全45作品。旅に出たくなるロードムービー映画ランキング

  1. ラスムスくんの幸せをさがして

    ラスムスくんの幸せをさがして
    評価:S4.32
    少年が旅するロードムービースウェーデンの文才エリック・リンドグレーンが贈るもう一つの‘幸せ’。孤児院で暮らす元気いっぱいの少年・ラスムス。彼はある日、両親を探すため孤児院を飛び出す。旅の途中で風来坊のオスカルと出会い、行動を共にするが…。

    ヒューマンドラマ、旅に出たくなるロードムービー

    ネット上の声

    途中でおいっ!と突っ込みを入れたくなった
    ラスムスくんの幸せをさがして
    観ているこっちも幸せになる
    だから歩いて行くんだよ~♪
    コメディを好んで観る
    ★★★★★(5点)
    イイネ!放浪の旅に出たくなる!スウェーデンの自然もキレイ! 全体的にほんわかした雰囲気。こういうのが好物です。隠れた名作じゃないでしょうか。原作は「さすらいの孤児ラスムス」という本で人気作のようです。
    製作年:1981
    製作国:スウェーデン
    監督:オーレ・ヘルボム
    主演:エリック・リンドグレーン
    1
  2. ラテン・アメリカ/光と影の詩

    ラテン・アメリカ/光と影の詩
    評価:S4.28
     高校生のマルティンは父を探すべく、メキシコまで5000キロの旅にでる。彼はその旅を通し、未知なる風景、失われたインカ帝国、マヤ文明の廃墟、秘められた略奪の歴史などに出会ってゆく。

    ヒューマンドラマ、旅に出たくなるロードムービー

    ネット上の声

    ソラナス・イマジネーションの到達点
    アイロニカルな南米のロードムービー
    生きて行こう、僕一人の力で・・・
    人生は終わらない旅
    製作年:1992
    製作国:アルゼンチン/フランス
    監督:フェルナンド・E・ソラナス
    主演:ウォルター・キロス
    2
  3. シェフ 三ツ星フードトラック始めました

    シェフ 三ツ星フードトラック始めました
    評価:S4.11
    新ジャンルの移動販売ロードムービーアメリカが舞台のロードムービー。主人公は一流ホテルの料理長。ネットの評論家に自分の料理を酷評されてしまい、SNSで反論したら大炎上。リストラされることに。再就職先を探すも炎上の影響で、どこのレストランも採用してくれない。まさに人生のどん底…。しかしひょんなことからサンドイッチの移動販売を始めて一転。美味しすぎるとたちまち評判に。NSでの宣伝も大成功。父と息子と友人。3人は移動販売をしながらロサンゼルスへ向かうことに。その長い道中で人生にとって大切なことを知る。ラストの動画は涙無くしてみられない。

    ヒューマンドラマ、コメディ、子供が生まれてから見たら大泣きする、旅に出たくなるロードムービー、料理人、ビジネス

    ネット上の声

    今の人生にスパイスを振りかけてくれます。
    最高な気分で美味しそうな映画。オススメ!
    緩く楽しく美味しいロードムービー。
    楽しくなるよ? アンチのアンチ
    製作年:2014
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・ファヴロー
    主演:ジョン・ファヴロー
    3
  4. スタンド・バイ・ミー

    スタンド・バイ・ミー
    評価:A4.08
     モダン・ホラーの帝王スティーヴン・キングの非ホラー短編を基に、R・ライナーが少年時代の想い出をさわやかに描き上げた名編。オレゴンの田舎町、行方不明になった少年の死体を見つけようと、ちょっとした冒険旅行に出かける4人の少年の姿を描く。

    青春、アドベンチャー(冒険)、旅に出たくなるロードムービー、懐かしいノスタルジックな夏、夏に見たくなる、バックパッカー

    ネット上の声

    スタンドバイミーの曲をずっとラブソングだと勘違いしていたので、映画...
    僕は君に支えられ、君は僕が支えてる・・・
    誰もが、少年時代を思い起こすでしょう。
    少年の好奇心、友情を感じる作品
    製作年:1986
    製作国:アメリカ
    監督:ロブ・ライナー
    主演:ウィル・ウィートン
    4
  5. レイダース/失われたアーク《聖櫃》

    レイダース/失われたアーク《聖櫃》
    評価:A4.04
    アカデミー賞(1982年)1936年、世界征服を目指すヒトラーは、手にした者に不思議な力が宿るという謎の伝説に包まれた“黄金のアーク(聖櫃)“を手中に収めようと、異常なまでの執念を燃やしていた。このヒトラーの野望を断つために、アメリカ合衆国は、若き考古学者インディ・ジョーンズに密命をたくす。エジプトの砂漠の中に眠るといわれるアークを求めてインディは、まだ見ぬ世界へと踏み込むが……。次から次へと主人公インディに迫る危機は、かつての連続活劇を思わせ、その歯切れのよいスピーディーな映像感覚で映画は大ヒットした。ジョージ・ルーカスがスピルバーグと手を結び、製作総指揮にあたった超大作。DVDは「アドベンチャーズ・オブ・インディ…

