全50作品。裁判・法廷モノのヒューマンドラマ映画ランキング

  1. 告発

    告発
    評価:S4.18
    放送映画批評家協会賞(1995年・主演男優賞) 全米一悪名高きアルカトラズ刑務所を閉鎖に追い込んだ、一人の囚人と彼を支えた若き弁護士の友情を描く、実話の映画化。死刑確実と言われていたアルカトラズ刑務所内で起こった殺人事件を担当することになった若き弁護士ジェームスは、犯人の囚人ヘンリー・ヤングを調べていくうちに彼の有罪に疑問をもつようになっていった。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、裁判・法廷、実話、刑務所、不正告発

    ネット上の声

    作用・反作用の差し引きはゼロ・・なのか
    妹のためにたった5ドル盗んだだけなのに
    恐怖と絶望のジレンマ その先に・・・
    弁護士よりも友達が欲しかったヘンリー
    製作年:1995
    製作国:アメリカ
    監督:マーク・ロッコ
    主演:クリスチャン・スレイター
    1
  2. 父の祈りを

    父の祈りを
    評価:A4.07
    ベルリン国際映画祭(1994年・金熊賞) IRAの抗争が激化した北アイルランドとロンドンで“ギルフォード・フォー事件”と呼ばれた衝撃の実話に基づくフィクション。1974年10月5日、ロンドン郊外の町ギルフォードで起きた爆弾テロ事件。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、裁判・法廷、実話、子供が生まれてから見たら大泣きする、冤罪、刑務所

    ネット上の声

    ”ギルフォード・フォー事件”回想記が原作
    息子を想う父の祈りが切なく胸が詰った!!
    「冤罪」・・ギルフォード・フォー事件より
    奪われた時間、父の祈りに取り戻した心。
    製作年:1993
    製作国:イギリス/アメリカ
    監督:ジム・シェリダン
    主演:ダニエル・デイ=ルイス
    2
  3. 十二人の怒れる男

    十二人の怒れる男
    評価:A4.05
     既に法廷劇の代名詞となって久しい、アメリカ映画史に輝く傑作ドラマ。元々は高い評価を受けたTV作品で、その脚本・演出コンビによる映画版だが、そのいかにもTV向きの密室劇を上手くスクリーンに転化させた手腕は見事の一言。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、裁判・法廷

    ネット上の声

    日本で陪審員制度導入するならまずこれ見て
    今さらながら、高評価だったので私も
    ディスカッション劇の古典的傑作。
    本当に凄い作品を観てしまった!
    製作年:1957
    製作国:アメリカ
    監督:シドニー・ルメット
    主演:ヘンリー・フォンダ
    3
  4. それでもボクはやってない

    それでもボクはやってない
    評価:A4.05
    『Shall We ダンス?』の周防正行監督が、11年ぶりにメガホンを取った本格的な社会派ドラマ。電車で痴漢に間違えられた青年が、“裁判”で自分の無実を訴える姿を、日本の裁判制度の問題点を浮き彫りにしつつ描く。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、裁判・法廷、冤罪

    ネット上の声

    被害者は鉄道会社を訴えてみてはいかがか?
    家族に冤罪を突きつけられた経験者として
    私も『冤罪経験者』で『痴漢被害者』
    私たちならば真実は見抜けるのか?
    製作年:2007
    製作国:日本
    監督:周防正行
    主演:加瀬亮
    4
  5. 評決のとき

    評決のとき
    評価:A4.03
    人種差別問題が絡んだ事件の裁判を通して、正義と真実の問題に取り組む人々の姿を描いたサスペンス・タッチのヒューマン・ドラマの感動作。「ペリカン文書」「依頼人」などのベストセラー作家、ジョン・グリシャムが新米弁護士時代の体験に基づく処女小説(邦訳・新潮文庫)を、自ら製作も兼ねて映画化。これまでのグリシャム映画と同様、法廷サスペンスのスタイルを取りながらも、重いテーマをエンターテインメントと両立させる手腕が見事。監督には原作者自身に指名によって「依頼人」のジョエル・シュマッカーが再登板し、脚本も同作のアキヴァ・ゴールズマン。製作は「ヒート」のアーノン・ミルチャン、「依頼人」のマイケル・ネイサンソン…

    ヒューマンドラマ、サスペンス、裁判・法廷、人種差別

    ネット上の声

    平和主義者も感動で涙する殺人肯定映画
    見ていて、息苦しくなるほど秀作です。
    負けてたまるか!映画の傑作!
    今見ると超〜豪華キャスト!
    製作年:1996
    製作国:アメリカ
    監督:ジョエル・シューマカー
    主演:マシュー・マコノヒー
    5
  6. ニューオーリンズ・トライアル

    ニューオーリンズ・トライアル
    評価:A4.00
    「ペリカン文書」などの人気リーガル・サスペンス作家ジョン・グリシャムの「陪審評決」を、「コレクター」「サウンド・オブ・サイレンス」のゲイリー・フレダー監督が映画化。銃乱射事件の裁判の裏側で、陪審員工作、弁護士の取引きなど熾烈な裏工作合戦が展開していく。下積み時代からの親友のジーン・ハックマンとダスティン・ホフマンが、陪審コンサルタント役と原告側の弁護士役という敵対する役柄で初共演したのも話題。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、裁判・法廷

