全50作品。1970年代のサスペンス映画ランキング

  1. ドリラー・キラー

    ドリラー・キラー
    評価:S4.33
     「スネーク・アイズ」や「バッド・ルーテナント」で、今や現代ニューヨーク派の代表格となったA・フェラーラの初期作品で、マンハッタンを舞台に繰り広げられる殺人模様を描いたスプラッター・ホラー。売れない画家で堕落した生活を送っている主人公の男は、ホラー本に没頭するうちに現実ともつかぬ狂気の世界にのめり込んでゆき、やがてドリル片手に猟奇的殺人を繰り返すようになる……。

    サスペンス、ホラー

    ネット上の声

    素晴らしい!
    電動ドリル連続殺人事件
    製作年:1979
    製作国:アメリカ
    監督:アベル・フェラーラ
    主演:キャロリン・マーズ
    1
  2. 太陽を盗んだ男

    太陽を盗んだ男
    評価:A4.09
     原爆をつくり上げた中学教師が、国家を相手に理不尽な要求を突きつけていく痛快犯罪サスペンス。中学校の理科教師、城戸誠。

    アクション、サスペンス

    ネット上の声

    こんな映画はもう見れないですよね 被曝の症状は目を覆いたくなります...
    人を食うような圧巻作☆まさに日本映画の宝
    反逆精神に権力が敗北する最高の反逆映画。
    痛快と表現するのは不適切だと思います。
    製作年:1979
    製作国:日本
    監督:長谷川和彦
    主演:沢田研二
    2
  3. 男と女の詩

    男と女の詩
    評価:A4.06
     陽光眩いリビエラで、脱獄囚が高級宝石強奪を企てる。ところが、決行直前、店の近くのアンティーク・ショップの女主人を見初め、不本意にもしくじって逮捕されてしまう男シモン。

    アクション、サスペンス

    ネット上の声

    映像手法&カメラワークが(*`д´)b Good
    ルルーシュの男と女のノワール
    男同士の友情と男女の愛情
    思い出の作品!
    製作年:1973
    製作国:フランス
    監督:クロード・ルルーシュ
    主演:リノ・ヴァンチュラ
    3
  4. 恐怖の報酬

    恐怖の報酬
    評価:A4.05
     映画史に残る同名傑作作品のリメイク。ポルベニールから300キロほど離れた山の上の油田で突然、爆発事故が起こった。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    【フリードキン臭】に満ちた鬼気迫る傑作!
    南米の密林が監督の人生すらも蝕んでいく…
    ウィリアム・フリードキン唯一にして最高作
    オリジナルも見たくなる
    製作年:1977
    製作国:アメリカ
    監督:ウィリアム・フリードキン
    主演:ロイ・シャイダー
    4
  5. 砂の器

    砂の器
    評価:A4.02
     ある日、国鉄蒲田操車場構内で扼殺死体が発見された。被害者の身許が分らず、捜査は難航した。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    壮絶な“宿命”に心が震える、色褪せない珠玉の人間ドラマ
    壮絶な人生、哀切の旋律に心揺さぶられる
    私の解釈は・・・(三木巡査について)
    その曲の前で俺はパブロフの犬になる
    製作年:1974
    製作国:日本
    監督:野村芳太郎
    主演:丹波哲郎
    5
  6. 赤ちゃんよ永遠に

    赤ちゃんよ永遠に
    評価:A3.94
     環境汚染と食糧危機が世界を覆い、人口増加を食い止めるべく出産禁止令が出された近未来の社会。身代りとして供給されるロボット赤ちゃんにカムフラージュして、実子を生み育てる一組の夫婦を描いたSF作品。

    サスペンス、SF

    ネット上の声

    妙に現実的なのが恐ろしい異色のSF映画
    古典の秀作
    他にないSF
    トラウマになりました!
    製作年:1972
    製作国:イギリス/アメリカ
    監督:マイケル・キャンパス
    主演:オリヴァー・リード
    6
  7. 犬神家の一族

    犬神家の一族
    評価:A3.93
    名探偵金田一耕肋を主人公にした横溝正史の同名小説の映画化で、湖畔にそびえる犬神邸に次々と発生する怪奇な連続殺人事件に挑む金田一耕肋の活躍を描く。脚本は「反逆の旅」の長田紀生と日高真也、市川崑の共同、監督は「妻と女の間」の市川崑、撮影は同じ「妻と女の間」の長谷川清がそれぞれ担当。

