スポンサーリンクあり

全50作品。邦画のサスペンス映画ランキング

  1. 白爪草
    • S
    • 4.67
    全キャストがVTuber(バーチャルYouTuber)で描かれるワンシチュエーションサスペンス。主演はテレビ番組「超人女子戦士ガリベンガーV」などでも人気の電脳少女シロ。フラワーショップ「花組」で働き、ごく普通の静かな日常を送っていた白椿蒼のもとに、服役していた双子の姉妹・白椿紅から6年ぶりに会いたいという連絡がくる。カウンセリングを受けながら日々を過ごしている蒼は、カウンセラーの桔梗にも相談し、意を決して紅と会うことにする。花組を再会の場所に指定し、花々に囲まれた部屋で紅の来訪を待つ蒼だったが、不安のために落ち着つかず、紅から逃げるように帰宅を考え始める。しかしその時、来客を告げるチャイムが鳴り……。

    ネット上の声

    • 双子ネタの王道を行きつつ二転三転する物語
    • 素晴らしい脚本とそれを演じ切る演技力
    • ワンシチュエーションサスペンスの名作
    • 第一印象に反して本格的なサスペンス
    サスペンス
    • 製作年2020年
    • 製作国日本
    • 時間70分
    • 監督---
    • 主演電脳少女シロ
  2. ゴールド・ボーイ
    • S
    • 4.64
    平成「ガメラ」3部作の金子修介監督が岡田将生を主演に迎え、殺人犯と少年たちが繰り広げる心理戦の行方を描いたクライムサスペンス。「バッド・キッズ 隠秘之罪」のタイトルでドラマ化され中国で人気を集めたズー・ジンチェンの小説「悪童たち」を原作に、舞台を沖縄に移して映画化した。 実業家の婿養子である東昇は、ある目的のため、義理の両親を崖の上から突き落として殺害する。それは完全犯罪のはずだったが、3人の少年少女がその現場を偶然にもカメラでとらえてしまう。それぞれ複雑な家庭環境や家族の問題を抱える少年たちは、東を脅迫して大金を手に入れようと画策するが……。 岡田ふんする殺人犯と対峙する3人の少年少女を「リボルバー・リリー」の羽村仁成、特撮ドラマ「王様戦隊キングオージャー」の星乃あんな、「ラーゲリより愛を込めて」の前出燿志が演じ、黒木華、松井玲奈、北村一輝、江口洋介らが脇を固める。
    サスペンス
    • 製作年2023年
    • 製作国日本
    • 時間129分
    • 監督金子修介
    • 主演岡田将生
  3. 「名探偵コナン」ドラマスペシャル 工藤新一の復活!黒の組織との対決
    • S
    • 4.52

    ネット上の声

    • これはこれで「名探偵コナン」
    • 記憶から消し去りたい
    • 声の吹き替えに?!
    • 別物として…
    名探偵コナン、 サスペンス
    • 製作年2007年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督---
    • 主演小栗旬
  4. ラッキーセブン スペシャル
    • S
    • 4.45

    ネット上の声

    • 松本潤の運動神経の良さが伺える
    • 新田の活躍も目玉にはなってはいたが・・・
    ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年2012年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督---
    • 主演松本潤
  5. ミステリと言う勿れ
    • S
    • 4.44
    田村由美の人気漫画を菅田将暉主演で実写化した連続テレビドラマ「ミステリと言う勿れ」の劇場版。原作で人気のエピソード「広島編」をもとに、広島の名家・狩集家をめぐる遺産相続事件の顛末を描く。 天然パーマでおしゃべりな大学生・久能整は、広島で開催される美術展を訪れるため同地にやってくるが、そこで犬童我路の知人だという女子高生・狩集汐路と出会い、あるバイトを持ちかけられる。それは、狩集家の莫大な遺産相続に関するものだった。当主の孫にあたる汐路ら4人の相続候補者は、遺言書に記されたお題に従って謎を解いていく。やがて彼らは、時に死者さえ出るという狩集家の遺産相続に隠された衝撃の真実にたどり着く。 汐路を原菜乃華、彼女と遺産相続を争う狩集理紀之助を町田啓太、波々壁新音を萩原利久、赤峰ゆらを柴咲コウ、狩集家の顧問弁護士の孫・車坂朝晴を松下洸平が演じる。「信長協奏曲」の松山博昭が監督を務め、「本能寺ホテル」の相沢友子が脚本を担当。

    ネット上の声

    • 事件の解決だけが目標ではなく、シリアスの中にユーモアも多い、ありそうで無かった新感覚ミステリー映画。
    • 独特な空気を纏う繊細青年「整くん」が映画で帰ってきた!
    • ミステリじゃなけりゃ何だ?
    • 漫画を以前読んだことがあり、内容こそ知っていましたが、それでも見ていて楽しい内容
    サスペンス
    • 製作年2023年
    • 製作国日本
    • 時間128分
    • 監督松山博昭
    • 主演菅田将暉
    • レンタル
    • レンタル
  6. SP(エスピー)スペシャル アンコール特別編
    • S
    • 4.42
    サスペンス
    • 製作年2008年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督---
    • 主演岡田准一
  7. 古畑任三郎ファイナル 今、甦る死
    • A
    • 4.42

