全50作品。1950年代のコメディ映画ランキング

  1. お熱いのがお好き

    お熱いのがお好き
    評価:A3.96
    アカデミー賞(1960年・衣装デザイン賞) 禁酒法時代真っ只中のシカゴ。ギャングの抗争に巻き込まれ、聖ヴァレンタインの大虐殺を目撃した二人のバンドマン、ジョー(カーティス)とジェリー(レモン)は、ギャングの追っ手をかわすため女ばかりの楽団に紛れ込む。

    コメディ

    ネット上の声

    今鑑賞しても洒落た大人の映画です
    コメディ映画至上最強のラスト
    O型のおとこ達
    マリリン初体験。セックスシンボルも納得。
    製作年:1959
    製作国:アメリカ
    監督:ビリー・ワイルダー
    主演:ジャック・レモン
    1
  2. 生きるべきか死ぬべきか

    生きるべきか死ぬべきか
    評価:A3.94
     第二次世界大戦直前、ドイツの侵攻が始まったワルシャワを舞台に、シェイクスピアの「ハムレット」を上演していた劇団が諜報戦に巻き込まれる中、大奮闘する過程をスピーディーに描いた必見の傑作コメディ。“ナチス”と“ハムレット”が巧みに絡んでいくストーリーは正に圧巻! 「メル・ブルックスの大脱走」(83)は本作のかなり忠実なリメイク。

    コメディ

    ネット上の声

    1942年製作。ヒトラー存命中の映画。
    戦争を笑い飛ばす
    ルビッチの大芝居
    まさかの戦時中に製作されたナチスコメディ
    製作年:1942
    製作国:アメリカ
    監督:エルンスト・ルビッチ
    主演:キャロル・ロンバード
    2
  3. 果しなき欲望

    果しなき欲望
    評価:A3.93
     藤原審爾の原作を、今村昌平が鈴木敏郎とともに脚色し映画化したサスペンスコメディ。画面を上下に分割して地上と地下の出来事を同時にとらえた演出がユニーク。

    ヒューマンドラマ、コメディ

    ネット上の声

    殺人がいっぱい
    製作年:1958
    製作国:日本
    監督:今村昌平
    主演:長門裕之
    3
  4. チャップリンの独裁者

    チャップリンの独裁者
    評価:A3.82
    ニューヨーク映画批評家協会賞(1940年) 18年の第一次大戦末期、トメニアのユダヤ人一兵卒チャーリーは飛行機事故で記憶を失い入院する。それから数年後のトメニアは独裁者アデノイド・ヒンケルの天下で、ユダヤ人掃討の真っ最中。

    ヒューマンドラマ、コメディ

    ネット上の声

    惨いシーンを見せるだけが反戦映画ではない
    本質を見抜くチャップリンの眼力
    ヒトラーもこの映画を観て、好きになったとか。 最後の演説、初めてチ...
    滑稽に描き、自分の望みを映し出す。 ラストの演説は現在の私が聞いて...
    製作年:1940
    製作国:アメリカ
    監督:チャールズ・チャップリン
    主演:チャールズ・チャップリン
    4
  5. キートンのマイホーム

    キートンのマイホーム
    評価:A3.81
     新婚のキートンは、新居建築を約束し求婚したため、低予算の組立住宅を購入。自力で組み立てようとするが、恋敵が建材の番号を3を8、1を4というように書き変えてしまい、妙ちきりんな多角形の家ができ上がってしまう。

    コメディ、キートン

    ネット上の声

    体を張るということはこういうことです。
    ガウデイの建築にこんな家があったなあ
    家でこれだけの笑いを作れる
    笑いのなかにある恐怖
    製作年:1920
    製作国:アメリカ
    監督:バスター・キートン
    主演:バスター・キートン
    5
  6. ペティコート作戦

    ペティコート作戦
    評価:B3.78
     第二次大戦中の潜水艦を舞台としたB・エドワーズの快作戦争コメディ。フィリピン沖で日本軍の攻撃を受けた潜水艦シータイガー。

    コメディ

    ネット上の声

    トラック1台撃沈!
    潜水艦を舞台にした傑作コメディ
    発掘良品を観る #484
    笑えます
    製作年:1959
    製作国:アメリカ
    監督:ブレイク・エドワーズ
    主演:ケイリー・グラント
    6
  7. 教授と美女

    教授と美女
    評価:B3.75
    ニューヨークのトッテン財団では、8人の学者たちによる百科事典の編纂が大詰めを迎えていたが、文法学者のポッツ教授がある俗語を耳にしたことから、これまでの努力が世間から隔絶していたことに気づき、街へ調査に出かける。そこで出会ったナイトクラブの歌姫、オシェイに協力を求めるが……。公開当時、アメリカでヒットしたものの、時代の影響で輸入されなかった。ビリー・ワイルダーはホークス演出の見学許可を条件に脚本に参加。翌年には監督デビューしており、これに備えての勉強だったという。

    コメディ、恋愛

    ネット上の声

    まさに美男美女
    教授がカワイイ
    老教授らがチャーミングです。
    "yum yum"っていいなあ~
    製作年:1941
    製作国:アメリカ
    監督:ハワード・ホークス
    主演:ゲイリー・クーパー
    7
  8. 掠奪された七人の花嫁

