全50作品。1960年代のサスペンス映画ランキング

  1. 国際諜報局

    国際諜報局
    評価:S4.27
    英国アカデミー賞(1965年・英国作品賞) “ハリー・パーマー”シリーズ第1作。英国諜報部員ハリーは、誘拐組織にさらわれた科学者の奪回を指令される。

    アクション、サスペンス

    ネット上の声

    渋さがウリの《ハリー・パーマー》
    もうこういうスパイ映画は作れない
    音楽ジョン・バリーはこの頃から
    祝DVD発売(^^♪
    製作年:1964
    製作国:イギリス
    監督:シドニー・J・フューリー
    主演:マイケル・ケイン
    1
  2. 天国と地獄

    天国と地獄
    評価:A4.02
    エド・マクベインの原作を得て、黒澤明監督が映画化した全編息づまるサスペンス。製靴会社の専務権藤の息子と間違えられて、運転手の息子が誘拐された。要求された身代金は三千万円。苦悩の末、権藤は運転手のために全財産を投げ出して三千万円を犯人に受け渡し、無事子供を救出する。非凡な知能犯の真の目的とは。鉄橋を利用した現金受け渡しのシーンは秀逸で、実際にこれを模倣した誘拐事件が発生した。また白黒作品であるにもかかわらず、最も重要なシーンで一個所のみ着色を施すなど新たな演出も印象深い。

    サスペンス、誘拐

    ネット上の声

    スピード感のある展開で一気に話が進んでいき、文句無しに面白い。犯行...
    ・それぞれの展開が濃すぎて3本ぐらいの映画を一気見したような感じ ...
    誘拐事件の現金受け渡しと犯人を追い詰めるスリルある展開。
    スピルバーグ最高傑作に絶大な影響与えた!
    製作年:1963
    製作国:日本
    監督:黒澤明
    主演:三船敏郎
    2
  3. 未知への飛行

    未知への飛行
    評価:A3.99
    安全装置の故障から誤った指令を受け、水爆を積んだ爆撃機がモスクワへ向かった。大統領の呼びかけにもかかわらず、爆撃機は制限地点を越えてしまう……。世界破滅の危機をリアルに描く近未来ものの傑作。「博士の異常な愛情…」と同時期に作られた。DVDは「コロムビアトライスター
    ウォー・ムービー・コレクションBOX2」に収録。


    サスペンス

    ネット上の声

    脚本、演出で映画はいくらでも良くなる
    とてもアメリカ映画とは信じられぬ
    CGなんていらなかったんや・・・
    冷戦の産物は今、現実化する!?
    製作年:1964
    製作国:アメリカ
    監督:シドニー・ルメット
    主演:ヘンリー・フォンダ
    3
  4. 穴
    評価:A3.99
    脱獄映画の傑作『現金に手を出すな』の名匠、ジャック・ベッケル監督がジョゼ・ジョバンニの同名実録小説に惚れこみ、みごとに映像化した遺作。

    サスペンス、実話、刑務所、どんでん返し、脱出

    ネット上の声

    原作ジョゼ・ジョヴァンニ
    これは、リアルな穴掘り。
    脱獄モノでは指折りの出来
    とりあえず観終わりました
    製作年:1960
    製作国:フランス
    監督:ジャック・ベッケル
    主演:ジャン=ケロディ
    4
  5. 太陽がいっぱい

    太陽がいっぱい
    評価:A3.89
    『禁じられた遊び』などのフランスの巨匠ルネ・クレマンが監督を務め、パトリシア・ハイスミスの小説を映画化したサスペンス。イタリアに金持ちの道楽息子を連れ戻そうとやって来た貧しい青年が、激情にかられてある犯罪を思い立つ姿を甘美な調べに乗せて映し出す。

    サスペンス、夏休みが舞台

    ネット上の声

    アランドロンのかっこよさよ、、、
    アラン・ドロンですもの
    青い目が忘れられない
    アラン・ドロン
    製作年:1960
    製作国:フランス/イタリア
    監督:ルネ・クレマン
    主演:アラン・ドロン
    5
  6. 白と黒

    白と黒
    評価:A3.88
     橋本忍のオリジナル脚本を堀川弘通が監督した推理サスペンス。二転三転するシナリオ、武満徹による音楽、俳優たちの演技も見応えがある。

    サスペンス

    ネット上の声

    ミステリー
    いつ見ても衝撃的ストーリーです。
    もっと格好良い病気なら良かったのにね
    邦画の傑作!裁判外の場外乱闘(笑)
    製作年:1963
    製作国:日本
    監督:堀川弘通
    主演:小林桂樹
    6
  7. 殺人狂時代

