全50作品。1943年の映画ランキング

  1. 無法松の一生

    無法松の一生
    評価:S4.47
    阪東妻三郎の現代劇主演代表作。大映創立70周年記念特集上映「映画は大映」の一作品として、2012年11月23日より角川シネマ有楽町他にて上映された。

    ネット上の声

    日本映画の至宝
    モダンな人情話
    製作年:1943
    製作国:日本
    主演:阪東妻三郎,月形龍之介,永田靖,園井恵子
    1
  2. 怒りの日

    怒りの日
    評価:S4.44
    「裁かるゝジャンヌ」(1927)、「吸血鬼」(1931)を撮った後、長らく劇映画製作から離れていたC・T・ドライエルが、1942年のドキュメンタリー映画「母性を助ける」のすぐあとに撮った一編。老司祭代理アブサロンは、自分の息子よりも若い後妻アンヌを迎えている。そんな折、遊学に出ていた息子マッティンが帰郷。アンヌとマッティンは自然に接近し、愛し合うようになる。それを知ったアブサロンは、ショックのあまり死亡。つかの間、解放感を味わうアンヌだったが、魔女との告発を受けてしまう……。サイレント時代の圧倒的な画面の強度は薄れ、平凡な構図を選ぶようになったドライエル監督ではあるが、衝撃的なシーンが散見さ…

    ネット上の声

    bsのおかげでやっと見れた
    共同体規範の圧倒的な力
    製作年:1943
    製作国:デンマーク
    監督:カール・テオドール・ドライエル
    主演:トルキル・ロース,リスベット・モビーン,アンヌ・スビアキア,シグリ・ニーエンタム
    2
  3. 牛泥棒

    牛泥棒
    評価:S4.38
    二人の放浪者がある町を通りかかった時に、地元の農民が殺害され、牛が盗まれたと言う知らせが入ってくる。町民と放浪者が白警団を組織し、犯人を捜索する。やがて、牛を所持していた3人組を発見し…。
    ※全編モノクロです。


    西部劇、裁判・法廷、冤罪

    ネット上の声

    多数決で処刑を決める
    ミスティックリバーの手本?
    製作年:1943
    製作国:アメリカ
    監督:ウィリアム・A・ウェルマン
    主演:ヘンリー・フォンダ,ダナ・アンドリュース,メアリー・ベス・ヒューズ,アンソニー・クイン
    3
  4. 死刑執行人もまた死す

    死刑執行人もまた死す
    評価:A4.15
    第2次大戦中のプラハを舞台に、ナチスに追われるレジスタンスの恐怖を描く。監督は「メトロポリス」のフリッツ・ラング、エグゼクティヴ・プロデューサーはアーノルド・プレスバーガー、原案・脚本はベルトルト・ブレヒトとラングの共同で、脚本のみでジョン・ウェクスリーが参加している。撮影はジェームズ・ウォン・ホウ、音楽はハンス・アイスラーが担当。出演はブライアン・ドンレヴィ、ウォルター・ブレナンほか。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、どんでん返し

    ネット上の声

    死刑執行人もまた死す
    プロパガンタであると同時に極上の娯楽作品
    スリルとサスペンスのエンタティンメント作品。
    かたやカサブランカ、かたや本作
    製作年:1943
    製作国:アメリカ
    監督:フリッツ・ラング
    主演:ブライアン・ドンレヴィ,ウォルター・ブレナン,アンナ・リー,デニス・オキーフ
    4
  5. 天国は待ってくれる

    天国は待ってくれる
    評価:A4.11
    死んで地獄に落ちた男が、そこで自分の人生を回想する姿を描くコメディ。製作・監督はエルンスト・ルビッチ。ラディスラウス・ブス・フェケテの原作『誕生日』を元に、脚本はサムソン・ラファエルソン、撮影はエドワード・クロンジェガー、音楽はアルフレッド・ニューマンが担当。出演はドン・アメチ、ジーン・ティアニーほか。日本版字幕は古田由紀子。カラー、スタンダード。1943年作品。

    コメディ、恋愛

    ネット上の声

    スクリューボールコメディ
    殺伐の現代に幸せを問う戦時中の作品
    製作年:1943
    製作国:アメリカ
    監督:エルンスト・ルビッチ
    主演:ドン・アメチー,ジーン・ティアニー,チャールズ・コバーン,マージョリー・メイン
    5
  6. 聖処女

