全50作品。1970年代のコメディ映画ランキング

  1. ウィークエンド・ラブ

    ウィークエンド・ラブ
    評価:S4.30
    アカデミー賞(1974年・主演女優賞) 肉体だけの“クールで大人”な関係のつもりが、本当に愛し合ってしまった男と女。数式のようにキッチリと割り切れないことを思い知らされる結末。

    コメディ

    ネット上の声

    不倫がこんなにお洒落にみえちゃいけません
    不倫ものなんだけど後味すっきり!
    大人のロマコメ
    製作年:1973
    製作国:イギリス
    監督:メルヴィン・フランク
    主演:ジョージ・シーガル
    1
  2. スティング

    スティング
    評価:S4.23
    アカデミー賞(1974年・7部門)「明日に向って撃て!」のジョージ・ロイ・ヒル監督が、主演のポール・ニューマン、ロバート・レッドフォードと再び組んだ大ヒット作。1930年代のシカゴ。大物ギャングに仲間を殺された若き詐欺師フッカーは、その恨みを晴らすため、賭博師ゴンドーフの助けを借りて一世一代の大バクチを打つ。二転三転するストーリー展開と小気味よいテンポが魅力の傑作犯罪ドラマ。アカデミー賞作品賞など、1973年度最多7部門を受賞。

    コメディ、どんでん返し

    ネット上の声

    今年ラストは昨年と同じく、この傑作でした
    スティングのスティングたるゆえん
    「イカサマ師の手法」教えます
    映画がさらに好きになった!
    製作年:1973
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・ロイ・ヒル
    主演:ロバート・レッドフォード
    2
  3. 男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け

    男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け
    評価:S4.14
     “男はつらいよ”シリーズ第17作目。風変りな日本画壇の大御所の老人とチャーミングな芸者を相手に義理人情に篤い寅さんが奮闘するシリーズの中でも人気の1本。

    ヒューマンドラマ、コメディ、男はつらいよ

    ネット上の声

    絶対の自信を持ってオススメします!!
    200万円ってどんくらいの厚さ?
    それを失くしちゃあ、おしめぇよ!
    畳の部屋から見えるヒューマニズム
    製作年:1976
    製作国:日本
    監督:山田洋次
    主演:渥美清
    3
  4. あんなに愛しあったのに

    あんなに愛しあったのに
    評価:S4.12
    セザール賞(1977年・外国映画賞) “映画”と“物語る”ことへの愛に満ちた、それゆえにやや感傷的なスコラの中期の秀作。第二次大戦中のレジスタンス仲間アントニオ、ジャンニ、ニコラは戦後、病院の救急班、弁護士助手、教師としてそれぞれの道を歩みながらも、変わらぬ固い友情で結ばれていた。

    ヒューマンドラマ、コメディ、恋愛

    ネット上の声

    人の思いを描き出す
    きっと私も○○だ!
    製作年:1974
    製作国:イタリア
    監督:エットレ・スコーラ
    主演:ニーノ・マンフレディ
    4
  5. モンティ・パイソン/ライフ・オブ・ブライアン

    モンティ・パイソン/ライフ・オブ・ブライアン
    評価:A4.04
     英国BBC放送のTVシリーズ「モンティ・パイソン」の映画版オリジナル・ストーリー。イエス・キリストとほぼ同時に、一つ隣りの小屋で生まれたブライアンという青年の生涯を描いたコメディ。

    コメディ

    ネット上の声

    パイソンズが目指す芸術的自由の飽無き追求
    隣人を愛せと唱えつつ殺戮する人々を笑う
    大きな風刺にコネタのトッピングが絶妙
    ダ・ヴィンチ・コードよりすごい
    製作年:1979
    製作国:イギリス
    監督:テリー・ジョーンズ
    主演:グレアム・チャップマン
    5
  6. おかしなおかしな大冒険

    おかしなおかしな大冒険
    評価:A4.02
     いつも自作のヒーロー小説の主人公を自分にダブらせて夢想にふけっている、しがない中年作家の前に美人学生が越して来た……。現実の生活と夢のアクション・シーンが並行で描かれ、やがて主人公の奮起につながっていくという構成が楽しく、ベルモンドの魅力も充分に発揮された娯楽編に仕上がっている。

    コメディ

    ネット上の声

    肩肘張らずに、思いっきり楽しめるコメディ
    このめちゃくちゃが楽しいの♡
    大好きな大好きな映画
    製作年:1973
    製作国:フランス/イタリア
    監督:フィリップ・ド・ブロカ
    主演:ジャン=ポール・ベルモンド
    6
  7. 男はつらいよ 寅次郎相合い傘

    男はつらいよ 寅次郎相合い傘
    評価:A3.98
     人気シリーズの第15作。今回のマドンナには「寅次郎忘れな草」(第11作)に続いて再び浅丘ルリ子が登場。

