スポンサーリンクあり

全13作品。精神障害を扱った映画ランキング

  1. 人生、ここにあり!
    • A
    • 4.40
    法律により精神病院の撤廃が進められていた1980年代のイタリア・ミラノを舞台に、実話を映画化したコメディドラマ。革新的な考え方をもつネッロは労働組合から疎まれ、精神病院から追い出された元患者たちの協同組合に左遷される。精神病の知識などないネッロだったが、元患者たちとあらたな事業を立ち上げるために奮闘する。イタリア映画祭2009にて「やればできるさ」のタイトルで日本初上映。11年劇場公開。

    ネット上の声

    • あなたの悩み解消します!一気に忘れて、新しい自分になれるかも??
    • 稼いで食べて恋をする人生。
    • 生きる意味、働く意味
    • 素晴らしいの一言
    精神障害、 会社再建、 実話、 ヒューマンドラマ、 コメディ
    • 製作年2008年
    • 製作国イタリア
    • 時間111分
    • 監督ジュリオ・マンフレドニア
    • 主演クラウディオ・ビシオ
  2. カッコーの巣の上で
    • A
    • 4.38
    刑務所の強制労働から逃れるため精神異常を装い、精神病院に入ったマクマーフィは、絶対的な管理体制をしくラチェット婦長のやり方に反発を覚える。マクマーフィは、管理されることに慣れ、無気力になっていた入院患者たちに生きる希望と活力を与えようとするが……。人間の尊厳と社会の不条理を描いたヒューマンドラマの名作。アカデミー賞では作品賞、主演男優賞(ジャック・ニコルソン)、助演女優賞(ルイーズ・フレッチャー)ほか主要5部門を受賞した。

    ネット上の声

    • いきなり損失することの切なすぎる空白感。
    • 映画レビューの素晴らしさを痛感する作品
    • 「カッコー」って身近な存在だったりする
    • 痛快なドタバタコメディーかと思いきや
    精神障害、 病院(医療モノ)、 吃音者が登場する、 実話
    • 製作年1975年
    • 製作国アメリカ
    • 時間133分
    • 監督ミロス・フォアマン
    • 主演ジャック・ニコルソン
  3. シャッター アイランド
    • A
    • 4.14
    「ミスティック・リバー」のデニス・ルヘイン原作の同名小説をマーティン・スコセッシ監督&レオナルド・ディカプリオ主演で映画化。1954年、失踪した女性患者の謎を探るためにボストン沖の孤島に建つ犯罪者用精神病院を訪れた米連邦保安官テディ・ダニエルズ(ディカプリオ)に次々と不可解な出来事が起こる。脚色は「アレキサンダー」「ナイト・ウォッチ/NOCHINOI DOZOR」のレータ・カログリディス。

    ネット上の声

    • 巨匠! なぜユーモアを忘れてしまったの?
    • 「謎」よりも「人間の狂気」に驚愕あれ!
    • 誰の心にも存在する閉ざされた島の物語
    • 人の心も、逃れられない孤島なのかと
    精神障害、 刑務所、 トラウマになる、 どんでん返し、 サスペンス
    • 製作年2009年
    • 製作国アメリカ
    • 時間138分
    • 監督マーティン・スコセッシ
    • 主演レオナルド・ディカプリオ
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  4. マシニスト
    • B
    • 3.96
    1年間不眠状態にある機械工の男が巻き込まれていく不可解な事件を描いたスリラー。監督は「セッション9」のブラッド・アンダーソン。脚本は「テキサス・チェーンソー」のスコット・コーサー。撮影は「10億分の1の男」のシャヴィ・ヒメネス。音楽は「サロメ」のロケ・バニョス。美術は『スカートの奥で』(V)のアラン・ベイネ。編集は『ヴィンセント・ギャロ/ストランデッド』(V)のルイス・デ・ラ・マドリード。出演は「サラマンダー」のクリスチャン・ベイル、「イン・ザ・カット」のジェニファー・ジェイソン・リー、「ぼくは怖くない」のアイタナ・サンチェス=ギヨン、「クライム・アンド・パニッシュメント」のマイケル・アイアンサイド、「カレンダー・ガールズ」のジョン・シャリアンほか。2004年ニューシャテル国際ファンタスティック映画祭最優秀作品賞主要2部門受賞。

    ネット上の声

    • 1年間不眠状態にある機械工の男が巻き込まれていく不可解な事件を描いた話
    • 不眠症はホンマにしんどいねんって!
    • 精神医学に興味のある人、必見!
    • 簡単には理解しがたい物語展開
    精神障害、 孤独、 サスペンス
    • 製作年2004年
    • 製作国スペイン,アメリカ
    • 時間102分
    • 監督ブラッド・アンダーソン
    • 主演クリスチャン・ベイル
    • レンタル
    • 定額
  5. バーディ
    • B
    • 3.80
    ウィリアム・ワートンの小説を元に、戦争で心に傷を負った青年とその親友との交流を描いた、名匠アラン・パーカー監督による傑作ヒューマン・ドラマ。ベトナム戦争から負傷して帰還したアルは、戦争のショックで精神病院に入院中の親友バーディに会いに行く。完全に心を閉ざしてしまったバーディは、病室にうずくまり、ただひたすら鳥になることを夢見ていた。アルは何とかバーディを立ち直らせようと、必死に語りかけるが……。

