全50作品。社会派ドラマ映画ランキング

  1. 老親 ろうしん

    老親 ろうしん
    評価:S4.46
    老いた親の介護問題を、ユーモラスかつ、温かい視点で描いた家族ドラマ。嫁と舅の関係を例にとり、介護の在り方、それに対する家族の役割などの問題点を浮かび上がらせていく。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、家族

    ネット上の声

    介護から家族一人一人が見えてきます
    テーマは重いのに、楽しい映画だ。
    老人介護の教育映画
    年をかさねて
    製作年:2000
    製作国:日本
    監督:槙坪夛鶴子
    主演:萬田久子
    1
  2. 酔っぱらった馬の時間

    酔っぱらった馬の時間
    評価:S4.43
    国家を持たない世界最大の少数民族であるクルド人監督が描く、感動の家族ドラマ。監督は、これがデビュー作となるバフマン・ゴバディ。2000年度カンヌ国際映画祭で大絶賛された。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、家族

    ネット上の声

    圧倒的に美しく、圧倒的に冷酷なクルディスタン
    過酷な世界に生きるからこその絆の強さ
    ノンフィクションを凌駕する現実性!
    ドキュドラの最高峰の傑作
    製作年:2000
    製作国:イラン/フランス
    監督:バフマン・ゴバディ
    主演:アヨブ・アハマディ
    2
  3. ロング・ウォーク・ホーム

    ロング・ウォーク・ホーム
    評価:S4.31
     アメリカ公民権運動の発端になった出来事を背景に、白人女性の主婦とその家の黒人メイドとの熱い友情を描いた人種問題ドラマ。乗り合いバスに白人と黒人の座る席が区別されていた1955年。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、人種差別

    ネット上の声

    それでも「アメイジング・グレイス!」
    真面目な気持ちで観る映画です・・・
    間違いに気付くだけでは足りない
    勇気づけられる内容でした
    製作年:1990
    製作国:アメリカ
    監督:リチャード・ピアース
    主演:ウーピー・ゴールドバーグ
    3
  4. ホテル・ルワンダ

    ホテル・ルワンダ
    評価:S4.15
    トロント国際映画祭(2004年・ピープルズ・チョイス・アウォード)1994年、ルワンダの首都キガリ。高級ホテル「ミル・コリン・ホテル」で働く支配人のポール(ドン・チードル)は毎日順調に仕事をこなしていたが、ある晩、ホテルからの帰宅途中に街で火の手が上がっているのを発見する。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、実話、アフリカ舞台、ジェノサイド

    ネット上の声

    ルワンダ内戦での実話。 ホテルの支配人が難民を保護する、国連や諸国...
    この作品をメジャー配給会社が無視した理由が分からない  
    どうしてイギリスのようにアフリカ連合国にならないの?
    人間は常に同じ過ちや苦しみを生み続けている
    製作年:2004
    製作国:イギリス/イタリア/南アフリカ
    監督:テリー・ジョージ
    主演:ドン・チードル
    4
  5. チョコレートドーナツ

    チョコレートドーナツ
    評価:S4.13
    1970年代アメリカの実話を基に、母親に見捨てられたダウン症の少年と一緒に暮らすため、司法や周囲の偏見と闘うゲイカップルの姿を描いた人間ドラマ。ゲイであるがゆえに法の壁に阻まれる苦悩を、テレビドラマ「グッド・ワイフ」シリーズなどアラン・カミングと、『LOOPER/ルーパー』などのギャレット・ディラハントが熱演する。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、実話、同性愛

    ネット上の声

    生理的に受け付けないから★一つの人へ……
    偏見をこらえ本当の愛を主張した二人の戦記
    切なくも、心に響く、社会派ドラマ★
    涙活ならほかでやってくれ
    製作年:2012
    製作国:アメリカ
    監督:トラヴィス・ファイン
    主演:フランシス・フィッシャー
    5
  6. 憎しみ

    憎しみ
    評価:S4.10
    セザール賞(1996年・作品賞) パリ郊外の移民ゲットーで暴動が発生し、アブデュルという青年が重体に陥った。次の日、サイードはヴィンスとユベールと共に、アブデュルの見舞いに病院を訪れる。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、人種差別、暴動

    ネット上の声

    アメリのニノ ほんとにお前が作ったのか?
    問題はどうやって着地するか
    これは事実でもあるだろう
    一回観ただけでは
    製作年:1995
    製作国:フランス
    監督:マチュー・カソヴィッツ
    主演:ヴァンサン・カッセル
    6
  7. 遠い夜明け

    遠い夜明け
    評価:A4.07
    アパルトヘイト政策をとる南アフリカ共和国を舞台に自由な理想社会を叫ぶ黒人男性と彼を支持する白人男性との熱い友情を描く壮大な叙事詩的映画。製作・監督は「ガンジー」「コーラスライン」のリチャード・アッテンボロー、原作は本編の主人公でもあるドナルド・ウッズ、脚本はジョン・ブライリー、撮影はロニー・テイラー、音楽はジョージ・フェントンとジョナス・グワングワが担当。出演はケヴィン・クライン、デンゼル・ワシントン、ペネロープ・ウィルトンほか。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、実話、アフリカ舞台、人種差別