    掠奪された七人の花嫁
    評価:B3.72
    アカデミー賞(1955年)「君知るや南の国」のジャック・カミングスが1954年に製作したシネマスコープ色彩ミュージカル。ピュリッツァ賞作家スティーブン・ヴィンセント・ベネットの原作を「ローズ・マリイ(1936)」のコンビ、アルバート・ハケットとフランセス・グッドリッチに「水着の女王」のドロシー・キングスリーが加って脚色、「踊る大紐育」のスタンリー・ドーネンが監督した。アンスコカラーの撮影監督は「第8ジェット戦闘機隊」のジョージ・フォルシー、音楽監督はアドルフ・ドイッチュである。出演者は、「ローズ・マリー(1954)」のハワード・キール、「スイングの少女」のジェーン・パウエル、ジェフ・リチャーズ、ジュリー・ニューメイヤ…

    コメディ、ミュージカル

    ネット上の声

    NO.82「り」のつく元気になった洋画
    7人の花嫁と7人の兄弟
    わたしのです!
    山男にゃホレるなよ。
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:スタンリー・ドーネン
    主演:ハワード・キール
    8
  9. 或る夜の出来事

    或る夜の出来事
    評価:B3.68
    アカデミー賞(1935年・5部門)父親に結婚を反対されて家を飛び出した大富豪の娘エリーは、ニューヨーク行きのバスで失業中の新聞記者ピーターと出会う。最初は反発しあっていた2人だったが、旅を続けるうちにいつしか惹かれ合うようになり……。1934年度アカデミー賞の主要5部門(作品賞・監督賞・主演男優賞・主演女優賞・脚本賞)を独占したロマンティック・コメディの大傑作。監督のフランク・キャプラ、主演のクラーク・ゲイブルの出世作でもある。

    コメディ、恋愛

    ネット上の声

    キング・オブ・ハリウッドの主演男優賞作品
    行動力と知性とユーモアに溢れる紳士
    暖かい白黒の質感と!優しい世界へ
    シンプルな映画作りに瑞々しい詩情
    製作年:1934
    製作国:アメリカ
    監督:フランク・キャプラ
    主演:クラーク・ゲイブル
    9
  10. パームビーチ・ストーリー

    パームビーチ・ストーリー
    評価:B3.67
    ある若夫婦が巻き起こす大騒動を描くスクリューボール・コメディ。耳がほとんど聞こえない老人にも嫉妬する、夫のトムにすっかり業を煮やした妻ジェリーは、簡単に離婚のできるフロリダのパームビーチへ。急いで跡を追うトムだが、そこで二人を待つのは、型破りの石油成金ハッケンサッカー姉弟だった……。まさに狂乱という言葉がふさわしい、スタージェスの才気あふれる快作。1948年の日本初公開時の題は「結婚五年目」。1994年にこのタイトルでリバイバル公開された。

    コメディ

    ネット上の声

    何故日本ではプレストンが受けないのか
    トムとジェリー、仲良くけんかしな♪
    必要なことはスタージェスに学べ。
    製作年:1942
    製作国:アメリカ
    監督:プレストン・スタージェス
    主演:ジョエル・マクリー
    10
  11. キッド

    キッド
    評価:B3.66
    チャールズ・チャップリンが親子の情愛を描いたヒューマンコメディ。共演はジャッキー・クーガン、エドナー・パーヴィアンス、トム・ウィルスンほか。無声。1971年にチャップリン自身の編集・作曲によるサウンド版(53分)が製作された。

    コメディ

    ネット上の声

    母親が赤ん坊を見知らぬ車に置き去りにして捨てたり、浮浪者が「落とし...
    擬似親子だけど、本当の親子のよう。 チャップリンのこの時はまだ身近...
    NO.114「き」のつく元気になった洋画2
    NO.114「き」のつく元気になった洋画
    製作年:1921
    製作国:アメリカ
    監督:チャールズ・チャップリン
    主演:チャールズ・チャップリン
    11
  12. レディ・イヴ

    レディ・イヴ
    評価:B3.64
    美人の女詐欺師が蛇にしか興味のない御曹司と恋に落ちるラブ・コメディ。監督・脚本は、脚本家として映画の道に入り、数々の話題作の脚本を担当しながらも、「サリヴァンの旅」「結婚五年目(パーム・ビーチ・ストーリー)」「殺人幻想曲」などスクリューボール・コメディの名作を自ら監督してきたプレストン・スタージェス。製作はポール・ジョーンズ、原作はモンクトン・ホッフェ、撮影はヴィクター・ミルナー、編集はスチュアート・ギルモア、美術はハンス・ドライヤー、音楽はジグモンド・クラムゴールドが担当している。主演は、女詐欺師に、「ステラ・ダラス(1937)」「教授と美女」「私は殺される」のバーバラ・スタンウィック、彼…