    アクション、アドベンチャー(冒険)、旅に出たくなるロードムービー、インディ・ジョーンズ

    ネット上の声

    俺はこの神映画に4つ星をつけられるか?
    トゥームレイダーの何百倍も面白いが、
    インディの魅力を惹き出だした「音楽」
    映画館でのみ映画を見ていた時代の映画
    製作年:1981
    製作国:アメリカ
    監督:スティーヴン・スピルバーグ
    主演:ハリソン・フォード
    5
  6. インディ・ジョーンズ/最後の聖戦

    インディ・ジョーンズ/最後の聖戦
    評価:A4.03
    アカデミー賞(1990年・音響編集賞) 「レイダース/失われたアーク」「インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説」に続くインディ・シリーズ第3弾。キリストの聖杯を探していて行方不明になった父、ヘンリーを追ってベニスに飛んだインディ。

    アクション、アドベンチャー(冒険)、旅に出たくなるロードムービー、インディ・ジョーンズ

    ネット上の声

    インディ・ジョーンズ4への期待をこめて!
    「インディ・ジョーンズ4」を遂に撮影開始
    アクションとユーモアの匙加減が絶妙!
    超人気作の完結編だと思っていた!
    製作年:1989
    製作国:アメリカ
    監督:スティーヴン・スピルバーグ
    主演:ハリソン・フォード
    6
  7. インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説

    インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説
    評価:A4.02
    アカデミー賞(1985年・視覚効果賞)冒険家インディ・ジョーンズが、ナイトクラブの歌姫、中国人少年とともにインドの宮殿でくりひろげる冒険を描く。「レイダース 失われた聖櫃<アーク>」(81)の続編で、前作の舞台となった36年より1年前の35年から話は始まっている。製作はロバート・ワッツ、エグゼクティヴ・プロデューサーはジョージ・ルーカスとフランク・マーシャル。監督は前作に引き続きスティーヴン・スピルバーグが担当。ジョージ・ルーカスの原案に基づき、ウィラード・ハイクとグロリア・カッツの夫婦が脚本を執筆。撮影はダグラス・スローカム、音楽はジョン・ウィリアムス(2)、編集はマイケル・カーンで、いずれも前作と同じ人物が手掛けている。スタ…

    アクション、アドベンチャー(冒険)、旅に出たくなるロードムービー、インディ・ジョーンズ

    ネット上の声

    見せ場の多さ、ピカイチ也
    トロッコのシーンはドラクエにも取り入れられるほどオマージュが多いような気がする。
    ジョンウイリアムズの名曲はそのままにスケールアップされた冒険活劇第...
    これぞまさしくアクションアドベンジャー映画だ。
    製作年:1984
    製作国:アメリカ
    監督:スティーヴン・スピルバーグ
    主演:ハリソン・フォード
    7
  8. 十五才 学校IV

    十五才 学校IV
    評価:A4.00
    不登校の中学生が、ヒッチハイクの旅を通して成長していく様を描いた青春ロードムービー。監督は「学校II」の山田洋次。松本創の体験を基に、山田監督と「釣りバカ日誌イレブン」の朝間義隆、平松恵美子が共同で脚本を執筆。撮影を「釣りバカ日誌イレブン」の長沼六男が担当している。主演は、「ズッコケ三人組 怪盗X物語」の金井勇太。2000年度キネマ旬報誌ベストテン第4位、第55回毎日映画コンクール脚本賞受賞、第13回日刊スポーツ映画大賞作品賞受賞、日本映画ペンクラブ賞ベストワン、文部省選定、優秀映画鑑賞会特別推薦作品。

    ヒューマンドラマ、旅に出たくなるロードムービー、夏休みが舞台

    ネット上の声

    ホアールの「学校」レビュー完結編!
    旅を終えて得たものは
    15才の2000年問題
    ロードムービー
    製作年:2000
    製作国:日本
    監督:山田洋次
    主演:金井勇太
    8
  9. パリ、テキサス

    パリ、テキサス
    評価:A3.99
    カンヌ国際映画祭(1984年・パルム・ドール) W・ヴェンダースが、S・シェパードのシナリオを得て描いたロード・ムービー。テキサス州の町パリをめざす男。

    ヒューマンドラマ、旅に出たくなるロードムービー

    ネット上の声

    エンタメが選ぶ 《 映画3大無責任男 》
    記憶と愛情のロードムービー。
    嫉妬したら傍にいてくれたの?
    この男、如何?
    製作年:1984
    製作国:西ドイツ/フランス
    監督:ヴィム・ヴェンダース
    主演:ハリー・ディーン・スタントン
    9
  10. 幸福の黄色いハンカチ

    幸福の黄色いハンカチ
    評価:A3.94
    日本アカデミー賞(1978年・3部門)刑務所帰りの中年男が、偶然出会った若い男女とともに妻の元へ向かうまでを描いた山田洋次監督によるロードムービー。過去を持つ主人公の物語と若いカップルのラブストーリーが北海道の四季とともにつづられ、1977年に公開されるや大ヒットを記録し、その年の映画賞を独占した。