    ネット上の声

    地上最凶の人種、その名は「白人」
    大きなショックを受けた映画でした
    「夜明け」を近からしめた熱い思い
    あの時代にマンデラとビコがいた
    製作年:1987
    製作国:イギリス
    監督:リチャード・アッテンボロー
    主演:ケヴィン・クライン
    7
  8. 父の祈りを

    父の祈りを
    評価:A4.05
    ベルリン国際映画祭(1994年・金熊賞) IRAの抗争が激化した北アイルランドとロンドンで“ギルフォード・フォー事件”と呼ばれた衝撃の実話に基づくフィクション。1974年10月5日、ロンドン郊外の町ギルフォードで起きた爆弾テロ事件。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、裁判・法廷、実話、子供が生まれてから見たら大泣きする、冤罪、刑務所

    ネット上の声

    息子を想う父の祈りが切なく胸が詰った!!
    「冤罪」・・ギルフォード・フォー事件より
    ”ギルフォード・フォー事件”回想記が原作
    奪われた時間、父の祈りに取り戻した心。
    製作年:1993
    製作国:イギリス/アメリカ
    監督:ジム・シェリダン
    主演:ダニエル・デイ=ルイス
    8
  9. 孤高のメス

    孤高のメス
    評価:A4.01
    患者のたらい回しなど現代の医療問題に鋭く切り込む衝撃的な医療ドラマ。実際に医療に携わる大鐘稔彦の同名小説を基に、地方の市民病院に勤務する外科医が旧弊な医療現場で困難な手術に立ち向かうさまを描く。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、医師、病院(医療モノ)

    ネット上の声

    命を支える医師の“志”に胸打たれて☆
    当麻先生に憧れた子供が医療を継ぐ未来
    もう、この映画の すべてが素晴らしい
    揺るぎない使命、孤高のドクター
    製作年:2010
    製作国:日本
    監督:成島出
    主演:堤真一
    9
  10. ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気

    ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気
    評価:A3.98
    第80回アカデミー賞ドキュメンタリー映画賞(短編)に輝いた作品をベースにしたヒューマンドラマ。病で余命半年となって同性のパートナーに遺族年金を残そうとする女性が、それを認めていない法制度に立ち向かう。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、実話、同性愛

    ネット上の声

    テーマには共鳴するが、映画としては少し頼りない。
    女刑事、最後の事件を制す。
    ジュリアン・ムーアの貫禄
    わたしたち次第
    製作年:2015
    製作国:アメリカ
    監督:ピーター・ソレット
    主演:ジュリアン・ムーア
    10
  11. 世界一キライなあなたに

    世界一キライなあなたに
    評価:A3.97
    世界中で読まれているジョジョ・モイーズの恋愛小説「ミー・ビフォア・ユー きみと選んだ明日」を映画化。バイク事故で車いすの生活となり生きる気力をなくした青年実業家と、彼の介護に雇われた女性の切ない恋の行方を描く。

    ヒューマンドラマ、恋愛、社会派ドラマ、車イス

    ネット上の声

    エミリア・クラークの可愛さは満点。でも…
    今年最高の恋愛映画で、今年最低の邦題
    彼の下した決断は・・・
    シマシマの脚を誇れ!
    製作年:2016
    製作国:アメリカ
    監督:テア・シャーロック
    主演:エミリア・クラーク
    11
  12. ドクター

    ドクター
    評価:A3.95
    ガンの宣告を受けたエリート外科医の、医師として人間としてのアイデンティティの揺らぎを描く。監督は「愛は静けさの中に」のランダ・ヘインズ、製作は「プリティ・ウーマン」のローラ・ジスキン、エグゼクティヴ・プロデューサーは「グリーン・カード」のエドワード・S・フェルドマン、脚本はロバート・キャスウェル、原作はエド・ローゼンバームの実体験に基づいた小説、撮影は「いまを生きる」のジョン・シール、音楽は「ヒドゥン」のマイケル・コンヴァーティノが担当。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、医師、癌(がん)

    ネット上の声

    祈り瞑想してチョコを食べる。踊るのもイイ
    世界中のドクターに観てもらいたい・・
    よくあるけれど
    ドクター
    製作年:1991
    製作国:アメリカ
    監督:ランダ・ヘインズ
    主演:ウィリアム・ハート
    12
  13. ルワンダの涙

    ルワンダの涙
    評価:A3.95
    アフリカのルワンダで、フツ族によるツチ族虐殺事件が発生。公立技術学校を運営する英国カトリック教会のクリストファー神父(ジョン・ハート)とそこで働く青年協力隊の英語教師ジョー・コナー(ヒュー・ダンシー)は、生徒のマリー(クレア=ホープ・アシティ)ら、学校に避難してきたツチ族とともに不穏な状況に直面してしまう……。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、実話、アフリカ舞台、ジェノサイド