    コメディ、恋愛

    ネット上の声

    やや笑いにくい作品だが・・・
    忘れられた聖林の革命児の遺産
    素晴らしい!知らないということは恐ろしい
    「嘘」は文明だ!
    製作年:1941
    製作国:アメリカ
    監督:プレストン・スタージェス
    主演:ヘンリー・フォンダ
    12
  13. 穴
    評価:B3.63
    「東北の神武たち」の久里子亭の脚本にもとづき同じく市川崑が監督したロマンティック・コミック・スリラー。撮影は小林節雄。主演は「夜の蝶」の京マチ子、船越英二、山村聡、川上康子、「真昼の対決」の菅原謙二。

    コメディ

    ネット上の声

    スタイリッシュコミカルミステリー
    触れ込みが秀逸と感じる珍しい一作
    主張する京マチ子のナマ脚
    京マチ子のタフな化けっぷり
    製作年:1957
    製作国:日本
    監督:市川崑
    主演:京マチ子
    13
  14. 異国の出来事

    異国の出来事
    評価:B3.62
     廃墟と化した戦後のベルリンを舞台に、プレイボーイなアメリカ人将校の恋のさやあてを描く。ドイツ視察に向かうアメリカ人女性議員は、ある女性からプリングル大尉への贈り物を託される。女性は大尉のガールフレンドのひとりだったが、彼は受け取るとすぐ、それを闇市でマットレスと交換する。熱をあげているドイツ人女性といちゃつくために。マレーネ・デートリッヒがナチスの歌手を演じ、音楽を担当したフレデリック・ホランダーがピアノマンとして出演している。

    コメディ

    ネット上の声

    「ニノチカ」の二番煎じ、だが
    ワイルダー監督
    隠れた名作
    製作年:1948
    製作国:アメリカ
    監督:ビリー・ワイルダー
    主演:ジーン・アーサー
    14
  15. 天国は待ってくれる

    天国は待ってくれる
    評価:B3.62
     年老いて死んだ主人公が地獄の王に、自分の生涯を回想形式で語るファンタジー・コメディ。生前の行いが元で地獄に落とされた男ヘンリー。

    ファンタジー、コメディ、恋愛

    ネット上の声

    他のルビッチ作品に比べると・・・
    アイデアがいいです☆3.0
    暖かい・・古き良き時代のセレブ家族(笑)
    同情の余地あり?な男ヘンリー
    製作年:1943
    製作国:アメリカ
    監督:エルンスト・ルビッチ
    主演:ドン・アメチー
    15
  16. 天国への階段

    天国への階段
    評価:B3.61
    「赤い靴」「ホフマン物語」「将軍月光に消ゆ」「戦艦シュペー号の最後」などの名コンビ、マイケル・パウエル監督、エメリック・プレスバーガー製作による代表的作品。手術室につづく、天国からの巨大な階段が、邦題名の意味である。

    ファンタジー、コメディ

    ネット上の声

    KANの歌みたいな感じで
    凝ってる普遍的な
    面白かったです。
    製作年:1946
    製作国:イギリス
    監督:マイケル・パウエル
    主演:デヴィッド・ニーヴン
    16
  17. 底抜け西部へ行く

    底抜け西部へ行く
    評価:B3.61
    お馴染みマーティン=ルイスの「ニューヨークの休日」の次回作。今回は西部の天地に一騒動を巻き起こす。マーヴィン・J・ハウザーのストーリーから「お若いデス」のシドニー・シェルダンが脚本を執筆し「ニューヨーク……」に続きポール・ジョーンズ=ノーマンタウログのコンビが製作=監督を担当した。撮影も同じくダニエル・L・ファップ。編曲は「攻撃」のフランク・デヴォール、歌曲は作詞サミー・カーン、作曲ジェームズ・ヴァン・ヒューゼンと「夜は夜もすがら」のチーム。マーティン=ルイスの他「怒りの河」のロリー・ネルソン、「最初のテキサス人」のジェフ・モロー、「ラスヴェガスで逢いましょう」のアグネス・ムーアヘッド、「勇…

    コメディ

    ネット上の声

    無名時代のC・イーストウッドが数分間出演
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:ノーマン・タウログ
    主演:ディーン・マーティン
    17
  18. 我輩はカモである

    我輩はカモである
    評価:B3.60
    「御冗談でしョ」に次ぐマルクス4兄弟主演笑劇で、「けだもの組合」「御冗談でしョ」を共同で原作脚色し、なお後者を作詞作曲したバート・カルマーとハリー・ルビーがやはり共同で原作脚色作詞作曲にあたり、「カンターの闘牛師」「恋愛即興詩」のレオ・マッケリーが監督に任じ、「ビール万歳」「競馬天国」のヘンリィ・シャープが撮影した。助演は「ココナッツ」「けだもの組合」のマーガレット・デュモン、「南海の白影」「海魔」のラクェル・トレス、「夜ごと来る女」のルイス・カルハーン、エドガー・ケネディ等である。

    コメディ

    ネット上の声

    レッドカーペットよりマルクス兄第を見よう
    好き嫌いははっきりするけど
    ウディアレンのアイドル
    飽きるかと思ったけど…。
    製作年:1933
    製作国:アメリカ
    監督:レオ・マッケリー
    主演:グルーチョ・マルクス
    18
  19. ヒズ・ガール・フライデー

    ヒズ・ガール・フライデー
    評価:B3.60
    愛しの彼女は敏腕捜査官?!巨匠ハワード・ホークスが贈る史上NO.1コメディー登場!

