全50作品。1947年の映画ランキング

  1. 犯罪河岸

    犯罪河岸
    評価:S4.25
    「犯人は二十一番に住む」未輸入の「からす」のアンリ・ジョルジュ・クルーゾーが監督した一九四七年作品で、「六人の最後の者」「犯人は」と同じくS・A・ステーマン作の小説に基き、クルーゾーがジャン・フェリーと協力脚色し、「犯人は」のアルマン・ティラールが撮影したもの。主なる出演者「旅路の果て」「どん底」のルイ・ジューヴェ、「レ・ミゼラブル」のシャルル・デュラン、「犯人は」「六人の最後の者」のシュジ・ドレール、「幻想交響楽」「カルメン(1946)」のベルナール・ブリエにややおくれて出た新人シモーヌ・ルナンで、「求婚」のピエール・ラルケ、「偽れる装い」のジャンヌ・フュジェ・ジル、新顔のクローディーヌ・デュピュイ等が助演している。なおセットは「偽れる装い」のマックス・ドゥーイが設計し、音楽は「黒騎士」のフランシス・ロペスが作曲している。クルーゾーはこの映画によりヴェニスで監督賞を得た。
    製作年:1947
    製作国:フランス
    監督:アンリ=ジョルジュ・クルーゾー
    主演:シュジー・ドレール,ベルナール・ブリエ,シモーヌ・ルナン,シャルル・デュラン
    1
  2. 三十四丁目の奇蹟

    三十四丁目の奇蹟
    評価:A4.14
    「センチメンタル・ジャーニー」と同じくモーリン・オハラとジョン・ペインが主演する映画で「バアナデットの歌」を脚色したジョージ・シートンが、自ら脚本を書き監督に当たった4回目の作品である。原作はアカデミーのオリジナル・ストーリー賞をとったヴァレンタイン・デイヴィースの書きおろしものである。助演は「王国の鍵」のエドモンド・グウェン「我が道を往く」のジーン・ロックハート及びポーター・ホール、新顔の子役ナタリー・ウッド「鉄腕ジム」のウィリアム・コウアン等で、撮影は「夜霧の港」のチャールズ・G・クラークとロイド・エイハーンが監督し、ニュー・ヨークのメイシー百貨店及び付近の街の実景を撮った。1947年作…

    ヒューマンドラマ、クリスマス

    ネット上の声

    メリークリスマス!!
    心から感動する映画です
    素晴らしい☆
    製作年:1947
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・シートン
    主演:エドマンド・グウェン,モーリン・オハラ,ジョン・ペイン,ナタリー・ウッド
    2
  3. 過去を逃れて

    過去を逃れて
    評価:A4.03
    製作年:1947
    製作国:アメリカ
    監督:ジャック・ターナー
    主演:ロバート・ミッチャム,ジェーン・グリア,カーク・ダグラス,ロンダ・フレミング
    3
  4. 長屋紳士録

    長屋紳士録
    評価:A4.00
    無声時代「東京の合唱」「生れてはみたけれど」「出來心」「大学よいとこ」等幾多の名作を生み、戦前「一人息子」「淑女は何を忘れたか」「父ありき」等を発表昨夏帰還した小津安二郎の再起第一回監督作品。脚本は「美人哀愁」以来「出來心」「浮草物語」「一人息子」「戸田家の兄妹」「父ありき」に至るまで数多くの協同作品をものした自身と池田忠雄の協同で、撮影には「鍵を握る女」「許された一夜」等の厚田雄春が当っている。小津作品のおなじみの俳優が顔をそろえている他、往年の名子役突貫小僧の実弟青木富廣が少年役で出演している。

    ネット上の声

    「一人息子」以来の、飯田蝶子の主演作品か
    実は、人情喜劇の秀作…ではない
    戦後の小津作品の原点!
    ラストがせつない(´;ω;`)
    製作年:1947
    製作国:日本
    監督:小津安二郎
    主演:飯田蝶子,青木放屁,小沢栄太郎,吉川満子
    4
  5. 安城家の舞踏會

    安城家の舞踏會
    評価:A3.97
    「象を喰つた連中」に次ぐ吉村公三郎監督で、自身の原作を「待ちぼうけの女」「結婚(1947)」の新藤兼人が脚色し、「象を喰つた連中」「処女は真珠の如く」の生方敏夫が撮影を担当する。滝沢修、入江たか子、原節子、久しぶりの竹久千恵子らが顔を合せている。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    90分の美学
    新しい時代へ
    巨匠入魂の一作
    名門貴族の黄昏を描いた傑作(日本版)
    製作年:1947
    製作国:日本
    監督:吉村公三郎
    主演:滝沢修,森雅之,原節子,逢初夢子
    5
  6. 山河遥かなり

