全50作品。1976年の映画ランキング

  1. ボーイズ・ボーイズ/ケニーと仲間たち

    ボーイズ・ボーイズ/ケニーと仲間たち
    評価:S4.29
    イジメッ子に追っかけまわされたり、スケートボードで遊んだりの、少年達の日常生活を描く。製作はドン・コスカレリ、監督・脚本はドン・コスカレリ(ノヴェライゼーション/二見書房刊)、撮影はポール・ペッパーマンとドン・コスカレリ、音楽はフレッド・マイローが各々担当。出演はダン・マッキャン、マイク・ボールドウィン、ジェフ・ロス、ウィリー・マスターソン、レジー・バニスター、ラルフ・リッチモンド、テリー・カルバス、ジェームズ・E・デプリースト、S・T・コスカレリ、クレイ・フォスターなど。
    製作年:1976
    製作国:アメリカ
    監督:ドン・コスカレリ
    主演:ダン・マッキャン
    1
  2. 男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け

    男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け
    評価:S4.15
    “男はつらいよ”シリーズ第17作目。フーテンの寅が捲き起こす人情喜劇で、今回は風変りな日本画壇の大御所の老人と芸者が相手役となる。脚本は「男はつらいよ 葛飾立志篇」の朝間義隆、監督は脚本も執筆している同作の山田洋次、撮影も同作の高羽哲夫がそれぞれ担当。

    ヒューマンドラマ、コメディ、男はつらいよ

    ネット上の声

    こんな寅さんも格好いい!
    寅さん映画も馬鹿に出来ない
    太地喜和子が若い
    一番面白い
    製作年:1976
    製作国:日本
    監督:山田洋次
    主演:渥美清
    2
  3. ロッキー

    ロッキー
    評価:A4.11
    青年ロッキーはフィラデルフィアのスラム街に暮らす4回戦ボクサー。ある時、世界チャンピオンのアポロがロッキーを対戦相手に指名してきた。もし15ラウンド終わってもリングに立っていることができたら、自分がただの三流ボクサーでないことを証明できる……ロッキーは愛する女性エイドリアンのために死闘を繰り広げることに! 無名だったスタローンは主人公さながらのアメリカン・ドリームを成し遂げ、この一作で大スターに。

    ヒューマンドラマ、ボクシング、ロッキー

    ネット上の声

    ミュージカル
    「イタリアの種馬」
    男は甲斐性ってやつですね
    感動します
    製作年:1976
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・G・アヴィルドセン
    主演:シルヴェスター・スタローン
    3
  4. 激走!5000キロ

    激走!5000キロ
    評価:A4.07
    ニューヨークからロスへの公道レースの手に汗握るスピード・カーアクション作品。製作・監督はスタントマン上りのチャック・ベイル、ベイルの原案に基づき、脚本はレオン・カペタノス、音楽はドミニク・フロンティアが各々担当。出演はマイケル・サラザン、スーザン・フラネリー、ラウル・ジュリアなど。日本語版監修は高瀬鎮夫。テクニカラー、シネスコ。1976年作品。

    カーアクション、カーレース
    製作年:1976
    製作国:アメリカ
    監督:チャック・ベイル
    主演:マイケル・サラザン
    4
  5. シンデレラ

    シンデレラ
    評価:A4.04
    12時の鐘が鳴る前に帰らなくては……。名作童話のミュージカル化作品。製作はスチュアート・ライオンズ、監督は「シャイヨの伯爵夫人」のブライアン・フォーブス、脚本はB・フォーブス、ロバート・B・シャーマン、リチャード・M・シャーマンの共同、原作はシャルル・ペロー、撮影はトニー・イミ、音楽はR・B・シャーマンとR・M・シャーマン、振付はマーク・ブローが各々担当。出演はジェマ・クレーブン、リチャード・チェンバレン、ケネス・モアなど。本国公開原題はThe Slipper and the Rose。

    ファンタジー

    ネット上の声

    どっぷり浸れます!
    本当の「シンデレラ」
    製作年:1976
    製作国:イギリス
    監督:ブライアン・フォーブス
    主演:ジェマ・クレイヴン
    5
  6. 1900年

    1900年
    評価:A3.99
     1900年の同じ日に生まれた、2人の青年の波乱に満ちた人生を綴った一大叙述詩。5時間を超える長丁場に、ベルナルド・ベルトルッチのストーリーテラーたる手腕が存分に発揮されている。大地主の孫アルフレードと小作人の孫オルモ。身分は違うが、友情を深めた少年期、恋を知った1910〜20年代、ファシストたちの権力に屈する青年期とイタリア解放の日。時代に翻弄される2人の青年を、ロバート・デ・ニーロとジェラール・ドパルデューが演じている。