    ネット上の声

    これは忘れてはいけないことなのだと思った
    虐殺を見殺しにするのか?事実は単純でない
    フツ族って野蛮!などとは思わないように
    ホテル・ルワンダとセットで観てほしい
    製作年:2005
    製作国:イギリス/ドイツ
    監督:マイケル・ケイトン=ジョーンズ
    主演:ジョン・ハート
    13
  14. いしゃ先生

    いしゃ先生
    評価:A3.94
    地域医療の難しさを描いた社会派ドラマ第2次世界大戦後の山形県の無医村で、地域医療に尽力した実在の女医・志田周子さんの半生を全編山形県ロケで描くヒューマンドラマ。東京から故郷に戻り、医者を始めた当初は村で孤立しながらも、村民と相対し診察を続けていくヒロインの姿をつづる。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、実話、医師、病院(医療モノ)

    ネット上の声

    感動しました
    知る価値のある伝記映画でした
    世のため人のため
    尊敬する生き方
    製作年:2015
    製作国:日本
    監督:永江二朗
    主演:平山あや
    14
  15. イーダ

    イーダ
    評価:A3.91
    1960年代のポーランドを舞台に若い修道女が出生の秘密をたどる旅を描き、トロント国際映画祭など各映画祭で好評を博したヒューマンドラマ。自分がユダヤ人であることを告げられたヒロインが、両親の死の真相を知るべく過去をひもといてゆくさまをつづる。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ

    ネット上の声

    リリカルな映像美、問いかける生きる意味。
    過去を振り返り、今を生きる意味を考える
    引き裂かれた国で引き裂かれてしまった人
    静かな映像が人の存在感を際立たせている
    製作年:2013
    製作国:ポーランド
    15
  16. 司祭

    司祭
    評価:A3.91
    トロント国際映画祭(1994年・ピープルズ・チョイス・アウォード)

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、同性愛
    製作年:1994
    製作国:イギリス
    監督:アントニア・バード
    主演:ライナス・ローチ
    16
  17. 君のためなら千回でも

    君のためなら千回でも
    評価:A3.90
    『チョコレート』『主人公は僕だった』のマーク・フォースター監督が、兄弟のように育った少年2人の心の傷と許しを描くヒューマンドラマ。ソ連とタリバンに翻弄(ほんろう)されるアフガニスタンの過去と現在を見せる、衝撃的な政治ドラマでもある。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ

    ネット上の声

    『 君のためなら千回でも! 』
    応える勇気
    人としての様々な気持ち・心情とイスラムの習慣など見応えあり。
    フォレストガンプが好きな人は、絶対好きになる映画です。
    製作年:2007
    製作国:アメリカ
    監督:マーク・フォースター
    主演:ハリド・アブダラ
    17
  18. BOX 袴田事件 命とは

    BOX 袴田事件 命とは
    評価:A3.89
    昭和41年、放火された静岡県清水市の味噌工場から、刺殺された一家4人が焼死体で見つかるという事件が起きる。立松刑事(石橋凌)は元プロボクサーの従業員袴田(新井浩文)に目を付け、容疑者として逮捕するが物証はとぼしかった。裁判官として静岡地方裁判所に赴任した熊本(萩原聖人)は、主任判事としてこの事件を担当することになる。

    社会派ドラマ、裁判・法廷、実話、冤罪

    ネット上の声

    映画製作&上映を決めた勇気に拍手喝采
    重苦しいですが、見て良かったです!
    これは、プライドからくるのか?
    「義憤」から生れた渾身の一作!
    製作年:2010
    製作国:日本
    監督:高橋伴明
    主演:萩原聖人
    18
  19. ライフ・オブ・デビッド・ゲイル

    ライフ・オブ・デビッド・ゲイル
    評価:A3.88


    サスペンス、社会派ドラマ、冤罪、刑務所、どんでん返し、死刑囚
    製作年:2003
    製作国:アメリカ
    監督:アラン・パーカー
    主演:ケヴィン・スペイシー
    19
  20. アラバマ物語

    アラバマ物語
    評価:A3.85
    アカデミー賞(1963年・3部門) ピューリッツァ賞を受賞したH・リーの『ものまね鳥を殺すには』を劇作家H・フートが脚色、後に「サンセット物語」などの社会派ドラマを多く手掛ける製作パクラ=監督マリガンのコンビが映画化した問題作。不況の風吹く1932年、南部のアラバマ州。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、裁判・法廷、人種差別

    ネット上の声

    人種差別に立ち向かう弁護士とその一家の物語
    子供に見せたい
    高潔さと勇気
    子供に迎合しない内容で子供に見せ様としている作りが良い
    製作年:1962
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・マリガン
    主演:グレゴリー・ペック
    20
  21. インサイダー

