全20作品。依存症がテーマの映画ランキング

  1. まっ白の闇

    まっ白の闇
    評価:A4.03
    俳優の内谷正文が監督・原作・脚本を務め、自身の体験を基にした劇「ADDICTION~今日一日を生きる君~」を映画化したドラマ。薬物中毒に陥った青年の姿を描く。

    ヒューマンドラマ、実話、依存症

    ネット上の声

    10代にも観て欲しい作品
    現代日本のリアルな現実
    人は誰でも堕ちる世界
    アメンボ
    製作年:2017
    製作国:日本
    監督:内谷正文
    主演:百瀬朔
    1
  2. カノン

    カノン
    評価:A3.98
    東京と石川県・富山県など北陸を舞台にしたヒューマンドラマ。祖母の葬式で集まった、東京、金沢、富山それぞれに暮らしていた3姉妹が、死んだと聞かされていた母親の存在を知ることで自身を見つめ直していく姿を追い掛ける。

    ヒューマンドラマ、依存症

    ネット上の声

    アルコール怖い。でも母は偉大。
    『女優』という職業への敬意
    佐々木希はこれでよい。
    ミムラの演技が見事
    製作年:2016
    製作国:日本
    監督:雑賀俊郎
    主演:比嘉愛未
    2
  3. レクイエム・フォー・ドリーム

    レクイエム・フォー・ドリーム
    評価:A3.81
    テレビを見るのが何より楽しみな中年未亡人サラは、ある日テレビ番組への出演依頼の電話を受け、お気に入りの赤いドレスでテレビへ出るためダイエットを始める。一方、息子のハリーは恋人マリオンとのささやかな夢を叶えたいと麻薬売買に手を染める。季節が変わり、赤いドレスが着られるようになったサラはダイエット薬の中毒に、麻薬の商売がうまくいかなくなったハリーとマリオンは自らがドラッグの常用者となっていた……。

    ヒューマンドラマ、依存症

    ネット上の声

    覚醒剤やめますかそれとも人間やめますか
    これは・・・ある意味凄いですね・・・
    心の渇きの先にある本当の怖さ
    血管のざわめきが止まらない
    製作年:2000
    製作国:アメリカ
    監督:ダーレン・アロノフスキー
    主演:エレン・バースティン
    3
  4. 酒とバラの日々

    酒とバラの日々
    評価:B3.76
    アカデミー賞(1963年)アメリカのTV作家J・P・ミラーの脚本を「追跡(1962)」のブレイク・エドワーズが監督した社会ドラマ。撮影はフィリップ・ラスロップ、音楽は「ハタリ!」のヘンリー・マンシーニでアカデミー主題歌賞を受賞した。出演者は「悪名高き女」のジャック・レモン、「追跡(1962)」のリー・レミック、「白昼の決闘」のチャールズ・ビックフォードなど。TVプロデューサー、マーティン・マヌリスの映画製作第1回作品である。

    ヒューマンドラマ、依存症

    ネット上の声

    「失われた週末」と共にアル中患者を描いた名作!
    ?天国でも一緒にいたい?あなたと。
    笑いながら去ってゆく
    イライラした・・・
    製作年:1962
    製作国:アメリカ
    監督:ブレイク・エドワーズ
    主演:ジャック・レモン
    4
  5. バーフライ

    バーフライ
    評価:B3.68
     LAのダウンタウンを舞台に、世を捨てた男女の恋愛を描いたラブ・ストーリー。下町の酒場で酒をあおってはバーテンダーと喧嘩ばかりしている売れない作家のヘンリー。

    ヒューマンドラマ、依存症

    ネット上の声

    観終わった後酒が欲しくなるのは俺だけか
    コメディ映画の佳作
    良くも悪くもミッキー・ローク。
    ブコフスキー作品の最高峰
    製作年:1987
    製作国:アメリカ
    監督:バーベット・シュローダー
    主演:ミッキー・ローク
    5
  6. トレインスポッティング

