全50作品。木下恵介監督が制作した映画ランキング

  1. 香華 前後篇

    香華 前後篇
    評価:A4.04
     有吉佐和子の同名ベストセラー小説を、木下恵介が脚色し監督。明治から昭和までの六十年に及ぶ母と娘の壮大な物語で、乙羽信子と岡田茉莉子が共演した。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    母と娘2人の60年に及ぶ愛憎劇
    素晴らしい作品です。
    女は3界に家なし
    残念なところも多かった・・・
    製作年:1964
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:岡田茉莉子
    1
  2. 二十四の瞳

    二十四の瞳
    評価:A4.01
    ゴールデングローブ賞(1954年・外国語映画賞)名匠・木下惠介監督が、高峰秀子を主演に描いた永遠の名作。瀬戸内海の小豆島の小学校で、12人の生徒たちを教えることになった大石先生。しかし、貧しい村の子供たちは希望通りに進学できず、やがて戦争の波に飲まれていく。

    ヒューマンドラマ、小学校

    ネット上の声

    リマスター2007年の上映観て来ました。
    日本版サウンド・オブ・ミュージックだね!
    生徒の純粋な思慕、先生の深い情愛に涙する
    NO.45「に」のつく元気になった邦画
    製作年:1954
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:高峰秀子
    2
  3. 新・喜びも悲しみも幾歳月

    新・喜びも悲しみも幾歳月
    評価:A3.88
    木下監督自身が1957年に作った「喜びも悲しみも幾歳月」のあとを受けて、現代の灯台守夫婦とその周辺を描いた松竹大船撮影所50周年記念映画の一つ。伊豆・石廊崎の風景が美しく、植木等が老け役に味を見せた。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    かつてあった日本の風景
    製作年:1986
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:加藤剛
    3
  4. この子を残して

    この子を残して
    評価:A3.87
    木下惠介監督が永井隆の同名手記を原作に描くヒューマンホームドラマ。45年8月9日。長崎に原爆が投下され、妻を亡くした放射線医学博士の永井隆は自らも被爆しつつ、ふたりの子どもを育てながら、やがて戦争と原爆の記録を記していくが…。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    覚悟して見ましょう
    衝撃のラスト
    木下恵介の怒りが作らせた映画
    製作年:1983
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:加藤剛
    4
  5. 永遠の人

    永遠の人
    評価:B3.77
    「笛吹川」につづいて木下恵介が自から脚本執筆・監督、コンビの楠田浩之が撮影した、人間愛憎のものがたり。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    木下流「かなしい愛憎の極み」を極めた作品
    憎しみを抱え続けて生きることの苦しさ
    大変見応えのあるドラマでした☆4.0
    作品中で、所々流れる物語の流れを説明する曲って言うか歌が印象的。 ...
    製作年:1961
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:高峰秀子
    5
  6. 野菊の如き君なりき

    野菊の如き君なりき
    評価:B3.67
    大正二年に死んだ歌人伊藤左千夫が明治三十九年に発表した小説「野菊の墓」を「お勝手の花嫁」の木下恵介が脚色し自ら監督、「遠い雲」の楠田浩之が撮影に当った。主なる出演者は新人有田紀子、「七つボタン」の田中晋二、「サラリーマン 目白三平」の笠智衆、「婦系図 湯島の白梅」の杉村春子、「あこがれ(1955)」の田村高廣、「お勝手の花嫁」の山本和子、「遠い雲」の小林トシ子、「若き日の千葉周作」の雪代敬子など。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ぜったい泣いちゃう、ぐじゅぐじゅ・・
    典型的な悲恋の名作
    悲恋もの・・・
    期待はずれ
    製作年:1955
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:田中晋二
    6
  7. 喜びも悲しみも幾歳月

    喜びも悲しみも幾歳月
    評価:B3.65
    「太陽とバラ」以来久々の木下恵介が自らのオリジナル・シナリオを監督した抒情篇。撮影は木下恵介とのコンビ楠田浩之。主演は「ただいま零匹」の佐田啓二、「あらくれ(1957)」の高峰秀子、「「夢に罪あり」より 処女」の中村賀津雄、「悪魔の顔」の田村高廣、この作品で木下監督に抜擢された有沢正子、伊藤熹朔の娘の伊藤弘子。ほかに桂木洋子、田中晋二、井川邦子、仲谷昇、明石潮、夏川静江、坂本武など。色彩は松竹イーストマンカラー。二部構成。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    優等生過ぎて面白くないと女優は言う
    昭和32年公開当時、一世を風靡した
    高峰秀子がよかった・・・
    老けメークが素晴らしい
    製作年:1957
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:佐田啓二
    7
  8. 楢山節考

