全50作品。1930年の映画ランキング

  1. 西部戦線異状なし

    西部戦線異状なし
    評価:A4.08
    世界的な評判を得つつあるエリッヒ・マリア・レマルク氏の同名小説を映画化したユニヴァーサル社の特作品で「裏切者」「暴力団(1928)」のルイス・マイルストーン氏が監督に当たった。「楽屋行進曲」のジョージ・アボット氏と「暴力団(1928)」のデル・アンドリュー氏が協力して潤色脚色し、台詞はマクスウェル・アンダーソン氏とジョージ・アボット氏が筆をとり、キャメラは「薮睨みの世界」「娘乱暴記」のアーサー・エディソン氏が担任した。主なる出演者は新進のルイス・エイヤース氏を始め、「美人国二人行脚」のルイス・ウォルハイム氏、スリム・サマーヴィル氏、ベン・アレクサンダー氏、ベリル・マーサー夫人、ヨーラ・ダヴリ…

    ヒューマンドラマ、戦争、リアルな戦闘シーンがある

    ネット上の声

    前線の人々の思い
    第一次世界大戦の衝撃とは
    時の流れても、本物の映画の光は失われてはいないですね
    届かぬ想い
    製作年:1930
    製作国:アメリカ
    監督:ルイス・マイルストン
    主演:リュー・エアーズ,ウィリアム・ベイクウェル,ラッセル・グリーソン,ルイス・ウォルハイム
    1
  2. 黄金時代

    黄金時代
    評価:A3.88


    ヒューマンドラマ
    製作年:1930
    製作国:フランス
    監督:ルイス・ブニュエル
    主演:ガストン・モドー,リア・リス,マックス・エルンスト
    2
  3. 嘆きの天使

    嘆きの天使
    評価:B3.82
    「サンダーボルト」「女の一生」のジョゼフ・フォン・スタンバーグ氏がウーファ社に招かれて渡独監督した映画である。原作はハインリヒ・マン氏の筆になるもので、それに基づきカール・ツックマイヤー氏及びカール・フォルモラー氏が潤色し、「東洋の秘密」「死の花嫁」のロベルト・リープマン氏が脚色し、「悲歌」「アスファルト」のギュンター・リッタウ氏と「悲歌」「死の銀嶺」のハンス・シュネーベルガー氏が撮影を担当した。主演者は「裏切者」「罪の街」のエミール・ヤニングス氏で、助演者として新しく抜擢されたマルレーネ・ディートリッヒ嬢、「タルチュフ」のローザ・ヴァレッティ嬢、クルト・ゲロン氏、ハンス・アルバース氏等が出…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    falling in love again
    脚フェチのハシリだねえ。
    作り手の視線
    盛り場の女は天使か悪女か
    製作年:1930
    製作国:ドイツ
    監督:ジョセフ・フォン・スタンバーグ
    主演:エミール・ヤニングス,マレーネ・ディートリッヒ,クルト・ゲロン,ハンス・アルベルス
    3
  4. 三文オペラ

    三文オペラ
    評価:B3.77
    B・ブレヒトの代表作をG・W・パプストが映画化。匕首(あいくち)マッキーと異名をとる暗黒街の大物マッキー・メッサーが、結婚したポリーの父親と警察を相手に戦うという、ミュージカル仕立ての作品となっている。音楽を担当しているのはK・ワイル。最初に登場する『匕首マッキーの歌』が最も有名だが、音楽と映像の衝突など、きわめて意識的になされているのが注目される。ちなみにワイル夫人ロッテ・レーニャも、マッキーの愛人役として出演。なお、ローレンス・オリヴィエ主演の「三文オペラ」は、ブレヒトが想を得たイギリスの劇作家ジョン・ゲイの『乞食オペラ』をもとにしたもの。

    コメディ、ミュージカル、文芸・史劇

    ネット上の声

    第二次大戦前のドイツ映画の代表作の一つ
    マック・ザ・ナイフ 資本主義の矛盾を風刺
    MackTheKnife
    ヒトラーが目の敵にした異形のオペラ
    製作年:1930
    製作国:ドイツ/アメリカ
    監督:G・W・パブスト
    主演:ルドルフ・フォルスター,フリッツ・ラスプ,カロラ・ネーヘル,ロッテ・レーニャ
    4
  5. モロッコ

    モロッコ
    評価:B3.73


    ヒューマンドラマ、恋愛
    製作年:1930
    製作国:アメリカ
    監督:ジョセフ・フォン・スタンバーグ
    主演:ゲイリー・クーパー,アドルフ・マンジュー,マレーネ・ディートリッヒ,ウルリッヒ・ハウプト
    5
  6. 巴里の屋根の下

    巴里の屋根の下
    評価:C3.50
    「幕間」「イタリアの麦藁帽子」「二人の臆病男」の監督者としてフランス映画界に於て最も注目されているルネ・クレール氏の第一回全発声作品で、氏自ら原作脚色台詞を執筆したものである。キャメラは「燈台守」のジョルジュ・ペリナール氏がローレエ氏を助手としてクランクし、前衛派のジョルジュ・ラコンブ氏がマルセル・カルネ氏、ウッサン氏、ド・シャーク氏と共に助監督をつとめている。主役は「ヴェルダン 歴史の幻想」のアルベール・プレジャン氏が演じ新進のポーラ・イレリー嬢、「カルメン(1926)」「東洋の秘密」のガストン・モド氏が助演し、エドモンド・グレヴィル氏、ビル・ボケッツ氏、ポール・オリヴィエ氏等も出演してい…

    ヒューマンドラマ、恋愛

    ネット上の声

    パリの下町人情劇
    音楽がいい
    巴里の下町の憎めない人たち・・・
    シャボン玉のようなロマンス
    製作年:1930
    製作国:フランス
    監督:ルネ・クレール
    主演:アルベール・プレジャン,ポーラ・イルリ,ガストン・モドー,エドモン・T・グレヴィル
    6

スポンサードリンク