全50作品。1959年の映画ランキング

  1. 誓いの休暇

    誓いの休暇
    評価:S4.20
    一兵士の帰郷を軸に、戦争反対をうたいあげた作品。「女狙撃兵 マリュートカ」の新進グリゴーリ・チュフライが監督した。脚本は彼とその友人ワレンチン・イェジョフの共同。撮影もウラジミール・ニコラエフとエラ・サベリエフの二人。音楽はミハイル・ジフ。出演はともに映画初出演のウラジミール・イワショフ、ジャンナ・プロホレンコなど。一九六〇年カンヌ映画祭最優秀特別作品賞を受け、第三回全ソ映画祭でも最優秀作品賞、最優秀監督賞、映画評論家特別賞の三賞を受けた。

    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    この映画も凄い。
    雪解け期の奇跡的な作品
    製作年:1959
    製作国:ソ連
    監督:グリゴーリ・チュフライ
    主演:ウラジミール・イワショフ
    1
  2. 橋
    評価:S4.12
    第二次世界大戦末期に召集されたドイツ軍少年兵の悲劇を描いた戦争ドラマ。無条件降伏間際のドイツのある村。7人の少年兵たちは重要度の低い村外れの橋に配置された。しかし、敵はその橋から進攻を開始し…。
    ※全編モノクロです。

    ネット上の声

    。。。。。
    ドイツ映画屈指の名編
    戦争映画の傑作
    紙一重の遊び場と戦場
    製作年:1959
    製作国:西ドイツ
    監督:ベルンハルト・ヴィッキ
    主演:フォルカー・ボーネット
    2
  3. 5つの銅貨

    5つの銅貨
    評価:A3.98
    愛する娘の病気を看病する為に一度はジャズ界から身を引くものの、やがて奇跡的にカムバックする実在の名コルネット奏者レッド・ニコルズの半生を描いた伝記ドラマ。

    ヒューマンドラマ、伝記、実話

    ネット上の声

    DISCASだけの先行レンタルなんか?
    音楽がメインの映画は大外れが少ない気がする
    他のダニー・ケイとは一味違う
    この人も音楽も知らないので…
    製作年:1959
    製作国:アメリカ
    監督:メルヴィル・シェイヴルソン
    主演:ダニー・ケイ
    3
  4. ベン・ハー

    ベン・ハー
    評価:A3.97
    ルー・ウォーレスによる同名ベストセラー小説の3度目の映画化。西暦1世紀の初め、ローマ帝国支配下のエルサレムに生まれたユダヤ人貴族の息子ベン・ハーの波乱に富んだ半生を、イエス・キリストの生涯と絡ませて描いた歴史スペクタクル大作。監督は「ミニヴァー夫人」「我等の生涯の最良の年」の巨匠ウィリアム・ワイラー。タイトルロールにチャールトン・ヘストン。59年度のアカデミー賞では作品賞、監督賞を含む史上最多の11部門を受賞した。

    アクション

    ネット上の声

    ベン・ハー
    アカデミー賞11部門獲得の映画史に残る傑作だそうです
    20世紀の 2大作品のひとつ
    こういう話だったっけ?
    製作年:1959
    製作国:アメリカ
    監督:ウィリアム・ワイラー
    主演:チャールトン・ヘストン
    4
  5. お熱いのがお好き

    お熱いのがお好き
    評価:A3.96
     偶然殺人事件を目撃してしまった2人の男は、追われる身に。カツラと化粧を施し女性バンドの中に潜り込み、ギャングの目を欺こうとする。名優ジャック・レモンとトニー・カーティスの女装をよりナチュラルに見せるため、モノクロで撮影された。「七年目の浮気」製作終了後、「もう2度とマリリンとは仕事をしない」と公言していたビリー・ワイルダーだったが、彼女の起用により「I wanna be loved by you」のミュージックシーンなど記憶に残る名場面が生まれた。

    コメディ

    ネット上の声

    翻弄されるマリリン
    楽しい感じのコメディなんだけど苦笑って感じになってしまう
    マリリンの魅力満載
    モンロー映画は初めて観ました
    製作年:1959
    製作国:アメリカ
    監督:ビリー・ワイルダー
    主演:ジャック・レモン
    5
  6. 忠臣蔵 櫻花の巻・菊花の巻