    山河遥かなり
    評価:A3.88
    スイス、チューリッヒのプレゼンス・フィルムがMGMに提供した1947年作品で、製作は「ジープの4人」のラザール・ベクスラー。事実に基づいてリヒアルト・シュヴァイツァ(ジープの4人)とダフィット・ヴェヒスラァが脚本を書き下ろし(48年アカデミー賞)、「地上より永遠に」のフレッド・ジンネマンが監督した。撮影のエミル・ベルナ、作曲のロバート・ブランは「ジープの4人」と同じスタフ。出演者は「地上より永遠に」のモンゴメリー・クリフト、舞台出のアリーン・マクマホン、「北の狼」のウェンデル・コーリー、メトロポリタン・オペラのスタア、ヤルミラ・ノヴォトナ、この映画のために発見されたチェコの少年イファン・ヤン…

    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    子役が可愛い・・・
    人間の本来持っているやさしさに涙・・・
    製作年:1947
    製作国:アメリカ
    監督:フレッド・ジンネマン
    主演:イワン・ヤンドル,モンゴメリー・クリフト,ジャルミラ・ノヴォトナ,アリーン・マクマホン
    6
  7. 真昼の暴動

    真昼の暴動
    評価:B3.83
    セミ・ドキュメンタリ映画「裸の町」の製作者マーク・ヘリンジャーと監督ジュールス・ダッシンが、「裸の町」を発表した前年1947年に、コンビで制作した、刑務所の集団脱獄を扱った作品。ロバート・パタースンの原作を「黒い牙」の監督、リチャード・ブルックスが脚色、「男の争い」に次でダッシンが監督した。撮影監督は「夜の道」のウィリアム・ダニエルス、音楽は「炎の人ゴッホ」のミクロス・ローザ。主演は「OK牧場の決斗」のバート・ランカスター、「育ち行く年」のヒューム・クローニン、「スタア誕生(1954)」のチャールズ・ビックフォード、「怒りの刃」のイヴォンヌ・デ・カーロ、「バスター・キートン物語」のアン・ブライス。

    ヒューマンドラマ、サスペンス
    製作年:1947
    製作国:アメリカ
    監督:ジュールス・ダッシン
    主演:バート・ランカスター,ヒューム・クローニン,チャールズ・ビックフォード,イヴォンヌ・デ・カーロ
    7
  8. 邪魔者は殺せ

    邪魔者は殺せ
    評価:B3.81
    「第三の男」「堕ちた偶像」並びに「最後の突撃」のキャロル・リードが製作・監督した一九四七年度作品。脚本はF・L・グリーンの小説から、原作者自身と「四重奏」「純愛の誓い」のR・C・シェリフが共同で執筆した。「ヘンリー五世(1945)」「逢びき」のロバート・クラスカーが撮影、「最後の突撃」のウィリアム・オルウィンが作曲、「ヘンリー五世(1945)」ロジャー・ファースが美術を夫々担当し、主演は「霧の夜の戦慄(1947)」のジェームズ・メイソンと新人キャスリーン・ライアン(映画第一回)で、「幸福なる種族」のロバート・ニュートン、「船団最後の日」のロバート・ビーティ、F・J・マッコーミック、「誘惑の港…

    サスペンス

    ネット上の声

    死人に出会った人々
    さすが名優
    残酷な映画ですね
    「第三の男」よりいい?
    製作年:1947
    製作国:イギリス
    監督:キャロル・リード
    主演:ジェームズ・メイソン,キャサリン・ライアン,ロバート・ニュートン,シリル・キューザック
    8
  9. チャップリンの殺人狂時代

    チャップリンの殺人狂時代
    評価:B3.72
    「モダン・タイムス」のチャールズ・チャップリンが、「チャップリンの独裁者」以来7年ぶりで製作した1947年度作品。製作・脚本・監督・主演を1人で行なう他、作曲も担当している。原案はオーソン・ウェルズ「第三の男」のサジェストである。撮影はローランド・トセロー。主演はチャップリンの他、「ワイキキの結婚」のマーサ・レイ、チャップリン発見の新人マリリン・ナッシュで、マディー・コレル、イゾベル・エルソム、チャールズ・エヴァンスらが助演する。

    ヒューマンドラマ、コメディ

    ネット上の声

    現代の状況と似ているような・・・
    考えなければならないもの
    チャップリンの視点、彼らしさの詰まった作品
    殺人者にも身勝手な一分の理
    製作年:1947
    製作国:アメリカ
    監督:チャールズ・チャップリン
    主演:チャールズ・チャップリン,マーシャ・レイ,マリリン・ナッシュ,イソベル・エルソム
    9
  10. 銀嶺の果て

    銀嶺の果て
    評価:B3.68
    「わが青春に悔なし」「素晴らしき日曜日」等の演出者黒澤明の脚本、谷口千吉昇進第一回演出作品。撮影は文化映画「雪の結晶」の瀬川順一が当っている。志村喬、小杉義男、河野秋武の他、ニュー・フェイスの三船敏郎、若山セツコが出演。

    サスペンス、生き残りを賭けた極限のサバイバル、雪山で遭難する、登山

    ネット上の声

    三船敏郎デビュー作
    大変なロケ
    みんな若かった
    険しい雪山シーンは見応えアリ
    製作年:1947
    製作国:日本
    監督:谷口千吉
    主演:志村喬,三船敏郎,若山セツ子,河野秋武
    10
  11. ジェニイの肖像

