全28作品。逃亡劇の映画ランキング

  1. パディントン2

    パディントン2
    評価:S4.33
    マイケル・ボンドの児童文学を実写映画化した『パディントン』の続編。ペルーの密林からイギリスに渡って暮らしていたクマのパディントンが、ある絵本をめぐる事件に遭遇する。

    コメディ、冤罪、刑務所、逃亡劇

    ネット上の声

    パディントン…
    製作年:2017
    製作国:イギリス
    監督:ポール・キング
    主演:ベン・ウィショー
    1
  2. 3人の逃亡者

    3人の逃亡者
    評価:S4.14
     フランス映画「3人の逃亡者/銀行ギャングは天使を連れて」を同じ監督がアメリカ版としてリメイク。出所して間もない元銀行強盗と銀行強盗なりたての男の腐れ縁、男の幼い娘を加えた3人の逃避行を描いたコメディ。

    コメディ、逃亡劇

    ネット上の声

    久しぶりに終わらないでほしいと思えた傑作
    ダメ親父とその子供とニック・ノルティ
    タイトルだけでスルーしてはいけません
    1986年の同題名フランス映画のリメイク
    製作年:1988
    製作国:アメリカ
    監督:フランシス・ヴェベール
    主演:ニック・ノルティ
    2
  3. ジャッカー

    ジャッカー
    評価:A4.03
     組織抗争の殺人を目撃したためFBIに証人として保護されている少年を二人の殺し屋が誘拐。組織の待つヒューストンまでの三人の奇妙な道行をサスペンスフルに描いたスリラー。

    アクション、サスペンス、誘拐、逃亡劇

    ネット上の声

    ザ・シャイダー?〜ジャッカー電撃隊
    なぜDVD化しないのか?!(1)
    この傑作もDVD化されてない。
    誘拐犯と子供の駆け引き
    製作年:1988
    製作国:アメリカ
    監督:エリック・レッド
    主演:ロイ・シャイダー
    3
  4. ハリソン・フォード 逃亡者

    ハリソン・フォード 逃亡者
    評価:A3.89
    アカデミー賞(1994年・助演男優賞)妻殺しの汚名を着せられ、死刑宣告を受けた医師キンブル。護送途中の事故に乗じて辛くも脱走し、自身の潔白を証明するため、事件の夜に見た「片腕の男」を探す逃亡の旅へ身を投じる。しかし、そんな彼を連邦保安官ジェラードが執拗に追跡する。二人の男の命と信念をかけた戦いが始まる。

    アクション、冤罪、逃亡劇

    ネット上の声

    この惑星の逃亡者はまったくしぶとい。
    TVドラマのイメージが強すぎて…
    BOSS缶コーヒーの人
    親子で楽しむ逃亡者
    製作年:1993
    製作国:アメリカ
    監督:アンドリュー・デイヴィス
    主演:ハリソン・フォード
    4
  5. テルマ&ルイーズ

    テルマ&ルイーズ
    評価:A3.88
    アカデミー賞(1992年・脚本賞)

    ヒューマンドラマ、逃亡劇
    製作年:1991
    製作国:アメリカ
    監督:リドリー・スコット
    主演:スーザン・サランドン
    5
  6. バタフライ・キス

    バタフライ・キス
    評価:A3.81
    「イン・ディス・ワールド」等の作品で世界から注目を集め続けるマイケル・ウィンターボトム監督の長編デビュー作。全身ピアスと刺青だらけの娘ユーニスは、ジュディスという女を探し求めて街道沿いのガソリンスタンドを訪ね歩いている。そして店員がジュディスではないことを知ると殺してしまうのだ。やがて彼女は、あるガソリンスタンドで働くミリアムという娘に出会う。ミリアムはユーニスに恋心を抱き、彼女の後を追うのだが……。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、同性愛、逃亡劇

    ネット上の声

    なぜこんな心理が書けるのだろう
    いろいろな愛の形
    二人の世界。
    儚くも切ない映画
    製作年:1995
    製作国:イギリス
    監督:マイケル・ウィンターボトム
    主演:アマンダ・プラマー
    6
  7. 夜の人々

    夜の人々
    評価:A3.81
    1930年代、不況下のアメリカ南部。刑務所を脱獄した若者ボウイは、仲間とともに銀行強盗を続けていた。やがて、“ボウイ・ザ・キッド“と呼ばれるようになった彼は、キーチという女性と恋に落ち、人生をやり直すための逃避行を開始するが……。犯罪映画としてのクールなスタイルと、追い詰められ、人目を避けるがゆえに燃え上がる愛を描いたロマンティックな部分を併せ持つ作品。N・レイの処女作で、ゴダールからカラックスまで多くの映画人に影響を与えたといわれる傑作。ロバート・アルトマンの「ボウイ&キーチ」はこの作品のリメイク。

    恋愛、逃亡劇
    製作年:1948
    製作国:アメリカ
    監督:ニコラス・レイ
    主演:ファーリー・グレンジャー
    7
  8. 人生に乾杯!

