全15作品。社会派ドラマのアクション映画ランキング

  1. ブラックホーク・ダウン

    ブラックホーク・ダウン
    評価:A3.82
    アカデミー賞(2002年・2部門)1993年に米軍が失敗したソマリアの将軍の捕獲作戦を、ノンフィクション小説を原作にリドリー・スコット監督が映画化。撮影は、クシシュトフ・キエシロフスキー監督とのコンビで知られるスワボミール・イジャック。編集は「G.I.ジェーン」以降のコンビ、ピエトロ・スカリア。撮影にはロケ撮影と野外セットを駆使。モロッコの町中に、ドラマの標的となるビルを含む巨大な野外セットを4カ月かけて建築、あらゆる角度から撮影された市街戦が展開。

    アクション、戦争、リアルな戦闘シーンがある、アフリカ舞台

    ネット上の声

    良くも悪くも「戦争」を描いてます。
    ”戦場”映画が教えてくれたこと
    1993年のソマリア紛争
    ●This is WAR
    製作年:2001
    製作国:アメリカ
    監督:リドリー・スコット
    主演:ジョシュ・ハートネット
    1
  2. キングダム/見えざる敵

    キングダム/見えざる敵
    評価:B3.68
    4人のFBI捜査官が自爆テロ事件捜査のため、サウジアラビアに乗り込んで行く社会派アクション。FBIのスペシャリストたちがタイムリミットは5日という極限状態の中、地元警察と激しい攻防を繰り広げる。

    アクション、テロリストとの死闘を描いた

    ネット上の声

    それは、不思議な国同志のジレンマの連鎖。
    佳作をレビューで推薦する難しさ(悩)
    レビューするのが非常に難しい作品。
    よく出来たアクション映画
    製作年:2007
    製作国:アメリカ
    監督:ピーター・バーグ
    主演:ジェイミー・フォックス
    2
  3. ロード・オブ・ウォー

    ロード・オブ・ウォー
    評価:B3.64
    レストランで働く平凡な男ユーリー・オルロフ(ニコラス・ケイジ)は、偶然銃撃戦に巻き込まれたことから、武器商人として生きていく道を思い立つ。弟のヴィタリー(ジャレッド・レト)とともに武器売買の事業を始めるが……。

    アクション

    ネット上の声

    最後のナレーションに一番考えさせられた
    後味悪いが、教訓多い秀作。
    試写会見てきました
    静かで恐ろしい社会派映画にすれば良かったのに。
    製作年:2005
    製作国:アメリカ
    監督:アンドリュー・ニコル
    主演:ニコラス・ケイジ
    3
  4. 侵入者

    侵入者
    評価:B3.61
    B級映画の帝王と呼ばれるロジャー・コーマンが手がけた唯一の社会派ドラマ。黒人差別撤廃を進める南部の町に一人の白人が現れたことから、人々の間にくすぶっていた人種差別の心に火がついてしまう。原作・脚本はチャールズ・ボーモント、主演はウィリアム・シャトナー。南部の小さな町にやってきたアダム・クレイマーは白人至上主義者であり、町に広がりつつある黒人差別撤廃の動きに異を唱え始めた。「このままでは町長も警官もすべて黒人になってしまう」という彼のアジテーションが白人たちの心を動かし、彼らは黒人の車の通行を妨げ、火を付けた十字架を立て、黒人牧師のいる教会にダイナマイトを投げ入れてしまう。もはやアダムの手にも…

    ヒューマンドラマ、アクション、社会派ドラマ、人種差別

    ネット上の声

    こんな映画も作っていた。
    2016年に見たまずまずの映画その22
    面白かったです!
    カーク船長
    製作年:1962
    製作国:アメリカ
    監督:ロジャー・コーマン
    主演:ウィリアム・シャトナー
    4
  5. ワルキューレ

    ワルキューレ
    評価:C3.40
    第二次世界大戦下のドイツ。戦地で左目を負傷した将校・シュタウフェンベルク大佐(トム・クルーズ)は、祖国の平和のためにヒトラー暗殺計画を思いつく。過去に40回以上の暗殺計画をくぐり抜けてきたヒトラー(デヴィッド・バンバー)とその護衛たちを前に、大佐たちの計画は成功できるのか……。