    ネット上の声

    ベルトルッチの最高傑作!
    必見!デ・ニーロとジェラールの夢の競演
    製作年:1976
    製作国:イタリア/フランス/西ドイツ
    監督:ベルナルド・ベルトルッチ
    主演:ロバート・デ・ニーロ
    6
  7. 暴走パニック 大激突

    暴走パニック 大激突
    評価:A3.98
    銀行ギャング、強奪金の横取りを狙う男、そしてパトカーなどが巻き起こすカー・チェイスを描いたアクション映画。脚本は「ウルフガイ 燃えろ狼男」の神波史男と「新仁義なき戦い 組長の首」の田中陽造、監督は脚本も執筆している同作の深作欣二、撮影も同作の中島徹がそれぞれ担当。

    アクション、トラウマになる

    ネット上の声

    闇雲なパワー
    ハチャメチャな映画
    メチャクチャ面白い!
    キチガイの群れ
    製作年:1976
    製作国:日本
    監督:深作欣二
    主演:渡瀬恒彦
    7
  8. ふたりのイーダ

    ふたりのイーダ
    評価:A3.97
    椅子が動き、三歳の女の子と少年とおしゃべりしたりするという美しいファンタジックな世界を描く。脚本・監督は「沖縄海洋博」の松山善三、撮影は中川芳久がそれぞれ担当。
    製作年:1976
    製作国:日本
    監督:松山善三
    主演:宇野重吉
    8
  9. 犬神家の一族

    犬神家の一族
    評価:A3.92
    名探偵金田一耕肋を主人公にした横溝正史の同名小説の映画化で、湖畔にそびえる犬神邸に次々と発生する怪奇な連続殺人事件に挑む金田一耕肋の活躍を描く。脚本は「反逆の旅」の長田紀生と日高真也、市川崑の共同、監督は「妻と女の間」の市川崑、撮影は同じ「妻と女の間」の長谷川清がそれぞれ担当。

    サスペンス

    ネット上の声

    そんなにいいかなあ?
    何度観ても
    色褪せを感じさせない不滅の名作品
    テレビ版の古谷一行・金田一の方が好き
    製作年:1976
    製作国:日本
    監督:市川崑
    主演:石坂浩二
    9
  10. 狂った野獣

    狂った野獣
    評価:A3.92
    二人の凶悪犯に乗っ取られたバスに乗りあわした、乗客たちのパニック状況を描いたサスペンス映画。脚本は「トルコ(秘)最前線 密技96手」の大原清秀と「好色元禄(秘)物語」の関本郁夫、監督は脚本も執筆している「実録外伝 大阪電撃作戦」の中島貞夫、撮影は「くノ一忍法 観音開き」の塚越堅二がそれぞれ担当。

    アクション、サスペンス

    ネット上の声

    大好きです。
    凄まじいテンションの映画
    傑作やと思います
    ピラニア達の咆哮=エナジーを見た!
    製作年:1976
    製作国:日本
    監督:中島貞夫
    主演:渡瀬恒彦
    10
  11. トリュフォーの思春期

    トリュフォーの思春期
    評価:A3.90
    フランスの小都市の小学校を舞台に、子供たちが織りなすエピソードをユーモラスに綴る。監督は「アデルの恋の物語」のフランソワ・トリュフォー、脚本はトリュフォー自身と、「アデルの恋の物語」に引き続いて共作したシュザンヌ・シフマン、撮影はピエール・ウィリアム・グレン、音楽は故モリース・ジョーベールの旋律を使用、主題曲はシャルル・トレネの「日曜日は退屈」。出演は数百人からのオーディションに合格した、ジョーリー・デムソー、フィリップ・ゴールドマン、リシャール・ゴルフィー、シルヴィー・グレセル、パスカル・ブリュション、そしてトリュフォの愛娘エヴァ・トリュフォーなど。

    ヒューマンドラマ、青春

    ネット上の声

    がっかり~
    何度でも見たくなる
    子供が憧れられる大人になりたいものです。。。
    胸に響いた
    製作年:1976
    製作国:フランス
    監督:フランソワ・トリュフォー
    主演:ジョリー・デムソー
    11
  12. ザ・メッセージ

    ザ・メッセージ
    評価:A3.88
    イスラム教の開祖マホメットとその教えにしたがう殉教の戦士たちの戦いを描くスペクタクル。製作・監督はシリア・アラブ共和国生まれで、渡米後TVシリーズ「シーザーの戦争」で認められ、これがデビューのムスタファ・アッカド、脚本は「ワーテルロー」のハリー・A・L・クレイグ、撮影は「トパーズ(1969)」のジャック・ヒルドヤード、音楽はモーリス・ジャールが各々担当。出演はアンソニー・クイン、イレーネ・パパス、マイケル・アンサラ、ジョニー・セッカなど。なおこの作品は、日本公開の英語版のほかに、アラビア語版が作られており、これにはアンソニー・クイン等西欧スターは出ていない。