    サスペンス

    ネット上の声

    あの人のこと、忘れられない
    日本ミステリー映画の金字塔
    愛される探偵
    同じ監督、同じ金田一でリメイクって…悪夢になりそうな予感。
    製作年:1976
    製作国:日本
    監督:市川崑
    主演:石坂浩二
    7
  8. ファール・プレイ

    ファール・プレイ
    評価:A3.91
     図書館勤めの女性グロリアが知り合った男が、“ドワーフに気をつけろ”という言葉を残して殺害される。以来、彼女の身辺には、白色症の男がつきまとい始める。

    サスペンス、コメディ
    製作年:1978
    製作国:アメリカ
    監督:コリン・ヒギンズ
    主演:ゴールディ・ホーン
    8
  9. チャイナ・シンドローム

    チャイナ・シンドローム
    評価:A3.89
     原発を取材中のTVキャスターとそのクルーは偶然、事故の現場に立ち会うが、上からの圧力によってそのニュースはNGとなる。そして調査の後、運転を再開した発電所ではひとりの技師が原発の欠陥を発見していた。

    サスペンス

    ネット上の声

    フロリダ州、大規模停電発生、原発緊急停止
    保身する人&踏みとどまる人&闘う人
    はっきり言って 非常に危険です
    サマータイムブルース
    製作年:1979
    製作国:アメリカ
    監督:ジェームズ・ブリッジス
    主演:ジェーン・フォンダ
    9
  10. 激突!

    激突!
    評価:A3.87
     ごく普通の男が車で走行中ただ追い越したことだけをきっかけに、殺意に満ちた見知らぬ大型タンク・ローリーに追いかけ回されるさまをスリリングに描いたサスペンス。

    アクション、サスペンス

    ネット上の声

    その衝撃はまさに‘’激突”
    スピルバーグさん、こういうのお願いします
    タンクローリーが生き物のように見えた。
    ”歴史”として一度は観ておいて損はない
    製作年:1971
    製作国:アメリカ
    監督:スティーヴン・スピルバーグ
    主演:デニス・ウィーヴァー
    10
  11. 悪魔の手毬唄

    悪魔の手毬唄
    評価:A3.82
    古い因習と二大勢力、仁礼家と由良家の対立する鬼首村に次々と怪奇な連続殺人事件が突発するという横溝正史の同名小説の映画化。脚本は久里子亭、監督は「犬神家の一族」の市川崑、撮影も同作の長谷川清がそれぞれ担当。

    サスペンス

    ネット上の声

    市川+石坂版では、最高傑作と言われる
    「いぶし銀」を味わってつかあさい。
    「越しショット」多用の効果
    やっぱ良い。くだらないテレビドラマ化反対
    製作年:1977
    製作国:日本
    監督:市川崑
    主演:石坂浩二
    11
  12. ジャッカルの日

    ジャッカルの日
    評価:A3.82
     ドゴール大統領暗殺をもくろむ“ジャッカル”という名の男を描いたフレデリック・フォーサイスの同名ベストセラー小説の映画化。暗殺に向けて用意周到に行われる準備とパリ警察の地道な捜査をリアリティたっぷりなディティールで克明に描いた社会派サスペンスの一級品。

    サスペンス、テロリストとの死闘を描いた

    ネット上の声

    ジャッカルの呼び鈴
    暗殺者・警察共に感情を抑えていてプロっぽい、地味だけど面白い
    ゴルゴに依頼してたら…って、この頃はいないか
    「し」のつく元気になった洋画2
    製作年:1973
    製作国:イギリス/フランス
    監督:フレッド・ジンネマン
    主演:エドワード・フォックス
    12
  13. パワープレイ

    パワープレイ
    評価:A3.81
     大臣誘拐事件を機に、テロリスト一掃命令を下す大統領。だが、怪しき者は逮捕せよ、という秘密警察長官の方針は、次々と無関係の犠牲者を出していた。

    サスペンス

    ネット上の声

    クーデター成功の秘訣は・・・
    最後に権力を握るのは誰か
    ハラハラするぜ!
    クーデター
    製作年:1978
    製作国:イギリス/カナダ
    監督:マーティン・バーク
    主演:ピーター・オトゥール
    13
  14. 恐怖の報酬【オリジナル完全版】