    ヒューマンドラマ、旅に出たくなるロードムービー、北海道が舞台

    ネット上の声

    高倉健よりも武田鉄矢と桃井かおりの存在感が半端なかった。
    健さんって涙が似合う、お・と・こ、やわ。
    ロードムービーの手垢定番なのに名作。
    いろんなものが詰まっている
    製作年:1977
    製作国:日本
    監督:山田洋次
    主演:高倉健
    10
  11. ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還

    ロード・オブ・ザ・リング/王の帰還
    評価:A3.94
    アカデミー賞(2004年・11部門)フロドとサムそしてゴラムは滅びの山を目指して旅を続けていた。しかし、山が近づくにつれ指輪の魔力が強まりフロドはたびたび自分を見失いそうになる。ある日、ゴラムが過去に指輪を川の底から拾いあげた仲間を指輪欲しさに殺してしまったことをイメージで見るのだが……。

    ファンタジー、アドベンチャー(冒険)、旅に出たくなるロードムービー、剣と魔法、ロード・オブ・ザ・リング

    ネット上の声

    あーあ
    ようやく終わったー!というのが正直な感想。
    あの寝室に一人ずつ入ってくるシーンはずるい
    金かけてるだけあってシリーズ最後は流石
    製作年:2003
    製作国:ニュージーランド/アメリカ
    監督:ピーター・ジャクソン
    主演:イライジャ・ウッド
    11
  12. 星の旅人たち

    星の旅人たち
    評価:A3.92
    『ボビー』などで監督としても活躍する、エミリオ・エステヴェスによるヒューマン・ドラマ。スペイン北部のキリスト教巡礼地を回れずに急死した息子の遺志を継ぎ、彼の代わりに旅をする父親の姿を温かなタッチで見つめていく。

    ヒューマンドラマ、旅に出たくなるロードムービー、バックパッカー

    ネット上の声

    鑑賞するだけ、楽ちん巡礼なのに深く感動。
    亡き息子と歩み、親子の溝を埋める旅路。
    自然な演出の延長上に自然な感動がある
    実の父、息子、だからこその味わい。
    製作年:2010
    製作国:アメリカ/スペイン
    監督:エミリオ・エステヴェス
    主演:マーティン・シーン
    12
  13. 冒険者たち

    冒険者たち
    評価:A3.92
    まぶしいほどに青いコンゴの海、その海底深くに眠る財宝を探す夢に取り憑かれ、冒険へと旅だった男二人、マヌーとローラン、そして彼らと同じ夢を共有し行動を共にする女性レティシア。三人の恋愛とも友情ともつかない愛三角関係は、彼らの夢を傷つけた都会の生活に復讐するかのように余りに幸福なものであった。しかし、危ういバランスを保っていた三人の関係はやがて来る悲劇によって壊されてゆく。

    ヒューマンドラマ、旅に出たくなるロードムービー

    ネット上の声

    ’67 コンゴの海に沈む宝物
    左翼系友人が酷評した映画
    アラン・ドロンのどろん三様(・・・ごめん
    数十年の歳月によるオッサン化に驚き!!!
    製作年:1967
    製作国:フランス
    監督:ロベール・アンリコ
    主演:アラン・ドロン
    13
  14. アズールとアスマール

    アズールとアスマール
    評価:A3.88
    フランスでミッシェル・オスロ監督の前作『キリクと魔女』を超える大ヒットを記録したファンタジー・アニメ。兄弟のように育ったアズールとアスマールが、妖精を探す冒険を経てたどり着く心の成長を、鮮明なストーリー展開と色彩で表現した。

    アニメ、旅に出たくなるロードムービー

    ネット上の声

    文化の違いを超えた、魂の繋がり
    物語の吸引力
    あまりネットで評判が広がらないのが不思議
    もんくのつけどころのない作品でした。
    製作年:2006
    製作国:フランス
    監督:ミッシェル・オスロ
    主演:シリル・ムラリ
    14
  15. プリシラ

    プリシラ
    評価:A3.85
    アカデミー賞(1995年・衣装デザイン賞)3人のドラッグクイーン(女装のゲイ)が大自然の中、バスに乗って真実の愛を求めて旅をするロードムービー。主人公たちのド派手なファッションや全編に流れる70年代ディスコ・ヒット曲の数々が印象的。監督・脚本はオーストラリア映画界の新鋭ステファン・エリオット。製作は「ゴシック」のアル・クラークと「U2/魂の叫び」のマイケル・ハムリン。撮影はブライアン・J・ブレヘニー、美術はオーエン・パターソン。衣装デザインは豪州屈指のデザイナー、リジー・ガーディナーとティム・チャペル。チーフ女装コンサルタントは女装アーチストの第一人者、ストライカーマイヤー。出演は「コレクター」「ブロンディー 女銀行強盗」のベテラン…

    ヒューマンドラマ、旅に出たくなるロードムービー、同性愛

    ネット上の声

    都会が壁となって私達を守ってくれていた!
    外見だけで決めつけてはいけないよね
    可笑しさと切なさと心強さと・・・
    フリーであり、リバティがある。
    製作年:1994
    製作国:オーストラリア
    監督:ステファン・エリオット
    主演:テレンス・スタンプ
    15
  16. ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔

