1954年の人気映画ランキング

  1. 七人の侍

    七人の侍
    評価:S4.51
    数多くの傑出した黒澤監督作品の中でも、特に観客のみならず世界中の映画人に多大な影響を与えた代表作。これ以降「荒野の七人」「宇宙の七人」など、この映画を手本とした作品が多く作られたのは周知の事実。時は戦国時代のとある貧しい農村。農民たちは野盗と化した野武士たちの襲撃を恐れ、おののいていた。そこで村を守るために用心棒を雇うことを決意、食うに窮する七人の侍を探し出し、彼らとともに野武士に対抗すべく立ち…

    ネット上の声

    娯楽時代劇としては楽しめた、でも黒澤明の演出はやっぱり臭い
    世界のクロサワ
    日本映画の底力を見よ!
    桃李もの言わざれども。。。
    製作年:1954
    製作国:日本
    監督:黒澤明
    主演:三船敏郎,志村喬,津島恵子,藤原釜足
    1
  2. 二十四の瞳

    二十四の瞳
    評価:S4.41
    「女の園」に次ぐ木下恵介監督作品。壷井栄の原作を同監督自身が脚色している。撮影も「女の園」の楠田浩之、音楽は「三つの愛」の木下忠司。出演者は「女の園」の高峰秀子、田村高廣、天本英世、「昨日と明日の間」の月丘夢路「陽は沈まず」の小林トシ子、笠智衆など。

    ネット上の声

    先入観を払拭
    万人向けの優れた作品
                  二十四の瞳
    もっと沢山の人に見て欲しい名作
    製作年:1954
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:高峰秀子,天本英世,夏川静江,笠智衆
    2
  3. 近松物語

    近松物語
    評価:S4.39
    近松門左衛門作の『大経師昔暦』を川口松太郎が劇化(オール読物所載「おさん茂兵衛」)し、それをもととして「忠臣蔵(1954)」の依田義賢が脚本を執筆、「噂の女」の溝口健二が監督に当る。撮影も同じく宮川一夫で、音楽は「千姫(1954)」の早坂文雄の担当。出演者は「銭形平次捕物控 幽霊大名」の長谷川一夫、「母の初恋」の香川京子、「君待船」の南田洋子、「新しき天」の小沢栄の外、進藤英太郎、田中春男など。

    ネット上の声

    『龍城恋歌』の元ネタであろうか
    香川京子 目当てで、借りたけど …
    あなたしか、見えない……。
    おさん 茂兵衛
    製作年:1954
    製作国:日本
    監督:溝口健二
    主演:長谷川一夫,香川京子,南田洋子,進藤英太郎
    3
  4. ゴジラ

    ゴジラ
    評価:S4.34
    1954年に東宝が製作・公開した特撮怪獣映画の金字塔。太平洋の沖合いで船舶が次々に沈没する事件が発生。数少ない生存者が、巨大な怪獣の目撃談をもたらす。古生物学者の山根博士や助手で娘の恵美子、その恋人でサルベージ機関の所長・尾形らで結成された調査団が事件現場近くに浮かぶ大戸島に派遣され、やがて彼らの前に怪獣が姿を現す。島の古い言い伝えから「ゴジラ」と命名された怪獣は、密かに生き残っていた太古の生物…

    ネット上の声

    私のおすすめ映画トップ100
    特撮映画というより淡い表現の河内桃子を想う平田昭彦が切なかった
    一度は見るべし
    文句なしの傑作!
    製作年:1954
    製作国:日本
    監督:本多猪四郎
    主演:志村喬,河内桃子,宝田明,平田昭彦
    4
  5. 道
    評価:S4.33
    旅回りの道化師と一人の女をめぐって人生の哀歓をつく、五四年ヴェニス国際映画祭サン・マルコ銀獅子賞、五六年ニューヨーク映画批評家協会最優秀外国映画、五六年アカデミー最優秀外国映画賞各受賞の話題作。「無防備都市」「戦火のかなた」のシナリオを執筆したフェデリコ・フェリーニとトゥリオ・ピネリが原案、脚本を書き、同じくフェリーニが監督した。撮影は「恋愛時代」のオテロ・マルテリ、音楽は「戦争と平和」のニーノ…