    恐怖の報酬【オリジナル完全版】
    評価:B3.80
    『エクソシスト』などのウィリアム・フリードキンが、アンリ=ジョルジュ・クルーゾーが監督を務めたサスペンスをリメイクした作品の完全版。ニトログリセリンを積んだトラックに乗る男たちに待ち受ける運命を映す。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    40年を経て完全版との出会いに歓喜
    手元に置いておきたい傑作
    足が突っ張ってしまう感
    大変そうだなあ、、、
    製作年:1977
    製作国:アメリカ
    監督:ウィリアム・フリードキン
    主演:ロイ・シャイダー
    14
  15. アルカトラズからの脱出

    アルカトラズからの脱出
    評価:B3.77
     1960年、厳格な所長のもと、水も漏らさぬ警備態勢がとられていたアルカトラズ島の刑務所に各州の刑務所で脱獄を繰り返したフランクが送り込まれる。凶悪な囚人を敵に回し、命を狙われながらも、大胆不敵な知能犯フランクは意気投合した仲間とともに脱獄計画を進めていった! 不可能と謳われたアルカトラズからの脱走事件、その実録小説を映画化。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、実話、刑務所、脱出

    ネット上の声

    ”男”イーストウッドを満喫してください!
    ショーシャンク+プリズンズレイク
    あ!オレ!口笛ふけないんだった!
    アルカトラズの食事
    製作年:1979
    製作国:アメリカ
    監督:ドン・シーゲル
    主演:クリント・イーストウッド
    15
  16. ハネムーン・キラーズ

    ハネムーン・キラーズ
    評価:B3.77
    実際に起こった連続殺人事件を元に、文通相手の結婚詐欺師と共に悪事を重ねて行く看護婦を描く犯罪ドラマ。監督・脚本は今作が唯一の監督作となったレナード・カッスル。出演はシャーリー・ストーラー、トニー・ロー・ビアンコ。公開当時はほとんど無視されていたが、トリュフォーやデュラスらの絶賛により一部に熱狂的ファンを生んだカルト作。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    早くこの作品の事を忘れてしまいたい。
    これも事実に基づいた映画なんだ!
    発掘良品を観る #408
    偶然が生んだ秀作
    製作年:1970
    製作国:アメリカ
    監督:レナード・カッスル
    主演:シャーリー・ストーラー
    16
  17. 新幹線大爆破

    新幹線大爆破
    評価:B3.73
     新幹線の乗客を人質にとった爆弾脅迫事件が発生した。爆弾は走行中の新幹線に仕掛けられており、列車の速度が時速80キロ以下になると爆発するという。

    サスペンス、テロリストとの死闘を描いた

    ネット上の声

    都合よく都合の悪い事が起き過ぎ
    幻の名作として消えかかった作品
    70年代パニック映画祭り?
    新幹線に何を載せる?
    製作年:1975
    製作国:日本
    監督:佐藤純彌
    主演:高倉健
    17
  18. ジェラシー

    ジェラシー
    評価:B3.73
     ウィーン派の画家クリムトの装飾的な絵や、シーレのぎすぎすした剥き出しの官能の絵が大胆にフィーチャーされ、このトリッキーな恋愛ミステリーの鋳型となっている。製作は「シェルタリング・スカイ」などのJ・トーマス。

    サスペンス

    ネット上の声

    終盤にどんな映画かわかる
    いつでも男女はスパイ同士
    喉の傷。
    クリムトの絵にトム・ウェイツの音楽が
    製作年:1979
    製作国:イギリス
    監督:ニコラス・ローグ
    主演:アーサー・ガーファンクル
    18
  19. 薔薇のスタビスキー

    薔薇のスタビスキー
    評価:B3.73
    ニューヨーク映画批評家協会賞(1974年) 30年代初頭のフランス。実業家スタビスキーは、サギまがいの行為で大金を稼いでいた。

    ヒューマンドラマ、アクション、サスペンス、ヤクザ・ギャング

    ネット上の声

    ジェラール・ドパルデュー映画出演二作目
    山田康雄の吹替えが良く似合う。
    人生は芝居のように
    国外へ逃亡
    製作年:1973
    製作国:フランス
    監督:アラン・レネ
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    19
  20. 狼たちの午後

    狼たちの午後
    評価:B3.71
    アカデミー賞(1976年・脚本賞) 無計画に銀行を襲った結果、篭城せざるを得なくなった二人の強盗。警官隊に包囲される中、やがて強盗と人質の間に奇妙な連帯感が芽生え始める。