    殺人狂時代
    評価:A3.85
    都筑道夫の『なめくじに聞いてみろ』を鬼才・岡本喜八が映画化。日本映画としては異色な、グロテスクな殺しのサスペンス・コメディとなっている。人口調節のため無駄な人間を殺すことを目的とした団体“大日本人口調節審議会“は、大学講師の信治に次々と殺し屋を差し向ける。信治の背中の傷に隠された、ヒトラーのダイヤモンドを狙っているのだ。信治は女性記者の啓子とコソ泥のビルの協力を得て、殺し屋を倒していく……。元ナチスの将校、義眼に毒針を仕込んだ女など登場人物が一癖も二癖もあり、次の展開が読めない面白さがある。また、役名も“オバQ““アトム““ソラン“など人を食った名前がつけられている。

    サスペンス

    ネット上の声

    漫画的・超現実的:岡本作品の度量の大きさ
    シュールなテンポに振り回される奇妙な映画
    天本英世が死神博士になった映画かもね。
    コメディー?シリアスなサスペンスもの?
    製作年:1967
    製作国:日本
    監督:岡本喜八
    主演:仲代達矢
    7
  8. 影の軍隊

    影の軍隊
    評価:A3.84
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(2006年) 1942年ドイツ占領下のフランス。密告からゲシュタポに捕まったジェルビエは、辛くも脱走、レジスタンスと合流して裏切り者の抹殺任務に当たる。

    サスペンス

    ネット上の声

    抵抗組織のシビアな内部事情
    期待していたより地味・・・
    淡々として悲哀
    レジスタンス
    製作年:1969
    製作国:フランス
    監督:ジャン=ピエール・メルヴィル
    主演:リノ・ヴァンチュラ
    8
  9. 絞殺魔

    絞殺魔
    評価:A3.81
    時にはB級と軽視されながらも、犯罪もの、アクション、SF、ファンタジーなどあらゆるジャンルにわたって、あくまで娯楽性を追求し、黒澤明監督をはじめ多くの信奉者を持つR・フライシャーの渾心の力作。ボストンのあるアパートの一室で年配の女性が何者かに絞殺され、半裸で犯されていた。警察側は捜査にあたるが何ら手掛かりは得られない。やがて第2、第3の同じ手口の犯行が警察を嘲笑うかのように繰り返される……。前半の大胆な分割スクリーンの手法は映画史上でも屈指のもの。後半は一転、密室の中の長回しで犯人の心理をえぐる実験的意欲作。

    サスペンス、実話

    ネット上の声

    トニー・カーティスの代表作の一つ!!
    二重人格者の怖さと負の連鎖
    リアルとはこーいうもんだ
    大きなテレビで小さな画面
    製作年:1968
    製作国:アメリカ
    監督:リチャード・フライシャー
    主演:トニー・カーティス
    9
  10. けものみち

    けものみち
    評価:A3.79
    『野獣死すべし』の監督・脚本コンビが松本清張の長編に挑んだサスペンス大作。寝たきりの夫を焼き殺し、政界の黒幕・鬼頭の愛妾となった民子。贅沢な暮らしを楽しみながらも満たされない欲望を抱えた彼女には、忘れられないひとりの男がいた。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    けもの臭が充満、窓を開けて見よう。
    竜頭蛇尾だね
    けものとは?
    池部支配人が素敵
    製作年:1965
    製作国:日本
    監督:須川栄三
    主演:池内淳子
    10
  11. 妻は告白する

    妻は告白する
    評価:B3.78
     円山雅也『遭難―ある夫婦の場合』を井手雅人が脚色した。増村保造と若尾文子のコンビによる最高傑作との呼び声も高い。

    サスペンス

    ネット上の声

    脇役の存在感も光る佳作です。
    愛にかける女の凄み
    愛を求めていた女性
    若尾文子さんの名演
    製作年:1961
    製作国:日本
    監督:増村保造
    主演:若尾文子
    11
  12. 白い巨塔

    白い巨塔
    評価:B3.78
    ブルーリボン賞(1967年・作品賞)昭和三十八年から山崎豊子が「サンデー毎日」に連載した同名小説を、「大菩薩峠(1966)」の橋本忍が脚色、「氷点」の山本薩夫が監督した。撮影は「雁(1966)」の宗川信夫。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、医師、社会の裏側、ビジネス、病院(医療モノ)