    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    歴史スペクタクル以上のものを。
    「ムハンマドの半生」
    シーア派が認める史実に基づいた作品
    御顔はお見せ出来ません
    製作年:1976
    製作国:モロッコ/クゥエート/リビア/サウジアラビア
    監督:ムスタファ・アッカド
    主演:アンソニー・クイン
    12
  13. トラック野郎 天下御免

    トラック野郎 天下御免
    評価:A3.87
    このシリーズ四作目で、今回は、由美かおるをマドンナ役に、山陽・四国を舞台にドラマは展開される。脚本は「お祭り野郎 魚河岸の兄弟分」の鈴木則文と、「男組 少年刑務所」の中島信昭、監督は「トラック野郎 望郷一番星」の鈴木則文、撮影は「武闘拳 猛虎激殺!」の仲沢半次郎がそれぞれ担当。

    アクション、コメディ、トラック野郎

    ネット上の声

    四国路を行く
    男性にも女性にも!!
    トラック野郎シリーズは最高
    寅さんの対抗作品
    製作年:1976
    製作国:日本
    監督:鈴木則文
    主演:菅原文太
    13
  14. ザッツ・エンタテイメントPART2

    ザッツ・エンタテイメントPART2
    評価:A3.87


    ミュージカル、文芸・史劇

    ネット上の声

    二番煎じではない、期待を裏切らない内容
    楽しいでぇー
    アメリカ式にとことん明るい
    ミュージカルだけじゃないよ!
    製作年:1976
    製作国:アメリカ
    監督:ジーン・ケリー
    主演:フレッド・アステア
    14
  15. 大地の子守歌

    大地の子守歌
    評価:A3.86
    製作年:1976
    製作国:日本
    監督:増村保造
    主演:原田美枝子
    15
  16. ラスト・シューティスト

    ラスト・シューティスト
    評価:A3.85
    1901年、ネバダ州カーソンシティ。老ガンマン、ブックスは旧友の医師から末期ガンの宣告を受ける。その医師の勧めで、ブックスはロジャース夫人の宿に身を寄せることに。夫人の息子ギロムはブックスがかつて30人も撃ち殺した伝説的なガンマンであることを見抜く。やがてブックスは最後の対決に臨むことに……。79年にガンで亡くなった名優ジョン・ウェインがその3年前に撮影した遺作。

    アクション、西部劇

    ネット上の声

    紗のかかった映画
    哀愁が漂う
    ジョン・ウェインの遺作にふさわしい作品です。
    静かな闘志が美しい
    製作年:1976
    製作国:アメリカ
    監督:ドン・シーゲル
    主演:ジョン・ウェイン
    16
  17. トラック野郎 望郷一番星

    トラック野郎 望郷一番星
    評価:A3.84
    “トラック野郎”シリーズ第3作目。桃次郎・ジョナサンのトラック野郎コンビが捲き起こす珍事件と恋を描いた喜劇。脚本は「超高層ホテル殺人事件」の野上龍雄と「トラック野郎 爆走一番星」の澤井信一郎、監督は「お祭り野郎 魚河岸の兄弟分」の鈴木則文、撮影も同作の飯村雅彦がそれぞれ担当。

    ヒューマンドラマ、トラック野郎

    ネット上の声

    小学生のころオヤジと見にいったw
    懐かしいの一言
    燃えました
    最高の娯楽映画◆感謝◆カナザワ映画祭
    製作年:1976
    製作国:日本
    監督:鈴木則文
    主演:菅原文太
    17
  18. タクシードライバー

    タクシードライバー
    評価:A3.80
    大都会・ニューヨークを舞台に、うっ屈した生活を送る1人のタクシー・ドライバーが、自分の存在を世間に認めさせようと『行動』を起こす心のプロセスを追う。製作は「スティング」のマイケルとジュリア・フィリップス、監督は「アリスの恋」のマーティン・スコーシージ、脚本は「ザ・ヤクザ」のポール・シュレイダー、撮影はマイケル・チャップマン、音楽はバーナード・ハーマン、編集はマーシア・ルーカスがそれぞれ担当。出演はロバート・デ・ニーロ、シビル・シェパード、ピーター・ボイル、ジョディ・フォスター、アルバート・ブルックス、ハーヴェイ・カイテルなど。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    アクターズスタジオ
    これはこれでありかと。
    元気な時に観てね
    14歳のジョディー・フォスター
    製作年:1976
    製作国:アメリカ
    監督:マーティン・スコセッシ
    主演:ロバート・デ・ニーロ
    18
  19. 風立ちぬ