    忠臣蔵 櫻花の巻・菊花の巻
    評価:A3.88
    「若さま侍捕物帳 紅鶴屋敷」の共同執筆者・比左芳武の脚本を、「隠密七生記(1958)」の松田定次が監督したお馴染の忠臣蔵。撮影は「隠密七生記(1958)」の川崎新太郎、音楽も「隠密七生記(1958)」の深井史郎。内蔵助に扮する片岡千恵蔵を筆頭に、東映のオールスターが出演している。

    ヒューマンドラマ、時代劇

    ネット上の声

    懐かしい顔ぶれが勢ぞろい
    オールスター
    本物の時代劇
    忠臣蔵王国=東映の長大作。
    製作年:1959
    製作国:日本
    監督:松田定次
    主演:片岡千恵蔵
    6
  7. 悲しみは空の彼方に

    悲しみは空の彼方に
    評価:A3.86
    1934年にクローデット・コルベール主演で映画化されたファニー・ハーストのベスト・セラーの再映画化で、暗い宿命に泣く女の悲しみを描くメロドラマ。脚色はエリノア・グリフィンとアラン・スコットの共同。監督は「愛する時と死する時」のダグラス・サーク。撮影は「暴れ者」のラッセル・メティ。主演は「青春物語」のララナ・ターナー、「愛する時と死する時」のジョン・ギャビン、それに新人のサンドラ・ディー、「地獄の戦線」のスーザン・コーナー、「南部の反逆者」のファンタ・ムーア、「黄昏に帰れ」のダン・オハーリー等。製作はロス・ハンター。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    イミテーションの消えない輝き
    誰が見ても泣くのではないだろうか
    あまりにもメロドラマチック
    いくつもの感情
    製作年:1959
    製作国:アメリカ
    監督:ダグラス・サーク
    主演:ラナ・ターナー
    7
  8. グレン・グールド 27歳の記憶

    グレン・グールド 27歳の記憶
    評価:A3.82
    天才とも変人とも称された、ミステリアスな孤高のピアニストとして知られるグレン・グールド。トロント郊外の別荘で独りでピアノを奏でる姿や、この映画でしか聴けない珍しい曲も演奏してくれる。また、ニューヨークのスタジオでは、バッハのイタリア協奏曲を全身全霊を込めてレコーディングする様子をカメラがとらえた。

    ネット上の声

    生のグールドを知るにはいい作品
    神より祝福された人、グールド 
    製作年:1959
    製作国:ドイツ
    監督:ロマン・クロイター
    主演:グレン・グールド
    8
  9. 浮草

    浮草
    評価:B3.80
    「お早よう」のコンビ野田高梧と小津安二郎の共同脚本を小津安二郎が監督したもので、ドサ廻り一座の浮草稼業ぶりを描いたもの。撮影は「鍵(1959)」の宮川一夫が担当した。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    唯一の大映作品
    退屈せずに最後まで見たけど
    絵作りがあまり小津らしくない。そこがいいのか悪いのか…
    最後の方で評価UP
    製作年:1959
    製作国:日本
    監督:小津安二郎
    主演:中村鴈治郎
    9
  10. にあんちゃん

    にあんちゃん
    評価:B3.79
    十歳の少女・安本末子が綴った日記「にあんちゃん」の映画化。「男なら夢を見ろ」の池田一朗と今村昌平が脚色、「盗まれた欲情」の今村昌平が監督した。撮影は「ゆがんだ月」の姫田真佐久。
    製作年:1959
    製作国:日本
    監督:今村昌平
    主演:長門裕之
    10
  11. ペティコート作戦

    ペティコート作戦
    評価:B3.78
    第2次大戦中、南海の孤島から5人の美人看護婦を救助した潜水艦を舞台にしたコメディ。ポール・キングとモーリス・リッチリンのオリジナル・ストーリーを「休暇はパリで」のスタンリー・シャピロとモーリス・リッチリンが共同で脚色、「休暇はパリで」のブレイク・エドワーズが監督した。撮影を「リオ・ブラボー」のラッセル・ハーラン、音楽をジョセフ・ガーシェンソンが担当。出演は「北北西に進路を取れ」のケーリー・グラント、「休暇はパリで」のトニー・カーティス、「船を見棄てるナ」のダイナ・メリル、他にアーサー・オコンネルら。製作ロバート・アーサー。
    製作年:1959
    製作国:アメリカ
    監督:ブレイク・エドワーズ
    主演:ケイリー・グラント
    11
  12. 東海道四谷怪談