    ネット上の声

    文句のつけようがありません
    赤ひげ対ベン・ケーシー
    原作正編の映画化・・・
    医学界の暗部を垣間見る
    製作年:1966
    製作国:日本
    監督:山本薩夫
    主演:田宮二郎
    12
  13. サイコ

    サイコ
    評価:B3.78
    ゴールデン・グローブ賞(1960年)アルフレッド・ヒッチコック監督作品。原作はロバート・ブロックの推理小説。脚色を「黒い蘭」のジョセフ・ステファノがうけもつ。撮影と音楽はジョン・L・ラッセルとバーナード・ハーマンがそれぞれ担当。出演は「のっぽ物語」のアンソニー・パーキンスのほかジョン・ギャビン、ジャネット・リー、ベラ・マイルズら。製作もヒッチコック。最初の邦題は「サイコ-異常心理-」。

    サスペンス、トラウマになる、殺人鬼が暴れる、サイコパス

    ネット上の声

    We all little go mad sometime. シャワーシーンが有名なサスペンスの超古典映画。
    怖い一方最高のサスペンスにであったワクワク感が半端ない
    あの当時の衝撃はすごかっただろう!!
    異常心理スリラーの元祖にして金字塔!
    製作年:1960
    製作国:アメリカ
    監督:アルフレッド・ヒッチコック
    主演:アンソニー・パーキンス
    13
  14. ある戦慄

    ある戦慄
    評価:B3.76
    『パニック・イン・スタジアム』のラリー・ピアース監督によるサスペンス。ニューヨーク・ブロンクス。マンハッタン行きの地下鉄に乗車したジョーとアーティのチンピラふたり組が乗客をからかい始め…。マーティン・シーン、ボー・ブリッジスが出演。

    サスペンス

    ネット上の声

    悲しくなってしまう 深い映画です
    深夜の電車には乗りません!
    高架線の駅
    そう考えると電車男ってかっけぇなぁ・・・
    製作年:1967
    製作国:アメリカ
    監督:ラリー・ピアース
    主演:トニー・ムサンテ
    14
  15. 博士の異常な愛情

    博士の異常な愛情
    評価:B3.74
    英国アカデミー賞(1964年・2部門) 巨匠キューブリックが近未来を舞台に、核による世界破滅を描いたブラック・コメディ。アメリカ軍基地の司令官が、ソ連の核基地の爆撃指令を発した。

    サスペンス、コメディ

    ネット上の声

    核抑止論の脆弱性を説いたブラックコメディ
    遊んでいるようで本質的
    笑顔泥棒
    文系映画
    製作年:1964
    製作国:イギリス/アメリカ
    監督:スタンリー・キューブリック
    主演:ピーター・セラーズ
    15
  16. さらば友よ

    さらば友よ
    評価:B3.74
    チャールズ・ブロンソンの出世作となった傑作 A・ドロンとC・ブロンソンの共演による犯罪ドラマで、ブロンソン人気に火をつけた作品。アルジェリアの外人部隊から帰還した軍医ドロンは、広告会社に勤める女ジョルジュ=ピコから奇妙な依頼を受ける。

    アクション、サスペンス、犯罪

    ネット上の声

    イエ〜イ!ダーバンとマンダムの渋い友情!
    アラン・ドロン&チャールズ・ブロンソン!
    すべてはラストシーンのために・・・。
    名優二人の互いのシーンがカッコ良い!
    製作年:1968
    製作国:フランス
    監督:ジャン・エルマン
    主演:アラン・ドロン
    16
  17. 暗くなるまで待って

    暗くなるまで待って
    評価:B3.73
     オードリー・ヘップバーンが盲目の人妻に扮したサスペンス・スリラー。夫のサムが見知らぬ女性から受け取った人形にはヘロインが隠されていた。

    サスペンス、盲目

    ネット上の声

    ヒッチコック作品と並ぶサスペンスの傑作
    暗くなるまで待たないで、観て
    恋愛映画ぽい タイトルがそそられちゃいますが、
    アイデア勝利の密室サスペンス☆3つ半
    製作年:1967
    製作国:アメリカ
    監督:テレンス・ヤング
    主演:オードリー・ヘプバーン
    17
  18. シャレード

    シャレード
    評価:B3.73
     スキー場からパリの自宅へ戻ってきたレジーナ(ヘプバーン)を待っていたのは、離婚予定だった夫の死。葬儀の会場には見知らぬ三人の男が現れ、大使館では情報局長(マッソー)から、戦時中に夫が軍資金25万ドルを横領していた事を聞かされる。