    風立ちぬ
    評価:B3.80
    山口百恵主演文芸シリーズ第5作目。若くして死んだ薄幸の少女と彼女を最後まで見守る青年との愛を描いた堀辰雄の同名小説の再映画化。脚本は「蔵王絶唱」の宮内婦貴子、監督は潤色も担当している「娘たちは風にむかって」の若杉光夫、撮影は「奴隷妻」の前田米造がそれぞれ担当。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    抑揚に欠ける
    あまりにも悲しい
    金持ちなのに、なぜ...
    素敵な作品
    製作年:1976
    製作国:日本
    監督:若杉光夫
    主演:山口百恵
    19
  20. カサノバ

    カサノバ
    評価:B3.78
    製作年:1976
    製作国:イタリア
    監督:フェデリコ・フェリーニ
    主演:ドナルド・サザーランド
    20
  21. だれのものでもないチェレ

    だれのものでもないチェレ
    評価:B3.77
    1930年代初頭、人権が保障されなかった独裁政権下のハンガリーでは孤児たちは養子に出され、少女チェレ(ジュジャ・ツィノコッツィ)もある農家に引き取られていた。裸のまま働かされ、飢え、寒さ、虐待に耐える日々を送るチェレだったが、使用人として働く老人の優しさに触れ、初めて人の心を知る。だが、チェレにはさらに過酷な運命が待ち受けていた。

    ネット上の声

    懐かしいタイトル
    ラスト、彼女の願いは聞き届けられた!!
    製作年:1976
    製作国:ハンガリー
    監督:ラースロー・ラノーディ
    主演:ジュジャ・ツィノコッツィ
    21
  22. 実録外伝 大阪電撃作戦

    実録外伝 大阪電撃作戦
    評価:B3.74
    昭和35年の大阪を舞台に、戦後最大規模の暴力団抗争事件を描いたアクション映画。脚本は「強盗放火殺人囚」の高田宏治、監督は「極道社長」の中島貞夫、撮影も同作の増田敏雄がそれぞれ担当。

    アクション、ヤクザ・ギャング、大阪が舞台

    ネット上の声

    ★男たちが繰り広げる熱い群像劇!!
    製作年:1976
    製作国:日本
    監督:中島貞夫
    主演:松方弘樹
    22
  23. サイレント・ムービー

    サイレント・ムービー
    評価:B3.71
    現代にサイレント・ムービーを作ろうとする監督たちの奮闘サイレント喜劇。製作はマイケル・ハーツバーグ、監督は「ブレージングサドル」のメル・ブルックス、脚本はメル・ブルックス、ロン・クラーク、ルディ・デ・ルカ、バリー・レビンスンの共同、原案はロバート・クラーク、音楽はジョン・モリスが各々担当。出演はメル・ブルックス、マーティ・フェルドマン、ドム・デルイズ、バーナデット・ピータースなど。

    ヒューマンドラマ、コメディ

    ネット上の声

    メルブルックスワールド全開・・・
    これぞ!サイレント・ムービー!!
    製作年:1976
    製作国:アメリカ
    監督:メル・ブルックス
    主演:メル・ブルックス
    23
  24. 正午から3時まで

    正午から3時まで
    評価:B3.70
    銀行強盗一味の1人がふとした事から、伝説を生んでしまう姿を描く異色西部劇。製作はM・J・フランコヴィッチとウィリアム・セルフ、監督・脚本・原作(徳間書店刊)は「この愛にすべてを」の脚本家でピューリッツァー賞作家でもあるフランク・D・ギルロイ、撮影はルシエン・バラード、音楽はエルマー・バーンスタインが各々担当。出演はチャールズ・ブロンソン、ジル・アイアランド、ダグラス・V・フォーリーなど。

    恋愛、西部劇

    ネット上の声

    はっきりコメディです
    英雄なんてそんなものさ
    人生を狂わされた男
    こんなブロンソンもあった。いや在る!
    製作年:1976
    製作国:アメリカ
    監督:フランク・D・ギルロイ
    主演:チャールズ・ブロンソン
    24
  25. 青春の殺人者

    青春の殺人者
    評価:B3.70
    一九六九年十月三十日、千葉県市原市で実際に起こった事件に取材した芥川賞作家中上健次の小説『蛇淫』をもとに、両親を殺害した一青年の理由なき殺人を通して、現代の青春像を描き上げる。脚本は元創造社のメンバーの一人で、作家に転向以来五年ぶりに脚本を執筆した田村孟、監督はこれが第一回監督作品の長谷川和彦、撮影は「祭りの準備」の鈴木達夫がそれぞれ担当。

    ヒューマンドラマ、青春、トラウマになる

    ネット上の声

    ダメでした
    かなり昔の作品にしては
    本当の水谷豊は相棒じゃねえ!!
    じゅんちゃん!じゅんちゃん!
    製作年:1976
    製作国:日本
    監督:長谷川和彦
    主演:水谷豊
    25
  26. オーメン