    ネット上の声

    • ベトナム戦争後にPTSDを患う2人の若者を描いた作品
    • 【若き日のニコケイを堪能する✨】
    • ここまで出来る友情って凄い!
    • 濃い空気の中を飛んでいるよう
    精神障害、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1984年
    • 製作国アメリカ
    • 時間120分
    • 監督アラン・パーカー
    • 主演マシュー・モディーン
    • レンタル
    • 定額
  6. 6

    反撥

    反撥
    • B
    • 3.67
    ジェラール・ブラッシュの協力を得て「水の中のナイフ」のロマン・ポランスキーがシナリオを執筆、自ら監督した心理ドラマ。撮影は「博士の異常な愛情」のギルバート・テイラー、音楽はチコ・ハミルトンが担当した。出演は、「シェルブールの雨傘」のカトリーヌ・ドヌーヴ、「女ともだち(1956)」のイヴォンヌ・フルノー、他にイアン・ヘンドリー、ジョン・フレーザー、バトリック・ワイマークほか。

    ネット上の声

    • ポランスキーがイギリスで撮った長編第二作は、前作でわずかに感じられたヒッチコック
    • スタイリッシュ・ホラーの傑作
    • 今の視点でもおしゃれに見えるカットや演出が豊富で前衛的な、男性からの性的眼差しを
    • 色目使う男たちも気持ち悪いが、現実との区別がつかなくなってるキャロルもヤバい
    精神障害、 ホラー
    • 製作年1965年
    • 製作国イギリス
    • 時間105分
    • 監督ロマン・ポランスキー
    • 主演カトリーヌ・ドヌーヴ
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  7. 赤い砂漠
    • C
    • 3.58
    イタリアの名匠ミケランジェロ・アントニオーニの初のカラー作品で、1964年・第25回ベネチア国際映画祭で金獅子賞に輝いた心理ドラマ。無機質な工場が立ち並ぶ海辺の工業都市ラヴェンナ。夫や息子と3人でこの街に暮らすジュリアーナは、数年前の交通事故のショックから立ち直れず、精神的に不安定な日々が続いていた。そんなある日、彼女は夫から友人コラドを紹介される。ジュリアーナは自分と同じように孤独を抱えるコラドに惹かれ、次第に距離を縮めていくが……。アントニオーニ監督のミューズとして知られるモニカ・ビッティがジュリアーナ、イギリスの名優リチャード・ハリスがコラドを演じた。

    ネット上の声

    • 自分なりに楽しみを見つける努力が大切。
    • 映像や色彩にはどこか懐かしさが。
    • 正しく病んでいる唯一の人
    • 砂漠化してゆく人間の精神
    精神障害、 孤独
    • 製作年1964年
    • 製作国イタリア,フランス
    • 時間116分
    • 監督ミケランジェロ・アントニオーニ
    • 主演モニカ・ヴィッティ
  8. 8

    精神

    精神
    • C
    • 3.39
    “落下傘候補”や“どぶ板選挙”といった日本の地方選挙の内幕をとらえ、海外でも注目された「選挙」の相田和弘監督が、精神科を舞台にそこへ集う患者たちを真正面から捉えたドキュメンタリー。様々な人々が集まる精神科診療所“こらーる岡山”には、心を患い自殺未遂を繰り返す人や、病気と付き合いながら信仰や芸術を深めていく人もいる。心の傷を癒す精神科医療を通し、現代人の精神のありように迫る。

    ネット上の声

    • 精神病者って?健常者って?そのちがいは?
    • 「好奇心」で人の内面に無神経に入るな!
    • スクリーンの中に「自分」を見出す
    • 精神的には「ダメージ」を受ける
    精神障害、 ドキュメンタリー
    • 製作年2008年
    • 製作国日本,アメリカ
    • 時間135分
    • 監督想田和弘
    • 主演---
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  9. 蛇の穴
    • D
    • 3.00
    「私は殺される」「栄光の都」のアナトール・リトヴァクが製作・監督した野心作で、メアリー・ジェーン・ウォードの自伝小説の映画化である。脚本は「愛のあけぼの」のフランク・パートスとミレン・ブランドが共同執筆した。撮影は「淑女と拳骨」のレオ・トーヴァーで、音楽はアルフレッド・ニューマンが作曲した。なお製作にはリトヴァークにロバート・バスラーが共同している。主演は「遥かなる我が子」「暗い鏡」のオリヴィア・デ・ハヴィランドで新人マーク・スティーヴンス、「青の恐怖」「ヘンリー五世」のレオ・ゲン、「紳士協定」でアカデミー助演賞を得たセレステ・ホルムが共演するほか、グレン・ランガン、ヘレン・クレイグ、ビューラ・ボンディ、リーフ・エリクソン、リー・パトリック等が助演している。