    サスペンス、元気が出る

    ネット上の声

    オードリー・ヘプバーンの可愛らしさがググッグイッと出ていました。
    50年前でも魅力が褪せぬオードリー。
    ファッションチェックに必見の映画
    身近な殺人にも余裕のヘプバーン
    製作年:1963
    製作国:アメリカ
    監督:スタンリー・ドーネン
    主演:オードリー・ヘプバーン
    18
  19. 黒衣の花嫁

    黒衣の花嫁
    評価:B3.72
    コートダジュールで独身生活を楽しんでいた男、その近くの町の銀行員、若手政治家……と連続殺人が起こる。その現場にはいつも謎の女性がいた。彼女の目的は何か……。トリュフォーによるサスペンス・ミステリーで、連続殺人犯に扮するJ・モローの冷たくさめた演技が作品に妖艶な凄みを加えている。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    スタンダードなサスペンス・・・・かな?
    トリフォーのヒッチコック、オマージュ
    流麗華麗で乾いたサスペンスを愉しむ
    復讐に燃える女と浮気症の男たち
    製作年:1968
    製作国:フランス/イタリア
    監督:フランソワ・トリュフォー
    主演:ジャンヌ・モロー
    19
  20. 「女の小箱」より 夫が見た

    「女の小箱」より 夫が見た
    評価:B3.72
    増村保造監督、若尾文子主演作品シリーズ。人妻・那美子はナイトクラブの経営者・石塚と恋に落ちる。石塚が那美子の夫の会社の乗っ取りをたくらんでいるとは知らずに……。共演に川崎敬三、田宮二郎ら。

    サスペンス

    ネット上の声

    若尾文子の大人の色気に惚れました。
    岸田今日子!!!
    増村作品の快感
    二者択一を迫る女
    製作年:1964
    製作国:日本
    監督:増村保造
    主演:若尾文子
    20
  21. 悪い奴ほどよく眠る

    悪い奴ほどよく眠る
    評価:B3.71
    黒澤プロ設立第1作として監督が選んだテーマは、当時社会問題となっていた政治汚職。汚職事件の隠蔽工作により自殺に追い込まれた男の息子による復讐劇を通して、政界に根深くはびこる腐敗の構造にメスを入れた意欲作。極めて社会性の強いテーマでありながら、スリルとサスペンスを盛り込むことで十二分に娯楽映画として通用する作品。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、どんでん返し

    ネット上の声

    タイトルの通り。 でも、昔と比べて今はまだ眠れなくなっているような。
    ・加藤武のこういう役柄が新鮮 ・ノイローゼのシーンで声を出して笑っ...
    テンポよく展開して飽きさせない。2転3転する。ただ、画面からは空気...
    確かに見ていてとても面白かったけど…
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:黒澤明
    主演:三船敏郎
    21
  22. ショック集団

    ショック集団
    評価:B3.71
    精神病院を舞台に、殺人事件の謎を追う新聞記者の姿を描くサスペンス・ドラマ。監督・製作・脚本は「裸のキッス」のサミュエル・フラー、撮影はスタンリー・コルテス、音楽はポール・ダンラップが担当。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    そうなることは分かってた筈なのに・・・。
    正気と狂気の狭間で
    オチはわかるはず
    鎌倉の大仏が鮮やかなカラーで見られる。
    製作年:1963
    製作国:アメリカ
    監督:サミュエル・フラー
    主演:ピーター・ブレック
    22
  23. 何がジェーンに起ったか?

    何がジェーンに起ったか?
    評価:B3.70
    アカデミー賞(1963年・衣装デザイン賞) 古い屋敷に一組の姉妹ブランチとジェーンが暮らしていた。ジェーンは可愛らしい名子役で一世を風靡したが、成長してからは仕事も無く、美貌のブランチの下で鬱屈した生活を送っていたのだった。

    サスペンス

    ネット上の声

    最初から最後まで怖ろしくグロテスク、目の離せない凄い作品。モノクロ...
    元有名子役の妹が、事故で脚が不自由となった有名女優の姉をいびり倒す...
    鬼気迫る迫真の演技とサスペンスが秀逸!
    現在進行形の、少女に何が起こったか?!
    製作年:1962
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・アルドリッチ
    主演:ベティ・デイヴィス
    23
  24. ああ爆弾

    ああ爆弾
    評価:B3.69
    コーネル・ウールリッチの『万年筆』より原案を得て、「江分利満氏の優雅な生活」の岡本喜八がシナリオを執筆、監督したミュージカル。撮影は新人宇野晋作。

