全50作品。邦画のサスペンス映画ランキング

  1. ルパンの消息

    ルパンの消息
    評価:S4.46
    「15年前の起きた女教師の自殺は、実は殺害事件だった。」警視庁にもたらされたこの1本のタレ込み情報により、新たに捜査チームが結成され、元警視庁捜査一課の溝呂木が指揮をとることになった。溝呂木は、戦後最大の事件とも言える「三億円事件」を時効で迎えた苦い経験があった。時効まで残り24時間、執念に燃える溝呂木は当時の女教師の生徒や同僚教師を調べるうちに、思わぬ事件との関係に気づくが…。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    一見文句無い推薦DVDなんですが・・・
    原作もいいけど、この作品負けてないぞ!
    今までの空気を読んで、評価は5だ
    15年ぶりに蘇る男たちの思い
    製作年:2008
    製作国:日本
    監督:水谷俊之
    主演:上川隆也
    1
  2. FORMA-フォルマ-

    FORMA-フォルマ-
    評価:S4.15
    これが長編デビュー作となる新鋭の坂本あゆみがメガホンを取り、第64回ベルリン国際映画祭フォーラム部門で国際批評家連盟賞を受賞した心理サスペンス。9年ぶりに再会した級友2人の関係を軸に、それぞれの登場人物の心の奥底でうごめくほの暗い心情を丹念にすくい取る。

    サスペンス

    ネット上の声

    ミルクマン短評見て衝動的に観に行った
    自分の醜いところが見えてくる
    「視点」というものについて
    マウンティング女子
    製作年:2013
    製作国:日本
    監督:坂本あゆみ
    主演:松岡恵望子
    2
  3. キュクロプス

    キュクロプス
    評価:S4.13
    わなによって投獄された男が真犯人に復讐(ふくしゅう)するさまを描いたノワール劇。フランスの画家オディロン・ルドンの絵画「キュクロプス」に着想を得て、『ノラ』などの大庭功睦監督が作り上げ、ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2018で2冠に輝いた。

    サスペンス
    製作年:2018
    製作国:日本
    監督:大庭功睦
    主演:池内万作
    3
  4. スペシャリスト2

    スペシャリスト2
    評価:S4.12


    サスペンス
    製作年:2014
    製作国:日本
    監督:七高剛
    主演:草なぎ剛
    4
  5. 天城越え

    天城越え
    評価:S4.11


    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    蟹江「重かったでしょう」長塚「ええ」
    人間心理にぐっとくるもの・・
    田中裕子孃
    純愛物語
    製作年:1998
    製作国:日本
    主演:田中美佐子
    5
  6. BORDER 衝動~検視官・比嘉ミカ~

    BORDER 衝動~検視官・比嘉ミカ~
    評価:A4.09


    サスペンス
    製作年:2017
    製作国:日本
    監督:常廣丈太
    主演:波瑠
    6
  7. 太陽を盗んだ男

    太陽を盗んだ男
    評価:A4.08
     原爆をつくり上げた中学教師が、国家を相手に理不尽な要求を突きつけていく痛快犯罪サスペンス。中学校の理科教師、城戸誠。

    アクション、サスペンス

    ネット上の声

    こんな映画はもう見れないですよね 被曝の症状は目を覆いたくなります...
    人を食うような圧巻作☆まさに日本映画の宝
    反逆精神に権力が敗北する最高の反逆映画。
    痛快と表現するのは不適切だと思います。
    製作年:1979
    製作国:日本
    監督:長谷川和彦
    主演:沢田研二
    7
  8. 日本の熱い日々 謀殺・下山事件

    日本の熱い日々 謀殺・下山事件
    評価:A4.08
    アメリカの占領下にあった昭和24年7月5日に起こった下山事件を、大胆な推理で“謀殺“とした当時の朝日新聞社の著作をもとに、社会派・熊井啓が描いた作品。国鉄労働者の大量リストラを前にして、下山国鉄総裁が轢死体で発見された。疑問を抱いた記者の追及が始まる……。熱いドキュメンタリー・タッチで目が離せない。