    ロード・オブ・ザ・リング/二つの塔
    評価:A3.81
    アカデミー賞(2003年・2部門)J・R・R・トールキンのファンタジー小説「指輪物語」を映画化した3部作の第2部。前作のラストで3手に別れた旅の仲間たちのその後が描かれていく。滅びの山を目指すフロドとサムは、後をつけてきたかつての指輪所持者ゴラムを捕え、モルドールへの道案内をさせる。一方、オークにさらわれたメリーとピピンを助けるため後を追うアラゴルンとレゴラス、ギムリは、騎馬部隊で名高い王国ローハンにたどりつく。しかし、同国の王セオデンはサルマンの魔法により正気を失い、国は衰弱しきっていた。ローハンのセオデン王、エオウィン、エオメル、ゴンドールのファラミア、ゴラムやエント族など新キャラクター、クリーチャーも多数登場。劇場公開…

    ファンタジー、アドベンチャー(冒険)、旅に出たくなるロードムービー、剣と魔法、ロード・オブ・ザ・リング

    ネット上の声

    おもしろい、のだが、主人公のフロド君は活躍したか?
    The two towers 三部作の真ん中ながら中弛みしない作品
    おもしろい
    よかった
    製作年:2002
    製作国:アメリカ/ニュージーランド
    監督:ピーター・ジャクソン
    主演:イライジャ・ウッド
    16
  17. ロード・オブ・ザ・リング

    ロード・オブ・ザ・リング
    評価:A3.80
    アカデミー賞(2002年・4部門)世界的ベストセラーであるJ・R・R・トールキンの「指輪物語」を映画化した傑作ファンタジー3部作の第1部。監督は「乙女の祈り」のピーター・ジャクソン。ホビット族が平和に暮らすホビット庄の青年フロド・バギンズは、111歳の誕生日を機に旅立つ養父ビルボが残していった、ひとつの指輪を手に入れる。しかし、その指輪こそ、かつて冥王サウロンが作り出した、世界を滅ぼす魔力を秘めた禁断の指輪だった。遥か昔に肉体を滅ぼされたサウロンは、指輪に封じ込めた力を解放し、再び中つ国を支配しようと徐々に魔力を強め、世界には暗雲が漂っていた。指輪を破壊するには、遥か彼方にある滅びの山の火口に投げ捨てるしかなく、フロドは人間…

    ファンタジー、アドベンチャー(冒険)、旅に出たくなるロードムービー、剣と魔法、ロード・オブ・ザ・リング

    ネット上の声

    美しい映像と音楽の中で、非常にテンポよく、かつ興奮するストーリーが進んでいく
    恥かしくて人に言えない「LOTR不感症」
    名作はやっぱり名作。
    壮大な冒険の始まり
    製作年:2001
    製作国:アメリカ/ニュージーランド
    監督:ピーター・ジャクソン
    主演:イライジャ・ウッド
    17
  18. ぼくセザール 10歳半 1m39cm

    ぼくセザール 10歳半 1m39cm
    評価:A3.80
    セザール(ジュール・シトリック)は、甘いものが大好きで、ちょっと太目の男の子。毎日が冒険で楽しい日々を送っている。ある日、セザールと親友モルガン(マボ・クヤテ)と女の子サラ(ジョゼフィーヌ・ベリ)は、大人たちに内緒でロンドンに出発する。

    ヒューマンドラマ、旅に出たくなるロードムービー

    ネット上の声

    この作品かなり気に入りました!
    小さな冒険者たちと家族の物語
    10歳の世界を満喫しました♪
    大人に内緒で冒険したい
    製作年:2003
    製作国:フランス
    監督:リシャール・ベリ
    主演:ジュール・シトリュク
    18
  19. ボーイズ・オン・ザ・サイド

    ボーイズ・オン・ザ・サイド
    評価:B3.77
     90年代の悩める女性たちが織りなすロード・ムービー。自由奔放なブルース・シンガー。

    ヒューマンドラマ、旅に出たくなるロードムービー

    ネット上の声

    女同士の真の友情って存在するのですか?
    同姓間の‘絆’に男女の優劣は無い
    コメディーかと思いきや・・・実は
    女3人、目的なき道をゆく・・・
    製作年:1995
    製作国:アメリカ
    監督:ハーバート・ロス
    主演:ウーピー・ゴールドバーグ
    19
  20. グーニーズ

    グーニーズ
    評価:B3.77
     開発せまる港町を舞台に、海賊の財宝を捜して悪ガキ集団“グーニーズ”が繰り広げる冒険を描く。地下に広がる大洞窟でのアクションがみどころ。

    アドベンチャー(冒険)、子ども向け、旅に出たくなるロードムービー、元気が出る

    ネット上の声

    「IT それが見えたら終わり」(副題の記憶が曖昧)を鑑賞して、レビ...
    少年たち(グーニーズ)が光っている!
    友情は金では買えない
    私は持っています、グーニーズのビー玉袋。当時、デニーズでもらえた景...
    製作年:1985
    製作国:アメリカ
    監督:リチャード・ドナー
    主演:ショーン・アスティン
    20
  21. 人生に乾杯!