    トレインスポッティング
    評価:B3.63
    『スラムドッグ$ミリオネア』などのダニー・ボイルが、アーヴィン・ウェルシュの小説を映画化した異色青春ドラマ。ドラッグ中毒の主人公と仲間たちのハチャメチャな日々を、スタイリッシュな映像で活写する。

    ヒューマンドラマ、依存症

    ネット上の声

    走れ!その列車を追い越すその青春の力で!
    貧困とヘロインとイギー・ポップ
    ヤク中ってこんな感じなのかな?
    ユアン・マクレガー出世作
    製作年:1996
    製作国:イギリス
    監督:ダニー・ボイル
    主演:ユアン・マクレガー
    6
  7. 十代 恵子の場合

    十代 恵子の場合
    評価:B3.60
    大学入試を目前に控えた十七歳の女子高校生が、家庭内の不和、学校の成績至上主義からはみだし、転落していく姿を描く。脚本、監督は「地獄の天使 紅い爆音」の内藤誠、撮影は「蛇と女奴隷」の鈴木史郎がそれぞれ担当。

    社会の裏側、依存症

    ネット上の声

    十代 恵子の場合
    森下愛子、キュート!!
    製作年:1979
    製作国:日本
    監督:内藤誠
    主演:森下愛子
    7
  8. ばかもの

    ばかもの
    評価:C3.47
    絲山秋子の小説を『DEATH NOTE デスノート』シリーズなどのヒットメーカー、金子修介監督が映画化したラブストーリー。10年にわたる男女の恋愛を軸に、就職や結婚や家族の関係などをさまざまな視点から描く。

    ヒューマンドラマ、恋愛、依存症

    ネット上の声

    ばかもの!と怒られるうちが華でございます
    ばかものたちが辿り着くところとは・・・。
    「ノルウェイの森」の対極の秀作かな?
    大人が楽しめるラブストーリー
    製作年:2010
    製作国:日本
    監督:金子修介
    主演:成宮寛貴
    8
  9. リービング・ラスベガス

    リービング・ラスベガス
    評価:C3.43
    アカデミー賞(1996年・主演男優賞)大都会ラスベガスで出会ったアルコール依存性の男と娼婦の束の間の恋を描いた、異色のラブ・ストーリー。自らもアルコール依存症で、映画化決定後に自殺した作家ジョン・オブライエンの同名の自伝的小説(邦訳・角川文庫)を、「背徳の囁き」「心のままに」のマイク・フィッギスの監督・脚本・音楽(演奏も)で映画化。製作は「ロスト・チルドレン」「シクロ」などを放ったフランスの映画製作会社リュミエールの代表の一人、リラ・カゼスと「心のままに」のアニー・スチュアート。エグゼクティヴ・プロデューサーは、ペイジ・シンプソンとスチュアート・リージェン、撮影は「エルム街の悪夢 ザ・ファイナルナイトメア」のデクラン・クイン、美…

    恋愛、依存症、孤独

    ネット上の声

    ☆N・ケイジがヤバい!本物のアル中か!?
    君の事を想うとハートが自然に歌いだす♪
    アル中男と娼婦が辿り着いた愛の形は…
    朽ちゆく幸福な男の物語
    製作年:1995
    製作国:アメリカ
    監督:マイク・フィギス
    主演:ニコラス・ケイジ
    9
  10. 酔いがさめたら、うちに帰ろう。

    酔いがさめたら、うちに帰ろう。
    評価:C3.42
    出演:浅野忠信、永作博美 他。 人気漫画家・西原理恵子の元夫で戦場カメラマンの鴨志田穣が、自身のアルコール依存症の経験をつづった自伝的小説を映画化した人間ドラマ。重度のアルコール依存症になった男と、彼を支え続けた家族たちの日々を、『わたしのグランパ』の東陽一監督が丁寧に描き出す。

