全26作品。社会派ドラマのサスペンス映画ランキング

  1. ミシシッピー・バーニング

    ミシシッピー・バーニング
    評価:A4.05
    アカデミー賞(1989年・撮影賞) 1964年の夏、行方を絶った三人の公民権運動家の捜査のためミシシッピーにやって来た二人のFBIエージェント。予想以上に厚い人種差別の壁に阻まれながら、捜査は難航する。

    サスペンス、実話、人種差別

    ネット上の声

    「私にはもう与える愛は無い。あるのは怒りだけだ。」
    ほんの数十年前までアメリカはこれだけ無法地帯
    ハックマンの必殺技、にこにこぷっつん
    歴史の真実と事実の重みを今白日下に
    製作年:1988
    製作国:アメリカ
    監督:アラン・パーカー
    主演:ジーン・ハックマン
    1
  2. それでもボクはやってない

    それでもボクはやってない
    評価:A4.04
    『Shall We ダンス?』の周防正行監督が、11年ぶりにメガホンを取った本格的な社会派ドラマ。電車で痴漢に間違えられた青年が、“裁判”で自分の無実を訴える姿を、日本の裁判制度の問題点を浮き彫りにしつつ描く。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、裁判・法廷、冤罪

    ネット上の声

    被害者は鉄道会社を訴えてみてはいかがか?
    家族に冤罪を突きつけられた経験者として
    私も『冤罪経験者』で『痴漢被害者』
    私たちならば真実は見抜けるのか?
    製作年:2007
    製作国:日本
    監督:周防正行
    主演:加瀬亮
    2
  3. ニューオーリンズ・トライアル

    ニューオーリンズ・トライアル
    評価:A4.00
    ジョン・グリシャム原作のリーガル・サスペンス。大手の銃器メーカーが訴えられた裁判の陰で、し烈なバトルが繰り広げられる。徹底した調査と鋭い洞察力で陪審員を選出する陪審コンサルタント、彼の裏工作に真正面から立ち向かう原告側弁護士、そして陪審員を操る謎の男女。緊張感たっぷりかつスピーディに展開する三つ巴の闘いに、片時も目が離せない!

    ヒューマンドラマ、サスペンス、裁判・法廷

    ネット上の声

    こんな事やってるかもしれませんね・・・・
    久しぶりのお気に入り作品となりました。
    法廷もののいい映画です。惜しいけど。
    展開がさっぱり読めない面白さ!!
    製作年:2003
    製作国:アメリカ
    監督:ゲイリー・フレダー
    主演:ジョン・キューザック
    3
  4. カティンの森

    カティンの森
    評価:A3.92
    1939年、ポーランドはドイツ軍とソ連軍に侵攻され、すべてのポーランド軍将校はソ連の捕虜となった。アンジェイ大尉(アルトゥール・ジミエウスキー)は、彼の行方を探していた妻アンナ(マヤ・オスタシャースカ)と娘の目前で、東部へ連行されていく。アンナは夫の両親のもとに戻るが、義父はドイツに逮捕され収容所で病死し、残された家族はアンジェイの帰還を待ち続ける。

    サスペンス、戦争、実話、不幸な結末のバッドエンド

    ネット上の声

    人間に生まれたこと呪いたくなる作品。歴史の重みに胸が潰される。
    第2次世界大戦中、約22、000人のポーランド軍将校、国境警備隊員...
    ポーランドの怒りと悲しみが込めらた作品
    名監督がおくる戦後ポーランドへの鎮魂歌
    製作年:2007
    製作国:ポーランド
    監督:アンジェイ・ワイダ
    主演:マヤ・オスタシェフスカ
    4
  5. ライフ・オブ・デビッド・ゲイル

    ライフ・オブ・デビッド・ゲイル
    評価:A3.89


    サスペンス、社会派ドラマ、冤罪、刑務所、どんでん返し、死刑囚
    製作年:2003
    製作国:アメリカ
    監督:アラン・パーカー
    主演:ケヴィン・スペイシー
    5
  6. ジャッカルの日