    ネット上の声

    こんな事やってるかもしれませんね・・・・
    久しぶりのお気に入り作品となりました。
    法廷もののいい映画です。惜しいけど。
    陪審員の裏側、という意味において。
    製作年:2003
    製作国:アメリカ
    監督:ゲイリー・フレダー
    主演:ジョン・キューザック
    6
  7. エリン・ブロコビッチ

    エリン・ブロコビッチ
    評価:A3.94
    アカデミー賞(2001年・主演女優賞)第73回アカデミー賞でジュリア・ロバーツが主演女優賞を受賞。作品賞、監督賞ほか5部門にノミネートされたスティーブン・ソダーバーグの監督作。カリフォルニアの小さな町に住むエリンは、幼い子供を3人も抱えているのに仕事もお金もなく、しまいには車の衝突事故に遭い怪我までする始末。雇った弁護士エドは和解金を取れず、借金はかさむ一方だ。窮地に追い込まれたエリンは、エドの弁護士事務所に押しかけて居座り、エドはしぶしぶ彼女を雇い入れる。不動産関係のファイル整理を任された彼女は、ある書類に不審を抱いて調査を始め、大企業が引き起こした周辺地域の水質汚染に気付く。

    ヒューマンドラマ、裁判・法廷、実話、不正告発、シングルマザー

    ネット上の声

    再見。最初見たときは、印象に残らない作品でしたが、圧倒されました。...
     本物のエリン・ブロコビッチがウェートレス役で登場。ジュリア・ロバ...
    実話だっていうからすごい! ホントにドラマみたいな見事なサクセスス...
    実話というところが、すごい。正しいことに、正していくために。
    製作年:2000
    製作国:アメリカ
    監督:スティーヴン・ソダーバーグ
    主演:ジュリア・ロバーツ
    7
  8. ニュールンベルグ裁判

    ニュールンベルグ裁判
    評価:A3.90
    アカデミー賞(1962年) 連合軍によるナチス・ドイツの戦犯裁判を描いた作品。アビー・マンのTVドラマをもとに、マン自身が脚色。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、裁判・法廷

    ネット上の声

    体制の中での個人の責任・・・
    演技合戦を堪能せよ☆3.5
    責任の所在
    M・ディートリッヒ見たさに・・・。
    製作年:1961
    製作国:アメリカ
    監督:スタンリー・クレイマー
    主演:スペンサー・トレイシー
    8
  9. 真実の行方

    真実の行方
    評価:A3.90
    ゴールデングローブ賞(1996年・助演男優賞) 大司教惨殺事件で逮捕されたのは、彼の侍者のアーロンという青年だった。売名家と呼ばれている弁護士マーティンは、事件の話題性から無償での弁護を申し出た。

    ヒューマンドラマ、裁判・法廷、どんでん返し

    ネット上の声

    真実や正義を軽んじる者は殴ればわかる
    ホントはすごくおもしろい...はずだ!?
    原題は「根源的な恐怖」
    衝撃でした!
    製作年:1996
    製作国:アメリカ
    監督:グレゴリー・ホブリット
    主演:リチャード・ギア
    9
  10. アラバマ物語

    アラバマ物語
    評価:A3.87
    アカデミー賞(1963年・3部門) ピューリッツァ賞を受賞したH・リーの『ものまね鳥を殺すには』を劇作家H・フートが脚色、後に「サンセット物語」などの社会派ドラマを多く手掛ける製作パクラ=監督マリガンのコンビが映画化した問題作。不況の風吹く1932年、南部のアラバマ州。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、裁判・法廷、人種差別

    ネット上の声

    子供に迎合しない内容で子供に見せ様としている作りが良い
    第35回アカデミー男優賞にての大盤狂わせ
    裁判物語ではなく、子供たちの物語です。
    人種差別〜法律的な正義!「(゚〜゚o)
    製作年:1962
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・マリガン
    主演:グレゴリー・ペック
    10
  11. 12人の優しい日本人

    12人の優しい日本人
    評価:A3.85
    もし日本にも陪審員制度があったらという仮定に基づいて、ある殺人事件の審議に奮闘する12人の陪審員の姿をユーモラスに描く。東京サンシャインボーイズによる同名戯曲の映画化で、脚本は同劇団主宰の三谷幸喜が執筆。監督は「櫻の園」の中原俊。撮影監督は「風の国」の高間賢治がそれぞれ担当。

    ヒューマンドラマ、コメディ、裁判・法廷、どんでん返し

    ネット上の声

    映画に出来る事を敢えてしなかった中原監督
    日本人の特性をよくぞここまで・・・
    裁判員制度を考えながら鑑賞してみる
    ちょっと!ちょっと!ちょっとぉ〜♪
    製作年:1991
    製作国:日本
    監督:中原俊
    主演:塩見三省
    11
  12. ジャッジ 裁かれる判事