    人生に乾杯!
    評価:B3.76
    運命的な出会いを経て結婚し、今や81歳となったエミル(エミル・ケレシュ)と70歳のヘディ(テリ・フェルディ)の老夫婦。恋に落ちていた頃のことなどすっかり忘れた二人は、年金だけでは暮らしていけず、借金取りに追われる毎日の中、出会いのきっかけだった思い出のダイヤのイヤリングも借金のカタに取られてしまう。

    ヒューマンドラマ、旅に出たくなるロードムービー、夫婦、逃亡劇、貧困

    ネット上の声

    ワシたちに明日はないんじゃ!
    ワシたちに明日はある・・・?
    「ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア」の老人版ですね。
    まんまと監督の策に引っ掛かっちまったぜ。
    製作年:2007
    製作国:ハンガリー
    監督:ガーボル・ロホニ
    主演:エミル・ケレシュ
    21
  22. ハリーとトント

    ハリーとトント
    評価:B3.74
    アカデミー賞(1975年・主演男優賞) ニューヨークに暮らす老人ハリーが、区画整理でアパートを追い出された。彼は愛猫のトントを連れて、娘の居るシカゴへ向かう……。

    ヒューマンドラマ、旅に出たくなるロードムービー、猫(ネコ)

    ネット上の声

    おじいちゃん+猫1匹のオスカー受賞作。
    老人ハリーは「みんな」なのだ
    午前十時の映画祭
    爺ちゃんとネコ
    製作年:1974
    製作国:アメリカ
    監督:ポール・マザースキー
    主演:アート・カーニー
    22
  23. ホビット 思いがけない冒険

    ホビット 思いがけない冒険
    評価:B3.73
    『ロード・オブ・ザ・リング』3部作のピーター・ジャクソン監督が、同シリーズの60年前を舞台にした小説「ホビットの冒険」の実写化に挑んだアドベンチャー大作。凶悪なドラゴンに占拠されたドワーフの王国を奪還する旅に出たホビット族の青年ビルボや魔法使いガンダルフの一行が、さまざまな戦いを経て強大な力を秘めた指輪と対峙(たいじ)する姿を壮大なスケールで映し出す。

    ファンタジー、アドベンチャー(冒険)、旅に出たくなるロードムービー、剣と魔法、ロード・オブ・ザ・リング

    ネット上の声

    エクステンデッド・エディションのごとし
    中つ国プロモーションムービー
    あの冒険をもう一度
    An unexpected journey ピーター・ジャクソンの中つ国三部作再び
    製作年:2012
    製作国:アメリカ/ニュージーランド
    監督:ピーター・ジャクソン
    主演:イアン・マッケラン
    23
  24. ダウン・バイ・ロー

    ダウン・バイ・ロー
    評価:B3.72
     舞台はニューオリンズ。ザックとジャックが、それぞれ警察がらみの罠にひっかかってOPP刑務所の同じ房に入れられる。

    ヒューマンドラマ、旅に出たくなるロードムービー、逃亡劇

    ネット上の声

    男の友情を描くロードムービー☆3.5
    イタリア旋風だっ!
    嵌められて投獄された男2人の奇妙な友情物語。この2人仲がいいのか悪...
    J・ジャームッシュにしか撮れないでしょう
    製作年:1986
    製作国:アメリカ/西ドイツ
    監督:ジム・ジャームッシュ
    主演:トム・ウェイツ
    24
  25. 旅猫リポート

    旅猫リポート
    評価:B3.72
    『イン・ザ・ヒーロー』『曇天に笑う』などの福士蒼汰を主演に迎え、有川浩のベストセラー小説を映画化したドラマ。新しい飼い主を探すため、日本全国を旅する主人公と彼の愛猫の姿を描写する。

    動物、旅に出たくなるロードムービー

    ネット上の声

    猫好きにはたまらない映画です。
    泣ける要素がてんこ盛り。時を経ても変わらない、様々な愛の絆。
    泣いた、とにかく泣いて清められる感じでした
    ありがとうとさよならを告げるそのとき
    製作年:2018
    製作国:日本
    監督:三木康一郎
    主演:福士蒼汰
    25
  26. スケアクロウ

    スケアクロウ
    評価:B3.66
    カンヌ国際映画祭(1973年・パルム・ドール)

    ヒューマンドラマ、旅に出たくなるロードムービー、友情、ホームレス
    製作年:1973
    製作国:アメリカ
    監督:ジェリー・シャッツバーグ
    主演:ジーン・ハックマン
    26
  27. プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂

    プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂
    評価:B3.59
    『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの敏腕プロデューサー、ジェリー・ブラッカイマーが携ったアクション・アドベンチャー大作。古代ペルシャを舞台に、時間をさかのぼって過去を変えられる「時間の砂」をめぐる陰謀に迫る。