    コメディ

    ネット上の声

    ともかく、台詞がポンポン飛び出して … 。
    CGなんかに頼ってばっかりじゃダメ
    イライラします。その理由は
    ベスト・パートナー
    製作年:1940
    製作国:アメリカ
    監督:ハワード・ホークス
    主演:ケイリー・グラント
    19
  20. チャップリンのニューヨークの王様

    チャップリンのニューヨークの王様
    評価:C3.58
     ヨーロッパの某小国に社会主義政変が起こり追放に近い形でアメリカへ亡命した王様。自由を求めてやって来たその地は、醜悪な商業主義に侵され、狂ったマッカーシズムの席巻する、自国以上に居心地の悪い場所だった……。

    コメディ

    ネット上の声

    ハリウッドから追放されたチャップリン
    チャップリンのニューヨークで告白
    そんなに駄作か!?
    ストレートすぎて
    製作年:1957
    製作国:イギリス
    監督:チャールズ・チャップリン
    主演:チャールズ・チャップリン
    20
  21. チャップリンの黄金狂時代

    チャップリンの黄金狂時代
    評価:C3.58
    チャップリンの作品のなかでも最高傑作といわれる1編で、初の長編映画でもある。ゴールド・ラッシュにわくアラスカを舞台に描く放浪者チャーリーの一獲千金の夢と恋の物語。チャップリンがアラスカの写真にヒントを得て映画化したというエピソードも残されている。数々の名場面があるが、なかでも山小屋で飢えたチャーリーと相棒の二人がドタ靴を煮て食べるシーンはあまりにも有名だ。靴の上皮と底をナイフとフォークで巧みに分けて靴ひもをスパゲティのように皿にのせ、まるで豪華なディナーを食べるように見せる場面はチャップリンの至芸である。吹雪で飛ばされかかった山小屋のなか、あやうく崖っぷちに引っかかっているとも知らず、歩きま…

    コメディ

    ネット上の声

    方向性を決定づけたチャップリン作品☆3つ
    最後の「家」のシーンは
    人への愛、映画への愛。
    名作というより名場面のほうに関心した
    製作年:1925
    製作国:アメリカ
    監督:チャールズ・チャップリン
    主演:チャールズ・チャップリン
    21
  22. サーカス

    サーカス
    評価:C3.58
    チャールズ・チャップリン氏が「黄金狂時代」に続いて製作した喜劇で、例の通りにチャップリン氏自らがストーリーを立て、それを監督し、且つそれに主演している。相手役は新らしくチャップリン氏が見出したスターたるマーナ・ケネディ嬢で、その他「パリの女性」に出演したベティ・モリッシー嬢や、ハリー・クロッカー氏、アラン・ガルシア氏、ヘンリー・バーグマン氏などのチャップリン氏の一門が夫々に重要な役を受持って出演している。

    コメディ

    ネット上の声

    もし虹をさがすならば、空を見上げなさい
    片思いと切ないラストの別れが印象的
    ん〜、涙と言うより渋い!!
    安定感のある面白さ☆3.0
    製作年:1928
    製作国:アメリカ
    監督:チャールズ・チャップリン
    主演:チャールズ・チャップリン
    22
  23. キートンのカメラマン

    キートンのカメラマン
    評価:C3.58
    「キートンの船長(キートンの蒸気船)」「キートンの大学生」と同じくバスター・キートン氏の主演になる喜劇で原作はクライド・ブラックマン氏とリュウ・リプトン氏の合作。「シンガポール」「大飛行隊」のリチャード・スカイヤー氏の撮影脚本によって「ブリキ帽」「滑れケリー」のエドワード・セジウィック氏が監督したもので出演者は前記バスター・キートン氏の他に「俺は新兵」「キートンの大学生」のマーセリン・デイ嬢の他にハロルド・グッドウィン氏、シドニー・ブレイシー氏、ハリー・グリボン氏等が出ている。

    コメディ、キートン

    ネット上の声

    キートン、キートン、キートン!
    キートンのスクープカメラマン
    製作年:1928
    製作国:アメリカ
    監督:エドワード・セジウィック
    主演:バスター・キートン
    23
  24. 我が家の楽園

    我が家の楽園
    評価:C3.56
    アカデミー賞(1939年) ブロードウェイのヒット作を「或る夜の出来事」の名コンビ、R・リスキンが脚色、キャプラが監督して映画化。オスカーの監督賞を得た風刺コメディの快作。

    ヒューマンドラマ、コメディ、花火が印象的

    ネット上の声

    いい映画が「我が家」を「楽園」にする
    世間の常識に囚われない
    今回のテーマは難しいぞ
    人生は楽しむものだ
    製作年:1938
    製作国:アメリカ
    監督:フランク・キャプラ
    主演:ジェームズ・スチュワート
    24
  25. 社長三代記

    社長三代記
    評価:C3.56
    「サザエさんの青春」の笠原良三の脚本を「青い山脈(1957)」「続青い山脈」のコンビ、松林宗恵が監督、小原譲治が撮影したサラリーマンもの。主演は「猫と庄造と二人のをんな」の森繁久彌、「続々大番 (怒涛篇)」の加東大介、「続サラリーマン出世太閤記」の小林桂樹、「青い山脈(1957)」の司葉子、「青春航路」の雪村いづみ、団令子、扇千景、それに越路吹雪、中田康子、トニー・谷など。

