スポンサーリンクあり

全50作品。田中絹代が出演した映画ランキング

  1. 山椒大夫
    • A
    • 4.10
    巨匠・溝口健二監督が、「安寿と厨子王丸」の童話でも知られる説経節の演目を基にした森鴎外の小説を映画化し、1954年・第15回ベネチア国際映画祭で銀獅子賞を受賞した名作。平安時代末期。越後を旅していた厨子王と安寿の兄妹は、人買いに騙され母親と離れ離れになってしまう。丹後の豪族・山椒大夫のもとへ奴隷として売られた2人は過酷な労働を強いられ、10年の月日が流れる。ある日、兄妹は思いがけず母親の消息を知り、安寿は自分を犠牲にして厨子王を逃亡させるが……。ラストの海のシーンはジャン=リュック・ゴダール監督が「気狂いピエロ」で引用したことでも知られる。

    ネット上の声

    • 古典に命を吹き込んだ溝口流リアリズム
    • 映画史上もっとも美しいフィナーレ
    • 厨子王にちょっと???・・・
    • 珠玉の芸術作品に出会えた!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国日本
    • 時間124分
    • 監督溝口健二
    • 主演田中絹代
  2. サンダカン八番娼館 望郷
    • A
    • 4.01
    かつて、“からゆきさん”として遥か南海に愛と青春を没していった日本の少女たちの秘話を描く。原作は山崎朋子著『サンダカン八番娼館』。脚本は広沢栄、監督は脚本も執筆している「朝やけの詩」の熊井啓、撮影は「ザ・ゴキブリ」の金宇満司がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 本来、こういったベタでウェットな古いタイプの邦画は苦手なんだが、ここんとこ悲劇観
    • 取材の関係づくりの難しさと田中絹代氏の演技の凄味
    • 貧しい女性は、ここまで虐待されるのか?
    • 辛いなぁ、悔しいなぁ、だけど、優しき人
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国日本
    • 時間121分
    • 監督熊井啓
    • 主演栗原小巻
    • レンタル
    • 定額
  3. 雨月物語
    • A
    • 3.99
    巨匠・溝口健二の代表作で、戦乱の中で世俗の欲に翻弄される人々を幽玄な映像美で描き、多くの映像作家に影響を与えた世界的名作。上田秋成の読本「雨月物語」に収録された「浅茅が宿」「蛇性の婬」の2編にモーパッサンの短編「勲章」を加え、川口松太郎と依田義賢が脚色、宮川一夫が撮影を手がけた。戦国時代、琵琶湖北岸の村。戦乱の到来を機に大儲けを狙う陶工・源十郎と、侍として立身出世を夢見る義弟・藤兵衛は、それぞれの家族を連れて舟で琵琶湖を渡り都を目指す。旅の途中、源十郎の妻子は戦火を怖れて引き返し、藤兵衛は妻を捨てて羽柴勢に紛れ込む。やがて源十郎は、若狭と名乗る妖艶な美女から陶器の注文を受け、彼女の屋敷を訪れるが……。1953年・第14回ベネチア国際映画祭で銀獅子賞に輝いた。

    ネット上の声

    • 妖艶で、妖しく、愚かな人間の悲劇を描く!
    • 溝口映画としては異色のファンタジーホラー
    • 巨匠<溝口健二>監督の傑作に感動です!
    • 実に濃密な97分を過ごしました
    時代劇
    • 製作年1953年
    • 製作国日本
    • 時間97分
    • 監督溝口健二
    • 主演京マチ子
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  4. 西鶴一代女
    • B
    • 3.98
    名匠・溝口健二が井原西鶴の浮世草子「好色一代女」を依田義賢の脚色で映画化した文芸ドラマ。江戸時代の封建社会で波乱の人生をたどる女の生きざまを、溝口監督が得意とする長回しや流麗なカメラワークで描く。奈良の荒れ寺に、老いた姿を厚化粧で隠した街娼のお春がいた。羅漢堂に入ったお春は、五百羅漢の仏像に自分が関わってきた男たちの面影を重ね、若かりし頃を思い起こしていく。運命に翻弄されるヒロインを、田中絹代が鬼気迫る演技で熱演。1952年・第13回ベネチア国際映画祭で国際賞を受賞するなど海外で高く評価され、フランス・ヌーベルバーグの映画作家たちにも影響を与えた。

