全50作品。1990年代のドキュメンタリー映画ランキング

  1. 地球交響曲 ガイアシンフォニー

    地球交響曲 ガイアシンフォニー
    評価:S4.22
    6人の語り部がそれぞれ“地球(ガイア)と私”というテーマで語っていくことによって地球の未来へ向けてのメッセージを綴るオムニバス形式のドキュメンタリー。監督はNHK出身で、「キャロル」(74)などの龍村仁。登場する語り部は、臨死体験などについて語るラインホルト・メスナー(登山家、イタリア、日本語の声は蟇目良)、メスの象エレナとの再会シーンを中心に象の社会から人間社会へのメッセージを伝えるダフニー・シェルドリック(動物保護活動家、ケニア、声は湯川れい子)、トマトの成長を通して科学の常識では計り知れない奇跡を見せる野澤重雄(植物学者、日本)、アイルランドの自然とケルン遺跡を訪れるエンヤ(歌手、アイ…

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    生きるということ
    こんな映画が。
    地球の声が、聞こえますか
    「癒し」の映画ですかね
    製作年:1992
    製作国:日本
    監督:龍村仁
    主演:ラインホルト・メスナー
    1
  2. ジャム・セッション 菊次郎の夏<公式海賊版>

    ジャム・セッション 菊次郎の夏<公式海賊版>
    評価:S4.14


    ドキュメンタリー
    製作年:1999
    製作国:日本
    監督:篠崎誠
    主演:ビートたけし
    2
  3. 阿賀に生きる

    阿賀に生きる
    評価:A3.98
    1989年、映画監督の佐藤真と7人のスタッフは、新潟水俣病の被害を受けた阿賀野川流域へと赴き撮影を開始する。彼らは鹿瀬町で暮らしながら夫婦で田んぼを作っている長谷川芳男さんや妻のミヤエさんと出会う。そのほかにも、川舟大工の遠藤武さんや彼を支える妻のミキさん、餅つき職人の加藤作二さんやキソさん夫婦らとも交流が生まれ……。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    ふるさとの原風景
    爺婆の漲る生命力
    製作年:1992
    製作国:日本
    監督:佐藤真
    3
  4. SUPER FOLK SONG ピアノが愛した女。

    SUPER FOLK SONG ピアノが愛した女。
    評価:A3.95
    出演:矢野顕子、鈴木慶一 他。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    貴重な記録映像
    ピアノに愛されたい
    歌声が心地よい
    天才
    製作年:1992
    製作国:日本
    監督:坂西伊作
    主演:矢野顕子
    4
  5. クローズ・アップ

    クローズ・アップ
    評価:A3.92
     実話を基にアッバス・キアロスタミ監督が撮ったセミ・ドキュメンタリー。若い失業者のホセイン・サブジアンは、バスでたまたま隣り合わせた夫人に悪気もなく、自分は有名な映画監督モフセン・マフマルバフであると名乗ってしまう。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    これは映画か?真実か?
    唖然とさせられる映画
    血も涙もない悪魔演出。 最悪で最高!
    今まで1000本以上映画をみたけど
    製作年:1990
    製作国:イラン
    監督:アッバス・キアロスタミ
    主演:ホセイン・サブジアン
    5
  6. ぼくら、20世紀の子供たち

    ぼくら、20世紀の子供たち
    評価:A3.91
     サンクト・ペテルブルグ。作者は10歳にも満たない少年たちにその“犯罪歴”を問いただす。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    祝・カネフスキー作品再上映!その2
    現実というのはこうも現実的なのか。
    傑作
    製作年:1993
    製作国:ロシア/フランス
    監督:ヴィターリー・カネフスキー
    主演:パーヴェル・ナザーロフ
    6
  7. 音のない世界で

    音のない世界で
    評価:A3.89
     聴覚欠如により、口がきけなくなった人たちの日常生活を写し出すことにより、彼らの現状と実態に迫ったドキュメンタリー。94年ボンベイ国際映画祭グランプリ作品。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    とても豊かな感覚に満ちた世界
    手話で外国のひとと話すには
    『手話』 を知るクマ♪
    暖かい木漏れ日のような映画
    製作年:1992
    製作国:フランス
    監督:ニコラ・フィリベール
    主演:ジャン=クロード・プーラン
    7
  8. ジャッキー・チェン マイ・スタント

    ジャッキー・チェン マイ・スタント
    評価:A3.86
    『ヤング・マスター』から『WHO AM I?』までの名場面を使って、ジャッキーと彼のスタントチームがどのようにしてスタントシーンを撮影したかを解説するメイキング集。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    なるほどね
    ジャッキー映画の裏
    VOL・1の方がいい
    超おもしろいです!ファンなら絶対必観!!
    製作年:1998
    製作国:香港
    監督:ジャッキー・チェン
    主演:ジャッキー・チェン
    8
  9. 「A」