    ジャッジ 裁かれる判事
    評価:A3.82
    ロバート・ダウニー・Jrとオスカー俳優ロバート・デュヴァルが初めて共演した法廷サスペンス。人々からの信望の厚い判事でありながら殺人容疑を掛けられた父と、その弁護を引き受けることになった絶縁状態の息子が、互いに反目しながらも裁判に挑むさまを描く。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    出来すぎのストーリーだが俳優で締まった。
    看板に偽りあり
    親子の愛憎を描く心温まるヒューマンドラマ
    早くも 2015年最高傑作 と言える名作の登場
    製作年:2014
    製作国:アメリカ
    監督:デヴィッド・ドブキン
    主演:ロバート・ダウニー・Jr
    12
  13. フィラデルフィア

    フィラデルフィア
    評価:B3.77
    アカデミー賞(1994年・2部門)

    ヒューマンドラマ、裁判・法廷、AIDS(エイズ)
    製作年:1993
    製作国:アメリカ
    監督:ジョナサン・デミ
    主演:トム・ハンクス
    13
  14. ライアー ライアー

    ライアー ライアー
    評価:B3.76
    「家族と仕事」どっちを取る?家族愛がテーマの笑える作品。離婚した家族の話。主人公は仕事一筋。弁護士として法廷でウソをつき続け、裁判は連戦連勝。しまいには母に引き取られた息子にまでウソを付いてしまう。それでも彼は仕事ばかり。しかし事態は一変…。ひょんなことから彼はウソが付けない体質に。しかし大事な裁判が…。ここから笑いの渦が巻き起こる。

    ヒューマンドラマ、コメディ、裁判・法廷、子供が生まれてから見たら大泣きする

    ネット上の声

    悪徳セールスマンに気をつけてください。
    嘘つけないのに嘘つこうとする悲しさ
    まだ「マスク」をかぶっているの!?
    取り返しがつかなくなる前に…
    製作年:1997
    製作国:アメリカ
    監督:トム・シャドヤック
    主演:ジム・キャリー
    14
  15. 白い巨塔

    白い巨塔
    評価:B3.74
    ブルーリボン賞(1967年・作品賞)昭和三十八年から山崎豊子が「サンデー毎日」に連載した同名小説を、「大菩薩峠(1966)」の橋本忍が脚色、「氷点」の山本薩夫が監督した。撮影は「雁(1966)」の宗川信夫。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、医師、社会の裏側、ビジネス、病院(医療モノ)

    ネット上の声

    文句のつけようがありません
    赤ひげ対ベン・ケーシー
    原作正編の映画化・・・
    医学界の暗部を垣間見る
    製作年:1966
    製作国:日本
    監督:山本薩夫
    主演:田宮二郎
    15
  16. アミスタッド

    アミスタッド
    評価:B3.71
     スティーブン・スピルバーグ監督が実話をもとに描いた感動作。奴隷制度が横行していたかつてのアメリカを舞台に、彼らを救おうとアメリカ法制度に疑問を投げかけた元大統領、ジョン・クインシー・アダムズの闘いを描く。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、裁判・法廷、実話、人種差別、死刑囚

    ネット上の声

    詳細は全て★5なのに総合は★3になる不思議
    素晴らしい映画、でもすっきりしない所も
    奴隷船のシーンは一見の価値あり
    奴隷制度の解放
    製作年:1997
    製作国:アメリカ
    監督:スティーヴン・スピルバーグ
    主演:マシュー・マコノヒー
    16
  17. 12人の怒れる男

    12人の怒れる男
    評価:B3.69
    ロシア人将校である継父を殺害した容疑にかけられたチェチェン人少年の裁判が開始。隣人の目撃証言や物的証拠などから、当初は明らかに有罪だと思われていた事件だったが、いくつか腑に落ちない点があった一人の陪審員(セルゲイ・マコヴェツキー)が、ほかの陪審員に疑問を投げ、審議は二転三転し始める。

    ヒューマンドラマ、裁判・法廷

    ネット上の声

    ロシアの厳しい現実と父的ロシアと・・・
    ロシアの味付けが濃すぎるリメイク。
    (★はいつも3つ)ラスト20分からが本番
    12人の酔いどれロシア人
    製作年:2007
    製作国:ロシア
    監督:ニキータ・ミハルコフ
    主演:セルゲイ・マコヴェツキー
    17
  18. ディア・ブラザー

    ディア・ブラザー
    評価:B3.67
     殺人罪に問われた兄を救うために弁護士になった実在の女性ベティ・アン・ウォーターズの半生を「ミリオンダラー・ベイビー」のヒラリー・スワンクが演じる。共演はサム・ロックウェル。

    ヒューマンドラマ、裁判・法廷、実話、冤罪

    ネット上の声

    主人公の女性に共感できなかったかも。。。
    世間の風は冷たい。でも身内の声は温かい。
    存分に感情移入して観られます。
    豪華キャストで見応えあります
    製作年:2010
    製作国:アメリカ
    監督:トニー・ゴールドウィン
    18
  19. 声をかくす人

    声をかくす人
    評価:B3.67
    『明日に向って撃て!』などの名優ロバート・レッドフォードが、『大いなる陰謀』以来となる監督作として放つ実録ドラマ。リンカーン大統領暗殺の一味としてアメリカ初の女性死刑囚となったメアリー・サラットの姿を、担当弁護士との絆を絡めて映し出す。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、裁判・法廷

    ネット上の声

    レッドフォード監督から正義を感じ取る。
    理不尽な「法の正義」の前に、人は無力。
    比較的良質の「アメリカ」映画
    知らざる事件
    製作年:2011
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・レッドフォード
    主演:ジェームズ・マカヴォイ
    19
  20. ア・フュー・グッドメン

