全50作品。1960年代のサスペンス映画ランキング

  1. 国際諜報局

    国際諜報局
    評価:S4.27
    英国アカデミー賞(1965年・英国作品賞) “ハリー・パーマー”シリーズ第1作。英国諜報部員ハリーは、誘拐組織にさらわれた科学者の奪回を指令される。

    サスペンス

    ネット上の声

    渋さがウリの《ハリー・パーマー》
    もうこういうスパイ映画は作れない
    音楽ジョン・バリーはこの頃から
    祝DVD発売(^^♪
    製作年:1964
    製作国:イギリス
    監督:シドニー・J・フューリー
    主演:マイケル・ケイン
    1
  2. 未知への飛行

    未知への飛行
    評価:A4.06
     コンピュータの故障によって誤った指令を受けた米軍爆撃機がソ連へ侵入。制限地点(フェイル・セイフ)を越えた爆撃機は帰還命令を拒否し、米ソの追撃機も振り切って、ついにモスクワに水爆を投下してしまう。やがてアメリカ大統領は苦渋の決断をすることに……。社会派シドニー・ルメット監督が世界壊滅の危機を描いたポリティカル・サスペンスの力作。大統領執務室や軍の司令部といった密室で繰り広げられる会話劇が緊張を生む。

    サスペンス

    ネット上の声

    脚本、演出で映画はいくらでも良くなる
    「博士の異常な愛情」の真面目な双子?
    真摯なアメリカが、ここには在った。
    とてもアメリカ映画とは信じられぬ
    製作年:1964
    製作国:アメリカ
    監督:シドニー・ルメット
    主演:ヘンリー・フォンダ
    2
  3. 天国と地獄

    天国と地獄
    評価:A4.04
    エド・マクベインの原作を得て、黒澤明監督が映画化した全編息づまるサスペンス。製靴会社の専務権藤の息子と間違えられて、運転手の息子が誘拐された。要求された身代金は三千万円。苦悩の末、権藤は運転手のために全財産を投げ出して三千万円を犯人に受け渡し、無事子供を救出する。非凡な知能犯の真の目的とは。鉄橋を利用した現金受け渡しのシーンは秀逸で、実際にこれを模倣した誘拐事件が発生した。また白黒作品であるにもかかわらず、最も重要なシーンで一個所のみ着色を施すなど新たな演出も印象深い。

    サスペンス、誘拐

    ネット上の声

    スピルバーグ最高傑作に絶大な影響与えた!
    このシーンがあのシーンに!ぽんっ。
    「天国と地獄」は紙一重なのかも
    山崎努は、この映画がデビュー作
    製作年:1963
    製作国:日本
    監督:黒澤明
    主演:三船敏郎
    3
  4. 影の軍隊

    影の軍隊
    評価:A4.01
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(2006年) 1942年ドイツ占領下のフランス。密告からゲシュタポに捕まったジェルビエは、辛くも脱走、レジスタンスと合流して裏切り者の抹殺任務に当たる。

    サスペンス

    ネット上の声

    実際のレジスタンスは地味なのだ
    1942年ドイツ占領下のフランス
    抵抗組織のシビアな内部事情
    徹底したドイツ軍の描写
    製作年:1969
    製作国:フランス
    監督:ジャン=ピエール・メルヴィル
    主演:リノ・ヴァンチュラ
    4
  5. 穴
    評価:A3.99
    脱獄映画の傑作実際にあった事件をもとに書かれたジョゼ・ジョヴァンニの小説を映画化したもの。監督は「モンパルナスの灯」のジャック・ベッケル。彼の最後の作品である。脚本はべッケルと原作者ジョヴァンニ及びジャン・オーレルの共同執筆。撮影は「夜と霧」のギスラン・クロッケ。出演者はジャン・ケロディ、フィリップ・ルロワ、ミシェル・コンスタンタンなどいずれもこの映画がはじめてという異色新人ばかりである。

    サスペンス、実話、刑務所、どんでん返し、脱出

    ネット上の声

    原作ジョゼ・ジョヴァンニ
    これは、リアルな穴掘り。
    脱獄モノでは指折りの出来
    とりあえず観終わりました
    製作年:1960
    製作国:フランス
    監督:ジャック・ベッケル
    主演:ジャン=ケロディ
    5
  6. 白と黒

    白と黒
    評価:A3.94
     橋本忍のオリジナル脚本を堀川弘通が監督した推理サスペンス。二転三転するシナリオ、武満徹による音楽、俳優たちの演技も見応えがある。

    サスペンス

    ネット上の声

    ミステリー
    いつ見ても衝撃的ストーリーです。
    もっと格好良い病気なら良かったのにね
    邦画の傑作!裁判外の場外乱闘(笑)
    製作年:1963
    製作国:日本
    監督:堀川弘通
    主演:小林桂樹
    6
  7. ショック集団