    「A」
    評価:A3.85
    オウム真理教の広報部副部長、Aこと荒木浩を中心に、オウム事件以後の彼らを追った長篇ドキュメンタリー。TBS問題を契機に封印されるはずだった150時間にも及ぶ素材を作品にまとめた。監督はフリーのテレビディレクター、森達也。家庭用デジタルカメラを手に様々なオウムの施設に足を運び荒木浩を追った。森と共に撮影/編集の補助を担当し、製作を手がけたのは「部屋 THE ROOM」を製作した安岡卓治。音楽は朴保バンドの朴保。キネコ。16ミリ。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    臭いものに蓋をしてはならない
    オウムから見た社会とは
    『宗教』と『社会』
    滑稽なマスコミや警察は当時のあなたかもよ
    製作年:1998
    製作国:日本
    監督:森達也
    9
  10. スペシャリスト/自覚なき殺戮者

    スペシャリスト/自覚なき殺戮者
    評価:A3.85
    ホロコーストに加担した元ナチス親衛隊中佐アドルフ・アイヒマンの裁判をとらえたドキュメンタリー。1961年4月11日、ユダヤ人国家イスラエルの法廷で開始されたアイヒマン裁判は、イスラエル政府の意向により一部始終が撮影・録音され、全世界37カ国で放映されたと言われている。ハンナ・アーレントによる同裁判の傍聴記「イェルサレムのアイヒマン 悪の陳腐さについての報告」に感銘を受けたイスラエルの反体制派映像作家エイアル・シバンと「国境なき医師団」元総裁のロニー・ブローマンが、約350時間にも及ぶ記録素材をもとに再構成。アイヒマンの“専門家”としての顔を明らかにすると共に、「自分は上司の命令に従っただけ」…

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    ハンナアーレントとセットで。
    難しかった!!
    ナチス軍部に居た有能な中間管理職だけの男
    ドキュメンタリーはかく語りき
    製作年:1999
    製作国:フランス/ドイツ/ベルギー/オーストリア/イスラエル
    監督:エイアル・シヴァン
    主演:アドルフ・アイヒマン
    10
  11. セルロイド・クローゼット

    セルロイド・クローゼット
    評価:A3.83


    ドキュメンタリー、実話、同性愛
    製作年:1995
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・エプスタイン
    主演:トム・ハンクス
    11
  12. マーティン・スコセッシ 私のイタリア映画旅行

    マーティン・スコセッシ 私のイタリア映画旅行
    評価:A3.80
    現代映画に多大なる影響を与えたイタリア名作映画の数々とその歴史、映像に込められた監督達の想いと斬新なテクニックの見所が凝縮された貴重なDVD。現代のハリウッドを代表するイタリア系アメリカ人の巨匠マーティン・スコセッシだからこそ実現しえた、20世紀映画史のマイルストーン。2001年度全米映画批評家協会映画遺産賞受賞作品。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    古いイタリア映画、見たくなります。
    古いイタリア映画に興味のある方にオススメ
    スコセッシが4時間ひたすら熱く語る
    製作年:1999
    製作国:アメリカ/イタリア
    監督:マーティン・スコセッシ
    主演:マーティン・スコセッシ
    12
  13. ミクロコスモス

    ミクロコスモス
    評価:B3.79
     1996年のカンヌ映画祭で高等技術賞を受賞した異色のドキュメンタリー映画。昆虫たちの生態を超クローズアップで捉えるだけでなく、物語性を加味しながら独自の視点で構成しているところがみどころ。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    裏庭のジュラシック・パーク
    カタツムリの交尾 必見!
    やっと見つけた!!
    もうひとつの素顔
    製作年:1996
    製作国:フランス
    監督:クロード・ニュリザニー
    13
  14. ディレクターズカット ウッドストック/愛と平和と音楽の祭典

    ディレクターズカット ウッドストック/愛と平和と音楽の祭典
    評価:B3.72
     1969年の8月15日から17日かけてニューヨークのベセルの丘で開催された、愛と平和のロック・コンサート『ウッドストック』を追ったドキュメンタリー映画。ジョ-ン・バエズ、ジョー・コッカー、ジミ・ヘンドリックス、サンタナ、カントリー・ジョー&ザ・フィッシュなどのアーチストが熱唱する。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    水浴び女子に釘付け、極上のドキュメント
    愛と平和の祭典!
    伝説感は感じる!!
    かっこいいサンタナ!
    製作年:1994
    製作国:アメリカ
    監督:マイケル・ウォドレー
    主演:ジョー・コッカー
    14
  15. ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ

    ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ
    評価:B3.72
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(1999年・ドキュメンタリー映画賞)ベンダース監督が「エンド・オブ・バイオレンス」でふたたび組んだライ・クーダーに同行、彼がプロデュースしたグラミー賞受賞アルバム「ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ」に参加したミュージシャン達とのその後を追ったドキュメンタリー。熱い日差しのキューバで再集結してのレコーディング、アムステルダムそしてニューヨークのカーネギーホールでの栄光のステージが世界中の感動を呼び、各地でロングランを記録して空前のキューバ・ブームを巻き起こした大ヒット作。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    クールで年老いた天才ミュージシャン達
    カッコイイ、オヤジたち。
    CDでも聞いてみたくなる
    現役老齢ミュージシャン
    製作年:1999
    製作国:ドイツ/アメリカ/フランス/キューバ
    監督:ヴィム・ヴェンダース
    主演:イブライム・フェレール
    15
  16. ザ・ビッグ・ワン

    ザ・ビッグ・ワン
    評価:B3.63
    「華氏911」「ボウリング・フォー・コロンバイン」など、アメリカの社会的問題に踏み込んだドキュメンタリー作品で知られるマイケル・ムーア監督。自身の著書を宣伝するツアー敢行したムーアは、書店でのスピーチを行う傍ら、現地のアメリカ企業に突撃、悪ふざけを交えながらもリストラや重労働などの問題に厳しく疑問を投げかけていく。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    対岸の火事じゃ全然ない。
    DOWNSIZE THIS
    今のアメリカ国歌にはその歌がピッタリ!
    アメリカがそして日本が見れる問題作
    製作年:1997
    製作国:アメリカ/イギリス
    監督:マイケル・ムーア
    主演:マイケル・ムーア
    16
  17. キンスキー、我が最愛の敵

    キンスキー、我が最愛の敵
    評価:B3.62
     映画史上に残る怪優クラウス・キンスキー。「フィツカラルド」「アギーレ・神の怒り」「コブラ・ヴェルデ-緑の蛇」「ヴォイツェック」「ノスフェラトゥ」。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    ヘルツォーク&キンスキー
    まるで夫婦のよう
    天才は奇人?
    キンスキーへの憎しみと愛情
    製作年:1999
    製作国:ドイツ/イギリス
    監督:ヴェルナー・ヘルツォーク
    主演:クラウス・キンスキー
    17
  18. 全身小説家

    全身小説家
    評価:B3.61
     「ゆきゆきて、神軍」の原一男監督が、平成4年5月にガンで亡くなった小説家・井上光晴の晩年の5年間を追ったドキュメンタリー。映画は、彼が文学を教える生徒や、埴谷雄高、瀬戸内寂聴らの証言を通して、井上光晴の文学活動を捉えるとともに、撮影開始直後に発覚したガンと闘う姿を生々しく撮り続ける。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    ひとりの人間の人生をリアルに
    井上光晴という小説家
    面白いです
    突き動かされる欲求そのもがリアリズム
    製作年:1994
    製作国:日本
    監督:原一男
    主演:井上光晴[作家]
    18
  19. レニ

    レニ
    評価:C3.58
     36年ベルリン・オリンピックの模様を記録した“オリンピア二部作”「民族の祭典」と「美の祭典」を発表するなど、その卓越した映像感覚ゆえ戦後ナチ協力者として収容された経験を持つドイツの女流監督レニ・リーフェンシュタール。監督ボリス・バルネット自らが行ったインタビューや未公開映像などを挿入し、才能を持ちながらも時代に翻弄された悲運の天才レニの実態に迫る。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    中立性を保ちながらのインタビュー。貴重な映像も見られ、2部構成なが...
    数奇な運命
    人生にYESと言いなさい
    天才は消し去れない
    製作年:1993
    製作国:ドイツ/ベルギー
    監督:レイ・ミュラー
    主演:レニ・リーフェンシュタール
    19
  20. モハメド・アリ かけがえのない日々

    モハメド・アリ かけがえのない日々
    評価:C3.50
    アカデミー賞(1997年)1974年10月30日、スポーツ史上名高い、“キンシャサの奇跡”の体現者、モハメド・アリの姿を追ったドキュメンタリー。監督はレオン・ギャストで、30万フィートに及ぶフィルムを、財政上の困難を乗り越え、20年以上にわたって現像・編集活動を続け、ようやく本作を完成させた。製作総指揮はデイヴィッド・ソネンバーグ。製作はギャストと、「黙秘」の監督テイラー・ハックフォード。撮影はマリス・アルベルティ、ポール・ゴールドスミス、ケヴィン・キーティング、アルバート・メイスルズ、ロデリック・ヤングの共同、音楽監修はスコット・マクラッケン。試合の対戦者で当時世界最強だったジョージ・フォアマン、敏腕プロモーターの…