    オーメン
    評価:B3.65
    “悪魔の子”ダミアンに翻弄される人々の恐怖を描き、世界的ヒットを記録した名作オカルトホラー。アメリカ人外交官ロバートは、6月6日午前6時にローマの産院で生まれてすぐに死んだ我が子の代わりとして、同時刻に誕生した男の子を引き取りダミアンと名づける。ところが、ダミアンが5歳の誕生日を迎えた頃から周囲で不可解な事件が次々と起こりはじめ……。ジェリー・ゴールドスミスによる音楽がアカデミー作曲賞に輝いた。

    ホラー

    ネット上の声

    めっちゃ怖い
    直接的でない怖さ
    ダミアン、悪の子、不気味な子
    俺決議3大オカルト映画
    製作年:1976
    製作国:アメリカ
    監督:リチャード・ドナー
    主演:グレゴリー・ペック
    26
  27. キャリー

    キャリー
    評価:B3.65


    ホラー、SF
    製作年:1976
    製作国:アメリカ
    監督:ブライアン・デ・パルマ
    主演:シシー・スペイセク
    27
  28. はだしのゲン

    はだしのゲン
    評価:B3.64
    太平洋戦争終了時の広島を舞台に一人の少年を通して戦争の悲惨さと原爆の非道さを告発する。原作は中沢啓治の同名劇画。脚本・監督は「太陽の詩」の山田典吾、撮影も同作の安承[王文] がそれぞれ担当。

    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    夏に観て欲しい映画です
    おとうさん
    はだしのゲン
    とてもよかったです
    製作年:1976
    製作国:日本
    監督:山田典吾
    主演:佐藤健太
    28
  29. スネーキーモンキー/蛇拳

    スネーキーモンキー/蛇拳
    評価:B3.61


    アクション

    ネット上の声

    今見ても面白い
    好きな人は好き!
    カンフーアクション大作!
    完成度は低いけど、楽しいです・・・
    製作年:1976
    製作国:香港
    監督:ユエン・ウーピン
    主演:ジャッキー・チェン
    29
  30. 沖縄やくざ戦争

    沖縄やくざ戦争
    評価:B3.61
    本土復帰を翌年に控えた沖縄を舞台に、沖縄やくざ組織の凄惨な内部抗争と、沖縄やくざ対本土系暴力団の血みどろな戦いを、ドキュメンタルに描くハード・アクション篇。脚本は「新仁義なき戦い 組長最後の日」の高田宏治と「ウルフガイ 燃えろ狼男」の神波史男の共同、監督は「狂った野獣」の中島貞夫、撮影は「ラグビー野郎」の赤塚滋がそれぞれ担当。

    アクション、ヤクザ・ギャング

    ネット上の声

    東映プログラムピクチャー
    ★「沖縄」と言う独特の風俗、情緒も相まって…
    千葉ちゃん死す・・・もうただ凄いの一語に尽きる!
    製作年:1976
    製作国:日本
    監督:中島貞夫
    主演:松方弘樹
    30
  31. ピンク・パンサー3

    ピンク・パンサー3
    評価:B3.60
    クルーゾーを渡さねば国連ビルを消す!とほうもない脅迫に立ち向うクルーゾー警部のドタバタ・シリーズ第3弾。製作・監督は「ピンク・パンサー2」「夕映え」のブレイク・エドワーズ、脚本はフランク・ウォルドマンとB・エドワーズ、撮影はハリー・ワックスマン、音楽はヘンリー・マンシーニ、作詞はドン・ブラック、主題歌はトム・ジョーンズ、タイトル・アニメーションはリチャード・ウィリアムスが各々担当。出演はピーター・セラーズ、ハーバート・ロム、コリン・ブレイクリー、レスリー・アン・ダウン、レナード・ロシターなど。

    ネット上の声

    PPシリーズはこれが最後の傑作でしょ
    お洒落でギャグの切れ味も相変わらず好調
    製作年:1976
    製作国:イギリス
    監督:ブレイク・エドワーズ
    主演:ピーター・セラーズ
    31
  32. Mr.BOO!ミスター・ブー

    Mr.BOO!ミスター・ブー
    評価:B3.59
    香港を舞台に、バイタリティとド根性と好奇心に満ちあふれた“ミスター・ブー”と呼ばれる男たちが捲きこまれるさまざまな事件を描くアクション・コメディ映画。製作は「ブルース・リー 死亡遊戯」のレイモンド・チョウ、監督・脚本はマイケル・ホイ、撮影はチャン・ヤオ・チュー・音楽はサミュエル・ホイとザ・ロータス、作詩、作曲・唄はサミュエル・ホイが各々担当。出演はマイケル、サミュエル、リッキーのホイ3兄弟、テレサ・チュウ、リチャード・ウン、シー・キエンなど。

    コメディ、探偵

    ネット上の声

    香港ムービー
    いとしさとせつなさと大笑いと。
    抱腹絶倒した印象。ホイ3兄弟は最高だった。
    オリジナル
    製作年:1976
    製作国:香港
    監督:マイケル・ホイ
    主演:マイケル・ホイ
    32
  33. がんばれ!ベアーズ