    ショック集団
    評価:A3.92
    精神病院を舞台に、殺人事件の謎を追う新聞記者の姿を描くサスペンス・ドラマ。監督・製作・脚本は「裸のキッス」のサミュエル・フラー、撮影はスタンリー・コルテス、音楽はポール・ダンラップが担当。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    そうなることは分かってた筈なのに・・・。
    正気と狂気の狭間で
    オチはわかるはず
    鎌倉の大仏が鮮やかなカラーで見られる。
    製作年:1963
    製作国:アメリカ
    監督:サミュエル・フラー
    主演:ピーター・ブレック
    7
  8. ニュールンベルグ裁判

    ニュールンベルグ裁判
    評価:A3.90
    アカデミー賞(1962年) 連合軍によるナチス・ドイツの戦犯裁判を描いた作品。アビー・マンのTVドラマをもとに、マン自身が脚色。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、裁判・法廷

    ネット上の声

    体制の中での個人の責任・・・
    演技合戦を堪能せよ☆3.5
    責任の所在
    M・ディートリッヒ見たさに・・・。
    製作年:1961
    製作国:アメリカ
    監督:スタンリー・クレイマー
    主演:スペンサー・トレイシー
    8
  9. 太陽がいっぱい

    太陽がいっぱい
    評価:A3.89
    『禁じられた遊び』などのフランスの巨匠ルネ・クレマンが監督を務め、パトリシア・ハイスミスの小説を映画化したサスペンス。イタリアに金持ちの道楽息子を連れ戻そうとやって来た貧しい青年が、激情にかられてある犯罪を思い立つ姿を甘美な調べに乗せて映し出す。

    サスペンス、夏休みが舞台

    ネット上の声

    ひと夏の体験
    アランドロン、たしかにイケメンではあったけど、色男の代名詞扱いされ...
    昔の警察ならあんなに場当たり的でも完全犯罪出来たんですかね。 ラス...
    クズ2人の愚行から始まる。1人は金持ち、1人は貧乏。とうとう蛮行に...
    製作年:1960
    製作国:フランス/イタリア
    監督:ルネ・クレマン
    主演:アラン・ドロン
    9
  10. 殺人狂時代

    殺人狂時代
    評価:A3.85
    都筑道夫の原作「飢えた遺産」(東都書房刊)を、「暗黒航路」の小川英、「黒い賭博師 悪魔の左手」の山崎忠昭と「大菩薩峠(1966)」の岡本喜八が共同で脚色し、岡本喜八が監督したコメディ・アクション。撮影は「これが青春だ!」の西垣六郎。

    サスペンス

    ネット上の声

    個性派揃いの殺し屋達。 それを束ねる怪しすぎるほどの天本英世。 冴...
    いつの時代も、ブッ飛んでる奴はいるもんです!
    漫画的・超現実的:岡本作品の度量の大きさ
    シュールなテンポに振り回される奇妙な映画
    製作年:1967
    製作国:日本
    監督:岡本喜八
    主演:仲代達矢
    10
  11. けものみち

    けものみち
    評価:A3.84
    松本清張の同名小説を、「大根と人参」の白坂依志夫と「君も出世ができる」の須川栄三が共同で脚色、須川栄三が監督した推理もの。撮影は「自動車泥棒」の福沢康道。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    けもの臭が充満、窓を開けて見よう。
    竜頭蛇尾だね
    けものとは?
    池部支配人が素敵
    製作年:1965
    製作国:日本
    監督:須川栄三
    主演:池内淳子
    11
  12. 何がジェーンに起ったか?

    何がジェーンに起ったか?
    評価:A3.84
    アカデミー賞(1963年・衣装デザイン賞) 古い屋敷に一組の姉妹ブランチとジェーンが暮らしていた。ジェーンは可愛らしい名子役で一世を風靡したが、成長してからは仕事も無く、美貌のブランチの下で鬱屈した生活を送っていたのだった。

    サスペンス

    ネット上の声

    現在進行形の、少女に何が起こったか?!
    見える憎悪、見えざる憎悪
    老女にドキドキさせられて
    バッドタイミングの連続
    製作年:1962
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・アルドリッチ
    主演:ベティ・デイヴィス
    12
  13. 「女の小箱」より 夫が見た

    「女の小箱」より 夫が見た
    評価:A3.81
    黒岩重吾原作『女の小箱』より、「犯罪作戦NO・1」の高岩肇、「風の武士」の野上龍雄が共同で脚色、「現代インチキ物語 騙し屋」の増村保造が監督したサラリーマン・スリラー。撮影は「若い樹々」の秋野友宏。