    ドキュメンタリー、ボクシング

    ネット上の声

    自分より強い相手にも立ち向かうとき
    行儀がわるい!!!
    役者以上に役者です
    伝説
    製作年:1996
    製作国:アメリカ
    監督:レオン・ギャスト
    主演:モハメド・アリ
    20
  21. ワイルド・マン・ブルース

    ワイルド・マン・ブルース
    評価:C3.49
    「地球は女で回ってる」など映画監督としてだけではなく、俳優・作家・脚本家など多岐に渡る才能を発揮しているウディ・アレン。クラリネット奏者としても知られる彼が自身のバンド、ニューオーリンズ・ジャズ・バンドを率いてのヨーロッパ・ツアーの模様と、アレンの知られざる素顔を追ったドキュメンタリー。ツアーに同伴した恋人のスン・イーなど、彼の私的な一面も見ることができる。監督はドキュメンタリー作品『American Dream』(日本未公開)などの作品を手掛けたバーバラ・コップル。製作は「ブロードウェイと銃弾」以降、アレン作品のプロデューサーを務めるジーン・ドゥマニアン。…

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    ウディアレンのプライベート
    全て“素”だったのね♡
    製作年:1997
    製作国:アメリカ
    監督:バーバラ・コップル
    主演:ウディ・アレン
    21
  22. テルミン

    テルミン
    評価:C3.48
    1920年、ロシアの科学者レフ・セルゲイビッチ・テルミンによって発明された世界初の電子楽器“テルミン”。触れずに奏でるこの不思議な楽器に魅せられた人々と、テルミン博士自身の数奇な運命をドキュメンタリー形式で綴る。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    たまに観るならドキュメンタリー
    彼の人生はその音色にも似て
    宇宙人出現の奇妙な効果音
    不思議な音色とともに
    製作年:1993
    製作国:アメリカ
    監督:スティーヴン・M・マーティン
    主演:レオン・テルミン
    22
  23. トゥルー・ストーリー

    トゥルー・ストーリー
    評価:C3.48
     次回作“時計の息子”の主役を探してたくさんの少年をビデオに収めていくジャリリ監督。なかなか思うような少年に出会えず、諦めかけていたとき、たまたま立ち寄ったパン屋で役にピッタリの少年を見かける。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    イランで生きるサマド少年の実生活を描く作品。
    製作年:1996
    製作国:イラン
    監督:アボルファズル・ジャリリ
    主演:サマド・ハニ
    23
  24. リチャードを探して

    リチャードを探して
    評価:C3.34
    シェイクスピアの史劇『リチャード三世』(邦訳・新潮文庫など)、その上演のためのリハーサルと、上演されたシーンとのモンタージュを通して、シェイクスピアの精神を現代に甦らそうと試みる演劇ドキュメンタリー。監督・製作は「ヒート(1996)」の演技派アル・パチーノで、自身の資金をつぎ込み、念願の初監督を実現。製作はパチーノと、彼の舞台活動に過去5年間にわたり協力しているマイケル・ハッジ。エグゼクティヴ・プロデューサーは「陽のあたる教室」のウィリアム・ティートラー。ナレーションはパチーノがフレデリック・キンボールと共に執筆。撮影はダイレクト・シネマの旗手リチャード・リーコックの子息、「SUPER MO…

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    アル・パチーノに”リチャード三世”を学ぶ
    ロンドン塔見学の折にぜひ
    つまらないことはない。
    設定のユニーク性は認めますが
    製作年:1996
    製作国:アメリカ
    監督:アル・パチーノ
    主演:アル・パチーノ
    24
  25. パリ・ルーヴル美術館の秘密

    パリ・ルーヴル美術館の秘密
    評価:C3.34
    世界最大のルーヴル美術館に初めて撮影隊が潜入。膨大な量の美術品を所蔵する2800室分の錠、10500段の階段、複雑に入り組んだ地下回廊……。さらに学芸員や美術品を設置する人々など、1200人もの職員が働くルーヴルの舞台裏を映し出していく。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    誇り高き人々に支えられ、そびえる。
    美術鑑賞好きな方のみお勧め
    ザ ドキュメンタリー
    ドキュメンタリー
    製作年:1990
    製作国:フランス
    監督:ニコラ・フィリベール
    25
  26. 真少林寺

    真少林寺
    評価:C3.28
    今やハリウッドアクションスターとなったジェット・リーの過去、『少林寺』での血の滲むような修行の様子を克明に追いかけたドキュメンタリー。本人の演技や、高名な少林武僧たちの妙技の数々、恩師に再会する感動的なシーンなどを収録。

    ドキュメンタリー、カンフー

    ネット上の声

    少林武術の真髄、ここに在り!
    少林寺の苦行のなせる技。
    根性なんてもんじゃない!
    まさに 動物・・・・。
    製作年:1994
    製作国:香港
    監督:リアン・ヨンツァン
    主演:ジェット・リー
    26
  27. ビヨンド・ザ・マット