    サスペンス、実話、冤罪

    ネット上の声

    アメリカ様ァ!これが戦後の総括です(笑)
    占領時代「戦後史最大の謎」
    重厚な重厚な社会派社会派
    埋もれるな、傑作!
    製作年:1981
    製作国:日本
    監督:熊井啓
    主演:仲代達矢
    8
  9. 容疑者Xの献身

    容疑者Xの献身
    評価:A4.06


    ヒューマンドラマ、サスペンス
    製作年:2008
    製作国:日本
    監督:西谷弘
    主演:福山雅治
    9
  10. ラッキーセブン スペシャル

    ラッキーセブン スペシャル
    評価:A4.06


    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    松本潤の運動神経の良さが伺える
    新田の活躍も目玉にはなってはいたが・・・
    製作年:2012
    製作国:日本
    主演:松本潤
    10
  11. キサラギ

    キサラギ
    評価:A4.05
    ブルーリボン賞(2008年・作品賞)自殺したアイドルの1周忌に集まった5人の男が、彼女の死の真相について壮絶な推理バトルを展開する密室会話劇。『ALWAYS 三丁目の夕日』で日本アカデミー賞を受賞した古沢良太の巧みな脚本を、『シムソンズ』の佐藤祐市監督が、コミカルかつスリリングに演出。

    サスペンス、どんでん返し

    ネット上の声

    後ろ斜め45度、ジョニー・デップ似?!
    超超超超超最高!!ありえないくらい面白い
    NO偏見! 一室で巻き起こる推理劇場と感動
    『キサラギ』で笑い『キサラギ』で泣く
    製作年:2007
    製作国:日本
    監督:佐藤祐市
    主演:小栗旬
    11
  12. 疑惑

    疑惑
    評価:A4.05
     松本清張の同名小説を作者自身が脚色し、野村芳太郎監督で映画化したサスペンス。殺人容疑者の女性と彼女を弁護することになった女性弁護士の感情のぶつかり合いを軸に描く。

    サスペンス、裁判・法廷

    ネット上の声

    女優つうのはこういう女達のことをいうのだ
    文句なしの傑作。桃井かおり、おそるべし!
    小さい子が見たら、トラウマになるかも・・
    桃井、岩下2大女優の法廷劇を堪能する。
    製作年:1982
    製作国:日本
    監督:野村芳太郎
    主演:桃井かおり
    12
  13. それでもボクはやってない

    それでもボクはやってない
    評価:A4.04
    『Shall We ダンス?』の周防正行監督が、11年ぶりにメガホンを取った本格的な社会派ドラマ。電車で痴漢に間違えられた青年が、“裁判”で自分の無実を訴える姿を、日本の裁判制度の問題点を浮き彫りにしつつ描く。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、裁判・法廷、冤罪

    ネット上の声

    被害者は鉄道会社を訴えてみてはいかがか?
    家族に冤罪を突きつけられた経験者として
    私も『冤罪経験者』で『痴漢被害者』
    私たちならば真実は見抜けるのか?
    製作年:2007
    製作国:日本
    監督:周防正行
    主演:加瀬亮
    13
  14. スペシャリスト3

    スペシャリスト3
    評価:A4.03


    サスペンス
    製作年:2015
    製作国:日本
    監督:七高剛
    主演:草なぎ剛
    14
  15. おいしい殺し方 -A Delicious Way to Kill-

    おいしい殺し方 -A Delicious Way to Kill-
    評価:A4.02
    料理下手のもてない小学校教師ユカが、お料理教室で思いもよらない怪事件に巻き込まれていくドタバタサスペンスコメディ。演劇界の鬼才ケラリーノ・サンドロヴィッチが、演出、脚本をてがけ、テレビ放映とネットで配信された本作は、ファンの間で異常な盛り上がりを見せるほどの人気を集めた。