    ジェニイの肖像
    評価:C3.57
    「レベッカ」のデイヴィッド・O・セルズニック製作になる1947年度作品で、ロバート・ネイザン(「気まぐれ天使」)の同名の小説からレオナルド・バーコヴィッチ(気まぐれ天使)が潤色、「仔鹿物語」のポール・オスボーンがピーター・バーニースと協同で脚色し、「欲望の砂漠」のウィリアム・ディーターレが監督した。撮影は「悪魔の金」のジョセフ・オーガスト、音楽は「西部の男」のディミトリ・ティオムキンで、ドビュッシイの曲を使用している。「ガス燈」のジョセフ・コットン、「聖処女」のジェニファー・ジョーンズをめぐって、「ミネソタの娘」のエセル・バリモア「奥様は魔女」のセシル・ケラウェイ、往年のスター、リリアン・ギ…

    ヒューマンドラマ、恋愛

    ネット上の声

    ディターレ的メロドラマ
    強烈な印象
    製作年:1947
    製作国:アメリカ
    監督:ウィリアム・ディターレ
    主演:ジョセフ・コットン,ジェニファー・ジョーンズ,リリアン・ギッシュ,エセル・バリモア
    11
  12. 紳士協定

    紳士協定
    評価:C3.56
    反ユダヤ主義に対して果敢な挑戦を行なったジャーナリストの姿を通し、アメリカ社会の恥部を描く。1947年度アカデミー作品賞、監督賞、助演女優賞(セレステ・ホルム)を受賞。製作はダリル・F・ザナック、監督は「ラスト・タイクーン」のエリア・カザン、原作はローラ・Z・ホブスン、脚本はモス・ハート、撮影はアーサー・ミラー、音楽はアルフレッド・ニューマンが担当。出演はグレゴリー・ペック、ドロシー・マクガイア、ジョン・ガーフィールド、セレステ・ホルムなど。

    ヒューマンドラマ、人種差別、ジャーナリスト

    ネット上の声

    ユダヤ人だけではないはず
    奇麗事過ぎる気もするが、この時代にこの主題を取り上げたのはやはり立派
    ペックファンに
    反ユダヤ主義は欧米社会の常識だった
    製作年:1947
    製作国:アメリカ
    監督:エリア・カザン
    主演:グレゴリー・ペック,ドロシー・マクガイア,ジョン・ガーフィールド,セレステ・ホルム
    12
  13. 素晴らしき日曜日

    素晴らしき日曜日
    評価:C3.47
    雨の日曜日、金もなく戦後の焼跡も生々しい街に出かけた若い恋人たち。楽しいはずのデートはことごとく厳しい現実に遭遇し、みじめな気持ちで落ち込むが、次第に明るい夢をとり戻していく。「わが青春に悔なし」に続く黒澤明監督作品。監督の持つ本質的な優しさ、感性の瑞々しさが素直に表現された印象深い作品である。

    ヒューマンドラマ、恋愛

    ネット上の声

    賛否両論あるでしょう
    映画館で観たいような観たくないような・・・
    ヒヤシンス
    うしろすがた
    製作年:1947
    製作国:日本
    監督:黒澤明
    主演:沼崎勲,中北千枝子,渡辺篤,中村是好
    13
  14. オリヴァ・ツイスト

    オリヴァ・ツイスト
    評価:C3.43
    チャールズ・ディケンズの同名小説をデヴィッド・リーン監督が映画化。19世紀初頭のロンドンの貧民窟を舞台に、少年・オリバーの破天荒な生き様を描く。「スターウォーズ」シリーズのアレック・ギネスが悪役を好演。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    主人公がチャーミング
    ああ、この町を歩いてみたい
    製作年:1947
    製作国:イギリス
    監督:デヴィッド・リーン
    主演:アレック・ギネス,ロバート・ニュートン,ジョン・ハワード・デイヴィス,ケイ・ウォルシュ
    14
  15. 上海から来た女

    上海から来た女
    評価:C3.34
    ふとしたキッカケで殺人事件に巻き込まれていく男を描くサスペンス・スリラー。製作・監督・脚本は「市民ケーン」のオーソン・ウェルズ、原作はシャーウッド・キング、撮影はチャールズ・ロートン・ジュニア、音楽はハインツ・ロームヘルドが各々担当。出演はリタ・ヘイワース、オーソン・ウェルズ、エベレット・スローン、グレン・アンダース、テッド・デ・コルシアなど。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    時間がたつってことがこんなに映画を陳腐にするというのに驚いた
    走れリタ!
    監督が俳優もやってたというのがウェルズの実像です
    監督ウェルズが気の毒
    製作年:1947
    製作国:アメリカ
    監督:オーソン・ウェルズ
    主演:リタ・ヘイワース,オーソン・ウェルズ,エヴェレット・スローン,テッド・デ・コルシア
    15

スポンサードリンク