    東海道四谷怪談
    評価:B3.76
    鶴屋南北の原作を、「南部騒動 姐妃のお百」の大貫正義と「影法師捕物帖」の石川義貫が共同で脚色した、おなじみの怪談もの。「女吸血鬼」の中川信夫が監督し、「影法師捕物帖」の西本正が撮影した。

    ホラー

    ネット上の声

    あんまり怖くなかった
    あらためて酷い話を実感
    日本古典ホラーの傑作
    天地伊右衛門
    製作年:1959
    製作国:日本
    監督:中川信夫
    主演:天知茂
    12
  13. 浪花の恋の物語

    浪花の恋の物語
    評価:B3.75
    近松門左衛門の『冥途の飛脚』『恋飛脚大和往来』から、「美男城」の成澤昌茂が脚色し、「大菩薩峠 完結篇(1959)」の内由吐夢が監督した悲恋物語。「独眼竜政宗」の坪井誠が撮影した。

    ヒューマンドラマ、時代劇

    ネット上の声

    歌舞伎の方が面白い
    構造と物語
    錦之介が綺麗
    なんて美しい立ち振る舞い!
    製作年:1959
    製作国:日本
    監督:内田吐夢
    主演:中村錦之助
    13
  14. お早よう

    お早よう
    評価:B3.75
    「彼岸花」につづいて野田高梧と小津安二郎が書いた脚本を、小津安二郎が監督した、大人と子供の世界を描いた一篇。撮影は「春を待つ人々」の厚田雄春。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    小津監督は自分の趣味ではないことがわかってきた
    無駄なものに囲まれて
    小津作品の愉しみ方 その二
    おもしろい
    製作年:1959
    製作国:日本
    監督:小津安二郎
    主演:佐田啓二
    14
  15. 薄桜記

    薄桜記
    評価:B3.74
    五味康祐の産経新聞連載小説の映画化で、赤穂浪士の仇討を背景とした時代劇。「ジャン・有馬の襲撃」の伊藤大輔が脚色し、「次郎長富士」の森一生が監督した。撮影も「次郎長富士」の本多省三。

    ヒューマンドラマ、時代劇

    ネット上の声

    あまりにも悲しすぎる
    真城千都世サン綺麗です
    大映時代劇という芸術(アート)
    ともかく美しい
    製作年:1959
    製作国:日本
    監督:森一生
    主演:市川雷蔵
    15
  16. 草の上の昼食

    草の上の昼食
    評価:B3.69
    「恋多き女」のジャン・ルノワールが監督と脚本を担当した現代諷刺喜劇。撮影はジョルジュ・ルクレール、音楽はジョゼフ・コスマ。出演者は「フランス女性と恋愛」のポール・ムーリッス、新人女優カトリーヌ・ルーヴェル、ジャクリーヌ・モラーヌなど。製作もジャン・ルノワール。
    製作年:1959
    製作国:フランス
    監督:ジャン・ルノワール
    主演:ポール・ムーリス
    16
  17. 夜行列車

    夜行列車
    評価:B3.68
    夜行列車に乗合せた人々のさまざまな人生模様を描いたドラマ。脚本はイェジー・ルトフスキーと「尼僧ヨアンナ」のイェジー・カワレロウィッチで、カワレロウィッチが監督した。撮影はヤン・ラスコウスキー、音楽はアンジェイ・トシャスコフスキー。出演者は「尼僧ヨアンナ」のルチーナ・ヴィニエツカ、舞台のレオン・ニェムチック、「灰とダイヤモンド」のズビグニエフ・チブルスキーなど。

    ネット上の声

    ジャズ流れっぱなし
    ポーランド版グランドホテル形式
    製作年:1959
    製作国:ポーランド
    監督:イェジー・カヴァレロヴィチ
    主演:ルチーナ・ウィンニッカ
    17
  18. 或る殺人

    或る殺人
    評価:B3.67


    サスペンス
    製作年:1959
    製作国:アメリカ
    監督:オットー・プレミンジャー
    主演:ジェームズ・スチュワート
    18
  19. 波も涙も暖かい

