛憎劇な気がする…!」と思ったけど壮大で絢爛で色んな愛
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2015年
    • 製作国インド
    • 時間158分
    • 監督サンジャイ・リーラ・バンサーリー
    • 主演ディーピカー・パードゥコーン
  45. ブリンダーヴァナム 恋の輪舞
    • A
    • 4.09
    ヒューマンドラマ、 アクション
    • 製作年2010年
    • 製作国インド
    • 時間170分
    • 監督ヴァムシー・パイディパッリ
    • 主演N・T・R・ラオ・ジュニア
  46. インディラ
    • A
    • 4.07
    現代インドを舞台に、二つの村の対立に立ち上がる力強き女性の姿を描いた社会派ドラマ。監督はインドの元トップ女優で、本作がデビューとなるスハーシニで、脚本も夫のマニ・ラトナムと執筆。出演はスハーシニの従妹で本作がデビューとなるアヌラーダー・ハーサンほか。

    ネット上の声

    • 生まれながらに差別されることの理不尽さ
    • 第一次インド映画ブームの時は、こんなのまで?みたいな映画が一般公開されたり放映さ
    • マニ・ラトナムの嫁さんが描く、男尊女卑やカースト制といった因習に抗う女性の受難
    • あまりに感動して終演後も放心してしまいしばらくは立ち上がれなかった
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1995年
    • 製作国インド
    • 時間127分
    • 監督スハーシニ
    • 主演アヌラーダー・ハーサン
  47. ジョンとレジナの物語
    • A
    • 4.07
    「インディアンムービーウィーク2021 パート3」(21年12月17日~、キネカ大森ほか)上映作品。

    ネット上の声

    • 普段あまり観ない恋愛ジャンルということでちょいと身構えてはいたものの、予想の斜め
    • 泣いて笑って苦しくなっちゃうインド産ラブストーリィ
    • 好きでもねーのにそう簡単に結ばれるわけねーだろ!と共感はまるっきりできないんだけ
    • 思い通りの愛に生きられなかった人への応援譚、という感じで総括をするとすごく良い話
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2013年
    • 製作国インド
    • 時間164分
    • 監督アトリ
    • 主演アーリヤー
  48. エンドロールのつづき
    • A
    • 4.07
    インドのチャイ売りの少年が映画監督の夢へ向かって走り出す姿を、同国出身のパン・ナリン監督自身の実話をもとに描いたヒューマンドラマ。 インドの田舎町で暮らす9歳の少年サマイは、学校に通いながら父のチャイ店を手伝っている。厳格な父は映画を低劣なものと考えているが、信仰するカーリー女神の映画だけは特別だと言い、家族で映画を見に行くことに。初めて経験する映画の世界にすっかり心を奪われたサマイは再び映画館に忍び込むが、チケット代を払えず追い出されてしまう。それを見た映写技師ファザルは、料理上手なサマイの母が作る弁当と引き換えに映写室から映画を見せると提案。サマイは映写窓から見る様々な映画に圧倒され、自分も映画を作りたいと思うようになる。 主人公サマイ役には、約3000人の中から選ばれた新人バビン・ラバリを抜てき。

    ネット上の声

    • 初めて映画に接するときの少年の純朴な表情が忘れられない
    • 英語が出来る人とそれ以外
    • 映画に魅了された少年
    • フェイブルマンズを見た後だったので自伝的な作品かと思って調べたら実話を参考に創作
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2021年
    • 製作国インド,フランス
    • 時間112分
    • 監督パン・ナリン
    • 主演バヴィン・ラバリ
    • レンタル
    • レンタル
  49. 性の曼荼羅
    • A
    • 4.07

    ネット上の声

    • 幼いうちから禁欲的な隠遁生活を送り続けている若い僧侶が、世俗に触れるための旅へと
    • 5歳の頃から僧侶の坊主タシは、ある時気付く「そもそも“悟る”ためには俗世を知り、
    • こんな邦題のため男子中学生並みに観るタイミングを熟考(°_°)
    • 主演者に若干の違和感あったり夫婦間の空気や心情描写が少なくストーリーに雑なパート
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2001年
    • 製作国インド,ドイツ,フランス,イタリア,スイス
    • 時間---分
    • 監督パン・ナリン
    • 主演ショーン・クー
  50. バルフィ! 人生に唄えば
    • A
    • 4.05
    聴覚に障害をもつ純粋な青年バルフィと、彼との出会いを通じて人生を大きく変化させていく2人の女性の姿を描いたドラマ。生まれつき耳が聞こえず、話すこともできないが、まなざしや身振り手振りで豊かな感情を表現するバルフィは、町の人気者。資産家の男性と結婚しているシュルティは、どこか愛情に欠ける夫との関係に悩むなか、バルフィと出会い、恋に落ちるが、安定した将来も捨てきれず、夫とバルフィの間で揺れ動く。一方、バルフィの幼なじみのジルミルは、人づきあいが苦手で心を閉ざして生きてきたが、偶然バルフィと再会。その優しさに心を開いていく。「雨に唄えば」をはじめ、数々の名作映画にオマージュをささげたシーンも満載で、2012年アカデミー外国語映画賞のインド代表作品にも選出。13年・第5回沖縄国際映画祭コンペティション「Peace部門」で上映され、審査員特別賞に相当するゴールデンシーサー賞を受賞した。

    ネット上の声

    • ランビール・カプール の個人技を楽しむ。
    • 夢のような時間が過ごせるすごすぎる映画
    • 楽しい! あたたかい! そして切ない
    • 割れた街灯。光りの破片が愛を照らす。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年2011年
    • 製作国インド
    • 時間151分
    • 監督アヌラーグ・バス
    • 主演ランビール・カプール

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。