    コメディ

    ネット上の声

    モリシゲの社長シリーズ
    加東大介さん登場
    加東大介初登場!の巻w
    ビル前で8mmを撮るOP
    製作年:1958
    製作国:日本
    監督:松林宗恵
    主演:森繁久彌
    25
  26. 俺たちは天使じゃない

    俺たちは天使じゃない
    評価:C3.55
     刑務所を脱獄した囚人3人組。彼らは近くの港町に辿り着き、そこで着る物や金を調達しようと、とある雑貨屋に押し入った。

    コメディ

    ネット上の声

    娯楽映画。週末に家族で楽しんで。
    GEO宅配レンタルにて鑑賞。NO.8
    同名リメイクとは
    四匹のおっさん
    製作年:1955
    製作国:アメリカ
    監督:マイケル・カーティス
    主演:ハンフリー・ボガート
    26
  27. ぼくの伯父さんの休暇

    ぼくの伯父さんの休暇
    評価:C3.54
     「ぼくの伯父さん」以前の作品(長篇第二作)で、タチの商標であるユロ氏初登場の作品だが、日本では紹介の順番が逆になり、従ってここでは“誰の伯父さんでもない”にも関わらず、この題名となった。誰もが海へと繰り出すヴァカンス時、汽車もバスもスシ詰めで旅行客を運ぶ。

    コメディ

    ネット上の声

    全ては『プレイタイム』のために
    50年代フランスのノスタルジー
    ほのぼのします!ヾ(〃^∇^)ノ
    ヌーベル・ヴァーグへ
    製作年:1952
    製作国:フランス
    監督:ジャック・タチ
    主演:ジャック・タチ
    27
  28. ぼくの伯父さん

    ぼくの伯父さん
    評価:C3.54
    アカデミー賞(1959年・外国語映画賞) プラスティック工場のオーナー社長(J=P・ゾラ)の超モダンな邸宅をその息子(A・ベクール)は全く気に入っておらず、度々、伯父さんの住む下町を訪ねる。両親は息子を取られたようで面白くなく、独身の伯父さんに嫁を押しつけるべくパーティを催すが、これを無意識に彼がぶち壊しにしてしまうのは言わずもがな。

    コメディ

    ネット上の声

    高性能なトイレを笑える人には是非
    魅き込まれるジャック・タチの世界
    ゆったりまったり
    あまりセリフがなく、静寂の中での矛盾、異常、滑稽さ。 映像の色彩が...
    製作年:1958
    製作国:フランス/イタリア
    監督:ジャック・タチ
    主演:ジャック・タチ
    28
  29. 紳士は金髪がお好き

    紳士は金髪がお好き
    評価:C3.52
     原作者A・ルースが49年にブロードウェイ用に書いた戯曲をC・リデラーが脚色、男性派アクションだけでなくコメディ映画でも手腕を発揮するH・ホークスがメガホンを取ったミュージカル・コメディ。ニューヨークからパリへと渡る二人のダンサー。

    コメディ、ミュージカル

    ネット上の声

    モンローの可愛らしさが全て!
    ティアラは頭に付けるもの
    マリリン・モンローの魅力
    主演はラッセル?
    製作年:1953
    製作国:アメリカ
    監督:ハワード・ホークス
    主演:マリリン・モンロー
    29
  30. お嬢さん乾杯!

    お嬢さん乾杯!
    評価:C3.51
     新藤兼人のオリジナル脚本を、木下恵介が監督し映画化。敗戦により生まれた「斜陽族」と「新興成金」との恋を描いたラブコメディで、主演の佐野周二と原節子がキャラクターを魅力的に演じている。

    コメディ

    ネット上の声

    木下恵介の奇抜演出と、原節子の美貌。
    ハートウォーミング・コメディ
    お花畑でルンルンルン♪
    昭和24年のロマコメ
    製作年:1949
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:原節子
    30
  31. 社長太平記

    社長太平記
    評価:C3.51
    おなじみ東宝十八番のサラリーマンもの喜劇。脚本は「サザエさんの結婚」の笠原良三。監督は「大学の人気者」の松林宗恵。撮影は「鰯雲」の玉井正夫。音楽は「大人には分らない・青春白書」の宅孝二。主演は「人生劇場 青春篇」の森繁久彌「弥次喜多道中双六」の小林桂樹・加東大介をはじめ、女優陣には「恐喝(1958)」の淡路恵子、団令子、水野久美、それに三木のり平らが出演。

    ヒューマンドラマ、コメディ

    ネット上の声

    こういうドリフのノリって好きよ。
    「兵は迅速を持って尊しとなす」
    再興、最高、さぁ行こう♪
    面白い!?
    製作年:1959
    製作国:日本
    監督:松林宗恵
    主演:森繁久彌
    31
  32. 三人の妻への手紙