    アクション、アドベンチャー(冒険)、旅に出たくなるロードムービー、ディズニー

    ネット上の声

    神秘的でエキゾチックな大活劇に魅せられた
    〜目は見開きっ放し!興奮と感嘆の連続!〜
    タイムワープものはいつも切ない
    別世界へ誘ってもらえました
    製作年:2010
    製作国:アメリカ
    監督:マイク・ニューウェル
    主演:ジェイク・ギレンホール
    27
  28. ネバーエンディング・ストーリー

    ネバーエンディング・ストーリー
    評価:B3.58
    幻想の国が無に襲われ危機に瀕するというファンタジーと、その物語に読みふける少年を並行して描く。ベルント・アイヒンガーとディーター・ガイスラーがノイエ・コンスタンチンのために製作。アメリカのWBが配給会社PSOを通じて製作費を出資している。エグゼキュティヴ・プロデューサーはマーク・デーモン(PSO社長)とジョン・ハイド。監督は「U・ボート」のヴォルフガング・ペーターゼン。ミヒァエル・エンデの『はてしない物語』(岩波書店)に基づいてペーターゼンとヘルマン・ヴァイゲルが脚本を執筆。ただし、原作者は映画の出来に不満で、法廷に訴えて自分の名前をクレジットから削らせている。撮影はヨスト・ヴァカーノ、音楽…

    ファンタジー、旅に出たくなるロードムービー

    ネット上の声

    A small rectangular objects、 called “book“永遠の名作!
    ミヒャエル・エンデ原作”はてしない物語”
    当時はリマールのビデオが有名だった。
    個人的理由で、正直、評価が難しい
    製作年:1984
    製作国:西ドイツ/イギリス
    監督:ウォルフガング・ペーターゼン
    主演:ノア・ハサウェイ
    28
  29. 死にゆく妻との旅路

    死にゆく妻との旅路
    評価:C3.55
    末期がんの妻を9か月もワゴン車に乗せて日本各地をさまよい、保護責任者遺棄致死の罪状で逮捕された男性が事件の裏側をつづった手記を映画化。工場経営が傾き多額の借金を背負い、必死に職探しをする夫と末期がんの妻が、死を見つめながら続けた272日間、およそ6,000キロに及ぶ旅路を描き出す。

    ヒューマンドラマ、実話、旅に出たくなるロードムービー、難病、夫婦、癌(がん)

    ネット上の声

    何を以て幸せというのだろう… 何がこの結末へと導いたのだろう…
    おっさんの叫びが、いつまでも心に残る。
    夫婦というものを再確認させる作品。
    観ていない輩がレビューするな
    製作年:2010
    製作国:日本
    監督:塙幸成
    主演:三浦友和
    29
  30. ハムナプトラ2/黄金のピラミッド

    ハムナプトラ2/黄金のピラミッド
    評価:C3.53
     前作「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」から2年の歳月を経て制作された冒険アドベンチャーの続編。死者の都ハムナプトラでの死闘から8年後。

    アクション、アドベンチャー(冒険)、旅に出たくなるロードムービー

    ネット上の声

    続編は更にスケールアップ危機一髪の連続!
    イムホテップが、ユニークキャラに?
    ♪はーさーみーをふりーふーりー♪
    前作を上回る出来上がり!
    製作年:2001
    製作国:アメリカ
    監督:スティーヴン・ソマーズ
    主演:ブレンダン・フレイザー
    30
  31. トレジャー・プラネット

    トレジャー・プラネット
    評価:C3.52
    構想17年、製作4年半。「アラジン」「リトル・マーメイド」の監督コンビがディズニー史上初の<宇宙>に挑んだ夢の映像プロジェクト!

    アニメ、旅に出たくなるロードムービー、宇宙、海賊、ディズニー

    ネット上の声

    物語は弱い。けど大画面で観たかった!
    新しいディズニーまであと一歩?
    冒険の果てに得たものは...
    男の友情
    製作年:2002
    製作国:アメリカ
    監督:ロン・クレメンツ
    主演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット
    31
  32. カールじいさんの空飛ぶ家

    カールじいさんの空飛ぶ家
    評価:C3.51
    アカデミー賞(2010年・2部門)『モンスターズ・インク』のピート・ドクターと『ファインディング・ニモ』の脚本家ボブ・ピーターソンが共同で監督を務める3Dアニメ。冒険家への夢をあきらめ切れずにいる78歳の老人に、驚きの出来事が巻き起こる冒険ロード・ムービー。

    アニメ、旅に出たくなるロードムービー

    ネット上の声

    冒険の果てに失ったもの、得たもの。とてもいい映画!
    愛する妻が死にました。それでもじいさんは
    妻のエピソードと関連性のない『冒険劇』。
    エンタティンメントとしては今回も上出来
    製作年:2009
    製作国:アメリカ
    監督:ピート・ドクター
    主演:エドワード・アズナー
    32
  33. ダージリン急行

    ダージリン急行
    評価:C3.47
    魅惑的なインドを舞台に、大人に成り切れない3兄弟が列車での旅を繰り広げるヒューマン・コメディー。監督は『ライフ・アクアティック』のウェス・アンダーソン。