    ヒューマンドラマ、実話、依存症

    ネット上の声

    みっともなくても生きてればいいことがある
    軽やかに でも確実に それは迫ってくる
    あなたを見守る皆が苦しいんだよ
    アル中をなめたらいかんぜよ!
    製作年:2010
    製作国:日本
    監督:東陽一
    主演:浅野忠信
    10
  11. クリスチーネ・F

    クリスチーネ・F
    評価:C3.41


    ヒューマンドラマ、実話、依存症
    製作年:1981
    製作国:西ドイツ
    監督:ウーリー・エデル
    主演:ナーチャ・ブルンクホルスト
    11
  12. 男が女を愛する時

    男が女を愛する時
    評価:C3.40
    全米で深刻な社会問題となっているアルコール中毒の増加を背景に、妻のアルコール中毒という障害を乗り越えて、本物の愛を勝ち取ろうとする夫婦の姿を描いたラブ・ストーリー。監督は「僕の美しい人だから」のルイス・マンドーキ。脚本は「レインマン」のロナルド・バスとアル・フランケンの共同。製作は「フライド・グリーン・トマト」のジョン・アヴェントと、彼とコンビのジョーダン・カーナー。エグゼクティヴ・プロデューサーは、バス・フランケン、サイモン・マスロウ。撮影はラヨシュ・コルタイ、音楽は「ダメージ」のズビグニエフ・プレイスネルで、パーシー・スレッジの同名ヒット曲を主題歌に使用。主演は「愛と死の間で」のアンディ…

    恋愛、依存症

    ネット上の声

    映画自体は普通に見たら、★2.5くらいだけど、内容とか社会的な面か...
    ハッピーなラブコメだと思ってみるとガツンとパンチを食らいます。
    依存症の怖さを知っている人はどうぞ
    一番大事なものが 一番遠くに行くよ
    製作年:1994
    製作国:アメリカ
    監督:ルイス・マンドーキ
    主演:アンディ・ガルシア
    12
  13. 恋人はセックス依存症

    恋人はセックス依存症
    評価:C3.35
     グウィネス・パルトロー&とマーク・ラファロ主演、SEX依存症に悩む男が運命の女性をめぐって繰り広げるラブコメディ。「ガール・ネクスト・ドア」「キッズ・オールライト」の脚本家であるスチュアート・ブルムバーグによる初監督作品。

    コメディ、依存症

    ネット上の声

    なんだよこの邦題!いい映画じゃないか!
    「下品な映画」と早とちりしないでほしい
    とても心暖まる良作、邦題は最低
    真面目なヒューマンドラマだった
    製作年:2012
    製作国:アメリカ
    監督:スチュアート・ブルムバーグ
    主演:マーク・ラファロ
    13
  14. キャンディ

    キャンディ
    評価:C3.26
    強い愛で結ばれる詩人志望の青年ダン(ヒース・レジャー)と画家の卵キャンディ(アビー・コーニッシュ)。ダンはヘロインの常用者で、やがてキャンディも危険なドラッグの世界に足を踏み入れていく。2人はドラッグを手に入れるために身の回りのものを売りさばき、キャンディは街で体を売るようになるが……。

    恋愛、依存症

    ネット上の声

    ヒースまでも持って行ってしまったドラッグ
    最低なロクデナシだけど心底優しいダメな男
    痛々しいけど、美しい愛の物語。良かった!
    しょーもない奴等。けどその愛にsympathy
    製作年:2006
    製作国:オーストラリア
    監督:ニール・アームフィールド
    主演:ヒース・レジャー
    14
  15. ドラッグストア・カウボーイ

    ドラッグストア・カウボーイ
    評価:D3.19
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(1989年・脚本賞)ドラッグ欲しさに薬局荒らしを繰り返す若者たちの悲劇を、ガス・バン・サント監督がスタイリッシュな映像でクールに描いた青春映画。1970年代前半のオレゴン州。麻薬常用者のボブは、妻ダイアンや友人リック、そしてまだ10代の少女ナディーンらとともに、薬局を荒らしドラッグを奪うという行為を繰り返していた。ところが、ある日ナディーンが犯した小さなミスが引き金となって彼らの間に亀裂が入り、歯車が狂い始める……。

