全50作品。1950年代のアクション映画ランキング

  1. 七人の侍

    七人の侍
    評価:S4.16
    ヴェネチア国際映画祭(1954年・銀獅子賞) 戦国時代の貧しい農村を舞台に、野盗と化した野武士に立ち向かうべく農民に雇われた侍たちの闘いを描いた作品。黒澤明監督による日本映画の傑作。

    アクション、時代劇

    ネット上の声

    侍たちよ、永遠なれ!~日本映画最高峰にして伝説的傑作
    世界映画史に輝く、黒澤作品最高傑作!
    こうゆう映画を、たまにはカケテヨ!
    決して色褪せない傑作エンタメ時代劇
    製作年:1954
    製作国:日本
    監督:黒澤明
    主演:三船敏郎
    1
  2. ベン・ハー

    ベン・ハー
    評価:A3.97
    アカデミー賞(1960年・11部門) ユダヤの豪族の息子、ベン・ハーの数奇な運命を通してローマの圧政とキリストの最期を6年半の製作期間と54億円の巨費を投じて描いた一大スペクタクル。些細な出来事から旧友メッサラの裏切りにあい、奴隷船送りとなったベン・ハーはそこで命を救ったローマの将軍の養子となる。

    アクション

    ネット上の声

    まさに伝説となった映画
    長いので2時間半経ってから観るとよいかも
    イエスが生まれて死ぬまでの別の人の人生
    映画的にワクワクするシーンが詰まってる
    製作年:1959
    製作国:アメリカ
    監督:ウィリアム・ワイラー
    主演:チャールトン・ヘストン
    2
  3. 眼下の敵

    眼下の敵
    評価:A3.92
    アカデミー賞(1958年) 歌手から役者へ、そして監督・製作業に転向したD・パウエルの紛れもない代表作にして、最高傑作。第二次大戦下の南大西洋を舞台に、アメリカ駆逐艦とドイツ潜水艦の文字通り息詰まる戦いを描く。

    アクション、戦争、リアルな戦闘シーンがある

    ネット上の声

    敵がはっきり存在する珍しい潜水艦映画
    両国を見事に公平に描いた戦争映画!
    爽やかな異色の戦争ドラマ☆4つ
    迫力がある、これこそ戦争映画
    製作年:1957
    製作国:アメリカ
    監督:ディック・パウエル
    主演:ロバート・ミッチャム
    3
  4. 現金に手を出すな

    現金に手を出すな
    評価:A3.81
     初老のギャング、マックスは、親友のリトンと組んで、5千万フランの大金強奪に成功した。そのことを知った敵対するギャングは、リトンを捕らえマックスから金を奪おうとする。

    アクション

    ネット上の声

    ゆったりとしたテンポながら退屈しない
    莫大な現金と一粒の人情
    ダンディズムの見本
    「おれは疲れているんだ」がしかし、、、
    製作年:1954
    製作国:フランス/イタリア
    監督:ジャック・ベッケル
    主演:ジャン・ギャバン
    4
  5. 脱出

    脱出
    評価:B3.79
     西インド諸島のある島で、観光船を操船している男が、ホテルの主人から反政府活動の協力を頼まれる。始めは無関心だった彼も、政府の手先が女性に乱暴したのを見て、反政府同志の救出を申し出る……。

    アクション

    ネット上の声

    注意。禁煙中の方は観賞をご遠慮下さい。
    mission:レジスタンスを輸送せよ
    カサブランカの失敗パロディ
    ボギーとローレン・バコール
    製作年:1944
    製作国:アメリカ
    監督:ハワード・ホークス
    主演:ハンフリー・ボガート
    5
  6. 赤い河

    赤い河
    評価:B3.74
    1851年、ダンソンと相棒グルートは、テキサス北境近くでカリフォルニア行きの幌馬車隊から別れて赤い河へとやって来る。間もなく幌馬車隊がコマンチ族の襲撃を受け、恋人フェンも殺されてしまったことを知る。2人は生き残った少年マシューを連れてリオ・グランデ近くの牧草地に辿り着く。それから14年の歳月が流れ……。ホークス監督にとって初の本格的西部劇。

    アクション、西部劇

    ネット上の声

    ジョンとハワード。
    壮大な親子げんか
    テキサスの緑野に大農場を作る希望
    一万頭の牛と歩むロードムービー
    製作年:1948
    製作国:アメリカ
    監督:ハワード・ホークス
    主演:ジョン・ウェイン
    6
  7. 暗黒街の顔役

    暗黒街の顔役
    評価:B3.69
    N.Y.の南地区を仕切るギャングのボスが殺害される。犯行は、新興ギャング・ジョニー・ロボに寝返った用心棒トニー・カモンテによるものだった。トニーはその後、ロボの片腕となり、銃と暴力の力で勢力を伸ばしていくが…。戦前のホークス映画の中でもっとも有名であり、ギャング映画の古典としての評価が定着した作品。

    アクション

    ネット上の声

    スカーフェイスに勝るとも劣らない・・・
    スピード感だけじゃない
    久しぶりの白黒映画
    スカーフェイス
    製作年:1932
    製作国:アメリカ
    監督:ハワード・ホークス
    主演:ポール・ムニ
    7
  8. 襲われた幌馬車

    襲われた幌馬車
    評価:B3.69
    『ワーロック』のリチャード・ウィドマーク主演で贈る西部劇。殺人犯として護送中のコマンチインディアンのトッドは、アパッチに襲われた幌馬車隊と遭遇。生き残った面々を安全な土地まで送り届けるため、トッドは彼らの警護を引き受けるが…。

