全13作品。精神障害を扱った映画ランキング

  1. 人生、ここにあり!

    人生、ここにあり!
    評価:A4.07
    1983年、ミラノ。正義感が強いが異端児扱いされる労働組合員のネッロ(クラウディオ・ビジオ)は、自著がきっかけで別の生活協同組合に異動させられてしまう。そこに集まっていたのは、法律の改定で廃止した精神病院を出され、行き場のない元患者たちだった。ネッロはしっかりと稼げるような仕事を彼らにさせようと思い立つが……。

    ヒューマンドラマ、コメディ、実話、会社再建、精神障害

    ネット上の声

    あなたの悩み解消します!一気に忘れて、新しい自分になれるかも??
    稼いで食べて恋をする人生。
    生きる意味、働く意味
    素晴らしいの一言
    製作年:2008
    製作国:イタリア
    監督:ジュリオ・マンフレドニア
    主演:クラウディオ・ビシオ
    1
  2. カッコーの巣の上で

    カッコーの巣の上で
    評価:A3.96
    アカデミー賞(1976年・5部門) 刑務所の強制労働から逃れるため精神異常を装ってオレゴン州立精神病院に入ったマクマーフィは、そこで行われている管理体制に反発を感じる。彼は絶対権力を誇る婦長ラチェッドと対立しながら、入院患者たちの中に生きる気力を与えていくが……。

    ヒューマンドラマ、実話、吃音者が登場する、精神障害、病院(医療モノ)

    ネット上の声

    中学生の心を揺さぶった映画
    観た方のみへ、怖いお話。。
    精神病院の人間ドラマを描いた作品で、今回は時代背景を知った上で鑑賞...
    悪役がお似合いですね、、、 さいごはなんだかモヤモヤして終わってし...
    製作年:1975
    製作国:アメリカ
    監督:ミロス・フォアマン
    主演:ジャック・ニコルソン
    2
  3. バーディ

    バーディ
    評価:A3.90
    カンヌ国際映画祭(1985年・グランプリ) 常に独創的な世界を描き続ける「ピンク・フロイド/ザ・ウォール」のアラン・パーカーが、ウィリアム・ワートンの原作を基に、ベトナム戦争のショックで精神病院に入れられて、頑なに自らの幻想に心を閉ざしている青年バーディと、彼を立ち直らせようとする、同じくベトナム負傷兵の青年アルの心の交流を、鳥になることを夢見るバーディの幻想を交えて描いたヒューマン・ドラマ。主演は「フルメタル・ジャケット」のマシュー・モディーンと「赤ちゃん泥棒」のニコラス・ケイジ。

    ヒューマンドラマ、精神障害

    ネット上の声

    どう表現すればよいのやら…
    素晴らしいラスト
    何だこれ!衝撃的でした。 女よりも鳥に興味がある、いや鳥にしか興味...
    「ハ゛ーテ゛ィ」を一度観た感想。
    製作年:1984
    製作国:アメリカ
    監督:アラン・パーカー
    主演:マシュー・モディーン
    3
  4. 反撥

    反撥
    評価:B3.70
    ジェラール・ブラッシュの協力を得て「水の中のナイフ」のロマン・ポランスキーがシナリオを執筆、自ら監督した心理ドラマ。撮影は「博士の異常な愛情」のギルバート・テイラー、音楽はチコ・ハミルトンが担当した。出演は、「シェルブールの雨傘」のカトリーヌ・ドヌーヴ、「女ともだち(1956)」のイヴォンヌ・フルノー、他にイアン・ヘンドリー、ジョン・フレーザー、バトリック・ワイマークほか。

    サスペンス、ホラー、精神障害

    ネット上の声

    五感に訴えかける恐怖、、、
    美少女カトリーヌ・ドヌーヴ
    腐る肉・むしばまれていく女
    日曜の朝からポランスキー
    製作年:1964
    製作国:イギリス
    監督:ロマン・ポランスキー
    主演:カトリーヌ・ドヌーヴ
    4
  5. シャッター アイランド

    シャッター アイランド
    評価:C3.43
    精神を病んだ犯罪者の収容施設がある孤島、シャッター アイランド。厳重に管理された施設から、一人の女性患者が謎のメッセージを残して姿を消す。孤島で起きた不可解な失踪(しっそう)事件の担当になった連邦保安官のテディ・ダニエルズ(レオナルド・ディカプリオ)は、この孤島の怪しさに気付き始める……。

    サスペンス、トラウマになる、刑務所、どんでん返し、精神障害

    ネット上の声

    レオナルドが好き、出演者の演技のすばらしさならイイ(・∀・)
    雰囲気作りは上手いので「魅せて」くれる映画。
    原作既読なのでメインのネタは把握していたが
    巨匠! なぜユーモアを忘れてしまったの?
    製作年:2009
    製作国:アメリカ
    監督:マーティン・スコセッシ
    主演:レオナルド・ディカプリオ
    5
  6. 精神

    精神
    評価:C3.36


    ドキュメンタリー、精神障害
    製作年:2008
    製作国:日本/アメリカ
    監督:想田和弘
    6
  7. プルーフ・オブ・マイ・ライフ

    プルーフ・オブ・マイ・ライフ
    評価:D3.23
    キャサリン(グウィネス・パルトロウ)は天才数学者の父(アンソニー・ホプキンス)を亡くし、失意の底にいた。そんな時父の教え子のハル(ジェイク・ギレンホール)が、遺されたノートを見に訪ねて来る。