    サスペンス

    ネット上の声

    若尾文子の大人の色気に惚れました。
    岸田今日子!!!
    増村作品の快感
    二者択一を迫る女
    製作年:1964
    製作国:日本
    監督:増村保造
    主演:若尾文子
    13
  14. ある戦慄

    ある戦慄
    評価:A3.80
    ニコラス・E・ベアの脚本を「わかれ道(1963)」のラリー・ピアースが監督した異色サスペンス。ニューヨーク・ロケを行い、撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はテリー・ナイトが担当した。出演は舞台・TVで活躍している新人トニー・ムサンテ、舞台出身でTV『ルート66』のマーティン・シーン、同じく舞台出身でTV『コンバット』のボー・ブリッジス、同じくTVのロバート・バナード、エド・マクマホン、舞台出身でTV『ルート66』のダイアナ・ヴァン・ダー・プリス、新人ドナ・ミルズとTVのビクター・アーノルド、「ローマで起った奇妙な出来事」のジャック・ギルフォードと、「足ながおじさん」のセルマ・リッター、…

    サスペンス

    ネット上の声

    悲しくなってしまう 深い映画です
    高架線の駅
    そう考えると電車男ってかっけぇなぁ・・・
    その“戦慄”は、約半世紀を経た今も漂う
    製作年:1967
    製作国:アメリカ
    監督:ラリー・ピアース
    主演:トニー・ムサンテ
    14
  15. 裸のキッス

    裸のキッス
    評価:B3.79
    元娼婦の女が新しい生活を始めようと身分を隠してやってきた町で巻き込まれる恐ろしい事件を描くサスペンス・ドラマ。「ストリート・オブ・ノー・リターン」のサミュエル・フラーが製作・監督・脚本を兼ね、撮影はスタンリー・コルテス、音楽はポール・ダンラップが担当。出演はコンスタンス・タワーズ、アンソニー・ビスリーほか。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    美しい白黒映画ではありますが・・・
    ううん。賛否。
    西部劇の変形?
    強い女性が美しく描かれている。
    製作年:1964
    製作国:アメリカ
    監督:サミュエル・フラー
    主演:コンスタンス・タワーズ
    15
  16. サイコ

    サイコ
    評価:B3.78
    ゴールデン・グローブ賞(1960年)アルフレッド・ヒッチコック監督作品。原作はロバート・ブロックの推理小説。脚色を「黒い蘭」のジョセフ・ステファノがうけもつ。撮影と音楽はジョン・L・ラッセルとバーナード・ハーマンがそれぞれ担当。出演は「のっぽ物語」のアンソニー・パーキンスのほかジョン・ギャビン、ジャネット・リー、ベラ・マイルズら。製作もヒッチコック。最初の邦題は「サイコ-異常心理-」。

    サスペンス、トラウマになる、殺人鬼が暴れる、サイコパス

    ネット上の声

    観てから調べるべき作品
    昔の女優さんってなんて美しいのでしょう
    元祖サスペンス映画と言わざるを得ない
    怖いけど、一線を保っています
    製作年:1960
    製作国:アメリカ
    監督:アルフレッド・ヒッチコック
    主演:アンソニー・パーキンス
    16
  17. 妻は告白する

    妻は告白する
    評価:B3.76
     円山雅也『遭難―ある夫婦の場合』を井手雅人が脚色した。増村保造と若尾文子のコンビによる最高傑作との呼び声も高い。

    サスペンス

    ネット上の声

    脇役の存在感も光る佳作です。
    愛にかける女の凄み
    愛を求めていた女性
    若尾文子さんの名演
    製作年:1961
    製作国:日本
    監督:増村保造
    主演:若尾文子
    17
  18. さらば友よ

    さらば友よ
    評価:B3.75
    チャールズ・ブロンソンの出世作となった傑作 A・ドロンとC・ブロンソンの共演による犯罪ドラマで、ブロンソン人気に火をつけた作品。アルジェリアの外人部隊から帰還した軍医ドロンは、広告会社に勤める女ジョルジュ=ピコから奇妙な依頼を受ける。

    アクション、サスペンス、犯罪

    ネット上の声

    イエ〜イ!ダーバンとマンダムの渋い友情!
    アラン・ドロン&チャールズ・ブロンソン!
    すべてはラストシーンのために・・・。
    名優二人の互いのシーンがカッコ良い!
    製作年:1968
    製作国:フランス
    監督:ジャン・エルマン
    主演:アラン・ドロン
    18
  19. 反撥