    ネット上の声

    • 溝口作品の長周しが、実は、観客に寄り添った作風に思えて…
    • 不幸を自ら背負い込んでいく女の一代記
    • 田中絹代の演技と美しさに圧倒された
    • 名作だけど、お春さんが可哀想。
    時代劇
    • 製作年1952年
    • 製作国日本
    • 時間137分
    • 監督溝口健二
    • 主演田中絹代
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  5. 彼岸花
    • B
    • 3.88
    里見とんの小説を、小津安二郎・野田高梧のコンビが脚色したもので、結婚期にある三人の娘と、容易に意見の合わないそれぞれの家庭の親とを描いたもの。「東京暮色」以来一年ぶりに小津安二郎が監督し、「若い広場」の厚田雄春が撮影した。山本富士子の他社初出演をはじめ、有馬稲子・久我美子・佐田啓二・佐分利信・高橋貞二・桑野みゆき・笠智衆・渡辺文雄という豪華な顔ぶれである。

    ネット上の声

    • 赤いやかん、見えない彼岸花、カラー第一作
    • 娘が結婚する時の 父親の指南書☆
    • さっぱりダシの利いた上品な喜劇
    • 頑固親父の一番長い日☆3つ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1958年
    • 製作国日本
    • 時間118分
    • 監督小津安二郎
    • 主演佐分利信
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  6. 流れる
    • B
    • 3.87
    大川端に時代の流れと共に移る芸者の世界を描いた幸田文原作の映画化。脚色は「夜の河」の田中澄江と「日蝕の夏」の井手俊郎の共同、監督は「妻の心」の成瀬巳喜男、撮影は「飯沢匡作「二号」より ある女の場合」の玉井正夫の担当。主な出演者は、二十年振りでカムバックした栗島すみ子、「嵐(1956)」の田中絹代、「猫と庄造と二人のをんな」の山田五十鈴、「妻の心」の高峰秀子、「女囚と共に」の岡田茉莉子、ほかに杉村春子、中北千枝子、加東大介、宮口精二など。

    ネット上の声

    • 豪華女優陣とかわいい猫❣️ 目はハートで演技も感心したりだけど、内...
    • その流れは、かくも激しく私を揺さぶる。
    • 女のひとの生きていく強さを流れる品格。
    • 豊かな劇空間を作り出す、成瀬マジック
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1956年
    • 製作国日本
    • 時間117分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演田中絹代
    • 定額
  7. 噂の女
    • B
    • 3.74
    「山椒大夫」の依田義賢と「花のいのちを」の成澤昌茂が脚本を書き、「山椒大夫」に次ぎ溝口健二が監督、同じく宮川一夫が撮影を担当、音楽は「昨日と明日の間」の黛敏郎が当っている。主演は「女の園」の久我美子、「股旅わらじ 恋慕笠」の大谷友右衛門、「女の暦」の田中絹代、「昨日と明日の間」の進藤英太郎、「殴り込み孫悟空」の峰幸子、阿井三千子等である。

    ネット上の声

    • ケンジミゾグチ作品4作目はフォロワー様が挙げてくださったこちら
    • 溝口さんは廓主人の絹代さんが好きだった?
    • 一部上場中堅スーパークラスの佳作。
    • "女"の内面をしっかり描けた作品☆3つ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国日本
    • 時間84分
    • 監督溝口健二
    • 主演田中絹代
  8. 獅子の座
    • B
    • 3.66
    原作は松本たかしの『初神鳴』。「治郎吉格子」の伊藤大輔の大映復帰第一作。伊藤大輔と「愛欲の裁き」の田中澄江の共同脚色で、撮影は「柳生の兄弟」の石本秀雄。「嫁ぐ今宵に」の団伊玖磨が音楽を担当する他、宝生流十七代宗象宝生九郎と宝生英雄が能楽指導にあたる。風俗老証は「新書太闇記」の甲斐荘楠音。「花の講道館」の長谷川一夫、「憲兵」の岸恵子、堀雄二、「新書太閤記 流転日吉丸 流転日吉丸」の田中絹代、新派の大矢市次郎、伊志井寛、俳優座東山千栄子、子役に加藤雅彦(沢村国太郎子息)、若草劇団の水村国臣などが出演する。