    サスペンス

    ネット上の声

    しっかりとした脚本と演技力による【傑作】
    やっぱり女は料理上手でないとダメなのか…
    日本一コメディアンヌであろう奥菜恵に愛を
    正直言って、好きなタイプです(作風が)
    製作年:2006
    製作国:日本
    監督:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
    主演:奥菜恵
    15
  16. 天国と地獄

    天国と地獄
    評価:A4.02
    エド・マクベインの原作を得て、黒澤明監督が映画化した全編息づまるサスペンス。製靴会社の専務権藤の息子と間違えられて、運転手の息子が誘拐された。要求された身代金は三千万円。苦悩の末、権藤は運転手のために全財産を投げ出して三千万円を犯人に受け渡し、無事子供を救出する。非凡な知能犯の真の目的とは。鉄橋を利用した現金受け渡しのシーンは秀逸で、実際にこれを模倣した誘拐事件が発生した。また白黒作品であるにもかかわらず、最も重要なシーンで一個所のみ着色を施すなど新たな演出も印象深い。

    サスペンス、誘拐

    ネット上の声

    スピード感のある展開で一気に話が進んでいき、文句無しに面白い。犯行...
    ・それぞれの展開が濃すぎて3本ぐらいの映画を一気見したような感じ ...
    誘拐事件の現金受け渡しと犯人を追い詰めるスリルある展開。
    スピルバーグ最高傑作に絶大な影響与えた!
    製作年:1963
    製作国:日本
    監督:黒澤明
    主演:三船敏郎
    16
  17. 青の炎

    青の炎
    評価:A4.01
    17歳の高校生・秀一は母と妹の3人暮らしを楽しく送っていた。そんなある日、10年前に母が再婚してすぐに別れたかつての義父・曽根が転がり込み、傍若無人に振る舞う。さらに、母と妹に暴力まで振るう。弁護士に相談するが、法律では義父を追い出せないと知った秀一は、インターネットで情報を収集し、完ぺきな義父殺害計画を立てる。ガールフレンドの紀子に不審に思われていたが、秀一はアリバイ工作を行い、いよいよ計画を実行するが…。

    サスペンス、青春

    ネット上の声

    あなどる・・・どころか、素晴しいんですわ
    酔っ払い親父達の映画談議は的を得ず。
    彼なりの”男”としての使命感
    切なさがいつまでも残ります
    製作年:2003
    製作国:日本
    監督:蜷川幸雄
    主演:二宮和也
    17
  18. 砂の器

    砂の器
    評価:A4.01
     ある日、国鉄蒲田操車場構内で扼殺死体が発見された。被害者の身許が分らず、捜査は難航した。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    壮絶な“宿命”に心が震える、色褪せない珠玉の人間ドラマ
    壮絶な人生、哀切の旋律に心揺さぶられる
    私の解釈は・・・(三木巡査について)
    その曲の前で俺はパブロフの犬になる
    製作年:1974
    製作国:日本
    監督:野村芳太郎
    主演:丹波哲郎
    18
  19. 蟻が空を飛ぶ日

    蟻が空を飛ぶ日
    評価:A3.97
    『ダイヤモンドの月』『小鳥たちのいない花園』で注目を浴びるも、長らく映画製作から離れていた野火明が久々に放つ監督作。暗殺者となった若い男女が、殺伐とした世界を生き抜きながら惹(ひ)かれ合う姿を追い掛けていく。

    サスペンス、恋愛

    ネット上の声

    “インディーズの底力”に出会えた瞬間
    逸材、死刑台のエレベーター
    こんなに残酷なのに何故
    昭和の青春映画の面影が
    製作年:2010
    製作国:日本
    監督:野火明
    主演:黒田耕平
    19
  20. ダブルフェイス 潜入捜査編