    ヒューマンドラマ、子供が生まれてから見たら大泣きする、精神障害、数学者

    ネット上の声

    証明することの難しさ
    レビュー
    登場人物の演技はいい
    可もなく不可もなく
    製作年:2005
    製作国:アメリカ
    監督:ジョン・マッデン
    主演:グウィネス・パルトロー
    7
  8. イン・ザ・プール

    イン・ザ・プール
    評価:D3.19
    奥田英朗が直木賞を受賞した人気小説「空中ブランコ」の主人公、精神科医の伊良部が大活躍する「イン・ザ・プール」を三木聡監督が映画化。主演は松尾スズキ、共演はオダギリジョー、市川実和子、田辺誠一。

    コメディ、精神障害

    ネット上の声

    微妙・・・終始苦笑い^^;
    ぼくらはみんな病んでいる♪
    優秀な反面教師に◎です。
    ちょっと疲れちゃった。
    製作年:2005
    製作国:日本
    監督:三木聡
    主演:松尾スズキ
    8
  9. マシニスト

    マシニスト
    評価:D3.19
    極度の不眠症で1年も眠れず、病的に痩せ衰えた機械工のトレヴァー(クリスチャン・ベイル)。自宅で不気味な貼り紙を見つけ、新しい同僚に出会って以来、彼の周囲で奇妙な出来事が頻発する。誰かが自分を陥れようとしていると感じたトレヴァーは、疑心暗鬼になっていく。

    サスペンス、精神障害、孤独

    ネット上の声

    簡単には理解しがたい物語展開
    人間のもろさ
    一度で十分
    最後に「はい。」と言ってしまいます(笑)
    製作年:2004
    製作国:スペイン/アメリカ
    監督:ブラッド・アンダーソン
    主演:クリスチャン・ベイル
    9
  10. サウンド・オブ・サイレンス

    サウンド・オブ・サイレンス
    評価:D3.16
    娘を誘拐された精神科医が自分の患者からある番号を聞き出すことを要求される、息をつかせぬ展開のサスペンスアクション。監督は「コレクター」のゲイリー・フレダー。製作の一人に「プラトーン」のアーノルド・コペルソン。出演はハリウッドを代表する映画人マイケル・ダグラス、「パトリオット・ゲーム」のショーン・ビーン、「17歳のカルテ」のブリタニー・マーフィ、「ラストサマー2」のジェニファー・エスポジートほか。

    サスペンス、精神障害

    ネット上の声

    被害家族が頑張っていた
    謎めいた女の子
    秘密の鍵は女
    よかったです
    製作年:2001
    製作国:アメリカ
    監督:ゲイリー・フレダー
    主演:マイケル・ダグラス
    10
  11. 赤い砂漠

    赤い砂漠
    評価:D3.12
    ヴェネチア国際映画祭(1964年・金獅子賞) 「太陽はひとりぼっち」のアントニオーニ初のカラー作品。ヴィッティ扮する人妻ジュリーナは工場技師の夫ウーゴを訪ねに息子ヴァレリオの手を引き、殺風景な工場地帯を歩いていく。

    ヒューマンドラマ、精神障害、孤独

    ネット上の声

    砂漠化してゆく人間の精神
    ただ不安だけど、愛!
    現代人の孤独と不安
    虚無と倦怠
    製作年:1964
    製作国:イタリア/フランス
    監督:ミケランジェロ・アントニオーニ
    主演:モニカ・ヴィッティ
    11
  12. ゴシカ

    ゴシカ
    評価:D3.00
    『クリムゾン・リバー』を世界中でヒットさせたフランス人監督マシュー・カソビッツのハリウッド進出第1弾は、『TATARI』や『ゴーストシップ』をヒットさせたホラー映画専門プロダクション“ダーク・キャッスル”の最新作だ。主演は『チョコレート』でアカデミー主演女優賞を受賞したハル・ベリー。

    ホラー、日本人が怖いと思うジメッとした心霊ホラー、刑務所、精神障害

    ネット上の声

    リアルさ、暗さ、美しさを兼ね備えたホラー
    良いストーリーなのに、もったいない!
    『聞く』ではなく『聴く』ことが大事。
    事件後、霊媒体質に目覚める!!
    製作年:2003
    製作国:アメリカ
    監督:マチュー・カソヴィッツ
    主演:ハル・ベリー
    12
  13. 蛇の穴

    蛇の穴
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1949年・音響賞)「私は殺される」「栄光の都」のアナトール・リトヴァクが製作・監督した野心作で、メアリー・ジェーン・ウォードの自伝小説の映画化である。脚本は「愛のあけぼの」のフランク・パートスとミレン・ブランドが共同執筆した。撮影は「淑女と拳骨」のレオ・トーヴァーで、音楽はアルフレッド・ニューマンが作曲した。なお製作にはリトヴァークにロバート・バスラーが共同している。主演は「遥かなる我が子」「暗い鏡」のオリヴィア・デ・ハヴィランドで新人マーク・スティーヴンス、「青の恐怖」「ヘンリー五世」のレオ・ゲン、「紳士協定」でアカデミー助演賞を得たセレステ・ホルムが共演するほか、グレン・ランガン、ヘレン・クレイグ、ビュー…

    ヒューマンドラマ、サスペンス、精神障害

    ネット上の声

    映画史に埋もれたニューロティックの大傑作
    看護婦
    製作年:1948
    製作国:アメリカ
    監督:アナトール・リトヴァク
    主演:オリヴィア・デ・ハヴィランド
    13

スポンサードリンク