    反撥
    評価:B3.75
    ジェラール・ブラッシュの協力を得て「水の中のナイフ」のロマン・ポランスキーがシナリオを執筆、自ら監督した心理ドラマ。撮影は「博士の異常な愛情」のギルバート・テイラー、音楽はチコ・ハミルトンが担当した。出演は、「シェルブールの雨傘」のカトリーヌ・ドヌーヴ、「女ともだち(1956)」のイヴォンヌ・フルノー、他にイアン・ヘンドリー、ジョン・フレーザー、バトリック・ワイマークほか。

    サスペンス

    ネット上の声

    美少女カトリーヌ・ドヌーヴ
    腐る肉・むしばまれていく女
    五感に訴えかける恐怖、、、
    日曜の朝からポランスキー
    製作年:1964
    製作国:イギリス
    監督:ロマン・ポランスキー
    主演:カトリーヌ・ドヌーヴ
    19
  20. 博士の異常な愛情

    博士の異常な愛情
    評価:B3.75
    英国アカデミー賞(1964年・2部門) 巨匠キューブリックが近未来を舞台に、核による世界破滅を描いたブラック・コメディ。アメリカ軍基地の司令官が、ソ連の核基地の爆撃指令を発した。

    サスペンス、コメディ

    ネット上の声

    笑顔泥棒
    キューブリックらしい切れ味のジョークに溢れていて
    本当にブラックなコメディーだった☆3つ半
    「未知への飛行」と「博士の異常な愛情」
    製作年:1964
    製作国:イギリス/アメリカ
    監督:スタンリー・キューブリック
    主演:ピーター・セラーズ
    20
  21. 白い巨塔

    白い巨塔
    評価:B3.74
    ブルーリボン賞(1967年・作品賞)昭和三十八年から山崎豊子が「サンデー毎日」に連載した同名小説を、「大菩薩峠(1966)」の橋本忍が脚色、「氷点」の山本薩夫が監督した。撮影は「雁(1966)」の宗川信夫。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、医師、社会の裏側、ビジネス、病院(医療モノ)

    ネット上の声

    文句のつけようがありません
    赤ひげ対ベン・ケーシー
    原作正編の映画化・・・
    医学界の暗部を垣間見る
    製作年:1966
    製作国:日本
    監督:山本薩夫
    主演:田宮二郎
    21
  22. 絞殺魔

    絞殺魔
    評価:B3.74
    ジェロルド・フランクのノンフィクション「ボストンの絞殺魔」を「ベケット」のエドワード・アンハルトが脚色、「ドリトル先生不思議な旅」のリチャード・フライシャーが監督した。撮影は「キャメロット」のリチャード・H・クラインが担当し、音楽は使われていない。出演は「おれの女に手を出すな」のトニー・カーティス、「合併結婚」のヘンリー・フォンダ、「暴力脱獄」のジョージ・ケネディほか。製作は演劇人で映画はこれが初めてのロバート・フライア。

    サスペンス、実話

    ネット上の声

    トニー・カーティスの代表作の一つ!!
    二重人格者の怖さと負の連鎖
    リアルとはこーいうもんだ
    大きなテレビで小さな画面
    製作年:1968
    製作国:アメリカ
    監督:リチャード・フライシャー
    主演:トニー・カーティス
    22
  23. 暗殺のオペラ

    暗殺のオペラ
    評価:B3.73
     ファシストによって暗殺された父の死の心真相を探るべく、アトスは北イタリアの田舎町を訪れる。この町で父は英雄的存在になっており、謎は少しずつ解明していくが、そこには意外な事実が待ち受けていた。過去と現実が錯綜する脚本を、ベルナルド・ベルトルッチが見事に演出している。ジュリオ・ブロージが若き日の父と息子の2役に挑戦し、「第三の男」のヒロイン役で知られるアリダ・バリが父の愛人役を演じた。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    二度うたた寝をしてやっと最後まで見きった
    流麗、華美
    全てはシナリオ通りってか?
    列車が入ってくる
    製作年:1969
    製作国:イタリア
    監督:ベルナルド・ベルトルッチ
    主演:ジュリオ・ブロージ
    23
  24. シャレード

    シャレード
    評価:B3.73
     スキー場からパリの自宅へ戻ってきたレジーナ(ヘプバーン)を待っていたのは、離婚予定だった夫の死。葬儀の会場には見知らぬ三人の男が現れ、大使館では情報局長(マッソー)から、戦時中に夫が軍資金25万ドルを横領していた事を聞かされる。

    サスペンス、元気が出る

    ネット上の声

    ファッションチェックに必見の映画
    星3つ、オードリーにプラス1コ
    オシャレー度 80%
    本物の悪役は誰だ?サスペンス・コメディ。
    製作年:1963
    製作国:アメリカ
    監督:スタンリー・ドーネン
    主演:オードリー・ヘプバーン
    24
  25. 質屋

    質屋
    評価:B3.72
     ユダヤ人という理由で妻子を殺された大学教授ソルは、人間不信に陥り、金だけを信じて質屋を営むようになる。従業員や彼を慕う女性の心遣いにも、彼は自分の周囲の壁を崩そうとはしない。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    地味、暗い、重い、三重苦映画ですが・・・
    主人公の心がよくわかります
    消し去ることのできない痛み
    第2のアウシュビッツ
    製作年:1964
    製作国:アメリカ
    監督:シドニー・ルメット
    主演:ロッド・スタイガー
    25
  26. 殺人者はライフルを持っている!