    人生に乾杯!
    評価:B3.77
    運命的な出会いを経て結婚し、今や81歳となったエミル(エミル・ケレシュ)と70歳のヘディ(テリ・フェルディ)の老夫婦。恋に落ちていた頃のことなどすっかり忘れた二人は、年金だけでは暮らしていけず、借金取りに追われる毎日の中、出会いのきっかけだった思い出のダイヤのイヤリングも借金のカタに取られてしまう。

    ヒューマンドラマ、旅に出たくなるロードムービー、夫婦、逃亡劇、貧困

    ネット上の声

    ワシたちに明日はないんじゃ!
    ワシたちに明日はある・・・?
    「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」の老人版ですね。
    まんまと監督の策に引っ掛かっちまったぜ。
    製作年:2007
    製作国:ハンガリー
    監督:ガーボル・ロホニ
    主演:エミル・ケレシュ
    8
  9. ダウン・バイ・ロー

    ダウン・バイ・ロー
    評価:B3.75
     舞台はニューオリンズ。ザックとジャックが、それぞれ警察がらみの罠にひっかかってOPP刑務所の同じ房に入れられる。

    ヒューマンドラマ、旅に出たくなるロードムービー、逃亡劇

    ネット上の声

    男の友情を描くロードムービー☆3.5
    イタリア旋風だっ!
    J・ジャームッシュにしか撮れないでしょう
    ヘンな映画なんですが…
    製作年:1986
    製作国:アメリカ/西ドイツ
    監督:ジム・ジャームッシュ
    主演:トム・ウェイツ
    9
  10. 暴走機関車

    暴走機関車
    評価:B3.73
    ゴールデン・グローブ賞(1985年)機関士ぬきで暴走する4連ディーゼルに乗り合わせた脱獄囚2人と女性乗務員の焦繰と彼らを取りまく人々との葛藤のドラマ。製作はメナハム・ゴランとヨラム・グローバス。エグゼクティヴ・プロデューサーはロバート・A・ゴールドストン。66年に黒澤明が企画・脚本化したものを基に「マリアの恋人」のアンドレイ・コンチャロフスキーが監督、ドルジェ・ミリセヴィック、ポール・ジンデル、エドワード・バンカーが脚本を担当。撮影はアラン・ヒューム、音楽はトレヴァー・ジョーンズ、編集はヘンリー・リチャードソン、プロダクション・デザイナーはスティーヴ・マーシュが担当。出演はジョン・ヴォイト、エリック・ロバーツ、レベッカ・デモー…

    アクション、冬に見たくなる、刑務所、逃亡劇

    ネット上の声

    まさに暴走!まさに男!マニー万歳!
    最高にシビレル、悪VS悪の映画
    爆走する機関車がすごい
    かっこよすぎるぜ!
    製作年:1985
    製作国:アメリカ
    監督:アンドレイ・コンチャロフスキー
    主演:ジョン・ヴォイト
    10
  11. すべて彼女のために

    すべて彼女のために
    評価:B3.68
    いわれのない罪で投獄された妻のために、すべてを投げ打って救い出そうとする平凡な男の愛をハードに描くヒューマン・サスペンス。本作が長編映画初監督となるフレッド・カヴァイエを、フランス映画界の人気俳優ヴァンサン・ランドンと『イングロリアス・バスターズ』のダイアン・クルーガーが熱演で後押し。

    サスペンス、冤罪、夫婦、脱出、逃亡劇

    ネット上の声

    ラブロマンスを見たいならば他を当たるべき。だが秀作には違いない
    予想を超える展開に引き込まれた!
    すべてを投げ捨てて貫き通す愛
    【知力・体力・時の運(笑)】
    製作年:2008
    製作国:フランス
    監督:フレッド・カヴァイエ
    主演:ヴァンサン・ランドン
    11
  12. ゴールデンスランバー