    波も涙も暖かい
    評価:B3.67
    巨匠フランク・キャプラが8年ぶりにメガホンをとり、フランク・シナトラが主演をつとめたコメディタッチのヒューマンドラマ。マイアミで小さなホテルを経営するトニーは、妻に先立たれ、幼い息子アニーと2人で暮らしていた。ところが彼は金や女にだらしがないダメ男で、若いガールフレンドと遊びまわっているうちに借金がかさみ、ホテルは経営不振に陥ってしまう。なんとかホテルを再建しようと、資金集めに奔走するのだが……。

    ネット上の声

    キャプラ後期の作品・・・
    キャプラはいい
    製作年:1959
    製作国:アメリカ
    監督:フランク・キャプラ
    主演:フランク・シナトラ
    19
  20. リオ・ブラボー

    リオ・ブラボー
    評価:B3.65
    颯爽たるにシーンから始まって、計算されたアクションを散りばめた、歌あり恋ありの痛快西部劇。保安官チャンスは、酒場のゴタゴタから人を殺したジョーという男を逮捕した。ジョーの兄ネイサンは手下を集め、釈放を求めてチャンスを脅迫する。チャンスはわずかな手勢で、ネイサン一派を迎え撃つが…。

    アクション、西部劇

    ネット上の声

    リオブラボー
    デュークらしい一本
    痛快西部劇の最高傑作!
    ワイルド&タフネス
    製作年:1959
    製作国:アメリカ
    監督:ハワード・ホークス
    主演:ジョン・ウェイン
    20
  21. 雪之丞変化

    雪之丞変化
    評価:B3.65
    三上於莵吉の原作を「旗本退屈男 謎の大文字」の鈴木兵吾が脚色し、「江戸の悪太郎」のマキノ雅弘が監督したおなじみの娯楽時代劇。撮影は「血槍無双」の三木滋人。

    ヒューマンドラマ、時代劇

    ネット上の声

    大川橋蔵3役こなす
    東映らしい娯楽時代劇
    大川橋蔵、淡島千景、大川恵子が魅せる
    製作年:1959
    製作国:日本
    監督:マキノ雅弘
    主演:大川橋蔵
    21
  22. 獅子座

    獅子座
    評価:B3.64
    自称作曲家の中年ボヘミアンが、浮き沈みの激しい獅子座の運勢にもてあそばれ、不運と幸運の間を駆けめぐる様を描いた心理ドラマ。「緑の光線」のエリック・ロメールの35ミリ長編処女監督作であり、同じ年に製作された「勝手にしやがれ」や「大人は判ってくれない」と並ぶヌーヴェル・ヴァーグの記念碑的作品である。製作はクロード・シャブロル。伯母の遺産でプロダクションを興したシャブロルの逸話が、この作品にヒントを与えたとも言われている。台詞は「いとこ同志」「太陽がいっぱい」なども手掛けたポール・ジェゴフ。撮影は、クルーゾーの「密告(1943)」やコクトーの「オルフェ」などのニコラ・エイエ。主演のジェス・ハーンは、B級映画に数多く出演していたがこれが初主演作。この作品はゴダール、トリュフォーらのヌーヴェル・ヴァーグのスターの陰に隠れ、製作されてから3年後の1962年5月2日にパリ1館でしかロードショー公開されなかったという不遇の道を歩んだが、同年のカイエ・デュ・シネマ誌ではベスト5に選ばれ批評的には決して悪くなかった。
    製作年:1959
    製作国:フランス
    監督:エリック・ロメール
    主演:ジェス・ハーン
    22
  23. 大人は判ってくれない

    大人は判ってくれない
    評価:B3.64
    ヌーヴェル・ヴァーグの新鋭フランソワ・トリュフォーの第一回監督作品。脚色はマルセル・ムーシーとトリュフォーの共同で、撮影を「いとこ同志」のアンリ・ドカエ、音楽をジャン・コンスタンタンが担当。出演は主役に扮する十二歳のジャン・ピエール・レオーの他に、クレール・モーリエ、アルベール・レミ、ギイ・ドコンブル、パトリック・オーフェイ等。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    大切にしたい映画かも
    大人は子供の何をわかっているの??
    そして、僕は大人になった。
    製作年:1959
    製作国:フランス
    監督:フランソワ・トリュフォー
    主演:ジャン=ピエール・レオ
    23
  24. ロベレ将軍

