スポンサーリンクあり

全27作品。サスペンス系のドキュメンタリー映画ランキング

  1. ヴィヴィアン・マイヤーを探して
    • B
    • 3.96
    シカゴのオークションで偶然発見された謎の天才女性写真家ビビアン・マイヤーに迫り、第87回アカデミー賞の長編ドキュメンタリー賞にノミネートされたアートドキュメンタリー。2007年、シカゴで暮らす青年ジョン・マルーフが、オークションで大量の古い写真のネガを380ドルで落札した。マルーフがその一部をブログで紹介すると世界中から賞賛の声が寄せられ、写真集の売り上げは全米1位を記録。欧米各地で開かれた展覧会も好評を呼んだ。写真を撮影したのは、かつてニューヨークでナニー(乳母)として働いていた女性ビビアン・マイヤー。すでに他界しており、15万点以上もの作品を残しながらも、1枚も公表することなくこの世を去っていた。ナニーである彼女がなぜこれほどまでに素晴らしい写真を撮影できたのか、そしてなぜ作品を誰にも見せなかったのか、彼女の作品の発見者であるマルーフ本人が監督を務め、関係者へのインタビューなどを通してその人物像を明らかにしていく。

    ネット上の声

    • アマチュア写真家ヴィヴィアンは作品を公開されることは拒まなかったとは思うが、自分
    • ダークサイドも写す孤高の作家そして作品
    • 奇人・変人にあらず、普通のおばさん。
    • 素晴らしい街角写真を撮った独りの女性
    ドキュメンタリー
    • 製作年2013年
    • 製作国アメリカ
    • 時間83分
    • 監督ジョン・マルーフ
    • 主演---
  2. シチズンフォー スノーデンの暴露
    • B
    • 3.67
    アメリカ政府のスパイ行為を告発したエドワード・スノーデンによる一連の事件のはじまりと真相に迫ったドキュメンタリー。第87回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞を受賞した。2013年、ドキュメンタリー映画作家であるローラ・ポイトラスに接触をしてきた者がいた。重大な機密情報を持っていると、香港でのインタビューの現場に現れたのが、元CIA職員のエドワード・スノーデンだった。スノーデンの口から語られたのはアメリカ政府によるスパイ行為の数々。世界各国の要人、さらに一般国民の電話やインターネット等をも傍受しているという驚くべき真実だった。

    ネット上の声

    • 市民4の計画と、ディープ・スロートの気配
    • これも情報操作だったら?と深読みしちゃう
    • 私は自由だ、とは何を根拠にそう思うか?
    • 共謀罪法の目指すところが良く解った!
    ドキュメンタリー
    • 製作年2014年
    • 製作国アメリカ,ドイツ
    • 時間114分
    • 監督ローラ・ポイトラス
    • 主演エドワード・スノーデン
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  3. 全身小説家
    • C
    • 3.60
    作家・井上光晴の〈虚構と現実〉を、彼が癌により死に至るまでの5年間を追い描いたドキュメンタリー。「ゆきゆきて、神軍」(87)の原一男監督作品。「地の群れ」「虚構のクレーン」などで知られる戦後派の作家・井上光晴は、昭和52年に佐世保で文学伝習所を開いた。以後全国13ケ所に広がったその伝習所を中心に、彼は各地方で体当たりの文学活動を実践してきた。映画はその伝習所に集った生徒たちとの交流や、そして特に伝習所の女性たちが語るエピソード、文壇で数少ない交友を持った埴谷雄高、瀬戸内寂聴らの証言を通して、井上光晴の文学活動、〈生〉そのものを捉えていく。撮影準備直後、井上にS字結腸癌が発生し、いったん手術は成功するもののやがて肝臓へ転移していく。カメラは彼がその癌と戦う姿も生々しく撮り続けるが、平成4年5月、遂に井上光晴は死を迎える。映画はさらにその井上自身の発言や作品を通して語られた彼の履歴や原体験が詐称されていたということ、つまり、文学的な虚構であったという事実を、親族や関係者への取材を通してスリリングに明らかにしていく。そしてその虚構の風景を、映画はモノクロームのイメージシーンによって再現する。フィクションの映像をドキュメンタリーの中に取り入れることによって、まさに〈虚構と現実〉を生きた文学者の全体像に迫ろうとした、渾身の作品となった。94年度キネマ旬報日本映画ベストテン第1位、同読者選出日本映画ベストテン第4位。

