全44作品。スパイ系のサスペンス映画ランキング

  1. ブラックブック

    ブラックブック
    評価:A4.00
    オースティン映画批評家協会賞(2007年・外国語映画賞)第二次世界大戦ナチス・ドイツ占領下のオランダで、家族をナチスに殺された若く美しいユダヤ人歌手の復しゅうを描いたサスペンスドラマ。鬼才ポール・ヴァーホーヴェン監督が23年ぶりに故国オランダに戻り、過酷な運命に翻弄されながらも戦火の中で生き抜く女性の壮絶なドラマを撮り上げた。

    サスペンス、戦争

    ネット上の声

    ハリウッドにはない黒い部分を描けたらしい
    地獄は、戦争ではなく、人の心の中にある
    重い内容ながら飽きのこないよい作品!
    黒表紙の手帳 近年稀なる真摯な映画
    製作年:2006
    製作国:オランダ/ドイツ/イギリス/ベルギー
    監督:ポール・ヴァーホーヴェン
    主演:カリス・ファン・ハウテン
    1
  2. インセプション

    インセプション
    評価:A3.94
    アカデミー賞(2011年・4部門)『ダークナイト』の気鋭の映像作家、クリストファー・ノーラン監督がオリジナル脚本で挑む、想像を超えた次世代アクション・エンターテインメント大作。人の夢の世界にまで入り込み、他人のアイデアを盗むという高度な技術を持つ企業スパイが、最後の危険なミッションに臨む姿を描く。

    アクション、サスペンス、SF、どんでん返し

    ネット上の声

    インセプション
    訳がわからん
    夢世界を映像化しているのは良いが構成「分かりにくい」のが難点。
    発想は面白い。 雪でのステージはつまらない。 その前までは最高
    元監督志望
    映画にはうるさい
    ★★★★(4点)
    うーん。面白いものの、理解が難しい映画です。 夢と現実、2つの世界が登場するのですが、その説明が不十分のため、舞台設定のルールを読み解くのが大変。2回見てようやく内容が理解できました。全容が分かれば面白いですし、ラストも見ごたえあります。
    製作年:2010
    製作国:アメリカ
    監督:クリストファー・ノーラン
    主演:レオナルド・ディカプリオ
    2
  3. レッド・オクトーバーを追え!

    レッド・オクトーバーを追え!
    評価:B3.79
    アカデミー賞(1991年・音響編集賞) 大西洋に突然出現したソ連の最新原子力潜水艦レッド・オクトーバーをめぐって繰り広げられる米ソ戦略を描いたトム・クランシーの同名ベストセラーを「ダイ・ハード」のJ・マクティアナンが監督した大作。

    アクション、サスペンス

    ネット上の声

    原子力潜水艦へ乗り込むジャック・ライアン
    観直して評価が落ちました、ハイ...
    まさに緊張緩和(爆)
    原作と映画の違い。
    製作年:1990
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・マクティアナン
    主演:ショーン・コネリー
    3
  4. レッド・スパロー

    レッド・スパロー
    評価:B3.70
    元CIAエージェントの作家、ジェイソン・マシューズの小説が原作のスパイアクション。バレリーナからスパイになった美女が、CIA捜査官への接近を命じられたのを機に思わぬ事態に陥る。

    サスペンス、スパイ

    ネット上の声

    高度な訓練がいるのは当たり前、との気づき
    今までとは違ったスパイものだったけど…
    国是はミッシングピースに成り得るか?
    騙し騙され二転三転悲しき女スパイ誕生
    製作年:2018
    製作国:アメリカ
    監督:フランシス・ローレンス
    主演:ジェニファー・ローレンス
    4
  5. 陸軍中野学校

    陸軍中野学校
    評価:B3.69
     「陸軍中野学校」シリーズ第一目。日本陸軍のスパイ養成機関“陸軍中野学校”の活動をリアルなタッチで描いた。

    サスペンス

    ネット上の声

    面白かった。かっこよかった。続きが観たい
    懐古趣味に趣向を凝らした本邦スパイ映画
    失うことに慣れてしまったら
    日本のスパイ映画ならこれ
    製作年:1966
    製作国:日本
    監督:増村保造
    主演:市川雷蔵
    5
  6. エネミー・オブ・アメリカ

    エネミー・オブ・アメリカ
    評価:B3.64
    プライバシーを知らぬ間に侵害され追われる身となったひとりの男の苦闘を措くサスペンス。監督は「クリムゾン・タイド」「ザ・ファン」のトニー・スコット。脚本は「ハーヴェスト」のデイヴィッド・マルコーニ。製作は「アルマケドン」のジェリー・ブラッカイマー。製作総指揮は「アルマゲドン」のチャド・オーメン、「ザ・ファン」のジェームズ・W.スコッチドポール、「めぐり逢い」のアンドリュー・Z・デイヴィス。撮影は「GIジェーン」の西海岸ユニット部分の撮影を務めたダン・ミンデル。音楽は「アルマゲドン」のトレバー・ラビンと「アンツ」のハリー・グレッグソン=ウィリアムズ。美術は「トゥルー・ロマンス」のベンジャミン・フ…