    殺人者はライフルを持っている!
    評価:B3.72
    P・ボグダノヴィッチ監督のデビュー作。怪奇映画の人気スター、バイロン・オークラがドライブイン・シアターでの最終出演作上映を機に映画界引退を発表。まさしくその場へ、平凡な家庭に育ちながらも歪んだ心をもった青年が、ライフルで次々と人を射殺しながらやって来る……。1960年代のケネディ暗殺事件やテキサス大学ライフル乱射事件などに想を得て、ボグダノヴィッチが製作した問題作。オークラにB・カーロフを起用し、怪奇映画へのオマージュを捧げるなど、シネフィル・ボグダノヴィッチの面目躍如たるところ。名手L・コヴァックスによる撮影にも注目。

    サスペンス

    ネット上の声

    ボグダノヴィッチ監督のデビュー作ですよ。
    見事に交錯する結末はなかなか見応えがあり
    ピーター・ボグダノヴィッチ29歳
    面白い!
    製作年:1968
    製作国:アメリカ
    監督:ピーター・ボグダノヴィッチ
    主演:ボリス・カーロフ
    26
  27. 暗くなるまで待って

    暗くなるまで待って
    評価:B3.72
     オードリー・ヘップバーンが盲目の人妻に扮したサスペンス・スリラー。夫のサムが見知らぬ女性から受け取った人形にはヘロインが隠されていた。

    サスペンス、盲目

    ネット上の声

    ヒッチコック作品と並ぶサスペンスの傑作
    暗くなるまで待たないで、観て
    恋愛映画ぽい タイトルがそそられちゃいますが、
    アイデア勝利の密室サスペンス☆3つ半
    製作年:1967
    製作国:アメリカ
    監督:テレンス・ヤング
    主演:オードリー・ヘプバーン
    27
  28. 黒衣の花嫁

    黒衣の花嫁
    評価:B3.72
    コーネル・ウーリッチの同名小説を、「華氏451」のフランンワ・トリュフォーとジャン・ルイ・リシャールのコンビが脚色し、フランソワ・トリュフォーが監督した、サスペンス・ミステリー。撮影は「軽蔑」のラウール・クタール、音楽はベルナール・エルマンが担当、衣裳にピエール・カルダンがあたっている。出演は「マドモアゼル」のジャンヌ・モロー、「スエーデンの城」のジャン・クロード・ブリアリ、「盗みのテクニック」のクロード・リッシュ、ミシェル・ブーケ、ダニエル・ブーランジェなど。製作はオスカー・リュウエンスティン。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    スタンダードなサスペンス・・・・かな?
    トリフォーのヒッチコック、オマージュ
    流麗華麗で乾いたサスペンスを愉しむ
    復讐に燃える女と浮気症の男たち
    製作年:1968
    製作国:フランス/イタリア
    監督:フランソワ・トリュフォー
    主演:ジャンヌ・モロー
    28
  29. ああ爆弾

    ああ爆弾
    評価:B3.72
    コーネル・ウールリッチの『万年筆』より原案を得て、「江分利満氏の優雅な生活」の岡本喜八がシナリオを執筆、監督したミュージカル。撮影は新人宇野晋作。

    ヒューマンドラマ、アクション、サスペンス

    ネット上の声

    あっぱれ岡本喜八流☆ミュージカル♪
    遊び心満載のミュージカル怪作
    簡潔な結末、だから面白い。
    ミュージカルだったとは!
    製作年:1964
    製作国:日本
    監督:岡本喜八
    主演:伊藤雄之助
    29
  30. 悪い奴ほどよく眠る

    悪い奴ほどよく眠る
    評価:B3.71
    黒澤プロ設立第1作として監督が選んだテーマは、当時社会問題となっていた政治汚職。汚職事件の隠蔽工作により自殺に追い込まれた男の息子による復讐劇を通して、政界に根深くはびこる腐敗の構造にメスを入れた意欲作。極めて社会性の強いテーマでありながら、スリルとサスペンスを盛り込むことで十二分に娯楽映画として通用する作品。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、どんでん返し

