全13作品。ハンター(猟師)映画ランキング

  1. デルス・ウザーラ

    デルス・ウザーラ
    評価:B3.74
    アカデミー賞(1976年) シベリアのウズリ地方に、地質調査のための探検隊が入った。しかし同地の厳しい自然は、隊員たちの予想を遥かに超えていた。

    ヒューマンドラマ、ハンター(猟師)

    ネット上の声

    ロシア人監督には撮れなかった作品
    最高のソ連映画
    普通でした。
    黒澤明作品の中で、唯一観ていなかった作品
    製作年:1975
    製作国:ソ連
    監督:黒澤明
    主演:ユーリー・サローミン
    1
  2. 隻眼の虎

    隻眼の虎
    評価:B3.64
    『LUCY/ルーシー』などのチェ・ミンシクと『蜜のあわれ』などの大杉漣らが共演を果たした、日本統治下の朝鮮が舞台のアクション。引退した伝説の猟師が、山に潜む大虎退治に否応なく巻き込まれる様子を活写する。

    ヒューマンドラマ、アクション、ハンター(猟師)

    ネット上の声

    隻眼の虎無双が2回もある
    虎一頭に
    虎が良い
    韓国映画の残虐な物語を期待してたけど、虎とハンターの絆みたいなのが...
    製作年:2015
    製作国:韓国
    監督:パク・フンジョン
    主演:チェ・ミンシク
    2
  3. 狩人と犬、最後の旅

    狩人と犬、最後の旅
    評価:B3.63
    ノーマン・ウィンター(ノーマン・ウィンター)は、50年間ロッキー山脈で罠猟を続けてきた。彼はネイティブ・アメリカンの妻、ネブラスカ(メイ・ルー)や犬ぞりを引く犬たちと厳しい大自然の中で暮らしてきたが、そろそろ引退を考えていた。そんな折、彼は犬ぞリのリーダーである長年の相棒を交通事故で失ってしまう。

    ドキュメンタリー、動物、実話、冬に見たくなる、犬、ハンター(猟師)

    ネット上の声

    よくまぁこんな映画を作ろうと思ったものだ
    激寒がり人間が、極寒の地の絶景に出会った
    「イントゥ・ザ・ワイルド」より好き
    自然と一体になって生きるとは
    製作年:2004
    製作国:フランス/カナダ/ドイツ/スイス/イタリア
    監督:ニコラス・ヴァニエ
    主演:ノーマン・ウィンター
    3
  4. ハンター

    ハンター
    評価:B3.62
    経験豊富な傭兵(ようへい)で、腕は確かなハンターのマーティン(ウィレム・デフォー)は、バイオテクノロジー企業の依頼で幻の野生動物を発見し、サンプルを採取するためオーストラリアのタスマニアを訪れる。ベースキャンプ代わりの民家で暮らす母子との交流を経て、孤高の人生を歩んできた彼は人間らしい感情を取り戻し、自身の生き方を見つめ直していくが……。

    サスペンス、オーストラリア舞台、ハンター(猟師)

    ネット上の声

    “絶滅危惧種”から“絶滅”へ・・・
    MI:豪。カッパなら荒川に居る。
    絶滅するのか?絶滅させるのか?
    切なくも人間らしき一撃!!
    製作年:2011
    製作国:オーストラリア
    監督:ダニエル・ネットハイム
    主演:ウィレム・デフォー
    4
  5. 大いなる勇者

    大いなる勇者
    評価:C3.32
    1850年代、戦争からの逃亡者ジェレマイア・ジョンソンはロッキー山中で猟師となり、インディアンと交易し、インディアンの娘と結婚し、白人の孤児を引き取り、幸せに暮らし始める。だが、彼には困難が待ち受けていた……。雄大な自然を背景に、孤高のフロンティア・スピリットを描く。

    ヒューマンドラマ、ハンター(猟師)

    ネット上の声

    NO.11「お」のつく元気になった洋画
    「大いなる」のは、この大自然だけ。
    勇者もひとりでは生きていけぬ
    過酷なロッキーと男の生き様。
    製作年:1972
    製作国:アメリカ
    監督:シドニー・ポラック
    主演:ロバート・レッドフォード
    5
  6. 東の狼

    東の狼
    評価:D3.06
    キューバ出身のカルロス・M・キンテラがメガホンを取り、幻の狼を追う猟師に迫る人間ドラマ。奈良県東吉野村を舞台に、狼をめぐる人々の葛藤を活写する。

    ヒューマンドラマ、ハンター(猟師)
    製作年:2018
    製作国:日本
    監督:カルロス・M・キンテラ
    主演:藤竜也
    6
  7. リメインズ 美しき勇者たち

    リメインズ 美しき勇者たち
    評価:D2.82
    大正末期の北国の山村を舞台に、人喰い熊と5人のマタギ衆との壮絶な戦いを描く。JAC(ジャパン・アクション・クラブ)創立20周年記念作品で脚本は佐藤繁子が執筆、監督はJAC主宰の俳優千葉真一でこれが第一回作品、企画・監修に「華の乱」の深作欣二、撮影は藤原三郎がそれぞれ担当。

    ヒューマンドラマ、ハンター(猟師)

    ネット上の声

    JACの若き面々
    製作年:1990
    製作国:日本
    監督:千葉真一
    主演:真田広之
    7
  8. 人喰猪、公民館襲撃す!