    ネット上の声

    • 小説家、井上光晴の晩年を追ったドキュメンタリー
    • シネマテークの最終日は意図的に行きませんでした
    • ひとりの人間の人生をリアルに
    • 井上光晴という小説家
    ドキュメンタリー
    • 製作年1994年
    • 製作国日本
    • 時間137分
    • 監督原一男
    • 主演井上光晴[作家]
    • レンタル
  4. 人間蒸発
    • C
    • 3.39
    「“エロ事師たち”より 人類学入門」の今村昌平監督が、現実に失踪した人間の行方をその婚約者と共に追う、という設定のもとに日本全国を歩き、その取材過程を映画に仕上げた。撮影は石黒健治で16ミリのカメラを使っている。

    ネット上の声

    • 真実とは? 既成枠を超えた実験的作品
    • ひとつのルーツではあるけれど
    • フィクションではない
    • フィクションではない
    ドキュメンタリー
    • 製作年1967年
    • 製作国日本
    • 時間130分
    • 監督今村昌平
    • 主演露口茂
  5. みなまた日記 甦える魂を訪ねて
    • C
    • 3.37

    ネット上の声

    • 2013年に、天皇・皇后両陛下が初めて熊本県水俣市を訪れ、重い水俣病患者と懇談し
    • 土本の声が決して“ナレーション”になっていない
    • No.3365
    ドキュメンタリー
    • 製作年2004年
    • 製作国日本
    • 時間98分
    • 監督土本典昭
    • 主演喜納昌吉
  6. 心霊vs人間
    • C
    • 3.28
    ドキュメンタリー
    • 製作年2018年
    • 製作国韓国
    • 時間---分
    • 監督---
    • 主演イ・ユリ
  7. 回想 川本輝夫 ミナマタ 井戸を掘ったひと
    • C
    • 3.28

    ネット上の声

    • その半生が闘いそのものになってしまった事をご自身ではどう思っていたのだろうか
    • 変わらず編集はうまいがこれはこれまでの映像を繋いでいるのでそこまでの感動がなかっ
    • かつて未認定患者であり同じような人々に申請を勧め、チッソとの直接交渉の先頭に立っ
    • 埋もれた水俣患者を訪ね歩き、申請を勧め、またチッソと直接交渉の末、年金・医療費を
    ドキュメンタリー
    • 製作年1999年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督土本典昭
    • 主演川本輝夫
  8. 失われた週末
    • D
    • 3.09
    アカデミー賞4部門、カンヌ映画祭グランプリ受賞など各国で賞賛を集めたシリアスドラマ。ニューヨークに住む売れない作家のドンは、アルコールに溺れる日々を過ごしていた。酒代に困っては兄の金に手をつけ、果ては商売道具のタイプライターまで売ろうとする。絶望の淵をさまようドンをレイ・ミランドが好演し、オスカー男優の仲間入りを果たす。監督のワイルダーは、この作品で2番目の妻となるオードリー・ヤングと知り合った。