    ゴールデンスランバー
    評価:B3.67
    人気作家・伊坂幸太郎の同名ベストセラー小説を、『アヒルと鴨のコインロッカー』『フィッシュストーリー』に続き中村義洋監督が映画化したサスペンス。巨大な陰謀に巻き込まれ、首相暗殺の濡れ衣を着せられた宅配ドライバーの決死の逃避行をスリリングに描く。

    ヒューマンドラマ、花火が印象的、冤罪、逃亡劇

    ネット上の声

    『たいへんよくできました』をペタン♪
    ドカーン!…リンゴ製品…ぽかーん…
    ホームとは、たとえばこんな人の存在
    芸達者な役者さんが勢揃い
    製作年:2009
    製作国:日本
    監督:中村義洋
    主演:堺雅人
    12
  13. 裸足の1500マイル

    裸足の1500マイル
    評価:B3.66
    1931年のオーストラリア。先住民アボリジニと白人の混血児は、白人社会に適応させるために、家族から隔離され、寄宿舎に収容される政策がとられた。この寄宿舎から脱走して我が家に帰った3人の少女のひとりが書いたノンフィクションを映画化。監督は「今そこにある危機」「ボーン・コレクター」のフィリップ・ノイス。撮影はオーストラリア出身のクリストファー・ドイル。

    ヒューマンドラマ、実話、人種差別、オーストラリア舞台、逃亡劇

    ネット上の声

    当たり前のことが邪魔される歯がゆさ・・
    笑顔泥棒
    チベットでも似たようなことが起きている
    厳しい社会。へこたれない強い意志。
    製作年:2002
    製作国:オーストラリア
    監督:フィリップ・ノイス
    主演:エヴァーリン・サンピ
    13
  14. マン・ハント

    マン・ハント
    評価:C3.57
    ヒトラーに銃を向けたハンターと、彼を狩り出そうとするゲシュタポの追跡を描いた本格サスペンスの一編。本作のあと「死刑執行人もまた死す」「恐怖省」「外套と短剣」と続く、フリッツ・ラング監督のナチスものの最初の作品。従来のアメリカ映画にないナチスのリアルなイメージを米国の大衆に与え、以後のプロパガンダ映画のあり方に大きな影響を与えた。原作はジョフリー・ハウスホールドの小説『Rogue Male』で、「男の敵」「駅馬車(1939)」などジョン・フォード作品でお馴染みのダドリー・ニコルズが脚色。監督は当初、そのフォードが予定されていたが彼が難色を示したため、36年に渡米後、「暗黒街の弾痕」「西部魂(1…

    サスペンス、逃亡劇

    ネット上の声

    フリッツ・ラングってやっぱり凄いかも
    鈍い男と泣き虫女
    1941年に作られた素晴らしい映画
    通信手段は伝書鳩!
    製作年:1941
    製作国:アメリカ
    監督:フリッツ・ラング
    主演:ウォルター・ピジョン
    14
  15. スリーデイズ

    スリーデイズ
    評価:C3.56
    無実の罪で投獄された妻を救うため決死の行動に出た男の姿を描く『すべて彼女のために』を、『クラッシュ』『告発のとき』のポール・ハギス監督がリメイクしたサスペンス・アクション。愛する妻と幸せだった家族を取り戻すため、命懸けの脱獄計画に挑む主人公を、ラッセル・クロウが熱演する。

    アクション、サスペンス、冤罪、夫婦、脱出、逃亡劇

    ネット上の声

    全く予備知識のない作品を見たくなった。そしてスタート。なにこれめち...
    追う側の凄み足りずも、過程に意外性を評価
    妻を救うために夫に残された道はただ一つ
    深い愛情故…ここまで愛されるって
    製作年:2010
    製作国:アメリカ
    監督:ポール・ハギス
    主演:ラッセル・クロウ
    15
  16. 女囚さそり 第41雑居房

    女囚さそり 第41雑居房
    評価:C3.53


    サスペンス、刑務所、脱出、逃亡劇
    製作年:1972
    製作国:日本
    監督:伊藤俊也
    主演:梶芽衣子
    16
  17. 誘拐ラプソディー

    誘拐ラプソディー
    評価:C3.51
    借金まみれでくたびれた人生を送る主人公が、ヤクザの組長の息子を誘拐したために逃げ回るハメになるロードムービー。荻原浩原作の「明日の記憶」を基に、俳優としても数々の出演作を誇る榊英雄監督が映像化。