    アクション

    ネット上の声

    題名は冴えないけど意外に面白い。
    これ、なかなかオモシロい・・・
    ウィドマークの魅力発揮
    なかなか面白かったです
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:デルマー・デイヴィス
    主演:リチャード・ウィドマーク
    8
  9. 真紅の盗賊

    真紅の盗賊
    評価:B3.65
    主演者バート・ランカスター「殺人者(1946)」が主宰するノーマ・プロダクション1952年製作のテクニカラー海洋劇。製作は「タルファ駐屯兵」のハロルド・ヘクトで、ローランド・キビーのオリジナル・シナリオを「殺人者(1946)」のロバート・シオドマクが監督、「スペードの女王」のオットー・ヘラーが撮影した。音楽はウィリアム・オルウィン「落ちた偶像」。出演者はランカスターをはじめ、「快傑ダルド」のニック・クラヴァット、ハンガリー出身の女優エヴァ・バートック「五都物語」、「落ちた偶像」のトリン・サッチャー、ジェームズ・ヘイターなど。

    アクション、アドベンチャー(冒険)

    ネット上の声

    三谷幸喜オススメ映画
    字幕で観たい作品
    製作年:1952
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・シオドマク
    主演:バート・ランカスター
    9
  10. 捜索者

    捜索者
    評価:B3.65
     コマンチ族に弟一家を殺され、二人の姪をさらわれた男イーサン。以来、彼はコマンチ族に対して憎悪を燃やす復讐鬼となった。

    アクション

    ネット上の声

    古典的西部劇、モニュメント・バレーの雄大な景色が圧巻
    アナクロい西部劇に暗黒の魂が漂う
    愛と憎しみの狭間で苦しむ男の物語
    ”開拓魂”と”正義”を改めて知る
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・フォード
    主演:ジョン・ウェイン
    10
  11. ロベレ将軍

    ロベレ将軍
    評価:B3.62
    ヴェネチア国際映画祭(1959年・金獅子賞) 第二次大戦末期、ナチスは一人の博奕打ちをイタリアのロベレ将軍に仕立てて、パルチザンのあぶり出しに利用しようとした。彼は命令のままに将軍としてミラノの刑務所に潜入したが……。

    アクション

    ネット上の声

    主演はヴィットリオ・デ・シーカ
    詐欺師の尊厳
    半生を懺悔するかごときの行動には呆然
    ヴィットリオ・デ・シーカ会心作
    製作年:1959
    製作国:イタリア
    監督:ロベルト・ロッセリーニ
    主演:ヴィットリオ・デ・シーカ
    11
  12. 民衆の敵

    民衆の敵
    評価:B3.61
    キュベック・グラスモン及びジョン・ブライト合作のストーリーをハーヴェイ・シュウが脚色し、パ社から移ったウィリアム・A・ウェルマンが監督し「天下無敵」のデヴラクス・ジェニングスが撮影したもので、主なる主演者は「地獄の一丁目」「千万長者」のジェームズ・キャグニー、「地獄の天使(1930)」のジーン・ハーロウ、エドワード・ウッズ、ジョーン・ブロンデル、ベリル・マーサー、ドナルド・クック、R・Eオコンナー、レスリー・フェントンの面々。

    アクション、ヤクザ・ギャング

    ネット上の声

    古典的ハリウッド映画とは
    相手役の女の顔に・・
    ジェームズキャグニーを知る上でも観るべき
    小気味よい演出・・・
    製作年:1931
    製作国:アメリカ
    監督:ウィリアム・A・ウェルマン
    主演:ジェームズ・キャグニー
    12
  13. 艦長ホレーショ

    艦長ホレーショ
    評価:B3.61
    「絶望の空路」のラウール・ウォルシュが監督に当たったテクニカラーの海洋活劇1951年作品、C・S・フォレスター(「アフリカの女王」)の原作小説を、著者自身映画用に潤色し、アイヴァン・ゴッフ、ベン・ロバーツ、イーニアス・マッケンジー(「黒騎士」)の3人が脚色した。撮影はガイ・グリーン、作曲はロバート・ファーノンの担当。主演は「愛欲の十字路」のグレゴリー・ペックと「ダニー・ケイの天国と地獄」のヴァージニア・メイヨで、ロバート・ビーティ(「邪魔者は殺せ」)、ジェームズ・R・ジャスティス(「四重奏」)、デニス・オディア(「邪魔者は殺せ」)らのイギリス俳優が助演している。

    アクション
    製作年:1951
    製作国:イギリス
    監督:ラオール・ウォルシュ
    主演:グレゴリー・ペック
    13
  14. 拳銃王

    拳銃王
    評価:B3.60
    「私も貴方も」などのシナリオ・ライターとして知られるナナリー・ジョンソンが製作を担当した1950年度西部劇。「ジャングル・ブック(1942)」などのエディターであり最近監督に転じているアンドレ・ド・トスと西部劇専門のウィリアム・ボウアズの原作を、ボウアズとウィリアム・セラアスが脚色、「地獄への道」のヘンリー・キングが監督している。撮影は「純愛の誓い」のアーサア・ミラア、音楽は「イヴの総て」のアルフレッド・ニューマンが担当する。「白昼の決闘」のグレゴリー・ペックを中心にしてヘレン・ウェスコット、ミラード・ミッチェル、スキップ・ホメイヤーらが出演するほか、戦前スター、ジーン・パーカーがカムバック…

    アクション、西部劇

    ネット上の声

    歴史は繰り返されるのか
    ジミイ・リンゴオ
    “王”になってしまった孤独な男
    OK牧場の駅馬車
    製作年:1950
    製作国:アメリカ
    監督:ヘンリー・キング
    主演:グレゴリー・ペック
    14
  15. ベン・ハー