    ヒューマンドラマ、コメディ、男はつらいよ

    ネット上の声

    これはシリーズ最高傑作(全作見てないのであくまで現時点で、すいませ...
    浅丘ルリ子のリリーと寅さんのケミストリー
    茶の間のメロン騒動だけでも見る価値アリ
    マドンナを罵倒する寅さん
    製作年:1975
    製作国:日本
    監督:山田洋次
    主演:渥美清
    7
  8. トラック野郎 故郷(ふるさと)特急便

    トラック野郎 故郷(ふるさと)特急便
    評価:A3.98
    お馴染、桃次郎とジョナサンのコンビが土佐路を舞台に走り回るシリーズ第十作目。脚本は「天使の欲望」の中島丈博と松島利昭の共同執筆、監督は「堕靡泥の星 美少女狩り」の鈴木則文、撮影は「暴力戦士」の出先哲也がそれぞれ担当。

    コメディ、トラック野郎

    ネット上の声

    再びビデオで見て感想は・・・・
    桃次郎!郷愁土佐の歌
    人情劇の数々
    高知編
    製作年:1979
    製作国:日本
    監督:鈴木則文
    主演:菅原文太
    8
  9. ファール・プレイ

    ファール・プレイ
    評価:A3.93
     図書館勤めの女性グロリアが知り合った男が、“ドワーフに気をつけろ”という言葉を残して殺害される。以来、彼女の身辺には、白色症の男がつきまとい始める。

    コメディ

    ネット上の声

    チャーミング☆
    G・ホーンの魅力
    コメディ謎解き
    製作年:1978
    製作国:アメリカ
    監督:コリン・ヒギンズ
    主演:ゴールディ・ホーン
    9
  10. ドラキュラ都へ行く

    ドラキュラ都へ行く
    評価:A3.90
     トランシルバニアの居城を追い出されたドラキュラ伯爵が憧れのファション・モデルに会うためニューヨークへやって来る。ドラキュラ物の定石をきっちり踏まえた上での好パロディ編(脚本ロバート・カウフマン)で、ダンディ振りを発揮するG・ハミルトンと的はずれのモンスター撃退法でドラキュラに迫るR・ベンジャミンのキャラクターもユニーク。

    コメディ

    ネット上の声

    コマネチに惚れてりゃ都に行ってなかったよ
    ドラキュラによるドラキュラのためのシネマ
    ドラキュラ映画?の傑作コメディ!懐かしい
    ドラキュラ映画史上最高
    製作年:1979
    製作国:アメリカ
    監督:スタン・ドラゴッティ
    主演:ジョージ・ハミルトン
    10
  11. 天国から来たチャンピオン

    天国から来たチャンピオン
    評価:A3.83
    アカデミー賞(1979年・美術賞)アメリカン・フットボウルの選手が、天国の案内人のミスからさまざまな騒動に捲き込まれるというコメディ映画。製作は「シャンプー」などの俳優、ウォーレン・ベイティ、監督はバック・ヘンリーとウオーレン・ベイティ、脚本はエレイン・メイとウォーレン・ベイティ、原作はハリー・シーガル、撮影はウィリアム・A・フレイカー、音楽はデイブ・グルーシンが各々担当。出演はウォーレン・ベイティ、ジュリー・クリスティ、ジェームズ・メイスン、ジャック・ウォーデン、チャールズ・グローディン、ダイアン・キャノン、バック・ヘンリー、ビンセント・ガーディニア、ジョセフ・メイハーなど。

    ヒューマンドラマ、コメディ、アメフト・ラグビー、入れ替わり

    ネット上の声

    奇想天外なストーリーがいかにも映画って感じで面白い。悪人役もおばか...
    目の奥にある何かを見つけてほしい。
    あなたクォーターバックね?
    ちょっとかなしい
    製作年:1978
    製作国:アメリカ
    監督:ウォーレン・ベイティ
    主演:ウォーレン・ベイティ
    11
  12. トラック野郎 天下御免

    トラック野郎 天下御免
    評価:A3.83
    このシリーズ四作目で、今回は、由美かおるをマドンナ役に、山陽・四国を舞台にドラマは展開される。脚本は「お祭り野郎 魚河岸の兄弟分」の鈴木則文と、「男組 少年刑務所」の中島信昭、監督は「トラック野郎 望郷一番星」の鈴木則文、撮影は「武闘拳 猛虎激殺!」の仲沢半次郎がそれぞれ担当。

    コメディ、トラック野郎

    ネット上の声

    鈴木則文監督の良い意味でのいい加減さが全開
    四国路を行く
    元気が出る
    由美
    製作年:1976
    製作国:日本
    監督:鈴木則文
    主演:菅原文太
    12
  13. 男はつらいよ 寅次郎忘れな草