    楢山節考
    評価:B3.64
    カンヌグランプリに輝いた今村昌平版に先駆けること25年、巨匠・木下惠介監督が深沢七郎の同名小説を、歌舞伎の様式を用いた斬新な演出で映像化した日本映画史上の傑作。因習によって山に捨てられる老婆と、その息子との心の葛藤を描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    オールセット&浄瑠璃・・・
    ・・・とても重いです☆3つ
    三味線の迫力に圧倒される
    歯が・・歯が・・・
    製作年:1958
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:田中絹代
    8
  9. 今年の恋

    今年の恋
    評価:B3.62
     木下恵介が製作・監督・脚本を担当した正月映画。1967年には連続テレビドラマとしてリメイクされた。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    戦後の世の中が落ち着いて来た
    ゆく年くる年♡
    こんな映画が作れたのに、そのDNAは何処?
    今年の恋
    製作年:1962
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:岡田茉莉子
    9
  10. 女
    評価:C3.49
     木下恵介がオリジナル脚本を自ら監督。一時間強という短い時間の中、オールロケーションを敢行し、水戸光子と小沢栄太郎の二人だけが演技を見せるという、珍しい構成の作品。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    主演2人・・・
    実験的
    凄技
    女の自立は権利か義務か
    製作年:1948
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:水戸光子
    10
  11. お嬢さん乾杯!

    お嬢さん乾杯!
    評価:C3.47
     新藤兼人のオリジナル脚本を、木下恵介が監督し映画化。敗戦により生まれた「斜陽族」と「新興成金」との恋を描いたラブコメディで、主演の佐野周二と原節子がキャラクターを魅力的に演じている。

    コメディ

    ネット上の声

    木下恵介の奇抜演出と、原節子の美貌。
    ハートウォーミング・コメディ
    白黒和製ラブコメ最高傑作
    お花畑でルンルンルン♪
    製作年:1949
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:原節子
    11
  12. 陸軍

    陸軍
    評価:C3.42
    西南戦争から日清・日露の両戦争、さらに日中戦争に至る富国強兵政策にダブらせて描く、福岡のある一家の3代にわたる大河ドラマ。田中絹代が出征する息子を捜し、行進する部隊を追っていくラストシーンは感動的である。ただし本作で木下惠介は軍部からにらまれる結果となった。DVDは「木下惠介 DVD-BOX
    第1集」に収録。


    ヒューマンドラマ、戦争

    ネット上の声

    『二十四の瞳』の理解のために必見の映画
    抑制された、でも力強い反戦メッセージ
    表現者  その純粋な思いと情熱
    昭和19年製作、陸軍省協力
    製作年:1944
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:笠智衆
    12
  13. 女の園

    女の園
    評価:C3.39
     阿部知二の『人工庭園』を木下恵介が脚色・監督し映画化。全寮制の女子大学を舞台に、民主主義に隠れた日本の封建主義を描いた力作。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    「・・様」「・・様」の激しいディベート
    自由っていったいなんだぁ!
    監督の視点を感じました。
    表現があまりに古臭い
    製作年:1954
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:高峰秀子
    13
  14. 日本の悲劇

    日本の悲劇
    評価:C3.23
     春子は熱海の旅館で女中として働いている。戦争で夫を失った春子は、二人の子供を育てるため、男に身をゆだねる商売にまで身を落としたこともあった。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    埋め難い断絶
    浪花節的 “女の一生” の(転換期の)悲劇
    存在がなくなる前に気づくべきこと
    2016年に見た凄い映画その4
    製作年:1953
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:望月優子
    14
  15. 笛吹川

    笛吹川
    評価:C3.23
    深沢七郎の同名小説の映画化で、戦国時代を背景に笛吹川のほとりに住む貧農の五代にわたる約六十余年の物語。「春の夢」の木下恵介が脚色・監督した。撮影も「春の夢」の楠田浩之。