    アクション、サスペンス

    ネット上の声

    演技・主題・物語が高次元でうまくバランスされた秀作
    ラストの爽快さったらないですよ!!
    いまやこの世界は絵空事ではない。
    情報機器とプライバシーの考察
    製作年:1998
    製作国:アメリカ
    監督:トニー・スコット
    主演:ウィル・スミス
    6
  7. フェアウェル さらば、哀しみのスパイ

    フェアウェル さらば、哀しみのスパイ
    評価:B3.61
    ソ連崩壊の大きなきっかけとなったといわれる20世紀最大級のスパイ事件の一つ“フェアウェル事件”を映画化したサスペンス。冷戦時代のソ連から西側に機密情報を大量に提供したKGB幹部の孤独な戦いを、『戦場のアリア』のクリスチャン・カリオン監督が描き出す。

    サスペンス、スパイ、実話

    ネット上の声

    超難解!重厚だが娯楽的サービス精神は無し
    知らなかったことを知ることができるが…
    スターウォーズ構想の真実。
    本当に悲しみのスパイです
    製作年:2009
    製作国:フランス
    監督:クリスチャン・カリオン
    主演:エミール・クストリッツァ
    7
  8. ゼロ・ダーク・サーティ

    ゼロ・ダーク・サーティ
    評価:B3.59
    アカデミー賞(2013年・音響編集賞)911全米同時多発テロの首謀者にしてテロ組織アルカイダの指導者、ビンラディンの殺害計画が題材のサスペンス。CIAの女性分析官の姿を通し、全世界を驚がくさせた同作戦の全貌を描き出す。

    サスペンス、テロリストとの死闘を描いた

    ネット上の声

    アメリカの傲慢さを描いている痛い映画。
    アメリカは報復を肯定するのか
    アメリカはどこに行くのか?
    ドキュメンタリーになるのかね? へーって感じだったけど、そこまで面...
    製作年:2012
    製作国:アメリカ
    監督:キャスリン・ビグロー
    主演:ジェシカ・チャステイン
    8
  9. 陸軍中野学校 密命

    陸軍中野学校 密命
    評価:C3.59
     「陸軍中野学校」シリーズ第四作。イギリスのスパイ“キャッツ・アイ”を探し出すという、ミステリー色の強い一本。

    サスペンス

    ネット上の声

    シリーズ最優秀の出来。
    キャッツ・アイ
    '15 上海 椎名が逮捕される
    よく出来たサスペンス
    製作年:1967
    製作国:日本
    監督:井上昭
    主演:市川雷蔵
    9
  10. 外事警察 その男に騙されるな

    外事警察 その男に騙されるな
    評価:C3.58
    対国際テロ捜査に奔走する“日本のCIA”警視庁公安部外事課の活躍を描いた、NHKの人気テレビドラマを映画化したサスペンス。『静かな生活』の渡部篤郎、『クライマーズ・ハイ』の尾野真千子ら、再結集を果たしたテレビドラマ版のメンバーに加え、『食客』のキム・ガンウ、『男たちの挽歌 A BETTER TOMORROW』のイム・ヒョンジュンなど、韓国の実力派俳優が共演。

    サスペンス

    ネット上の声

    そうだ!役者の魔物…渡部篤郎を観に行こう
    キケン!息がつけなくて呼吸困難寸前に!
    後半のスピードアップは見事
    善悪では語れない
    製作年:2012
    製作国:日本
    監督:堀切園健太郎
    主演:渡部篤郎
    10
  11. メサイア外伝 -極夜 Polar night-

    メサイア外伝 -極夜 Polar night-
    評価:C3.56
    高殿円の小説を基に、ドラマCDやコミック、舞台などメディアミックス展開を行う「メサイア・プロジェクト」の劇場版第4弾。周康哉と三栖公俊の関係を主軸に、究極の平等を実現させるため数々のテロ行為に関与してきた二人の苦悩や戦いを描く。

    アクション、サスペンス、スパイ、漫画を実写化
    製作年:2017
    製作国:日本
    監督:山口洋輝
    主演:玉城裕規
    11
  12. 裏切りのサーカス