    ヒューマンドラマ、コメディ、旅に出たくなるロードムービー、兄弟、バックパッカー

    ネット上の声

    ♪あぁ、明日の今頃は~僕は汽車の中~☆
    線路は続くよどこまでも――。
    とにかく、全てがゴージャス!
    におい担当 : ビル・マーレイ
    製作年:2007
    製作国:アメリカ
    監督:ウェス・アンダーソン
    主演:オーウェン・ウィルソン
    33
  34. ミクロキッズ

    ミクロキッズ
    評価:C3.46
    6ミリのサイズに縮んでしまった少年たちの冒険を描くファンタジー・アドベンチャー。エグゼクティヴ・プロデューサーはトーマス・G・スミス、製作はベニー・フィンカーマン・コックス、監督は本作品がデビューとなるジョー・ジョンストン。スチュアート・ゴードンとブライアン・ユズナ、エド・ナハの原案を基に、脚本はナハとトム・シュルマンの共同、撮影はヒロ・ナリタ、音楽はジェームズ・ホーナーが担当。出演はリック・モラニス、マット・フリューワーほか。

    コメディ、旅に出たくなるロードムービー

    ネット上の声

    「死霊のしたたり」から「ダゴン」まで
    お子さんが大喜びするSF冒険活劇☆3つ
    親指姫ならぬ親指少年少女漂流記
    昆虫目線で庭はジャングルに
    製作年:1989
    製作国:アメリカ
    監督:ジョー・ジョンストン
    主演:リック・モラニス
    34
  35. アーサーとミニモイの不思議な国

    アーサーとミニモイの不思議な国
    評価:C3.40
    好奇心旺盛な10歳の少年アーサー(フレディ・ハイモア)は、祖母(ミア・ファロー)の語る冒険家の祖父の昔話が大好きだった。ある日、4年前に突然疾走した祖父の屋敷が人手に渡ることになる。アーサーは祖父が昔、庭のどこかに埋めたルビーを借金の返済にあてようと、古い地図を頼りに宝探しを始めるが……。

    ファンタジー、アニメ、旅に出たくなるロードムービー

    ネット上の声

    リュック・ベッソン これで最後でいいのか
    核となる物語は良いが、味付けがマズい。
    お子さんと行くなら良い映画ですよ!
    まるで人形に命が宿ったような。
    製作年:2006
    製作国:フランス
    監督:リュック・ベッソン
    主演:フレディ・ハイモア
    35
  36. ジュブナイル

    ジュブナイル
    評価:C3.37
     少年達と未知のロボットとの交流を描いたSFファンタジー。2000年。

    SF、アドベンチャー(冒険)、旅に出たくなるロードムービー、懐かしいノスタルジックな夏、夏休みが舞台

    ネット上の声

    今も"瞳の中のRAINBOW"は僕の中にあるか?
    初めて映画館で見た映画
    ロボへの夢は尽きない
    普通かも☆3
    製作年:2000
    製作国:日本
    監督:山崎貴
    主演:香取慎吾
    36
  37. ロマンシング・ストーン/秘宝の谷

    ロマンシング・ストーン/秘宝の谷
    評価:C3.32
    ゴールデングローブ賞(1984年・2部門)南米コロンビアの密林を舞台に、エメラルド争奪戦を描く冒険映画。製作・主演はマイケル・ダグラス。共同製作はマイケルの弟ジョエル・ダグラスとジャック・ブロドスキー。監督は「ユーズド・カー」のロバート・ゼメキス。脚本はウェイトレスをしながらシナリオの勉強をしていたダイアン・トーマスで、これが彼女の処女作。撮影はディーン・カンディ、音楽はアラン・シルヴェストリが担当。出演はダグラスの他にキャスリーン・ターナー、ダニー・デヴィート、ザック・ノーマン、マヌエル・オヘイダなど。メキシコでロケ撮影された。ドルビー・ステレオ。日本版字幕は戸田奈津子。デラックスカラー、ビスタサイズ。1984年作品。

    アクション、アドベンチャー(冒険)、旅に出たくなるロードムービー

    ネット上の声

    ボ・ウ・ケ・ン のススメ
    もっとすごい財宝かと、
    さすがゼメキスです。
    女性の連続活劇
    製作年:1984
    製作国:アメリカ/メキシコ
    監督:ロバート・ゼメキス
    主演:キャスリーン・ターナー
    37
  38. 三銃士

    三銃士
    評価:C3.24
    これまで何度となく映画化された名作「三銃士」の最新バージョン。スティーヴン・ヘレクによる本作は、アメリカ映画史上では5作目になる。1993年の米公開時に、初登場で第一位を獲得。世界中で大ヒットを記録した作品。チャーリー・シーンとキーファー・サザーランドを中心に、テンポの良いアクション、絶妙なキャスティングの若手俳優らの好演も見逃せない。俳優それぞれの個性を生かした、スピード感溢れる、まさに『スター映画』の傑作。