    ロベレ将軍
    評価:B3.61

    ネット上の声

    ヴィットリオ・デ・シーカ会心作
    運命が狂うと...
    製作年:1959
    製作国:イタリア
    監督:ロベルト・ロッセリーニ
    主演:ヴィットリオ・デ・シーカ
    24
  25. 人間の壁

    人間の壁
    評価:B3.59
    朝日新聞に連載された石川達三の同名小説を、「鹿島灘の女」の八木保太郎が脚色し、「荷車の歌」の山本薩夫が監督したもので、日教組を背景とした異色ドラマ。撮影も「荷車の歌」の前田実。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1959
    製作国:日本
    監督:山本薩夫
    主演:香川京子
    25
  26. 愛と希望の街

    愛と希望の街
    評価:C3.58
    ある小都市の駅前。靴磨きの女たちに混じって一人の少年が鳩を売っていた。そこへ会社役員の令嬢京子が通りかかり、その鳩を七百円で買う。少年はお金が要るから鳩を売るのだと言う。京子は同情するが、実は鳩の帰巣本能を利用した巧みな金儲けだった……。「鳩を売る少年」のタイトルで書かれた大島オリジナルのシナリオで、若干27歳で監督に抜擢された大島渚監督の記念すべき長編デビュー作。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    大島渚のデビュー作としては観ない方がいい
    戦後を引きずる貧しさ、差別
    この作品には考えさせられた。
    驚きと感動
    製作年:1959
    製作国:日本
    監督:大島渚
    主演:藤川弘志
    26
  27. 北北西に進路を取れ

    北北西に進路を取れ
    評価:C3.57
    アルフレッド・ヒッチコック監督の集大成とも言われる巻き込まれ型サスペンス映画の名作。ニューヨークで広告会社を経営するロジャーは、偶然同じ場所に居合わせてしまったためにキャプランという男に間違えられ、謎の組織から追われる羽目に。ロジャーは追われながらも真相を探るべくニューヨークからシカゴ、サウスダコタのラシュモア山まで息もつかせぬ逃走劇を展開する。主演にケイリー・グラント。脚本は「成功の甘き香り」の名手アーネスト・レーマン。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    有名な作品だが
    何度見ても飽きない内容
    久しぶりのヒッチコック
    ヒッチコック
    製作年:1959
    製作国:アメリカ
    監督:アルフレッド・ヒッチコック
    主演:ケイリー・グラント
    27
  28. 尼僧物語

    尼僧物語
    評価:C3.57
    キャサリン・ヒューム女史のベストセラー小説をもとに、「オクラホマ!」「地上より永遠に」のフレッド・ジンネマン監督が作った1人の修道尼の物語。脚色はロバート・アンダーソンがあたり、撮影したのは「ローマの休日」のフランツ・プラナー。音楽はフランツ・ワックスマンが担当している。出演するのは「緑の館」のオードリー・ヘップバーン、「ダイヤモンド作戦」のピーター・フィンチ、「レイテ沖海空戦 永遠の海原」のディーン・ジャガー、「ベビイドール」のミルドレッド・ダンノック、ディムの称号をもつ英国女優エディス・エバンスとディム・ペギー・アシュクロフト、パトリシア・コリンジ、ルース・ホワイト、パトリシア・ボスワー…

    ヒューマンドラマ、シスター

    ネット上の声

    尼僧の世界
    聡明な顔が印象的。
    カトリック修道院をベースにして
    製作年:1959
    製作国:アメリカ
    監督:フレッド・ジンネマン
    主演:オードリー・ヘプバーン
    28
  29. 私は貝になりたい

    私は貝になりたい
    評価:C3.54
    昨年度芸術祭文部大臣賞を受賞した同名のテレビドラマの映画化。「コタンの口笛」の橋本忍が、自身の原作を自ら脚色・監督する。撮影は「暗黒街の顔役」の中井朝一。

    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    よさこい節
    ひたすら切ない
    見終わった後、フゥーッと大きな溜め息 …
    重厚さがしっくりこない
    製作年:1959
    製作国:日本
    監督:橋本忍
    主演:フランキー堺
    29
  30. 最高殊勲夫人