    ベン・ハー
    評価:C3.56
     ルー・ウォーレスの名作の二度目の映画化で、サイレント映画としては型破りのスペクタクルで描かれた歴史劇。ローマ帝国下のエルサレム。

    ヒューマンドラマ、アクション

    ネット上の声

    「音無し」の制約を軽々突破する作品
    これはこれで良いけど・・・(^_^;)
    すばらしい…
    圧倒!!
    製作年:1925
    製作国:アメリカ
    監督:フレッド・ニブロ
    主演:ラモン・ノヴァロ
    15
  16. 裸の拍車

    裸の拍車
    評価:C3.56
    「怒りの河」と同じく、アンソニー・マンが監督しジェイムス・ステュアートが主演するテクニカラー西部劇で、「暴力行為」のウィリアム・H・ライトが製作した1953年作品。脚本はラジオやTVの新進ライター・チーム、サム・ロルフとハロルド・ジャック・ブルーム、撮影は「ミズーリ横断」のウィリアム・C・メラー、音楽は「北の狼」のブロニスロー・ケイパー」の担当。共演者は「血闘」のジャネット・リー、「荒野の三悪人」のロバート・ライアン、「ジープの四人」の新人ラルフ・ミーカー、「雨に唄えば」のミラード・ミッチェル。

    アクション

    ネット上の声

    猫パンチするヒーロー
    ぬるい
    製作年:1953
    製作国:アメリカ
    監督:アンソニー・マン
    主演:ジェームズ・スチュワート
    16
  17. 紅の翼

    紅の翼
    評価:C3.56
     民間航空のパイロット石田は破傷風にかかった子供を救うため、女性記者と男と共に、血清を持って八丈島へと空を急ぐ。だがセスナ機に同乗していたその男は殺人犯だったのだ……。

    ヒューマンドラマ、アクション、サスペンス

    ネット上の声

    ジョン・ウェインとは関係なし
    書割で夕日を演出
    ギャビン・ライアルみたいな航空サスペンス
    紅の翼
    製作年:1958
    製作国:日本
    監督:中平康
    主演:石原裕次郎
    17
  18. 地獄への道

    地獄への道
    評価:C3.52
    「頭上の敵機」と同じく、ダリル・F・ザナック総指揮、ヘンリー・キング監督作品で、「彼と人魚」のナナリー・ジョンソンが共同製作者兼脚本担当者として参加している1939年度作品、撮影は「善人サム」のジョージ・バーンズ、音楽はルイス・シルヴァース。主演は「狐の王子」のタイロン・パワー、「科学者ベル」のヘンリー・フォンダ、「紅の翼(1939)」のナンシー・ケリーで、「西部の裁き」のランドルフ・スコット、ヘンリー・ハル、「初めか終りか」のブライアン・ドンレヴイ、「駅馬車(1939)」のジョン・キャラディンの他、スリム・サマーヴィル、J・エドワード・ブロムバーグ、ドナルド・ミーク、ジョン・ラッセル、ジョ…

    アクション

    ネット上の声

    アメリカ型反逆者
    製作年:1939
    製作国:アメリカ
    監督:ヘンリー・キング
    主演:タイロン・パワー
    18
  19. 独立愚連隊

    独立愚連隊
    評価:C3.52
    終戦近い北支戦線を舞台に、弟の死因を究明にやって来た元鬼軍曹の活躍を描いた日本版西部劇。「ある日わたしは」の岡本喜八が助監督時代に書いた脚本を自ら監督した。撮影は「青春を賭けろ」の逢沢譲。

    アクション

    ネット上の声

    岡本喜八入門編☆戦争+西部劇+ミステリー
    実は、一度も見たことがなかったのです。
    登場人物の清々しさが印象的
    岡本喜八監督の戦争活劇
    製作年:1959
    製作国:日本
    監督:岡本喜八
    主演:佐藤允
    19
  20. 幌馬車

    幌馬車
    評価:C3.50
    メリアン・C・クーパーとジョン・フォードのアーゴシー・プロの製作になる1950年度作品。「レッド・リヴァ」のフランク・S・ニュージェントがパトリック・フォードと協力した脚本を、「わが谷は緑なりき」のジョン・フォードが監督した。撮影は「モホークの太鼓」のバート・グレノン、音楽は「駅馬車(1939)」のリチャード・ヘイゲマン。主演は「彼女は黄色いリボンをつけていた」のベン・ジョンソン、ジョアン・ドルー、ハリー・ケイリー・ジュニア。「若き日のリンカン」のワード・ボンド、「荒野の決闘」のアラン・モーブレイとフランシス・フォード、ルース・クリフォードらが共演する。

    アクション、西部劇

    ネット上の声

    大河ドラマなんだよね。
    「4」は不吉だが「3」は幸運
    ソルトレイクシティへ!
    製作年:1950
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・フォード
    主演:ベン・ジョンソン
    20
  21. ヴェラクルス

    ヴェラクルス
    評価:C3.48
     南北戦争直後のメキシコ。そこに流れ着いた南軍少佐のトレーンは無法者のエリンと知り合う。やがてふたりはメキシコ皇帝の命を受け、伯爵夫人の乗る馬車を港町ヴェラクルスに送り届けることに。ところがその馬車には300万ドルの金貨が隠されていた……。金貨をめぐって繰り広げられる男たちの闘いを描いた痛快な西部劇。クーパーとふてぶてしい悪党を演じたランカスターの対決シーンも映画史に残る名場面として知られている。