    ジャッカルの日
    評価:A3.81
     ドゴール大統領暗殺をもくろむ“ジャッカル”という名の男を描いたフレデリック・フォーサイスの同名ベストセラー小説の映画化。暗殺に向けて用意周到に行われる準備とパリ警察の地道な捜査をリアリティたっぷりなディティールで克明に描いた社会派サスペンスの一級品。

    サスペンス、社会派ドラマ、スナイパー

    ネット上の声

    ジャッカルの呼び鈴
    暗殺者・警察共に感情を抑えていてプロっぽい、地味だけど面白い
    ゴルゴに依頼してたら…って、この頃はいないか
    淡々と・・・なのにこの緊張感!
    製作年:1973
    製作国:イギリス/フランス
    監督:フレッド・ジンネマン
    主演:エドワード・フォックス
    6
  7. 東京原発

    東京原発
    評価:B3.78
    カリスマ都知事(役所広司)の「東京に原発を誘致する!」の一言に都庁はパニック。反対派と推進派が熱い議論を戦わせていた。その頃、プルトニウム燃料を積んで福井へ向かうトラックが爆弾マニアの若者にハイジャックされた。爆弾とプルトニウムを積んだそのトラックが向かう先は、原発誘致問題で白熱する都庁だった……。

    サスペンス、社会派ドラマ

    ネット上の声

    3.11 原発事故を経た今。この作品内容には驚愕
    これからあなたは、どんな行動しますか?
    こんな映画に出られてこそ役者は一流
    今でこそ原発批判はできますが
    製作年:2002
    製作国:日本
    監督:山川元
    主演:役所広司
    7
  8. ラストキング・オブ・スコットランド

    ラストキング・オブ・スコットランド
    評価:B3.75
    アカデミー賞(2007年・主演男優賞)1971年、スコットランドの医学校を卒業したニコラス(ジェームズ・マカヴォイ)は、診療所で働くためにウガンダにやって来る。ある日、彼はアミン新大統領(フォレスト・ウィッテカー)の演説を聞きに行った帰り道で、偶然にも大統領の捻挫の治療をすることになる。大統領から気に入られたニコラスは、アミン一家の主治医になるが……。

    サスペンス、社会派ドラマ、実話、アフリカ舞台、医師

    ネット上の声

    要するに「ファウスト」の現代版と思います
    心地よい誤解と中和された狂気
    人喰い大統領と「あみん」
    事実として受け止めたい
    製作年:2006
    製作国:アメリカ/イギリス
    監督:ケヴィン・マクドナルド
    主演:フォレスト・ウィッテカー
    8
  9. ゴーン・ベイビー・ゴーン

    ゴーン・ベイビー・ゴーン
    評価:B3.68
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(2007年)二転三転する誘拐劇。救いのないラストは重い余韻となる 「ミスティック・リバー」の原作者デニス・レヘインの傑作ハードボイルド『愛しき者はすべて去りゆく』を、これが監督デビューとなるベン・アフレックが映画化した社会派ミステリー・サスペンス。主演はケイシー・アフレックとミシェル・モナハン。

    サスペンス、社会派ドラマ、誘拐、どんでん返し

    ネット上の声

    アカデミー賞獲ってもおかしくない作品。
    子供の幸せを選びます。
    重い宿題だよ〜〜!
    エイミーを連れ去ったのはドイル刑事、刑事全体がグルになっていた。 ...
    製作年:2007
    製作国:アメリカ
    監督:ベン・アフレック
    主演:ケイシー・アフレック
    9
  10. トゥルー・クライム

    トゥルー・クライム
    評価:C3.49
    「許されざる者」のクリント・イーストウッドが製作・監督・主演を務め、アンドリュー・クラバンのサスペンス小説「真夜中の死線」を映画化。カリフォルニアの地元紙に勤めるベテラン記者エベレットは、交通事故死した同僚の仕事を引き継ぎ、死刑執行を目前に控えた囚人ビーチャムの取材を行なうことに。ビーチャムの無実を確信したエベレットは、刑が執行されるまでの残り少ない時間の中で真相を暴こうと奔走するが……。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、社会派ドラマ、冤罪