    ネット上の声

    • 「しばしのお別れ」を信じたい・・・。
    • ☆☆最高傑作・快作・素晴らしい☆☆
    • これは面白いエピソードです☆3つ半
    • よくぞやった古畑警部捕!
    サスペンス、 コメディ
    • 製作年2005年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督---
    • 主演田村正和
  8. SPELL 第一章 呪われたら、終わり
    • A
    • 4.41
    歌手の寺西優真と91歳の俳優・大村崑がダブル主演を務めたホラーサスペンス「SPELL」の第1章。霊能者一家の馬飼野家が悪霊退治の依頼を受け、霊現象の謎と解決に挑む。 引っ越し先の屋敷で不気味な心霊現象に悩まされる水谷良美は、霊能者の馬飼野俊平に除霊を依頼する。俊平が原因を追究していると、呪いの道具「緑の猿の絵本」が見つかり、水谷家を呪う存在が明らかとなる。 寺西と大村は、霊能者一家の馬飼野俊平と馬飼野霊山をそれぞれ演じた。芸名を國光真耶に改めた元アナウンサーの小林麻耶が依頼主の水谷良美役を演じ、銀幕デビューを果たした。

    ネット上の声

    • 後半じわじわ怖くなる、精神的ホラー
    • 緑のサルの呪いは‥どうなっていく?
    • B級ホラー映画
    • B級大好物
    ホラー、 サスペンス
    • 製作年2023年
    • 製作国日本
    • 時間100分
    • 監督寺西一浩
    • 主演寺西優真
  9. 劇場版 ゴードン探偵事務所 はじまりのシュガー
    • A
    • 4.39
    2020年にYouTubeで配信を開始した短編ウェブドラマ「ゴードン探偵事務所」の劇場版。 名探偵ゴードンの一番弟子エリーと探偵見習いのレイラ。探偵事務所分室で気ままな昼下がりを過ごしていた2人のもとに、里咲という女性が訪れてくる。彼女の依頼は失踪した恋人・翔平の捜索というものだった。一方その頃、ゴードン探偵のもとには5年前に起きた強盗殺人事件で逃走中の犯人捜しの依頼があった。全く別の依頼だったが、それぞれの調査の行方はやがて交差し……。 ドラマ版では名探偵ゴードンの事務所を訪ねてくる相談者を主役に、いつも不在のゴードンにかわり相談者たちがエリーとレイラに悩みや事件を打ち明けていくスタイルで描かれたが、劇場版ではゴードンが姿を現す。エリー役は「消えない虹」「色の街」の矢崎希菜、レイラ役はABEMAの恋愛リアリティショー「恋する週末ホームステイ」で注目されたすみぽん、ゴードン役は映画「シャイロックの子供たち」などに出演している西村直人。監督・脚本は「私、アイドル辞めます」の川井田育美。

    ネット上の声

    • 34分の上映時間の中に起承転結がしっかり入ってスピード感があり、あっと驚く場面も
    • 短編ですがなかなか見応えのある作品
    • 舞台挨拶回で鑑賞
    • 短編ですが
    サスペンス
    • 製作年2023年
    • 製作国日本
    • 時間34分
    • 監督川井田育美
    • 主演矢崎希菜
  10. 古畑任三郎スペシャル VS. SMAP
    • A
    • 4.38

    ネット上の声

    • SMAPの魅力満載の豪華作品オススメ!
    • SMAPは、今も昔もやっぱり最高です。
    • メンバーの個性を生かした作品
    • SMAPと三谷さんと時代に感謝
    サスペンス
    • 製作年1999年
    • 製作国日本
    • 時間110分
    • 監督---
    • 主演田村正和
  11. 太陽を盗んだ男
    • A
    • 4.37
    自ら製造した原子爆弾で政府を脅迫する男の孤独な闘いを鋭い風刺とパワフルな演出で描き、現在もカルト的人気を誇る異色のアクション映画。中学校の冴えない理科教師・城戸は、原子力発電所に侵入してプルトニウムを盗み出し、自宅アパートで苦労の末に原子爆弾の製造に成功。警察に脅迫電話を掛けると、以前バスジャック事件に遭遇した際に知り合った山下警部を交渉相手に指名する。明確な目的も思想も持たない城戸は、テレビの野球中継を試合終了まで放送させるよう要求したり、ラジオ番組を通して次の要求を募集したりと、行き当たりばったりの犯行を続けるが……。沢田研二が主演を務め、菅原文太が山下警部を圧倒的存在感で熱演。「青春の殺人者」の長谷川和彦監督の長編第2作で、「ザ・ヤクザ」のレナード・シュレイダーが原案と共同脚本を手がけた。