    アクション

    ネット上の声

    若き日のランカスターは野性の魅力いっぱい
    西部劇の基本概念を根底から変えてしまった
    B・ランカスターがカッコいい・・・
    イメケン?そんなの関係ねえ(笑)
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・アルドリッチ
    主演:ゲイリー・クーパー
    21
  22. ウィンチェスター銃'73

    ウィンチェスター銃'73
    評価:C3.47
    「愛と血の大地」の助監督などを経て製作者となアーロン・ローゼンバーグ製作になる1950年度西部劇。「暴力行為」のロバート・リチャーズと、「赤い河」のボーデン・チェイスが脚本を書き、「草原の帝王」のアンソニー・マンが監督した。撮影は「ハーヴェイ」のウィリアム・ダニエルス、音楽監督はジョゼフ・ガーシェンソンの担当。「ハーヴェイ」のジェームズ・ステュワートを中心に、「二重生活」のシェリー・ウィンタース、「サハラ戦車隊」のダン・デュリエ、「鉄路の弾痕」のスティーブン・マクナリーらが共演、以下ミラード・ミッチェル、チャールズ・ドレイク、ジョン・マッキンタイアらが助演する。

    アクション、西部劇

    ネット上の声

    なかなかオモシロい・・・
    兄弟げんか
    ウィンチェスター銃'73は必要か?
    ’73銃が展示してあるOP
    製作年:1950
    製作国:アメリカ
    監督:アンソニー・マン
    主演:ジェームズ・スチュワート
    22
  23. 黒騎士

    黒騎士
    評価:C3.47
    英国の文学者サー・ウォルター・スコットの著名な小説「アイヴァンホー」の色彩映画化1952年作品。「西部の王者」のイーニアス・マッケンジーが原作を潤色、「大草原」のマーゲリット・ロバーツがノエル・ラングレーと共同で脚本執筆に当たった。監督は「歌劇王カルーソ」のリチャード・ソープの担当。撮影はフレディ・ヤング、音楽は「四枚の羽根」のミクロス・ローザ。製作は「三銃士(1948)」のパンドロ・S・バーマンである。主演は「女群西部へ!」のロバート・テイラー、「陽の当る場所」のエリザベス・テイラー、「旅愁」のジョーン・フォンテーン、「サムソンとデリラ」のジョージ・サンダースで、以下「厳窟の野獣」のエムリ…

    アクション、文芸・史劇

    ネット上の声

    痛快史劇
    製作年:1952
    製作国:アメリカ
    監督:リチャード・ソープ
    主演:ロバート・テイラー[俳優]
    23
  24. 大いなる西部

    大いなる西部
    評価:C3.47
    アカデミー賞(1959年)「友情ある説得」のウィリアム・ワイラー監督が、「西部の男」以来18年ぶりで監督した西部劇。サタディ・アヴニング・ポストに連載されたドナルド・ハミルトンの原作をジェームズ・R・ウェッブとサイ・バーレット、ロバート・ワイルダーの3人が共同で脚本化。撮影監督は「誇りと情熱」のフランツ・プラナー。カリフォルニア州ストクトン附近のドレイス牧場一帯と、モジャヴ砂漠がロケ地に選ばれ、広大な野外シーンが常に心してとり入れられている。音楽はジェローム・モロス。タイトル・デザインを「八十日間世界一周」「めまい」のソール・バスが受けもっている。出演者はワイラーと共にプロデュースもしている「無頼の群」のグレゴリー・…

    アクション、西部劇

    ネット上の声

    ワイラー、グレゴリーの広い西部の土地争い
    誰の所有物でもないのに争うのは人間!
    よい西部劇。主役がカッコよすぎるが。
    西部への限りない賛歌に溢れている
    製作年:1958
    製作国:アメリカ
    監督:ウィリアム・ワイラー
    主演:グレゴリー・ペック
    24
  25. サハラ戦車隊

    サハラ戦車隊
    評価:C3.47
    ソ連映画劇「十三人」の挿話よりフィリップ・マクドナルドが構成、ジョン・ハワード・ロウソンが「ジャングル・ブック(1942)」のゾルタン・コルダ監督と協同脚色した1943年作品。撮影は「打撃王」のルドルフ・マテ、音楽は「熱砂の秘密」のミクロス・ロジァ。「マルタの鷹(1941)」のハンフリー・ボガートを中心に、「黄金(1948)」のブルース・ベネット、ロイド・ブリッジス、レックス・イングラム、J・キャロル・ナイシュ、ダン・デュリエらが助演。

    アクション、戦争

    ネット上の声

    戦争映画ではなく、人間ドラマです。
    「さ」のつく元気になった洋画2
    拘らなければオモシロイ・・・
    市民のための陸戦入門・初級編
    製作年:1943
    製作国:アメリカ
    監督:ゾルタン・コルダ
    主演:ハンフリー・ボガート
    25
  26. 怒りの河

    怒りの河
    評価:C3.46
    「ウィンチェスター銃'73」と同じく、アーロン・ローゼンバーグが製作、ボーデン・チェイスが脚本を書き、アンソニー・マンが監督、ジェームズ・スチュアートが主演する色彩西部劇1951年作品。原作はビル・ガリック。撮影はアーヴィング・グラスバーグ、音楽はハンス・J・サルターの担当である。主演はジェイムズ・スチュワートの他、「チャンピオン」のアーサー・ケネディ、他に新進スターのジュリー・アダムス、ロック・ハドソン、ロリー・ネルソンらが紹介される。

    アクション

    ネット上の声

    おっ!腕っ節のいいJ・スチュアート・・・
    演出が古いし押し付けがましさも感じる
    ジェームス・スチュワートが・・・
    たまには西部劇もいいけれど・・・
    製作年:1951
    製作国:アメリカ
    監督:アンソニー・マン
    主演:ジェームズ・スチュワート
    26
  27. 壮烈第七騎兵隊