    がんばれ!ベアーズ
    評価:C3.59
    アメリカ西海岸の町を舞台に弱小野球チームの奮闘を描き、続編やテレビシリーズ化もされた青春スポーツコメディ。メガホンをとるのは、「白銀のレーサー」(1969)などスポーツ映画を得意とするマイケル・リッチー監督。かつてマイナーリーグで活躍していたプール清掃員のモリスは、問題児ばかりの少年野球チーム「ベアーズ」のコーチを市議会に依頼される。モリスはチーム強化のため、不良少年のケリーや元恋人の娘アマンダをチームに招き入れ、ベアーズは快進撃をはじめる。

    ヒューマンドラマ、スポーツ、野球

    ネット上の声

    生意気ね!
    シリーズの中で1番好き
    大人になるきっかけでした。
    元マイナー
    製作年:1976
    製作国:アメリカ
    監督:マイケル・リッチー
    主演:ウォルター・マッソー
    33
  34. レッド・ツェッペリン/狂熱のライブ

    レッド・ツェッペリン/狂熱のライブ
    評価:C3.58
    ロック・グループ『レッド・ツェッペリン』のライブを描いた長編ドキュメンタリー。'73年のマジソン・スクェア・ガーデンにおける熱狂的なコンサートを中心に、その中で映像と音楽を通して創られている彼らの世界--考え、夢、感情という内面生活をも浮かび上がらせていく。製作総指揮は『レッド・ツェッペリン』のマネージャーでもあるピーター・グラント、監督はピーター・クリフトンとジョー・マソット、撮影はアーニー・デイ、編集監督はP・クリフトン、音響監修と調音は『レッド・ツェッペリン』のメンヴァーの1人ジミー・ペイジが各々担当。出演は『レッド・ツェッペリン』の4人のメンヴァー(ジョン・ボーナム、ジョン・ポール・…

    音楽

    ネット上の声

    ♪The Song Remains The Same♪
    こんな映画が有るだけで、うれしい
    製作年:1976
    製作国:イギリス/アメリカ
    監督:ピーター・クリフトン
    主演:レッド・ツェッペリン
    34
  35. カサンドラ・クロス

    カサンドラ・クロス
    評価:C3.58
     ジュネーブにある国際保健機構に侵入した過激派ゲリラが研究中の伝染性病原菌を浴びたまま逃亡。追跡調査を開始したアメリカ陸軍情報部のマッケンジー大佐はゲリラが大陸横断列車に乗り込んだことを掴む。客を乗せたまま密閉された列車はコース変更し、カサンドラ・クロスと呼ばれる鉄橋へ向かうことに。大佐は細菌の処理と事件の隠蔽をたくらんでいたのだ。チェンバレン博士を始めとする乗客たちは抵抗を試みるが……。オールスター・キャストによるパニック・サスペンス。

    アクション、スパイ

    ネット上の声

    カサンドラ・クロス
    何もかも、みな懐かしい・・・
    70年代パニックものの傑作の一本!
    自ら責任を負って決断することの大切さ
    製作年:1976
    製作国:イタリア/イギリス
    監督:ジョルジ・パン・コスマトス
    主演:リチャード・ハリス
    35
  36. アウトロー

    アウトロー
    評価:C3.58
    アメリカ合衆国建国200周年記念映画で、クリント・イーストウッド監督の第5作。アメリカ南北戦争末期。家族を北軍ゲリラに殺され、復讐の旅に出た南部の農民ジョージー・ウェールズの粘り強い戦いが描かれる。共演にソンドラ・ロック、ジョン・バーノン、チーフ・ダン・ジョージ。脚本は「ライト・スタッフ」「存在の耐えられない軽さ」のフィリップ・カウフマン。

    アクション、西部劇

    ネット上の声

    復讐しようとしているのかどうかがよく解らなかった。展開はノンビリ
    厳しい逃避行
    イーストウッドの闘い
    これぞ西部劇?
    製作年:1976
    製作国:アメリカ
    監督:クリント・イーストウッド
    主演:クリント・イーストウッド
    36
  37. 大陸横断超特急

    大陸横断超特急
    評価:C3.58
    大陸横断特急を舞台に組織の秘密を知って狙われる男の恋と冒険を描く。製作はエトワード・K・ミルキスとトーマス・L・ミラー、監督は「ある愛の詩」のアーサー・ヒラー・脚本はコリン・ヒギンズ、撮影はデイヴィッド・M・ウォルシュ、音楽はヘンリー・マンシーニが各々担当。出演はジーン・ワイルダー、ジル・クレイバーグ、パトリック・マクグーハンなど。