    ネット上の声

    • こんな映画はもう見れないですよね 被曝の症状は目を覆いたくなります...
    • 人を食うような圧巻作☆まさに日本映画の宝
    • 反逆精神に権力が敗北する最高の反逆映画。
    • 痛快と表現するのは不適切だと思います。
    サスペンス
    • 製作年1979年
    • 製作国日本
    • 時間147分
    • 監督長谷川和彦
    • 主演沢田研二
    • 定額
    • レンタル
  12. 容疑者Xの献身
    • A
    • 4.32
    05年に直木賞を受賞した東野圭吾の人気ミステリー「探偵ガリレオ」シリーズ第3作「容疑者Xの献身」をTVドラマ「ガリレオ」のスタッフ・キャストで映画化。顔を潰され指を焼かれるという残忍な殺人事件が発生。内海刑事(柴咲)はいつものように天才物理学者で通称“ガリレオ”の湯川(福山)に助けを求めるが、被害者の元妻の隣人として捜査線上に浮かんだのは、湯川の大学時代の友人で天才数学者の石神(堤)だった……。監督は「県庁の星」の西谷弘。

    ネット上の声

    • 人を愛する事を知った男の献身的な愛の物語
    • 後半押し寄せる、真実と人間ドラマに感動!
    • 映画を観て感じる喜びがそこにありました
    • 人は人を、これほどまでに愛せるのか…
    サスペンス
    • 製作年2008年
    • 製作国日本
    • 時間128分
    • 監督西谷弘
    • 主演福山雅治
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  13. 本気のしるし ≪劇場版≫
    • A
    • 4.31
    「淵に立つ」「よこがお」の深田晃司監督が星里もちるの同名コミックを連続ドラマ化し、2019年放送された作品を劇場作品として再編集したサスペンス。退屈な日常を送っていた会社員の辻一路。ある夜、辻は踏み切りで立ち往生していた葉山浮世の命を救う。不思議な雰囲気を持ち、分別のない行動をとる浮世。そんな彼女を放っておけない辻は、浮世を追ってさらなる深みへとはまっていく。辻役を「レディ・プレイヤー1」「蜜蜂と遠雷」の森崎ウィン、浮世役をドラマ「3年A組 今から皆さんは、人質です」「連続テレビ小説 べっぴんさん」の土村芳がそれぞれ演じ、宇野祥平、石橋けい、福永朱梨、忍成修吾、北村有起哉らが脇を固める。新型コロナウイルスの影響で通常開催が見送られた、2020年・第73回カンヌ国際映画祭のオフィシャルセレクション「カンヌレーベル」に選出。

    ネット上の声

    • 緊張感とぎれず4時間見させてしまう映像と役者の力を堪能、漫画原作の理想の映像化
    • 後半の展開はもはや深田監督のオリジナル作品
    • 浮世という女性を助けたことから、サラリーマンの辻は恋に落ち翻弄されていく…
    • TVドラマを映画に洗練させると、かようも見応えある作品になるんですね
    サスペンス
    • 製作年2020年
    • 製作国日本
    • 時間232分
    • 監督深田晃司
    • 主演森崎ウィン
  14. 軍旗はためく下に
    • A
    • 4.26
    戦闘シーンを再現することに主眼をおいた“戦記もの”という形でなく、戦後すでに二十六年もたってしまった現在の時点にドラマの主軸を据えて、今、なお残る悲惨な戦争の傷あとと共に戦争を見つめ直すという意図のもとに製作された反戦映画。の直木賞受賞作品の同名小説の映画化。脚本は「裸の十九才」の新藤兼人。監督は「博徒外人部隊」の深作欣二。撮影は「この青春」の瀬川浩がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 国がおっぱじめた戦争なのに、後始末は全部オラたちがひっかぶってるだね
    • 戦争観、国家観をこの一本で表現している
    • 将官=無罪:兵隊=有罪 仁義なき秩序
    • 反戦というなら、まさに見るべき名作
    戦争、 ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年1972年
    • 製作国日本
    • 時間97分
    • 監督深作欣二
    • 主演丹波哲郎
    • レンタル
  15. 人魚伝説
    • A
    • 4.25
    夫を殺された新妻が一人で復讐のために権力に立ち向かっていく姿を描く。宮谷一彦原作の同名劇画の映画化で、脚本は「春画」の西岡琢也。監督は「天使のはらわた 赤い淫画」の池田敏春、撮影は「女猫」の前田米造がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 白都真理と水中シーンが本当に素晴らしい!(映画館で観たからかもしれませんが)
    • ◉一世一代の作品にめぐり合ってしまうことは、果たして幸福な事なのだろうか?
    • 久しぶりに邦画を見たと思ったらとんでもないものを見てしまった
    • ☆mixi過去レビュー転載計画(TSUTAYAレンタル編)
    サスペンス
    • 製作年1984年
    • 製作国日本
    • 時間110分
    • 監督池田敏春
    • 主演白都真理
    • 定額
    • レンタル
  16. エスパーX探偵社 ~さよならのさがしもの~
    • A
    • 4.25
    「つむぎのラジオ」「サイキッカーZ」などのインディーズ作品を手がける木場明義監督が、東京の下町・浅草を舞台に、超能力を持つ探偵が事件解決のために刑事とともに奔走する姿を描いた新感覚の探偵映画。 「殴られると、相手の感情がわかる」という超能力をもった探偵・松田聖人は、ある女性から「悪意をもった超能力グループの仲間になってしまった妹を連れ戻してほしい」という依頼を受ける。調査を進める松田は、その超能力グループが絡む犯罪を捜査している刑事の南野と出会う。当初こそ反発しあっていた松田と南野だったが、同じ事件を追ううちに絆を深めていく。しかし、南野にはある秘密があった。 主演は、劇団「おぼんろ」を主宰し、舞台の脚本や演出も手がけるなど幅広く活躍する末原拓馬。