    ネット上の声

    • 時間軸が過去、大過去、現在という流れになっていて、この構成がうまい
    • ビリー・ワイルダ―監督(脚本も)ということで
    • たまたま死ななかっただけ(映画だから)
    • 心地よく酔える芳醇なお酒のような映画
    依存症、 ドキュメンタリー
    • 製作年1945年
    • 製作国アメリカ
    • 時間101分
    • 監督ビリー・ワイルダー
    • 主演レイ・ミランド
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  9. ありふれた事件
    • D
    • 2.90
    ベルギーのレミー・ベルボー、アンドレ・ボンゼル、ブノワ・ポールブールドの3人が共同で監督・製作・脚本・撮影などを務め、1992年に発表した異色の犯罪映画。殺人鬼の姿をドキュメンタリー映画の撮影スタッフが追うというモキュメンタリー形式で描かれ、殺人鬼が放つ生々しい現実感をモノクロの映像で描き出した。殺人鬼ベンのドキュメンタリー映画を製作するため、監督のレミー、カメラマンのアンドレ、録音技師のパトリックの3人は、ベンが人を殺していく日常に寄り添う。ベンはどのような人間を殺せば効率が良いかをカメラに向かって説明しながら、淡々と殺人を重ねていく。やがてその狂気に影響された撮影スタッフの3人も、ベンの犯罪に加担するようになが、モラルを失った彼らに思わぬ事態が訪れ……。94年に日本劇場公開。2014年、初公開から20周年を記念してHDリマスター版でリバイバル。

    ネット上の声

    • シリアル•キラーに密着するというフェイクドキュメンタリー
    • 命題を暴力的に投げつけ軽やかに去っていく
    • 生々しいんだけど、笑っちゃうみたいな・・
    • 技のバリエーションが豊富だなあ~
    ドキュメンタリー
    • 製作年1992年
    • 製作国ベルギー
    • 時間96分
    • 監督レミー・ベルヴォー
    • 主演ブノワ・ポールヴールド
  10. インランド・エンパイア
    • D
    • 2.75
    鬼才デビッド・リンチが「マルホランド・ドライブ」以来5年ぶりに放つ長編映画。ポーランド映画「47」のリメイク「暗い明日の空の上で」に出演することになった女優のニッキー。相手役の男優と私生活でも関係を持つようになった彼女は、次第に現実と映画の区別がつかなくなり……。ニッキーの私生活と劇中映画、ロスト・ガールや謎のウサギ人間など、いくつもの世界が複雑に絡み合い、前作にもまして不条理なリンチ・ワールドが展開していく。

    ネット上の声

    • お帰りなさいデヴィット・リンチ・ワールド
    • デヴィッド・リンチよ、完全な失敗だよね!
    • デヴィッド・リンチの不可思議な世界を堪能
    • インランド・エンパイアっていう夢をみた
    どんでん返し、 ドキュメンタリー
    • 製作年2006年
    • 製作国アメリカ,ポーランド,フランス
    • 時間180分
    • 監督デヴィッド・リンチ
    • 主演ローラ・ダーン
    • 定額
  11. 告発の行方
    • E
    • 2.64
    1人の女性のレイプをきっかけに、真実の愛、現代の友情、勇気をもって生きる姿を描いてゆく。製作はスタンリー・R・ジャッフェとシェリー・ランシング、監督は「レベルポイント」のジョナサン・キャプラン、脚本は「ナッツ」のトム・トーパー、撮影はラルフ・ボード、音楽はブラッド・フィーデルが担当。出演は「トップガン」のケリー・マクギリス、「シエスタ」のジョディ・フォスターほか。

    ネット上の声

    • 【レイプシーン演じたら「体当たりの演技」って言うの、もうやめません?】
    • この映画は男女の違いで捉え方が変わる気がする
    • 1980年代初頭のレイプ事件を下敷きにした映画
    • 毎度のことながら考えさせられる・・・
    裁判・法廷、 サスペンス、 ドキュメンタリー
    • 製作年1988年
    • 製作国アメリカ
    • 時間110分
    • 監督ジョナサン・カプラン
    • 主演ジョディ・フォスター
    • レンタル
    • 定額
  12. メイキング・オブ・ドッグヴィル 〜告白〜
    • E
    • 2.60
    デンマークの鬼才ラース・フォン・トリアー監督作「ドッグヴィル」の舞台裏を追ったドキュメンタリー。主演のニコール・キッドマンはじめ出演者全員が撮影方法に戸惑い、混乱し、精神的に追い詰められていくさまが、生々しく映し出されていく。