    男はつらいよ 寅次郎忘れな草
    評価:A3.83
    “男はつらいよ”シリーズ第十一作目。今回の寅さんが恋する相手は、北海道で偶然知りあった薄幸の三流歌手、リリー。このリリーをめぐっての寅さんの奮闘努力を描く。脚本は「故郷」の宮崎晃、「男はつらいよ 寅次郎夢枕」の朝間義隆、監督は脚本も執筆している同作の山田洋次、撮影は「愛ってなんだろ」の高羽哲夫がそれぞれ担当。

    ヒューマンドラマ、コメディ、北海道が舞台、男はつらいよ

    ネット上の声

    親愛なる寅さんへ 銀ちゃんより愛を込めて
    人間って本当に優しいよね!
    山田監督自ら
    やっぱマドンナは リリーさんで決まり!
    製作年:1973
    製作国:日本
    監督:山田洋次
    主演:渥美清
    13
  14. ヤング・フランケンシュタイン

    ヤング・フランケンシュタイン
    評価:A3.80
    怪奇映画の主人公フランケンシュタインをパロディ化したコメディ。製作はマイケル・グラスコフ、監督は「ブレージングサドル」のメル・ブルックス、脚本はブルックス自身と俳優のジーン・ワイルダーの共同、原作はメアリー・シェリーの『フランケンシュタイン』、撮影はジェラルド・ハーシュフェルド、音楽はジョン・モリス、美術はデール・ヘネシー、セットはボブ・デ・ベステル、メークはウィリアム・タトル、特殊効果はヘンリー・ミラーとハル・ミラーが各々担当。出演はジーン・ワイルダー、ピーター・ボイル、マーティ・フェルドマン、マデリーン・カーン、クロリス・リーチマン、リチャード・ヘイドン、ジーン・ハックマン、テリー・ガー…

    コメディ

    ネット上の声

    メル・ブルックスの最高傑作!
    じゃあ先生、あそこもですか?
    バルーハ!がバニククー?
    懐かしい3本立て
    製作年:1974
    製作国:アメリカ
    監督:メル・ブルックス
    主演:ジーン・ワイルダー
    14
  15. モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル

    モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル
    評価:B3.79
     神のお告げで聖杯の存在を知ったアーサー王は、配下の円卓の騎士たちと共に果てしない探索の旅に出る。行く手を阻む悪い魔女や怪物、謎の黒騎士を退け、アーサー王は聖杯の納められている砦にたどり着くが……。

    コメディ

    ネット上の声

    すっごいバカ映画(笑)、でも愛してる!
    今も変わらない独特の魅力満載です!
    あれ?これレビューしてないや・・・
    歴史に残る史上最強のラスト
    製作年:1975
    製作国:イギリス
    監督:テリー・ギリアム
    主演:グレアム・チャップマン
    15
  16. 男はつらいよ 寅次郎恋歌

    男はつらいよ 寅次郎恋歌
    評価:B3.79
    昭和四十九年九月に登場して以来、松竹のドル箱的存在となった「男はつらいよ」シリーズ八作目。なお今回は二時間という大作となり、寅さんの八人目の恋人として池内淳子が出演する。脚本は朝間義隆と山田洋次。監督、撮影は前作「男はつらいよ 奮闘篇」同様、山田洋次と高羽哲夫がそれぞれ担当。

    ヒューマンドラマ、コメディ、男はつらいよ

    ネット上の声

    はぐれ者には滅法優しいシリーズ8作目
    森川信の最後の「馬鹿だねぇ」
    1代目おいちゃん最後のアリア
    情景描写対決
    製作年:1971
    製作国:日本
    監督:山田洋次
    主演:渥美清
    16
  17. 男はつらいよ 寅次郎と殿様

    男はつらいよ 寅次郎と殿様
    評価:B3.78
    “男はつらいよ”シリーズ19作目。今回は嵐寛寿郎と17人目のマドンナ役の真野響子をゲストに迎え、寅さんとおなじみとらや一家が、繰りひろげる喜劇。脚本は「男はつらいよ 寅次郎純情詩集」の山田洋次と朝間義隆の共同、監督も同作の山田洋次、撮影も同作の高羽哲夫がそれぞれ担当。

    ヒューマンドラマ、コメディ、男はつらいよ

    ネット上の声

    忠臣蔵ゴッコも達者と解るシリーズ19作目
    ちょっと控え目な寅さん・・・
    完成度の高い作品
    殿様はアラカン
    製作年:1977
    製作国:日本
    監督:山田洋次
    主演:渥美清
    17
  18. ブルジョワジーの秘かな愉しみ

    ブルジョワジーの秘かな愉しみ
    評価:B3.77
    アカデミー賞(1973年) ブルジョワ階級の、一般階級とは異なる価値観で生きる奇妙な日常をシニカルに描いたドラマ。某国の駐仏大使とその友人一行が、セネシャルの屋敷を訪れる。