    ネット上の声

    イーストウッドの、さりげない正義。
    いろんな重みが詰まってます。
    好々爺然とした女たらし…
    誰かにとっての大切なX'mas
    製作年:1999
    製作国:アメリカ
    監督:クリント・イーストウッド
    主演:クリント・イーストウッド
    10
  11. ボーダータウン 報道されない殺人者

    ボーダータウン 報道されない殺人者
    評価:C3.45
    女性記者ローレン(ジェニファー・ロペス)は、メキシコとアメリカの国境の町で起きている連続女性殺害事件の取材を命じられる。そこでは汚職まみれの警察や政治家の支配により、真実は闇に葬られていた。元同僚ディアス(アントニオ・バンデラス)を訪ねた彼女は、事件の被害者で奇跡的に生還した少女と出会い、真相究明に乗り出す。

    サスペンス

    ネット上の声

    掘り込みが浅く、問題提議に終わっています。
    とてもわかりやすい社会派サスペンス映画。
    やはりこういう現実を知ることは大事です
    観るべきかもしれませんが、気が重くなる
    製作年:2006
    製作国:アメリカ
    監督:グレゴリー・ナヴァ
    主演:ジェニファー・ロペス
    11
  12. 誘拐報道

    誘拐報道
    評価:C3.43
     幼児誘拐事件を通して浮き彫りにされる、犯人とその家族、被害者の家族、警察及び報道関係者の姿を重厚に描く。原作は読売新聞大阪本社社会部・編の同名ドキュメントで、80年に宝塚市で発生した誘拐事件を取材したもの。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、社会派ドラマ、誘拐、ジャーナリスト

    ネット上の声

    「誘拐犯の家族」を一つのテーマとして描写
    ショーケン 生々しい犯人像 そのもの
    やっぱり良かった
    1980年に発生した宝塚市学童誘拐事件、実話ネタ
    製作年:1982
    製作国:日本
    監督:伊藤俊也
    主演:萩原健一
    12
  13. アメリカを売った男

    アメリカを売った男
    評価:C3.40
    20年以上もアメリカの国家機密をソ連のKGBに売り渡していた実在のFBI捜査官のスパイ事件を映画化したポリティカル・サスペンス。国も組織も巧妙に裏切り続けた犯人を逮捕するまでの2か月間を追う。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、スパイ、実話

    ネット上の声

    内容は読めますが、相当なスリルを味わえる
    レーゾンデートル(存在意義)の示し方
    スパイもの
    つい応援したくなる、ライアン・フィリップ
    製作年:2007
    製作国:アメリカ
    監督:ビリー・レイ
    主演:クリス・クーパー
    13
  14. ワルキューレ

    ワルキューレ
    評価:C3.39
    第二次世界大戦下のドイツ。戦地で左目を負傷した将校・シュタウフェンベルク大佐(トム・クルーズ)は、祖国の平和のためにヒトラー暗殺計画を思いつく。過去に40回以上の暗殺計画をくぐり抜けてきたヒトラー(デヴィッド・バンバー)とその護衛たちを前に、大佐たちの計画は成功できるのか……。

    アクション、サスペンス、戦争、実話

    ネット上の声

    戦争ものだが シンガー節のサスペンス映画
    国の、世界の変革を試みた運命の“10分”
    サスペンスの努力賞なのだが、私は不満。
    ドイツ連邦軍は銃殺現場で宣誓式を行う
    製作年:2008
    製作国:アメリカ/ドイツ
    監督:ブライアン・シンガー
    主演:トム・クルーズ
    14
  15. 不撓不屈

    不撓不屈
    評価:C3.39
    中小企業の権益を守るため、国税局へ闘いを挑んだ実在の税理士を主人公に、高杉良の同名原作を映画化した人間群像ドラマ。『わが青春のとき』の森川時久監督がメガホンを取り、戦後日本経済史上、まれに見る経済事件“飯塚事件”を通して、迷走する現代の日本経済界へ経済モラルのあり方を問う。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、実話

