全3作品。車イスの映画ランキング

  1. 最強のふたり

    最強のふたり
    評価:S4.21
    日本アカデミー賞(2013年・最優秀外国作品賞)不慮の事故で全身麻痺(まひ)になってしまった大富豪のフィリップ(フランソワ・クリュゼ)は、新しい介護者を探していた。スラム出身の黒人青年ドリス(オマール・シー)は生活保護の申請に必要な不採用通知を目当てに面接にきた不届き者だったが、フィリップは彼を採用することに。すべてが異なる二人はぶつかり合いながらも、次第に友情をはぐくんでいき……。

    ヒューマンドラマ、実話、元気が出る、車イス

    ネット上の声

    極上の感動傑作!四肢では感じ得ない人間愛
    クール&ザ・ギャングがショパンに出会う時
    下ネタに笑って絆にほっこり。今年最強!
    絶対に必見です。男の友情は素晴らしい!
    製作年:2011
    製作国:フランス
    監督:エリック・トレダノ
    主演:フランソワ・クリュゼ
    1
  2. サヨナラの代わりに

    サヨナラの代わりに
    評価:B3.70
    ALS(筋萎縮性側索硬化症)を発症し余命わずかとなった女性と、彼女に介護人として雇われた女子大生との交流を描く感動作。性格も境遇も全く違い、接点のない生活を送っていた二人の人生が交差し、深い絆で結ばれていくさまを、オスカー女優のヒラリー・スワンクと、『オペラ座の怪人』などのエミー・ロッサムが演じる。

    ヒューマンドラマ、難病、ALS(筋萎縮性側索硬化症)、車イス

    ネット上の声

    近頃の難病映画は生きている時のことを描く
    限りある命を全うする
    難病のお涙頂戴を覆すタフな成長物語
    人と接する上で大切なこと
    製作年:2014
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・C・ウルフ
    主演:ヒラリー・スワンク
    2
  3. 抱きしめたい ―真実の物語―

    抱きしめたい ―真実の物語―
    評価:C3.27
    交通事故で奇跡的に助かったものの、左半身と記憶能力に後遺症が残ったつかさ(北川景子)。そんな過酷な状況でも明るく前向きなつかさに、タクシードライバーの雅己(錦戸亮)は一生愛すると誓う。多くの障壁を乗り越えて結ばれ、小さな命を授かり、幸せの絶頂というそのとき。二人にとってつら過ぎる運命が待ち受けていた。

    恋愛、実話、車イス

    ネット上の声

    見るつもりはなかったけれど。。。。。
    感動、泣き、笑い、全てが中途半端
    現在から始まる構成に難ありだか
    泣かせようとしない演出に好感
    製作年:2013
    製作国:日本
    監督:塩田明彦
    主演:角替和枝
    3

スポンサードリンク