    ネット上の声

    タイトルの通り。 でも、昔と比べて今はまだ眠れなくなっているような。
    テンポよく展開して飽きさせない。2転3転する。ただ、画面からは空気...
    確かに見ていてとても面白かったけど…
    実験的な映画ではないのでしょうか。
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:黒澤明
    主演:三船敏郎
    30
  31. 不時着

    不時着
    評価:B3.71
     飛行機不時着の原因を探る、サスペンスタッチのユーマン・ドラマ。突如、原因不明の事故を起した旅客機が炎上。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    最初の事故シーン、再現シーン見応えあり!
    旅客機不時着事故の真相究明ドラマ
    航空事故が起きると想起する作品
    コーヒーはうっかりではなく
    製作年:1964
    製作国:アメリカ
    監督:ラルフ・ネルソン
    主演:グレン・フォード
    31
  32. ある殺し屋

    ある殺し屋
    評価:B3.70
    藤原審爾の原作『前夜』を、「赤い天使」の増村保造と、「大捜査網」の石松愛弘が共同で脚色し、「あの試走車を狙え」の森一生が監督したサスペンスドラマ。撮影は「小さい逃亡者」の宮川一夫。主な出演者は「陸軍中野学校」の市川雷蔵、「クレージー大作戦」の野川由美子、「出獄の盃」の成田三樹夫。

    アクション、サスペンス、殺し屋

    ネット上の声

    世界も魅了するであろう殺し屋映画
    市川雷蔵の存在感
    小林幸子が地味な衣裳で出演。
    市川雷蔵は現代劇でも魅力的
    製作年:1967
    製作国:日本
    監督:森一生
    主演:市川雷蔵
    32
  33. バニー・レークは行方不明

    バニー・レークは行方不明
    評価:B3.70
     ロンドンに越してきた女性の娘が行方不明になった。彼女は兄とともに娘を探すが、まったく手がかりが掴めない。

    サスペンス

    ネット上の声

    ローレンス・オリビエのサイコサスペンス
    バニーはいるのか、いないのか
    隠れた名作サスペンス。
    主人公は正しいのか
    製作年:1965
    製作国:アメリカ
    監督:オットー・プレミンジャー
    主演:ローレンス・オリヴィエ
    33
  34. 裸のジャングル

    裸のジャングル
    評価:B3.70
     19世紀のアフリカ、原住民に捕らえられた白人が、何一つ持たずに追っ手から逃げる、という死のゲームを強制される。彼は、迫り来る原住民をかわして、生き延びようとする……。

    サスペンス

    ネット上の声

    じゃまたね。みたいなノリの逃走劇なのか
    文化多元主義映画の嚆矢 再評価あれ!
    こういう事もあったろうな
    逃げる欧州、追うアフリカ
    製作年:1966
    製作国:アメリカ
    監督:コーネル・ワイルド
    主演:コーネル・ワイルド
    34
  35. 陸軍中野学校

    陸軍中野学校
    評価:B3.69
     「陸軍中野学校」シリーズ第一目。日本陸軍のスパイ養成機関“陸軍中野学校”の活動をリアルなタッチで描いた。

    サスペンス

    ネット上の声

    面白かった。かっこよかった。続きが観たい
    懐古趣味に趣向を凝らした本邦スパイ映画
    失うことに慣れてしまったら
    新設スパイ養成学校の苦闘
    製作年:1966
    製作国:日本
    監督:増村保造
    主演:市川雷蔵
    35
  36. 陸軍中野学校 密命

    陸軍中野学校 密命
    評価:C3.59
     「陸軍中野学校」シリーズ第四作。イギリスのスパイ“キャッツ・アイ”を探し出すという、ミステリー色の強い一本。

    サスペンス

    ネット上の声

    シリーズ最優秀の出来。
    キャッツ・アイ
    '15 上海 椎名が逮捕される
    よく出来たサスペンス
    製作年:1967
    製作国:日本
    監督:井上昭
    主演:市川雷蔵
    36
  37. 黒い画集 ある遭難

    黒い画集 ある遭難
    評価:C3.57
     松本清張の短編小説集『黒い画集』の中の一編『遭難』を、石井輝男が脚色し杉江敏男が監督した推理作品。主な出演者が実際に鹿島槍にロケーションを行っており迫力満点。

    サスペンス、雪山で遭難する、登山、殺人事件

    ネット上の声

    映画はよくできているが、原作に不自然さも
    旧作ながら緻密なストーリー
    黒い画集シリーズはどれもバットエンドでよい
    山での遭難に何があるのか
    製作年:1961
    製作国:日本
    監督:杉江敏男
    主演:伊藤久哉
    37
  38. 殺しの分け前/ポイント・ブランク

    殺しの分け前/ポイント・ブランク
    評価:C3.56
     旧友マルと組んで強盗をした男ウォーカー。しかし犯行が成功したとたん、マルはウォーカーを撃ち、彼の妻を連れて逃亡する。