    ビヨンド・ザ・マット
    評価:C3.28
    強烈なキャラクターの男女が繰り広げる愛憎劇と、強靱な肉体が激突するファイトで、アメリカをはじめ世界中で人気を集めるプロレス団体・WWF(ワールド・レスリング・フェデレーション)の舞台裏を追ったドキュメント。これまでのプロレス映画ではタブーとされた選手の素顔と、それを支える家族の姿を追う。

    ドキュメンタリー、プロレス

    ネット上の声

    プロのショーマンたち
    レスラーの裏側
    プロレスという商売の裏にいる生身の人間
    そして男たちはリングに上がる
    製作年:1999
    製作国:アメリカ
    監督:バリー・W・ブラウスタイン
    主演:テリー・ファンク
    27
  28. 病院で死ぬということ

    病院で死ぬということ
    評価:C3.28
    ガン告知を受けた患者たちの闘病の日々を、彼らと接する家族や医師らの姿を交えながら描き、ターミナルケア(末期医療)の問題をとらえたドラマ。山崎章郎の同名原作(主婦の友社・刊)をもとに、「ご挨拶」の中の一挿話『佳世さん』の市川準が監督・脚本。患者たちの姿はフィックスで据えたフルサイズのベッドの映像で終始描写され、随所に人生のイメージを四季にわたり追った映像がはさみ込まれていく、ドキュメンタリー的な手法で描いていく。キネマ旬報ベストテン第三位。

    ドキュメンタリー、医師、癌(がん)、看護師(ナース)、病院(医療モノ)

    ネット上の声

    病院で生かすということ。
    愛しいものを思うとき
    病院の白いベットと死
    みんな死んでいく
    製作年:1993
    製作国:日本
    監督:市川準
    主演:山内明
    28
  29. チェ・ゲバラ-人々のために-

    チェ・ゲバラ-人々のために-
    評価:C3.27
    キューバ革命の英雄チェ・ゲバラの人生を彼の友人や当時の護衛兵等が語ったドキュメンタリー。監督は、アルゼンチンの名匠マルセロ・シャプセス。証言者は、アルベルト・グラナドス、メルバ・エルナンデス、エンリケ・オルトスキほか。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    生ゲバラ。
    貴重な資料
    映像が見難いかも・・・
    観て良かった。
    製作年:1999
    製作国:アルゼンチン
    監督:マルセロ・シャプセス
    主演:チェ・ゲバラ
    29
  30. ひめゆりの塔

    ひめゆりの塔
    評価:C3.26
    第二次大戦中、可憐にして逞しく生きたひめゆり部隊の少女たちの、悲しい青春を描いたドラマ。今回が4度目の映画化となる。監督は「さくら」の神山征二郎。主演は「ヤマトタケル」の沢口靖子。戦後50周年記念作品。青少年映画審議会推薦。1995年5月15日より沖縄・那覇グランドオリオンにて先行上映。

    戦争、ドキュメンタリー、沖縄戦

    ネット上の声

    沖縄戦の真摯な描き方に共感する。
    戦争が絶対悪とされていた頃の映画
    ひめゆり学徒
    今の私の原点です
    製作年:1995
    製作国:日本
    監督:神山征二郎
    主演:沢口靖子
    30
  31. アトランティス

    アトランティス
    評価:C3.25
    「グラン・ブルー」「レオン」のリュック・ベッソン監督による、構想10年、撮影38カ月の歳月をかけた海洋ドキュメンタリー作品。自身もダイビングの経験を持つリュック・ベッソン監督自ら撮影も行っている。「最後の戦い」から数々のベッソン作品に参加しているエリック・セラの音楽にのせて、世界の様々な海に生息する神秘の生態を写す。日本では1992年に劇場公開。2010年、デジタル・レストレア・バージョンがリバイバル上映された。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    瞑想、ヒーリング、リラクゼーション!
    字幕なんてあったかなぁ?
    日常生活を暫し忘れて
    この頃の…
    製作年:1991
    製作国:フランス
    監督:リュック・ベッソン
    31
  32. イヤー・オブ・ザ・ホース

    イヤー・オブ・ザ・ホース
    評価:D3.20
    前作「デッドマン」で怒涛の生弾きで音楽をつけたニール・ヤングと、彼のバンド、クレイジー・ホースの1996年のワールドツアーに同行したジャームッシュ監督によるドキュメンタリー。8ミリで撮影されたライブ映像や過去の演奏シーンのほか、メンバーへの爆笑インタビューや家族のコメントを散りばめながら、監督自身が1ファンとしてツアーに参加している興奮と喜びがひしひしと伝わる1作。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    クレイジー・ホース、バンドのドキュメンタリー
    製作年:1997
    製作国:アメリカ
    監督:ジム・ジャームッシュ
    主演:ニール・ヤング
    32
  33. ドアーズ