    アクション、サスペンス、戦争、実話

    ネット上の声

    制作費は豪華で、出演者も名前は知らないが味のある俳優陣
    戦争ものだが シンガー節のサスペンス映画
    国の、世界の変革を試みた運命の“10分”
    マイヒーロー?彼らこそ、本当のヒーローだ
    製作年:2008
    製作国:アメリカ/ドイツ
    監督:ブライアン・シンガー
    主演:トム・クルーズ
    5
  6. 雷撃隊出動

    雷撃隊出動
    評価:C3.37
    “雷撃とは死ぬことなり“という海軍省報道部の企画による戦意昂揚映画。3人の海軍少佐を中心に、航空兵が魚雷を積んで敵空母に突入するまでが描かれる。公開は敗戦色濃い1944年12月7日。もはや戦勝ムードなど出せるわけもなく、ひたすら死臭漂うこの作品に観客さえも感傷的になっていたという。

    アクション

    ネット上の声

    日米戦意高揚映画の比較(日本編)
    戦争末期らしい映画
    製作年:1944
    製作国:日本
    監督:山本嘉次郎
    主演:大河内伝次郎
    6
  7. ハンティング・パーティ

    ハンティング・パーティ
    評価:C3.33
    紛争から5年、未だ危険地帯のある2000年のサラエボ。かつては花形戦場リポーターだったサイモン(リチャード・ギア)、彼とともに戦火をくぐったカメラマンのダック(テレンス・ハワード)、そして新米テレビプロデューサーのベン(ジェシー・アイゼンバーグ)は、国連にもCIAにも捕らえられない戦争犯罪人“フォックス”を追うことに……。

    アクション、サスペンス、戦争、実話

    ネット上の声

    イラク戦争や9.11より前にやっていれば
    いよいよ、リチャードギアも路線変更すべし
    オシム前日本監督は、大喝采するでしょう
    ジェシー・アイゼンバーグのファンだけど
    製作年:2007
    製作国:アメリカ/クロアチア/ボスニア・ヘルツェゴヴィナ
    監督:リチャード・シェパード
    主演:リチャード・ギア
    7
  8. レッド・バロン

    レッド・バロン
    評価:C3.32
    1916年、マンフレート・フォン・リヒトホーフェン(マティアス・シュヴァイクホファー)は、第1次大戦下で活躍するドイツ軍の優秀なパイロットだった。ある日、連合国側の奇襲を受けた彼は応戦し、撃墜したパイロット(ジョセフ・ファインズ)を地上で救出する。その後彼はイギリス軍のエース・パイロットを撃ち落とし、一躍有名となる。

    アクション、戦争、伝記、空中戦(ドッグファイト)、第一次世界大戦

    ネット上の声

    編集がイマイチでストーリーが分かりずらい
    映画は撃墜王の死を静かに控えめに描く
    「いってきます」→「ただいま」
    空中のシーンは良かったけど
    製作年:2008
    製作国:ドイツ
    監督:ニコライ・ミュラーション
    主演:マティアス・シュヴァイクホファー
    8
  9. 15ミニッツ

    15ミニッツ
    評価:C3.32
    ニューヨークで残酷な放火殺人事件が起きた。事件を担当することになったのはNYPDきっての有名刑事、エディ。彼とコンビを組むことになったのはメディア嫌いの若手放火調査官のジョーディ。そんな中、凶悪な連続殺人犯とそれをビデオカメラで記録し続ける相棒のサイコな2人組は、次の標的をエディに定める……。

    アクション

    ネット上の声

    このラストの為に最後まで我慢してみる映画
    15分間の真実が暴くアメリカの良心と悪意
    番組の主役は誰?えっ?そっち?
    デ・ニーロファン必見の作品!
    製作年:2001
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・ハーツフェルド
    主演:ロバート・デ・ニーロ
    9
  10. 突入せよ!「あさま山荘」事件

    突入せよ!「あさま山荘」事件
    評価:C3.24
    ベストセラー・ドキュメンタリー「連合赤軍『あさま山荘』事件」(文芸春秋刊)を原作に「金融腐食列島 呪縛」の監督・原田眞人、主演・役所広司コンビで映画化。1972年2月19日、連合赤軍の兵士たちが、軽井沢の別荘、あさま山荘に管理人の妻を人質にして籠城。爆発処理のための欧米派遣から帰国したばかりの警察庁警備局付監査官、佐々は、この事件の指揮を命じられる。が、その攻防戦は、以後10日間に渡る長さに及ぶ。