    ヒューマンドラマ、アクション、サスペンス

    ネット上の声

    あっぱれ岡本喜八流☆ミュージカル♪
    遊び心満載のミュージカル怪作
    簡潔な結末、だから面白い。
    日本のミュージカルの可能性を感じる
    製作年:1964
    製作国:日本
    監督:岡本喜八
    主演:伊藤雄之助
    24
  25. 陸軍中野学校

    陸軍中野学校
    評価:B3.69
     「陸軍中野学校」シリーズ第一目。日本陸軍のスパイ養成機関“陸軍中野学校”の活動をリアルなタッチで描いた。

    サスペンス

    ネット上の声

    面白かった。かっこよかった。続きが観たい
    懐古趣味に趣向を凝らした本邦スパイ映画
    失うことに慣れてしまったら
    新設スパイ養成学校の苦闘
    製作年:1966
    製作国:日本
    監督:増村保造
    主演:市川雷蔵
    25
  26. 反撥

    反撥
    評価:B3.68
    ベルリン国際映画祭(1965年・銀熊賞 審査員グランプリ)

    サスペンス、ホラー、精神障害

    ネット上の声

    美少女カトリーヌ・ドヌーヴ
    腐る肉・むしばまれていく女
    五感に訴えかける恐怖、、、
    日曜の朝からポランスキー
    製作年:1964
    製作国:イギリス
    監督:ロマン・ポランスキー
    主演:カトリーヌ・ドヌーヴ
    26
  27. 殺人者はライフルを持っている!

    殺人者はライフルを持っている!
    評価:B3.67
    P・ボグダノヴィッチ監督のデビュー作。怪奇映画の人気スター、バイロン・オークラがドライブイン・シアターでの最終出演作上映を機に映画界引退を発表。まさしくその場へ、平凡な家庭に育ちながらも歪んだ心をもった青年が、ライフルで次々と人を射殺しながらやって来る……。1960年代のケネディ暗殺事件やテキサス大学ライフル乱射事件などに想を得て、ボグダノヴィッチが製作した問題作。オークラにB・カーロフを起用し、怪奇映画へのオマージュを捧げるなど、シネフィル・ボグダノヴィッチの面目躍如たるところ。名手L・コヴァックスによる撮影にも注目。

    アクション、サスペンス

    ネット上の声

    ボグダノヴィッチ監督のデビュー作ですよ。
    見事に交錯する結末はなかなか見応えがあり
    ピーター・ボグダノヴィッチ29歳
    面白い!
    製作年:1968
    製作国:アメリカ
    監督:ピーター・ボグダノヴィッチ
    主演:ボリス・カーロフ
    27
  28. バニー・レークは行方不明

    バニー・レークは行方不明
    評価:B3.65
     ロンドンに越してきた女性の娘が行方不明になった。彼女は兄とともに娘を探すが、まったく手がかりが掴めない。

    サスペンス

    ネット上の声

    ローレンス・オリビエのサイコサスペンス
    バニーはいるのか、いないのか
    隠れた名作サスペンス。
    主人公は正しいのか
    製作年:1965
    製作国:アメリカ
    監督:オットー・プレミンジャー
    主演:ローレンス・オリヴィエ
    28
  29. 不時着

    不時着
    評価:B3.65
     飛行機不時着の原因を探る、サスペンスタッチのユーマン・ドラマ。突如、原因不明の事故を起した旅客機が炎上。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    最初の事故シーン、再現シーン見応えあり!
    旅客機不時着事故の真相究明ドラマ
    航空事故が起きると想起する作品
    コーヒーはうっかりではなく
    製作年:1964
    製作国:アメリカ
    監督:ラルフ・ネルソン
    主演:グレン・フォード
    29
  30. ある殺し屋

    ある殺し屋
    評価:B3.62
    藤原審爾の原作『前夜』を、「赤い天使」の増村保造と、「大捜査網」の石松愛弘が共同で脚色し、「あの試走車を狙え」の森一生が監督したサスペンスドラマ。撮影は「小さい逃亡者」の宮川一夫。主な出演者は「陸軍中野学校」の市川雷蔵、「クレージー大作戦」の野川由美子、「出獄の盃」の成田三樹夫。

    アクション、サスペンス、殺し屋

    ネット上の声

    ひたすら雷蔵をカッコよく演出した映画。
    世界も魅了するであろう殺し屋映画
    市川雷蔵の存在感
    小林幸子が地味な衣裳で出演。
    製作年:1967
    製作国:日本
    監督:森一生
    主演:市川雷蔵
    30
  31. 陸軍中野学校 密命