    裏切りのサーカス
    評価:C3.52
    英国アカデミー賞(2011年・2部門)元MI6諜報(ちょうほう)員の経歴を持つ作家ジョン・ル・カレによる人気スパイ小説を、『ぼくのエリ 200歳の少女』のトーマス・アルフレッドソン監督が映画化したサスペンス。英国諜報組織の中枢に20年も潜入しているソ連の二重スパイを捜すため、引退生活から呼び戻されたスパイが敵味方の区別もつかない中で真相に迫る姿を描く。

    サスペンス

    ネット上の声

    ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ
    渋〜い 恐〜い 難 ( むず ) 〜い。
    私にとって三重苦の作品(>_<;)
    カーラってだ〜れ???
    製作年:2011
    製作国:イギリス/フランス/ドイツ
    監督:トーマス・アルフレッドソン
    主演:ゲイリー・オールドマン
    12
  13. フェア・ゲーム

    フェア・ゲーム
    評価:C3.51
    イラクに大量破壊兵器が存在しないことを公表したために、アメリカ政府の厳しい報復に遭った元CIAの女性エージェントの実話「プレイム事件」を映画化したクライム・サスペンス。『ボーン・アイデンティティー』『Mr.&Mrs.スミス』のダグ・リーマンがメガホンを取り、CIA諜報(ちょうほう)員役のナオミ・ワッツと元大使役のショーン・ペンが夫婦役で共演。

    サスペンス、スパイ、実話

    ネット上の声

    最後に実話と知ってビックリ!怖ぇなぁ〜
    アメリカのインチキ戦争の真相と裏側。
    アメリカという国の傲慢と良心
    「良い」にしたいけど、どうにも緊迫感がナイ。
    製作年:2010
    製作国:アメリカ
    監督:ダグ・リーマン
    主演:ナオミ・ワッツ
    13
  14. 国家の女リトルローズ

    国家の女リトルローズ
    評価:C3.49
    東西冷戦下の東欧で政治に利用された女スパイの葛藤と悲しみを、実話に基づいて描いたサスペンス。67年、ユダヤ人狩りが開始されたポーランド。歴史家で大学教授のアダムは、官能的な美女・カミラと恋に落ち結婚を申し込むが、彼女は国家スパイで…。

    サスペンス、スパイ、実話

    ネット上の声

    1967年のポーランド
    どこまで実話?
    すごくよかった。
    好みが分かれる
    製作年:2010
    製作国:ポーランド
    監督:ヤン・キダヴァ・プロンスキ
    主演:マグダレーナ・ボチャルスカ
    14
  15. 誰よりも狙われた男

    誰よりも狙われた男
    評価:C3.47
    2014年2月に急逝したフィリップ・シーモア・ホフマン最後の主演作となった、ジョン・ル・カレの小説を実写化したスパイサスペンス。ドイツのハンブルクを舞台に、対テロ諜報(ちょうほう)チームを率いる男がテロリストの資金源となっている者の正体をつかんでいく。

    サスペンス
    製作年:2013
    製作国:アメリカ,イギリス,ドイツ
    監督:アントン・コルベイン
    主演:フィリップ・シーモア・ホフマン
    15
  16. 陸軍中野学校 竜三号指令

    陸軍中野学校 竜三号指令
    評価:C3.44
     「陸軍中野学校」シリーズ第三作。上海を舞台に、和平交渉団の情報を漏らした敵スパイと対決する。

    サスペンス
    製作年:1967
    製作国:日本
    監督:田中徳三
    主演:市川雷蔵
    16
  17. ディパーテッド

    ディパーテッド
    評価:C3.41
    アカデミー賞(2007年・4部門)犯罪者の一族に生まれたビリー(レオナルド・ディカプリオ)は、自らの生い立ちと決別するため警察官を志し、優秀な成績で警察学校を卒業。しかし、警察に入るなり、彼はマフィアへの潜入捜査を命じられる。一方、マフィアのボス、コステロ(ジャック・ニコルソン)にかわいがられて育ったコリン(マット・デイモン)は、内通者となるためコステロの指示で警察官になる。

    サスペンス

    ネット上の声

    ジャック・ニコルソンがヤバい
    そして誰もいなくなった。 悪党の世話を受け警官となり、悪党に内通す...
    豪華俳優陣での「インファナル・アフェア」のリメイク映画。
    マーティン・シーンはやっぱりいい人役ですね。
    製作年:2006
    製作国:アメリカ
    監督:マーティン・スコセッシ
    主演:レオナルド・ディカプリオ
    17
  18. アメリカを売った男

    アメリカを売った男
    評価:C3.39
    野心家の若きFBI訓練捜査官オニール(ライアン・フィリップ)は、ある日上司のバロウズ(ローラ・リニー)に呼び出される。彼はFBIのナンバーワン特別捜査官、ロバート・ハンセン(クリス・クーパー)とともに新設される“情報管理部”で仕事をするよう指令を受ける。だが、実際の彼の任務はハンセンの行動を逐一上司に報告することだった。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、スパイ、実話