    ヒューマンドラマ、コメディ

    ネット上の声

    分析しないで、不思議な展開を楽しみましょ
    くすくす笑える、映画好きのための映画!
    欲求不満のブルジョワジーが可笑しい
    80点 この下らなくて高価な味わい。
    製作年:1972
    製作国:フランス
    監督:ルイス・ブニュエル
    主演:ジャン=ピエール・カッセル
    18
  19. メーン・イベント

    メーン・イベント
    評価:B3.76
     倒産した会社の女社長が、唯一の財産である契約ボクサーを試合に出して、金を稼ごうとする。ところが、彼女はボクシングのことなど何一つ分からない。

    コメディ、恋愛、ボクシング

    ネット上の声

    バーバラ・ストライサンドが輝くコメディ!
    好きな子の母親が、バーブラに似ていた。
    ほんの一寸だけ大人向けラブ・コメディ
    おもしろいですよ・・・
    製作年:1979
    製作国:アメリカ
    監督:ハワード・ジーフ
    主演:バーブラ・ストライサンド
    19
  20. トラック野郎 御意見無用

    トラック野郎 御意見無用
    評価:B3.75
    長距離トラックの運転手の生活をペーソス豊かに描いた喜劇。脚本は澤井信一郎、監督は脚本も執筆している「けんか空手 極真拳」の鈴木則文、撮影は「青い性(1975)」の仲沢半次郎がそれぞれ担当。

    アクション、コメディ、トラック野郎

    ネット上の声

    トラックのデコレーションはかなり地味ですが・・・
    やばい!シリーズはまりそうです
    素晴らしい!の一言です。
    まさに「痛快娯楽映画」
    製作年:1975
    製作国:日本
    監督:鈴木則文
    主演:菅原文太
    20
  21. 喜劇 女は男のふるさとヨ

    喜劇 女は男のふるさとヨ
    評価:B3.75
    藤原審爾原作の「わが国おんな三割安」の映画化。脚本は「男はつらいよ 奮闘篇」の山田洋次。監督は脚本も執筆している「高校さすらい派」の森崎東。撮影も同作の吉川憲一がそれぞれ担当。

    コメディ

    ネット上の声

    『男はつらいよ』の原点はこの作品
    なんちゅーかね、その〜〜
    何てきれいなんだろう?
    星子!星子!星子!
    製作年:1971
    製作国:日本
    監督:森崎東
    主演:森繁久彌
    21
  22. ボギー!俺も男だ

    ボギー!俺も男だ
    評価:B3.73
     うだつのあがらない脚本家のアランは、妻に愛想をつかされ、離婚の瀬戸際に立たされる。だが、彼にはどうすれば危機を乗りきれるか分からない。

    コメディ

    ネット上の声

    『カサブランカ』から続けて観るのがお勧め
    「カサブランカ」愛を感じる
    薄味
    リメイクならボギーはルイス・フィーゴで☆
    製作年:1972
    製作国:アメリカ
    監督:ハーバート・ロス
    主演:ウディ・アレン
    22
  23. 男はつらいよ 噂の寅次郎

    男はつらいよ 噂の寅次郎
    評価:B3.72
    昭和四十三年に登場して、今正月で十年目を迎えた二十二作目の今回は、マドンナに大原麗子、寅さんの恋敵に室田日出男を起用して、泉ピン子が脇をかためている。脚本は「男はつらいよ 寅次郎わが道をゆく」の山田洋次と同作の朝間義隆の共同執筆、監督も同作の山田洋次、撮影も同作の高羽哲夫が担当している。

    ヒューマンドラマ、コメディ、男はつらいよ

    ネット上の声

    『すこ〜し愛して、なが〜く愛して』
    やっぱりいいですね、大原麗子・・・
    想い続ける心を知ったシリーズ22作目
    うーん、色っぽい人だったのね。
    製作年:1978
    製作国:日本
    監督:山田洋次
    主演:渥美清
    23
  24. ロッカーズ

    ロッカーズ
    評価:B3.71
    ジャマイカを舞台に、有名レゲエ・ミュージシャンが大量に出演するアクション・コメディ。グレゴリー・アイザック、ジェイコブ・ミラーらルーツ・ロック・レゲエのミュージシャンがラスタマン達の日常を演じ、ピーター・トッシュ、バニー・ウェイラー等の音楽が全編に流れる。

    コメディ

    ネット上の声

    ラスタ、レゲエ好きにはおすすめ。
    レゲエが大好きなので…
    レゲエのリズム
    イズム
    製作年:1978
    製作国:ジャマイカ
    監督:セオドロス・バファルコス
    主演:ロリー・ウォーレス
    24
  25. お熱い夜をあなたに

    お熱い夜をあなたに
    評価:B3.71
    ゴールデン・グローブ賞(1972年) 「麗しのサブリナ」の原作者による戯曲を基に、I・A・L・ダイアモンドとの共同脚本をワイルダーが製作も兼ね演出したロマンティック・コメディ。父の訃報を聞き、イスキア島を訪れた米国人実業家は、父が毎年そこで英国婦人と共にバカンスを過ごし、一緒に自動車事故で死んだと知る。