    陸軍中野学校 密命
    評価:B3.62
     「陸軍中野学校」シリーズ第四作。イギリスのスパイ“キャッツ・アイ”を探し出すという、ミステリー色の強い一本。

    サスペンス

    ネット上の声

    シリーズ最優秀の出来。
    キャッツ・アイ
    '15 上海 椎名が逮捕される
    よく出来たサスペンス
    製作年:1967
    製作国:日本
    監督:井上昭
    主演:市川雷蔵
    31
  32. 暗殺のオペラ

    暗殺のオペラ
    評価:B3.58
    「暗殺の森」「ラストタンゴ・イン・パリ」などで知られるイタリアの巨匠ベルナルド・ベルトルッチが、1970年に手がけた長編監督第4作。ラテンアメリカ文学の鬼才ホルヘ・ルイス・ボルヘス「伝奇集」に収められている「裏切り者と英雄のテーマ」を原作に、物語の舞台を北イタリアの架空の町に置き換えて描いた。ファシストによって暗殺された父の死の真相を探るべく、アトスは北イタリアの田舎町を訪れる。この町で父は英雄的存在になっており、謎は少しずつ解明していくが、そこには意外な事実が待ち受けていた。ジュリオ・ブロージが若き日の父と息子の2役に挑戦し、「第三の男」のヒロイン役で知られるアリダ・バリが父の愛人役を演じ…

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    二度うたた寝をしてやっと最後まで見きった
    流麗、華美
    夕暮れを捉えたカメラワークの美しさ❗
    詩的でとても美しい映像美!
    製作年:1969
    製作国:イタリア
    監督:ベルナルド・ベルトルッチ
    主演:ジュリオ・ブロージ
    32
  33. 黒い画集 あるサラリーマンの証言

    黒い画集 あるサラリーマンの証言
    評価:C3.56
    週刊朝日に連載中の松本清張『黒い画集』の中の一編『証言』の映画化。「空港の魔女」の橋本忍が脚色し、「裸の大将」の堀川弘通が監督した。撮影は「新・三等重役」の中井朝一。

    サスペンス

    ネット上の声

    これは面白いサスペンスでした☆3.0
    一つのウソが男を不幸に陥れる
    娯楽としての社会派ミステリー
    上質なブラックユーモア?
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:堀川弘通
    主演:小林桂樹
    33
  34. 江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間

    江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間
    評価:C3.55


    ヒューマンドラマ、サスペンス、ホラー、花火が印象的
    製作年:1969
    製作国:日本
    監督:石井輝男
    主演:吉田輝雄
    34
  35. 黒い画集 ある遭難

    黒い画集 ある遭難
    評価:C3.55
     松本清張の短編小説集『黒い画集』の中の一編『遭難』を、石井輝男が脚色し杉江敏男が監督した推理作品。主な出演者が実際に鹿島槍にロケーションを行っており迫力満点。

    サスペンス、雪山で遭難する、登山、殺人事件

    ネット上の声

    映画はよくできているが、原作に不自然さも
    旧作ながら緻密なストーリー
    黒い画集シリーズはどれもバットエンドでよい
    山での遭難に何があるのか
    製作年:1961
    製作国:日本
    監督:杉江敏男
    主演:伊藤久哉
    35
  36. 愛のきずな

    愛のきずな
    評価:C3.54
    松本清張の短編「たづたづし」を、園まり主演で映画化した異色のエロティックサスペンス。平凡なサラリーマンの鈴木は、ある雨の夜に出会った可憐な娘・雪子と愛し合うように。専務の娘と結婚している彼は、雪子が出世の妨げになると思い始め…。

    サスペンス

    ネット上の声

    哀悼! 藤田まこと IN松本清張
    コメディー風サスペンス
    ヒッチコック 並
    製作年:1969
    製作国:日本
    監督:坪島孝
    主演:藤田まこと
    36
  37. 不意打ち

    不意打ち
    評価:C3.53
     中年の婦人が自宅でエレベータに乗ったところ、故障で中に閉じ込められてしまった。それをいいことに、屋敷に浮浪者たちが上がり込み部屋を荒らす……。

    サスペンス

    ネット上の声

    なんでこんなに治安の悪い所に豪邸を?
    現代人の無関心と孤独
    良識の消えた家
    オリビア・D・ハビランドの熱演が光る
    製作年:1964
    製作国:アメリカ
    監督:ウォルター・E・グローマン
    主演:オリヴィア・デ・ハヴィランド
    37
  38. 殺し