    ネット上の声

    事実の映画化は難しい
    昭和30年代に関心
    映画「不撓不屈」に観る「揺るぎない信念」
    もう少し検察や国税庁のとの戦いに時間を!
    製作年:2006
    製作国:日本
    監督:森川時久
    主演:滝田栄
    15
  16. ダラスの熱い日

    ダラスの熱い日
    評価:C3.36
    史上最悪の暗殺事件として人々の記憶に長く残る、ダラスでのアメリカ大統領ジョン・F・ケネディ暗殺の真相に迫る作品。タカ派の男たちが暗殺を計画、用意周到な準備を着々と行い実行に移すまでをドキュメンタリー・タッチで描く。真相はいまだに謎が多く解明されていないが、一つの答えをこの作品から読み取ることができる。

    サスペンス

    ネット上の声

    オレ、2039年まで生きれるかなあ・・・
    淡々と・・・且つスリリングな構成。
    ケネディ演説を怜悧に見つめる眼
    31年後、僕らが知る真実とは?
    製作年:1973
    製作国:アメリカ
    監督:デヴィッド・ミラー
    主演:バート・ランカスター
    16
  17. ハンティング・パーティ

    ハンティング・パーティ
    評価:C3.34
    実在のジャーナリストが体験した驚がくの実話を基に、命知らずな報道マンたちのきずなを描く社会派エンターテインメント大作。監督は大人気ドラマ「アグリー・ベティ」の第1話を手掛け、エミー賞監督賞に輝いたリチャード・シェパード。

    アクション、サスペンス、戦争、実話

    ネット上の声

    オシム前日本監督は、大喝采するでしょう
    世の中、本音と建前で廻ってる
    サラエボ間違い探しツアー
    リチャー怒・ギア万歳!
    製作年:2007
    製作国:アメリカ/クロアチア/ボスニア・ヘルツェゴヴィナ
    監督:リチャード・シェパード
    主演:リチャード・ギア
    17
  18. グッド・シェパード

    グッド・シェパード
    評価:D3.09
    1961年4月17日、キューバのカストロ政権転覆を狙った上陸作戦がCIA内部の情報漏れにより失敗し、CIAは窮地に立たされる。その数日後、作戦を指揮したエドワード(マット・デイモン)の元にCIA内通者と敵側スパイと思われる男女が映ったテープが届く。彼は部下のレイ(ジョン・タートゥーロ)にその分析を依頼するが……。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    アメリカ人向けなので、予備知識は多少必要
    アメリカ人のための映画?日本人はどう?
    ゴッドファーザーと並べないでくれ
    アメリカ現代史を描写した作品。
    製作年:2006
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・デ・ニーロ
    主演:マット・デイモン
    18
  19. エクスペリメント

    エクスペリメント
    評価:D3.05
    物議をかもした「スタンフォード監獄実験」のリメイク作日本でも話題となったドイツ映画『es [エス]』の元ネタになった心理実験を題材にしたサスペンス・スリラー。被験者が刑務所と同じ環境で看守役と囚人役に分かれ、14日間を過ごす実験の結末が描かれる。

    サスペンス、社会派ドラマ、刑務所

    ネット上の声

    人間性がむき出しにされることの恐ろしさ。
    フォレスト・ウィッテカーと鎧について語る
    再び人材求む ただし 犬の××風OKな方
    R15+はダテじゃない:その弐
    製作年:2010
    製作国:アメリカ
    監督:ポール・T・シュアリング
    主演:エイドリアン・ブロディ
    19
  20. イズ・エー

    イズ・エー
    評価:D3.01
    “少年A”たちによる凶悪犯罪が多発し、少年法に守られ更正、社会復帰を果たすという出来事が日常になりつつある社会問題を、父親と息子という視点から切りとった衝撃作。『模倣犯』を始め多くの出演作を持つ名脇役、津田寛治が初主演を飾り、“少年A”に小栗旬、その父親役で内藤剛志がそれぞれ扮する。

    ヒューマンドラマ、サスペンス

    ネット上の声

    小栗氏と内容氏はGOOD
    親と言うもの・・・
    信じる心、疑う心…
    重かった。。。
    製作年:2003
    製作国:日本
    監督:藤原健一
    主演:津田寛治
    20
  21. フィクサー

