コメディ映画ランキング

  1. トラック野郎 度胸一番星

    トラック野郎 度胸一番星
    評価:S4.50
    シリーズ五作目。今回のマドンナには片平なぎさを迎え、佐渡、北陸・金沢を舞台に物語はくりひろげられる。脚本は「トラック野郎 望郷一番星」の野上龍雄と澤井信一郎の共同、監督は「トラック野郎 天下御免」の鈴木則文、撮影は「新女囚さそり 701号」の飯村雅彦がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    片平なぎさのファンということで・・・
    ☆男性にも女性にも!!
    桃次郎とジョナサンがよみがえる
    面白かったです。
    製作年:1977
    製作国:日本
    監督:鈴木則文
    主演:菅原文太,愛川欽也,片平なぎさ,千葉真一
    1
  2. トラック野郎 望郷一番星

    トラック野郎 望郷一番星
    評価:S4.45
    “トラック野郎”シリーズ第3作目。桃次郎・ジョナサンのトラック野郎コンビが捲き起こす珍事件と恋を描いた喜劇。脚本は「超高層ホテル殺人事件」の野上龍雄と「トラック野郎 爆走一番星」の澤井信一郎、監督は「お祭り野郎 魚河岸の兄弟分」の鈴木則文、撮影も同作の飯村雅彦がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    小学生のころオヤジと見にいったw
    懐かしいの一言
    燃えました
    最高の娯楽映画◆感謝◆カナザワ映画祭
    製作年:1976
    製作国:日本
    監督:鈴木則文
    主演:菅原文太,愛川欽也,島田陽子,土田早苗
    2
  3. 生きるべきか死ぬべきか

    生きるべきか死ぬべきか
    評価:S4.37
    ナチス占領下のワルシャワから脱出する俳優一座の姿を描くコメディ映画。製作はアレクサンダー・コルダ、監督はエルンスト・ルビッチ、脚本はエドウィン・ジャスタス・メイヤー、撮影はルドルフ・マテ、音楽はウェルナー・ハイマンが担当。出演はキャロル・ロンバート、ジャック・ベニーほか。

    ネット上の声

    笑いの精神
    ナチス風刺が 強烈です
    製作年:1942
    製作国:アメリカ
    監督:エルンスト・ルビッチ
    主演:キャロル・ロンバード,ジャック・ベニー,ロバート・スタック,ライオネル・アトウィル
    3
  4. スティング

    スティング
    評価:S4.36
    「明日に向かって撃て!」のジョージ・ロイ・ヒル監督が、主演のポール・ニューマン、ロバート・レッドフォードと再び組んだ大ヒット作。1930年代のシカゴ。大物ギャングに仲間を殺された若き詐欺師フッカーは、その恨みを晴らすため、賭博師ゴンドーフの助けを借りて一世一代の大バクチを打つ。二転三転するストーリー展開と小気味よいテンポが魅力の傑作犯罪ドラマ。アカデミー賞作品賞など、1973年度最多7部門を受賞。

    ネット上の声

    当時はこんなレベルでも大喝采だったんだ?
    最高に楽しい映画・・・
    ダマし ダマされ もう最高!
    観ている人間全てをだますようなラストは見事
    製作年:1973
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・ロイ・ヒル
    主演:ロバート・レッドフォード,ポール・ニューマン,ロバート・ショウ,チャールズ・ダーニング
    4
  5. キッド

    キッド
    評価:S4.36
    チャップリン氏が「一日の行楽」を発表したのは1919年の12月であった。以来1年間この映画1本の製作に全力を挙げてようやく完成を見たのは1921年の1月である。対手は今までと同じくエドナー・パーヴィアンス嬢、トム・ウィルスン氏等、そのほか新にキッドの役を6歳のジャッキー・クーガン君が演じているが、この映画における成功のためクーガン君は一躍スターとなって「ペックの悪戯小僧」を作ったことはかつて報道…

    ネット上の声

    期待してただけに拍子抜けした、もっと盛り上がると思っていたのに
    うまいな・・ジャッキー
    ステキな、とてもステキな
    愛情の無限さ
    製作年:1921
    製作国:アメリカ
    監督:チャールズ・チャップリン
    主演:チャールズ・チャップリン,ジャッキー・クーガン,エドナ・パーヴィアンス,カール・ミラー
    5
  6. 心の旅路