    ヒューマンドラマ、誘拐、逃亡劇

    ネット上の声

    約束は守るもの、マニフェストは破るもの
    せっかくの好素材も仕上げ方をミスったな
    チグハグさが惜しいが子役に救われた作品
    さぁ立ちションを教えよう、ブルンブルン
    製作年:2009
    製作国:日本
    監督:榊英雄
    主演:高橋克典
    17
  18. 女囚さそり 701号怨み節

    女囚さそり 701号怨み節
    評価:C3.41
    “さそり”シリーズ四作目。元過激派学生運動家に一度は犯罪者的意識で心を許したさそりが、その男に裏切られた怨念に燃え、刑務所を脱走して復讐を果すまでを描く。脚本は「前科おんな 殺し節」の松田寛夫と神波史男、監督は脚本も執筆している「戦国ロック 疾風の女たち」の長谷部安春、撮影は「実録・私設銀座警察」の仲沢半次郎がそれぞれ担当。

    ヒューマンドラマ、逃亡劇

    ネット上の声

    梶芽衣子にどっぷり麻痺!
    憧れの女性ヒーロー。
    梶さんおつかれっ!
    田村正和が・・・
    製作年:1973
    製作国:日本
    監督:長谷部安春
    主演:梶芽衣子
    18
  19. ザ・チェイス

    ザ・チェイス
    評価:C3.37
    強盗の濡れ衣を着せられ有罪判決を受けて脱走した男が、大富豪の娘を連れて決死の逃避行を繰り広げる、ノンストップ・カーアクション。この種の映画の定石を破ったギャグとスピーディな演出が秀逸。監督・脚本は処女作『ハートにびんびん火をつけて』(V)、『ワンダーアーム・ストーリー』(V)でもオフ・ビート感覚溢れる才能を見せた新鋭アダム・リフキン。製作は前2作でも監督と組んだブラッド・ワイマンとキャシアン・エルウェス、エグゼクティヴ・プロデューサーはエドワード・サールイと、主演も兼ねるチャーリー・シーン。撮影は「ダブルチェイス 俺たちは007じゃない」のアラン・ジョーンズ、音楽は「ウェドロック」のリチャード・ギブス。全編のほとんどを占めるカーチェイス場面のスタント・コーディネーターは「L.A.大捜査線 狼たちの街」のバディ・ジョー・フーカーが担当。主演は「メジャーリーグ2」のチャーリ・シーンと「バッフィ ザ・バンパイア・キラー」のクリスティ・スワンソン。ロリンズ・バンドのヘンリー・ロリンズ、レッド・ホット・チリ・ペッパーズのフレアとアンソニー・キーディスと、ロック・ミュージシャンが見せる珍妙な演技も見どころ。

    冤罪、カーアクション、逃亡劇
    製作年:1994
    製作国:アメリカ
    監督:アダム・リフキン
    主演:チャーリー・シーン
    19
  20. 大脱獄

    大脱獄
    評価:C3.27
    殺人犯のぬれ衣を着せられた死刑囚が脱獄して復讐をとげるまでを描いたアクション映画。脚本・監督は「直撃地獄拳 大逆転」の石井輝男、撮影も同作の出先哲也がそれぞれ担当。

    逃亡劇

    ネット上の声

    石井監督!健アンド文太
    網走番外地「番外篇」
    東映プログラム。
    製作年:1975
    製作国:日本
    監督:石井輝男
    主演:高倉健
    20
  21. 続・激突!/カージャック

    続・激突!/カージャック
    評価:C3.27
    裁判所の命令で子供の養育権を取り上げられてしまったG・ホーンが、刑務所に服役中の夫を脱獄させる。そして二人はパトカーを奪い、子供の居るシュガーランドをめざす…。

    アクション、カーアクション、逃亡劇

    ネット上の声

    前作の方がパーワーとスリルが(。・ω・。)
    保安官役ベンジョンソンがかっこいい!!
    やっぱスピルバーグは映像で語るんだ。
    アメリカを見守り続けた、西部の男。
    製作年:1974
    製作国:アメリカ
    監督:スティーヴン・スピルバーグ
    主演:ゴールディ・ホーン
    21
  22. マーキュリー・ライジング