    壮烈第七騎兵隊
    評価:C3.46
    「底抜け落下傘部隊」のハル・B・ウォリスが製作指揮にあたり「テキサス決死隊(1949)」のロバート・フェローズが1942年に製作した騎兵隊物でウォーリー・クラインと「盗賊王子」のイーニアス・マッケンジー共同の脚本を「世界を彼の腕に」のラウール・ウォルシュが監督した。撮影監督はバート・グレノン(「赤い灯」)、音楽は「外套と短剣」のマックス・スタイナーである。「すべての旗に背いて」のエロール・フリンと「風と共に去りぬ」のオリヴィア・デ・ハヴィランドが主演し、「怒りの河」のアーサー・ケネディ、「最後の無法者」のジーン・ロックハート、アンソニー・クイン「すべての旗に背いて」などが助演。

    アクション

    ネット上の声

    カスター将軍
    カスター将軍
    製作年:1941
    製作国:アメリカ
    監督:ラオール・ウォルシュ
    主演:エロール・フリン
    27
  28. 三人の狙撃者

    三人の狙撃者
    評価:C3.45
    「十二哩の暗礁の下に」のロバート・バスラーが製作するスリラー映画。「マラガ」のリチャード・セイルの脚本より「対決」のルイス・アレンが監督した。撮影は「夜の人々(1949)」のチャールズ・G・クラーク。「地上より永遠に」のフランク・シナトラ、「大砂塵」のスターリング・ヘイドン、「女性よ永遠に」のジェームズ・グリースン、「剣豪ダルタニアン」のナンシー・ゲイツ、キム・チャーニー、ポール・フリーズらが出演する。

    アクション、サスペンス

    ネット上の声

    フランク・シナトラ初主演作は”突然”?!
    長身のヘイドン氏
    シナトラ
    やっぱ古い・・・
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:ルイス・アレン
    主演:フランク・シナトラ
    28
  29. 赤い波止場

    赤い波止場
    評価:C3.45
    神戸を舞台に、裕次郎がピストルの名手に扮して活躍するアクション・ドラマ。「明日を賭ける男」の池田一朗と舛田利雄の脚本を、「羽田発7時50分」の舛田利雄が監督、「星は何でも知っている」の姫田真佐久が撮影した。「風速40米」の石原裕次郎・北原三枝のコンビに、「明日を賭ける男」の中原早苗・岡田眞澄・大坂志郎、その他轟夕起子・二本柳寛・二谷英明・新人清水マリ子らが出演する。

    アクション

    ネット上の声

    1958年の無国籍アクション
    話が異世界すぎてついていけず
    製作年:1958
    製作国:日本
    監督:舛田利雄
    主演:石原裕次郎
    29
  30. 日本人の勲章

    日本人の勲章
    評価:C3.44
    「あの高地を取れ」のドア・シャーリーが1955年に製作した異色西部劇で、ハワード・ブレスリンの原作から「底抜け最大のショウ」のドン・マクガイアが脚色、「拳銃魔」のミラード・カウフマンが脚本化し、「海底の黄金」のジョン・スタージェスが監督に当たった。イーストマンカラー色彩の撮影は「裸の拍車」のウィリアム・C・メラー、「幌馬車隊」のアンドレ・プレヴィンが音楽を担当した。出演者は「折れた槍」のスペンサー・トレイシー、「裸の拍車」のロバート・ライアン以下、「奥様は芳紀17才」のアン・フランシス、「ホワイト・クリスマス」のディーン・ジャガー、「遠い国」のウォルター・ブレナン、「皇太子の初恋」のジョン・エリクソン、アーネスト・ボーグナインなど。

    アクション
    製作年:1955
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・スタージェス
    主演:スペンサー・トレイシー
    30
  31. 手錠のまゝの脱獄

    手錠のまゝの脱獄
    評価:C3.42
    アカデミー賞(1959年)豪雨のハイウェイで、一台の囚人護送車が転落。この車から白人のジャクソンと黒人のカレンが脱走した。二人は手首と手首を手錠でつながれている。だが、相手に対する人種的偏見を互いに持っていて……。人種問題に脱走のサスペンスを絡ませたS・クレイマーの第3作。

    アクション

    ネット上の声

    白黒(人物もフィルムも)だけど良かったぁ
    こういうお話は好きです・・・
    手錠が枷から絆へと変わる時
    見える手錠と見えない手錠
    製作年:1958
    製作国:アメリカ
    監督:スタンリー・クレイマー
    主演:トニー・カーティス
    31
  32. 無頼の群

    無頼の群
    評価:C3.42
    「陽はまた昇る」「拳銃王」のヘンリー・キング監督が、「バラの肌着」のグレゴリー・ペックを主演に、復讐に燃えて4人の仇をつけねらう男を主人公にして作った西部劇。フランク・オルークの小説をシナリオ化したのはフィリップ・ヨーダン。撮影監督は「女はそれを我慢できない」のレオン・シャムロイが担当、メキシコのモレリア付近およびインフェルト山脈一帯のロケを行なっている。音楽はライオネル・ニューマン。出演者は、ペックの他に「気まぐれバス」のジョーン・コリンズ、「月夜の宝石」のスティーブン・ボイド、「カラマーゾフの兄弟」のアルバート・サルミ、「夜を逃れて」「ゴーストタウンの決斗」のヘンリー・シルヴァ、テレビ出…

    アクション

    ネット上の声

    よくある西部劇
    復讐
    製作年:1958
    製作国:アメリカ
    監督:ヘンリー・キング
    主演:グレゴリー・ペック
    32
  33. モホークの太鼓