    ダブルフェイス 潜入捜査編
    評価:A3.96
    「海猿」シリーズの羽住英一郎監督が香港映画『インファナル・アフェア』をリメイクした「潜入捜査編」。織田組に潜入捜査している警察官・森屋。だがある事件により、織田と警察は自らの組織にスパイがいることを確信する。西島秀俊、香川照之が共演。

    サスペンス

    ネット上の声

    「ディパーテッド」よりもいいリメイク
    見ないつもりが引き込まれていった。。
    評価が高かったので鑑賞
    いつのまにか出来てる。
    製作年:2012
    製作国:日本
    監督:羽住英一郎
    主演:伊藤かずえ
    20
  21. ジェネラル・ルージュの凱旋

    ジェネラル・ルージュの凱旋
    評価:A3.95
    現役医師・海堂尊の大ベストセラーを竹内結子と阿部寛の主演で映画化した、医療ミステリー『チーム・バチスタの栄光』の続編。ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)の異名を持つ切れ者の救命救急センター長にかけられた疑惑をめぐり、再び田口と白鳥が事件解明に挑む。

    サスペンス、医師、病院(医療モノ)

    ネット上の声

    お前の判断 イコール 俺の判断だ、自信を持って
    シリーズの主役ふたりを半歩退かせた演出が光る
    俳優陣の好演に裏打ちされた熱い人間ドラマ
    「チーム・バチスタの栄光」より断然面白い
    製作年:2009
    製作国:日本
    監督:中村義洋
    主演:竹内結子
    21
  22. 俺たちの明日

    俺たちの明日
    評価:A3.95
    天才的な泥棒が盗みに入った質屋で訳ありな男たちと遭遇したことから、思いも寄らぬトラブルに巻き込まれていくクライムムービー。『スイッチを押すとき』の監督・脚本コンビ、中島良と岡本貴也がタッグを組み、先の読めないスリリングなストーリーを構築。

    サスペンス

    ネット上の声

    最後の最後まで目が離せない!
    MAKIDAIカッコいいけど・・・
    なにが起こるか分からない
    久しぶりに脚本がしっかりした作品!
    製作年:2014
    製作国:日本
    監督:中島良
    主演:平田満
    22
  23. ダブルフェイス 偽装警察編

    ダブルフェイス 偽装警察編
    評価:A3.95
    西島秀俊と香川照之のW主演で贈るアクションドラマの「偽装警察編」。幼い頃、自分を拾ってくれた織田の命により警察官となった亮介は、警察の内部機密を織田に流す活動を続けていた。そんな折、亮介は織田の指示で政治家の娘・万里に接触するが…。

    サスペンス
    製作年:2012
    製作国:日本
    監督:羽住英一郎
    主演:西島秀俊
    23
  24. ガードセンター24 広域警備指令室

    ガードセンター24 広域警備指令室
    評価:A3.94


    アクション、サスペンス
    製作年:2016
    製作国:日本
    主演:中島健人
    24
  25. ヒメアノ~ル

    ヒメアノ~ル
    評価:A3.93
    過激な内容で話題になった古谷実の人気コミックを、V6の森田剛を主演に迎えて実写映画化。ビル清掃会社のパートタイマーの青年と同僚が織り成す至って普通の日々と、欲望のままに殺人を重ねるサイコキラーの心の闇を描く。

    サスペンス、殺人鬼が暴れる、漫画を実写化

    ネット上の声

    癖になるような衝撃不思議作品!
    怖い、より悲しい
    怖すぎる!!
    ラスト数分で恐怖は切なさへ(結末バレ注意)
    製作年:2015
    製作国:日本
    監督:吉田恵輔
    主演:森田剛
    25
  26. アフタースクール

    アフタースクール
    評価:A3.92
    長編デビュー作『運命じゃない人』がカンヌ国際映画祭4部門を受賞したほか、多数の映画賞に輝いている内田けんじ監督による新感覚エンターテインメント。30代になった、かつての同級生たちが織り成す“大人の放課後”を、細部まで練り込まれた脚本と巧みな構成で描く。