    ネット上の声

    • 陰惨、残酷な作品の舞台裏~メイキング~。
    • 《ラース・フォン・トリアー監督》
    • 本編を観たら・・次はメイキング。
    • 支配と服従
    ドキュメンタリー
    • 製作年2003年
    • 製作国デンマーク
    • 時間52分
    • 監督サミ・マーティン・サイフ
    • 主演ラース・フォン・トリアー
  13. 蜃気楼
    • E
    • 2.55
    ドキュメンタリー
    • 製作年1968年
    • 製作国ドイツ
    • 時間79分
    • 監督ヴェルナー・ヘルツォーク
    • 主演ヴォルフガング・フォン・ウンゲルン=シュテルンベルク
  14. 大統領暗殺
    • E
    • 2.35
    現職の合衆国大統領が暗殺されたら、という仮定に基づくフィクション。07年10月19日、アメリカ合衆国第43代大統領ジョージ・W・ブッシュが何者かの凶弾に倒れる。狙撃の瞬間はメディアを通して瞬く間に世界に広がり、衝撃を与える……。既存のニュース映像などをたくみに使用し、フィクションでありながらも、大統領暗殺の瞬間をリアリティ溢れる映像で表現。全米では公開規模を縮小されるなど、議論を呼んだ一作。

    ネット上の声

    • フェイクであるが故に悪趣味感しか残らない
    • フェイクである現実への気づきのための映画
    • 実はアメリカ映画じゃない。
    • 日本人こそ見るべき映画。
    ドキュメンタリー
    • 製作年2006年
    • 製作国イギリス
    • 時間93分
    • 監督ガブリエル・レンジ
    • 主演ヘンド・アヨウブ
  15. リメンバランス/記憶の高速スキャン
    • E
    • 2.32
    25 000ポンドという低予算の助成金を受けて完成させたバーチャル・リアリティ時代の新感覚ドキュメンタリー。94年のベルリン映画祭最優秀テディ・ベア賞、L.A.批評家賞などを受賞した。製作はチアラ・メネージュ。監督のジョン・メイバリーはこれまでにも『Man To Man』(日本未公開)などのヴィデオ作品を手掛けている。撮影はジョン・マシーソン、音楽はマーヴィン・ブラック、出演は「フォー・ウェディング」のルパート・エヴェレット、「ヴィトゲンシュタイン」のティルダ・スウィントン、アイデン・ブレディ、マーク・ローレンス、シャイリーン、ローラなど。(ビデオ作品)

    ネット上の声

    • 90年代サイバーカルチャー再検証など行いたい向きには良いかもですが、2020年に
    • 「愚かな男たちのカルチャー・インポ
    ドキュメンタリー
    • 製作年1993年
    • 製作国イギリス
    • 時間60分
    • 監督ジョン・メイバリー
    • 主演ルパート・エヴェレット
  16. サークル
    • E
    • 2.31
    ある女性が女の赤ちゃんを産んだ。だが、周りの人々は彼女の出産を歓迎してはいなかった。一方、ある刑務所では3人の女性が仮釈放された。彼女たちは、逃避行のためなら何でもする覚悟だった。また、あるバス乗り場では、身分証明書もなくたった1人で長距離バスに乗ろうとする女性がいた。彼女は、窓口で懇願し、嘘をつかなくては乗車券も買えない状況にいた……。

    ネット上の声

    • ネトフリの説明に拷問部屋…とあったのでグロテスクな方法で殺されるのかな、と思って
    • つまんないなぁと思いながら見てたけど、最後どうなるか気になってずっと見続けた
    • 気が付いたらみんなそれぞれ小さな赤い輪の中に立たされてて、円から出たら死ぬ
    • 邦画のビンゴみたいなやつ(ビンゴは2012でこっちが2015)SFだったかあ
    ドキュメンタリー
    • 製作年2002年
    • 製作国アメリカ
    • 時間115分
    • 監督ウィリアム・ガゼッキ
    • 主演---
  17. 消えたフェルメールを探して 絵画探偵ハロルド・スミス
    • E
    • 2.26
    1990年、ボストンのイザベラ・スチュワート・ガードナー美術館から盗まれたフェルメールの絵画「合奏」は、未だに発見されていない。この事件解決に、絵画探偵のハロルド・スミスなる人物が挑むドキュメンタリー。08年8月から東京美術館で開催された「フェルメール展 光の天才画家とデルフトの巨匠たち」にタイミングを合わせて公開。