    モホークの太鼓
    評価:C3.42
    「荒野の決闘」「果てなき航路」「駅馬車(1939)」のジョン・フォードが監督した1939年作品。ウォルター・D・エドモンズの同名の小説を「剃刀の刄」のラマー・トロッティと「育ち行く年」のソニア・レヴィーンが協力脚色した。撮影は「赤い家」「駅馬車(1939)」のバート・グレノンと色彩映画専門のレイ・レナハンが担当した、元来は色彩映画であるが輸入されたのは黒白板である。主演は「卵と私」「結婚五年目(パーム・ビーチ・ストーリー)」のクローデット・コルベールと「荒野の決闘」「運命の饗宴」のヘンリー・フォンダで、助演は「若草物語(1933)」などの故エドナ・メイ・オリヴァー、「駅馬車(1939)」のジョン・キャラディン、エディ・コリンズ、ドリス・ボードン、ロバート・ローリー其他である。

    ヒューマンドラマ、アクション、西部劇
    製作年:1939
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・フォード
    主演:クローデット・コルベール
    33
  34. ベンガルの槍騎兵

    ベンガルの槍騎兵
    評価:C3.40
    アカデミー賞(1936年)フランシス・イエーツ・ブラウン作の小説を映画化したもので、「ボクは芸人」と同じくグローヴァー・ジョーンズとウィリアム・スレイヴンス・マクナットが共同して改作し、「クレオパトラ(1934)」「坊やはおやすみ」のウォルデマー・ヤングが「ミイラ再生」のジョン・L・ボルダーストン及びアクメッド・アブダラーと共同して脚色し、「久遠の誓い」「猫目石怪事件」のヘンリー・ハサウェイが監督し、「明日無き抱擁」「ゆりかごの唄」のチャールズ・ラングが撮影したものである。主演は「久遠の誓い」「生活の設計」のゲイリー・クーパーで、「南風」「世界は動く」のフランチョット・トーン、「久遠の誓い」「猫目石怪事件」のサー・ガ…

    アクション

    ネット上の声

    やっぱいいわ!ゲイリー・クーパー
    恐ろしく「安っぽい」作品だなあ
    槍騎兵たちの闘い
    感動の1本
    製作年:1935
    製作国:アメリカ
    監督:ヘンリー・ハサウェイ
    主演:ゲイリー・クーパー
    34
  35. 砂塵

    砂塵
    評価:C3.39
    悪徳の賭博師が支配する西部の町に、正義を呼び戻そうと若き保安官補がやって来る。孤軍奮闘するもついには賭博師と対決、賭博師の銃弾は、保安官補をかばう酒場の歌姫にあたってしまう……。ディートリヒが多面性を見せ、新境地を開いたといわれる作品。

    アクション、西部劇

    ネット上の声

    主役二人のキャラが魅力の西部劇☆3.0
    西部の街は国の縮図
    女達がユーモラス
    悪徳市長
    製作年:1939
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・マーシャル
    主演:マレーネ・ディートリッヒ
    35
  36. 夜の道

    夜の道
    評価:C3.38
    ノーマン・A・フォックス原作の西部小説を「六番目の男」のボーデン・チェイスが脚色、テレビ畑のジェームズ・ニールソンが映画第1作として監督した。撮影監督は「イスタンブール(1956)」のウィリアム・ダニエルス、作曲、指揮は「OK牧場の決斗」のディミトリ・ティオムキン。主演は「翼よ!あれが巴里の灯だ」のジェームズ・スチュアート、「東京特ダネ部隊」のオーディ・マーフィ、「大空の凱歌」のダン・デュリエ、「ケンタッキー人」のダイアン・フォスター、「ブリガドーン」のエレイン・スチュワート、「シェーン」の子役ブランドン・デ・ワイルドなどが助演する。

    アクション

    ネット上の声

    ジミースチュワート
    馬で行く男のOP
    夜の道
    製作年:1957
    製作国:アメリカ
    監督:ジェームズ・ニールソン
    主演:ジェームズ・スチュワート
    36
  37. ビスマルク号を撃沈せよ!

    ビスマルク号を撃沈せよ!
    評価:C3.38
    イギリス海軍省の作戦部長に就任したシェパード大佐は、不沈戦艦とさえ呼ばれていたドイツの軍艦ビスマルク号を撃沈せよと、首相チャーチルから命じられる。戦争で妻を失っていた彼は、ひとり息子が乗り込んでいた空母を含む主力艦隊を投入した。その息子が戦場で行方不明になる中、大佐はビスマルク号へと挑む。

    アクション

    ネット上の声

    史実の海戦で当事イギリス海軍が大騒ぎしていたことは有名
    大鑑巨砲時代最後の戦艦の勇姿。
    古い映画だが、見ごたえ十分
    懐かしかった
    製作年:1959
    製作国:アメリカ
    監督:ルイス・ギルバート
    主演:ケネス・モア
    37
  38. 雷撃隊出動

    雷撃隊出動
    評価:C3.37
    “雷撃とは死ぬことなり“という海軍省報道部の企画による戦意昂揚映画。3人の海軍少佐を中心に、航空兵が魚雷を積んで敵空母に突入するまでが描かれる。公開は敗戦色濃い1944年12月7日。もはや戦勝ムードなど出せるわけもなく、ひたすら死臭漂うこの作品に観客さえも感傷的になっていたという。

    アクション

    ネット上の声

    日米戦意高揚映画の比較(日本編)
    戦争末期らしい映画
    製作年:1944
    製作国:日本
    監督:山本嘉次郎
    主演:大河内伝次郎
    38
  39. ロビンフッドの冒険