    サスペンス、コメディ、夏休みが舞台、どんでん返し、嘘つきが幸せ

    ネット上の声

    邦画ファンとしては応援したい監督ですね!
    作品の内容に一切触れなかった舞台挨拶。
    まさかこの人がキーマンだったとは。
    内田監督、次回作も期待してます!
    製作年:2008
    製作国:日本
    監督:内田けんじ
    主演:大泉洋
    26
  27. 彼女がその名を知らない鳥たち

    彼女がその名を知らない鳥たち
    評価:A3.91
    「九月が永遠に続けば」「ユリゴコロ」などの沼田まほかるの人気小説を実写映画化。同居する相手の稼ぎに依存しながらも彼を嫌い、家庭のある別の男性とも関係を持つ身勝手な女と、彼女に執着するさえない中年男の関係を軸に、究極の愛とは何かを問い掛ける。

    サスペンス

    ネット上の声

    籠の中にいるほうが幸せなのだろうか?
    惜しみなく与え、見返りを期待しない愛
    こんなの愛ではない!(演技は最高)
    見るものが無いなら見てもいい!
    製作年:2017
    製作国:日本
    監督:白石和彌
    主演:蒼井優
    27
  28. 怒り

    怒り
    評価:A3.91
    『横道世之介』『さよなら渓谷』などの原作者・吉田修一のミステリー小説を、『悪人』でタッグを組んだ李相日監督が映画化。現場に「怒」という血文字が残った未解決殺人事件から1年後の千葉、東京、沖縄を舞台に三つのストーリーが紡がれる群像劇で、前歴不詳の3人の男と出会った人々がその正体をめぐり、疑念と信頼のはざまで揺れる様子を描く。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、同性愛、群像劇

    ネット上の声

    残酷。それでも生きる時、湧き上がる感情。
    ゲイ視点で見ると重くつらい映画
    心揺さぶられる
    山神という男
    製作年:2016
    製作国:日本
    監督:李相日
    主演:渡辺謙
    28
  29. 犬神家の一族

    犬神家の一族
    評価:A3.91
    76年に角川映画の第1作として公開され大ヒットを記録した同タイトルを、市川崑監督&石坂浩二主演という当時のコンビのままで30年ぶりにリメイク。昭和22年、信州諏訪・犬神財閥の当主佐兵衛が逝去。犬神家の顧問弁護士である若林はその遺言書を巡って家族内で問題が起きることを予期し、東京から探偵の金田一耕助を諏訪へ呼び寄せる。だが、金田一が諏訪に着いた日に若林が殺害される。プロデューサーは「呪怨」「リング」の一瀬隆重。

    サスペンス

    ネット上の声

    ストーリーをよく理解するためには「よく、聞く、事」だ!
    初めての「犬神家の一族」体験記
    あの人のこと、忘れられない
    日本ミステリー映画の金字塔
    製作年:1976
    製作国:日本
    監督:市川崑
    主演:石坂浩二
    29
  30. 2夜連続「SP」スペシャル 革命前日

    2夜連続「SP」スペシャル 革命前日
    評価:A3.90


    アクション、サスペンス

    ネット上の声

    見ても見なくても映画には支障なし
    見逃した方には最適^^
    製作年:2011
    製作国:日本
    監督:波多野貴文
    主演:岡田准一
    30
  31. 紙の月

    紙の月
    評価:A3.89
    東京国際映画祭(2014年・観客賞)銀行勤めの平凡な主婦が引き起こした大金横領事件のてん末を描いた、『八日目の蝉』の原作などで知られる直木賞作家・角田光代の長編小説を映画化。まっとうな人生を歩んでいた主婦が若い男性との出会いをきっかけに運命を狂わせ、矛盾と葛藤を抱えながら犯罪に手を染めていく。