    インサイダー
    評価:A3.84
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(1999年・2部門)CBSの人気報道番組「60ミニッツ」のプロデューサー、バーグマンの元に匿名でタバコ会社の極秘書類が届けられた。バーグマンはこの書類を調べ、ワイガンドなる人物に行き当たる。ワイガンドは大手タバコ会社、B&W社の研究開発部門の副社長だったが、上層部と対立し解雇されていた。彼の握る秘密とは、タバコ業界の存在を根底から崩し得る決定的な証拠だった。ワイガンドがマスコミと接触したと知ったB&W社は、ワイガンドと彼の家族に圧力をかけ始める。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、実話、不正告発

    ネット上の声

    これが実話なんてびっくりだ
    おっと、実話なのね
    疑問に感じます。
    渋すぎる!!
    製作年:1999
    製作国:アメリカ
    監督:マイケル・マン
    主演:アル・パチーノ
    21
  22. ビフォア・ザ・レイン

    ビフォア・ザ・レイン
    評価:A3.81
    ヴェネチア国際映画祭(1994年・金獅子賞) マケドニアの美しい山岳地帯。まるで歴史に取り残されたかの様に佇む修道院で、沈黙を守る若い僧・キリルと少女の物語「言葉」、ロンドンを舞台に写真エージェントで働く女性編集者・アンとカメラマンで愛人のアレックスとの愛の模様を描く「顔」、アレックスを主人公に、名声も仕事も捨てて故郷の村を訪ねた彼がかつて好きだった女性と出会うエピソード「写真」の3話オムニバスで描く人間ドラマ。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ

    ネット上の声

    我々は所詮見ているだけなのか
    醜い紛争の子
    真面目なパルプ・フィクション
    戦争を、より鮮やかにカオスに導く傑作
    製作年:1994
    製作国:イギリス/フランス/マケドニア
    監督:ミルチョ・マンチェフスキー
    主演:グレゴワール・コラン
    22
  23. ジャッカルの日

    ジャッカルの日
    評価:A3.80
     ドゴール大統領暗殺をもくろむ“ジャッカル”という名の男を描いたフレデリック・フォーサイスの同名ベストセラー小説の映画化。暗殺に向けて用意周到に行われる準備とパリ警察の地道な捜査をリアリティたっぷりなディティールで克明に描いた社会派サスペンスの一級品。

    サスペンス、社会派ドラマ、スナイパー

    ネット上の声

    わざとらしい偽の見せ場がない一流の暗殺物映画
    ヌルヌルっと忍び寄る
    ジャッカルの呼び鈴
    暗殺者・警察共に感情を抑えていてプロっぽい、地味だけど面白い
    製作年:1973
    製作国:イギリス/フランス
    監督:フレッド・ジンネマン
    主演:エドワード・フォックス
    23
  24. 招かれざる客

    招かれざる客
    評価:A3.80
    アカデミー賞(1968年・2部門) 世界的にその名を知られる黒人医師ジョン(ポワチエ)はハワイで知り合った白人女性ジョーイ(C・ホートン)と人種の壁を越えて結婚を誓い合い、互いの両親の許しを得るためサンフランシスコのドレイトン家を訪れる。最初戸惑っていた母も、娘の喜ぶ様子を見て次第に祝福する気になるが、父マットの心境は複雑だ。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、人種差別

    ネット上の声

    【K推奨作品】オバマが誕生するまで
    K・ヘプバーンがいい・・・
    あらゆる意味で名作
    家族の心の葛藤
    製作年:1967
    製作国:アメリカ
    監督:スタンリー・クレイマー
    主演:スペンサー・トレイシー
    24
  25. 人魚の眠る家

    人魚の眠る家
    評価:A3.79
    数々の著書が映像化されてきた作家・東野圭吾の小説を原作にしたミステリー。事故で重体に陥った少女の両親が過酷な選択を強いられる。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、病院(医療モノ)

    ネット上の声

    不気味さを象徴するラストシーンの意味とは
    人が生きている証とは、自問自答する問題作
    “ハート”はいつまでもあり続ける
    フランケンシュタインの母
    製作年:2018
    製作国:日本
    監督:堤幸彦
    主演:篠原涼子
    25
  26. ポーリーヌ

    ポーリーヌ
    評価:A3.79
    知的障害を持つ66歳のポーリーヌ(ドラ・ファン・デル・フルーン)の姉が急死する。妹のポーレット(アン・ペーテルセン)とセシール(ローズマリー・ベルグマンス)が彼女の世話を引き受けるが……。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、家族、知的障害

    ネット上の声

    ラストがすごく良かった。まるで絵画のよう
    とてもコンパクトなとても不思議な映画
    いくつになっても女の子でいたい!
    考えさせられる映画…
    製作年:2001
    製作国:ベルギー/フランス
    監督:リーフェン・デブローワー
    主演:ドラ・ファン・デル・フルーン
    26
  27. 堕ちる