    ロビンフッドの冒険
    評価:C3.36
    アカデミー賞(1939年)「進め龍騎兵」「海賊ブラッド」と同じくエロール・フリンがオリヴィア・デ・ハヴィランドを相手に主演する映画で、ロビンフッド伝説に基づき、「大森林」のノーマン・ライリー・レインと「倒れるまで」のシートン・I・ミラーが脚本を書卸し、「進め龍騎兵」「海賊ブラッド」のマイケル・カーティズと「緑の牧場」「真夏の夜の夢」のウィリアム・ケイリーとが共同監督し、「大森林」「科学者の道」のトニー・ゴーディオと「汚れた顔の天使」「夜はパリで」のソル・ポリートが撮影を、「真夏の夜の夢」「恋のナポリ」のエリック・ウォルフガング・コーンゴールドが音楽をそれぞれ担当した。助演は「放浪の王者(1938)」のバジル・ラスボー…

    アクション、アドベンチャー(冒険)

    ネット上の声

    仲間はみんな同じ服装(ちょっと悪趣味)!
    製作年:1938
    製作国:アメリカ
    監督:マイケル・カーティス
    主演:エロール・フリン
    39
  40. 騎兵隊

    騎兵隊
    評価:C3.36
    「最後の歓呼」のジョン・フォード監督作。主演には「リオ・ブラボー」のジョン・ウェインと「戦場の誓い」のウィリアム・ホールデンが顔を合せる。ハロルド・シンクレアの原作をジョン・リー・メインとマーティン・ラッキンが共同で脚色、撮影を「特攻決死隊」のウィリアム・H・クローシアが担当している。音楽はデイヴィッド・バトルフ。他に出演するのは新人コンスタンス・タワーズ、全米女子テニス選手権者アルシア・ギブスン、ラッセル・シンプソン、アンナ・リー、フート・ギブスンら。主題歌“アイ・レフト・マイ・ラブ”をウェブ・オーバーランダーとスタン・ジョーンズが作詞作曲している。製作ジョン・リー・メインとマーティン・ラ…

    アクション

    ネット上の声

    二大スターの対立がオモシロい・・・
    南北戦争下の物語。
    南北戦争
    ジョン・ウエイン vs w・ホールデン
    製作年:1959
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・フォード
    主演:ジョン・ウェイン
    40
  41. コルドラへの道

    コルドラへの道
    評価:C3.36
    「アレクサンダー大王」のロバート・ロッセンが監督したメキシコ革命を背景とするドラマ。「縛り首の木」のゲイリー・クーパーをはじめ、リタ・ヘイワース、ヴァン・ヘフリン、タブ・ハンターらが顔を合せている。原作はグレンドン・スウォースアウト。アイヴァン・モファットとロバート・ロッセンが脚色にあたり、撮影はバーネット・ガフィ。音楽はモリス・W・ストロフ。製作ウィリアム・ゲーツ。

    アクション、西部劇
    製作年:1959
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・ロッセン
    主演:ゲイリー・クーパー
    41
  42. 東京暗黒街・竹の家

    東京暗黒街・竹の家
    評価:C3.35
    「情炎の女サロメ」のハリー・クライナーが脚本を書き、「地獄と高潮」のサミュエル・フラーが監督、撮影は「スピードに命を賭ける男」のジョー・マクドナルド、音楽は「拾った女」のリー・ハーラインが担当する。主なる出演者は「太平洋作戦」のロバート・ライアン、「紅の翼(1954)」のロバート・スタック、「東は東」のシャーリー・ヤマグチ(山口淑子)、「デジレ」のキャメロン・ミッチェル、「恐怖の土曜日」のブラッド・デクスター、他に早川雪洲など。1955年作品。

    アクション

    ネット上の声

    浅草松屋デパート屋上の銃撃戦!
    アメリカ人もお風呂好きです。
    絢爛豪華な日本世界・・・笑
    占領と安保の間に
    製作年:1955
    製作国:アメリカ
    監督:サミュエル・フラー
    主演:ロバート・スタック
    42
  43. 遠い太鼓

    遠い太鼓
    評価:C3.34
    「セントルイス」のミルトン・スパーリングが制作する色彩開拓劇1952年度作品で、「昼間の決闘」のナイヴン・ブッシュがストーリーを書き下ろし、彼とマーティン・ラッキン(「極楽スパイ狩り」)が脚色に当たった。監督は「白熱(1949)」のラウール・ウォルシュ。撮影のシド・ヒコックス、音楽のマックス・スタイナーもそれぞれ「白熱(1949)」と同様である。主演は「真昼の決闘」のゲイリー・クーパーに新人マリ・アルドンで、以下「マニラ」のリチャード・ウェッブ、「われら自身のもの」のレイ・ティール、新人アーサー・ハニカットらが助演する。

    アクション

    ネット上の声

    当時では残酷なシーンでは
    超異色西部劇!!いや南部劇と呼ぶべきか?
    水中の格闘が最高
    製作年:1951
    製作国:アメリカ
    監督:ラオール・ウォルシュ
    主演:ゲイリー・クーパー
    43
  44. クォ・ヴァディス

    クォ・ヴァディス
    評価:C3.32
    ゴールデン・グローブ賞(1951年)時の皇帝ネロは、キリスト教徒の迫害をしており、3年に渡る英国遠征を終えて、帰国したマーカス将軍にも、教徒の迫害を命じるが、マーカスは暴君ネロに背いて、愛する女性や迫害される人々を助ける為に立ち上がる。