    時代劇

    ネット上の声

    木下恵介の前衛・実験的映像には???
    戦乱の無常を実験的映像とともに描く
    笛の音が響くかと思ったのに……
    悲しみが川のほとりに流れ着く
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:田村高廣
    15
  16. 破れ太鼓

    破れ太鼓
    評価:C3.22
    製作は「薔薇はなぜ紅い」の小倉浩一郎で木下恵介と助監督の小林正樹が協同で脚本を書き、「お嬢さん乾杯!」「四谷怪談(1949)」についで木下恵介が監督する。キャメラは「四谷怪談(1949)」の楠田浩之が担当。主演は「王将(1948)」「佐平次捕物控・紫頭巾」の阪東妻三郎、「大都会の顔」「真昼の円舞曲」の村瀬幸子(俳優座)「大都会の丑満時」「痴人の愛(1949)」の森雅之、今回日劇ダンシングチームから抜てきされた小林トシ子で、それに本作品で音楽を担当している木下忠司、「痴人の愛(1949)」の宇野重吉、「真昼の円舞曲」の滝沢修、東山千栄子(俳優座)、「足を洗った男」の桂木洋子らが出演する。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    “破れ”太鼓は“壊れ”太鼓になる前に補修
    木下恵介監督の軽妙な喜劇
    笑いがどうも…。登場人物は魅力的
    木下恵介の喜劇は最高だ!
    製作年:1949
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:阪東妻三郎
    16
  17. カルメン故郷に帰る

    カルメン故郷に帰る
    評価:D3.19
    わが国最初の総天然色映画として、松竹と日本映画監督協会が企画、高村松竹常務が総指揮に、月森仙之助(大船撮影所次長)が製作に当っている。脚本と監督は「婚約指輪」の木下恵介、撮影は同じ作品の楠田浩之である。色彩技術には富士フィルムの小松崎正枝と赤沢定雄が当る。尚、同時に白黒映画も製作される筈。出演者は、「宗方姉妹」「戦火を越えて」の高峰秀子、「破れ太鼓」の小林トシ子、「てんやわんや」の佐野周二、「宗方姉妹」の笠智衆、「三つの結婚」の佐田啓二などの他に井川邦子、望月美惠子、小沢栄などである。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    日本初・総天然色(カラー)長編映画☆
    総天然色の醍醐味を味わう…
    他愛のないストーリーだが…
    邦画史上記念すべき佳作。
    製作年:1951
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:高峰秀子
    17
  18. 死闘の伝説

    死闘の伝説
    評価:D3.17
    木下作品としては珍しくアクション映画的要素を持った作品。太平洋戦争末期の北海道を舞台に、疎開してきた園部家の娘に村長の息子との縁談が持ち込まれる。だが村長の息子は大陸で残虐行為をしていたため、園部家はこれを断る。以来、村人たちの園部家への嫌がらせが始まり……。異色の戦争寓話でもある。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    隠れた傑作
    人間の本質
    製作年:1963
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:岩下志麻
    18
  19. 風花

    風花
    評価:D2.87
    木下惠介監督、久我美子、岸惠子、有馬稲子の三大女優共演による美しくも儚い傑作。大地主の娘・さくらが嫁いでいく姿を見守る従弟。さくらに想いを寄せていた彼は信濃川に身を投げようとするが……。二代にわたる身分違いの恋を描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    いやぁ、もう結構でございます。ご免です。
    母と息子の許されない恋・・・
    農地改革
    傑作・日本女のメロドラマ
    製作年:1959
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:岸恵子
    19
  20. 善魔

    善魔
    評価:D2.73
     岸田國士の同名小説を木下恵介が脚色・監督し映画化。野田高梧が共同で脚本を執筆した。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    善良なる魔物
    T新報社の社会部記者
    善い人の魔性って? そんなのある?
    三國連太郎のデビュー作
    製作年:1951
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:森雅之
    20
  21. カルメン純情す