    ネット上の声

    • ドキュメンタリー映画。ハラハラはなしです
    • 米国美術品盗難史上最高額と云われる顛末
    • 浮遊するイザベラの遺志
    • 戻ってきて欲しい。
    ドキュメンタリー
    • 製作年2005年
    • 製作国アメリカ
    • 時間83分
    • 監督レベッカ・ドレイファス
    • 主演ハロルド・スミス
  18. ライジング・サン
    • E
    • 2.22
    旭日昇天の旗の下、大東亜共栄の名のもとに日本軍が大陸侵略に足をふみ入れてから、第2次大戦、広島への原爆投下による大戦終結するまでの十数年の戦いを描くドキュメンタリー。製作・監督はエド・コン。編集はロバート・エンデルソンが各々担当。日本語版監修は小笠原基生。ナレーターは金内吉男。米国防総省、スミソニアン軍事間題研究所、ロンドン国立軍事博物館、米国立記録保存所などのフィルムを使用。

    ネット上の声

    • サスペンス映画としては物足りな過ぎる
    ドキュメンタリー
    • 製作年1980年
    • 製作国香港
    • 時間101分
    • 監督エド・コン
    • 主演---
  19. セプテンバー・テープ
    • E
    • 2.15
    9.11テロの1年後に紛争真っ只中のアフガニスタンで撮影を行なったドキュメンタリー風ドラマ。アフガニスタンの国境近くで発見された8本のビデオテープ。それは、オサマ・ビンラディンの行方を追う途中で消息を絶ったアメリカ人監督、ドン・ラーソンのものだった……。本物の報奨金ハンターや武器ディーラーとの緊張感溢れるやり取りや実際の銃撃戦など、情勢の不安定なアフガニスタンの現状をリアリティたっぷりに映し出す。

    ネット上の声

    • 「米国にも問題がある」という視点を挿入
    • ワリさんは実際生きてます。
    • 銃撃シーンの緊張感は凄い
    • セプテンバーテープ
    ドキュメンタリー
    • 製作年2004年
    • 製作国アメリカ
    • 時間94分
    • 監督クリスチャン・ジョンストン
    • 主演ジョージ・カリル
  20. 緊急事態宣言
    • E
    • 2.06
    2020年に新型コロナウイルス感染症のパンデミックによって日本でも緊急事態宣言が発出されたことを受け、5組の映画監督が、コロナ禍によってもたらされた社会の変化や意味、緊急事態の記憶を、それぞれ映画というかたちに刻んだオムニバス作品。「湯を沸かすほどの熱い愛」の中野量太監督による「デリバリー2020」、「新宿スワン」「ヒミズ」の園子温監督による「孤独な19時」、ムロツヨシ、真鍋大度、上田誠による映像制作ユニット「非同期テック部」が手がけた「DEEPMURO」、「時効警察」の三木聡監督による「ボトルメール」、「宮本から君へ」「ディストラクション・ベイビーズ」の真利子哲也監督による「MAYDAY」の5編で構成。各作品には、渡辺真起子、岸井ゆきの、斎藤工、ムロツヨシ、柴咲コウ、夏帆、ふせえり、麻生久美子、岩瀬亮、内田慈など豪華キャストが出演。2020年8月28日からAmazon Prime Videoで配信。