    ア・フュー・グッドメン
    評価:B3.66
    MTVムービー・アワード(1993年・作品賞)キューバ米海軍基地で起った不審な殺人事件の真相を探る若き弁護士の姿を中心に、軍隊内の組織悪を暴く過程での、登場人物たちの人間的成長を描くドラマ。監督は「ミザリー」のロブ・ライナー。映画の主要部分を成す法廷場面は、カリフォルニアのカルバー・スタジオに巨大セットを組んで撮影された。製作はライナーと、「JAWS・ジョーズ」のデイヴィッド・ブラウン、「スタンド・バイ・ミー」のアンドリュー・シェインマン。エグゼクティブ・プロデューサーはウィリアム・S・ギルモアとレイチェル・フェファー。ブロードウェイでロングラン・ヒットとなったアーロン・ソーキンの舞台劇を基に、彼自身が脚色。撮影は「JFK」のロバート・…

    ヒューマンドラマ、裁判・法廷

    ネット上の声

    トム・クルーズには法廷ものが結構似合う。
    「何に対しての」忠誠であるのかを問う作品
    ロブ・ライナーの手堅い演出が光る佳作
    夢にジャック・ニコルソンが出てきそう
    製作年:1992
    製作国:アメリカ
    監督:ロブ・ライナー
    主演:トム・クルーズ
    20
  21. レインメーカー

    レインメーカー
    評価:B3.66
    悪徳巣食う法廷に挑む若き弁護士の苦闘を描いた法廷ドラマ。ベストセラー作家ジョン・グリシャムの原作『原告側弁護人』(新潮社刊)を、「ジャック」のフランシス・フォード・コッポラの監督・脚本・製作総指揮で映画化。ナレーションの執筆はマイケル・ハー。製作は「ゲーム」(主演)「フェイス/オフ」(製作)のマイケル・ダグラスと、スティーヴン・ルーサー、フレッド・ファーカス。撮影のジョン・トール、編集のバリー・マルキン、衣裳のアギー・ジェラード・ロジャースは「ジャック」に続いてコッポラと組んだ。音楽は「大脱走」「エイジ・オブ・イノセンス 汚れなき情事」などのヴェテラン、エルマー・バーンスタイン。美術は「ロン…

    ヒューマンドラマ、裁判・法廷、どんでん返し

    ネット上の声

    マット・デイモンの正義感が光る法廷ドラマ
    若き弁護士の姿を描く、法廷&青春ドラマ
    堕落とあきらめ
    ゆったりした空気の中から薫り立つ情感。
    製作年:1997
    製作国:アメリカ
    監督:フランシス・フォード・コッポラ
    主演:マット・デイモン
    21
  22. 否定と肯定

    否定と肯定
    評価:B3.65
    ナチスドイツによるホロコーストをめぐり、欧米で論争を巻き起こした裁判を基に描かれた法廷劇。ユダヤ人歴史学者をオスカー女優のレイチェル・ワイズ、ホロコースト否定論を唱える歴史学者を『ターナー、光に愛を求めて』などのティモシー・スポールが演じるほか、名優トム・ウィルキンソン、『007 スペクター』などのアンドリュー・スコットらが共演。

    ヒューマンドラマ、裁判・法廷、実話、ホロコーストが舞台
    製作年:2016
    製作国:イギリス,アメリカ
    監督:ミック・ジャクソン
    主演:レイチェル・ワイズ
    22
  23. 告発のとき

    告発のとき
    評価:B3.63
    失踪(しっそう)したイラク帰還兵の息子を捜索する父親が、アメリカ軍が封印しようとする真実に迫っていくサスペンス・ドラマ。2003年に実際に起きた事件を基に、『クラッシュ』のポール・ハギスが映画化。

    ヒューマンドラマ、戦争、裁判・法廷、実話

    ネット上の声

    星条旗と原題は真摯なメッセージ。邦題は?
    病めるアメリカ、退役せし父親を走らす
    紛れもない反戦映画と感じました
    戦争で失われてしまった正義
    製作年:2007
    製作国:アメリカ
    監督:ポール・ハギス
    主演:トミー・リー・ジョーンズ
    23
  24. 評決

    評決
    評価:C3.55
     酒びたりの日々を送る弁護士が、ある訴訟をきっかけに再び真実と正義を問いただすようになるまでを描く法廷ドラマ。主人公ギャルビンは新聞の死亡欄から裁判になりそうな事件を見つけては、葬儀に紛れ込んで依頼を受けようとするまでに落魄れた毎日を送っていた。

    ヒューマンドラマ、裁判・法廷

    ネット上の声

    リンリンリリン リンリンリンリリンリン
    甘い結末に考えさせられる。
    人と言い争う職弁護士
    これからの 裁判員制度にむけて?!(笑)
    製作年:1982
    製作国:アメリカ
    監督:シドニー・ルメット
    主演:ポール・ニューマン
    24
  25. 明日への遺言

    明日への遺言
    評価:C3.53
    第二次世界大戦終了後、B級戦犯裁判をたった一人で戦い抜いた岡田資(たすく)中将の誇り高き生涯を描く感動作。戦争文学の第一人者である大岡昇平の「ながい旅」を原作に、『博士の愛した数式』の小泉堯史監督が構想15年をかけて映画化。