    ネット上の声

    • 日常的に超能力が混じっていて、非日常ながら何故か何処か自然で、その中でとある探偵
    • 鹿目凛さんを目当てに、探偵もの、超能力者という情報しかないまま観に行きました
    • 210)『エスパーX探偵社〜さよならのさがしもの』:『サイキッカーZ』の木場明義
    • 鹿目凛さん目当てで観に行きましたが、予想以上に面白くて楽しめました
    サスペンス、 コメディ
    • 製作年2023年
    • 製作国日本
    • 時間90分
    • 監督木場明義
    • 主演末原拓馬
  17. スペシャリスト2
    • A
    • 4.20
    サスペンス
    • 製作年2014年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督七高剛
    • 主演草なぎ剛
  18. 恋人はスナイパー EPISODE 2
    • A
    • 4.20
    サスペンス、 アクション
    • 製作年2002年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督六車俊治
    • 主演内村光良
  19. CURE キュア
    • A
    • 4.19
    娼婦が惨殺された現場で、死体を見た刑事の高部は、被害者の胸をX字型に切り裂くという殺人事件がひそかに連続していることを訝しがる。彼の友人である心理学者・佐久間が犯人の精神分析を施しても、特異な手口の共通性を解く手掛かりは見つからなかった。

    ネット上の声

    • 映像でここまでできる日常に潜む狂気の記憶
    • 自己解釈するしかないのかな・・・??
    • 心の抑止力、大丈夫ですか?
    • 黒沢清監督作品初レビュー
    サスペンス
    • 製作年1997年
    • 製作国日本
    • 時間111分
    • 監督黒沢清
    • 主演役所広司
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  20. 天国と地獄
    • A
    • 4.18
    エド・マクベインの原作を得て、黒澤明監督が映画化した全編息づまるサスペンス。製靴会社の専務権藤の息子と間違えられて、運転手の息子が誘拐された。要求された身代金は三千万円。苦悩の末、権藤は運転手のために全財産を投げ出して三千万円を犯人に受け渡し、無事子供を救出する。非凡な知能犯の真の目的とは。鉄橋を利用した現金受け渡しのシーンは秀逸で、実際にこれを模倣した誘拐事件が発生した。また白黒作品であるにもかかわらず、最も重要なシーンで一個所のみ着色を施すなど新たな演出も印象深い。

    ネット上の声

    • スピード感のある展開で一気に話が進んでいき、文句無しに面白い。犯行...
    • ・それぞれの展開が濃すぎて3本ぐらいの映画を一気見したような感じ ...
    • 誘拐事件の現金受け渡しと犯人を追い詰めるスリルある展開。
    • スピルバーグ最高傑作に絶大な影響与えた!
    誘拐、 サスペンス
    • 製作年1963年
    • 製作国日本
    • 時間143分
    • 監督黒澤明
    • 主演三船敏郎
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
  21. FORMA-フォルマ-
    • A
    • 4.18
    ある日、綾子(梅野渚)は同級生の由香里(松岡恵望子)と再会し、自分が働く会社に彼女を誘う。やがて二人は同じ会社で働くようになるが、綾子の由香里に対する振る舞いは次第に冷淡になっていき、一種異様な態度を示すようになる。由香里はじわじわと追い詰められていくが、綾子が抱える心の闇は一層深くなり………。
    サスペンス
    • 製作年2013年
    • 製作国日本
    • 時間145分
    • 監督坂本あゆみ
    • 主演松岡恵望子
  22. スペシャリスト3
    • A
    • 4.18
    サスペンス
    • 製作年2015年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督七高剛
    • 主演草なぎ剛
  23. 蛇の道
    • A
    • 4.16
    幼い娘を殺された男と、彼に手を貸した謎の男が繰り広げる復讐劇を描いたバイオレンス・ドラマ。監督は「CURE」の黒沢清。脚本は「リング」の高橋洋。撮影を「萌の朱雀」の田村正毅が担当している。主演は「虹をつかむ男 南国奮斗篇」の哀川翔と、「RAMPO」の香川照之。16ミリからのブローアップ。

    ネット上の声

    • 復讐の復讐
    • 黒沢清の映画の中では法律とか正義とか存在していないような不穏がいつもまとわりつい
    • 全編にわたり血の通っていない静謐なバイオレンスとJホラー風味のじめっとした恐怖が
    • 黒沢清の読めない演出がすき 異常なことが起きてる様を俯瞰して見させられてるのも
    サスペンス
    • 製作年1998年
    • 製作国日本
    • 時間85分
    • 監督黒沢清
    • 主演哀川翔
    • 定額
  24. ST 警視庁科学特捜班
    • A
    • 4.14

