全5作品。1970年代の伝記映画ランキング

  1. 奇跡の人

    奇跡の人
    評価:C3.54
    ヘレンケラーの伝記。女教師のサリヴァン目線 生後わずかにして熱病のため耳、目、口の三重苦を背負った少女、ヘレン・ケラーと、身を削るような熱心な教育により彼女の社会復帰を手伝った女教師サリヴァンの物語。サリヴァンを演じるのは、アーサー・ペン監督の62年版「奇跡の人」でヘレン役を演じアカデミー助演女優賞に輝いたP・デューク。

    ヒューマンドラマ、伝記、盲目、聴覚障害

    ネット上の声

    メリッサ!(涙)
    今度も完全降参
    The Miracle Worker 
    製作年:1979
    製作国:アメリカ
    監督:ポール・アーロン
    主演:パティ・デューク
    1
  2. レッド・バロン

    レッド・バロン
    評価:C3.34
     第一次大戦のドイツ空軍の英雄、レッド・バロンと異名をとった、マンフレッド・フォン・リヒトホーフェンの半生を描いた空戦ドラマ。撃墜王として恐れられた華々しい経歴から、彼が死を迎えるまでを描く。

    ヒューマンドラマ、アクション、戦争、伝記、実話、空中戦(ドッグファイト)、第一次世界大戦

    ネット上の声

    「赤い彗星」のモデル
    良く撮った
    製作年:1971
    製作国:アメリカ
    監督:ロジャー・コーマン
    主演:ジョン・フィリップ・ロー
    2
  3. ブロンテ姉妹

    ブロンテ姉妹
    評価:D3.01
     「バロッコ」のアンドレ・テシネ監督が、イザベル・アジャーニ、マリー=フランス・ピジェ、イザベル・ユペールの共演で、『嵐ヶ丘』や『ジェーン・エア』などで知られるブロンテ姉妹の物語を描いた伝記的作品。19世紀イギリスのヨークシャーで過ごし、そして結核で死んでいった彼女たちの生涯を史実に忠実に描き出していく。

    伝記、小説家

    ネット上の声

    フランス語のブロンテ姉妹
    淡々と…
    予習が必要な地味な映画。
    演技合戦です
    製作年:1979
    製作国:フランス
    監督:アンドレ・テシネ
    主演:マリー=フランス・ピジェ
    3
  4. 戦争と冒険

    戦争と冒険
    評価:E2.17
    ゴールデングローブ賞(1972年・外国語映画賞) イギリスの首相だったウィンストン・チャーチルの半生を描いた伝記映画。彼の両親や、学生の頃の生活、やがて従軍記者となって政治に目覚めていくまでを描く。

    ヒューマンドラマ、アクション、戦争、伝記

    ネット上の声

    チャーチル首相が、できるまで
    製作年:1972
    製作国:イギリス
    監督:リチャード・アッテンボロー
    主演:サイモン・ウォード
    4
  5. 実録安藤組 襲撃篇

    実録安藤組 襲撃篇
    評価:E0.00
    任侠映画などで知られる俳優・安藤昇のヤクザ時代を描いた自伝映画の続編

    ヒューマンドラマ、アクション、ヤクザ・ギャング、アドベンチャー(冒険)、伝記、実話

    ネット上の声

    安藤組、襲撃と逃亡!
    製作年:1973
    製作国:日本
    監督:佐藤純彌
    主演:安藤昇
    5

スポンサードリンク