    ヒューマンドラマ、戦争、裁判・法廷、実話

    ネット上の声

    私たちは学校で何を教わってきたのだろうか
    確固たる意思を持ち続ける強さ
    ふるさと。
    ういう硬派作品がリリースされるのは、喜ばしいことだなぁ
    製作年:2007
    製作国:日本
    監督:小泉堯史
    主演:藤田まこと
    25
  26. トゥルー・クライム

    トゥルー・クライム
    評価:C3.51
    「許されざる者」のクリント・イーストウッドが製作・監督・主演を務め、アンドリュー・クラバンのサスペンス小説「真夜中の死線」を映画化。カリフォルニアの地元紙に勤めるベテラン記者エベレットは、交通事故死した同僚の仕事を引き継ぎ、死刑執行を目前に控えた囚人ビーチャムの取材を行なうことに。ビーチャムの無実を確信したエベレットは、刑が執行されるまでの残り少ない時間の中で真相を暴こうと奔走するが……。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、社会派ドラマ、冤罪

    ネット上の声

    イーストウッドの、さりげない正義。
    いろんな重みが詰まってます。
    好々爺然とした女たらし…
    誰かにとっての大切なX'mas
    製作年:1999
    製作国:アメリカ
    監督:クリント・イーストウッド
    主演:クリント・イーストウッド
    26
  27. 折れた矢

    折れた矢
    評価:C3.50
    『ホワイト・バッジ』以来およそ20年ぶりのタッグとなる、チョン・ジヨン監督と韓国を代表する名優アン・ソンギによる法廷劇。2007年、実際に韓国でマスコミの話題をさらった事件をモチーフに、司法という巨大な権力に立ち向かう主人公の挑戦を映し出す。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    韓国司法の闇をえぐる、本物の法廷ドラマ。
    社会的なメッセージが感じられる良作。
    どうしようもない法曹界
    反骨気質爆裂ですが古くさい。
    製作年:2012
    製作国:韓国
    監督:チョン・ジヨン
    主演:アン・ソンギ
    27
  28. アメリカン・クライム

    アメリカン・クライム
    評価:C3.50
    『JUNO/ジュノ』のエレン・ペイジ主演、65年にアメリカで実際に起きた事件を元に描いた衝撃のドラマ。シングルマザーのガートルードに預けられたシルビアとジェニーの姉妹が、ガートルードやその子供たちなどに恐ろしい虐待を受ける様子を鮮烈に描く。

    ヒューマンドラマ、裁判・法廷、実話

    ネット上の声

    なぜ「やめよう」と誰一人言わないんだ!
    観賞した事を後悔する程、残酷。。。。
    エレン・ペイジを監禁、折檻。
    あまりにも悲惨で・・・。
    製作年:2007
    製作国:アメリカ
    監督:トミー・オヘイヴァー
    主演:キャサリン・キーナー
    28
  29. わが道

    わが道
    評価:C3.48
    青森出身の出稼者が東京で行き倒れ、身元不明人として勝手に医大の解剖実験材料にされた事件の裁判闘争記録「ある告発--出稼ぎ裁判の記録」(佐藤不器、風見透編者)の映画化である。脚本・監督は「心」の新藤兼人、撮影も同作の黒田清巳がそれぞれ担当。(ワイド・フジカラー)

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    お役所仕事が悲劇を生む
    製作年:1974
    製作国:日本
    監督:新藤兼人
    主演:乙羽信子
    29
  30. HERO

    HERO
    評価:C3.44
    東京地検城西支部に再び戻った久利生(木村拓哉)は、ある傷害致死事件の裁判を任されるが、容疑者が初公判で犯行を全面否認、無罪を主張したために思わぬ事態を迎えてしまう。被告側の弁護士・蒲生(松本幸四郎)は“刑事事件無罪獲得数日本一”の超ヤリ手。さらに事件の背後には、大物政治家の花岡練三郎(森田一義)が糸を引いていることを突き止める。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    シリーズファンとしては満足の出来です。
    さすがはキムタク!満足度ランキングに…
    喜怒哀楽、そして涙、全部【あるよ】。
    型破りな検事・久利生の活躍!!!
    製作年:2007
    製作国:日本
    監督:鈴木雅之
    主演:木村拓哉
    30
  31. HERO

    HERO
    評価:C3.44
    木村拓哉主演によるヒットドラマの劇場版第2弾。個性的な検事・久利生公平が、某国大使館の関与が疑われる女性不審死の真相解明に挑んでいく。

    ヒューマンドラマ
    製作年:2015
    製作国:日本
    監督:鈴木雅之
    主演:木村拓哉
    31
  32. ジャスティス

    ジャスティス
    評価:C3.43
    メリーランド州、ボルチモアを舞台に、町の法廷にのさばる司法制度の矛盾と裁判の不条理に挑む、理想主義者である若い弁護士の姿を描く。製作総指揮はジョー・ワイザン、製作はノーマン・ジュイソンとパトリック・パーマー、監督は製作も兼ねる「ローラーボール」のノーマン・ジュイソン、脚本はヴァレリー・カーティンとバリー・レヴィンソン、撮影はヴィクター・J・ケンパー、音楽はデーヴ・グルーシン、編集はジョン・F・バーネット、製作デザインはリチャード・マクドナルド衣裳はルース・マイヤーズが各々担当。出演はアル・パチーノ、ジャック・ウォーデン、ジョン・フォーサイス、リー・ストラスバーグ、ジェフリー・タンバー、クリス…