    ネット上の声

    • 極度に制限された状況下だからこそ、作家性や持ち味がより際立って伝わる
    • 1. これが一番”コロナ禍”のあの頃をリアルに思い出すような作品だった、
    • 取り敢えず何とか作った感が否めなくて、刺さらなかったな、、、
    • アマプラ独占配信の、またしてもコロナ物のオムニバス
    ドキュメンタリー
    • 製作年2020年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督中野量太
    • 主演渡辺真起子
  21. グッバイ・クルエル・ワールド
    • E
    • 1.98
    「ドライブ・マイ・カー」の西島秀俊を主演に、豪華キャスト共演で描くクライムエンタテインメント。「さよなら渓谷」「そこのみにて光輝く」などで知られる脚本家・高田亮によるオリジナル脚本作品で、「そよなら渓谷」「MOTHER マザー」の大森立嗣監督がメガホンをとった。 年齢もファッションもバラバラ、互いに素性も知らない5人組の強盗組織が、ラブホテルで秘密裏に行われていたヤクザの資金洗浄現場を襲い、1億円近い大金の強奪に成功する。強盗たちは金を山分けし、何食わぬ顔でそれぞれの日常に戻っていった。しかし、金を奪われたヤクザが裏金で現役の刑事を雇い、強盗組織を本気で追い始めた。騙されて分け前をもらえなかった強盗組織のひとりも、ラブホテルの従業員を巻き込んで立ち上がり、金に群がるクセ者たちの大波乱の物語が始まる。 主演の西島のほか、斎藤工、玉城ティナ、宮川大輔、三浦友和が強盗組織のメンバーを演じ、彼らを追い詰める刑事を大森南朋、ラブホテルの従業員を宮沢氷魚が演じる。

    ネット上の声

    • 期待して見るのか、平常心で見るのか、目線の位置で感想が大きく分かれそうな作品。期待し過ぎずに見るのがポイントか。
    • ヤクザから大金を強奪したところまではおもしろかったが、その後は無意...
    • ラブホでマネロンやっとるヤクザの金奪うクズ達
    • 「何にも思い通りにならねえな」
    ドキュメンタリー
    • 製作年2022年
    • 製作国日本
    • 時間127分
    • 監督大森立嗣
    • 主演西島秀俊
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
    • 定額
    • 定額
  22. 処刑教室
    • E
    • 1.98
    高校2年生で新聞部のファンクは、学校の腐敗をかぎとり独自に調査を開始。学校一のアイドル、フランチェスカの全国共通テストの答案が盗まれた事件を解決し、たちまち校内の人気者になる。元軍人の校長にも一目置かれるようになったファンクだったが、調査を進めるうちに次々と校内の複雑な実態が明らかになっていく……。CM界出身のブレット・サイモン監督がメガホンをとった学園コメディ。ブルース・ウィリスが軍人あがりの校長に扮する。

    ネット上の声

    • ちょっと殺り足りなかったかなぁ。塩飴くらいには甘いかなぁ。
    • ■なんか思ったのとあまりに違う内容に唖然
    • 邦題のせいで評価が低くなってるのが残念
    • 配給会社の悪意を感じる学園探偵映画。
    ドキュメンタリー
    • 製作年2008年
    • 製作国アメリカ
    • 時間93分
    • 監督ブレット・サイモン
    • 主演リース・ダニエル・トンプソン
  23. 未解決事件/file.01 グリコ・森永事件
    • E
    ドキュメンタリー
    • 製作年2011年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督---
    • 主演上川隆也
  24. 未解決事件/file.05 ロッキード事件
    • E
    ドキュメンタリー、 ロッキー
    • 製作年2016年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督---
    • 主演松重豊
  25. 本当の犯罪現場を撮ってしまった
    • E
    ドキュメンタリー
    • 製作年2012年
    • 製作国日本
    • 時間60分
    • 監督---
    • 主演---
  26. ZONE 吸血獣人チュパゲラ and 食人女トモエ
    • E

    ネット上の声

    • 俺も喰ってくれ・・・・
    ドキュメンタリー
    • 製作年2007年
    • 製作国日本
    • 時間64分
    • 監督---
    • 主演金倉浩裕
  27. 27

    FLY

    FLY
    • E
    ドキュメンタリー
    • 製作年2023年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督奈之未夜
    • 主演亜連

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。