    サスペンス、コメディ

    ネット上の声

    サスペンス・コメディの秀作
    何度も落ちるジーンが好き(笑)
    これぞ正真正銘の『脱線』コメディ!
    暴走列車はラストで笑顔に(?)★痛快サスペンスコメディ
    製作年:1976
    製作国:アメリカ
    監督:アーサー・ヒラー
    主演:ジーン・ワイルダー
    37
  38. 特攻サンダーボルト作戦

    特攻サンダーボルト作戦
    評価:C3.58


    アクション、実話、ハイジャック

    ネット上の声

    事件の半年以内で完成→日本は公開中止
    実話とブロンソンの魅力
    特攻サンダーボルト作戦
    製作年:1976
    製作国:アメリカ
    監督:アーヴィン・カーシュナー
    主演:ピーター・フィンチ
    38
  39. 地獄のバスターズ

    地獄のバスターズ
    評価:C3.56
    1944年、第2次世界大戦下のフランスを舞台にした戦争アクション。護送中に敵機から爆撃を受けて脱走した連合軍の兵士たちは、自由を求めて永世中立国スイスへの亡命を図るが、逃走途中でドイツ軍のV2ロケット奪取作戦に参加する……。監督はマカロニウェスタンを数作手掛けているB級アクションの名手エンゾ・カステラーリ。主演はボー・スベンソン。

    ヒューマンドラマ、アクション、戦争

    ネット上の声

    オリジナルも良いぞ!
    タラティーノ版と比べると
    製作年:1976
    製作国:イタリア
    監督:エンツォ・G・カステラッリ
    主演:ボー・スヴェンソン
    39
  40. やくざの墓場 くちなしの花

    やくざの墓場 くちなしの花
    評価:C3.56
    暴力抗争から政略戦争へ政策を転換する現代やくざ社会と、それを取り締る警察官僚機構の黒い癒着の狭間で、はみだしていく一匹狼の刑事の生きざまを描く。脚本は「バカ政ホラ政トッパ政」の笠原和夫、監督は「新仁義なき戦い 組長最後の日」の深作欣二、撮影は同じ「新仁義なき戦い 組長最後の日」の中島徹がそれぞれ担当。

    ヒューマンドラマ、ヤクザ・ギャング

    ネット上の声

    中身は「仁義無き戦い」じゃけん
    仁義の墓場と比較すると厳しいかもしれないが2段落ちる。
    堕ちていく・・・
    今では通らない企画-(2)
    製作年:1976
    製作国:日本
    監督:深作欣二
    主演:渡哲也
    40
  41. ヒッチコックの ファミリー・プロット

    ヒッチコックの ファミリー・プロット
    評価:C3.56
    監督生活50年を迎えるアルフレッド・ヒッチコック監督の53作目の作品で、手数料目当てに資産家の遺産相続人を捜す若い男女と、ダイヤモンドを狙う誘拐犯の男女、の2組が織りなすサスペンス映画。監督は「フレンジー」のアルフレッド・ヒッチコック、脚本はアーネスト・リーマン、原作はビクター・カニング、撮影はレナード・J・サウス、美術はヘンリー・バムステッド、音楽はジョン・ウィリアムス(2)、衣裳デザインはイーディス・ヘッド、編集はJ・テリー・ウィリアムスがそれぞれ担当。出演はカレン・ブラック、ブルース・ダーン、バーバラ・ハリス、ウィリアム・ディベイン、エド・ローター、キャスリーン・ネスビット、キャサリン…

    サスペンス

    ネット上の声

    名監督も歳には勝てない
    さすが、ヒッチおじさん・・・
    素直に楽しめるサスペンス
    シャンデリアダイヤ
    製作年:1976
    製作国:アメリカ
    監督:アルフレッド・ヒッチコック
    主演:カレン・ブラック
    41
  42. スター誕生

    スター誕生
    評価:C3.54
    3度目の映画化。前作と異なり、女の自立意識を前面に押し出したあたりが、いかにも1970年代らしい“女性映画“。今や落ち目のロック・スター、ジョンは、人気上昇中の女性シンガーである妻に、嫉妬交じりのやりきれなさを感じていた。そしてついに……。

    ヒューマンドラマ、ミュージカル、文芸・史劇

    ネット上の声

    スター誕生
    主題歌は名曲!70年代は大活躍の二人!
    製作年:1976
    製作国:アメリカ
    監督:フランク・ピアソン
    主演:バーブラ・ストライサンド
    42
  43. 男はつらいよ 寅次郎純情詩集

    男はつらいよ 寅次郎純情詩集
    評価:C3.53
    “男はつらいよ”シリーズ第十八作目で、おなじみのフーテンの寅が捲き起こす人情喜劇。今回は、学校の若い先生とその母を相手に、物語がくりひろげられる。脚本は「男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け」の朝間義隆と山田洋次の共同、監督は「男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け」の山田洋次、撮影もやはり同作の高羽哲夫がそれぞれ担当。