    ヒューマンドラマ、裁判・法廷

    ネット上の声

    裁判全体が秩序破壊だぜ! byパチーノ
    アルパチーノのかっこよさを知って!
    三つの事件を通して、観えてくるもの
    「味のある作品」だと思います。
    製作年:1979
    製作国:アメリカ
    監督:ノーマン・ジュイソン
    主演:アル・パチーノ
    32
  33. ヒマラヤ杉に降る雪

    ヒマラヤ杉に降る雪
    評価:C3.42
     「シャイン」のスコット・ヒックス監督が、戦争と人種偏見に焦点を当てた人間ドラマ。1954年、ワシントン州サン・ピエドロ島。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    デビッド・グターソンの「殺人容疑」が原作
    かなわぬ想いはせつない。
    イーサンホークが可哀想
    期待しすぎたか~
    製作年:1999
    製作国:アメリカ
    監督:スコット・ヒックス
    主演:イーサン・ホーク
    33
  34. 私は貝になりたい

    私は貝になりたい
    評価:C3.36
    本土防衛のために従軍していた清水豊松(中居正広)は、終戦を迎え家族の元へと帰ってきた。平凡でも幸せな家族との日々を営もうとしていた矢先、B・C級戦犯として逮捕されてしまう。豊松の銃剣がアメリカ兵捕虜の腕をかすめたというのだ。それだけのことにもかかわらず、裁判で下されたのは死刑の宣告だった。

    ヒューマンドラマ、裁判・法廷

    ネット上の声

    心配御無用、どころか、むしろお薦めします
    広島への原爆投下は戦争犯罪ではないのか?
    スケール感を武器に、強く訴え、描き加えた
    おめでとうと心から言える世であって欲しい
    製作年:2008
    製作国:日本
    監督:福澤克雄
    主演:中居正広
    34
  35. 半落ち

    半落ち
    評価:C3.31
    元刑事で警察学校教官の梶(寺尾聰)が警察に、「私は妻(原田美枝子)を殺しました」と自首してきた。県警刑事部の志木(柴田恭兵)が取り調べにあたるが、梶は妻殺害後2日間の行動については固く口を閉ざしていた。

    ヒューマンドラマ、裁判・法廷、夫婦、認知症

    ネット上の声

    こんな事件の裁判員に選ばれたら困る(汗
    エンドロールが良い♪
    ほろりとする良作です
    「樹木希林の熱演」
    製作年:2003
    製作国:日本
    監督:佐々部清
    主演:寺尾聰
    35
  36. コネクション マフィアたちの法廷

    コネクション マフィアたちの法廷
    評価:C3.26
    ニュージャージーの悪名高いマフィア、ルッケーゼ・ファミリーのメンバーであるジャコモ・“ジャッキー”・ディノーシオ(ヴィン・ディーゼル)は、麻薬取引の現場を押さえられ逮捕される。検察側から30年の刑期を短くするため司法取引を持ちかけられるが、長年の仲間を裏切れないとして突っぱねる。その後行われた裁判では、被告人という立場ながら弁護も自分でこなすという異例の行動を取り……。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    有罪無罪はウケ次第?しまりのない法廷劇。
    髪がフサフサのヴィン・ディーゼル
    手に汗≪にぎらない≫法廷劇。
    検事がなぜに悪役に?
    製作年:2006
    製作国:アメリカ
    監督:シドニー・ルメット
    主演:ヴィン・ディーゼル
    36
  37. シビル・アクション

    シビル・アクション
    評価:C3.25
     敏腕弁護士のジャンは、ある家族から持ち込まれた金にならない訴訟依頼の裏に、巨大企業による環境汚染の実態がある事を付き止める。莫大な慰謝料が請求できると踏んだ彼は金を目的に調査を始めるが、事件の背後に潜む巨大企業の非道さを知るにつれ、自らの利益を省みずこの訴訟に全てを投げ打っていく・・・。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    見せ方は面白いけどエンディングが、、、
    正義のために自分を犠牲にできるのか…
    豪華脇役陣も魅力の傑作法廷サスペンス
    アメリカの民事訴訟がよく描けてる
    製作年:1999
    製作国:アメリカ
    監督:スティーヴン・ザイリアン
    主演:ジョン・トラヴォルタ
    37
  38. 弁護人

    弁護人
    評価:D3.21
    韓国のノ・ムヒョン元大統領が弁護士時代に担当した釜林事件がモチーフで、『JSA』『スノーピアサー』などのソン・ガンホが主人公を演じたヒューマンドラマ。1980年代初頭の韓国で民主化勢力を弾圧しようとした捏造(ねつぞう)事件が発生し、不当に逮捕された被告の弁護人がさまざまな困難に遭いながらも奮闘する姿を描く。