    アクション、サスペンス

    ネット上の声

    リー・マーヴィン渋すぎ
    頭にまとわりつく
    非情な男パーカー
    復讐劇!?
    製作年:1967
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・ブアマン
    主演:リー・マーヴィン
    38
  39. 黒い画集 あるサラリーマンの証言

    黒い画集 あるサラリーマンの証言
    評価:C3.56
    週刊朝日に連載中の松本清張『黒い画集』の中の一編『証言』の映画化。「空港の魔女」の橋本忍が脚色し、「裸の大将」の堀川弘通が監督した。撮影は「新・三等重役」の中井朝一。

    サスペンス

    ネット上の声

    これは面白いサスペンスでした☆3.0
    一つのウソが男を不幸に陥れる
    娯楽としての社会派ミステリー
    上質なブラックユーモア?
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:堀川弘通
    主演:小林桂樹
    39
  40. 水の中のナイフ

    水の中のナイフ
    評価:C3.55
    イェジー・スコリモフスキー、ヤクブ・ゴールドベルク、ロマン・ポランスキーの共同脚本を新鋭ロマン・ポランスキーが監督した恋愛心理映画。撮影はイェジー・リップマン、音楽はクシシュトフ・コメダが担当した。出演は「夜行列車」のレオン・ニェムチック、新人ヨランタ・ウメッカ、ズィグムント・マラノウィッチなど。

    サスペンス

    ネット上の声

    鬼才ポランスキーの「SM」「3P」喜劇
    ロマン・ポランスキーの監督デビュー作
    自由への船出。
    ポランスキー!
    製作年:1962
    製作国:ポーランド
    監督:ロマン・ポランスキー
    主演:レオン・ニェムチック
    40
  41. 愛のきずな

    愛のきずな
    評価:C3.54
    松本清張の原作『たづたづし』を坪島孝監督と「燃える大陸」の小川英が脚色したミステリーロマン。撮影は「ドリフターズですよ! 冒険・冒険また冒険」の内海正治が担当した。

    サスペンス

    ネット上の声

    哀悼! 藤田まこと IN松本清張
    コメディー風サスペンス
    ヒッチコック 並
    製作年:1969
    製作国:日本
    監督:坪島孝
    主演:藤田まこと
    41
  42. 黒蜥蜴

    黒蜥蜴
    評価:C3.54
    江戸川乱歩原作を「爛」の新藤兼人が脚色、「女房学校」の井上梅次が監督したミステリーもの。撮影は「夢でありたい」の中川芳久。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    B級作品で楽しめる
    お、踊るんか!
    井上梅次万歳!
    京マチ子が魅せる!井上梅次版明智の原点
    製作年:1962
    製作国:日本
    監督:井上梅次
    主演:京マチ子
    42
  43. 不意打ち

    不意打ち
    評価:C3.54
     中年の婦人が自宅でエレベータに乗ったところ、故障で中に閉じ込められてしまった。それをいいことに、屋敷に浮浪者たちが上がり込み部屋を荒らす……。

    サスペンス

    ネット上の声

    なんでこんなに治安の悪い所に豪邸を?
    現代人の無関心と孤独
    良識の消えた家
    オリビア・D・ハビランドの熱演が光る
    製作年:1964
    製作国:アメリカ
    監督:ウォルター・E・グローマン
    主演:オリヴィア・デ・ハヴィランド
    43
  44. 黒い画集 第二話 寒流

    黒い画集 第二話 寒流
    評価:C3.49
    池部良、新珠三千代、丹波哲郎ら豪華スターが競演した清張ミステリー。支店長に昇進した銀行マンの沖野は、得意先の料亭の女将・奈美と恋仲になる。ところが、沖野の上司である常務の桑山も彼女に惚れてしまい、沖野は左遷されてしまう。

    サスペンス

    ネット上の声

    テンポよく、ストーリーが展開されるけど …
    悪が勝つというほどの悪でもない
    意図した薄情?
    製作年:1961
    製作国:日本
    監督:鈴木英夫
    主演:池部良
    44
  45. 駆逐艦ベッドフォード作戦

    駆逐艦ベッドフォード作戦
    評価:C3.49
     駆逐艦ベッドフォードは、グリーンランド海域を対潜哨戒していた。そのレーダーにソ連の潜水艦が引っかかる。