    サスペンス、実話

    ネット上の声

    銀行強盗を題材とした社会派ドラマの傑作
    異質なものを排除しようとする社会
    アル=パチーノ氏の一人舞台
    狼たちに朝はなかった・・・
    製作年:1975
    製作国:アメリカ
    監督:シドニー・ルメット
    主演:アル・パチーノ
    20
  21. ウィッカーマン

    ウィッカーマン
    評価:B3.71


    サスペンス
    製作年:1973
    製作国:イギリス
    監督:ロビン・ハーディ
    主演:エドワード・ウッドワード
    21
  22. カプリコン・1

    カプリコン・1
    評価:B3.70
     初の有人火星探査船カプリコン1に打ち上げ直前トラブルが発生、3人の飛行士は国家的プロジェクトを失敗に終らせないため、無人のまま打ち上げられたロケットをよそに地上のスタジオで宇宙飛行の芝居を打つ事になる……。NASAが仕組んだ巨大な陰謀談を、ジャンルの選択が難しいほどにありとあらゆる要素を叩き込んで造り上げられた極上のエンタテインメント。

    サスペンス

    ネット上の声

    アポロ11号の歴史的映像、原本が行方不明
    ツタヤの「発掘良品」は微妙に面白くない
    テーマ曲が耳から離れない!
    SFのジャンルにいれなかったDMM偉い(笑)
    製作年:1977
    製作国:アメリカ/イギリス
    監督:ピーター・ハイアムズ
    主演:エリオット・グールド
    22
  23. 黄金の指

    黄金の指
    評価:B3.69
     分業による集団スリを描いた小気味良い犯罪映画。やがて仲間割れが起きて行き、最後の大勝負に賭けるというストーリー展開はさして新味が無いが、本格的にスリの実態や行動を描いた面白さが充分にまかなっている。

    サスペンス

    ネット上の声

    余りに人間的魅力に溢れている掏摸達
    地味だけど良い作品
    ゴールデン・フィンガー 
    スケベ心を出すと…
    製作年:1973
    製作国:アメリカ
    監督:ブルース・ゲラー
    主演:ジェームズ・コバーン
    23
  24. 真夜中のパーティー

    真夜中のパーティー
    評価:B3.69
     ハロルドのバースデイ・パーティに集まった7人の男たち。彼らは皆、ホモ・セクシュアルの仲間だった。

    ヒューマンドラマ、アクション、サスペンス

    ネット上の声

    ゲイがいっぱい!
    不条理映画
    本音は味付け程度に。
    40年以上も前に作られたというのは驚異!
    製作年:1970
    製作国:アメリカ
    監督:ウィリアム・フリードキン
    主演:ケネス・ネルソン
    24
  25. 女囚さそり けもの部屋

    女囚さそり けもの部屋
    評価:B3.68
    “さそり”シリーズ第三作目。刑務所を脱走した女囚“さそり”が“けもの部屋=都会”に潜伏し、逃亡生活を送る姿を通じて、権力に対しての怨念を描く。原作は篠原とおるの劇画「さそり」。脚本は「女囚さそり 第41雑居房」の松田寛夫、監督も同作の伊藤俊也、撮影は「夜の歌謡シリーズ 女のみち」の清水政郎がそれぞれ担当。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    抑えに抑えて、そしてチラ見せの美学
    見所・オープニング
    カッケー!!
    内容!?
    製作年:1973
    製作国:日本
    監督:伊藤俊也
    主演:梶芽衣子
    25
  26. 高校大パニック

    高校大パニック
    評価:B3.68
     日ごろから不満が鬱積していた高校生のガンマニアの少年が、数学教師に問題が解けないことを罵倒されたことによりその不満が爆発! 銃砲店から猟銃を強奪し、校内に女子生徒を人質に立てこもってしまう。自主映画の雄として知られていた石井聰亙が、アマチュア時代に8mmで撮った同名のバイオレンス・アクションを、日活の製作で劇場用にリメイク。

    サスペンス、大阪が舞台

    ネット上の声

    当時は受験戦争は凄かったのですね
    疾走する夏の一日、ノイズの優しさ
    一人の高校生が不満と怒りが爆発!
    こんだけ暑いとこれしかない
    製作年:1978
    製作国:日本
    監督:石井聰亙
    主演:浅野温子
    26
  27. 雨の訪問者