    殺し
    評価:C3.49
    わずか21歳という若さで初メガホンを取った、ベルナルド・ベルトルッチ監督衝撃のデビュー作。『アラビアンナイト』などで知られる異才ピエル・パオロ・パゾリーニの原案を基に、ある殺人事件に絡む容疑者たちの供述をフラッシュバックを用いて映し出す。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    弱冠21歳のベルトルッチ監督デビュー作品
    監督デビューで、このハイレベル
    若き才能を堪能できる逸品。
    非凡とはこういうこと
    製作年:1962
    製作国:イタリア
    監督:ベルナルド・ベルトルッチ
    主演:フランチェスコ・ルイウ
    38
  39. 水の中のナイフ

    水の中のナイフ
    評価:C3.48
    人間の深層心理に迫る作品を世に送り続けた鬼才ロマン・ポランスキーの、記念すべき長編処女作。船上の男女の3人の葛藤を鋭く見すえた、研ぎ澄まされた視線が胸に痛い。

    サスペンス

    ネット上の声

    鬼才ポランスキーの「SM」「3P」喜劇
    ロマン・ポランスキーの監督デビュー作
    自由への船出。
    ポランスキー!
    製作年:1962
    製作国:ポーランド
    監督:ロマン・ポランスキー
    主演:レオン・ニェムチック
    39
  40. 黒の超特急

    黒の超特急
    評価:C3.43
    大阪からさらに岡山方面へ延長されようとしていた新幹線。だがその超特急路線の用地買収の裏には、甘い汁を独り占めようとする政界のボスの陰謀があったのだ。青年不動産業者は一人戦いを挑んでいくが……。“黒“シリーズの最高傑作。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    金銭欲を剥き出しにした人間の争い
    田宮二郎はハンサムであります。
    まさに、昭和40年代の映画!
    「おれにもよこせ」の帰結
    製作年:1964
    製作国:日本
    監督:増村保造
    主演:田宮二郎
    40
  41. トプカピ

    トプカピ
    評価:C3.43
    アカデミー賞(1965年・助演男優賞)イスタンブールのトプカピ宮殿の宝物を狙う女盗賊は、発明家、軽業師ら、その道の専門家を集めて計画を実行するのだが……。ストーリー展開の軽妙さと、本作でオスカーを獲得したP・ユスチノフのユーモラスな演技が見ものの娯楽大作。

    アクション、サスペンス、コメディ

    ネット上の声

    古き良き時代の泥棒コメディ
    愛すべき泥棒一味
    出来過ぎたシーン
    男祭り開催中。
    製作年:1964
    製作国:アメリカ
    監督:ジュールス・ダッシン
    主演:メリナ・メルクーリ
    41
  42. アラベスク

    アラベスク
    評価:C3.43
    舞台はロンドン。中近東の政治的陰謀に巻き込まれたアメリカの考古学者が、訪英する首相暗殺計画を察知。謎の美人スパイの協力を得て、間一髪でこれを救う。ロンドン・ロケを生かし、美しい画面を次々と展開させるロマンティック・ミステリー。

    サスペンス

    ネット上の声

    ソフィア・ローレンが美しい!
    『007』の番外編を観ているような気分
    シャレードと比べると△
    倫敦名所観光ミステリー
    製作年:1966
    製作国:アメリカ
    監督:スタンリー・ドーネン
    主演:グレゴリー・ペック
    42
  43. 盲獣

    盲獣
    評価:C3.41
    江戸川乱歩のマゾヒズム小説を増村保造が監督した異色極まりない怪作。モデルのアキは、ある日突然盲目の男に誘拐され、巨大な女体像のある倉庫の一室に監禁される。男はアキをモデルに彫像を作り始める。最初は拒んでいたアキも、いつしか男との暗闇の中でのマゾヒスティックなセックスに没入していく。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、ホラー

    ネット上の声

    これが“緑魔子”の魔の世界、狂気の世界だ
    あぁ、また、こんな「放送禁止」映画を・・
    劇中のオブジェにぶったまげるよ!
    増村監督の愛の触れ愛
    製作年:1969
    製作国:日本
    監督:増村保造
    主演:船越英二
    43
  44. みな殺しの霊歌