    ドアーズ
    評価:D3.12
    伝説のバンド「ドアーズ」のボーカリスト、ジム・モリソンの疾風のごとき生涯と、彼を支えたパメラとの愛情をドアーズの音楽とともに描く青春映画。エグゼクティヴ・プロデューサーはマリオ・カサールとニコラス・クレイノスとブライアン・グレイザー、製作はサーシャ・ハラリとビル・グラハムとA・キットマン・ホー、監督は「7月4日に生まれて」のオリヴァー・ストーン。脚本はオリヴァー・ストーンとJ・ランダル・ジョンソン。撮影はロバート・リチャードンンが担当。音楽監督をポール・ロスチャイルドが務めている。出演はヴァル・キルマー、メグ・ライアンほか。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    狂気!狂気!ドアーズのボーカリストの半生
    映画鑑賞歴30年。はじめて・・・
    知識としての伝説 その2
    これがロック・スター、?
    製作年:1991
    製作国:アメリカ
    監督:オリヴァー・ストーン
    主演:ヴァル・キルマー
    33
  34. 新しい神様

    新しい神様
    評価:D3.00
    民族派パンクバンド「維新赤誠塾」に属する雨宮処凛と伊藤秀人。デジタルビデオを介して、彼女たちとコミュニケートを試みる反天皇派監督の姿を赤裸々に描いた衝撃のドキュメンタリー。雨宮処凛は子供の頃に手ひどくいじめられた経験があり、成長してからも社会の中に自分の存在価値を見い出せず、自殺未遂を繰り返していた。そんな彼女を救ったのは、民族派右翼の思想だった。彼女とその同志・伊藤秀人は、「天皇陛下万歳!」を叫ぶ民族派パンクバンド、「維新赤誠塾」で活動を共にする。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    こういう作品をDMMでレンタル出来るのは
    つまらない日常
    ぜひ、13歳くらいの小さな大人たちに観てもらいたい
    涙が自然に出てきた
    製作年:1999
    製作国:日本
    監督:土屋豊
    主演:土屋豊
    34
  35. ブエノスアイレス 摂氏零度

    ブエノスアイレス 摂氏零度
    評価:D2.91
    ウォン・カーウァイ監督が2人の青年の刹那的な愛をレスリー・チャン&トニー・レオン共演で描き、日本でも多くのファンを生んだヒット作「ブエノスアイレス」(1997)の舞台裏を捉えたメイキングドキュメンタリー。アルゼンチンでの撮影風景や撮影当時のオフショット、スタッフやキャストのインタビューといった貴重な映像が満載。さらに本編とは異なるもうひとつの結末など、未公開シーンも多数収録されている。

    ドキュメンタリー、同性愛

    ネット上の声

    メイキングでもありつつ別のお話?
    レスリーの演技はすごいのに
    メイキングです
    しまった…
    製作年:1999
    製作国:香港
    監督:クアン・プンリョン
    主演:レスリー・チャン
    35
  36. かたつもり

    かたつもり
    評価:D2.80
    家を出ていった父母に代わって自分を育ててくれた祖母との日常を捉えた私的ドキュメンタリー。監督は「につつまれて」の河瀬直美。祖母で養母の河瀬宇乃にカメラを向け、裏の空き地に小さな家庭菜園を作ってえんどう豆を育てる祖母の姿や、直美の小さな頃の想い出話などの温かく平穏な祖母との日常をつづっていく。カンヌ映画祭カメラドール(新人監督賞)を受賞した「萌の朱雀」の公開にあわせて劇場公開された。94年度製作作品。95年の山形国際ドキュメンタリー映画祭で奨励賞を受賞している。8ミリを16ミリにブローアップ。

    ドキュメンタリー
    製作年:1997
    製作国:日本
    監督:河瀬直美
    主演:河瀬宇乃
    36
  37. ビートニク

    ビートニク
    評価:D2.78
    1944年、ジャック・ケルアック、アレン・ギンズバーグ、ウィリアム・バロウズという3人の青年がニューヨークで出会い、彼らはビート族と呼ばれる若者たちの教祖的存在となった。彼らを撮影した貴重なフィルムをはじめ、彼らに影響を受けた人々の証言や当時の記録映像などを基に、若者文化に大きな影響を及ぼしたビート・ジェネレーションについてさぐるドキュメンタリー。ジョニー・デップ、ジョン・タートゥーロらが詩を読み上げる。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    詩に仕立て上げられたドキュメンタリー。
    これは歴史のお勉強です
    難しいかも?
    時間のムダ
    製作年:1999
    製作国:アメリカ
    監督:チャック・ワークマン
    主演:ジャック・ケルアック
    37
  38. ザ・カンヌ・プレイヤー