    ネット上の声

    • 江戸時代にヨーヨーが!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1953年
    • 製作国日本
    • 時間124分
    • 監督伊藤大輔
    • 主演長谷川一夫
  9. おかあさん
    • B
    • 3.65
    名匠・成瀬巳喜男監督が、戦後の下町を舞台に庶民の日常を温かいまなざしでつづった家族ドラマ。全国児童つづり方集「おかあさん」をもとに、名脚本家・水木洋子が脚色した。戦災で家業のクリーニング店を失った福原家は、父が工場の守衛、母が露店の飴売り、長女も今川焼を売り、苦労の末にようやく店を再開させる。病に伏せていた長男は亡くなったが、父の弟子・木村が店を手伝ってくれることに。そんな矢先、父が他界してしまう。母は2人の娘と幼い甥を抱え、木村の手ほどきを受けながら必死に店を切り盛りしていく。母を田中絹代、長女を香川京子が演じた。

    ネット上の声

    • 成瀬巳喜男監督の代表作は、本作3年後の1955年の「浮雲」とされるようですが、本作こそ代表作にふさわしい作品と思います 大好きな作品です
    • 苦労を重ねながら堅実に生きる、そんな日本のおかあさんの実像を描く成瀬演出の確かさと美しさ
    • 成瀬監督が描く、“我慢”の世界が心を打つ
    • 加東大介 まさに此の役 面目絶妙 
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1952年
    • 製作国日本
    • 時間100分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演田中絹代
    • レンタル
    • 定額
  10. 放浪記
    • C
    • 3.62
    東宝が創立三十周年記念映画の一つとして、林芙美子原作から「旅愁の都」の井手俊郎と「女ばかりの夜」の田中澄江が共同で脚色、「女の座」の成瀬巳喜男が監督した文芸もの。撮影もコンビの安本淳。創立30周年記念映画、昭和37年度芸術祭参加作品。

    ネット上の声

    • ペシミズムの中に存在する 生きる力☆
    • 成瀬監督 パンクな女を描く
    • 高峰秀子の演技の幅に驚く。
    • 林芙美子という人・・・
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1962年
    • 製作国日本
    • 時間123分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演高峰秀子
  11. 楢山節考
    • C
    • 3.59
    中央公論新人賞を受賞した深沢七郎の同名小説の映画化。脚色、監督は「風前の灯」の木下恵介、撮影も同じく「風前の灯」の楠田浩之が担当した。主演は「悲しみは女だけに」の田中絹代、望月優子、「その手にのるな」の高橋貞二、その他東野英治郎、宮口精二、伊藤雄之助などのベテラン。色彩は富士カラー。

    ネット上の声

    • 役に立たないババアとジジイは、楢山に捨てちまおう♪
    • オールセット&浄瑠璃・・・
    • ・・・とても重いです☆3つ
    • 三味線の迫力に圧倒される
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1958年
    • 製作国日本
    • 時間98分
    • 監督木下恵介
    • 主演田中絹代
    • レンタル
  12. 風の中の牝鷄
    • C
    • 3.48
    夫の復員を待つ妻は、子供の入院代が払えずに一度だけ身を売ってしまう。帰還して事実を知った夫は抑えられない感情を持て余す。悩み苦しむ妻が夫に突き飛ばされ階段を転げ落ちるシーンは衝撃的!いわゆる小津映画とは一線を画す傑作!