    ネット上の声

    私が死んだら悲しい?
    心のどこかに残る名作。
    自分の人生=道 を考えさせられる
    人間の本質的な悲惨さを描いた映画であり希望はない
    製作年:1954
    製作国:イタリア
    監督:フェデリコ・フェリーニ
    主演:アンソニー・クイン,ジュリエッタ・マシーナ,リチャード・ベースハート,アルド・シルヴァーニ
    5
  6. 現金に手を出すな

    現金に手を出すな
    評価:A4.20
    フランスの名匠ジャック・ベッケル監督によるギャング映画の傑作。初老のギャング、マックスと相棒のリトンは、パリの飛行場から5千万フランの金塊を強奪することに成功する。2人はこの仕事を最後に暗黒街からの引退を考えていたが、リトンがナイトクラブの女にうっかり口をすべらせたことから、麻薬密売のボス、アンジェロに目をつけられる。ジャン・ギャバンが初老のギャングを見事に演じ、ベネチア映画祭主演男優賞を受賞。

    ネット上の声

    たそがれギャング
    仏蘭西映画の良さはラストの余韻
    製作年:1954
    製作国:フランス/イタリア
    監督:ジャック・ベッケル
    主演:ジャン・ギャバン,ルネ・ダリー,ジャンヌ・モロー,リノ・ヴァンチュラ
    6
  7. 奇跡

    奇跡
    評価:A4.13
    製作年:1954
    製作国:ベルギー/デンマーク
    監督:カール・テオドール・ドライエル
    主演:ヘンリク・マルベルイ,エミル・ハス・クリステンセン,プレーベン・レーアドルフ・リュ,ビアギッテ・フェダースピール
    7
  8. 波止場

    波止場
    評価:A4.12
    「アフリカの女王」のサム・スピーゲルが1954年に製作したホライズン・プロ作品。悪徳ボスに支配された紐育の波止場の実態を描くマルコーム・ジョンスンの探訪記事『波止場の犯罪』(サン紙連載)を小説家のバッド・シュールバーグが脚色し、「綱渡りの男」のエリア・カザンが監督した。撮影はフランス出身のボリス・カウフマン、音楽はレオナード・バーンスティンの担当。主演は「乱暴者」のマーロン・ブランドで、新人エヴ…

    ネット上の声

    一見の価値あり
    許されざる者の《真実》
    カザンとブランドの最高傑作!アメリカ映画の傑作の1本
    真面目な作品・・・
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:エリア・カザン
    主演:マーロン・ブランド,エヴァ・マリー・セイント,リー・J・コッブ,ロッド・スタイガー
    8
  9. 山椒大夫

    山椒大夫
    評価:A4.12
    森鴎外の原作(大正五年一月“中央公論”発表)を「唐人お吉」の依田義賢、「鯉名の銀平(1954)」の八尋不二が再解釈を加えて脚色、「祇園囃子」の溝口健二が監督にあたった。撮影宮川一夫、音楽早坂文雄と溝口作品のレギュラー・スタッフの他、建築考証に日本古建築専攻の藤原義一、衣裳考証に「西鶴一代女」その他に協力した上野芳生が加わっている。「恋文(1953)」の田中絹代、香川京子、新派の若手花柳喜章、「に…

    ネット上の声

    映画史に残る傑作
    ちょいと期待はずれ
    映画史上屈指の名カット!
    おおー、やっと登場したぞ!
    製作年:1954
    製作国:日本
    監督:溝口健二
    主演:田中絹代,花柳喜章,香川京子,進藤英太郎
    9
  10. 掠奪された七人の花嫁

    掠奪された七人の花嫁
    評価:A4.11
    「君知るや南の国」のジャック・カミングスが1954年に製作したシネマスコープ色彩ミュージカル。ピュリッツァ賞作家スティーブン・ヴィンセント・ベネットの原作を「ローズ・マリイ(1936)」のコンビ、アルバート・ハケットとフランセス・グッドリッチに「水着の女王」のドロシー・キングスリーが加って脚色、「踊る大紐育」のスタンリー・ドーネンが監督した。アンスコカラーの撮影監督は「第8ジェット戦闘機隊」のジ…

    ネット上の声

    面白かった!
    山男にゃホレるなよ。
    ディズニー好きの人も
    NO.82「り」のつく元気になった洋画
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:スタンリー・ドーネン
    主演:ハワード・キール,ジェーン・パウエル,ラス・タンブリン,トミー・ロール
    10
  11. 女の園