    ザ・カンヌ・プレイヤー
    評価:E2.50
    プロデューサーのサイは、誰であろうとカンヌ映画祭のスターに仕立てることができると豪語、みんなと賭けをする。サイは、実際に普通のタクシー運転手をスターにしてしまう。ジョニー・デップ、ジム・ジャームッシュなどの有名俳優・監督が素顔で次々登場。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    嫌いじゃないど・・・
    嫌いじゃないです。
    浮遊中のお二人
    う~ん
    製作年:1995
    製作国:アメリカ
    監督:リチャード・マーティニ
    主演:シーモア・カッセル
    38
  39. につつまれて

    につつまれて
    評価:E2.46
    「萌の朱雀」でカンヌ映画祭カメラ・ドール(新人監督賞)を受賞した河瀬(現・仙頭)直美が、生後まもなく生き別れて記憶にすら刻まれていない父親を探し求めながら、自らの出自を問う過程を記録したプライベート・ドキュメンタリー。25年前の肖像写真や戸籍の転入転出記録を頼りに、父親の足跡を探し続けるキャメラは、アルバムに写る自分の過去と現在の位置を確かめながら、父親の存在に近づこうとしていく。父の所在が明らかになるにつれ、出会うことへの畏れとそれでもフィルムを回し続けたいと願う切実な思いが絡み合い、キャメラはさらに自身と向かい合う。自らを全てさらけ出すことで、河瀬の作品の最初のエポックメイキングとなった作品。イメージフォーラムフェスティバル93奨励賞、95年度山形国際ドキュメンタリー映画祭国際映画批評家連盟特別賞受賞。92年度製作作品。1995年「「すべて女の子カントク」プロジェクト」の1本として公開されているが、「萌の朱雀」の公開にあわせ、94年製作の「かたつもり」とともに初めて正式公開された。8ミリからのブローアップ。

    ドキュメンタリー
    製作年:1995
    製作国:日本
    監督:河瀬直美
    主演:河瀬直美
    39
  40. イン・ベッド・ウィズ・マドンナ

    イン・ベッド・ウィズ・マドンナ
    評価:E2.43
     '90年、梅雨の日本を皮切りにスタートした“ブロンド・アンビション・ツアー”の舞台裏での出来事にステージの映像を織り混ぜ、“アーティスト”としてのマドンナの姿を追ったドキュメント映画。各ツアー先でのゴタゴタやバック・ステージに現れた有名スター達、そして彼女やダンサー達の私生活を淡々と映し出していくものの、その内容はどこを取っても刺激的。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    マドンナのパワーを感じるツアーと舞台裏!
    さすがマドンナ
    深い!深い!
    製作年:1991
    製作国:アメリカ
    監督:アレック・ケシシアン
    主演:マドンナ
    40
  41. ほんとにあった!呪いのビデオ3

    ほんとにあった!呪いのビデオ3
    評価:E2.15
    一般投稿による心霊映像を集めたオリジナルホラー第3弾。害虫駆除に訪れた業者が、屋根裏の様子を探ろうと設置したカメラに謎の物体が映っている「害虫駆除」、恋人へ語りかける男性の背後に映っているものとは・・・「ビデオレター」など、全6話を収録。

    ドキュメンタリー、ほんとにあった!呪いのビデオ

    ネット上の声

    怖さ的には今一つ
    ちょっと今回は
    製作年:1999
    製作国:日本
    41
  42. プロジェクト・グリズリー

    プロジェクト・グリズリー
    評価:E2.12
    凶暴なハイイログマに接近して調査するために自家製防熊パワードスーツを身にまとい、奮闘するトロイの姿を追ったカナダ発、究極のおバカドキュメンタリーが登場。タランティーノに大絶賛され、人気アニメ「ザ・シンプソンズ」までが本作をパロった爆笑必至のカルト映画の決定版。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    それゆけ!アルバトロス29
    それではちょっと…
    おバカな作品
    惜しいのだが
    製作年:1996
    製作国:カナダ
    監督:ピーター・リンチ
    主演:トロイ・J・ハートビス
    42
  43. フル・ティルト・ブギ/メイキング・オブ・フロム・ダスク・ティル・ドーン

    フル・ティルト・ブギ/メイキング・オブ・フロム・ダスク・ティル・ドーン
    評価:E0.00
    1997年の「フロム・ダスク・ティル・ドーン」の撮影現場を記録したメイキング映画。主演のジョージ・クルーニーやハーヴェイ・カイテル、ジュリエット・ルイスをはじめとする主要キャスト、タランティーノ、ロドリゲスらスタッフへのインタビューを中心に、製作現場の模様を記録した1本。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    フロムダスクは大好きだけど・・
    ファンは観て損なし。みつけたら借りてみて
    製作年:1997
    製作国:アメリカ
    監督:サラ・ケリー
    主演:ロバート・ロドリゲス
    43
  44. BALLET アメリカン・バレエ・シアターの世界