    ネット上の声

    • 良い映画でした
    サスペンス
    • 製作年2013年
    • 製作国日本
    • 時間103分
    • 監督---
    • 主演藤原竜也
  25. ガードセンター24 広域警備指令室
    • A
    • 4.14
    サスペンス、 アクション
    • 製作年2016年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督---
    • 主演中島健人
  26. 殺人偏差値70
    • A
    • 4.13
    青春、 サスペンス
    • 製作年2014年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督---
    • 主演三浦春馬
  27. 古畑任三郎ファイナル ラスト・ダンス
    • A
    • 4.12

    ネット上の声

    • 美しく綺麗な涙を流せる女優・松嶋奈々子。
    • ありがとう!ありがとう!古畑任三郎。
    • 本当は三谷と田村版古畑のラストダンス
    • 「古畑中学生」続編,決定??
    サスペンス、 コメディ
    • 製作年2005年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督---
    • 主演田村正和
  28. 世にも奇妙な物語 2011年秋の特別編
    • A
    • 4.12

    ネット上の声

    • 怖くて、派手、サイコで、コメディで、感動
    ホラー、 サスペンス
    • 製作年2011年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督---
    • 主演タモリ
  29. キャラクター
    • A
    • 4.10
    菅田将暉と本作が俳優デビューとなる「SEKAI NO OWARI」のボーカルFukaseの共演によるダークエンタテインメント。「20世紀少年」など数多くの浦沢直樹作品にストーリー共同制作者として携わってきた長崎尚志によるオリジナル脚本を、「世界から猫が消えたなら」「帝一の國」の永井聡監督のメガホンにより映画化。漫画家として売れることを夢見て、アシスタント生活を送る山城圭吾。ある日、一家殺人事件とその犯人を目撃してしまった山城は、警察の取り調べに「犯人の顔は見ていない」と嘘をつき、自分だけが知っている犯人をキャラクターにサスペンス漫画「34」を描き始める。お人好しな性格の山城に欠けていた本物の悪を描いた漫画は大ヒットし、山城は一躍売れっ子漫画家の道を歩んでいく。そんな中、「34」で描かれた物語を模した事件が次々と発生する。主人公・山城役を菅田、殺人鬼・両角役をFukaseがそれぞれ演じる。

    ネット上の声

    • マンガ家と殺人鬼の奇妙な人間模様を軸に、社会が動いていく異色なダーク・エンターテインメント。
    • この映画を観る我々観客も殺人を楽しんでいるかもしれない
    • 菅田将暉とFukaseの一騎打ち
    • 作り手としてのザワつき
    サスペンス
    • 製作年2021年
    • 製作国日本
    • 時間125分
    • 監督永井聡
    • 主演菅田将暉
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  30. 蟻が空を飛ぶ日
    • A
    • 4.10
    自主製作映画「ダイヤモンドと月」で1992年ゆうばり国際ファンタスティック映画祭を沸かせた野火明監督が、「シークレット ワルツ」(95)以来、およそ15年ぶりに発表した長編監督作。殺人の罪から逃れた者たちを集めて殺し屋にしたてあげる組織があり、東大生の健二も、表向きはごく普通の大学生として生活する一方、組織の一員としてアルバイトのように殺し屋の仕事をこなしていた。ある日、ベテラン暗殺者の大道寺をリーダーとする4人のチームでいつものように暗殺の仕事を進めていた健二だった、ターゲットの男が真紀という女に殺されてしまう。殺し屋として生きる男女の愛を描くバイオレンスラブストーリー。

    ネット上の声

    • とてもグロテスクでとてもピュアな恋愛映画
    • “インディーズの底力”に出会えた瞬間
    • 退屈しない、バランスの良さ
    • 逸材、死刑台のエレベーター
    サスペンス
    • 製作年2010年
    • 製作国日本
    • 時間116分
    • 監督野火明
    • 主演黒田耕平
  31. 殺人狂時代
    • A
    • 4.10
    鬼才・岡本喜八が都筑道夫の小説「なめくじに聞いてみろ」(旧題「飢えた遺産」)を映画化したアクションコメディ。謎の殺し屋組織に命を狙われた男の戦いを、ブラックユーモアを交えながら二転三転するストーリー展開で描く。冴えない大学講師・桔梗信治は、自宅アパートに侵入してきた見知らぬ男に命を狙われる。男の正体は、人口調節のため無駄な人間を殺すことを目的とする組織「大日本人口調節審議会」が差し向けた殺し屋だった。偶然にも落下したブロンズ像が頭部に当たり殺し屋は死んでしまうが、その後も次々と信治のもとに刺客が送り込まれる。信治は偶然知り合った記者・啓子やコソ泥のビルとともに真相を追うが……。仲代達矢が主演を務め、天本英世が殺し屋組織のボス役を怪演。