    ヒューマンドラマ、コメディ

    ネット上の声

    ゆったりと映画の世界に浸れる幸福。
    黄金コンビの作品
    名コンビ
    ビリーワイルダーにしては
    製作年:1972
    製作国:アメリカ
    監督:ビリー・ワイルダー
    主演:ジャック・レモン
    25
  26. 新・男はつらいよ

    新・男はつらいよ
    評価:B3.70
    「男はつらいよ フーテンの寅」の山田洋次と宮崎晃が脚本を共同執筆し、同作の執筆陣の一人小林俊一の第一回監督作品。シリーズ第四作、撮影は同じく高羽哲夫。

    ヒューマンドラマ、コメディ、男はつらいよ

    ネット上の声

    相変わらずだね、馬っ鹿だねぇ、知らねぇよ。
    男はつらいよ 寅さんDVDマガジンより
    園児プレイにはしるシリーズ4作目
    栗原小巻先生に惚れる
    製作年:1970
    製作国:日本
    監督:小林俊一
    主演:渥美清
    26
  27. トラック野郎 突撃一番星

    トラック野郎 突撃一番星
    評価:B3.69
     「トラック野郎」シリーズ第七作。

    コメディ、トラック野郎

    ネット上の声

    未知との遭遇!?
    フィルム切れ&ゲストトーク
    松下ギャグ
    「トラック野郎」第7作目 玉三郎登場
    製作年:1978
    製作国:日本
    監督:鈴木則文
    主演:菅原文太
    27
  28. トラック野郎 爆走一番星

    トラック野郎 爆走一番星
    評価:B3.67
    “トラック野郎”シリーズ第2作目。スピードに命を張り、恋に身を焦がす長距離トラック運転手の哀歓を描いた喜劇。脚本は「トラック野郎 御意見無用」の澤井信一郎、監督は脚本も執筆している同作の鈴木則文、撮影は「帰って来た女必殺拳」の飯村雅彦がそれぞれ担当。

    コメディ、トラック野郎

    ネット上の声

    面白いぞ
    「爆走」を「網走」と読み間違えていた。
    菅原文太の出世作
    ウ○コネタ炸裂!
    製作年:1975
    製作国:日本
    監督:鈴木則文
    主演:菅原文太
    28
  29. グッバイガール

    グッバイガール
    評価:B3.67
    アカデミー賞(1978年) いつも男に逃げられてばかりいる子持ちのダンサーと、手違いから同居するはめになった売れない役者が結ばれるまでを描いたニール・サイモンの軽妙な都会派コメディをH・ロスが演出、ハートウォーミングな佳作に仕上げている。R・ドレイファスはアカデミー主演男優賞受賞。

    コメディ

    ネット上の声

    軽妙なラブ・コメではありますが・・・
    派手さはないが、味がある
    70年代のしゃれた一本
    設定が面白い
    製作年:1977
    製作国:アメリカ
    監督:ハーバート・ロス
    主演:リチャード・ドレイファス
    29
  30. 男はつらいよ 望郷篇

    男はつらいよ 望郷篇
    評価:B3.67
    ひさびさにこのシリーズが生みの親、山田洋次のもとに帰っての五作目。脚本は「新・男はつらいよ」でコンビを組んだ山田洋次と宮崎晃。監督は「続男はつらいよ」の山田洋次。撮影は高羽哲夫が担当。

    ヒューマンドラマ、コメディ、花火が印象的、北海道が舞台、男はつらいよ

    ネット上の声

    恋の花も花火と共に散るシリーズ5作目
    鈍感マドンナ・・・
    労働者諸君!
    これしか観たことないんで、シリーズの中でどういう位置付けになるのか...
    製作年:1970
    製作国:日本
    監督:山田洋次
    主演:渥美清
    30
  31. トラフィック

    トラフィック
    評価:B3.65
     「ぼくの伯父さん」のJ・タチによるユロ氏シリーズの第4弾。ムッシュ・ユロは自動車メーカーのデザイナー。

    ヒューマンドラマ、コメディ

    ネット上の声

    ジャック・タチのトラフィック
    交通事情はこわい
    すごくおしゃれで面白い また、この映画作りのための信念がすごい と...
    陽気なマニアック
    製作年:1971
    製作国:フランス
    監督:ジャック・タチ
    主演:ジャック・タチ
    31
  32. メル・ブルックス/新サイコ

    メル・ブルックス/新サイコ
    評価:B3.65
     「ヤング・フランケンシュタイン」で怪奇映画を、「ブレージングサドル」で西部劇を、「サイレント・ムービー」で無声映画をサカナにしたM・ブルックスが、今度は“ヒッチコック映画”の徹底的なパロディに挑んだサスペンス・コメディ。サンフランシスコ郊外の療養所に赴任して来た事から陰謀に巻き込まれる精神病理学者のソーンダイク博士(もちろんM・ブルックス)の奮闘を描く。

