全12作品。殺し屋映画ランキング

  1. レオン

    レオン
    評価:S4.36
     「ニキータ」のリュック・ベッソンが初めてアメリカで製作したバイオレンス・アクション。ニューヨークを舞台に、凄腕の殺し屋レオンと12歳の少女マチルダの純愛と戦いを描く。

    アクション、殺し屋

    ネット上の声

    主題歌が流れるラストシーンは最高です!
    ベッソンが聖林で撮った初めての作品
    俺が守るべき最愛の人…マチルダ
    好きなシーンたくさんあるけど
    製作年:1994
    製作国:フランス/アメリカ
    監督:リュック・ベッソン
    主演:ジャン・レノ
    1
  2. キス★キス★バン★バン

    キス★キス★バン★バン
    評価:A4.00
    ハードボイルドな元殺し屋の心温まるギャング映画殺し屋フィリックスは組織に引退を宣言。が、父親の老人ホームの家賃を払うため、密輸業者の過保護息子で、33歳になるのに子供部屋を出たことがないババの子守りをすることに。一方、フィリックスの引退を許さない組織は、彼の弟子ジミーに彼の殺害を命じる。監督スチュワート・サッグはこれが2作目の英国の新鋭。音楽はモニカ・ビッティ主演のスパイ映画「唇からナイフ」(66)のジョン・ダンクワースが担当するなど60年代趣味が満載。

    コメディ、ヤクザ・ギャング、殺し屋

    ネット上の声

    ハートフルでスタイリッシュな殺し屋映画!
    老いぼれ殺し屋deのほほんハードボイルド
    ウィスキーはストレート、そして男は
    ルパンの初期作品に似た雰囲気
    製作年:2000
    製作国:イギリス
    監督:スチュワート・サッグ
    主演:ステラン・スカルスガルド
    2
  3. ある殺し屋

    ある殺し屋
    評価:B3.68
    藤原審爾の原作『前夜』を、「赤い天使」の増村保造と、「大捜査網」の石松愛弘が共同で脚色し、「あの試走車を狙え」の森一生が監督したサスペンスドラマ。撮影は「小さい逃亡者」の宮川一夫。主な出演者は「陸軍中野学校」の市川雷蔵、「クレージー大作戦」の野川由美子、「出獄の盃」の成田三樹夫。

    アクション、サスペンス、殺し屋

    ネット上の声

    ひたすら雷蔵をカッコよく演出した映画。
    世界も魅了するであろう殺し屋映画
    市川雷蔵の存在感
    小林幸子が地味な衣裳で出演。
    製作年:1967
    製作国:日本
    監督:森一生
    主演:市川雷蔵
    3
  4. ジョン・ウィック

    ジョン・ウィック
    評価:C3.52
    『マトリックス』シリーズなどのキアヌ・リーヴスがすご腕の元ヒットマンを演じたアクション。ロシアン・マフィアに平穏な日々を壊された元暗殺者が、壮絶な復讐(ふくしゅう)に乗り出していく。

    アクション、殺し屋

    ネット上の声

    キアヌ
    もう2作目が公開されて久しいのに、ようやっと1作目を見る事が出来た...
    元殺し屋の華麗なる復讐~鮮やかなアクションと共にキアヌ完全復活!
    ハードボイルドというにはあまりにスタイリッシュ
    製作年:2014
    製作国:アメリカ,カナダ,中国
    監督:チャド・スタエルスキ
    主演:キアヌ・リーヴス
    4
  5. ヒットマンズ・レクイエム

    ヒットマンズ・レクイエム
    評価:C3.39
    ゴールデングローブ賞(2008年・主演男優賞)ベルギーの古都ブルージェを舞台に、殺し屋たちの駆け引きを皮肉やユーモアを織り交ぜながら描いたクライムドラマ。ロンドンでひと仕事を終えたばかりの新米殺し屋レイとベテラン殺し屋ケンは、ボスの命令でブルージェを訪れる。地元の女性クロエにひと目惚れしたレイは、彼女をデートに誘うことに成功。一方ケンは、ロンドンの仕事である失敗を犯したレイを抹殺するようボスから命令される。レイ役のコリン・ファレルがゴールデン・グローブ主演男優賞を受賞。

    アクション、コメディ、殺し屋

    ネット上の声

    セリフ秀逸俳優最強の個性派不思議コメディ
    ベルギーのおとぎ話の街、ブルージュ
    白鳥が合わない奴なんているのか?
    へっこみ(^^)
    製作年:2008
    製作国:イギリス/アメリカ
    監督:マーティン・マクドナー
    主演:コリン・ファレル
    5
  6. メカニック:ワールドミッション

    メカニック:ワールドミッション
    評価:C3.36
    ジェイソン・ステイサムがすご腕の暗殺者ビショップを演じたアクション『メカニック』の続編。殺しの世界から去った彼が、兄弟子によって武器商人暗殺計画へと引きずり込まれる。