    カルメン純情す
    評価:E0.00
    「カルメン故郷に帰る」の主人公リリィ・カルメンとマヤ朱実の後日談を描く続編。浅草のストリッパー、カルメンのもとに男に捨てられた朱実が赤ん坊を抱いて転がり込んでくる。二人は泣く泣くこの赤ん坊を捨てるが、折からの出火騒ぎで急に心配になる。もとの場所へ戻ってみると、パリから帰ったばかりの芸術家が捨て子は元の情婦の仕業だと思い、電話をかけて相手に怒っているところ。この芸術家と知り合ったカルメンは、彼の描いたシュールな作品に感激し芸術家に恋心を抱くようになる。ストリップを芸術と信じ、それゆえに芸術家まがいの男には、まるで弱いカルメンという女の天真爛漫ぶりが好評を博した。前作に続き、松山善三、川頭義郎が…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    時代のせいにはできまい
    おバカで愚かな戦後ニッポン。
    製作年:1952
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:高峰秀子
    21
  22. 遠い雲

    遠い雲
    評価:E0.00
    休暇で帰郷した圭三は、家のために市会議員の息子と結婚した初恋の娘・冬子と再会する。彼女は未亡人となっており、二人の間に若き日の思い出がよみがえる……。飛騨高山の美しい自然を背景に、大人の男女の恋愛を繊細なタッチで抒情豊かに描いた木下惠介作品。揺れ動く女心を高峰秀子が見事に演じる。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    戦中の特攻隊員たち
    駆け出す恋と自由のための音楽
    情熱の敗北はほろ苦い
    製作年:1955
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:高峰秀子
    22
  23. 二人で歩いた幾春秋

    二人で歩いた幾春秋
    評価:E0.00
    夫婦の心の結びつきを力強いモノクロの映像で表出させた感動年代記

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    おまえは“とら”だ
    錆びない映画
    製作年:1962
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:高峰秀子
    23
  24. 四谷怪談 前篇

    四谷怪談 前篇
    評価:E0.00
     お岩の亡霊を、民谷伊右衛門の良心が生み出した妄想と解釈した作品。浪人生活に嫌気がさした伊右衛門は一文字屋菊兵衛の娘を助けたことにより仕官の道が開くが、そのためには妻・お岩が邪魔だった……。

    ホラー

    ネット上の声

    幽霊が出ず、怪談ではなくなって良かった。
    しっかり“木下映画”しています!
    あくまで新訳でございます
    半世紀超の新鮮なサスペンス
    製作年:1949
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:田中絹代
    24
  25. 春の夢

    春の夢
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ、コメディ

    ネット上の声

    全ては春の夜の夢の如し
    回転する久我美子。
    なぜ?
    製作年:1960
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:小沢栄太郎
    25
  26. わが恋せし乙女

    わが恋せし乙女
    評価:E0.00
    木下惠介監督が、戦後の解放的気運に乗せて綴ったラブストーリー。血の繋がらない妹の幸せを願う兄の切ない恋模様を描く。ある農村の牧場で育てられた兄の甚吾と妹の美子。しかし美子は捨て子であり、甚吾は美子に妹以上の想いを寄せるようになる。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    送り出す女ー迎え入れる女、解放される女。
    淡い恋は浅間牧場を駆け抜けて…
    切ないラブ・ストーリーの裏に
    製作年:1946
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:原保美
    26
  27. 風前の灯

    風前の灯
    評価:E0.00
    木下が「喜びも悲しみも幾歳月」と「楢山節考」の間に撮った本格喜劇。小金をめぐって、ケチな家庭と強盗があの手この手の駆け引きをするところから生まれるユーモアが大いに笑える。木下はもっぱら叙情的な作風で知られるが、このような辛口の喜劇でも、その才気は際立っている。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    あの夫婦の素顔は...。
    製作年:1957
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:佐田啓二
    27
  28. 惜春鳥

    惜春鳥
    評価:E0.00
    時の中で変わり続ける自分自身と、変わることのない友情の美しさを描いた青春ムービー

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    史実に因んで19人で剣舞するんだ!
    製作年:1959
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:津川雅彦
    28
  29. 父
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ
    製作年:1988
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:板東英二
    29
  30. 四谷怪談 後篇

    四谷怪談 後篇
    評価:E0.00

    ネット上の声

    エログロに頼らずも因果応報の愛憎劇
    最後にはやはり泣かせてくれます.。
    製作年:1949
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:田中絹代
    30
  31. スリランカの愛と別れ