    サスペンス、犯罪、不倫

    ネット上の声

    セクハラジジイとクズ孫、そしてそのクズ孫に貢ぎ続ける主人公は盗癖女...
    事実は、小説よりも映画よりも奇也。
    大金で手に入れようとしたものとは?
    原作未読。ドラマ版未見。
    製作年:2014
    製作国:日本
    監督:吉田大八
    31
  32. クライマーズ・ハイ

    クライマーズ・ハイ
    評価:A3.88


    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    今の時代にこそ必要なドラマ
    映画版とはまったく趣向の違う映画
    重い命、想い命作品。
    熱い男達が見たいとき
    製作年:2005
    製作国:日本
    主演:佐藤浩市
    32
  33. SHARING

    SHARING
    評価:A3.88
    第19回釜山国際映画祭、第63回サンセバスチャン国際映画祭といった各国の映画祭で上映されたサスペンスドラマ。東日本大震災で亡くなった恋人の夢を見続ける社会心理学者と、演劇学科所属の女子大生を中心としたストーリーが展開する。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、ホラー

    ネット上の声

    311の心のインパクト
    画面を共有すること
    演出・脚本の凄さ
    なんか怖いはなし
    製作年:2014
    製作国:日本
    監督:篠崎誠
    主演:山田キヌヲ
    33
  34. 白と黒

    白と黒
    評価:A3.88
     橋本忍のオリジナル脚本を堀川弘通が監督した推理サスペンス。二転三転するシナリオ、武満徹による音楽、俳優たちの演技も見応えがある。

    サスペンス

    ネット上の声

    ミステリー
    いつ見ても衝撃的ストーリーです。
    もっと格好良い病気なら良かったのにね
    邦画の傑作!裁判外の場外乱闘(笑)
    製作年:1963
    製作国:日本
    監督:堀川弘通
    主演:小林桂樹
    34
  35. マスカレード・ホテル

    マスカレード・ホテル
    評価:A3.87
    東野圭吾の小説「マスカレード」シリーズ第1弾「マスカレード・ホテル」を実写化したミステリー。連続殺人事件の新たな現場になるとされたホテルを舞台に、エリート刑事とホテルの従業員が犯人を追う。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    事件が解決してもなぜかスッキリしない
    テレビ映画
    製作年:2018
    製作国:日本
    監督:鈴木雅之
    主演:木村拓哉
    35
  36. 探偵はBARにいる3

    探偵はBARにいる3
    評価:A3.85
    大泉洋と松田龍平の共演で映画化した『探偵はBARにいる』シリーズ第3弾。今回も札幌のススキノを舞台に、大泉演じる探偵と松田演じる高田の名コンビが女子大生失踪事件の真相に迫る様子を活写する。

    サスペンス

    ネット上の声

    命を燃やせるものは、あるか?
    稚内の毛ガニはおっかない!
    探偵はつらいよ!第3弾!!
    意外とはずさない。
    製作年:2017
    製作国:日本
    監督:吉田照幸
    主演:大泉洋
    36
  37. 殺人狂時代

    殺人狂時代
    評価:A3.85
    都筑道夫の『なめくじに聞いてみろ』を鬼才・岡本喜八が映画化。日本映画としては異色な、グロテスクな殺しのサスペンス・コメディとなっている。人口調節のため無駄な人間を殺すことを目的とした団体“大日本人口調節審議会“は、大学講師の信治に次々と殺し屋を差し向ける。信治の背中の傷に隠された、ヒトラーのダイヤモンドを狙っているのだ。信治は女性記者の啓子とコソ泥のビルの協力を得て、殺し屋を倒していく……。元ナチスの将校、義眼に毒針を仕込んだ女など登場人物が一癖も二癖もあり、次の展開が読めない面白さがある。また、役名も“オバQ““アトム““ソラン“など人を食った名前がつけられている。