    堕ちる
    評価:B3.79
    地下アイドルにハマっていく中年の職人を描いた問題作映像ディレクターの村山和也が監督を務め、地下アイドルに溺れる中年男性の姿に迫る人間ドラマ。群馬県桐生市を舞台に、これまで職人としてひたむきに働いてきた男が人生を謳歌(おうか)する姿を描く。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ

    ネット上の声

    ちば映画祭にて
    アイドルも楽曲もいいので好印象
    きっちりとした映画
    某エンジニア
    ★★★★★(5点)
    職人というちょっとお堅い人種の方が、アイドルにハマり、恋に落ちる映画。 いや。恋と言うよりも、タイトル通りまさに「堕ちる」と言った方が正しいか。 タイトルには色んな意味が込められているようです。
    製作年:2016
    製作国:日本
    監督:村山和也
    主演:中村まこと
    27
  28. マンデラの名もなき看守

    マンデラの名もなき看守
    評価:B3.79
    南アフリカ初の黒人大統領ネルソン・マンデラの“囚われの27年間”にスポットを当てた感動作。政治活動家として刑務所生活を強いられたマンデラと、彼との出会いによって社会を見つめ直す白人看守グレゴリーの交流が描かれる。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、実話、刑務所、アフリカ舞台

    ネット上の声

    何故マンデラでもなく解放闘争でもなく一人の看守なのだろうか
    敵ではなく、自分に対する戦い。
    すべての始まりは「こども」
    うまくまとめた27年の物語
    製作年:2007
    製作国:フランス/ドイツ/ベルギー/南アフリカ
    監督:ビレ・アウグスト
    主演:ジョセフ・ファインズ
    28
  29. フルートベール駅で

    フルートベール駅で
    評価:B3.76
    サンダンス映画祭(2013年・2部門)2009年1月1日、22歳の黒人青年が警察官に銃で撃たれて死亡した事件を基に映画化し、映画祭や賞レースを席巻したドラマ。新年を迎えようという12月31日、家族や友人といつもの日常を過ごす青年の姿を描き、突然この世から去った彼の運命の残酷さやはかなさを浮き上がらせる。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、実話、人種差別

    ネット上の声

    淡々とした展開が最後の悲哀を倍加する
    冒頭の映像を超えているか
    編集がうまいな
    差別と後悔。
    製作年:2013
    製作国:アメリカ
    監督:ライアン・クーグラー
    主演:マイケル・B・ジョーダン
    29
  30. 若者のすべて

    若者のすべて
    評価:B3.75
     巨匠ヴィスコンティがイタリアに存在する南北格差の問題を真正面から取上げ、南部の家族の崩壊を描いた壮大な叙事詩。父を失い南部で貧窮にあえいでいたパロンディ家は、北部の大都市ミラノに出稼ぎに来ていた長兄を頼って、老いた母と兄弟4人でやって来る。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ

    ネット上の声

    家族の絆、恋人への愛のあり方
    普遍的な主題を扱った名作
    許されざる者と許す者
    4人兄弟の心の内面が丁寧に描かれている。アラン・ドロンの表情が相変...
    製作年:1960
    製作国:イタリア/フランス
    監督:ルキノ・ヴィスコンティ
    主演:アラン・ドロン
    30
  31. ラストキング・オブ・スコットランド

    ラストキング・オブ・スコットランド
    評価:B3.74
    アカデミー賞(2007年・主演男優賞)1971年、スコットランドの医学校を卒業したニコラス(ジェームズ・マカヴォイ)は、診療所で働くためにウガンダにやって来る。ある日、彼はアミン新大統領(フォレスト・ウィッテカー)の演説を聞きに行った帰り道で、偶然にも大統領の捻挫の治療をすることになる。大統領から気に入られたニコラスは、アミン一家の主治医になるが……。

    サスペンス、社会派ドラマ、実話、アフリカ舞台、医師

    ネット上の声

    要するに「ファウスト」の現代版と思います
    心地よい誤解と中和された狂気
    人喰い大統領と「あみん」
    事実として受け止めたい
    製作年:2006
    製作国:アメリカ/イギリス
    監督:ケヴィン・マクドナルド
    主演:フォレスト・ウィッテカー
    31
  32. グローリー/明日への行進

    グローリー/明日への行進
    評価:B3.73
    アカデミー賞(2015年・歌曲賞)アメリカの「血の日曜日事件(1965年)」を扱った社会派ドラマアメリカ公民権運動が盛り上がりを見せる中、アラバマ州セルマで起きた血の日曜日事件を題材に描く感動作。ノーベル平和賞を受賞したマーティン・ルーサー・キング・Jr.のリーダーシップでデモに集まった人々が警官の投入によって鎮圧されたのをきっかけに、世論が大きく動いていくさまを描く。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、実話、人種差別