    マーキュリー・ライジング
    評価:C3.24


    アクション、サスペンス、自閉症、逃亡劇
    製作年:1998
    製作国:アメリカ
    監督:ハロルド・ベッカー
    主演:ブルース・ウィリス
    22
  23. アウト・オブ・サイト

    アウト・オブ・サイト
    評価:D3.08


    アクション、刑務所、脱出、逃亡劇
    製作年:1998
    監督:スティーヴン・ソダーバーグ
    主演:ジョージ・クルーニー
    23
  24. 君よ憤怒の河を渉れ

    君よ憤怒の河を渉れ
    評価:D2.94
    無実の罪を着せられた現職の検事が、執拗な刑事の追跡をかわしながら真犯人を追っていくアクション映画。原作は西村寿行の同名小説。脚本は「金環蝕」の田坂啓、監督は脚本も執筆している「新幹線大爆破」の佐藤純彌、撮影は「金環蝕」の小林節雄がそれぞれ担当。

    サスペンス、冤罪、逃亡劇

    ネット上の声

    中国、外国映画の開放政策第1作
    検事の健さん,東日本縦断す!
    文革後の中国人を魅了した怪作
    子供の頃に熱中してみたのに
    製作年:1976
    製作国:日本
    監督:佐藤純彌
    主演:高倉健
    24
  25. ミッシング ID

    ミッシング ID
    評価:D2.84
    ごく普通の高校生らしい毎日を送っていたネイサン(テイラー・ロートナー)は、ひょんなことから誘拐されたまま消息を断った子どもたちの情報サイトに、13年前の自分の写真が載っているのを発見する。謎や疑念に支配されていくうちに、周囲の人間が何者かによって消されていき、ネイサンも狙われるように。それまでの日常と人生が仕組まれたものであることに気付いた彼は、想像を絶する逃避行を繰り広げながら、すべての謎を解き明かそうとする。潜在的な戦闘能力を発揮し、追手や刺客を倒していく過程で、ある暗号の存在に行き着くが……。

    サスペンス、誘拐、逃亡劇

    ネット上の声

    脚本が痛い。テイラーくんの演技もイタい。
    テイラー・ロートナーファンのための映画
    ボーンシリーズと比べちゃうとね・・・
    C級のティーンエイジ&アクション映画
    製作年:2011
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・シングルトン
    主演:テイラー・ロートナー
    25
  26. サバイバー

    サバイバー
    評価:D2.83
    『バイオハザード』シリーズなどのミラ・ジョヴォヴィッチと『007』シリーズなどのピアース・ブロスナンが共演し放つアクション。爆破テロ犯人のぬれぎぬを着せられた外交官が、未曽有の危機からアメリカを救おうと孤軍奮闘する姿を描く。

    サスペンス、冤罪、逃亡劇

    ネット上の声

    アメリカ警察VSイスラム過激派。
    女性版ジャック・バウアー大活躍!!
    ラストがあっさりしすぎやろwww
    始めは面白かったけど。。
    製作年:2015
    製作国:アメリカ,イギリス
    監督:ジェームズ・マクティーグ
    主演:ミラ・ジョヴォヴィッチ
    26
  27. チェーン・リアクション

    チェーン・リアクション
    評価:D2.79
    バークレイ博士とその研究スタッフは石油に代わる新エネルギーの発生装置開発に成功。しかし博士が何者かに殺され、研究所も爆破されるという事件が起こる。疑いの目は、スタッフの一員であるエンジニアのエディに向けられることに。身に覚えのない証拠も見つかり窮地に立たされるエディ。警官殺害の容疑まで着せられた彼は物理学者のリリーとともに逃亡を図るが。巨大な陰謀の黒幕は? キアヌが危険なアクションスタントに挑んだ大迫力のサスペンス巨編。

    アクション、逃亡劇

    ネット上の声

    映像と俳優に脚本が追いついていない
    モーガンの役がいい。悪だけど悪じゃない感じが。 キアヌはなんかオタ...
    始めから終わりまで連鎖反応が続くのだ!
    まずは、こちらの会話をお聞きください
    製作年:1996
    製作国:アメリカ
    監督:アンドリュー・デイヴィス
    主演:キアヌ・リーヴス
    27
  28. 愛と憎しみの彼方へ

    愛と憎しみの彼方へ
    評価:E0.00


    刑務所、脱出、逃亡劇
    製作年:1951
    製作国:日本
    監督:谷口千吉
    主演:池部良
    28

スポンサードリンク