    ネット上の声

    • 許したいんだけど…どうしようもない…
    • 田中絹代って・・・すごい☆3つ半
    • 話はシンプルで分かりやすかった
    • 理解できるか?昔の夫婦観・・・
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1948年
    • 製作国日本
    • 時間84分
    • 監督小津安二郎
    • 主演佐野周二
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  13. 安宅家(あたかけ)の人々
    • C
    • 3.47
    原作は毎日新聞連載の吉屋信子の小説。脚本は「せきれいの曲」の水木洋子、監督と撮影は「生き残った弁天様」の久松静児に高橋通夫。出演者は「死の街を脱れて」の船越英二に三橋達也、「西陣の姉妹」の田中絹代、「雪崩(1952)」の乙羽信子、「娘初恋ヤットン節」の三條美紀に、山村聡、小沢栄などである。

    ネット上の声

    • 確かにこれは昼メロだ(笑)
    • 無垢な魂と導く声
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1952年
    • 製作国日本
    • 時間116分
    • 監督久松静児
    • 主演船越英二
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  14. 14

    陸軍

    陸軍
    • C
    • 3.43
    西南戦争から日清・日露の両戦争、さらに日中戦争に至る富国強兵政策にダブらせて描く、福岡のある一家の3代にわたる大河ドラマ。

    ネット上の声

    • 本作にある反戦メッセージは人類普遍のものです しかし本作には戦前の日本がなぜ無謀であっても戦争を起こしたのか 遺書にして残そうとした点で唯一無二の映画のように思います
    • 『二十四の瞳』の理解のために必見の映画
    • 抑制された、でも力強い反戦メッセージ
    • 旧県庁前から中州を通って...。
    戦争
    • 製作年1944年
    • 製作国日本
    • 時間87分
    • 監督木下恵介
    • 主演笠智衆
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  15. 宗方姉妹
    • C
    • 3.43
    小津安二郎が松竹を離れ、はじめて新東宝で製作した作品。日本の伝統的な価値観を大事にし、ニヒリストめいた夫に耐え続ける姉と、そんな姉に反発する現代的な妹の対比を通して、戦後の日本の家庭の崩壊を描く。原作は大佛次郎。

    ネット上の声

    • ふるくならないことが、あたらしいこと。
    • 行き違う想い、重ならない心
    • 高峰秀子のあっかんべぇー
    • 迷子の迷子の子猫ちゃん。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1950年
    • 製作国日本
    • 時間112分
    • 監督小津安二郎
    • 主演田中絹代
    • レンタル
    • 定額
  16. 月夜の傘
    • C
    • 3.41
    壷井栄の原作を「五十円横町」の井手俊郎が脚色、「「春情鳩の街」より 渡り鳥いつ帰る」の久松静児が監督する。撮影は「春の夜の出来事」の姫田真佐久、音楽は「七つボタン」の斎藤一郎の担当である。出演者は「少年死刑囚」の田中絹代、「七つボタン」の三島耕、「しいのみ学園」の宇野重吉、「女中ッ子」の轟夕起子「七つボタン」の新珠三千代のほか、三島雅夫、伊藤雄之助、坪内美詠子、二木てるみなどである。

    ネット上の声

    • 全力で家族とコミュニティを支えるスーパーお手伝いさん
    • 100点 今でも「其処」で暮らしてる。
    • ずーと終わって欲しくない映画
    • 日本の奇跡のような時代
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1955年
    • 製作国日本
    • 時間129分
    • 監督久松静児
    • 主演田中絹代
    • 定額
    • レンタル
  17. おれの行く道
    • C
    • 3.41
    莫大な財産を持っているおばあちゃんと孫の現代青年との心のふれあいを描く。脚本は光英司、監督は脚本も執筆している「続 愛と誠」の山根成之、撮影は「スプーン一杯の幸せ」の竹村博がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • いかにも昭和な良き時代!
    • 西城秀樹65回目の誕生日記念レビュー🙂
    • 西城秀樹が亡くなって
    • ヒデキというよりキヌヨの映画?あまり話に絡んでこないと思いきや天使のような存在の
    • 製作年1975年
    • 製作国日本
    • 時間86分
    • 監督山根成之
    • 主演西城秀樹
  18. 非常線の女
    • C
    • 3.33
    タイピストとして働きながら、与太者・襄二の情婦として暮らす時子。襄二に憧れる学生・宏も2人の仲間に加わるが、宏の姉・和子の誠実な人柄に触れた2人はアウトローな世界から足を洗うことを決意する。だが宏が働いた窃盗の尻拭いをすることになり…。