    ネット上の声

    内容は読めますが、相当なスリルを味わえる
    クリス・クーパーの主演作ってほかにある?
    つい応援したくなる、ライアン・フィリップ
    2001年の出来事というのに驚きました
    製作年:2007
    製作国:アメリカ
    監督:ビリー・レイ
    主演:クリス・クーパー
    18
  19. ペイド・バック

    ペイド・バック
    評価:C3.29
    2007年のイスラエル映画「The Debt」をハリウッドリメイクしたスパイサスペンス。1965年、イスラエルの秘密諜報機関モサドの工作員レイチェル、スティーブン、デイビッドは、ナチスの戦犯ボーゲルを捕らえるべく東ドイツに潜入する。ボーゲルが逃亡を図ったためやむを得ず射殺したものの、帰国した3人は英雄として讃えられる。そして1997年、デイビッドが謎の自殺を遂げる。その背後には、30年前の作戦に関する重大な秘密が隠されていた。

    サスペンス

    ネット上の声

    レイチェルを演じた二人が素晴しい作品
    The debt だから paid back するのか??
    ○上質で完成度の高いスパイ映画
    30年前についた嘘の代償
    製作年:2010
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・マッデン
    主演:ヘレン・ミレン
    19
  20. 今そこにある危機

    今そこにある危機
    評価:C3.27
    「レッド・オクトーバーを追え!」「パトリオット・ゲーム」に続き、CIAの情報アナリスト、ジャック・ライアンの活躍を描いた大型エンターテインメント・シリーズの第3弾。原作はトム・クランシーの小説『今、そこにある危機』(文藝春秋刊)で、「パトリオット・ゲーム」も手掛けたオーストラリア出身のフィリップ・ノイスが監督に当たった。スケール豊かな原作を脚色したのは、前2作も担当したドナルド・スチュワート、「シンドラーのリスト」のスティーヴン・ザイリアン、「ビッグ・ウェンズデー」などで監督としても活躍するジョン・ミリアスの3人。製作は「パトリオット・ゲーム」「ビバリーヒルズ・コップ3」のコンビ、メイス・ニ…

    サスペンス

    ネット上の声

     CIA情報担当副長官のジャック・ライアンが静かに大統領に語る。
    時代によって変わる危機
    最後まで楽しめました
    トムクランシー原作の
    製作年:1994
    製作国:アメリカ
    監督:フィリップ・ノイス
    主演:ハリソン・フォード
    20
  21. アサインメント

    アサインメント
    評価:C3.26
    国際的テロリスト逮捕のため彼の替え玉に選ばれた男の苦闘を描いたサスペンス・アクション。実在のテロリスト、カルロス・サンチェスの逮捕時の取材を基に映画化。監督は「スクリーマーズ」のクリスチャン・デュゲイ。脚本は「告発」のダン・ゴードンとテロリスト研究の権威サビ・H・サブタイの共同。製作は「スクリーマーズ」のトム・ベリーと「スキャナース2」のフランコ・バチスタ。撮影はデイヴィッド・フランコ。音楽はノーマンド・コーベイル。美術は「スキャナース3」のマイケル・ジョイ。編集はイヴ・ラングロワ。出演は「マイケル・コリンズ」のアイダン・クイン、「同居人 背中の微かな笑い声」のドナルド・サザーランド、「死と…

    アクション、サスペンス、テロリストとの死闘を描いた

    ネット上の声

    実際の諜報戦に比べれば007はピーナツ
    硬派なエンターテインメントで見せる
    これが実話だとすると類似の映画は?
    実在するテロリストのカルロス
    製作年:1997
    製作国:アメリカ
    監督:クリスチャン・デュゲイ
    主演:エイダン・クイン
    21
  22. 影なき狙撃者

    影なき狙撃者
    評価:C3.26
    ゴールデン・グローブ賞(1962年) 朝鮮戦争の最中、中共軍の捕虜となったマーコ大尉の小隊はのちに釈放され、本国へ帰還。その後、マーコは不可解な夢を見るようになっていた。やがてマーコの部下だったショウの妻とその父親が何者かに殺されるという事件が起こる。洗脳による恐るべき暗殺計画がついに決行される! 名匠ジョン・フランケンハイマー監督の代表作として知られるサスペンス・スリラー。リバイバル公開時のタイトルは、「失われた時を求めて」。04年にリメイク「クライシス・オブ・アメリカ」も製作された。

    サスペンス

    ネット上の声

    ちょっと解りにくいサスペンス・・・
    クセモノ、L・ハーベイがいい
    中国側の怖さ
    リメイク版も面白いけれど・・・
    製作年:1962
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・フランケンハイマー
    主演:フランク・シナトラ
    22
  23. 三重スパイ