    雨の訪問者
    評価:B3.66
    ゴールデン・グローブ賞(1970年)雨の降るある日、不気味な男が訪れ、ひとりの女が殺人事件にまきこまれて行く。製作は「さらば友よ」のセルジュ・シルベルマン、監督は「パリは燃えているか」のルネ・クレマン。脚本は、フランス推理小説界の第一人者である「シンデレラの罠」のジャン・セバスチャン・ジャプリゾのオリジナル。撮影はアンドレア・ヴァインディング、音楽は「白い恋人たち」のフランシス・レイ、編集はフランソワーズ・ジャヴェがそれぞれ担当。出演は「さらば友よ」のチャールズ・ブロンソン、「ある日アンヌは」のマルレーヌ・ジョベール、「野性の眼」のガブリエレ・テンティ、ジル・アイアランド、マーク・マッツァ、ジャン・ガヴァンなど。

    サスペンス、トラウマになる

    ネット上の声

    クルミが窓を割ってしまう日
    いい味のおフランス映画
    サスペンスファンタジー
    かっこいいブロンソン
    製作年:1970
    製作国:フランス
    監督:ルネ・クレマン
    主演:チャールズ・ブロンソン
    27
  28. チャイナタウン

    チャイナタウン
    評価:B3.60
    アカデミー賞(1975年・脚本賞)アメリカ西海岸最大の近代都市としての様相をととのえつつあった1930年代のロサンゼルスを舞台に、政治的陰謀に巻き込まれた私立探偵の活躍を描く。製作はロバート・エヴァンス、監督は「マクベス(1971)」のロマン・ポランスキー、脚本は74'年度のアカデミー脚本賞に輝くロバート・タウン、撮影はジョン・A・アロンゾ、音楽はジェリー・ゴールドスミスが各々担当。出演はジャック・ニコルソン、フェイ・ダナウェイ、ジョン・ヒューストン、ペリー・ロペス、ベリンダ・パーマーなど。日本語版監修は高瀬鎮夫。テクニカラー、パナビジョン。1974年作品。

    サスペンス、探偵

    ネット上の声

    犯罪の謎解きから突然家族模様の掘り下げへ急展開
    独特な退廃的質感が、やるせない余韻を醸す
    ミステリーとしては出来が悪い
    ロサンゼルス 1937年 
    製作年:1974
    製作国:アメリカ
    監督:ロマン・ポランスキー
    主演:ジャック・ニコルソン
    28
  29. マジック

    マジック
    評価:B3.60
     人形を使った腹話術で人気を博した元手品師のコーキーが、マネージャーの手をはなれ突然故郷へ帰ってしまう。彼はそこでかつての恋人である人妻ペギーと再会し愛を育むのだが、マネージャーはしつこくコーキーを追い回す。

    サスペンス

    ネット上の声

    ハンニバルレクターに通じる…
    ホプキンスの演技が見所☆3.0
    ある手品師の悩み
    内なる声
    製作年:1978
    製作国:アメリカ
    監督:リチャード・アッテンボロー
    主演:アンソニー・ホプキンス
    29
  30. ナイトビジター

    ナイトビジター
    評価:B3.60


    サスペンス

    ネット上の声

    極寒の地での恩讐の彼方(異色作)
    ベルイマン組の名優ふたり
    いやいや、気付くやろ?
    脱獄ものの異色作
    製作年:1970
    製作国:イギリス
    監督:ラズロ・ベネディク
    主演:マックス・フォン・シドー
    30
  31. あやつり糸の世界

    あやつり糸の世界
    評価:B3.60
    『リリー・マルレーン』や『マリア・ブラウンの結婚』でニュー・ジャーマン・シネマの旗手となった、ライナー・ヴェルナー・ファスビンダーによるSFサスペンス。未来社会の研究者が、現実世界とそれに相似した仮想世界の間で奇妙な出来事に遭遇する姿を中心に、前後編に分けて描く。

    サスペンス、SF

    ネット上の声

    時代を先取りした実存主義的SF映画
    時代を先取りした実存主義的SF映画
      SFサスペンスラブストーリー♥
    真実の曖昧な世界の中で
    製作年:1973
    製作国:西ドイツ
    監督:ライナー・ヴェルナー・ファスビンダー
    主演:クラウス・レーヴィッチェ
    31
  32. サスペリアPART2