    スリランカの愛と別れ
    評価:E0.00
    スリランカを舞台に展開する様々な四つの愛のドラマを描いた恋愛映画。原作・脚本・監督は「なつかしき笛や太鼓」の木下恵介、撮影は「デルス・ウザーラ」の中井朝一がそれぞれ担当。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ジャカランタ夫人って?
    製作年:1976
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:北大路欣也
    31
  32. 歌え若人達

    歌え若人達
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ、コメディ、青春
    製作年:1963
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:川津祐介
    32
  33. 大曽根家の朝

    大曽根家の朝
    評価:E0.00
     木下恵介が戦後初めて監督した作品で、久坂栄二郎が脚本を担当。GHQの指導により、軍国主義を批判する反戦映画として製作された。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    露骨な民主主義啓蒙映画が快諾された時代性
    零落する名家、人間ドラマの秀作
    製作年:1946
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:杉村春子
    33
  34. 父よ母よ!

    父よ母よ!
    評価:E0.00
     いじめ、非行、登校拒否、家庭内暴力といった子どもたちを巡る問題がクローズアップされたこの時代、学校でいったい何が起ころうとしているのか。共同通信記者の斎藤茂男の同名ルポルタージュを基に、名匠木下恵介監督がドキュメンタリータッチで描いた社会派ドラマ。

    ヒューマンドラマ
    製作年:1980
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:加藤剛
    34
  35. 太陽とバラ

    太陽とバラ
    評価:E0.00
    ゴールデングローブ賞(1956年・外国語映画賞)

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ガニメデ・・・
    怒れる木下。
    製作年:1956
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:中村嘉葎雄
    35
  36. 花咲く港

    花咲く港
    評価:E0.00
    南九州のある港町に、昔ある男が漂然とやって来て造船所を造ろうとしたが失敗。しかしその男は豪胆な性格のため、人々から尊敬をもって迎えられる。ある日、男は突然南方へ旅立って行く。それから15年が過ぎ、その男の遺児と名乗る男が港町に出現。それに続いてまた一人、遺児と名乗る男がやって来る。二人の遺児は兄弟だった、と思いきやそれは真赤な嘘。彼らペテン師が純朴な村人たちの中で繰り広げる騒動を描いたユーモラスな作品。木下惠介の第1回監督作である。木下は最初松竹蒲田の現像部に入社、その後撮影部に転じ、入社3年目にして念願の演出部に移った。やがて書き続けた脚本が認められ監督に昇進した。DVDは「木下惠介 DV…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    だらしのない悪党 = 愛すべきペテン師。
    木下恵介の第1作は良質なコメディ
    泥船も敗戦も再生への礎
    朝浜辺を彷徨えば
    製作年:1943
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:小沢栄太郎
    36
  37. 破戒

    破戒
    評価:E0.00
     部落差別の問題を真正面から取り上げた島崎藤村の同名小説を、池部良と高峰秀子の主演で映画化。当初は東宝で製作が進んでいたが、争議のため製作が中止、松竹が引き継ぐ形となった。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    感動した
    イケメン全開の良様
    製作年:1948
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:池部良
    37
  38. 夕やけ雲

    夕やけ雲
    評価:E0.00
     木下恵介が監督した青春映画。オリジナル脚本は木下の実妹である楠田芳子が、音楽は木下の実弟である木下忠司が担当。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    真面目な映画人が真面目な人々を描いた映画
    製作年:1956
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:久我美子
    38
  39. 婚約指環(エンゲージ・リング)

    婚約指環(エンゲージ・リング)
    評価:E0.00
    病弱で療養中の夫に代わって銀座で貴金属店を営む妻が、夫を担当するたくましい医者に惹かれていく。この作品の製作された1950年に一時渡米(俳優としては戦後初)し、話題となった田中絹代の帰国第1作。彼女がよろめく相手の医者役には、デビューまもない三船敏郎が抜擢された。

    恋愛
    製作年:1950
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:三船敏郎
    39
  40. なつかしき笛や太鼓