    三重スパイ
    評価:C3.25
    2010年に他界したフランスの巨匠エリック・ロメールが03年に発表したサスペンス。1930年代のパリで実際に起こったスパイ事件をもとに、ロシア白軍の元軍人がスパイ活動に従事する姿を当時のニュース映像や夫婦の会話劇を中心に描き出していく。ギリシャ人の妻アルシノエとともにフランスへ亡命してきたロシア帝政軍の将校フョードルは、在仏ロシア軍人協会の事務員として働いていた。やがてスペインで内戦が勃発するとフョードルの出張が多くなり、アルシノエが問いただすとフョードルは諜報活動を行っていることを密かに打ち明ける。やがて、そんなフョードルの行動に疑惑を抱く者が現れ……。

    サスペンス

    ネット上の声

    確かに予習は必要かも
    ちょっと甘かったかな
    予習が必要でした。
    あいまいなスパイが消えるとき
    製作年:2003
    製作国:フランス
    監督:エリック・ロメール
    主演:カテリーナ・ディダスカル
    23
  24. カンパニー・マン

    カンパニー・マン
    評価:C3.24
    98年に日本で超ロングラン・ヒットした「CUBE」のビンチェンゾ・ナタリ監督。その5年振りの新作は、60年代のスパイ映画やSF映画へのオマージュを盛り込み、人間の記憶をモチーフに描く異色サスペンス。 アニメ・スタジオのストーリーボード・アーティスト出身監督ならではの、映像展開にも注目。 主演はロバート・アルトマン監督の「ゴスフォード・パーク」などで活躍の英国俳優ジェレミー・ノーザム。「チャーリーズ・エンジェル フルスロットル」「シカゴ」「キル・ビル」と話題作の控えるルーシー・リューが共演。

    サスペンス、どんでん返し

    ネット上の声

    『ユージュアル・サスペクツ』的要素もあり
    「この映画はラブ・ストーリーなんです」
    最初と最後、主人公の変貌ぶりが見もの
    あっちへウロウロ、こっちへウロウロ。
    製作年:2002
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィンチェンゾ・ナタリ
    主演:ジェレミー・ノーサム
    24
  25. 引き裂かれたカーテン

    引き裂かれたカーテン
    評価:C3.24
    ヒッチコック監督の50本記念作品。ブライアン・ムーアが自分の原作を脚色、「マーニー」のヒッチコックが演出したスパイ推理ドラマ。撮影をジョン・F・ウォレン、音楽はジョン・アディソンが担当している。主演は、「動く標的」のポール・ニューマンと「サウンド・オブ・ミュージック」のジュリー・アンドリュース。彼等をめぐり「その男ゾルバ」のリラ・ケドロワ、「栄光への脱出」のルドウィヒ・ドナート、バレリーナのタマラ・トゥマノヴァが絡んでいる。製作も、ヒッチコックが兼ねている。

    サスペンス

    ネット上の声

    ヒッチコックは外さない、安定したサスペンス。出演者の顔ぶれも何気に...
    カーテンって、そっちのカーテンのことね〜
    どうしたんですか、ヒッチコック先生!
    なかなかのスリル・サスペンス・・・
    製作年:1966
    製作国:アメリカ
    監督:アルフレッド・ヒッチコック
    主演:ポール・ニューマン
    25
  26. マーキュリー・ライジング

    マーキュリー・ライジング
    評価:C3.24


    アクション、サスペンス、自閉症、逃亡劇
    製作年:1998
    製作国:アメリカ
    監督:ハロルド・ベッカー
    主演:ブルース・ウィリス
    26
  27. サイレント・ウォー

    サイレント・ウォー
    評価:D3.22
    共産党と国民党の衝突で内戦状態にある中国。劣勢に陥った国民党は台湾に逃れたが、その残党の動向を探るために共産党は701部隊を設立して通信傍受と暗号解読に奔走していた。同部隊諜報(ちょうほう)員・張学寧(ジョウ・シュン)は、人並み外れた聴力を誇る盲目のピアノ調律師・何兵(トニー・レオン)と上海で出会い、彼を部隊のメンバーにすることに。モールス信号などの通信技術について学んだ何兵が国民党の通信を発見していく中、張は謎に包まれた国民党の大物スパイ・重慶を捕捉しようとわなを張り巡らせていた。

    サスペンス
    製作年:2012
    製作国:中国/香港
    監督:アラン・マック
    主演:トニー・レオン
    27
  28. 顔のないスパイ