    BALLET アメリカン・バレエ・シアターの世界
    評価:E0.00
    世界的に有名なバレエ団の一つ、アメリカン・バレエ・シアター(ABT)のダンサーたちとそのレッスン、ワールドツアーの模様を描くドキュメンタリー。製作、監督、サウンド、編集は、現代アメリカを代表するドキュメンタリー映画界の巨匠で、「コメディ・フランセーズ 演じられた愛」のフレデリック・ワイズマン。芸術監督のジェーン・ハーマン、現在も世界トップクラスのプリンシパルであるアレッサンドラ・フェリとフリオ・ボッカら、撮影が行われた1992年当時のABTを代表するダンサー、振付師が出演している。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    ドキュメンタリータッチの舞台裏
    バレエに憧れてる人は必見かも
    バックステージの臨場感
    イマイチ
    製作年:1995
    製作国:アメリカ
    監督:フレデリック・ワイズマン
    主演:アメリカン・バレエ・シアター
    44
  45. あんにょんキムチ

    あんにょんキムチ
    評価:E0.00
    在日コリアン三世の若者が、自分のルーツを探って繰り広げる旅の模様をとらえた私的ドキュメンタリー。監督は松江哲明で、本作は日本映画学校の卒業制作作品として制作されたものである。99年度韓日青少年映画祭監督賞受賞、山形国際ドキュメンタリー映画祭アジア千波万波特別賞&NETPAC特別賞受賞、東京国際映画祭ニッポンシネマナウ出品作品。VTR作品。ビデオプロジェクターによる上映。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    ☆☆☆★★ ※ 鑑賞直後のメモから 面白かったのだが。最後に自分の...
    移民の話
    製作年:1999
    製作国:日本
    監督:松江哲明
    主演:松江勇吉
    45
  46. ピョンヤン・ダイアリー 1994-1997

    ピョンヤン・ダイアリー 1994-1997
    評価:E0.00
    北朝鮮の知られざる素顔を、ノルウェー人女性監督、スールン・ホアスがとらえたドキュメンタリー。民主主義の価値観とは大きく異なる、独自の世界観の中に生きる北朝鮮の人々。そんな彼らの日常をインタビューも交えて、ありのままに映し出していく。

    ドキュメンタリー
    製作年:1997
    製作国:オーストラリア/日本
    監督:スールン・ホアス
    46
  47. トータル・バラライカ・ショー

    トータル・バラライカ・ショー
    評価:E0.00
     レニングラード・カウボーイズとアレクサンドル・レッド・アーミー・コーラス・アンド・アンサンブルとのジョイント・ライブの模様を描いた作品。後者は、ソ連崩壊によって大量にあぶれた退役軍人と民族舞踏団とで構成された、総勢167名のグループ。

    ドキュメンタリー
    製作年:1994
    製作国:フィンランド
    監督:アキ・カウリスマキ
    主演:ザ・レニングラード・カウボーイズ
    47
  48. エデンへの道/ある解剖医の一日

    エデンへの道/ある解剖医の一日
    評価:E0.00
    ブダペスト在住の解剖医ケシュエリー・ヤノーシュの日常を追ったドキュメンタリー。死体を解体し葬儀のために元に戻す作業を捉えつつ、ヤノーシュの死生観や家族観を冷徹な視点で浮かび上がらせる。頭の皮を剥いで脳を取り出し、はらわたをかき回すなど、スプラッター映画も顔負けのショッキングなシーンもあるが、肉体の死を生命の一部として受け止める製作者の視点には注目すべきものがある。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    「死」を語られて、「生」を考える
    立派な職業だ。うん。
    パンドラの箱でした
    日常なんですね
    製作年:1995
    製作国:ドイツ
    監督:ロバート・エイドリアン・ペヨ
    主演:ケシェリュー・ヤーノシュ
    48
  49. ブラック・セプテンバー/五輪テロの真実

    ブラック・セプテンバー/五輪テロの真実
    評価:E0.00
    アカデミー賞(2000年)1972年ミュンヘンオリンピックで起こった、パレスチナのテロ集団「ブラック・セプテンバー」によるイスラエル選手団襲撃事件の詳細を追ったドキュメンタリー。第72回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞を受賞した。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    このドキュメンタリーが世に出た奇跡に驚愕
    犯人の言葉に何も言えなくなりました。。
    思惑によって
    真実の重み
    製作年:1999
    製作国:スイス/ドイツ/イギリス
    監督:ケヴィン・マクドナルド
    49
  50. エロティカ

    エロティカ
    評価:E0.00


    ドキュメンタリー
    製作年:1997
    製作国:カナダ
    監督:マヤ・ガルス
    主演:ポーリーヌ・レアージュ
    50

スポンサードリンク