    サスペリアPART2
    評価:C3.59
     女予言者が殺されたのを手始めに連続殺人が発生。事件に巻き込まれたピアニストは謎の犯人像に迫るが……。

    サスペンス、トラウマになる

    ネット上の声

    あの童謡が何十年経っても耳から離れない・
    映画学習の素晴らしテキストだと思います。
    すごく期待していたのに・・・
    小学生の頃に観たトラウマ映画
    製作年:1975
    製作国:イタリア
    監督:ダリオ・アルジェント
    主演:デヴィッド・ヘミングス
    32
  33. 特攻サンダーボルト作戦

    特攻サンダーボルト作戦
    評価:C3.58
     '76年6月27日に起きた大量人質ハイジャック事件から、7月4日のエンテベ空港でのイスラエル軍特殊部隊による電撃救出作戦を克明に描いた大作。多数の登場人物を手際良く処理し、重厚な演出とドキュメンタリー・タッチで、アクション巨編としても見応えがある。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、戦争、実話、ハイジャック

    ネット上の声

    現代史に残る国際的事件
    荒削りだが面白い
    当時の政治情勢が垣間見えて面白い
    実話とブロンソンの魅力
    製作年:1976
    製作国:アメリカ
    監督:アーヴィン・カーシュナー
    主演:ピーター・フィンチ
    33
  34. 野良犬

    野良犬
    評価:C3.56
     黒澤明と菊島隆三によるオリジナル脚本を元に「藍より青く」の森崎東が監督したリメイク作品。オリジナルでは戦後社会に絶望した復員兵による事件として描かれたが、本作では都会の底辺で生きる沖縄の若者たちによる事件へとトレースされている。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    これがリメイクするという、意味なのだ
    製作年:1973
    製作国:日本
    監督:森崎東
    主演:渡哲也
    34
  35. カサンドラ・クロス

    カサンドラ・クロス
    評価:C3.56
     細菌を浴びた過激派がヨーロッパ大陸縦断列車へ逃れた。車内には伝染病が広まり、機密の漏洩を恐れた軍は秘密裏に列車をポーランドへ運び隔離しようとするが、その路線には老朽化したカサンドラ大鉄橋が横たわっていた……。

    アクション、サスペンス

    ネット上の声

    いい映画なのだが、多少の不満点あり。
    恥ずべき過去と憂うべき未来の物語
    不運な列車の行き着く先は・・・・
    こんなとこで列車止めるな!
    製作年:1976
    製作国:イタリア/イギリス
    監督:ジョルジ・パン・コスマトス
    主演:リチャード・ハリス
    35
  36. オリエント急行殺人事件

    オリエント急行殺人事件
    評価:C3.55
    アカデミー賞(1975年・助演女優賞)アガサ・クリスティの名作推理小説「オリエント急行の殺人」をオールスターキャストで映画化したミステリー。1935年、私立探偵エルキュール・ポアロは大陸横断列車オリエント急行に乗り、ロンドンを目指していたが、豪雪のため列車が立ち往生してしまう。そしてその夜、列車内でアメリカ人の富豪ラチェットが何者かに殺害されるという事件が発生。ポアロは乗客たちから事情を聴き、事件の調査を開始するが、やがて殺されたラチェット氏と5年前にアメリカで起こったある事件とのつながりが見え始め、意外な真相が明るみになる。第47回アカデミー賞ではイングリッド・バーグマンが助演女優賞を受賞したほか、主演男優賞、脚色賞など計6部…

    サスペンス

    ネット上の声

    絢爛豪華で本当に贅沢なミステリーの名作
    憎悪を載せた華麗なるオリエント急行
    上質ミステリー
    多数の名優を使って原作を再現していますが、結末が分かってるし、時間...
    製作年:1974
    製作国:イギリス
    監督:シドニー・ルメット
    主演:アルバート・フィニー
    36
  37. 赤い影

    赤い影
    評価:C3.54
     「レベッカ」「鳥」等ヒッチコック作品の原作でも知られるデュ・モーリア女史の小説をもとに、映像の魔術師ローグがオカルティックに描く、水の都ベニスを背景にした愛憎のミステリー。イギリスの考古学者ジョンは妻のローラと訪れたベニスで盲目の霊媒師と出会い、事故で失ったばかりの娘の溺死体の幻影を見る。