    ネット上の声

    「暴力装置」に服従はしない
    人の心の危うさを考える
    アメリカ恥部の教科書
    キング牧師の名前は知っていたけれど、ノーベル平和賞の受賞者と最近知...
    製作年:2014
    製作国:アメリカ
    監督:エヴァ・デュヴァネイ
    主演:デヴィッド・オイェロウォ
    32
  33. シッコ

    シッコ
    評価:B3.72
    ドキュメンタリー監督マイケル・ムーアが、4700万人の無保険者だけではなく、保険料を支払っている数百人にもマイナスの影響を及ぼすアメリカの医療システムの実態を明らかにする。カナダ、イギリス、フランスを訪れ、国民全員が無料医療の恩恵を受ける国の事情を見つめながら、アメリカの混乱した医療制度を浮き彫りにしていく。

    ドキュメンタリー、社会派ドラマ、病院(医療モノ)

    ネット上の声

    市場原理が行き過ぎるとこうなるという実例
    コレみて他国を羨ましがる人って・・?
    日本の現状を考えると笑っていられない
    絶対、捨ててはいけない皆保険制度
    製作年:2007
    製作国:アメリカ
    監督:マイケル・ムーア
    主演:マイケル・ムーア
    33
  34. 東京原発

    東京原発
    評価:B3.72
    カリスマ都知事(役所広司)の「東京に原発を誘致する!」の一言に都庁はパニック。反対派と推進派が熱い議論を戦わせていた。その頃、プルトニウム燃料を積んで福井へ向かうトラックが爆弾マニアの若者にハイジャックされた。爆弾とプルトニウムを積んだそのトラックが向かう先は、原発誘致問題で白熱する都庁だった……。

    サスペンス、社会派ドラマ

    ネット上の声

    3.11 原発事故を経た今。この作品内容には驚愕
    これからあなたは、どんな行動しますか?
    こんな映画に出られてこそ役者は一流
    今でこそ原発批判はできますが
    製作年:2002
    製作国:日本
    監督:山川元
    主演:役所広司
    34
  35. アミスタッド

    アミスタッド
    評価:B3.71
     スティーブン・スピルバーグ監督が実話をもとに描いた感動作。奴隷制度が横行していたかつてのアメリカを舞台に、彼らを救おうとアメリカ法制度に疑問を投げかけた元大統領、ジョン・クインシー・アダムズの闘いを描く。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、裁判・法廷、実話、人種差別、死刑囚

    ネット上の声

    詳細は全て★5なのに総合は★3になる不思議
    素晴らしい映画、でもすっきりしない所も
    奴隷船のシーンは一見の価値あり
    奴隷制度の解放
    製作年:1997
    製作国:アメリカ
    監督:スティーヴン・スピルバーグ
    主演:マシュー・マコノヒー
    35
  36. 死刑台のメロディ

    死刑台のメロディ
    評価:B3.71
     イタリア移民の労働問題が叫ばれていたボストン。靴屋のサッコと魚行商人のヴァンゼッティは密告により逮捕された。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、冤罪

    ネット上の声

    重く見応えのある実際の冤罪事件。
    交錯する感情が真実を遠のかせる
    意図的に作られた冤罪そして死刑
    亜米利加の裁判についての考察
    製作年:1971
    製作国:イタリア/フランス
    監督:ジュリアーノ・モンタルド
    主演:ジャン・マリア・ヴォロンテ
    36
  37. チーム★アメリカ/ワールドポリス

    チーム★アメリカ/ワールドポリス
    評価:B3.69
    世界平和を維持するべく結成された国際警察“チーム★アメリカ”は、独裁者によるテロリストへの大量破壊兵器の譲渡を阻止しなければならなかった。しかし、国際警察がそのことばかりに熱中している間に世界は大変なことになっていた。

    コメディ、社会派ドラマ、人形劇、バイオレンス

    ネット上の声

    真面目なのか?不真面目なのか?
    世界の警察 世界の嫌われ者
    アメリカ合”醜”国に捧ぐ
    18禁だったのね・・
    製作年:2004
    製作国:アメリカ
    監督:トレイ・パーカー
    主演:トレイ・パーカー
    37
  38. スノーデン

    スノーデン
    評価:B3.68
    名匠オリヴァー・ストーン監督が、アメリカ政府による国際的な個人情報監視の事実を暴き世界を震撼(しんかん)させた「スノーデン事件」の全貌に迫る人間ドラマ。CIAおよびNSA(アメリカ国家安全保障局)職員だったエドワード・スノーデン氏がキャリアや恋人との幸せな人生を捨て、重大な告発を決意するまでの過程を描く。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、実話、不正告発

    ネット上の声

    面白いがスノーデンを手放しで称賛できず
    日本政府が上映禁止にさせる理由がわかる
    冷戦再来と魔法洗脳  /サウロンの目
    選択肢がなければ、創ればいい
    製作年:2016
    製作国:アメリカ
    監督:オリヴァー・ストーン
    主演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット
    38
  39. ゴーン・ベイビー・ゴーン