    聖処女
    評価:A3.90
    ニューヨークで自殺した亡命チェッコスロヴァキア詩人フランツ・ウェルフェルの小説の映画化で、1943年作品、脚本は「三十四丁目の奇跡(1947)」のジョージ・シートンが書き、監督には「追憶(1941)」「シカゴ」のヘンリー・キングが当たり、撮影は「アンナとシャム王」のアーサー・ミラーが担任した。主演は「ラブ・レター(1945)」のジェニファー・ジョーンズが、当時無名より扱てきされて承れ、新人ウィリアム・アイス「ミネソタの娘」のチャールズ・ビツクフォード「ローラ殺人事件」のヴィンセント・プライス「影なき殺人」のリー・J・コッブ、「ラブ・レター(1945)」のグラディス・クーパー、「追憶(1941…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    映像は白黒の作品でした。
    奇跡をめぐる政治
    クリスチャンでなくても。
    この女優さん、
    製作年:1943
    製作国:アメリカ
    監督:ヘンリー・キング
    主演:ジェニファー・ジョーンズ,チャールズ・ビックフォード,リー・J・コッブ,ヴィンセント・プライス
    6
  7. 家路

    家路
    評価:B3.83
    コリイ種の名犬ラシイを主人公にした“ラシイ”シリーズの第1回作品(1943年)。エリック・ナイトの原作をヒューゴー・バトラーが脚色し、この作品で1本立ちになったフレッド・M・ウィルコックス(「故郷の丘」)が監督した。撮影は「マルクス兄弟珍サーカス」のレナード・スミス、音楽は「他人の家」のダニエル・アンフィシアトロフが担当している。ラシイをめぐって、「わが谷は緑なりき」のロディ・マクドウォールとドナルド・クリスプ、「ミニヴァー夫人」のディム・メイ・ホイッティ、「故郷の丘」のエドモンド・グウェン、「風雲児」のナイジェル・ブルース、「大時計」のエルザ・ランチェスター、「若草物語(1949)」のエリ…

    動物

    ネット上の声

    いわずもがな
    犬モノの最高傑作
    今度はこんな犬にしよう!
    ふつうに楽しめます・・・
    製作年:1943
    製作国:アメリカ
    監督:フレッド・M・ウィルコックス
    主演:ロディ・マクドウォール,エリザベス・テイラー,ドナルド・クリスプ,エドマンド・グウェン
    7
  8. サハラ戦車隊

    サハラ戦車隊
    評価:B3.79
    ソ連映画劇「十三人」の挿話よりフィリップ・マクドナルドが構成、ジョン・ハワード・ロウソンが「ジャングル・ブック(1942)」のゾルタン・コルダ監督と協同脚色した1943年作品。撮影は「打撃王」のルドルフ・マテ、音楽は「熱砂の秘密」のミクロス・ロジァ。「マルタの鷹(1941)」のハンフリー・ボガートを中心に、「黄金(1948)」のブルース・ベネット、ロイド・ブリッジス、レックス・イングラム、J・キャロル・ナイシュ、ダン・デュリエらが助演。

    ヒューマンドラマ、アクション、戦争

    ネット上の声

    戦時中の戦意高揚映画
    どうしてなかなか、コンバットしてます。
    傑作です。
    ボギーの人気におんぶした戦争娯楽作
    製作年:1943
    製作国:アメリカ
    監督:ゾルタン・コルダ
    主演:ハンフリー・ボガート,ブルース・ベネット,ロイド・ブリッジス,レックス・イングラム
    8
  9. 密告

    密告
    評価:C3.63
    アンリ・ジョルジュ・クルーゾーがドイツ占領下で作った一作。占領軍の指令で作られたこの映画は、フランスの地方都市の腐敗を描くという初目的がゲシュタポ批判に変ってしまっているとの理由で上映を禁止された。

    サスペンス

    ネット上の声

    半世紀前に今日を予見
    地味ながら秀逸なサスペンスドラマ
    すいません (良すぎて) なんも言えねぇ・・・
    複雑になっていく関係
    製作年:1943
    製作国:フランス
    監督:アンリ=ジョルジュ・クルーゾー
    主演:ピエール・フレネー,ピエール・ラルケ,ミシュリーヌ・フランセ,エレナ・マンソン
    9
  10. オペラの怪人