    顔のないスパイ
    評価:D3.05
    ある晩、ロシア寄りのアメリカ上院議員が暗殺され、その手口からすでに死んだはずのソビエトの殺し屋「カシウス」の名前が挙がる。CIA長官(マーティン・シーン)は、誰よりも伝説の暗殺者に詳しい元諜報部員ポール(リチャード・ギア)を呼び戻し調査を依頼。カシウスに魅了された若手FBI捜査官ベン(トファー・グレイス)と手を組ませる。

    サスペンス

    ネット上の声

    わかりやすくなってるので衝撃ではないなー
    ネタバレではないと思うけど、念のため・・
    せっかくの設定も、描ききることができず
    Wスパイなのね!(ネタバレってやつ!)
    製作年:2011
    製作国:アメリカ
    監督:マイケル・ブラント
    主演:リチャード・ギア
    28
  29. 陸軍中野学校 雲一号指令

    陸軍中野学校 雲一号指令
    評価:D3.00
    「複雑な彼」の長谷川公之がシナリオを執筆、「ほんだら捕物帖」の森一生が監督したシリーズ第二作目。撮影は「若親分乗り込む」の今井ひろし。

    サスペンス

    ネット上の声

    一作目と連続で鑑賞したせいかちょっと迫力に欠けたがストーリーも良く...
    作りが安っぽい
    ロケ地に注目
    中野学校の防諜作戦
    製作年:1966
    製作国:日本
    監督:森一生
    主演:市川雷蔵
    29
  30. コードネームはファルコン

    コードネームはファルコン
    評価:D2.98
    2人のアメリカ青年をスパイ活動に駆りたてた複雑な人間関係と政治的背景を描くスパイ・アクション。製作はガブリエル・カッカとジョン・シュレシンジャー、エグゼクティヴ・プロデューサーはジョン・デイリー、共同製作はエドワード・ティーツ、監督は「ヤンクス」のシュレシンジャー、原作はロバート・リンゼイ(河出書房刊)、脚本はスティーヴン・ザイリアン、撮影はアレン・ダヴュー、音楽はパット・メセニーとライル・メイズが担当。出演はテイモシー・ハットン、ショーン・ペンなど。

    サスペンス、スパイ、実話
    製作年:1985
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・シュレシンジャー
    主演:ティモシー・ハットン
    30
  31. トパーズ

    トパーズ
    評価:D2.92
    サスペンス映画の巨匠ヒッチコックが、「引き裂かれたカーテン」以来、3年ぶりにメガホンをとった作品。62年のキューバ危機、緊迫化する東西両陣営の背後で暗躍するスパイを描いた作品。製作・監督はアルフレッド・ヒッチコック、共同製作はハーバート・コールマン。レオン・ユーリスの同名小説をサム・テイラーが脚色。撮影はジャック・ヒルドヤード、音楽はモーリス・ジャール、編集はウィリアムス・H・ジーグラーがそれぞれ担当。出演は「アルデンヌの戦い」のフレデリック・スタフォード、「渚のデイト」のダニー・ロバン、「冷血」のジョン・フォーサイス、「夕陽に向って走れ」のジョン・ヴァーノン、「007は二度死ぬ」のカリン・…

    サスペンス

    ネット上の声

    ヒッチコックという冠をとってみれば・・・
    ヒッチコックのネームバリューに釣られ鑑賞
    スパイものとしてはまあまあ・・・
    まあ、こういうこともある。
    製作年:1969
    製作国:アメリカ
    監督:アルフレッド・ヒッチコック
    主演:フレデリック・スタフォード
    31
  32. サバイバー

    サバイバー
    評価:D2.83
    『バイオハザード』シリーズなどのミラ・ジョヴォヴィッチと『007』シリーズなどのピアース・ブロスナンが共演し放つアクション。爆破テロ犯人のぬれぎぬを着せられた外交官が、未曽有の危機からアメリカを救おうと孤軍奮闘する姿を描く。

    サスペンス、冤罪、逃亡劇

    ネット上の声

    アメリカ警察VSイスラム過激派。
    女性版ジャック・バウアー大活躍!!
    ラストがあっさりしすぎやろwww
    始めは面白かったけど。。
    製作年:2015
    製作国:アメリカ,イギリス
    監督:ジェームズ・マクティーグ
    主演:ミラ・ジョヴォヴィッチ
    32
  33. 殺しのナンバー

    殺しのナンバー
    評価:D2.79
    任務中にミスを犯し、イングランド東部にあるCIAの乱数放送局へと飛ばされたエージェントのエマーソン(ジョン・キューザック)。そこで送信係を務める暗号作成のエキスパート、キャサリン(マリン・アッカーマン)の護衛をすることに。温かなキャサリンの人柄に触れ、殺伐とした世界で負ってきた心の傷を癒やすエマーソン。だが、彼女もろとも謎の武装団に襲われた上にCIA幹部たちの暗殺を下す偽指令を工作員たちに送信されてしまう。やがて、CIA本部からエマーソンにキャサリンの暗殺命令が言い渡されるが……。