    ゴーン・ベイビー・ゴーン
    評価:B3.67
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(2007年)二転三転する誘拐劇。救いのないラストは重い余韻となる 「ミスティック・リバー」の原作者デニス・レヘインの傑作ハードボイルド『愛しき者はすべて去りゆく』を、これが監督デビューとなるベン・アフレックが映画化した社会派ミステリー・サスペンス。主演はケイシー・アフレックとミシェル・モナハン。

    サスペンス、社会派ドラマ、誘拐、どんでん返し

    ネット上の声

    アカデミー賞獲ってもおかしくない作品。
    子供の幸せを選びます。
    重い宿題だよ〜〜!
    ベンアフレック初監督作品。 ベンアフレックが主演したゴーンガールと...
    製作年:2007
    製作国:アメリカ
    監督:ベン・アフレック
    主演:ケイシー・アフレック
    39
  40. 汚れたミルク/あるセールスマンの告発

    汚れたミルク/あるセールスマンの告発
    評価:B3.65
    『ノー・マンズ・ランド』『鉄くず拾いの物語』などのダニス・タノヴィッチ監督がメガホンを取り、パキスタンで実際に起きた出来事をテーマに描く社会派ドラマ。グローバル企業が粉ミルクの販売を強引に推し進めたことにより、次々と命を奪われた子供たちのために立ち上がる一介のセールスマンの奮闘を映す。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、実話、不正告発

    ネット上の声

    映画を観る前に知っておきたいこと
    衝撃的な企業名だったな。
    一方的
    ●本作はただの企業告発映画ではない。
    製作年:2014
    製作国:インド,フランス,イギリス
    監督:ダニス・タノヴィッチ
    主演:イムラン・ハシュミ
    40
  41. マイ・ビューティフル・ランドレット

    マイ・ビューティフル・ランドレット
    評価:B3.62
    ニューヨーク映画批評家協会賞(1986年・脚本賞) 「殺し屋たちの挽歌」のスティーヴン・フリアーズが、チャンネル4のために製作したTV映画だが、劇場公開されて人気を博した。ロンドンを舞台に、叔父にコイン・ランドリーをまかされたパキスタン人青年が送る生活を通し、そこで生活を続けるパキスタン人たちの姿を描く。

    ヒューマンドラマ、青春、社会派ドラマ、同性愛

    ネット上の声

    初めてダニエル・デイ・ルイスを知った作品
    やっぱり目立つダニエル・デイ・ルイス
    コインランドリーの中のイギリス
    イギリスの1つの現実
    製作年:1985
    製作国:イギリス
    監督:スティーヴン・フリアーズ
    主演:ダニエル・デイ=ルイス
    41
  42. 戒厳令

    戒厳令
    評価:B3.60
     政情不安な南米某国でひとりのアメリカ人が革命派によって誘拐される。政府は戒厳令を発動し、街は恐怖と混乱の地と化す。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、実話、誘拐

    ネット上の声

    アメリカの大正義と革命戦士の愛国心
    政治的=コスタ・ガブラス
    南米
    この映画は、3度見た。凄い凄い凄い。
    製作年:1973
    製作国:フランス/イタリア
    監督:コスタ=ガヴラス
    主演:イヴ・モンタン
    42
  43. ボクサー

    ボクサー
    評価:B3.58


    ヒューマンドラマ、恋愛、社会派ドラマ、テロリストとの死闘を描いた
    製作年:1997
    製作国:アメリカ
    監督:ジム・シェリダン
    主演:ダニエル・デイ=ルイス
    43
  44. 13デイズ

    13デイズ
    評価:C3.56
    1962年10月16日、米軍の偵察機がキューバに建設中のミサイル基地を発見した。しかも、この基地には核弾頭が持ち込まれているという。もしそれが事実であれば、アメリカ本土が核の危機にさらされることになる。ケネディ大統領は、アメリカ合衆国建国以来の、ひいては人類全体の未曾有の危機に立ち向かうべく、緊急危機管理チームを召集した……。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、実話、兄弟

    ネット上の声

    “平和”は、誰しもが願っているのです。
    ―誰もが初対面で好きになるオトコ―
    米大統領と日本の首相の重さの違い
    緊張感溢れるリアル感!
    製作年:2000
    製作国:アメリカ
    監督:ロジャー・ドナルドソン
    主演:ケヴィン・コスナー
    44
  45. 侵入者

    侵入者
    評価:C3.56
    B級映画の帝王と呼ばれるロジャー・コーマンが手がけた唯一の社会派ドラマ。黒人差別撤廃を進める南部の町に一人の白人が現れたことから、人々の間にくすぶっていた人種差別の心に火がついてしまう。原作・脚本はチャールズ・ボーモント、主演はウィリアム・シャトナー。南部の小さな町にやってきたアダム・クレイマーは白人至上主義者であり、町に広がりつつある黒人差別撤廃の動きに異を唱え始めた。「このままでは町長も警官もすべて黒人になってしまう」という彼のアジテーションが白人たちの心を動かし、彼らは黒人の車の通行を妨げ、火を付けた十字架を立て、黒人牧師のいる教会にダイナマイトを投げ入れてしまう。もはやアダムの手にも…