    最高殊勲夫人
    評価:C3.54
    週刊明星に連載中の源氏鶏太の同名小説を、「完全な遊戯」の白坂依志夫が脚色、「親不孝通り」の増村保造が監督した喜劇。撮影も「親不孝通り」の村井博。

    ネット上の声

    面白いです
    最高殊勲夫婦の 船越&丹阿弥
    増村保造には不向きな軽いラブ・コメ
    60年代にはなにかある
    製作年:1959
    製作国:日本
    監督:増村保造
    主演:若尾文子
    30
  31. 地底探険

    地底探険
    評価:C3.53


    SF、アドベンチャー(冒険)

    ネット上の声

    昔のSF・・・
    馬鹿馬鹿しいまでの荒唐無稽さが昔の映画らしくてかえって面白い
    いいですよ
    地底版「失われた世界」
    製作年:1959
    製作国:アメリカ
    監督:ヘンリー・レヴィン
    主演:パット・ブーン
    31
  32. 顔のない眼

    顔のない眼
    評価:C3.52
    今までの怪奇映画とは違い、新聞の三面記事的な事件の設定から、恐怖の本質をつこうとするもの。「白い少女」のジョルジュ・フランジュが、ジャン・ルドンの同名小説にもとづく、ボワロー・ナルスジャック、ジャン・ルドン、クロード・ソーテの共同脚本を監督した。台詞はピエール・ガスカル。撮影はオイゲン・シュフタン、音楽はモーリス・ジャール。出演は「掟(1959)」のピエール・ブラッスール、「旅路はるか」のアリダ・ヴァリ、「いとこ同志」のジュリエット・メニエルのほか、エディット・スコブら。製作指揮ピエール・ローラン。

    ネット上の声

    インパクトはメガ級
    白黒が不気味さを増幅しています
    美しく哀しいホラー
    あまりにも秀逸なタイトル
    製作年:1959
    製作国:フランス/イタリア
    監督:ジョルジュ・フランジュ
    主演:ピエール・ブラッスール
    32
  33. 独立愚連隊

    独立愚連隊
    評価:C3.52
    終戦近い北支戦線を舞台に、弟の死因を究明にやって来た元鬼軍曹の活躍を描いた日本版西部劇。「ある日わたしは」の岡本喜八が助監督時代に書いた脚本を自ら監督した。撮影は「青春を賭けろ」の逢沢譲。

    アクション、戦争

    ネット上の声

    今なら絶対作れない映画
    ウエスタン仕様のスペクタル
    世界の黒沢を凌駕した名人の仕事
    愉快、痛快
    製作年:1959
    製作国:日本
    監督:岡本喜八
    主演:佐藤允
    33
  34. 荷車の歌

    荷車の歌
    評価:C3.51
    山代巴の原作を「異母兄弟」の依田義賢が脚色し、「赤い陣羽織」の山本薩夫が監督した農村ドラマ。全国の農村婦人のカンパによって資金がまかなわれた。撮影も「赤い陣羽織」の前田実。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1959
    製作国:日本
    監督:山本薩夫
    主演:望月優子
    34
  35. 社長太平記

    社長太平記
    評価:C3.51
    おなじみ東宝十八番のサラリーマンもの喜劇。脚本は「サザエさんの結婚」の笠原良三。監督は「大学の人気者」の松林宗恵。撮影は「鰯雲」の玉井正夫。音楽は「大人には分らない・青春白書」の宅孝二。主演は「人生劇場 青春篇」の森繁久彌「弥次喜多道中双六」の小林桂樹・加東大介をはじめ、女優陣には「恐喝(1958)」の淡路恵子、団令子、水野久美、それに三木のり平らが出演。

    ヒューマンドラマ、コメディ

    ネット上の声

    「へそくり社長」(正・続)が面白かったので …
    面白い!?
    社長シリーズ中の名作
    「兵は迅速を持って尊しとなす」
    製作年:1959
    製作国:日本
    監督:松林宗恵
    主演:森繁久彌
    35
  36. あなたと私の合言葉 さようなら、今日は

