スポンサーリンクあり

映画「ピンク」のランキング情報

S
4.52
評価数:48482
ピンク
製作
2016年 インド
時間
130分
監督
アニルッダ・ロイ・チョウドゥリー
出演
アミターブ・バッチャンタープシー・パンヌーキールティ・クルハーリー
種類
ヒューマンドラマ
ベンガル語映画の監督アニルッド・ロイ・チョウドリーのヒンディー語映画デビュー作。『ピクー』(2015)等の監督で、ベンガル人のシュージト・サルカールが製作を担当、脚本にも参加し、インドが抱える深刻な社会問題を盛り込んだ力作を完成させた。アミターブ・バッチャン以外は若手俳優と中堅の脇役俳優というキャストは地味だが、彼らの熱演と巧みなストーリー展開が観客を捉え、スマッシュヒットとなった。第64回国家映画賞の社会問題映画賞を受賞したほか、多くの映画賞で作品賞、監督賞などにノミネート、アミターブ・バッチャンは3つの主要な映画賞で主演男優賞を獲得した。ニューデリー南部の集合住宅で同居する若い女性、ミナール、ファラク、アンドレアは、3人組の若者にコンサート会場で誘われ、夕食を共にする。だが、その後、レイプされそうになり、ミナールが若者の1人ラジヴィールをビンで殴り、彼女たちは自宅に逃げ帰った。大けがをして病院に担ぎ込まれたラジヴィールは政治家の甥で、ミナールたち3人は殺人未遂等で訴えられる。同時に、彼女たちは様々な嫌がらせと誹謗中傷に晒されたことから、同じ敷地内に住む老弁護士ディーパクの申し出を受けて弁護を依頼する。高齢のディーパクの弁護は一見頼りなかったが、彼は確固たる信念を持っていた…。

「ピンク」のランキング情報

ヒューマンドラマ
第283位(30476件中)
2016年
第20位(1906件中)
インド
第29位(377件中)
2010年代
第190位(19098件中)
アミターブ・バッチャンが出演
第2位(6件中)
タープシー・パンヌーが出演
第1位(6件中)
キールティ・クルハーリーが出演
第1位(2件中)
アニルッダ・ロイ・チョウドゥリー監督が制作
第1位(1件中)

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。