    コメディ

    ネット上の声

    実はミュージカル部分が一番楽しい。
    どんだけ映画好きなんだ?メル?
    私にとっての笑いの神様です!
    ヒッチコックファンならどうぞ。
    製作年:1977
    製作国:アメリカ
    監督:メル・ブルックス
    主演:メル・ブルックス
    32
  33. バード★シット

    バード★シット
    評価:B3.64
    1970年代当時、『M★A★S★H マッシュ』で脚光を浴び始めたばかりのロバート・アルトマン監督による、カルト的人気を誇るブラック・コメディー。空を飛ぶ夢を抱く少年を中心に交錯する人々と、死体のこめかみに鳥のフンが付着した連続殺人事件の謎を奇想天外に描く。

    ヒューマンドラマ、コメディ

    ネット上の声

    忘れられたアメリカンニューシネマの一本
    R・アルトマン、幻のカルト・コメディ
    珍鳥、再びドームに舞う
    巨匠ロバート・アルトマンによる狂騒ワルツ
    製作年:1970
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・アルトマン
    主演:バッド・コート
    33
  34. 砂漠の流れ者

    砂漠の流れ者
    評価:B3.64
     「ワイルドバンチ」のサム・ペキンパー監督が、古き良き開拓時代への惜別を込めて描く異色の西部劇。時代の流れに取り残された一人の男の風変わりな復讐譚がセンチメンタルに綴られてゆく。

    ヒューマンドラマ、アクション、コメディ、西部劇

    ネット上の声

    ワイルド・バンチを観た人はこっちも観て!
    暴力描写の無いペキンパー作品
    味がある愛される西部劇
    西部劇へのバラード
    製作年:1970
    製作国:アメリカ
    監督:サム・ペキンパー
    主演:ジェイソン・ロバーズ
    34
  35. サイレント・ムービー

    サイレント・ムービー
    評価:B3.63
     映画監督メル・ファン(M・ブルックス)は、撮影所の再建のために、オール・スター出演によるサイレント・ムービーを作ろうとする。早速、部下と共に、ポール・ニューマン、アン・バンクロフト、ライザ・ミネリといったスターに出演を交渉しに行くが……。

    ヒューマンドラマ、コメディ

    ネット上の声

    メルブルックスワールド全開・・・
    観客の笑い声が‘音響効果’です
    たぬき親父の楽しいドタバタ
    メル
    製作年:1976
    製作国:アメリカ
    監督:メル・ブルックス
    主演:メル・ブルックス
    35
  36. 天国から落ちた男

    天国から落ちた男
    評価:B3.62
     S・マーティンの主演デビュー作。黒人一家に育てられた白人の養子。

    コメディ

    ネット上の声

    おばかだけどなんとなくスマート
    まあまあ・・・
    スティーヴ・マーティンの劇場映画初主演作
    浮いても沈んでも行き着く先は…
    製作年:1979
    製作国:アメリカ
    監督:カール・ライナー
    主演:スティーヴ・マーティン
    36
  37. トラック野郎 熱風5000キロ

    トラック野郎 熱風5000キロ
    評価:B3.61
     「トラック野郎」シリーズ第九作。

    コメディ、トラック野郎

    ネット上の声

    「トラック野郎」第9作目 男なら見るべし
    トラック野郎と寅さんの違い。
    信州から富山へ
    規制が厳しかったのでしょうか?
    製作年:1979
    製作国:日本
    監督:鈴木則文
    主演:菅原文太
    37
  38. モンティ・パイソン・アンド・ナウ

    モンティ・パイソン・アンド・ナウ
    評価:B3.60
     テレビ・シリーズ「空飛ぶモンティ・パイソン」で放送された傑作コントを劇場用に撮りなおして一本にまとめたもの。テレビ番組が視聴者を脅迫する「ブラック・メイル」や不良婆さんなど名作コントの他、監督として有名になる前のT・ギリアムが手掛けたシュールなアニメーションが楽しめる。

    コメディ

    ネット上の声

    金持ちのバカ息子ども!これでもくらえ
    上流階級のアホたち
    これがこれがこれこそが、オリジナル
    今でも耐えられるネタです。
    製作年:1971
    製作国:イギリス
    監督:イアン・マクノートン
    主演:グレアム・チャップマン
    38
  39. 男はつらいよ 寅次郎恋やつれ

    男はつらいよ 寅次郎恋やつれ
    評価:B3.60
     国民的人気シリーズ「男はつらいよ」第13作目で、マドンナ役は「男はつらいよ 柴又慕情」に引き続き吉永小百合が演じた。何と本作では寅さんが二人の女性にふられてしまう。