    あなたと私の合言葉 さようなら、今日は
    評価:C3.49
    平凡連載の久里子亭の原作を、原作者自身と「ごめん遊ばせ花婿先生」の舟橋和郎が脚色、「炎上」の市川崑が監督した風刺喜劇。撮影は「軍国酒場」の小林節雄。音楽は塚原晢夫。京マチ子・野添ひとみ・若尾文子・川口浩・菅原謙二・佐分利信らのオールスター・キャスト。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    市川 菎監督による小津映画の模写。
    東女(若尾文子)&京女(京マチ子)
    若いころの若尾文子を、タップリと鑑賞
    可笑しくて・・・ふと涙
    製作年:1959
    製作国:日本
    監督:市川崑
    主演:野添ひとみ
    36
  37. 怪獣ゴルゴ

    怪獣ゴルゴ
    評価:C3.46
    アイルランド沖で発見された怪獣は“ゴルゴ“と名付けらて、サーカスの見世物としてロンドンに運ばれる。しかし、“ゴルゴ“を救うため、その親で60メートルもの巨大怪獣がロンドンに現れた。日本の「ゴジラ」の影響を受けて作られた怪獣映画。

    SF

    ネット上の声

    夜のロンドン破壊・・・
    英国版ゴジラ 予想よりは面白い
    元祖“モンスターペアレント”!
    製作年:1959
    製作国:イギリス
    監督:ユージン・ローリー
    主演:ビル・トラヴァース
    37
  38. 水戸黄門 天下の副将軍

    水戸黄門 天下の副将軍
    評価:C3.46
    月形龍之介の“黄門シリーズ”第十二篇。「山田長政 王者の剣」の小国英雄が脚本を書き「新吾十番勝負」の松田定次が監督、川崎新太郎が撮影した。

    ヒューマンドラマ、時代劇

    ネット上の声

    時代劇映画の定番
    素晴らしい
    製作年:1959
    製作国:日本
    監督:松田定次
    主演:月形龍之介
    38
  39. 眠れる森の美女

    眠れる森の美女
    評価:C3.45
    チャイコフスキー作曲の古典バレエ「眠れる森の美女」をディズニーが長篇漫画映画にした。日本語版の配役は、オーロラ姫(歌・牧三都子、声・高田敏江)フィリップ王子(歌・砂川稔、声・宮本昭夫)マレフィセント(北林谷栄)フローラ(長倉茂子)フォーナ(長岡輝子)メリーウェザー(堀越節子)ステファン王子(栗本正)同王妃(松田トシ)ヒューバート王(中村哲)製作監修ケン・ピーターソン。

    アニメ、ディズニー

    ネット上の声

    音楽の扱いが巧み
    こんな話やったんや
    憧れます..(*^.^*)
    製作年:1959
    製作国:アメリカ
    監督:クライド・ジェロニミ
    主演:メアリー・コスタ
    39
  40. 熱狂はエル・パオに達す

    熱狂はエル・パオに達す
    評価:C3.45
    36歳の若さでこの世を去ったフランスの貴公子、ジェラール・フィリップの最後の主演作。自由主義に奔走した男の皮肉な運命を描く、ルイス・ブニュル渾身の力作!

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    ブニュエル
    エキセントリックで艶やかな女優が柱
    情熱と優柔不断
    製作年:1959
    製作国:メキシコ/フランス
    監督:ルイス・ブニュエル
    主演:ジェラール・フィリップ
    40
  41. 野火

    野火
    評価:C3.45
    大岡昇平の原作を、「鍵(1959)」のコンビ和田夏十が脚色し、市川崑が監督したもので、レイテ島を舞台に飢餓に追いつめられた兵隊を描いたもの。撮影は「代診日記」の小林節雄。

    ヒューマンドラマ、文芸・史劇

    ネット上の声

    原作を読みましょう!
    腹が減っては戦も出来ぬ。議論もね
    「ビルマの竪琴」と対を成す、市川崑監督が、戦争を描いた作品。
    「シン・レッド・ライン」に通底するものがある、と言ったら不謹慎?
    製作年:1959
    製作国:日本
    監督:市川崑
    主演:船越英二
    41
  42. 潜水艦イ-57降伏せず

    潜水艦イ-57降伏せず
    評価:C3.43
    太平洋戦争末期、特殊任務をおびて行動した潜水艦とその乗組員のヒューマニズムを描いた川村六良の小説を原作に「娘の中の娘」の須崎勝弥と「眠狂四郎無頼控 魔剣地獄」の木村武(1)が脚本を書き「まり子自叙伝 花咲く星座」の松林宗恵が監督した。撮影は「大学のお姐ちゃん」の完倉泰一。パースペクタ立体音響。