    サスペンス、戦争

    ネット上の声

    実際の戦争開始もこんな感じかな
    冷戦当時の怖さ、今は昔?
    ケアレスミスが起きるまで
    リチャードウィドマーク・・・すげぇ〜
    製作年:1965
    製作国:アメリカ
    監督:ジェームズ・B・ハリス
    主演:リチャード・ウィドマーク
    45
  46. 鳥
    評価:C3.48
    鳥が人間を嫌い、食いちぎるという残酷な恐怖ドラマ。原作は女流作家ダフネ・デュ・モーリアの「鳥」であり、それを「逢うときはいつも他人」のエヴァン・ハンターが脚色した。監督は「ロープ」のアルフレッド・ヒッチコック、撮影は「結婚泥棒」のロバート・バークス、特殊撮影はアブ・アイワークス、音楽はレミ・ガスマンとオスカー・サラの2人。出演者は「海賊魂」のロッド・テイラー、「40ポンドのトラブル」のスザンヌ・プレシェット、「青年」のジェシカ・タンディ、チャールズ・マグロー、新人女優ティッピー・ヘドレンなど。製作は前記ヒッチコック。

    サスペンス、トラウマになる

    ネット上の声

    カモメやらカラスが大挙 押し寄せてきます。
    とにかく怖い、ただ怖い。一度はどうぞ。
    ザ・ガール ヒッチコックに囚われた女
    自分より弱く小さいものに襲われる恐怖
    製作年:1963
    製作国:アメリカ
    監督:アルフレッド・ヒッチコック
    主演:ティッピー・ヘドレン
    46
  47. パリは燃えているか

    パリは燃えているか
    評価:C3.45
    ラリー・コリンズとドミニク・ラピエールの原作を、ゴア・ヴィダルとフランシス・フォード・コッポラが共同脚色、フランス語追加台詞をマルセル・ムーシー、ドイツ語追加台詞をグレーテ・フォン・モローが担当、ルネ・クレマンが監督したパリ解放の2週間を描いた大戦裏話。撮影は「悪徳の栄え」のマルセル・グリニョン、音楽は「ドクトル・ジバゴ」のモーリス・ジャールが担当した。なおサウンドはウィリアム・R・サイベル、第2班監督はアンドレ・スマッジ、第2班撮影監督はジャン・ツールニェ、装置・美術はウィリー・ホルト、セットはロジャー・ボルパー、衣裳はジャン・ゼイ、編集はロバート・ローレンス、特殊効果はロバート・マクドナ…

    アクション、サスペンス

    ネット上の声

    パリの音を聴けっ!
    パリ解放の一部始終
    忠実なる戦争映画
    超大作
    製作年:1966
    製作国:フランス/アメリカ
    監督:ルネ・クレマン
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    47
  48. 日曜日には鼠を殺せ

    日曜日には鼠を殺せ
    評価:C3.45
    エメリック・プレスバーガーの同名小説を「酒とバラの日々」のJP・ミラーが脚色、「尼僧物語」のフレッド・ジンネマンが製作・演出したレジスタンスの活劇ドラマ。撮影はジャン・バダル、音楽は「アラビアのロレンス」のモーリス・ジャールが担当した。出演は、「アラバマ物語」のグレゴリー・ペック、「アラビアのロレンス」のアンソニー・クイン、「ローマ帝国の滅亡」のオマー・シャリフ、「橋からの眺め」のレイモン・ペルグラン、「山猫」のパオロ・ストッパ、ミルドレッド・ダンノック、ダニエラ・ロッカなど。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    政治性より人間性を重視したジンネマン作品
    ジンネマンらしく娯楽性には乏しい・・・
    題名は黙示録からの引用とのこと
    知られざるサスペンスの最高峰
    製作年:1964
    製作国:アメリカ
    監督:フレッド・ジンネマン
    主演:グレゴリー・ペック
    48
  49. 陸軍中野学校 竜三号指令

    陸軍中野学校 竜三号指令
    評価:C3.44
     「陸軍中野学校」シリーズ第三作。上海を舞台に、和平交渉団の情報を漏らした敵スパイと対決する。

    サスペンス
    製作年:1967
    製作国:日本
    監督:田中徳三
    主演:市川雷蔵
    49
  50. 血を吸うカメラ

    血を吸うカメラ
    評価:C3.44
    怪奇映画風の構成をもった異常心理ドラマ。レオ・マークのシナリオを「将軍月光に消ゆ」のマイケル・パウエルが監督した。撮影に当ったのはオットー・ヘラー。音楽を担当したのはブライアン・イースデル。出演しているのはドイツ映画界出の新人カール・ベーム、「ブラック・タイツ」のモイラ・シアラー、アンナ・マッシー、「ハバナの男」のマクシーヌ・オードリー、エズモンド・ナイト、バートレット・マリンなど。

    サスペンス、ホラー、異常愛

    ネット上の声

    ホラー・スリラーの原点
    これでキャリアを失った監督
    製作年:1960
    製作国:イギリス
    監督:マイケル・パウエル
    主演:カール=ハインツ・ベーム
    50

スポンサードリンク