    ヒューマンドラマ、コメディ、花火が印象的、男はつらいよ

    ネット上の声

    渥美清も吉永も倍賞も・・・みんな若かった
    リバイバル寅さんレビュー二本立ての其の二
    誰かに似ていると思ったら、高島アヤパン
    未亡人と実の父親との心の接点がテーマ
    製作年:1974
    製作国:日本
    監督:山田洋次
    主演:渥美清
    39
  40. ピンク・パンサー3

    ピンク・パンサー3
    評価:B3.59
     クルーゾー警部の巻き起こす騒動によって、精神衰弱に陥ったドレフュス署長が精神病院に収容される。しかし、ドレフュスは病院を脱走、科学者を誘拐して物質消滅光線を作らせる。

    コメディ

    ネット上の声

    ドレフュスが世界征服より大事な事・・
    PPシリーズはこれが最後の傑作でしょ
    世界から狙われるクルーゾー警部
    サウンド・オブ・ミュージック
    製作年:1976
    製作国:イギリス
    監督:ブレイク・エドワーズ
    主演:ピーター・セラーズ
    40
  41. でんきくらげ

    でんきくらげ
    評価:B3.59
    「豹は走った」の石松愛弘と「女体(1969)」の増村保造が脚本を共同執筆、増村保造が監督した風俗もの。撮影は「あなた好みの」の小林節雄が担当。

    ヒューマンドラマ、コメディ

    ネット上の声

    ジャケ負けはしてません。
    う〜ん隠れた名作でした。
    けなげに頑張る渥美マリ
    久々に増村作品を観ました。が……。
    製作年:1970
    製作国:日本
    監督:増村保造
    主演:渥美マリ
    41
  42. Mr.BOO!ミスター・ブー

    Mr.BOO!ミスター・ブー
    評価:C3.59
    香港を舞台に、バイタリティとド根性と好奇心に満ちあふれた“ミスター・ブー”と呼ばれる男たちが捲きこまれるさまざまな事件を描くアクション・コメディ映画。製作は「ブルース・リー 死亡遊戯」のレイモンド・チョウ、監督・脚本はマイケル・ホイ、撮影はチャン・ヤオ・チュー・音楽はサミュエル・ホイとザ・ロータス、作詩、作曲・唄はサミュエル・ホイが各々担当。出演はマイケル、サミュエル、リッキーのホイ3兄弟、テレサ・チュウ、リチャード・ウン、シー・キエンなど。

    コメディ、探偵

    ネット上の声

    抱腹絶倒した印象。ホイ3兄弟は最高だった。
    吹替えがピタリとはまる心地よさ
    もう、笑い死ぬかと思った。
    このメンバー好きです
    製作年:1976
    製作国:香港
    監督:マイケル・ホイ
    主演:マイケル・ホイ
    42
  43. チャンス

    チャンス
    評価:C3.59
    アカデミー賞(1980年) 「さらば冬のかもめ」のハル・アシュビーが、政治やマスコミなどに対する諷刺を暗に散りばめ、ふとしたことから大統領にまで祭り上げられる男の姿をコミカルに描いた作品。数十年屋敷から出たことのない庭師チャンスは、主人の死をきっかけに解雇、突然世間に放り込まれる。

    ヒューマンドラマ、コメディ、知的障害

    ネット上の声

    重要なこと程、シンプルなのかも
    何も考えていない奴には敵わない
    哲学的な寓話と観るべき作品
    ピーター・セラーズの好演
    製作年:1979
    製作国:アメリカ
    監督:ハル・アシュビー
    主演:ピーター・セラーズ
    43
  44. フリービーとビーン/大乱戦

    フリービーとビーン/大乱戦
    評価:C3.54
    サンフランシスコを舞台に、ズッコケ刑事二人組の活躍を描くアクション・コメディ。製作総指揮はフロイド・マトラックス、製作・監督は「…you…」のリチャード・ラッシュ、脚色はロバート・カウフマン、原作はフロイド・マトラックス、撮影はラズロ・コバックス、音楽はドミニク・フロンティア、編集フレドリック・スタインカンプなど。出演アラン・アーキン、ジェームズ・カーン、ロレッタ・スイット、ジャック・クラシェン、マイク・ケリン、リンダ・マーシュ、バレリー・ハーバーなど。

    アクション、コメディ

    ネット上の声

    VIVAと書いたTシャツが欲しい
    ドタバタしてるね
    ドタバタ刑事物
    刑事2人組、こどものように大暴れ
    製作年:1974
    製作国:アメリカ
    監督:リチャード・ラッシュ
    主演:アラン・アーキン
    44
  45. 大陸横断超特急

    大陸横断超特急
    評価:C3.53
     ロスからシカゴに向かう大陸横断超特急シルバーストリーク号を舞台に、殺人事件に遭遇した事から、組織の大掛かりな陰謀に巻き込まれた主人公の冒険を描いた痛快娯楽作で、A・ヒラーの職人気質が効を奏した逸品。コメディ、ミステリー、ロマンス、サスペンスなどエンタテインメントの要素をこれでもかと注ぎ込み、クライマックスには驚天動地の大スペクタクルも待っている超お買い得作!