    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    軍人の誇り
    意外と・・・
    「ローレライ」のモデルになった潜水艦映画
    心、洗われます…。
    製作年:1959
    製作国:日本
    監督:松林宗恵
    主演:池部良
    42
  43. 硫黄島

    硫黄島
    評価:C3.42
    菊村到の芥川賞受賞作の映画化。硫黄島の悪夢をになって戦後に生きる一人の男の悲惨な運命を描く。「暗夜行路」の八住利雄が脚本を書き「倖せは俺等のねがい」の宇野重吉が久しぶりに監督した。撮影は「危険な女」の井上莞。

    ネット上の声

    “いおうとう”と読みます。
    製作年:1959
    製作国:日本
    監督:宇野重吉
    主演:大坂志郎
    43
  44. サファイア

    サファイア
    評価:C3.42
    製作年:1959
    製作国:イギリス
    監督:ベイジル・ディアデン
    主演:ナイジェル・パトリック
    44
  45. 風雲児 織田信長

    風雲児 織田信長
    評価:C3.41
    山岡荘八の原作を「百万両五十三次」の結束信二が脚色し「いろは若衆 花駕篭峠」の河野寿一が監督した、織田信長の半生を描いた娯楽時代劇。撮影は「浪花の恋の物語」の坪井誠。

    ヒューマンドラマ、時代劇
    製作年:1959
    製作国:日本
    監督:河野寿一
    主演:中村錦之助
    45
  46. 甘い生活

    甘い生活
    評価:C3.40

    ネット上の声

    この映画嫌い。
    派手だけど中身のない虚飾な人
    甘い生活、つらい現実(笑)
    わからなかった
    製作年:1959
    製作国:イタリア/フランス
    監督:フェデリコ・フェリーニ
    主演:マルチェロ・マストロヤンニ
    46
  47. 危険な関係

    危険な関係
    評価:C3.40


    サスペンス

    ネット上の声

    本家フランスの恋愛遊戯
    これぞフランス恋愛映画
    製作年:1959
    製作国:フランス
    監督:ロジェ・ヴァディム
    主演:ジャンヌ・モロー
    47
  48. べらんめえ芸者

    べらんめえ芸者
    評価:C3.40
    美空ひばりのべらんめえシリーズの第三作。「いろは若衆 花駕篭峠」のコンビ笠原良三と笠原和夫の脚本を、「ふたりの休日」の小石栄一が監督し、「べらんめえ探偵娘」の西川庄衛が撮影した。

    コメディ

    ネット上の声

    サービス満点
    美空ひばり姐さんの仕事を見よ。
    笠原和夫作品ってんで借りやした。
    製作年:1959
    製作国:日本
    監督:小石栄一
    主演:美空ひばり
    48
  49. 第五福竜丸

    第五福竜丸
    評価:C3.39
    日本人漁夫がビキニ環礁で遭遇した水爆実験の被害事件を描いたもので、「米」の八木保太郎と新藤兼人の脚本を、「悲しみは女だけに」の新藤兼人が監督した。撮影は植松永吉・武井大が担当。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    タイムリーに見ました
    新藤兼人が充実していた時期
    八月になれば・・。
    50年前のできごと
    製作年:1959
    製作国:日本
    監督:新藤兼人
    主演:宇野重吉
    49
  50. ビスマルク号を撃沈せよ!

    ビスマルク号を撃沈せよ!
    評価:C3.38
    イギリス海軍省の作戦部長に就任したシェパード大佐は、不沈戦艦とさえ呼ばれていたドイツの軍艦ビスマルク号を撃沈せよと、首相チャーチルから命じられる。戦争で妻を失っていた彼は、ひとり息子が乗り込んでいた空母を含む主力艦隊を投入した。その息子が戦場で行方不明になる中、大佐はビスマルク号へと挑む。

    ヒューマンドラマ、アクション、戦争

    ネット上の声

    史実の海戦で当事イギリス海軍が大騒ぎしていたことは有名
    海戦の醍醐味は知的勝負
    懐かしかった
    大鑑巨砲時代最後の戦艦の勇姿。
    製作年:1959
    製作国:アメリカ
    監督:ルイス・ギルバート
    主演:ケネス・モア
    50

スポンサードリンク