    みな殺しの霊歌
    評価:C3.41
    広見ただしの原案を、「ハナ肇の一発大冒険」の山田洋次と、「懲役十八年」の加藤泰が共同で構成にあたり、三村晴彦がシナリオを執筆した。監督には加藤泰があたったスリラー。撮影は「雌が雄を喰い殺す 三匹のかまきり」の丸山恵司。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    「お前たちは美しいものを殺した」?
    佐藤允の隠れた代表作です。
    日本映画に歴史あり
    ブロンソンによせて
    製作年:1968
    製作国:日本
    監督:加藤泰
    主演:佐藤允
    44
  45. 袋小路

    袋小路
    評価:C3.41
    ベルリン国際映画祭(1966年・金熊賞)「…反撥」に続きロマン・ポランスキーの早熟な才気が爆発した'66年の長編第3作。カトリーヌ・ドヌーブの姉フランソワーズ・ドルレアックを主演に、悪女の恐ろしさを暴き出す。

    サスペンス

    ネット上の声

    カトリーヌ・ドヌーブの姉さんは美しい
    喜劇か悲劇かそれとも狂気か。
    人間臭い不条理ドラマ
    灰汁が強い作風だねぇ
    製作年:1966
    製作国:イギリス
    監督:ロマン・ポランスキー
    主演:ドナルド・プレザンス
    45
  46. 冷血

    冷血
    評価:C3.39
     カンサスで、ある一家四人が惨殺されるという事件が起こった。警察の調査の結果、二人の若者が犯人として捕らえられる。

    サスペンス

    ネット上の声

    レポート?ドキュメンタリー?
    原作を忠実に再現した良作
    アメリカンドリームの裏側
    深く切なく重たい作風
    製作年:1967
    製作国:アメリカ
    監督:リチャード・ブルックス
    主演:ロバート・ブレイク
    46
  47. シシリアン

    シシリアン
    評価:C3.38
    ジャン・ギャバン、アラン・ドロン、リノ・ヴァンチュラ共演によるフィルムノワール超大作。マフィアのボス、ヴィットリオと殺し屋のサルテは、ローマからニューヨークへ運ばれる宝石の強奪を目論む。監督は名匠、アンリ・ヴェルヌイユ。

    サスペンス

    ネット上の声

    ギャバン、ドロン、ヴァンチュラ
    フランス三大名優の超ノワール
    後半の展開はやり過ぎかと
    格好良い!渋い!面白い!
    製作年:1969
    製作国:フランス
    監督:アンリ・ヴェルヌイユ
    主演:ジャン・ギャバン
    47
  48. 恐怖の岬

    恐怖の岬
    評価:C3.36
     残虐な性的犯罪で長年刑務所に入っていた男が、自分を無罪にする努力を怠ったという逆恨みから、幸せな弁護士一家を執拗につけねらう恐怖を描いたサスペンス・スリラー。

    サスペンス

    ネット上の声

    「頭上の敵機」と「眼下の敵」の名優が競演
    「ケープフィアー」のオリジナル版。
    弁護士対復讐鬼☆3つ
    ペックVSミッチャム
    製作年:1962
    製作国:アメリカ
    監督:J・リー・トンプソン
    主演:グレゴリー・ペック
    48
  49. 黒い十人の女

    黒い十人の女
    評価:C3.35
    「足にさわった女(1960)」の和田夏十のオリジナル・シナリオを、「おとうと(1960)」の市川崑が監督した、テレビ界を舞台にした人間が人間でありたいというノスタルジーの物語。撮影は「お嬢さん」の小林節雄。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    誰にでも優しいって事は誰にも優しくない
    モダニスト市川崑監督の力量☆
    男と女の間には〜・・・〜。
    和田夏十による斬新な脚本
    製作年:1961
    製作国:日本
    監督:市川崑
    主演:船越英二
    49
  50. 雨の午後の降霊祭

    雨の午後の降霊祭
    評価:C3.35
    ニューヨーク映画批評家協会賞(1964年)心霊術師の夫婦が綿密な計画を基に少女誘拐を実行するというサスペンス映画。製作はリチャード・アッテンボロー、監督・脚本は「インターナショナル・ベルベット/緑園の天使」のブライアン・フォーブス、原作はマーク・マクシェイン、撮影はゲリー・ターピン、音楽はジョン・バリーが各々担当。出演はリチャード・アッテンボロー、キム・スタンレイ、マーク・エデン、ジュディス・ドナー、パトリック・マギー、ジェラルド・シムなど。

    サスペンス

    ネット上の声

    「幸福」という欲望に取り付かれた夫婦の話
    心理サスペンス物としては微妙な出来
    地味だが良く出来ている。
    怖くはない
    製作年:1964
    製作国:イギリス
    監督:ブライアン・フォーブス
    主演:キム・スタンレー
    50

スポンサードリンク