    フィクサー
    評価:D2.97
    アカデミー賞(2008年・助演女優賞)弁護士事務所に所属し、裏で暗躍するもみ消し屋“フィクサー”の苦悩と焦燥を描きながら、ある大企業の集団訴訟をめぐる陰謀劇に迫る社会派サスペンス。主人公の“フィクサー”こと、マイケル・クレイトンを演じるのはジョージ・クルーニー。

    サスペンス、裁判・法廷

    ネット上の声

    巨悪の剣に立ち向かえるのは良心と言う盾
    最低限予習しておくべきは人物の名前。
    巨大な陰謀に巻き込まれる展開なのですが、それがクセもの。
    もみ消された記憶・・(自己責任だろが〜)
    製作年:2007
    製作国:アメリカ
    監督:トニー・ギルロイ
    主演:ジョージ・クルーニー
    21
  22. スナイパー

    スナイパー
    評価:D2.95
     ロサンジェルス。ダウンタウンのどこかに身を隠しているひとりのスナイパー、ジョーは電話でリバティ・ウォーレスに巨大な爆弾を街に仕掛けたことを伝える。

    サスペンス、社会派ドラマ、スナイパー

    ネット上の声

    もう一盛り上がりさせてもらいたかったなぁ
    細かい部分でのアラが多い。
    Wesley Snipesの演技がひどい
    題名的にね、ちょっと・・・・
    製作年:2002
    製作国:カナダ/ドイツ
    監督:カリ・スコグランド
    主演:ウェズリー・スナイプス
    22
  23. シリアナ

    シリアナ
    評価:D2.93
    アカデミー賞(2006年・助演男優賞)アカデミー賞に輝く『トラフィック』のスタッフが集まり、アメリカ当局とアラブの王族、イスラム過激派テロリストの石油をめぐる黒い関係を描いた問題作。体重を増やしてベテラン諜報員にふんしたジョージ・クルーニーをはじめ、マット・デイモンら主演級クラスのスター俳優が顔をそろえる。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、テロリストとの死闘を描いた

    ネット上の声

    石油利権のドロドロ感を描くあまり、理解しにくくなった映画。
    もう少し絞り込んだほうが見やすかったかな
    石油を巡る陰謀・裏取引、華々しい表舞台。
    無理やり2時間に収めたのも誰かの陰謀?
    製作年:2005
    製作国:アメリカ
    監督:スティーヴン・ギャガン
    主演:ジョージ・クルーニー
    23
  24. 理由

    理由
    評価:D2.81


    サスペンス
    製作年:2004
    製作国:日本
    監督:大林宣彦
    主演:村田雄浩
    24
  25. THE 4TH KIND フォース・カインド

    THE 4TH KIND フォース・カインド
    評価:D2.73
    行方不明者が多発するアラスカ州ノームを舞台に、原因不明の現象の究明に迫る衝撃的な実録スリラー。2000年に起こった凄惨な出来事の渦中にいた心理学者が録画した記録映像の一部を本編に用い、『バイオハザード』のミラ・ジョヴォヴィッチがナビゲーターと、心理学者を演じる再現映像で世にも恐ろしい異変を描く。

    サスペンス

    ネット上の声

    本作の怪奇音で暑さ吹っ飛びます
    欲しかったのはリアル<スリル
    信じるか信じないかは・・・
    『真実はあなたの心の中に』
    製作年:2009
    製作国:アメリカ
    監督:オラントゥンデ・オスサンミ
    主演:ミラ・ジョヴォヴィッチ
    25
  26. 抵抗のプラハ

    抵抗のプラハ
    評価:E0.00
     チェコの首都プラハで、ドイツ軍司令官が暗殺されるという事件が起こった。ナチスはさっそく調査を開始し、同志をかばって負傷した一人のレジスタンスを捕らえる。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、社会派ドラマ
    製作年:1971
    製作国:チェコスロヴァキア
    監督:ウラジミール・チェヒ
    主演:フランティシェク・ヴィツェナ
    26

スポンサードリンク