    アクション、旅に出たくなるロードムービー

    ネット上の声

    皆は一人のために、一人は皆のために!
    三銃士、ダルタニアン、どっちが英雄?
    『24』のあの人も出ています
    主題歌の「All For Love」は、
    製作年:1993
    製作国:アメリカ
    監督:スティーヴン・ヘレク
    主演:クリス・オドネル
    38
  39. 奇跡の2000マイル

    奇跡の2000マイル
    評価:C3.23
    オーストラリアの砂漠3000キロを横断するロードムービー1977年にオーストラリア西部の3,000キロに及ぶ砂漠を単独横断した女性が著した回顧録を基に、『ジェーン・エア』などのミア・ワシコウスカ主演で映画化。24歳の女性が4頭のラクダと愛犬と一緒に敢行した砂漠の旅を通して、出会いや経験を重ねていく姿をつづる。

    ヒューマンドラマ、アドベンチャー(冒険)、実話、旅に出たくなるロードムービー、オーストラリア舞台

    ネット上の声

    冒険には資金が要るって !
    映像は美しい!
    ラクダの本性。
    ミアの「足跡」
    製作年:2013
    製作国:オーストラリア
    監督:ジョン・カラン
    主演:ミア・ワシコウスカ
    39
  40. 私たちのハァハァ

    私たちのハァハァ
    評価:C3.22
    『アフロ田中』などの松居大悟監督と人気ロックバンド「クリープハイプ」が、『自分の事ばかりで情けなくなるよ』に続き再タッグを組んだ青春ロードムービー。クリープハイプが大好きな女子高生4人が、東京で行われるバンドのライブを観るため、福岡から東京まで自転車で旅する姿を描く。

    ヒューマンドラマ、青春、旅に出たくなるロードムービー、ミュージシャン

    ネット上の声

    戦争があったことすら知らない子供たち
    女子高生だった頃がフラッシュバック。
    女子高校生の演技にハァハァ
    若いからこそ“今が大切“
    製作年:2015
    製作国:日本
    監督:松居大悟
    主演:井上苑子
    40
  41. ヘブンズ・ドア

    ヘブンズ・ドア
    評価:D3.14
    死と隣り合わせの状況で芽生えた、生きたいという思いとともに展開する新感覚青春ロードムービー。ドイツで大ヒットした映画『ノッキン・オン・ヘブンズ・ドア』を原案に『鉄コン筋クリート』の監督、マイケル・アリアスがメガホンを取る。

    ヒューマンドラマ、旅に出たくなるロードムービー、難病

    ネット上の声

    余命「3日」と「3カ月」の2人に出来る事
    原作ファンですが、見ないわけにはいかない
    長瀬と福田のロードムービー
    じんわりと泣ける
    製作年:2009
    製作国:日本
    監督:マイケル・アリアス
    主演:長瀬智也
    41
  42. Go!

    Go!
    評価:D2.97
     なんとなく学校へ行き宅配ピザのバイトをしている茶髪の高校二年生・康助はある日、宅配用スクーターで年上の女性カメラマン・令子をひっかけてしまい大切なカメラを壊してしまう。弁償しようにも金はなく、有り金はたいて詫びに向かうが弁償金は返され、「そのかわり、今度ピザ持ってきて。

    ヒューマンドラマ、バイクに乗りたくなる、旅に出たくなるロードムービー

    ネット上の声

    ロードムービーとして、楽しい。
    甘ったれ高校生
    Go away!
    素敵なおバカさん!
    製作年:2001
    製作国:日本
    監督:矢崎充彦
    主演:高田宏太郎
    42
  43. パッセンジャー

    パッセンジャー
    評価:E2.70
    幼なじみのコウジ(伊勢谷友介)とヒロコ(金子久美)は、大人へと成長してから深く愛し合うようになるまでに関係を深めていた。ある冬の晩、ふたりの関係がヒロコの父親である三道直樹(夏木陽介)に見つかってしまう。面倒を見てきたコウジに裏切られたと感じた三道は激怒し、コウジにヒロコと会うことを禁じるのだが……。

    サスペンス、旅に出たくなるロードムービー

    ネット上の声

    あらすじを読んでから見るべし
    分かりづらい
    モゴモゴ
    タバコ・・・。
    製作年:2005
    製作国:フランス/カナダ/日本
    監督:フランソワ・ロトゲール
    主演:伊勢谷友介
    43
  44. 海と自転車と天橋立

    海と自転車と天橋立
    評価:E0.00


    ドキュメンタリー、旅に出たくなるロードムービー、ロードレース(自転車レース)
    製作年:2011
    製作国:日本
    監督:田中千世子
    主演:鳴嶋英雄
    44
  45. 幸福の黄色いハンカチ

    幸福の黄色いハンカチ
    評価:E0.00
    大ヒット作品の現代リメイク版

    ヒューマンドラマ、旅に出たくなるロードムービー

    ネット上の声

    昔見た、高倉健さん主演のものとくらべると
    どうしてこんな無理をするのか
    幸福のヤフー映画レビュー!
    脚本家の倫理観に疑問
    製作年:2011
    製作国:日本
    主演:阿部寛
    45

スポンサードリンク