全5作品。犯罪映画ランキング

  1. 紙の月

    紙の月
    評価:A3.90
    東京国際映画祭(2014年・観客賞)銀行勤めの平凡な主婦が引き起こした大金横領事件のてん末を描いた、『八日目の蝉』の原作などで知られる直木賞作家・角田光代の長編小説を映画化。まっとうな人生を歩んでいた主婦が若い男性との出会いをきっかけに運命を狂わせ、矛盾と葛藤を抱えながら犯罪に手を染めていく。

    サスペンス、犯罪、不倫

    ネット上の声

    セクハラジジイとクズ孫、そしてそのクズ孫に貢ぎ続ける主人公は盗癖女...
    大金で手に入れようとしたものとは?
    事実は、小説よりも映画よりも奇也。
    原作未読。ドラマ版未見。
    製作年:2014
    製作国:日本
    監督:吉田大八
    1
  2. さらば友よ

    さらば友よ
    評価:B3.75
    チャールズ・ブロンソンの出世作となった傑作 A・ドロンとC・ブロンソンの共演による犯罪ドラマで、ブロンソン人気に火をつけた作品。アルジェリアの外人部隊から帰還した軍医ドロンは、広告会社に勤める女ジョルジュ=ピコから奇妙な依頼を受ける。

    アクション、サスペンス、犯罪

    ネット上の声

    アラン・ドロン&チャールズ・ブロンソン!
    イエ〜イ!ダーバンとマンダムの渋い友情!
    有名なラストシーンは流石に格好いいですね!
    すべてはラストシーンのために・・・。
    製作年:1968
    製作国:フランス
    監督:ジャン・エルマン
    主演:アラン・ドロン
    2
  3. ローガン・ラッキー

    ローガン・ラッキー
    評価:C3.48
    『トラフィック』や『オーシャンズ』シリーズなどのスティーヴン・ソダーバーグ監督がメガホンを取ったクライムムービー。カーレース「NASCAR」の売上金強奪をもくろむ兄弟と爆破のプロフェッショナルの姿を追う。

    アクション、コメディ、犯罪

    ネット上の声

    オーシャンズ11カントリーバージョン
    軽い・・・米国的映画。
    Take Me Home、Country Roads♪
    ゆるさを楽しむ。
    製作年:2017
    製作国:アメリカ
    監督:スティーヴン・ソダーバーグ
    主演:チャニング・テイタム
    3
  4. 真夜中のピアニスト

    真夜中のピアニスト
    評価:C3.36
    トム(ロマン・デュリス)は父(ニール・アルストラップ)の跡を継ぎ、不動産の裏ブローカーになった。だが彼の本当の夢はピアニストになること。ある日昔の恩師に再会し、彼のピアノへの情熱が再び甦る。

    ヒューマンドラマ、犯罪

    ネット上の声

    う~~ん!ラストが微妙に?もう一息かな?
    「さすがフランス映画」って終わり方です
    彼は父を捨てられなかったのか
    無理だよー
    製作年:2005
    製作国:フランス
    監督:ジャック・オーディアール
    主演:ロマン・デュリス
    4
  5. ラスト・ターゲット

    ラスト・ターゲット
    評価:D2.96
    マーティン・ブース原作の「暗闇の蝶」を、写真家で『コントロール』などで監督も務めたアントン・コルベインが映画化。長年孤高の暗殺者とし裏街道を歩いて来た男が、引退を決意して臨んだ仕事に張り巡らされた恐るべきわなをサスペンスフルに映し出す。

    アクション、サスペンス、犯罪、スナイパー

    ネット上の声

    結局‥映画をズタボロにするのは‥いつも日本側配給会社‥
    謎で始まり、謎を明かさず終わる(苦笑)
    短調のクラシックを聴いてるような映画
    だって、寂しかったんだもん・・・。
    製作年:2010
    製作国:アメリカ
    監督:アントン・コルベイン
    主演:ジョージ・クルーニー
    5

スポンサードリンク