    コメディ

    ネット上の声

    面白いが、ジャンルがわからん作品だなw
    シカゴで駅に大型トラック突っ込む、
    何度も落ちるジーンが好き(笑)
    これで、3度目だもの〜〜
    製作年:1976
    製作国:アメリカ
    監督:アーサー・ヒラー
    主演:ジーン・ワイルダー
    45
  46. 怪獣大奮戦 ダイゴロウ対ゴリアス

    怪獣大奮戦 ダイゴロウ対ゴリアス
    評価:C3.53
    国家機関の手で育てられた子供怪獣・ダイゴロウが宇宙から飛来した大星獣ゴリアスとバトルを演じる、円谷プロダクション10周年記念作品として製作された怪獣コメディ。監督は飯島敏宏。

    コメディ

    ネット上の声

    怪獣映画の最高傑作(ある意味で・・・)
    宮崎・高畑に負けた怪獣映画
    何とも懐かしい・・・
    昭和の匂いがします
    製作年:1972
    製作国:日本
    監督:飯島敏宏
    主演:犬塚弘
    46
  47. ダイナマイトどんどん

    ダイナマイトどんどん
    評価:C3.51
    昭和二十五年、北九州一円でエスカレートしたヤクザの抗争を民主的に解決しようと開かれたヤクザ組織の野球大会を描く。脚本は「アラスカ物語」の井手雅人と古田求の共同執筆、監督は「姿三四郎(1977)」の岡本喜八、撮影は「青春の門 自立篇(1977)」の村井博がそれぞれ担当。

    コメディ、ヤクザ・ギャング

    ネット上の声

    菅原文太はビールばかり飲んじゃいません。
    今は民主主義の時代じゃからのぉ
    任侠ベースボールコメディ
    あぶない野球映画
    製作年:1978
    製作国:日本
    監督:岡本喜八
    主演:菅原文太
    47
  48. 男はつらいよ 私の寅さん

    男はつらいよ 私の寅さん
    評価:C3.51
    “男はつらいよ”シリーズ十二本目。フーテンの寅こと車寅次郎が、故郷柴又にて巻き起こす笑いと騒動を描く人情喜劇。脚本は「男はつらいよ 寅次郎忘れな草」の朝間義隆、原作・監督は脚本も執筆している同作の山田洋次、撮影も同作の高羽哲夫がそれぞれ担当。

    ヒューマンドラマ、コメディ、男はつらいよ

    ネット上の声

    あなた様 どうか美しい絵をお描きつづけ下さいまし
    男はつらいよ 寅さんDVDマガジンより
    私のカバさん!?シリーズ12作目
    珍しい場面があった
    製作年:1973
    製作国:日本
    監督:山田洋次
    主演:渥美清
    48
  49. おかしなおかしな大追跡

    おかしなおかしな大追跡
    評価:C3.49
    博識多才なオテンバ娘と、音楽理論学会にのり込んできた田舎青年が、まったく同じ形の4つの旅行カバンのおかげでとんでもない大事件にまき込まれていくコメディー。製作・監督はピーター・ボグダノヴィッチ、脚本はバック・ヘンリー、デイヴィッド・ニューマン、ロバート・ベントンの共同執筆、撮影はラズロ・コヴァックス、音楽はアーティ・バトラー、編集はヴェルナ・フィールズが各々担当。出演はバーブラ・ストライサンド、ライアン・オニール、ケネス・マース、オースティン・ペンドルトン、ソレル・ブック、ステファン・ギーラッシュなど。

    コメディ

    ネット上の声

    バーブラ・ストライサンドの独壇場!
    抱腹絶倒のカーチェイス
    やるね
    物語は古典だけど、面白い
    製作年:1972
    製作国:アメリカ
    監督:ピーター・ボグダノヴィッチ
    主演:バーブラ・ストライサンド
    49
  50. トラック野郎 男一匹桃次郎

    トラック野郎 男一匹桃次郎
    評価:C3.48
    マドンナに夏目雅子を迎えたシリーズ六作目は、舞台を九州に移し、剣道三段の女学生に恋する桃次郎の活躍を描く。脚本は「空手バカ一代」の掛札昌裕と「トラック野郎 度胸一番星」の鈴木則文、監督も同作の鈴木則文、撮影も同作の飯村雅彦がそれぞれ担当。

    コメディ、トラック野郎

    ネット上の声

    鈴木則文監督による縦横無尽なギャグが満載で笑わせてくれる
    田舎では寅さんと二本立てだった
    浮気をしてしまったジョナサン
    みんな逝ってしまった
    製作年:1977
    製作国:日本
    監督:鈴木則文
    主演:菅原文太
    50

スポンサードリンク