    人喰猪、公民館襲撃す!
    評価:D2.76
    人里離れた平和な山村で無惨に引き裂かれた死体が発見されて以来、次々に猟奇殺人が起こる。村人たちは姿なき殺人犯の影におびえ、不安と恐怖の日々を送るが、その正体は巨大な人喰(く)いイノシシだった。村中を暴れ回るこの怪物を退治するため、猟師や生物学者らによる捕獲チームが結成され、凶暴なイノシシに戦いを挑む。

    アクション、エイリアン・モンスター、ハンター(猟師)

    ネット上の声

    全力のご都合主義。リアルさ0の夢物語
    怪獣映画といえるのか疑問です♪
    無意味と無駄を省けばそれなり
    村長、ちゃんと仕事を・・・
    製作年:2009
    製作国:韓国
    監督:シン・ジョンウォン
    主演:オム・テウン
    8
  9. レア・エクスポーツ 〜囚われのサンタクロース〜

    レア・エクスポーツ 〜囚われのサンタクロース〜
    評価:E2.33
    ピエタリ(オンニ・トンミラ)は、トナカイ猟と解体販売で生計を立ている父(ヨルマ・トンミラ)とフィンランド北方の町で暮らしている。人里離れたその場所ではある企業の指揮のもと、その昔封印されたという本物のサンタクロースの発掘作業が行われていた。そしてクリスマスイブ当日、地元の子どもたちが次々と失踪(しっそう)するという事件が起きる。

    ヒューマンドラマ、クリスマス、ハンター(猟師)

    ネット上の声

    フィンランド版なまはげ?
    サンタクロースって…
    なんだこりゃ
    新たなサンタクロース伝説誕生
    製作年:2010
    製作国:フィンランド
    監督:ヤルマリ・ヘランダー
    主演:オンニ・トンミラ
    9
  10. 動物の狩り方

    動物の狩り方
    評価:E0.00
    文化庁委託事業「若手映画作家育成プロジェクト2010」の1作として製作。後にNHK連続テレビ小説「あまちゃん」で大ブレイクする女優・能年玲奈が映画初主演を果たした短編作品。父親に殺されそうになったトラウマを抱える少女みゆき。ある日、山奥で狩りをして暮らす男・菊池と出会った彼女は、どこか父に似た雰囲気を持つ菊池に興味を抱き、交流を深めていく。ところが、あることから菊池は住んでいた小屋を追われ、行方をくらましてしまう。監督は「Give and Go」でもブレイク前の橋本愛を起用した森英人。

    ヒューマンドラマ、ハンター(猟師)

    ネット上の声

    生と死の連環を短編で表現した傑作
    製作年:2010
    製作国:日本
    監督:森英人
    主演:村田雄浩
    10
  11. イタズ 熊

    イタズ 熊
    評価:E0.00
    老マタギと少年とイタズ(熊)の出会いを基に生命の大切さを描く。脚本は「結婚案内ミステリー」の小野竜之助、監督は原作も執筆した「マタギ」の後藤俊夫、撮影は同作の山崎尭也がそれぞれ担当。

    ハンター(猟師)
    製作年:1987
    製作国:日本
    監督:後藤敏夫
    主演:田村高廣
    11
  12. 又鬼

    又鬼
    評価:E0.00
    東北地方の山間部に集落をつくり、狩猟を生業として来たマタギ。そのふるさとの秋田県北秋田郡阿仁地方に三年通い、十数回狩りに同行して記録したドキュメンタリー。製作・演出・語り岩崎雅典。脚本山県仁。音楽三木稔。1982年8月完成。16ミリ53分。

    ハンター(猟師)
    製作年:1982
    製作国:日本
    監督:岩崎雅典
    12
  13. 越後奥三面 山に生かされた日々

    越後奥三面 山に生かされた日々
    評価:E0.00
    新潟県の北、山形県との境に連なる朝日連峰に、マタギの村として民俗学者に知られる朝日村奥三面の集落がある。やがてダムの湖底に沈む村の山猟、川猟、採草など山村の生活文化を記録しようと昭和54年以来ずっと撮影を続けてきた記録映画。山村の生活を丹念にとらえ村人たちの声も残した貴重な記録。再編集され「ぜんまい小屋のくらし」(24分)、「山人の丸木舟」(31分)、「奥三面の熊オソ」(15分)、「奥三面のドづくり」(16分)の短編が作られている。1996年には15年ぶりの続編「越後奥三面 第二部 ふるさとは消えたか」が公開された。製作姫田忠義、小泉修吉。演出姫田忠義、撮影伊藤碩男、沢幡正範、堀田泰寛、千葉寛。編集小原信之。1984年8月完成。16ミリ147分。

    ドキュメンタリー、ハンター(猟師)
    製作年:1984
    製作国:日本
    監督:姫田忠義
    13

スポンサードリンク