    ヒューマンドラマ、裁判・法廷、実話、冤罪
    製作年:2013
    製作国:韓国
    監督:ヤン・ウソク
    主演:ソン・ガンホ
    38
  39. ラストダンス

    ラストダンス
    評価:D3.21
    死刑囚の女性と彼女を救おうとする弁護士の、極限の日々に激しく熱く燃えた愛を描いたヒューマン・ドラマ。監督は「ドライビング・MISS・デイジー」のブルース・ベレスフォード。製作も兼ねるスティーブン・ハフトと、「家族の絆」「眠れぬ夜のために」のロン・コスローの原案を、コスロウが脚色。エグゼクィヴ・プロデューサーはリチャード・ルーク・ロスチャイルド。撮影はピーター・ジェームズ、音楽は「ショート・カッツ」のマーク・アイシャム、美術はジョン・ストッダート、編集はジョン・ブルームが担当。主演は「カジノ」のシャロン・ストーンで、華美な衣裳もなく、ほとんどノー・メイクで難役に挑んで微妙な役柄を演じきっている…

    ヒューマンドラマ、死刑囚

    ネット上の声

    弁護士と女死刑囚の心の交流
    命の重さは、皆同じである。
    ン?なんか見覚えあるぞ
    衝撃のラストシーン
    製作年:1996
    製作国:アメリカ
    監督:ブルース・ベレスフォード
    主演:シャロン・ストーン
    39
  40. リーガル・マインド 〜裏切りの法廷〜

    リーガル・マインド 〜裏切りの法廷〜
    評価:D3.10
    仕事のストレスからアルコール依存症に陥り、娘の養育権とキャリアを手放すことになった女性弁護士ケイト(ケイト・ベッキンセイル)。深い溝ができてしまった娘との関係を修復するためにもと更生に励む中、殺人事件で有罪判決を下された女性レイシー(アナ・アニシモーワ)の弁護を依頼される。彼女と接見してえん罪の可能性を感じた彼女は、事件の真相を追い掛けることに。調査を進めるうちに数々の偽証が明らかになって裁判は好転していくが、最終弁論の日に思いも寄らなかった事実が浮かび上がる。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、裁判・法廷、冤罪

    ネット上の声

    よくある内容。プライベートと仕事の狭間で揺れる主人公。 どちらもあ...
    偽りの無い自分でいられるか
    最後は勧善懲悪で良かった
    女性の涙に騙される。
    製作年:2013
    製作国:アメリカ
    監督:カレン・モンクリーフ
    主演:クランシー・ブラウン
    40
  41. Q&A

    Q&A
    評価:D3.08
    「十二人の怒れる男」「ネットワーク」などの名匠シドニー・ルメットが、警察や司法機関の腐敗を題材に撮りあげた社会派サスペンス。ニューヨーク市警のベテラン刑事ブレナンが麻薬の売人を射殺する事件が発生。事件を担当することになった元警官の新人検事補ライリーは、正当防衛を主張するブレナンの証言に疑問を抱くが……。ブレナン役に「48時間」のニック・ノルティ、ライリー役に「普通の人々」のティモシー・ハットン。

    ヒューマンドラマ、サスペンス
    製作年:1990
    製作国:アメリカ
    監督:シドニー・ルメット
    主演:ニック・ノルティ
    41
  42. ジャスティス

    ジャスティス
    評価:D3.04
    第二次大戦下のドイツの捕虜収容所を舞台に、アメリカ人捕虜の殺人事件をめぐって繰り広げられる骨太のサスペンス・ミステリー。主演は「シックス・センス」「バンディッツ」のブルース・ウィリスと、「タイガーランド」のコリン・ファレル。

    ヒューマンドラマ、アクション、戦争、裁判・法廷

    ネット上の声

    捕虜収容所 脱走 裁判をミックスした作品
    根本的にツッコミをいれてしまう・・・
    結局、何が言いたかったのだろう?
    200人の命か ただ一つの正義か
    製作年:2002
    製作国:アメリカ
    監督:グレゴリー・ホブリット
    主演:ブルース・ウィリス
    42
  43. 虚栄のかがり火

    虚栄のかがり火
    評価:D3.00
     アメリカでベストセラーとなったトム・ウルフの原作を基に、ブライアン・デ・パルマが映画化した作品。ウォール街のエリート、マッコイはある日、不倫相手とブロンクスをドライブ中に車で黒人を跳ねてしまう。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    監督・出演者は豪華ですが・・・
    おばあちゃんに節度を学ぼう
    これデ・パルマ監督なの?
    デパルマなのに……
    製作年:1990
    製作国:アメリカ
    監督:ブライアン・デ・パルマ
    主演:トム・ハンクス
    43
  44. ナイト・アンド・ザ・シティ

    ナイト・アンド・ザ・シティ
    評価:D2.78
    都会の片隅で、しがない商売をしている男が、夢の実現のために情熱をそそぎ、そして挫折するまでを描く人間ドラマ。1950年に発表された、赤狩りでハリウッドを追われたジュールズ・ダッシン監督の「町の野獣」のリメイクだが、舞台をロンドンから現代のニューヨークへ置き換えている。監督・製作は「レイジング・ブル」「グッドフェローズ」などで知られる映画プロデューサーで、91年に初監督作「真実の瞬間」を発表したアーウィン・ウィンクラー。共同製作はジェーン・ローゼンサール、エグゼクティヴ・プロデューサーは「星の流れる果て」のハリー・J・アフランドとメアリー・ジェーン・アフランド、脚本は「シー・オブ・ラブ」のリチ…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    口先3寸のお調子者の弁護士が夢を見るも、結果は当然…というお話。 ...
    デ・ニーロは普通の存在感です。
    何だろうね、このモヤモヤ感
    自分を見てるようだ
    製作年:1992
    製作国:アメリカ
    監督:アーウィン・ウィンクラー
    主演:ロバート・デ・ニーロ
    44
  45. 逆転裁判