    アクション、実話

    ネット上の声

    浅間山荘事件は深く理解できたけれど・・・
    ヘラクレスって誰でもなれるものじゃない。
    串田、役所、山路の三人で事足りた本部描写
    笑いどころ満載の良質娯楽映画。字幕推奨。
    製作年:2002
    製作国:日本
    監督:原田眞人
    主演:役所広司
    10
  11. シャイアン

    シャイアン
    評価:D3.10
    少数派民族インディアンの悲劇を描くマリ・サンドスの同名小説をジェームズ・R・ウェッブが脚色、「リバティ・バランスを射った男」のジョン・フォードが演出した西部劇。撮影はウィリアム・H・クローシア、音楽はアレックス・ノースが担当した。出演は「西部開拓史」のジェームズ・スチュアート、同じくキャロル・ベイカー、「7人の愚連隊」のエドワード・G・ロビンソン、「誰が私を殺したか?」のカール・マルデン、「アラビアのロレンス」のアーサー・ケネディ、「栄光への脱出」のサル・ミネオ、「長い船団」のリチャード・ウィドマーク、「ビッグ・サーカス」のギルバート・ローランドなど。製作はバーナード・スミス。

    ヒューマンドラマ、アクション、社会派ドラマ、文芸・史劇、人種差別
    製作年:1964
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・フォード
    主演:リチャード・ウィドマーク
    11
  12. パブリック・エネミーズ

    パブリック・エネミーズ
    評価:D3.06
    1933年、大恐慌時代のアメリカで、ジョン(ジョニー・デップ)は紳士的な態度と鮮やかな手腕の銀行強盗として注目を集めていた。ある日、彼はクラブのクローク係として働く美しいビリー(マリオン・コティヤール)に目を奪われる。二人はダンスを楽しみ、共に食事を堪能するが、いつの間にかビリーは彼の前から姿を消す。

    アクション

    ネット上の声

    なかなかの迫力のある演出だが、主人公の存在感は薄め
    ジョニーしか見てなかったと言っても^^;
    もっと上手くやれたはず。変な所を強調
    J・デップの男の魅力を堪能しましょう
    製作年:2009
    製作国:アメリカ
    監督:マイケル・マン
    主演:ジョニー・デップ
    12
  13. レバノン

    レバノン
    評価:D3.01
    イスラエルがレバノンに侵攻した1982年6月、前線に配置されたイスラエル軍の若き戦車兵4人。彼らは戦車のスコープ越しに、砲撃で吹き飛ばされる兵士や無惨に殺される市民たちなど、悪夢のような光景を目の当たりにする。やがて、対戦車弾の直撃を受け敵中に孤立した彼らの身にも危機が迫り、彼らはこの地獄から脱出しようとするが……。

    アクション

    ネット上の声

    金獅子の評価できる知識・文化レベルが・・
    本当の戦争に、ヒーローなんて誰もいない
    戦車の中ってこんな感じなんだ・・・
    閉所恐怖症の人は見ないでください
    製作年:2009
    製作国:イスラエル/フランス/イギリス
    監督:サミュエル・マオズ
    主演:ヨアヴ・ドナット
    13
  14. 二重スパイ

    二重スパイ
    評価:D2.90
    亡命を装い韓国に潜入した北朝鮮スパイと、ラジオDJをしている女性スパイが活動をともにするうち恋に落ち、北と南の両方から追われる姿をスリリングに描くスパイ映画。監督は、本作が劇場長編デビューとなるキム・ヒョンジョン。「シュリ」のハン・ソッキュと、「エンジェル・スノー」のコ・ソヨンが共演。

    アクション、テロリストとの死闘を描いた

    ネット上の声

    ひとりの女スパイの存在が計画を狂わせた!
    スパイ戦の酷薄さを描ききれていない
    安心して愚痴が言える幸せ
    暗い映画でした。愛がない
    製作年:2003
    製作国:韓国
    監督:キム・ヒョンジョン
    主演:ハン・ソッキュ
    14
  15. 黒砲事件

    黒砲事件
    評価:E0.00
    ひとつのスパイ容疑事件をきっかけにして明らかになった、中国社会の問題を描く、緊賢亮の原作『浪漫的黒砲』を李唯が脚色し、黄建新が監督、撮影は王新生と馮偉、音楽は朱世瑞が担当。出演は劉子楓、高明、ゲルハルト・オルチェスキーほか。

    ヒューマンドラマ、アクション、社会派ドラマ
    製作年:1985
    製作国:中国
    監督:ホアン・チェンシン
    主演:リュウ・ツー・フォン
    15

スポンサードリンク