    ネット上の声

    • 【カルト映画としての強い支持に納得!鬼才・岡本喜八が届ける、今までに観たことのな
    • 主人公が“全然信用できない”という面白み! 殺し屋たちの濃ゆい造形も◎
    • 仲代達矢演じるとぼけた犯罪心理学講師が突然殺し屋に命を狙われ、その理由を探ってい
    • 個性派揃いの殺し屋達。 それを束ねる怪しすぎるほどの天本英世。 冴...
    サスペンス、 アクション
    • 製作年1967年
    • 製作国日本
    • 時間99分
    • 監督岡本喜八
    • 主演仲代達矢
    • レンタル
    • 定額
  32. 2夜連続「SP」スペシャル 革命前日
    • A
    • 4.09

    ネット上の声

    • 見ても見なくても映画には支障なし
    • 見逃した方には最適^^
    サスペンス、 アクション
    • 製作年2011年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督波多野貴文
    • 主演岡田准一
  33. 見えない目撃者
    • A
    • 4.08
    2011年の韓国映画「ブラインド」を日本でリメイクし、吉岡里帆が視力を失った元警察官役を演じるサスペンススリラー。警察学校の卒業式の夜、自らの過失で弟を事故死させてしまった浜中なつめ。自身も失明し警察官の道を諦めた彼女は、事故から3年経った現在も弟の死を乗り越えられずにいた。そんなある日、車の接触事故に遭遇したなつめは、車中から助けを求める少女の声が聞こえてくることに気づき、誘拐事件の可能性を訴える。視覚以外の感覚から感じ取った“目撃”情報を警察に提示するなつめだったが、警察は目の見えない彼女を目撃者と認めず捜査を打ち切ってしまう。なつめは少女を救うべく奔走し、事故現場で車に接触したスケボー少年を探し出す。やがて女子高生失踪が関連づけられ、連続誘拐事件の存在が判明。なつめは事件の闇へと切り込んでいくうちに、弟の死とも向き合うことになる。監督は「重力ピエロ」「リトル・フォレスト」の森淳一。

    ネット上の声

    • グロシーン豊富、耐性がある方向け。
    • 絶対に、取りもどす。
    • 後半1時間ずっと心臓ばくばくしてた!盲目に見えないところがたまにあったけど全体的
    • 吉岡里帆の盲目の演技がすごく上手だったし、パルの活躍がすごかった!!
    サスペンス
    • 製作年2019年
    • 製作国日本
    • 時間128分
    • 監督森淳一
    • 主演吉岡里帆
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  34. 劇場版 殺意の道程
    • A
    • 4.07
    「架空OL日記」などで脚本家としても評価の高いバカリズムが脚本を手がけ、井浦新とともに主演を務めたWOWOWのオリジナルドラマ「殺意の道程」(全7話)の再編集劇場版。父親の復讐のため殺人を計画する息子を主人公に、復讐劇というシリアスな物語の中で省略されがちな部分を事細かに描いていく新感覚のサスペンスコメディ。ある小さな会社の社長が取引先の社長・室岡義之の裏切りが原因で自殺し、息子の窪田一馬はいとこの吾妻満とともに室岡への復讐を決意。キャバクラ嬢のこのは、ゆずきらの協力を得ながら計画を練る。しかし、事はそう簡単ではなく、打ち合わせ場所はどこか、殺害方法やそのために必要な道具はなにか、そもそも完全犯罪はどのようにすればいいのか。2人は初めての殺人のために悪戦苦闘しながらも計画を進めていくが……。監督は「住住」「架空OL日記」などバカリズム脚本作品でタッグを組んできた住田崇。

    ネット上の声

    • 申し訳ない。wowow版の感想です。
    • さついのドーテー‼️❓
    • 新ジャンルの復讐劇。
    • 無駄に長い。
    サスペンス
    • 製作年2021年
    • 製作国日本
    • 時間120分
    • 監督住田崇
    • 主演バカリズム
  35. 彼女がその名を知らない鳥たち
    • A
    • 4.07
    沼田まほかるの人気ミステリー小説を蒼井優、阿部サダヲ主演、「凶悪」「日本で一番悪い奴ら」の白石和彌監督で映画化。下品で貧相、金も地位もない15歳上の男・陣治と暮らす十和子は、8年前に別れた黒崎のことを忘れられずにいた。陣治に激しい嫌悪の念を抱きながらも、陣治の稼ぎのみで働きもせずに毎日を送っていた十和子は、黒崎に似た面影を持つ妻子ある水島と関係を持つ。ある日、十和子は家に訪ねてきた刑事から、黒崎が行方不明であることを告げられる。「十和子が幸せならそれでいい」と、日に何度も十和子に電話をかけ、さらには彼女を尾行するなど、異様なまでの執着を見せる陣治。黒崎の失踪に陣治が関係しているのではないかとの疑いを持った十和子は、その危険が水島にまでおよぶのではとないかと戦慄する。

    ネット上の声

    • 今後の日本映画のために是非見て欲しい作品
    • 愛なんてこれっぽっちも感じられなかった。
    • とんでもない傑作。絶対、見ないと損する!
    • そんな愛の形☆共感度0%なのに涙が出る映画
    ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年2017年
    • 製作国日本
    • 時間123分
    • 監督白石和彌
    • 主演蒼井優
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  36. 36