    サスペンス

    ネット上の声

    絆と愛の痕跡の在処(ある女性に捧ぐ…)
    せんのか〜ぜにのって〜♪
    映像が脳裏に焼きつく怖さ
    トラウマという陶酔感
    製作年:1973
    製作国:イギリス/イタリア
    監督:ニコラス・ローグ
    主演:ドナルド・サザーランド
    37
  38. ブルークリスマス

    ブルークリスマス
    評価:C3.54
     UFOを目撃した人間の血が青くなる。青い血を持った人間を迫害、秘密裏に“処理”しようとする体制の恐怖を、政府の極秘計画の謎を追うテレビ局員と青い血の恋人を持った特殊部隊員の行動を通して描いた力作。

    サスペンス、SF、クリスマス

    ネット上の声

    岡本喜八監督+倉本聰脚本=ブルーなSF
    げに恐ろしきは人間の謀略よ・・・
    珍品SF映画であることは認めるが…
    TVで放映出来ないだろうな
    製作年:1978
    製作国:日本
    監督:岡本喜八
    主演:勝野洋
    38
  39. 女囚さそり 第41雑居房

    女囚さそり 第41雑居房
    評価:C3.53


    サスペンス、刑務所、脱出、逃亡劇
    製作年:1972
    製作国:日本
    監督:伊藤俊也
    主演:梶芽衣子
    39
  40. 病院坂の首縊りの家

    病院坂の首縊りの家
    評価:C3.52
     シリーズ第5弾で石坂・金田一の最終作。写真館で出会った娘の元を訪れた金田一は、その“病院坂の首縊りの家”で繰り広げられている惨劇に出会う……。

    サスペンス

    ネット上の声

    シリーズ5作品の中で、最も不評!
    あおい輝彦の生首だけが思い浮かぶ
    タイトルからして不気味な雰囲気
    春の夜更けに一人思うこと
    製作年:1979
    製作国:日本
    監督:市川崑
    主演:石坂浩二
    40
  41. 蘇える金狼

    蘇える金狼
    評価:C3.52
    昼間は平凡なサラリーマンを装いながらも、夜になると、身体を鍛え巨大資本乗っ取りを企む男の姿を描く。大藪春彦の同名の小説の映画化で、脚本は「肉の標的・奪う!」の永原秀一、監督は「白昼の死角」の村川透、撮影も同作の仙元誠三がそれぞれ担当

    サスペンス

    ネット上の声

    そもそも何より、これは“面白い映画”
    松田優作の魅力全開の映画☆3つ
    松田優作生誕60年で再公開
    風吹ジュンが脱いでます
    製作年:1979
    製作国:日本
    監督:村川透
    主演:松田優作
    41
  42. ブラジルから来た少年

    ブラジルから来た少年
    評価:C3.52
    ナチス復興とクローン人間計画の恐怖を描いたアイラ・レビンの傑作サスペンス小説を「猿の惑星」「パピヨン」のフランクリン・J・シャフナー監督が映画化。アウシュビッツ収容所で死の天使と恐れられた遺伝学者ジョセフ・メンゲレ。彼は各地に潜伏中のナチス残党とともに、65歳の公務員94人を殺害するという奇妙な計画を企てる。ナチス残党を追跡していたリーバーマンは、この事件を追う内に彼らの恐るべき本当の狙いを知る。

    サスペンス

    ネット上の声

    アンソニー・パーキンスよりサイコな少年。
    グレゴーリー・ペック等名優達の競演が見所
    あんなにドーベルマン飼ってどうするの?
    怖かった。考えるとまた怖い。
    製作年:1978
    製作国:イギリス
    監督:フランクリン・J・シャフナー
    主演:グレゴリー・ペック
    42
  43. 女囚701号 さそり

    女囚701号 さそり
    評価:C3.52


    サスペンス、刑務所、暴動
    製作年:1972
    製作国:日本
    監督:伊藤俊也
    主演:梶芽衣子
    43
  44. ハッスル

    ハッスル
    評価:C3.51


    サスペンス
    製作年:1975
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・アルドリッチ
    主演:バート・レイノルズ
    44
  45. 地球爆破作戦