    三人の妻への手紙
    評価:C3.48
    アカデミー賞(1950年)3人の若妻に届いた見知らぬ女からの手紙が元で起こる浮気騒動を描く人間喜劇。ジョン・クレンブナーとヴェラ・キャスパリーの原作の映画化で、脚本・監督はジョセフ・L・マンキウィッツ、撮影はアーサー・ミラー、音楽はアルフレッド・ニューマンが担当。出演はジーン・クレイン、アン・サザーン、リンダ・ダーネル、ジェフリー・リン、カーク・ダグラス、ポール・ダグラス、バーバラ・ローレンスなど。

    コメディ、恋愛

    ネット上の声

    古臭さがなく見ごたえのある作品
    センスを感じる構成と演出
    センスの良い脚本と演出
    流石のマンキウィッツ
    製作年:1949
    製作国:アメリカ
    監督:ジョセフ・L・マンキウィッツ
    主演:ジーン・クレイン
    32
  33. ロイドの要心無用

    ロイドの要心無用
    評価:C3.48
    デパート店員のロイドは、ビルの壁面を登ることにかけては天才的な友人(名前もずばり“ビル“!)を、店の宣伝に利用する妙案を思いつく。しかし当日、友人が逃げたために、なんと彼がビル登りをするハメに……。大時計の針にぶら下がって大弱りのモダンボーイ=ロイド。チャップリン、キートンと並ぶ無声映画の3大喜劇王の一人、H・ロイドのイメージを決定づけた最高傑作がこれだ。高所恐怖症の観客を心の底から怖がらせ、ハラの底から笑わせるスリルとギャグの錬金術。1920年の「化物退治」の時に、右手親指と人差し指を失っているにもかかわらずビルを登るロイドの、凄絶なプロ根性には驚かされる。

    コメディ

    ネット上の声

    ロイド
    製作年:1923
    製作国:アメリカ
    監督:サム・テイラー
    主演:ハロルド・ロイド
    33
  34. 夜ごとの美女

    夜ごとの美女
    評価:C3.47
    「悪魔の美しさ」に次ぐルネ・クレールの一九五二年作品で、例によって脚本・潤色・台詞・監督をひとりで担当している。現実と夢の交錯を描いたコメディ。撮影は「情婦マノン」のアルマン・ティラール、音楽は「浮気なカロリーヌ」のジョルジュ・ヴァン・パリスの担当。主演は「花咲ける騎士道」のジェラール・フィリップとジーナ・ロロブリジーダ、「浮気なカロリーヌ」のマルティーヌ・キャロル、新人マガリ・ヴァンデゥイユで、「終着駅」のパオロ・ストッパ、「肉体の冠」のレイモン・ビュシェール、「悪魔の美しさ」のレイモン・コルディ、「花咲ける騎士道」のジャン・パレデス、「快楽」のパロオ、「沈黙は金」のベルナール・ラジャリジ…

    コメディ

    ネット上の声

    伝説の2枚目のコメディーです
    ブラボー!!いい映画。
    夜ごとのクレール
    美女はすぐそばにいた
    製作年:1952
    製作国:フランス
    監督:ルネ・クレール
    主演:ジェラール・フィリップ
    34
  35. 毒薬と老嬢

    毒薬と老嬢
    評価:C3.47
    ブロードウェイでロングランヒットした戯曲を名匠フランク・キャプラ監督が映画化した作品で、キャプラ作品としては珍しいブラック・コメディ。ブルックリンの屋敷に住む老姉妹エビイとマーサ。先の短い孤独な老人を安らかに死なせてやりたいという考えにとらわれる2人は、老人たちを屋敷に連れ込み、毒入りのワインを飲ませて殺していた。ある日彼女たちを訪ねてやって来た甥モーティマーが、地下に隠されていた死体を発見する。

    コメディ

    ネット上の声

    切れ味よろしいね・・・
    想像と違いました・・・
    ブラックだね・・・
    キャプラのコメディ
    製作年:1944
    製作国:アメリカ
    監督:フランク・キャプラ
    主演:ケイリー・グラント
    35
  36. モンキー・ビジネス

    モンキー・ビジネス
    評価:C3.47


    コメディ
    製作年:1952
    製作国:アメリカ
    監督:ハワード・ホークス
    主演:ケイリー・グラント
    36
  37. 愛のお荷物

    愛のお荷物
    評価:C3.46
    「お月様には悪いけど」の柳沢類寿と「昨日と明日の間」の川島雄三が共同で脚本を書き、川島雄三が監督に当る。撮影は「月は上りぬ」の峰重義、音楽は「女の一生(1955)」の黛敏郎。出演者は「美男お小姓 人斬り彦斎」の山村聡、轟夕起子、「月は上りぬ」の北原三枝、笠智衆、「億万長者(1954)」の山田五十鈴、「地獄への復讐」の三橋達也の外、坪内美子、東野英治郎、フランキー堺などである。

    コメディ

    ネット上の声

    「お荷物」と言いながらやっぱり子どもは宝
    見所は、轟夕起子か・・?
    下世話な考えだが
    電波と妊娠
    製作年:1955
    製作国:日本
    監督:川島雄三
    主演:三橋達也
    37
  38. 自由を我等に