    ヒューマンドラマ、コメディ、男はつらいよ

    ネット上の声

    人の死をねたに感動を盛り上げようとする姿勢は好きじゃない
    生きることと、死ぬことの意味
    若いと正直キツイです
    製作年:1976
    製作国:日本
    監督:山田洋次
    主演:渥美清
    43
  44. 金閣寺

    金閣寺
    評価:C3.52
    金閣寺を美の象徴として憧憬していた青年が、金閣寺の徒弟となってから、自らその金閣寺を焼失させるまでの心の屈折を描いた三島由紀夫の同名小説の二度目の映画化。脚本・監督は「本陣殺人事件」の高林陽一、撮影も同作の森田富士郎がそれぞれ担当。

    ヒューマンドラマ、吃音者が登場する
    製作年:1976
    製作国:日本
    監督:高林陽一
    主演:篠田三郎
    44
  45. ジョン・カーペンターの 要塞警察

    ジョン・カーペンターの 要塞警察
    評価:C3.51
     ストリートギャングに娘を殺された男が逃げ込んだ警察署は移転のためにわずかばかりの署員しかいなかった。追いかけて来たストリートギャングは分署を完全に包囲し姿無き攻撃を開始。

    アクション、サスペンス
    製作年:1976
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・カーペンター
    主演:オースティン・ストーカー
    45
  46. 新仁義なき戦い 組長最後の日

    新仁義なき戦い 組長最後の日
    評価:C3.49
    “仁義なき戦い”シリーズ8作目。暴力団の抗争の中で常に上部組織に泣かされる弱小組織の男が、組長の命を狙い続ける執念を描いたアクション映画。脚本は「愉快な極道」の高田宏治、監督は「暴走パニック・大激突」の深作欣二、撮影も同作の中島徹がそれぞれ担当。

    アクション、ヤクザ・ギャング

    ネット上の声

    邦画はやっぱ
    一風かわった 仁義なき。
    ★シリーズ中、異色で衝撃的なラスト!
    筋と関係ないところがおもしろい。
    製作年:1976
    製作国:日本
    監督:深作欣二
    主演:菅原文太
    46
  47. ラストコンサート

    ラストコンサート
    評価:C3.49
    不治の病に冒され、残された日々を往年の名ピアニストの再起に賭ける少女の姿を描いた恋愛映画。製作はオビディオ・G・アソニティスと古川勝巳、監督はルイジ・コッツィ、脚本はルイジ・コッツィ、ミケーレ・デレ・アイエ、ダニエレ・デル・ジュディチェ、ソニア・モルテニ、撮影はロベルト・デットーレ・ピアッツォリ、音楽はステルヴィオ・チプリアーニ、原作はソニア・モルテニが各々担当。出演はリチャード・ジョンソン、パメラ・ヴィロレージ、リカルド・クッチョーラなど。

    ヒューマンドラマ、恋愛

    ネット上の声

    公開当時に観たかった。
    新鮮だった。
    感動した場面が忘れられない
    友達と初映画
    製作年:1976
    製作国:イタリア/日本
    監督:ルイス・コーテス
    主演:リカルド・クッチョーラ
    47
  48. ニッケルオデオン

    ニッケルオデオン
    評価:C3.49
    製作年:1976
    製作国:アメリカ
    監督:ピーター・ボグダノヴィッチ
    主演:ライアン・オニール
    48
  49. プレステージ

    プレステージ
    評価:C3.48
    平凡な人生を嫌い、常に新しい物を求める男が、人生を賭けてオークションに挑む姿を描く。製作はアラン・ドロンとレイモン・ダノン、監督はエドゥアール・モリナロ、脚本はモーリス・レイムとクリストファー・フランク、撮影はジャン・シャルヴァン、音楽はカルロ・ルスティケリが各々担当。出演はアラン・ドロン、ミレーユ・ダルク、モニカ・ゲリトーレ、ミシェル・デュショソワなど。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1976
    製作国:フランス/イタリア
    監督:エドゥアール・モリナロ
    主演:アラン・ドロン
    49
  50. 大空のサムライ

    大空のサムライ
    評価:C3.47
    第二次大戦中、大空に自らの意地を燃やし、戦うために生きぬいた撃墜王を描いた戦争映画。原作は坂井三郎の同名の自伝。脚本は須崎勝弥、監督は「商魂一代 天下の暴れん坊」の丸山誠治、撮影は「東京湾炎上」の西垣六郎がそれぞれ担当。

    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    面白かった
    撃墜王・坂井三郎の勇姿
    東宝系のプラモデル戦争映画で一番
    零戦の撃墜王坂井三郎の伝記の映画化である
    製作年:1976
    製作国:日本
    監督:丸山誠治
    主演:藤岡弘、
    50

スポンサードリンク