    アクション

    ネット上の声

    通説ではローマの大火の犯人はネロではない
    「クオバデス」にしませんか、今後。ダメ?
    コロシアムでの場面は感動的
    半世紀以上前のスペクタクル
    製作年:1951
    製作国:アメリカ
    監督:マーヴィン・ルロイ
    主演:ピーター・ユスティノフ
    44
  45. 風速40米

    風速40米
    評価:C3.31
    お馴染み石原裕次郎のアクション・ドラマ。なかでも、颱風下の大アクションが売り物。雑誌『平凡』連載の松浦健郎の原作を、原作者自身が脚本化し、(松浦健郎の最近作には「血の岸壁」の共同脚本がある。)「霧の中の男」の蔵原惟繕が監督を、「死の壁の脱出」の横山実が撮影を、それぞれ担当した。主演は「素晴しき男性」のコンビ、石原裕次郎・北原三枝。ほかに、「運河」の渡辺美佐子、「知と愛の出発」の川地民夫。助演に、宇野重吉、山岡久乃、金子信雄とヴェテランを揃える。色彩はコニカラー。

    アクション

    ネット上の声

    "高度経済成長期"・・・してる映画です。
    昭和33年のアイドル映画
    小太りじゃない裕次郎
    台風並みに破天荒な男
    製作年:1958
    製作国:日本
    監督:蔵原惟繕
    主演:石原裕次郎
    45
  46. 野獣死すべし

    野獣死すべし
    評価:C3.31
    大藪春彦の原作を、「氾濫」の白坂依志夫が脚色し「大人には分らない・青春白書」の須川栄三が監督したスリラー。撮影は「奥様三羽烏」の小泉福造。パースペクタ立体音響。

    アクション

    ネット上の声

    主演は松田優作ではなく仲代達矢です。
    須川栄三
    製作年:1959
    製作国:日本
    監督:須川栄三
    主演:仲代達矢
    46
  47. OK牧場の決斗

    OK牧場の決斗
    評価:C3.30
    ジョン・スタージェスが監督、『山猫』のバート・ランカスターがワイアット・アープに扮した傑作西部劇。牛泥棒のクラントン一家を追ってある町にやって来たワイアットは、そこでリンチされそうになっていた賭博師を救い出す。‘グレイテストヒッツ’。

    アクション

    ネット上の声

    これでビビビッと来なければ男じゃない!
    直訳すれば「OKコラルの銃撃戦」
    ガッツ氏が・・出てるわけない
    アメリカ仁侠映画の金字塔。
    製作年:1957
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・スタージェス
    主演:バート・ランカスター
    47
  48. 絶海の嵐

    絶海の嵐
    評価:C3.27
    アカデミー賞(1943年)[サムソンとデリラ]のセシル・B・デミルが製作ならびに監督したテクニカラー海洋活劇1942年作品。サタディ・イヴニング・ポスト連載のセルマ・ストレイベルの原作にもとずいて「愛と血の大地」のアラン・ルメイ、「征服されざる人々」のチャールズ・ベネット、「激情の断崖」のジャネット・ラスキー・ジュニアの3人が脚色した。撮影監督は「ダニー・ケイの天国と地獄」のヴィクター・ミルナーと「印度の放浪児」のウィリアム・スコール、特殊撮影はゴードン・ジェニングス、W・L・ペレイラ、ファーシオット・エドワード、作曲は「旅愁」のヴィクター・ヤングが夫々担当する。出演は「大時計」のレイ・ミランド、「硫黄島の砂」のジョ…

    アクション

    ネット上の声

    ジョン・ウェインが主演でなくても光る作品
    ジョン・ウェイン
    製作年:1942
    製作国:アメリカ
    監督:セシル・B・デミル
    主演:レイ・ミランド
    48
  49. ロスト・ワールド

    ロスト・ワールド
    評価:C3.26
    シャーロック・ホームズ探偵物語で有名な英国の文豪アーサー・コナン・ドイル卿原作の同名小説に基づき、マリオン・フェアファックス女史が脚色し、ハリー・ホワイト氏が監督したもので、主役は「スペインの踊子」「ロビン・フッド(1922)」等出演のウォーレス・ビアリー氏、「スカラムーシュ」「心なき女性」等出演のルイス・ストーン氏、「村の鍛冶屋」「人類の破滅」等出演のベシー・ラヴ嬢、「嫉妬の創痕」「嵐の園テス」等出演のロイド・ヒューズ氏等である。劇中前世紀の怪動物ブロントザウルス・ステゴザウルス・トリケラトプス・トラコウドン等の棲息しているシーンはウィリス・オブライエン氏の研究によって完全に画面に活躍させている。映画界始まって以来のノヴェルティーとして米国では大評判になった映画である。

    アクション、恐竜
    製作年:1925
    製作国:アメリカ
    監督:ハリー・O・ホイト
    主演:ウォーレス・ビアリー
    49
  50. 太平洋の鷲

    太平洋の鷲
    評価:C3.26
    連合艦隊司令長官山本五十六の悲劇を中心に太平洋戦争を描く戦記映画で、本木莊二郎の製作である。「加賀騒動」の橋本忍の脚本を、「続思春期」の本多猪四郎が監督している。撮影、音楽は「金さん捕物帖 謎の人形師」の山田一夫、古関裕而。なお「アナタハン」の円谷英二を中心に東宝特殊技術部が全面的に協力している。出演者は、「続丹下左膳」の大河内傳次郎、「幸福さん」の小林桂樹、伊豆肇、「ひまわり娘」の三船敏郎、「白魚」の二本柳寛等。

    アクション、戦争
    製作年:1953
    製作国:日本
    監督:本多猪四郎
    主演:大河内伝次郎
    50

スポンサードリンク