    サスペンス

    ネット上の声

    漫画的・超現実的:岡本作品の度量の大きさ
    シュールなテンポに振り回される奇妙な映画
    天本英世が死神博士になった映画かもね。
    コメディー?シリアスなサスペンスもの?
    製作年:1967
    製作国:日本
    監督:岡本喜八
    主演:仲代達矢
    37
  38. 沙粧妙子 -帰還の挨拶-

    沙粧妙子 -帰還の挨拶-
    評価:A3.85


    ヒューマンドラマ、サスペンス
    製作年:1997
    製作国:日本
    主演:浅野温子
    38
  39. 彼奴(きゃつ)を逃すな

    彼奴(きゃつ)を逃すな
    評価:A3.83


    サスペンス

    ネット上の声

    「七人の侍」で恋に落ちた二人が・・・
    なかなかやる
    お勧めです
    ラジオが団欒の中心だった頃
    製作年:1956
    製作国:日本
    監督:鈴木英夫
    主演:木村功
    39
  40. DEATH NOTE デスノート the Last name

    DEATH NOTE デスノート the Last name
    評価:A3.83
    「週刊少年ジャンプ」で連載がスタートするやいなや、ショッキングなストーリーが話題となった大人気コミックの映画化第2作。前編として公開された第1作のラストから続く後編では、書き込んだ名前の人間に死をもたらすことができる不思議なノート“デスノート”を所有する天才青年、夜神月(やがみライト)と、彼を追うもう1人の天才、L(エル)との対決が繰り広げられる。

    サスペンス、殺人鬼が暴れる、漫画を実写化

    ネット上の声

    松山ケンイチ、君がいて良かった
    Lがかっこいい!!! 面白かった
    原作との違いの明暗
    面白い和製SF映画
    製作年:2006
    製作国:日本
    監督:金子修介
    主演:藤原竜也
    40
  41. ST 警視庁科学特捜班

    ST 警視庁科学特捜班
    評価:A3.83


    サスペンス

    ネット上の声

    良い映画でした
    製作年:2013
    製作国:日本
    主演:藤原竜也
    41
  42. 22年目の告白-私が殺人犯です-

    22年目の告白-私が殺人犯です-
    評価:A3.82
    未解決のまま時効を迎えた連続殺人事件の犯人が殺人に関する手記を出版したことから、新たな事件が巻き起こるサスペンス。韓国映画『殺人の告白』をベースに、『SR サイタマノラッパー』シリーズなどの入江悠監督がメガホンを取り、日本ならではの時事性を加えてアレンジ。

    サスペンス

    ネット上の声

    なんでわしが総理の時にこんな大事件ばかり起こるんじゃ!
    サスペンス好きほど酷評になるかも。だが…
    入江監督と北島Pのティーチイン試写会ルポ
    公開前なのになぜ☆一つがこれほど
    製作年:2017
    製作国:日本
    監督:入江悠
    主演:藤原竜也
    42
  43. 八日目の蝉

    八日目の蝉
    評価:A3.82
    日本アカデミー賞(2012年・3部門)子どもを身ごもるも、相手が結婚していたために出産をあきらめるしかない希和子(永作博美)は、ちょうど同じころに生まれた男の妻の赤ん坊を誘拐して逃亡する。しかし、二人の母娘としての幸せな暮らしは4年で終わる。さらに数年後、本当の両親にわだかまりを感じながら成長した恵理菜(井上真央)は大学生になり、家庭を持つ男の子どもを妊娠してしまう。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、誘拐

    ネット上の声

    名演光る秀作。母親としての最後の言葉とは
    「貴女は少しも悪くない、少しも悪くない」
    最後まで拭えない葛藤
    執着を解き放って
    製作年:2011
    製作国:日本
    監督:成島出
    主演:井上真央
    43
  44. タロット探偵 ボブ西田

    タロット探偵 ボブ西田
    評価:A3.82
    長野県を舞台にした異色の探偵ムービー。タロットを駆使して難事件や怪事件を解決する私立探偵ボブ西田が、謎めいた美女との遭遇をきっかけに思いもよらない事態に巻き込まれる。