    女の園
    評価:A4.06
    実験性と娯楽性に満ちた見事な演出で日本映画全盛時代を支えた名匠・木下惠介監督が、高峰三枝子、高峰秀子ほか豪華キャストの共演で描いた力作。規則でがんじがらめにする名門女子大の寮を舞台に、抑圧された女学生たちの反発と悲劇をリアリズムに徹して描く。

    ネット上の声

    けっこう力強い作品
    死ななくてもよかったのに
    監督の視点を感じました。
    意味不明な映画
    製作年:1954
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:高峰秀子,久我美子,高峰三枝子,岸恵子
    11
  12. ダイヤルMを廻せ!

    ダイヤルMを廻せ!
    評価:A4.00
    「私は告白する」に次いでアルフレッド・ヒッチコックが監督したミステリイ・ドラマ1954年作品。フレデリック・ノットの戯曲およびテレビ劇を作者自身が脚色した。撮影のロバート・バークス、音楽のディミトリ・ティオムキンも「私は告白する」と同じスタフ。主演は「午後の喇叭」のレイ・ミランド、「モガンボ」のグレイス・ケリー、「逃走迷路」「恐怖時代」のロバート・カミングスで、ジョン・ウィリアムス(1)、アンソ…

    ネット上の声

    鍵のトリック・・・
    クールビューティー
    コロンボシリーズ?・・・☆4
    不倫はだめですよねえ・・・
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:アルフレッド・ヒッチコック
    主演:レイ・ミランド,グレイス・ケリー,ボブ・カミングス,アンソニー・ドーソン
    12
  13. フレンチ・カンカン

    フレンチ・カンカン
    評価:A3.96
    「河」のジャン・ルノワールが十五年ぶりに故郷パリに帰って製作、監督に当った色彩映画で、”フレンチ・カンカン”成立のプロセスを縫って一八九〇年代のパリが描かれるもの。「テオドラ」のアンドレ・ポール・アントワーヌの原案を、ジャン・ルノワールが脚色し、台辞を書いた。撮影(テクニカラー)は「赤と黒(1954)」のミシェル・ケルベ、音楽は「悪魔のような女」のジョルジュ・ヴアン・パリスである。「筋金を入れろ…

    ネット上の声

    当事はフレンチカンカンも刺激的だったんだろうけど
    踊りたくなる映画
    ジャン・ギャバン老いらくの魅力?
    鳥肌ものです
    製作年:1954
    製作国:フランス
    監督:ジャン・ルノワール
    主演:ジャン・ギャバン,フランソワーズ・アルヌール,マリア・フェリックス,フィリップ・クレイ
    13
  14. 次郎長三国志 第七部 初祝い清水港

    次郎長三国志 第七部 初祝い清水港
    評価:A3.96
    「次郎長三国志 第六部 旅がらす次郎長一家」につづく次郎長三国志第七部。主なスタッフ、キャストは共通だが、新しく「幸福さん」の木匠マユリ、新人紫千鶴などが登場する。

    ネット上の声

    コミカルな次郎長もの。
    わりと長い愁嘆場がありますがなかなか良
    良いが・・・しかし
    製作年:1954
    製作国:日本
    監督:マキノ雅弘
    主演:小堀阿吉雄,河津清三郎,田崎潤,森健二
    14
  15. グレン・ミラー物語

    グレン・ミラー物語
    評価:A3.96
    「怒りの河」「雷鳴の湾」のトリオ、製作アーロン・ローゼンバ ーグ、監督アンソニー・マン、主演ジェームズ・スチュアートによるテクニカラーの音楽映画1953年作品で、バンド・リーダーとしてまたトロンボーン奏者として高名の故グレン・ミラーの生涯を描く。脚本は「夫は偽物」のヴァレンタイン・デイヴィース、撮影は「雷鳴の湾」のウィリアム・ダニエルス、音楽監督はジョセフ・ガーシェンソンの担当。共演者はMGMを…

    ネット上の声

    モーツアルト並み
    名曲が生まれる時
    スウィング・ジャズはいかが?
    懐かしかった!!
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:アンソニー・マン
    主演:ジェームズ・スチュワート,ジューン・アリソン,ルイ・アームストロング,ベン・ポラック
    15

スポンサードリンク