    アクション、殺し屋
    製作年:2016
    製作国:アメリカ
    監督:デニス・ガンゼル
    主演:ジェイソン・ステイサム
    6
  7. ある殺し屋の鍵

    ある殺し屋の鍵
    評価:C3.30
    藤原審爾の原作『消される男』(弥生書房刊)を、「痴人の愛(1967)」の増村保造が構成、「処女が見た」の小滝光郎が脚色した。監督は「若親分兇状旅」の森一生で、「ある殺し屋」の続編。撮影は「座頭市牢破り」の宮川一夫。

    アクション、サスペンス、殺し屋

    ネット上の声

    前作ほどでは
    「鍵」を落とした殺し屋に皮肉な結末が…。
    作り手はもっと頑張れたはず
    雷蔵の魅力があふれる映像
    製作年:1967
    製作国:日本
    監督:森一生
    主演:市川雷蔵
    7
  8. KIRI-「職業・殺し屋。」外伝-

    KIRI-「職業・殺し屋。」外伝-
    評価:C3.29
    出演:釈由美子、久保田悠来 他。『スカイハイ』シリーズなどの釈由美子を主演に迎え、西川秀明の人気コミック「職業・殺し屋。」を基に描くバイオレンスアクション。

    アクション、殺し屋

    ネット上の声

    釈由美子の抜群のスタイルでのアクションと憂の表情を存分に味わえた。...
    文音ちゃんを観たくて。
    ヘモグロビン量多し
    セクシー♡
    製作年:2015
    製作国:日本
    監督:坂本浩一
    主演:釈由美子
    8
  9. LOOPER/ルーパー

    LOOPER/ルーパー
    評価:D3.21
    タイムマシンで送られてきた人物を消すことを生業とするすご腕の殺し屋が、殺しのターゲットとして転送された未来の自分とのスリリングな追跡劇を繰り広げるSFアクション。『インセプション』のジョセフ・ゴードン=レヴィットと『ダイ・ハード』『エクスペンダブルズ』シリーズのブルース・ウィリスが、それぞれ主人公の現在と30年後を演じる。

    SF、殺し屋、タイムトラベル

    ネット上の声

    俺はお前を殺せるが、お前は俺を殺せない。
    シンプルな話だけに役者の力が試されます
    もっと面白くできるはず
    とっても玄人好みの秀作
    製作年:2012
    製作国:アメリカ
    監督:ライアン・ジョンソン
    主演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット
    9
  10. アドレナリン

    アドレナリン
    評価:D3.19
    体内のアドレナリンが減ると即死するという毒を盛られた、腕利きのスナイパーの奮闘を追ったノンストップ・アクション映画。タフガイが生き残るためにロスの街を奔走する姿をコミカルに描く。

    アクション、スナイパー、殺し屋

    ネット上の声

    暴走ステイサム、トンデモ設定が最高でした
    頭からっぽ、ハイテンションでどうぞ。
    (*´∇`ノシ゚+。どんだけえぇぇ゚。+
    今年1発目のレビューだす。
    製作年:2006
    製作国:アメリカ/イギリス
    監督:ネヴェルダイン
    主演:ジェイソン・ステイサム
    10
  11. 殺し屋1

    殺し屋1
    評価:D2.99
    原作は山本英夫による全10巻の人気長編コミック。浅野忠信の垣原役ほか原作と同じキャラを、映画監督でもある塚本晋也、SABU、松尾スズキら個性派キャストが演じて映画化。監督は新作ラッシュが続く三池崇史。舞台は新宿歌舞伎町。全身金髪、顔中キズだらけの、暴力に魅せられたヤクザ・垣原と、彼の率いる組を壊滅しようとする謎の男・ジジイ、そしてジジイが操る泣き虫の殺し屋・殺し屋1の熾烈な戦いが繰り広げられる。

    アクション、殺し屋

    ネット上の声

    内臓どばっ!血はぶしゅー。脳みそぐちゃ。な作品。
    エイリアン3に学ぶべきところは・・・
    拷問に次ぐ拷問の挙句に輪切りな映画
    大森と原作イチ、シンクロ率400%超え
    製作年:2001
    製作国:日本/香港/韓国
    監督:三池崇史
    主演:浅野忠信
    11
  12. ザ・ボディガード

    ザ・ボディガード
    評価:D2.86
    標的の少女を守る殺し屋が、壮絶な死闘を繰り広げるクライムアクション。組織を裏切り追われる身となった主人公を『アバター』などのサム・ワーシントンが演じ、スタントなしで迫力のアクションを披露する。

    アクション、殺し屋

    ネット上の声

    日本語タイトルダサすぎませんか?
    細かいことは言わない
    想像通り
    なかなか
    製作年:2017
    製作国:アメリカ,スペイン,ドイツ
    監督:ジョナサン・モストウ
    主演:サム・ワーシントン
    12

スポンサードリンク