    サスペンス、探偵

    ネット上の声

    昔の探偵モノが好きならたぶん楽しめる
    コミカルとシリアスの良いバランス
    楽しい気分
    テンポよく面白く、画も格好いい
    製作年:2016
    製作国:日本
    監督:山崎賢
    主演:高山猛久
    44
  45. 告白

    告白
    評価:A3.82
    日本アカデミー賞(2011年・3部門)2009年本屋大賞に輝いた湊かなえの同名ベストセラー小説を原作に、教え子にまな娘を殺された中学校教師の復讐(ふくしゅう)を描くミステリー。『嫌われ松子の一生』の中島哲也監督がメガホンを取り、事件にかかわった関係者たちの告白によって真相が明らかになっていく緊張感あふれるドラマを作り上げた。

    サスペンス、復讐、中学校

    ネット上の声

    純粋に面白かったと思う
    劇的に描かれた空虚
    定期的に見たくなる
    なんてね。
    製作年:2010
    製作国:日本
    監督:中島哲也
    主演:松たか子
    45
  46. 見えない目撃者

    見えない目撃者
    評価:A3.82
    韓国映画『ブラインド』を、『音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!』などの吉岡里帆主演でリメイクしたサスペンス。視力を失った主人公が誘拐事件の解決に挑む。

    サスペンス
    製作年:2019
    製作国:日本
    監督:森淳一
    主演:吉岡里帆
    46
  47. 狼
    評価:A3.81
    新藤兼人のオリジナル脚本を自ら監督した近代映協の自主製作作品。貧しい戦争未亡人、自動車修理工、映画脚本家、元銀行員らが、互いに励まし合って懸命に働くがうまくいかず、やむなく銀行強盗に手を染める姿を描く。冷徹な客観描写が貫かれ、出口なき状況に置かれた人間たちの絶望的な心理をリアルに伝えている。

    サスペンス

    ネット上の声

    今そこにある現実的描写が素晴らしい
    映画は、弱き者たちの「味方」たれ!
    新藤兼人監督の “心眼”
    やるせない・・・
    製作年:1955
    製作国:日本
    監督:新藤兼人
    主演:乙羽信子
    47
  48. チャイニーズ・ディナー

    チャイニーズ・ディナー
    評価:A3.80
     高級中華料理店の一室という限定空間で繰り広げられる店のオーナーと殺し屋との息詰まるやりとりをスタイリッシュに描いた異色心理サスペンス。監督は「池袋ウエストゲートパーク」「ケイゾク/映画 Beautiful Dreamer」の鬼才・堤幸彦。

    サスペンス

    ネット上の声

    レンタルとかテレビ放映とかでお腹いっぱい
    死の晩餐へようこそ…
    製作年:2000
    製作国:日本
    監督:堤幸彦
    主演:柳葉敏郎
    48
  49. けものみち

    けものみち
    評価:A3.79
    『野獣死すべし』の監督・脚本コンビが松本清張の長編に挑んだサスペンス大作。寝たきりの夫を焼き殺し、政界の黒幕・鬼頭の愛妾となった民子。贅沢な暮らしを楽しみながらも満たされない欲望を抱えた彼女には、忘れられないひとりの男がいた。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    けもの臭が充満、窓を開けて見よう。
    竜頭蛇尾だね
    けものとは?
    池部支配人が素敵
    製作年:1965
    製作国:日本
    監督:須川栄三
    主演:池内淳子
    49
  50. メランコリック

    メランコリック
    評価:A3.79
    名門大学を卒業後、うだつの上がらぬ生活を送っていた和彦は、とある銭湯でアルバイトを始める。ある日和彦は、その銭湯の風呂場が閉店後、“人を殺す場所”として貸し出されていることを知る。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、青春
    製作年:2018
    製作国:日本
    監督:田中征爾
    主演:皆川暢二
    50

スポンサードリンク