    疑惑

    疑惑
    • A
    • 4.07
    殺人容疑者の女と彼女を弁護することになった女性弁護士の間の確執を描く。松本清張の同名小説の映画化で、作者自身が脚色し、撮影台本は「ダイナマイトどんどん」の古田求と「わるいやつら」の野村芳太郎、監督も野村芳太郎、撮影も同作の川又昂がれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 岩下志麻…!岩下志麻が良い!「この岩下志麻が凄い」暫定ベスト
    • 文句なしの傑作。桃井かおり、おそるべし!
    • 女優つうのはこういう女達のことをいうのだ
    • 小さい子が見たら、トラウマになるかも・・
    裁判・法廷、 サスペンス
    • 製作年1982年
    • 製作国日本
    • 時間127分
    • 監督野村芳太郎
    • 主演桃井かおり
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  37. 占いゲーム
    • A
    • 4.06
    「人生いろいろ」「彼が僕に恋した理由」などで俳優・歌手として活動する寺西優真の主演作。父親を自殺に追い込んだ詐欺師たちに復讐のゲームを仕かける男の姿を描く。 ある日、悪霊が出ると言われる館に9人の占い師が招かれる。その館に出る自殺した男の悪霊を退治すれば1億円がもらえるという。霊能力があると自称する占い師たちは互いに争い、その様子を館の主の早乙女アキラはモニターで監視していた。自殺した男とはアキラの父の哲郎で、集められた占い師たちは、数年前に哲郎を自殺に追い込んだ詐欺師たちだった。彼らはアキラの復讐のために集められたのだ。アキラは、彼らを無防備にさせ、反省されるため考案した「占いゲーム」を仕かける。 監督は「人生いろいろ」などでも寺西優真とタッグを組んできた寺西一浩。

    ネット上の声

    • 楽しめる映画です
    • 楽しかったです
    • 狙いか破綻か
    • 占いゲーム
    サスペンス
    • 製作年2023年
    • 製作国日本
    • 時間97分
    • 監督寺西一浩
    • 主演寺西優真
    • レンタル
  38. B/B(ビーツー)
    • A
    • 4.05
    監督の中濱宏介が大阪芸術大学映像学科の卒業制作として手がけた長編作品で、多重人格を題材に描くサスペンス。SKIP国際Dシネマ映画祭2020や大阪アジアン映画祭2021など国内の映画祭で多数上映・入選を果たした。 2020年、担当大臣の汚職による東京オリンピックの中止と新興宗教による毒ガス散布未遂事件という2つの大事件が世間を騒がせていたが、その陰で通称「イカロス」と呼ばれるコンビニ経営者惨殺事件が起こっていた。被害者の息子・士郎と交流のあった紗凪は、刑事から取り調べを受けることになり、解離性同一性障害を患う彼女と、彼女の中に存在する人格たちは、それぞれの視点から回想を始める。 多重人格により目まぐるしく表情を変える主人公を、「ミは未来のミ」の倉嶋かれんが巧みに演じ、第15回田辺・弁慶映画祭で俳優賞を受賞。田辺・弁慶映画祭の受賞作品を上映する「田辺・弁慶映画祭セレクション2022」(22年9月16日~10月6日=テアトル新宿/22年10月14~20日=シネ・リーブル梅田)にて劇場公開。

    ネット上の声

    • 話しが廻り道公園
    • 先に言っておくが、私のオールタイムベストは「ウィーアーリトルゾンビーズ」である
    • シネリーブル梅田の【田辺・弁慶映画祭セレクション2022】中濱宏介監督DAYで鑑
    • テアトル新宿の田辺・弁慶映画祭セレクション2022にて2作目の鑑賞
    サスペンス
    • 製作年2020年
    • 製作国日本
    • 時間77分
    • 監督中濱宏介
    • 主演倉嶋かれん
  39. スペシャリスト4
    • A
    • 4.04
    サスペンス
    • 製作年2015年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督七高剛
    • 主演草なぎ剛
  40. ダブルフェイス 潜入捜査編
    • A
    • 4.04

    ネット上の声

    • 「ディパーテッド」よりもいいリメイク
    • いつのまにか出来てる。
    • 評価が高かったので鑑賞
    • やるじゃん!日本!!
    サスペンス
    • 製作年2012年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督羽住英一郎
    • 主演西島秀俊
    • 定額
  41. ダブルフェイス 偽装警察編
    • A
    • 4.03

    ネット上の声

    • 展開自体はベタっちゃベタだったけど、所々の演出がドキドキハラハラで楽しめた
    • インファナル・アフェア>>>>>ディパーテッド>>>ダブルフェイス
    • 「インファナル・アフェア」の日本版リメイクドラマ
    • インファナル・アフェア3部作を見てから鑑賞
    サスペンス
    • 製作年2012年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督羽住英一郎
    • 主演西島秀俊
    • 定額
  42. 「女の小箱」より 夫が見た
    • A
    • 3.99
    黒岩重吾原作『女の小箱』より、「犯罪作戦NO・1」の高岩肇、「風の武士」の野上龍雄が共同で脚色、「現代インチキ物語 騙し屋」の増村保造が監督したサラリーマン・スリラー。撮影は「若い樹々」の秋野友宏。