    なつかしき笛や太鼓
    評価:E0.00
     木下恵介が製作・脚本・監督を務めた、木下プロ第一回作品。松竹を退社した木下がメガホンをとるのは、1964年の「香華 前後篇」以来、三年ぶりのことだった。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    9人制バレーボールの魅力
    製作年:1967
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:夏木陽介
    40
  41. 少年期

    少年期
    評価:E0.00
     信州に疎開した心理学者の波多野勤子と、勉学のため東京に残った長男との往復書簡をまとめベストセラーとなった『少年期』を映画化。木下恵介が田中澄江とともに脚本を書き監督した。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    笠智衆、もうひとつの「父ありき」。
    製作年:1951
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:田村秋子
    41
  42. 今日もまたかくてありなん

    今日もまたかくてありなん
    評価:E0.00
    木下惠介監督が描く、ささやかな庶民の生活と、それを脅かす存在との対決

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    木下恵介監督の逸品
    製作年:1959
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:高橋貞二
    42
  43. 結婚

    結婚
    評価:E0.00
    「大曽根家の朝」「わが恋せし乙女」に次ぐ木下恵介の本年度第一回監督作品。脚色は「待ちぼうけの女」「お光の縁談」その他の新藤兼人、撮影は「大曽根家の朝」以来木下恵介とコンビの楠田浩之が担当。主演田中絹代は「歌麿をめぐる五人の女(1946)」、上原謙は大映「踊子物語」に次ぐ出演である。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    小沢栄太郎警報発令。(その1)
    製作年:1947
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:上原謙
    43
  44. 海の花火

    海の花火
    評価:E0.00
     木下恵介が自ら書いたオリジナル脚本を監督。呼子港を舞台に、漁業組合の立て直しに奔走する組合長と、乗組員たちの姿を描く。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    津島恵子VS木暮実千代、東海道線の対決。
    製作年:1951
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:木暮実千代
    44
  45. 歓呼の町

    歓呼の町
    評価:E0.00
    戦時下でも町を愛し、人を愛することを忘れなかった人々の優しさを綴る静謐なドラマ

    ヒューマンドラマ
    製作年:1944
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:上原謙
    45
  46. 不死鳥

    不死鳥
    評価:E0.00
     川頭義郎による原作を、木下恵介が脚色し監督。田中絹代と、本作が映画デビューとなる佐田啓二とのキスシーンが話題になった。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    田中絹代のプロモーションビデオ?
    製作年:1947
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:田中絹代
    46
  47. この天の虹

    この天の虹
    評価:E0.00
     木下恵介が脚本・監督を担当した、九州の八幡製鉄所で生活する人々を描いたドラマ。  北九州にある東洋最大の八幡製鉄所。そこで働く須田菊夫は、溶鉱炉の組長である影山が所有する桃園アパートに下宿している。菊夫の先輩である相良は従業員クラブで知り合った千恵と付き合いたいと、郷里から母を呼び寄せ、先輩である影山に交渉を頼んだ。だが千恵の母に、作業員は夫と息子でたくさんだと断られてしまう。実は千恵には町村と...

    ヒューマンドラマ
    製作年:1958
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:高橋貞二
    47
  48. 肖像

    肖像
    評価:E0.00
     黒澤明のオリジナル脚本を、木下恵介が監督し映画化。木下は黒澤らしさを期待して脚本執筆を依頼したが、上がってきたのは木下らしい内容だったそう。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    夏ミカンの食べ方ひとつで...。
    製作年:1948
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:井川邦子
    48
  49. 生きてゐる孫六

    生きてゐる孫六
    評価:E0.00
    三方ケ原の伝説と名刀・関の孫六をめぐって繰り広げられる風刺劇

    ヒューマンドラマ
    製作年:1943
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:上原謙
    49
  50. 衝動殺人 息子よ

    衝動殺人 息子よ
    評価:E0.00
     行きずりの殺人で、罪のない息子を殺された父親の悲しみと、同様の境遇の人々と共に、被害者遺族を保護する法律を作る運動を進める姿を描く。佐藤秀郎の同名ノンフィクションを木下恵介監督が映画化。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    復讐を越えた執念の補償制度立法
    深い感銘を受けました
    こんな人がいたんだ
    犯罪被害者の会
    製作年:1979
    製作国:日本
    監督:木下恵介
    主演:若山富三郎
    50

スポンサードリンク