    ネット上の声

    • 『風と共に』のメラニーが本作のヒロイン
    • 凄い題材。凄い演技。精神病院の群衆描写に打ちのめされる!
    • 映画史に埋もれたニューロティックの大傑作
    • 41年度オスカー主演女優賞ノミネート作品
    精神障害、 サスペンス
    • 製作年1948年
    • 製作国アメリカ
    • 時間108分
    • 監督アナトール・リトヴァク
    • 主演オリヴィア・デ・ハヴィランド
  10. イン・ザ・プール
    • E
    • 2.45
    ちょっと変わったビョーキの患者たちが、自分よりも普通じゃない医者と出会い、なぜか癒される医療(?)コメディ。『空中ブランコ』で直木賞を受賞した作家・奥田英朗の“伊良部シリーズ”第一弾である原作『イン・ザ・プール』を、シティボーイズライブの作・演出を手がける演出家・三木聡によって映像化。劇団大人計画を率いる松尾スズキが映画初主演。

    ネット上の声

    • あまりに酷過ぎる!!30分で観るのが苦痛に!!
    • 「ジゴロの屏風」についての、お話。
    • 微妙・・・終始苦笑い^^;
    • このシュールさはたまらん!
    精神障害、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2005年
    • 製作国日本
    • 時間101分
    • 監督三木聡
    • 主演松尾スズキ
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  11. プルーフ・オブ・マイ・ライフ
    • E
    • 2.34
    デビッド・オーバーンのピュリッツァー賞受賞戯曲を「恋におちたシェイクスピア」の監督&主演コンビ、ジョン・マッデンとグウィネス・パルトロウで映画化。天才数学者だったが精神のバランスを崩した父を看病し、死を看取ったキャサリン。彼女は父が証明しようとした定理を証明したいと考える一方で、自分も父と同じ病になるのではないかという不安を抱く。アンソニー・ホプキンスとジェイク・ギレンホールが共演。

    ネット上の声

    • セリフ攻撃で眠くなる〈えっもう終わり?)
    • 自分の理解者って何人いるんだろう?
    • 自分をしっかり持つこと。
    • グウィネスの熱演に感動
    精神障害、 子供が生まれてから見たら大泣きする、 数学者、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2005年
    • 製作国アメリカ
    • 時間103分
    • 監督ジョン・マッデン
    • 主演グウィネス・パルトロー
    • レンタル
    • 定額
  12. サウンド・オブ・サイレンス
    • E
    • 2.21
    娘を誘拐された精神科医が自分の患者からある番号を聞き出すことを要求される、息をつかせぬ展開のサスペンスアクション。監督は「コレクター」のゲイリー・フレダー。製作の一人に「プラトーン」のアーノルド・コペルソン。出演はハリウッドを代表する映画人マイケル・ダグラス、「パトリオット・ゲーム」のショーン・ビーン、「17歳のカルテ」のブリタニー・マーフィ、「ラストサマー2」のジェニファー・エスポジートほか。

    ネット上の声

    • ベストセラー小説”秘密の友人”を映画化!
    • つかみはオッケーなのに後が典型的正義感
    • 愛する家族のためならば超人パワー全開
    • 温かい炭酸飲料を飲んだような後味...
    精神障害、 サスペンス
    • 製作年2001年
    • 製作国アメリカ
    • 時間114分
    • 監督ゲイリー・フレダー
    • 主演マイケル・ダグラス
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  13. ゴシカ
    • E
    • 2.12
    記憶を失った女性犯罪心理学者が、夫殺害の容疑で収監されたうえ自分の心を操ろうとする何者かの存在に苦しめられる心霊スリラー。出演はオスカー女優ハル・ベリー、ロバート・ダウニー・Jr、ペネロペ・クルス。監督は俳優としても活躍する「クリムゾン・リバー」のマチュー・カソヴィッツ。ジョエル・シルヴァーとロバート・ゼメキスが設立したホラー専門プロダクションのダーク・キャッスル・エンタテインメントが製作した。

    ネット上の声

    • リアルさ、暗さ、美しさを兼ね備えたホラー
    • ★気軽に観れるホラーサスペンス映画!
    • 良いストーリーなのに、もったいない!
    • 『聞く』ではなく『聴く』ことが大事。
    精神障害、 日本人が怖いと思うジメッとした心霊ホラー、 刑務所、 ホラー
    • 製作年2003年
    • 製作国アメリカ
    • 時間97分
    • 監督マチュー・カソヴィッツ
    • 主演ハリー・ベリー
    • レンタル
    • 定額
    • 定額

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。