    心の旅路
    評価:S4.33
    「失はれた地平線」「チップスさん左様なら」のジェームズ・ヒルトン作の小説の映画化で主役は「キューリー夫人」のグリア・ガースンと「消え行く灯」のロナルド・コールマンが勤める。「大地」のクローディン・ウェストが、ジョージ・フローシェル、「紅はこべ」のアーサー・ウインベリスと協力して脚本を書き「キューリー夫人」と同じくマーヴィン・ルロイ監督、シドニー・A・フランクリン製作、ジョゼフ・ルッテンバーグ撮影…

    ネット上の声

    ラブストーリーの傑作。
    切ない、健気、ハッピーエンド
    歴史的美男美女コンビです
    G・ガースンがいい・・・
    製作年:1942
    製作国:アメリカ
    監督:マーヴィン・ルロイ
    主演:ロナルド・コールマン,グリア・ガーソン,フィリップ・ドーン,スーザン・ピータース
    6
  7. パディントン2

    パディントン2
    評価:S4.31
    マイケル・ボンドの児童文学を実写映画化した『パディントン』の続編。ペルーの密林からイギリスに渡って暮らしていたクマのパディントンが、ある絵本をめぐる事件に遭遇する。
    製作年:2017
    製作国:イギリス
    監督:ポール・キング
    主演:ベン・ウィショー,ヒュー・ボネヴィル,サリー・ホーキンス,ブレンダン・グリーソン
    7
  8. トラック野郎 熱風5000キロ

    トラック野郎 熱風5000キロ
    評価:S4.32
    おなじみ、一番星の桃次郎、ジョナサン、玉三郎のトリオが活躍するシリーズ九作目の今作のマドンナには、化粧品CM“燃えろ、いい女”で人気の小野みゆきがむかえられた。脚本は「トラック野郎 一番星北へ帰る」の掛札昌裕、同作の中島信昭、同作の鈴木則文の共同執筆、監督も同作の鈴木則文、撮影は「喧嘩道 けんかみち」の中島芳男がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    ★男性にも女性にも☆
    国道沿いの風景がいいなあ。
    トラック野郎
    「トラック野郎」第9作目 男なら見るべし
    製作年:1979
    製作国:日本
    監督:鈴木則文
    主演:菅原文太,愛川欽也,小野みゆき,地井武男
    8
  9. ベストマン -シャイな花婿と壮大なる悪夢の2週間-

    ベストマン -シャイな花婿と壮大なる悪夢の2週間-
    評価:S4.30
     内気な青年が結婚式での付添人(ベストマン)を用意すべく、周囲の人々を巻きこみながら奮闘する姿を描いたコメディ作品。出演はコメディ俳優のケヴィン・ハートとジョシュ・ギャッド。
    製作年:2015
    製作国:アメリカ
    監督:ジェレミー・ガレリック
    主演:ケヴィン・ハート,ジョシュ・ギャッド,ケイリー・クオコ,ケン・ハワード
    9
  10. 按摩と女

    按摩と女
    評価:S4.29
    山の温泉場で名物按摩二人組の一人が、素性のわからない女に恋をする人情劇。監督は清水宏。出演は高峰三枝子、徳大寺伸、日守新一。八巻。

    ネット上の声

    びっくりする高峰三枝子の美しさ
    唖然、呆然
    隙がないのに当惑
    アロマ・マッサージ
    製作年:1938
    製作国:日本
    監督:清水宏
    主演:高峰三枝子,徳大寺伸,日守新一,爆弾小僧
    10
  11. デーヴ

    デーヴ
    評価:A4.20
    大統領に瓜ふたつのデーヴは1晩だけの約束で影武者に雇われる。ところがその夜、大統領が倒れてしまい、契約は延長されることに。側近たちの言うまま大統領を演じていたデーブだが、ファーストレディ、エレンの福祉への思いを知り、政治改革に乗り出していくが……。ラスト、代役が元の自分にどうやってすりかわるかが見せ所。痛快なポリティカル・コメディの傑作。