    ヒューマンドラマ、青春、依存症

    ネット上の声

    ガス・ヴァン・サント監督の手腕を堪能できる
    これもマットディロンでしょ!
    演出次第でもっと良くなるか
    本物には敵わないのよ…
    製作年:1989
    製作国:アメリカ
    監督:ガス・ヴァン・サント
    主演:マット・ディロン
    15
  16. 失われた週末

    失われた週末
    評価:D3.13
    アカデミー賞(1946年) ひとりのアル中の苦悩を真っ向から描き、アカデミー作品・脚本・主演男優賞に輝いた力作。売れない作家ドン・バーナムは重度のアルコール依存症。

    ドキュメンタリー、依存症

    ネット上の声

    たまたま死ななかっただけ(映画だから)
    アルコール依存症の恐怖が伝わる☆3つ
    失われた時間はきっと取り戻せるはず
    本当にアル中から抜け出せたのか?
    製作年:1945
    製作国:アメリカ
    監督:ビリー・ワイルダー
    主演:レイ・ミランド
    16
  17. SHAME -シェイム-

    SHAME -シェイム-
    評価:D3.12
    ロサンゼルス映画批評家協会賞(2011年)

    ヒューマンドラマ、依存症
    製作年:2011
    製作国:イギリス
    監督:スティーヴ・マックィーン
    主演:マイケル・ファスベンダー
    17
  18. 私は「うつ依存症」の女

    私は「うつ依存症」の女
    評価:D3.12
    音楽ライターとしてそのキャリアをスタートさせた作家エリザベス・ワーツェルのベストセラー自伝的小説に基づき、うつ病を持つ少女のスキャンダラスな生活を正面から描いた作品。主演は「アダムス・ファミリー」で存在感をアピールし、「バッファロー'66」、「耳に残るは君の歌声」などで大人の女優としてスクリーンに強い印象を残したクリスティーナ・リッチ。彼女は、共同制作者として脚本の書き直しや監督選出にも参加している。監督は、1997年「不眠症 オリジナル版-インソムニア-」で監督デビューを飾り、高い評価を得たエーリク・ショルビャルグ。

    ヒューマンドラマ、依存症、うつ病

    ネット上の声

    主演の女優さんがうつくしい
    タイトルから勝手に
    鬱病への理解
    泣ける
    製作年:2001
    製作国:アメリカ/ドイツ
    監督:エーリク・ショルビャルグ
    主演:クリスティナ・リッチ
    18
  19. きらきらひかる

    きらきらひかる
    評価:D3.08


    ヒューマンドラマ、同性愛、依存症、三角関係
    製作年:1992
    製作国:日本
    監督:松岡錠司
    主演:薬師丸ひろ子
    19
  20. もうひとつの人生

    もうひとつの人生
    評価:E0.00
    アルコール依存症に苦しむ人たちとその家族の姿をとらえ、家族の絆と愛情を浮き彫りにしたドキュメンタリー。大阪の、あるアルコール依存症者と家族による自助グループの会合を中心に、16歳の時から酒と離れられずにいた断酒歴2年の夫(43歳)とその妻、7年前に病院で知り合ってから互いに励まし合い続けている3人の仲間、夫や子供たちと離別してひとりで生きている断酒歴12年の女性(48歳)、断酒歴17年の夫(54歳)とその妻が心の支えとする主治医と、実際のアルコール依存症者と家族や周囲の人たち計4組のエピソードを紹介する。監督は「免田栄 獄中の生」の小池征人。95年度キネマ旬報文化映画ベストテン第6位。16ミリからのブローアップ。

    ドキュメンタリー、依存症
    製作年:1996
    製作国:日本
    監督:小池征人
    20

スポンサードリンク