    ヒューマンドラマ、アクション、社会派ドラマ、人種差別

    ネット上の声

    こんな映画も作っていた。
    2016年に見たまずまずの映画その22
    面白かったです!
    カーク船長
    製作年:1962
    製作国:アメリカ
    監督:ロジャー・コーマン
    主演:ウィリアム・シャトナー
    45
  46. ミッシング

    ミッシング
    評価:C3.53
    アカデミー賞(1983年・脚色賞) 南米チリに滞在していたアメリカ人チャールズが行方不明になった。父親のエドワードは、早速現地に飛び、チャールズの妻と共に調査を開始する。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、誘拐

    ネット上の声

    国際的陰謀に巻き込まれれば、普通は泣き寝入り
    1973年のチリクーデターも『9.11』
    米国はお前らを野放しにしない。
    アメリカと戦った親父さん
    製作年:1982
    製作国:アメリカ
    監督:コスタ=ガヴラス
    主演:ジャック・レモン
    46
  47. 怒りの葡萄

    怒りの葡萄
    評価:C3.53
    アカデミー賞(1941年・2部門)1940年度ピュリツァー受賞、ジョン・スタインベック原作を、ナナリー・ジョンソンが脚色、「我が谷は緑なりき」のジョン・フォードが監督した社会ドラマ。撮影は「嵐ケ丘」など、主にウィリアム・ワイラーの作品を受け持つグレッグ・トーランド。音楽はアルフレッド・ニューマンが担当している。出演者は「荒野の決闘」のヘンリー・フォンダ。この映画でアカデミー女優助演賞を得たジェーン・ダーウェル、「駅馬車(1939)」のジョン・キャラダインなど。製作はダリル・F・ザナック。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、ホームレス

    ネット上の声

    「脱獄したのか?!」・・・家族は一様にトムに声をかける(笑)仮釈放だってば!
    実際のアメリカ恐慌時代。 マニフェストデスティニーもすでになく、西...
    雑草のようにしぶとく、そして強く生きる。
    原作ファンとしてはいろいろ不満はある
    製作年:1940
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・フォード
    主演:ヘンリー・フォンダ
    47
  48. グレート・ディベーター 栄光の教室

    グレート・ディベーター 栄光の教室
    評価:C3.52
     オスカー俳優のデンゼル・ワシントンが主演・監督・脚本を担当。ディベートを通じて差別に立ち向かう教師と生徒たちの勇気溢れる行動を描く、実話を基に作られた渾身の感動作。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、実話、人種差別、大学

    ネット上の声

    デンゼル・ワシントン主演、監督
    ディベートシーンは見応え十分
    退屈する暇を与えない感動作。
    教育者に見せるべき
    製作年:2007
    製作国:アメリカ
    監督:デンゼル・ワシントン
    主演:デンゼル・ワシントン
    48
  49. ひまわり 〜沖縄は忘れない、あの日の空を〜

    ひまわり 〜沖縄は忘れない、あの日の空を〜
    評価:C3.52
    1959年に起きた沖縄県石川市(現うるま市)での米軍ジェット戦闘機墜落事故を題材に、映画化された人間ドラマ。墜落事件により友人を亡くした初老の男と、大学のゼミで事件を調べる孫との交流を通して、沖縄の悲しい現実を浮き彫りにしていく。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、沖縄

    ネット上の声

    沖縄の人から見た戦後の沖縄の歴史が分かる
    作品内容云々の前にこの事が言いたかった。
    このテーマに抵抗を感じる人が割にいる事実
    肝心な部分が描かれていないのが致命的
    製作年:2012
    製作国:日本
    監督:及川善弘
    主演:長塚京三
    49
  50. 真昼の暗黒

    真昼の暗黒
    評価:C3.51
    弁護士正木ひろしの著書「裁判官--人の命は権力で奪えるものか」より、「生きとし生けるもの」の橋本忍が脚本を書き、「由起子」のコンビ、今井正が監督、中尾駿一郎が撮影を担当した。主なる出演者は新人群として、民芸の草薙幸二郎、中芸の松山照夫、牧田正嗣、俳優座の矢野宜、新協の小林寛の他、「神阪四郎の犯罪」の左幸子、「ビルマの竪琴(1956)」の内藤武敏、北林谷栄、「赤ちゃん特急」の飯田蝶子、「早春」の山村聡など。

    社会派ドラマ、実話、冤罪

    ネット上の声

    まだ最高裁があるんだー
    白黒で観た実録犯罪
    冤罪を生む制度
    観るべき
    製作年:1956
    製作国:日本
    監督:今井正
    主演:草薙幸二郎
    50

スポンサードリンク