    サスペンス

    ネット上の声

    キューザックが少し老けてしまったな~。
    鑑賞の優先順位は低いが、観れば楽しめる
    シンプルで地味でレトロ系なCIA物
    お手軽な雨宿りシネマ
    製作年:2013
    製作国:アメリカ
    監督:カスパー・バーフォード
    主演:ジョン・キューザック
    33
  34. 間諜最後の日

    間諜最後の日
    評価:D2.79
     第1次世界大戦最中のスパイ暗躍を題材にしたサスペンス・ムービー。エドガーはドイツ諜報員の正体を突き止めるため、アシェンデンと名を変えスイスへやってくる。そこには“妻”を名乗るエルサが待ち構えていた。他の仲間と共に、敵の諜報員らしき男を追いつめ死に追いやることに成功するが……。ラスト、アシェンデンとエルサの決断は見物。主演女優はヒッチコックの前作「三十九夜」に続いてマデリーン・キャロルが務めている。

    サスペンス

    ネット上の声

    サマセット・モーム『アジェンデン』が原作
    将軍キターーーーーーーーーーーーー!
    ヒッチコックにしては小粒な作品。
    たまにはいい・・・かな
    製作年:1936
    製作国:イギリス
    監督:アルフレッド・ヒッチコック
    主演:ジョン・ギールグッド
    34
  35. パーマーの危機脱出

    パーマーの危機脱出
    評価:D2.74
    レン・デイトンの小説をエヴァン・ジョーンズが脚色、「007/ゴールドフィンガー」のガイ・ハミルトンが監督したスパイ・アクション。撮影は「国際諜報局」のオットー・ヘラー、音楽はコンラッド・エルファースが担当した。出演は「泥棒貴族」のマイケル・ケイン、ポール・ハブシュミット、「国際諜報局」のガイ・ドールマン、「戦争と平和」のオスカー・ホモルカ、新星エバ・レンツィほか。総指揮はクリフォード・パークス、製作はチャールズ・カシャー。

    サスペンス
    製作年:1966
    製作国:アメリカ
    監督:ガイ・ハミルトン
    主演:マイケル・ケイン
    35
  36. テイラー・オブ・パナマ

    テイラー・オブ・パナマ
    評価:E2.68
    些細なことが国際的事件に発展していくスパイ映画。監督・製作・脚本は「ラングーンを越えて」のジョン・ブアマン。製作総指揮・脚本・原作はスパイ小説の大家、ジョン・ル・カレ。撮影はフィリップ・ルスロ。出演は「ワールド・イズ・ノット・イナフ」のピアース・ブロスナン、「クイルズ」のジェフリー・ラッシュ、「トゥルーライズ」のジェイミー・リー・カーティス、「仮面の男」のレオノラ・ヴァレラ、「M:I-2」のブレンダン・グリーソン、「スカートの翼ひろげて」のキャサリン・マコーマック、子役のダニエル・ラドクリフ、ローラ・ブアマンほか。

    アクション、サスペンス
    製作年:2001
    製作国:アメリカ/アイルランド
    監督:ジョン・ブアマン
    主演:ピアース・ブロスナン
    36
  37. シャロン・ストーン in シークレット・スパイ

    シャロン・ストーン in シークレット・スパイ
    評価:E2.54
    サリーの夫はソビエトの二重スパイだった、錯綜するKGB・CIAの謀略!実在の事件を完全映画化。シャロン・ストーン主演スパイ・スリラー最新作。

    サスペンス、スパイ、実話
    製作年:2004
    製作国:カナダ/イギリス/アメリカ
    監督:マレク・カニエフスカ
    主演:シャロン・ストーン
    37
  38. コールド・バレッツ 裏切りの陰謀

    コールド・バレッツ 裏切りの陰謀
    評価:E2.40
    クリスチャン・スレイターとドナルド・サザーランド主演によるクライムアクション。ブルガリアの首都・ソフィアで、テロ組織の要人たちの暗殺事件が多発する。調査を進めるFBI捜査官・ロバートは、やがて巨大な陰謀に巻き込まれていくことになる。

    アクション、サスペンス
    製作年:2012
    製作国:アメリカ
    監督:アイザック・フロレンティーン
    主演:クリスチャン・スレイター
    38
  39. ロシアン・ルーレット

    ロシアン・ルーレット
    評価:E2.19
    ペレストロイカ下のヨーロッパを舞台に、陰謀にまきこまれた東西の腕利きエージェントがCIAとKGBを敵に回してサバイバル戦に挑むスパイ・アクション。監督・脚本は「スター・トレック2 カーンの逆襲」のニコラス・メイヤー、製作はスティーヴン・チャールズ・ジャッフェ、撮影はゲリー・フィッシャー、音楽は「ダイ・ハード」のマイケル・ケイメンが担当。