    オペラの怪人
    評価:C3.62
    パリオペラ座交響楽団のバイオリニストのエリックは、プリマドンナを目指すクリスティナの実父で秘かに娘を見守っていた。ある日、トラブルから硫酸をかけられ、顔に醜い火傷を負ってしまったエリックは、それ以来、人目を避けて、オペラ座に住み着き、陰ながら娘の為につくそうとするのだが、黒マントの異様な彼の姿は、オペラ座の怪人として皆に恐れられた。

    サスペンス、ホラー

    ネット上の声

    ホラーでは無かったかな
    罪は忘れても
    切なさが強い
    「オペラ座の怪人」を求めるな
    製作年:1943
    製作国:アメリカ
    監督:アーサー・ルービン
    主演:クロード・レインズ,ネルソン・エディ,スザンナ・フォスター,ヒューム・クローニン
    10
  11. 熱砂の秘密

    熱砂の秘密
    評価:C3.59
    ビリー・ワイルダー作品には珍しいアクション活劇で、生き残るために戦うイギリス人兵士を描いている。ロメル将軍率いるドイツ軍に敗北を期したイギリス軍。死を免れたブランブル伍長は、前日に命を落としたホテルの給仕に変装し、ドイツ兵との接触を試みる。幸運なことに、亡くなった給仕がドイツ軍のスパイだったため、機密情報を連合軍に漏らすことに成功。ワイルダーが長年ファンだった監督エリッヒ・フォン・シュトロハイムが、将軍役で出演している。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    戦時中の映画、
    シュトロハイム
    いかにも交戦中の
    クールで渋い男たち
    製作年:1943
    製作国:アメリカ
    監督:ビリー・ワイルダー
    主演:フランチョット・トーン,エリッヒ・フォン・シュトロハイム,ペーター・ヴァン・アイク,アン・バクスター
    11
  12. 姿三四郎

    姿三四郎
    評価:C3.32
    黒澤明の記念すべき監督デビュー作品。明治15年、柔術を志した三四郎は矢野正五郎によって柔道の素晴らしさを知り、その門下に入る。幾多の試練を乗り越え、一人前の柔道家になっていく姿を繊細かつダイナミックに描いた痛快娯楽作品。豪快な試合描写や嵐の決闘シーンが否応なしに見る者の心を高揚させる。戦後の消失により、残念なことに現存するフィルムは、公開翌年の44年に上映されたカットバージョンのみである。

    ヒューマンドラマ、アクション

    ネット上の声

    結構たんたんんと
    戦時中に描いた明治時代
    キュートな処女作
    古い割には面白いアクション映画
    製作年:1943
    製作国:日本
    監督:黒澤明
    主演:藤田進,大河内伝次郎,轟夕起子,月形龍之介
    12
  13. 誰が為に鐘は鳴る

    誰が為に鐘は鳴る
    評価:D3.23
    アーネスト・ヘミングウェイ(「破局」)の同名の長篇小説を色彩映画化した1943年作品。B・G・デシルヴァが製作指揮し、「アパッチ族の最後」のサム・ウッドが製作、監督に当たった。脚色は「駅馬車(1939)」のダドリー・ニコルズ、撮影は「ネブラスカ魂」のレイ・レナハン、音楽は「旅愁」のヴィクター・ヤングの担当である。主演派「ダラス」のゲイリー・クーパーと「白い恐怖」のイングリッド・バーグマンで、以下エイキム・タミロフ、「情炎の海」のアルチュロ・デ・コルドヴァ、「ヴァレンチノ」のジョセフ・カレイア、「渡洋爆撃隊」のウラジミル・ソコロフ、本作品でアカデミー助演賞を得たカティナ・パクシヌーらが助演する。

    ヒューマンドラマ、恋愛

    ネット上の声

    有名作品なのだけど
    やっぱり昔の映画はいいですね。
    最後の数分に今だからなおさら魅せられるシーンあり
    へミングウェー
    製作年:1943
    製作国:アメリカ
    監督:サム・ウッド
    主演:ゲイリー・クーパー,イングリッド・バーグマン,エイキム・タミロフ,アルトゥーロ・デ・コルドヴァ
    13

スポンサードリンク