    自由を我等に
    評価:C3.46
    「巴里の屋根の下」「ル・ミリオン」に次いでルネ・クレールが原作脚色した映画で、スタッフは殆ど全部右二作と同じ顔ぶれであるが音楽は所詮「大人組」の一人ジョルジュ・オーリックが特に作曲した。出演俳優は「ル・ミリオン」のレイモン・コルディ、舞台から来たアンリ・マルシャンが二人の主役で、フィルム・オッソの専属女優ローラ・フランス及びジェルメーヌ・オーセエ、「ル・ミリオン」のポール・オリヴィエ、ジャック・シェリイなどである。

    ヒューマンドラマ、コメディ

    ネット上の声

    無限の選択、無限の可能性
    くらい時代に射す光
    立派な文化遺産
    古典です。
    製作年:1931
    製作国:フランス
    監督:ルネ・クレール
    主演:アンリ・マルシャン
    38
  39. 麗しのサブリナ

    麗しのサブリナ
    評価:C3.45
    アカデミー賞(1955年・衣装デザイン賞)大富豪ララビー家のお抱え運転手の娘サブリナ(オードリー・ヘプバーン)が、主の次男デイヴィッド(ウィリアム・ホールデン)に恋心を抱くも、彼女の父は身分違いの恋を忘れさせるため娘をパリへ送り出す。2年後、洗練された淑女に変身した彼女が帰国すると、デイヴィッドはすっかり夢中に。婚約中の弟を案じる長男ライナス(ハンフリー・ボガート)は、やがて自分はサブリナが好きなことに気付き……。

    コメディ

    ネット上の声

    モノクロだからこそ際だつヘプバーンの魅力
    おしゃれなロマンティックコメディ・・・
    <午前十時の・・・> 腰、ほそっ!?
    ヘップバーンの美しさと素晴らしい脚本
    製作年:1954
    製作国:アメリカ
    監督:ビリー・ワイルダー
    主演:オードリー・ヘプバーン
    39
  40. 先生のお気に入り

    先生のお気に入り
    評価:C3.43
    新聞社の叩き上げの社会部長が、大学から講師依頼を受けた。上司の圧力で教授に出向くと、何とも魅力的な女の先生で、悪戯心を出した彼は、正体を隠してその講座に潜り込む。

    コメディ

    ネット上の声

    雰囲気の楽しいラブコメ☆3つ
    この原題、今だったらクレームもんだね。
    かなり前に見ましたが
    元祖ツンデレ?
    製作年:1958
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・シートン
    主演:クラーク・ゲイブル
    40
  41. チャップリンの殺人狂時代

    チャップリンの殺人狂時代
    評価:C3.42
    「モダン・タイムス」のチャールズ・チャップリンが、「チャップリンの独裁者」以来7年ぶりで製作した1947年度作品。製作・脚本・監督・主演を1人で行なう他、作曲も担当している。原案はオーソン・ウェルズ「第三の男」のサジェストである。撮影はローランド・トセロー。主演はチャップリンの他、「ワイキキの結婚」のマーサ・レイ、チャップリン発見の新人マリリン・ナッシュで、マディー・コレル、イゾベル・エルソム、チャールズ・エヴァンスらが助演する。

    ヒューマンドラマ、コメディ

    ネット上の声

    青髭ランドリューのどす黒い魂が輪廻する
    現代にも通ずる、、社会を皮肉った映画 !
    チャップリンの異能に拍手!!
    『数が殺人を神聖化する。』
    製作年:1947
    製作国:アメリカ
    監督:チャールズ・チャップリン
    主演:チャールズ・チャップリン
    41
  42. 幽霊と未亡人

    幽霊と未亡人
    評価:C3.41
    「ローラ殺人事件」「激闘」のジーン・ティアニー「アンナとジャム王」「茶碗の中の嵐」のレックス・ハリソン及び「謎の下宿人」「激闘」のジョージ・サンダースが主演する映画で、R・A・デイック作のベスト・セラー小説を「ボストン物語」「雨で降る」のフイリップ・ダンが脚色し「王国の鍵」「ボストン物語」のジョセフ・L・マンキウイッツが監督した1947年作品である。音楽は「アンナとシャム王」のバーナード・ハーマンが作曲し「北海の子」のチャールズ・ラングが撮影を監督した。助演者は「ボストン物語」のヴアネッサ・ブラウン「肉体と幻想」のアンナ・リー「天国への階段」のロバート・クート、英国女優のエドナ・ベスト「生き…

    コメディ

    ネット上の声

    幽霊とは気にせず、ゆっくりと余韻を楽しむ
    幽霊との恋のゆくえは....。
    生けるものと永遠のもの
    孤独な魂
    製作年:1947
    製作国:アメリカ
    監督:ジョセフ・L・マンキウィッツ
    主演:ジーン・ティアニー
    42
  43. 赤ちゃん教育

    赤ちゃん教育
    評価:C3.41
    若き古生物学者デビッドは、勤め先の博物館に百万ドルの寄付をしてくれるランダム夫人の弁護士に会いにゴルフ場へ向かうが、そこに突然現れたスーザンという娘のためにゴルフと夕食は台無しになってしまう。翌日からデビッドはスーザンに振り回されるハメになり……。今やホークスのスクリューボールコメディの中でも代表作と言われる作品だが、公開当時は興行的には失敗しており、時を経て次第に真価が理解されるようになった傑作。