    アクション、サスペンス、スパイ

    ネット上の声

    バリシニコフ様
    製作年:1991
    製作国:アメリカ
    監督:ニコラス・メイヤー
    主演:ジーン・ハックマン
    39
  40. カウントダウン 9.11

    カウントダウン 9.11
    評価:E1.30
    9.11アメリカ同時多発テロの発生から間もなく7年。実はそのテロ計画をアメリカのスパイが事前に察知し、しかもその情報をアラブ金融シンジケートに売り渡そうとしていたとしたら…そんな斬新な仮説をもとに、9月1日から11日までの10日間をスリリングに描くサスペンス・アクション!

    サスペンス

    ネット上の声

    寂しいな(泣)
    製作年:2006
    製作国:イタリア/フランス/ポルトガル
    監督:サンティアゴ・アミゴレーナ
    主演:ジュリエット・ビノシュ
    40
  41. 鏡の国の戦争

    鏡の国の戦争
    評価:E0.00
    “権力”によりスパイに仕立て上げられ殺された1人の青年の姿から、表面的な共存の裏でくり展げられている冷戦の不気味さを浮かび上がらせた作品。製作総指揮はM・J・フランコヴィッチ、製作は「オリバー!」の製作デザインを担当したジョン・ボックス。監督・脚色は「キャット・バルー」の脚本でアカデミー賞にノミネートされたことのあるフランク・R・ピアソン、原作は「寒い国から帰ったスパイ」のジョン・ル・カレ、撮影はオースティン・デンプスター、音楽はウォリー・ストット、美術はテレンス・マーシュ、編集はウィリー・ケンプレンがそれぞれ担当。出演は「熱い肌」のクリストファー・ジョーンズ、「みじかくも美しく燃え」のピア…

    サスペンス

    ネット上の声

    重厚なタッチが特徴のル・カレ映画化第二作
    冷戦下のスパイ映画の佳作
    英国側は薄情で打算的
    若いアンソニーを
    製作年:1968
    製作国:アメリカ
    監督:フランク・ピアソン
    主演:クリストファー・ジョーンズ
    41
  42. 36時間

    36時間
    評価:E0.00
    ロアルド・ダール原作の「犬にご用心」とカーク・K・ヒットマンとルイス・H・バンス共作のストーリーを「零下の敵」のジョージ・シートンが脚色・監督したスパイ映画。撮影は「ピンクの豹」のフィリップ・H・ラスロップ、音楽は「ローマ帝国の滅亡」のディミトリ・ティオムキンが担当した。出演は「セパレート・ベッド」のジェームズ・ガーナー、「栄光への脱出」のエヴァ・マリー・セイント、「ニューヨークの休日」のロッド・テイラー、ワーナー・ピーターズ、ジョン・バナーなど。製作はウィリアム・パールバーグ。

    サスペンス

    ネット上の声

    日常とは素晴らしいものである
    総統の命令には忠実に♡
    製作年:1964
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・シートン
    主演:ジェームズ・ガーナー
    42
  43. 陸軍中野学校 開戦前夜

    陸軍中野学校 開戦前夜
    評価:E0.00
    「関東女賭博師」の長谷川公之がシナリオを執筆し、「秘緑おんな牢」の井上昭が監督した“陸軍中野学校”シリーズ第五作目。撮影は「若親分千両肌」の武田千吉郎。

    サスペンス

    ネット上の声

    脚本が稚拙、味気ない仕上がりで残念
    今は亡き八代目市川雷蔵
    緒戦は勝っても
    陸軍中野学校
    製作年:1968
    製作国:日本
    監督:井上昭
    主演:市川雷蔵
    43
  44. 情報(ネタ)は俺が貰った

    情報(ネタ)は俺が貰った
    評価:E0.00
    ゴリラのようなたくましい体力をもった秘密警察員の活躍を描いたギャング映画。アントワーヌ・ドミニックの原作を監督のボルドリーとドミニックにジャック・ロベールが共同で脚色し、「そこを動くな」のベルナール・ボルドリーが監督した。撮影を「ヘッドライト」のルイ・パージュ、音楽をジョルジュ・ヴァン・パリスが担当。出演は「学生たちの道」のリノ・ヴァンチュラ、「鍵穴」のシャルル・ヴァネル、「スピードに命を賭ける男」のベル・ダルビー、他にピエール・デュクス等。製作ジャン・モテ。

    サスペンス、スパイ
    製作年:1959
    製作国:フランス
    監督:ベルナール・ボルドリー
    主演:リノ・ヴァンチュラ
    44

スポンサードリンク