    地球爆破作戦
    評価:C3.50
    人間が作り出した機械が謀叛を起こし、逆に人間を支配するというSF恐怖映画。製作はスタンリー・チェイス、監督をジョセフ・サージェント、D・F・ジョーンズの原作をジェームズ・ブリッジスが脚色し、撮影はジーンポリト、音楽はミシェル・コロンビエ、美術をアレクサンダー・ゴリッツェン、セットをジョン・マッカーシーなどがそれぞれ担当。出演は新人のエリック・ブリーデン、「夕陽に向かって走れ」のスーザン・クラーク。その他、ゴードン・ピンセント、ウィリアム・シャラート、アレックス・ローディンなど。

    サスペンス

    ネット上の声

    福島原発にシンクロする闘い。
    恐れていた最悪のシナリオ
    週何回必要か?毎日w
    シリアスでいいです。
    製作年:1970
    製作国:アメリカ
    監督:ジョセフ・サージェント
    主演:エリック・ブレーデン
    45
  46. フレンジー

    フレンジー
    評価:C3.50
     無実の罪に陥れられた男の悲劇を描いた、アルフレッド・ヒッチコック後期の作品。ロンドン、テムズ川沿いの街では、ネクタイで女性を絞め殺す殺人事件が頻発していた。バーをクビになったリチャードは、金に困り元妻の事務所を訪れるが、口げんかになる。翌日、彼女がネクタイ殺人鬼の餌食になったことから、彼に疑いがかかる。ヒッチコックの前数作品の評価はあまり芳しいものではなかったが、今作で復活を遂げたと報じられた。

    サスペンス

    ネット上の声

    若かった私には、強烈なインパクトでした。
    ヒッチコックの中で一番つまらないヤツ
    アルフレッド・ヒッチコック作品入門
    イギリスの雰囲気、いいですね。
    製作年:1972
    製作国:イギリス/アメリカ
    監督:アルフレッド・ヒッチコック
    主演:ジョン・フィンチ
    46
  47. ナイル殺人事件

    ナイル殺人事件
    評価:C3.48
    アカデミー賞(1979年・衣装デザイン賞)ナイル河をさかのぼる豪華遊覧船で起きた連続殺人事件を描くミステリー。製作はジョン・ブラボーンとリチャード・グッドウィン、監督は「キングコング(1976)」のジョン・ギラーミン、脚本は「探偵(スルース)」のアンソニー・シェーファー、原作はアガサ・クリスティー(「ナイルに死す」早川書房刊)、撮影はジャック・カーディフ、音楽はニーノ・ロータ、美術はピーター・マートン、衣裳はアンソニー・パウエルが各々担当。出演はピーター・ユスチノフ、ジェーン・バーキン、ロイス・チャイルズ、ベティ・デイヴィス、ミア・フアロー、ジョン・フィンチ、オリヴィア・ハッシー、ジョージ・ケネディ、アンジェラ・ランズベリー、サイモ…

    サスペンス、船上

    ネット上の声

    アガサ・クリスティってつくづくすごい作家
    エシ゛フ゜トのロケーションは壮大だが…
    トリックと推理劇を存分に堪能できる傑作
    東宝敷島のお客さん・・・災難でした。
    製作年:1978
    製作国:イギリス
    監督:ジョン・ギラーミン
    主演:ピーター・ユスティノフ
    47
  48. 八つ墓村

    八つ墓村
    評価:C3.46
     横溝正史ブームに乗って松竹が製作したミステリ。かつて平家の落武者8人を惨殺したという村で、32人もの男女が殺されるという事件が起こる。

    サスペンス
    製作年:1977
    製作国:日本
    監督:野村芳太郎
    主演:渥美清
    48
  49. 横溝正史シリーズ/八つ墓村

    横溝正史シリーズ/八つ墓村
    評価:C3.45


    サスペンス、金田一耕助

    ネット上の声

    ほし よっつっ!
    八つ墓村(横溝正史シリーズ)
    製作年:1978
    製作国:日本
    監督:池広一夫
    主演:古谷一行
    49
  50. 10番街の殺人

    10番街の殺人
    評価:C3.45
    イギリスのみならず、世界を戦慄と恐怖の底に陥れた実話の映画化。戦時中に細菌兵器に関わった事により、いつの間にか狂気の人生に踏み込んだ1人の男を描く。圧倒的な演技と緻密な映像が光る。

    サスペンス

    ネット上の声

    心胆寒からしめる傑作。
    製作年:1971
    製作国:イギリス
    監督:リチャード・フライシャー
    主演:リチャード・アッテンボロー
    50

スポンサードリンク