    コメディ

    ネット上の声

    ”赤ちゃん”と言っても”BABY”の事?
    邪道で王道のドタバタラブコメディ
    豹はかわいいんだけど・・・
    今観てもかなり面白い
    製作年:1938
    製作国:アメリカ
    監督:ハワード・ホークス
    主演:ケイリー・グラント
    43
  44. プーサン

    プーサン
    評価:C3.40
    「あの手この手」の市川崑監督が横山泰三の漫画、毎日新聞連載「プーサン」サンデー毎日連載「ミス・ガンコ」のアイディアを取捨して、社会諷刺をねらった異色作。脚本はコムビ和田夏十に市川崑自身とNHK『陽気な喫茶店』の作者永来重明が協力した。撮影は「生きる」の中井朝一、音楽は「やっさもっさ」の黛敏郎。伊藤雄之助、越路吹雪以下のキャストの他に、横山隆一、泰三兄弟が警官、宮田重雄が酒場の客、黛敏郎がカン子の恋人とそれぞれ特別出演する。

    ヒューマンドラマ、コメディ

    ネット上の声

    ペーソスと皮肉を混ぜた社会風刺喜劇
    不器用な男の哀愁たっぷり。
    暴走トラックのOP
    トラックが表しているものは…。
    製作年:1953
    製作国:日本
    監督:市川崑
    主演:伊藤雄之助
    44
  45. 腰抜け二挺拳銃

    腰抜け二挺拳銃
    評価:C3.39
    アカデミー賞(1949年)

    コメディ
    製作年:1948
    製作国:アメリカ
    監督:ノーマン・Z・マクロード
    主演:ボブ・ホープ
    45
  46. ヒット・パレード

    ヒット・パレード
    評価:C3.38
    ハワード・ホークス監督、サミュエル・ゴールドウィン製作で映画化した『教授と美女』をリメイクしたミュージカル映画。ジャズ研究のためナイトクラブを徘徊するようになったフリズビ教授は、ギャングの情婦でジャズ歌手のハニーと出会う。

    コメディ、ミュージカル

    ネット上の声

    リメイクの力学
    製作年:1948
    製作国:アメリカ
    監督:ハワード・ホークス
    主演:ダニー・ケイ
    46
  47. キートンの蒸気船

    キートンの蒸気船
    評価:C3.37
    20世紀初頭のアメリカ南部。オンボロ蒸気船の船長をしている父ビルを訪ねて、都会から一人息子のウィリーがやって来た。およそ20年ぶりの再会を喜ぶ親子。ところが最近、商売仇のキングが金にものをいわせて新しい船を周航、父のオンボロ蒸気船は廃船が決定。しかもイカレた都会人の息子が、キングの娘キティと恋に落ちたからさぁ大変。いがみ合う父親同士の狭間で二人の愛は実るのか? クライマックスの“すさまじい台風“が語り草となっている、“キートン・プロ“最後の長編無声喜劇。風に飛ばされ頭で滑走、頭上に崩れ落ちる巨大な家壁を小窓ですり抜けるなど、喜劇王の面目躍如たる名場面がいっぱい。「キートンの船長」というタイト…

    コメディ、キートン

    ネット上の声

    古きよき時代のコミカル&アクション
    暴風雨のシーン、迫力満点!
    笑わない喜劇役者・・・
    良い味出してるオヤジ
    製作年:1928
    製作国:アメリカ
    監督:チャールズ・F・ライスナー
    主演:バスター・キートン
    47
  48. 犬の生活

    犬の生活
    評価:C3.37
    犬と旅する放浪者と酒場の女性歌手の恋を描いたコメディ。チャールズ・チャップリン監督・主演。ファースト・ナショナル社との契約作第1作。1959年にチャップリン自身により再編集と音楽が追加され、「担え銃」(1918)、「偽牧師」(1923)とともに「チャップリン・レヴュー」として公開されている。

    コメディ
    製作年:1918
    製作国:アメリカ
    監督:チャールズ・チャップリン
    主演:チャールズ・チャップリン
    48
  49. 恋多き女

    恋多き女
    評価:C3.36
    名匠ルノワール×麗しきバーグマン。ベルエポックのパリに巻き起こるドタバタ恋愛喜劇

    コメディ
    製作年:1956
    製作国:フランス
    監督:ジャン・ルノワール
    主演:イングリッド・バーグマン
    49
  50. 海底王キートン

    海底王キートン
    評価:C3.36
    「忍術キートン」に続くバスター・キートン氏の喜劇で、例によってジャン・ハヴェズ氏、クライド・ブラックマン氏、ジョー・ミッチェル氏等の原作脚色に成り、キートン氏自身が「ドン・Q」を監督したドナルド・クリプス氏と共に監督の任に当たった。相手役は「忍術キートン」の時と同じくキャスリン・マクガイア嬢である。常に新しい滑稽味を考え出す事に努力しているキートン氏は、この映画に於ても奇想天外な喜劇を見せてくれる。

    コメディ
    製作年:1924
    製作国:アメリカ
    監督:バスター・キートン
    主演:バスター・キートン
    50

スポンサードリンク