    ネット上の声

    大統領の影武者を演じる役者。
    いいねっ!!!
    シンプルでよかった☆☆☆☆☆
    この映画を見て、正しいことをしよう
    製作年:1993
    製作国:アメリカ
    監督:アイヴァン・ライトマン
    主演:ケヴィン・クライン,シガーニー・ウィーヴァー,フランク・ランジェラ,ケヴィン・ダン
    11
  12. チャップリンの独裁者

    チャップリンの独裁者
    評価:S4.28
    チャーリー・チャップリン初のトーキー作品で最高傑作とも言われる風刺コメディ。第1次大戦末期、トメニア国の兵士として戦線に出ていたユダヤ人の床屋チャーリーは、戦傷によりすべての記憶を失ってしまう。戦後、トメニアは独裁者ヒンケルが支配する国となりユダヤ人迫害を開始。そんな中、激変した状況を知らない床屋のチャーリーが退院し、ゲットーに帰ってくる……。チャップリンが、製作・監督・脚本・主演(2役)を務め…

    ネット上の声

    エンディング
    ラストの演説は名シーンです
    言わなくてはいけない時がきた。
    チャップリンの入口としては難…
    製作年:1940
    製作国:アメリカ
    監督:チャールズ・チャップリン
    主演:チャールズ・チャップリン,ジャック・オーキー,ポーレット・ゴダード,チェスター・コンクリン
    12
  13. シェフとギャルソン、リストランテの夜

    シェフとギャルソン、リストランテの夜
    評価:B3.71
    イタリア人の移民兄弟が開いたリストランテ(レストラン)を流行らせるために奮闘する様を描いた人情喜劇。共同監督・共同製作は「死の接吻」などの個性派俳優スタンリー・トゥッチで、脚本も従兄弟で本作がデビューとなるジョゼフ・トロピアーノと共同で執筆。「ミセス・パーカー/ジャズ・エイジの華」の俳優キャンベル・スコットが共同監督・共同製作としてクレジットされ、出演もしている。製作は「ブロードウェイと銃弾」の…

    ネット上の声

    豊かな映画
    後を引く美味さ
    「楽」を肯定するイタリア人気質。
    製作年:1996
    製作国:アメリカ
    監督:スタンリー・トゥッチ
    主演:スタンリー・トゥッチ,キャンベル・スコット,トニー・シャルーブ,イアン・ホルム
    13
  14. 男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎

    男はつらいよ 口笛を吹く寅次郎
    評価:S4.28
    シリーズ第32作。寅さんは博の亡父の三回忌を思い出し、墓参りに立ち寄る。そこで寺の坊主と娘・朋子に出会う。坊主と寅さんは意気投合し、翌日、二日酔いの坊主に代わって法事に行く事になる。名調子の弁舌がすっかり檀家に気に入られる。やがて三回忌の法事でさくら一家がやってきて、坊主と共に木魚を叩く寅さんの姿にビックリする。さくらは朋子を見て兄の恋路の行方に胸を痛める…。

    ネット上の声

    寅さんがお坊さんに?・・・・
    竹下景子のマドンナぶりが絶品、このシリーズ中最もお気に入りの作品
    フランス映画顔負けの最高の別れの場面
    寅さんシリーズが好きな方にお勧めです
    製作年:1983
    製作国:日本
    監督:山田洋次
    主演:渥美清,倍賞千恵子,竹下景子,中井貴一
    14
  15. 教授と美女

    教授と美女
    評価:S4.27
    ニューヨークのトッテン財団では、8人の学者たちによる百科事典の編纂が大詰めを迎えていたが、文法学者のポッツ教授がある俗語を耳にしたことから、これまでの努力が世間から隔絶していたことに気づき、街へ調査に出かける。そこで出会ったナイトクラブの歌姫、オシェイに協力を求めるが……。公開当時、アメリカでヒットしたものの、時代の影響で輸入されなかった。ビリー・ワイルダーはホークス演出の見学許可を条件に脚本に…

    ネット上の声

    ホークスのコメディ その5 白雪姫と七人の・・・
    絶品です!
    教授がカワイイ
    少しだれるが良作
    製作年:1941
    製作国:アメリカ
    監督:ハワード・ホークス
    主演:ゲイリー・クーパー,バーバラ・スタンウィック,オスカー・ホモルカ,ダナ・アンドリュース
    15

スポンサードリンク