    逆転裁判
    評価:E2.70
    近未来、政府は弁護士と検事の直接対決により3日間で判決を下す「序審裁判」制度を導入。上司が殺害された事件で被告の弁護人となった新人弁護士・成歩堂龍一(成宮寛貴)は、幼なじみの天才検事・御剣怜侍(斎藤工)と法廷で激しいバトルを繰り広げる。その裁判の後、成歩堂のもとに御剣が殺人容疑で逮捕されたという知らせが届き、御剣の弁護を引き受けるが……。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    本当に原作道理 見る人を選ぶかもしれない
    原作をプレイ済みでも未プレイでも・・・
    小気味良く反論できない主人公にイライラ
    執行猶予付き有罪レベルのおふざけ映画。
    製作年:2011
    製作国:日本
    監督:三池崇史
    主演:成宮寛貴
    45
  46. パラダイン夫人の恋

    パラダイン夫人の恋
    評価:E2.67
    デイヴィッド・O・セルズニック(「風と共に去りぬ」)が製作し、アルフレッド・ヒッチコックが「汚名」に次いで監督したスリラー1947年。ロバート・シチェンズの原作小説をアルマ・レヴィルとジェームズ・ブリディが潤色し製作者セルズニック自身が脚色した。撮影は「探偵物語」のリー・ガームス、音楽は「陽のあたる場所」のフランツ・ワックスマンの担当。主演は「キリマンジャロの雪」のグレゴリー・ペック、「超音ジェット機」のアン・トッド、それに「第三の男」のアリダ・ヴァリ(本作品が米映画初出演)で、「青いヴェール」のチャールズ・ロートン、「追はぎ」のチャールズ・コバーン、「女海賊アン」のルイ・ジュールダン、エセ…

    ヒューマンドラマ、裁判・法廷

    ネット上の声

    感情移入できない・・・
    ヒッチとしては平凡
    邦題がクソやな。
    法廷劇
    製作年:1947
    製作国:アメリカ
    監督:アルフレッド・ヒッチコック
    主演:グレゴリー・ペック
    46
  47. デンジャラス・ウーマン

    デンジャラス・ウーマン
    評価:E2.02
    大実業家が勢力増進剤を混入され心臓病で死んだ。疑惑をかけられたカトリナは知り合いの刑事に助けを求め、一世一代の賭けに出る。実生活でも恋愛関係にあったジュリアとベンジャミンの意味深げなやり取りが話題となったクライムラブロマンス。

    ヒューマンドラマ、サスペンス
    製作年:1999
    製作国:アメリカ
    監督:マシュー・ペン
    主演:ベンジャミン・ブラット
    47
  48. 民事介入暴力(ミンボー) 〜非合法領域〜

    民事介入暴力(ミンボー) 〜非合法領域〜
    評価:E0.00
    宝生舞をヒロイン役に迎え、豪華異色キャストで贈る法律ドラマ。新人弁護士の美咲は幼い子供が死亡した医療ミスの裁判に取り組んでいた。しかし、その裏には指定暴力団の陰謀が絡んでおり、調査に乗り出していた彼女にも暴力団の魔の手が迫っていた。

    ヒューマンドラマ
    製作年:2001
    製作国:日本
    監督:服部光則
    主演:咲輝
    48
  49. パープル・ハート

    パープル・ハート
    評価:E0.00
    スタジオ・クラシック・シリーズ。初DVD化。日本本土に空襲を始めた米爆撃機は悪天候の中故障を起こし、隊員たちはパラシュートで脱出。しかし日本軍の捕虜になってしまう。彼ら8人の空軍兵士は民間人に爆撃を加えたとして、日本の民事法廷で裁かれる事に。彼ら一人一人に拷問や精神的苦痛を与えたり、好条件をちらつかせ空母の位置を吐かせようするが、8人は国を守る為、何も言わずに死を選ぶのだった。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    なぜ?今さら・・・
    製作年:1944
    製作国:アメリカ
    監督:ルイス・マイルストン
    主演:ダナ・アンドリュース
    49
  50. 民事介入暴力(ミンボー) 〜非合法領域〜2

    民事介入暴力(ミンボー) 〜非合法領域〜2
    評価:E0.00
    法律を悪用する暴力団と若き弁護士との攻防を描いた人気ドラマ第2弾。友人の刑事・西園寺から自動車事故の弁護を頼まれた沖紳一郎は、事故現場にあった街灯が何者かによってすり代えられていたことに気付く。だが、調査を続ける彼に暴力団が近づき…。

    ヒューマンドラマ
    製作年:2002
    製作国:日本
    監督:松井昇
    主演:咲輝
    50

スポンサードリンク