    ネット上の声

    • 株式を買い占め会社の乗っ取りを計画する男と、それを防衛しようとする株式課長とその
    • 若尾文子の大人の色気に惚れました。
    • 愛憎ドロドロのメロドラマ
    • そんな欲張りな(笑い)
    サスペンス
    • 製作年1964年
    • 製作国日本
    • 時間93分
    • 監督増村保造
    • 主演若尾文子
  43. BORDER 衝動~検視官・比嘉ミカ~
    • A
    • 3.98
    サスペンス
    • 製作年2017年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督常廣丈太
    • 主演波瑠
  44. 天城越え
    • B
    • 3.98
    十四歳の少年と娼婦が天城峠を旅しているとき起きた殺人事件と、三十年間、事件を追い続けた老刑事の姿を描く。松本清張の同名の小説を映画化したもので、脚本はこの作品が監督デビュー作となる「夜叉ヶ池」の三村晴彦と「炎のごとく」の加藤泰の共同執筆、撮影は羽方義昌がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 蟹江「重かったでしょう」長塚「ええ」
    • 脚本と演出の違いが面白かった。
    • 人間心理にぐっとくるもの・・
    • 田中裕子孃
    ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年1998年
    • 製作国日本
    • 時間107分
    • 監督---
    • 主演田中美佐子
  45. ああ爆弾
    • B
    • 3.98
    コーネル・ウールリッチの『万年筆』より原案を得て、「江分利満氏の優雅な生活」の岡本喜八がシナリオを執筆、監督したミュージカル。撮影は新人宇野晋作。

    ネット上の声

    • 日本のミュージカルの可能性を感じる
    • 二度と見られない?狂言ミュージカル
    • 二度と見られない?狂言ミュージカル
    • あっぱれ岡本喜八流☆ミュージカル♪
    サスペンス
    • 製作年1964年
    • 製作国日本
    • 時間95分
    • 監督岡本喜八
    • 主演伊藤雄之助
    • レンタル
  46. 天城越え
    • B
    • 3.98

    ネット上の声

    • 秀逸のテレビドラマ
    ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年1978年
    • 製作国日本
    • 時間85分
    • 監督---
    • 主演大谷直子
  47. 白と黒
    • B
    • 3.96
    橋本忍のオリジナルシナリオより「娘と私」の堀川弘通が監督した推理ドラマ。撮影は「ぶらりぶらぶら物語」の村井博。第37回キネマ旬報ベスト・テン第9位。

    ネット上の声

    • DVD化されてなくてアマプラでしか観れない作品
    • もっと格好良い病気なら良かったのにね
    • 邦画の傑作!裁判外の場外乱闘(笑)
    • こういうのを観たいと思っていた
    サスペンス
    • 製作年1963年
    • 製作国日本
    • 時間113分
    • 監督堀川弘通
    • 主演小林桂樹
    • レンタル
    • 定額
  48. 夜のストレンジャー 恐怖
    • B
    • 3.96

    ネット上の声

    • Vシネマ版『激突!』を期待して見ると意外と少ないカーチェイスシーンに肩透かしを喰
    • 名取裕子の孤独で芯の強い女性がヒッチャーみたいなことになる映画、ジャケのツラがい
    • 昔、黒沢清が自分の好きな映画のフッテージを繋ぎ合わせてみたら、とんでもなく気味の
    • 1991年2月8日レンタル開始、マイケル・マンの映画より熱い東映Vシネマ
    サスペンス
    • 製作年1991年
    • 製作国日本
    • 時間90分
    • 監督長崎俊一
    • 主演名取裕子
  49. 古畑任三郎スペシャル VS.監察医 黒岩博士の恐怖
    • B
    • 3.95

    ネット上の声

    • 緒形拳と田村正和。アクとアクの対決必見!
    • このシリーズは、ゲストが「命」
    • あたりめのごとく深い味わい
    • 何か特質のある
    サスペンス
    • 製作年1999年
    • 製作国日本
    • 時間110分
    • 監督---
    • 主演田村正和
  50. 悪い奴ほどよく眠る
    • B
    • 3.95
    黒澤プロ設立第1作として監督が選んだテーマは、当時社会問題となっていた政治汚職。汚職事件の隠蔽工作により自殺に追い込まれた男の息子による復讐劇を通して、政界に根深くはびこる腐敗の構造にメスを入れた意欲作。極めて社会性の強いテーマでありながら、スリルとサスペンスを盛り込むことで十二分に娯楽映画として通用する作品。

    ネット上の声

    • ・加藤武のこういう役柄が新鮮 ・ノイローゼのシーンで声を出して笑っ...
    • タイトルの通り。 でも、昔と比べて今はまだ眠れなくなっているような。
    • テンポよく展開して飽きさせない。2転3転する。ただ、画面からは空気...
    • 冒頭の映像のパワーがラストまで続く名作
    どんでん返し、 ヒューマンドラマ、 サスペンス
    • 製作年1960年
    • 製作国日本
    • 時間150分
    • 監督黒澤明
    • 主演三船敏郎

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。