    ネット上の声

    • 小津監督のギャング物
    • 小津のハードボイルド
    • 小津さんノリノリ
    • サイレント小津さんだけど、wowowさんなので音声付き!
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1933年
    • 製作国日本
    • 時間100分
    • 監督小津安二郎
    • 主演田中絹代
    • 定額
    • レンタル
  19. まごころ
    • C
    • 3.24
    さきにSP「息子の青春」でデビュした小林正樹監督のフィーチュア第一回作品。脚本は師、木下恵介のオリジナルである。「処女雪」の森田俊保、「学生社長」の木下忠司がそれぞれ撮影、音楽を担当。キャストは小林監督の従姉にあたる田中絹代の特別出演のほか、俳優座の千田是也、東山千栄子、永田靖、「ひめゆりの塔(1953)」の津島恵子、「夏子の冒険」の淡路恵子、「鳩」の石浜朗、「うず潮(1952)」の新人野添ひとみ(SKD)、「春の鼓笛」の高橋貞二、大船入社第一回の三橋達也など。
    青春
    • 製作年1953年
    • 製作国日本
    • 時間94分
    • 監督小林正樹
    • 主演千田是也
  20. おとうと
    • C
    • 3.24
    幸田文の原作を、「キクとイサム」の水木洋子が脚色し、「ぼんち」の市川崑が監督した、若い姉弟の物語。撮影は「切られ与三郎」の宮川一夫。この作品では時代の雰囲気を出すために彩度を落としコントラストを残す現像方法「銀残し」が生み出された。

    ネット上の声

    • 山田洋次が市川昆作品の中で最も尊敬する作品。腕にピンクのリボンを結ぶなどというオマージュもささげられている。
    • 宮川 一夫 日本映画の底力を示すカメラマンです 記憶されなければならない名前です
    • 鍵と同じ市川崑。宮川一夫コンビの作品。 鬱々とした色調、アンバラン...
    • 赤木圭一郎さんは61年に急死。従って、生き残って探検隊になるなり。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1960年
    • 製作国日本
    • 時間98分
    • 監督市川崑
    • 主演岸恵子
    • 定額
    • レンタル
  21. ある映画監督の生涯 溝口健二の記録
    • C
    • 3.22
    溝口健二と一緒に仕事をした三九人の俳優・スタッフ・友人に新藤兼人がインタビューして、溝口の人生を描こうとした長編ドキュメンタリー。なおこのインタビューは、『ある映画監督の生涯--溝口健二の記録』(映人社刊)という本になって活字化されている。

    ネット上の声

    • 『愛妻物語』で新藤兼人と溝口健二の関係を知ってから、俄然興味がわ...
    • 淀川長治「もっと綺麗だったよ溝口さん家」
    • 溝口さんは絹代さんタイプが好きなんだ。
    • 溝口健二監督はピカソかマチスか…?
    ドキュメンタリー
    • 製作年1975年
    • 製作国日本
    • 時間150分
    • 監督新藤兼人
    • 主演田中絹代
  22. 女医の記録
    • C
    • 3.21

    ネット上の声

    • 抗生物質が発見される前の医療は…
    • 医師にどこか悪い所ありますか?と聞かれて、「頭」って答えるのこの時代からあるのね
    • 東京の女子医学校の女医と医学生たちが僻地の村を訪問し、分校で一人働く学校の先生の
    • 清水らしいのどかな人物描写が主だが(行者を追い返す爺の動きがめちゃ清水)、赤ん坊
    • 製作年1941年
    • 製作国日本
    • 時間95分
    • 監督清水宏
    • 主演田中絹代
  23. 四谷怪談 前篇
    • C
    • 3.19
     お岩の亡霊を、民谷伊右衛門の良心が生み出した妄想と解釈した作品。浪人生活に嫌気がさした伊右衛門は一文字屋菊兵衛の娘を助けたことにより仕官の道が開くが、そのためには妻・お岩が邪魔だった……。

    ネット上の声

    • 幽霊が出ず、怪談ではなくなって良かった。
    • しっかり“木下映画”しています!
    • あくまで新訳でございます
    • 半世紀超の新鮮なサスペンス
    ホラー
    • 製作年1949年
    • 製作国日本
    • 時間86分
    • 監督木下恵介
    • 主演田中絹代
  24. お遊さま
    • C
    • 3.19
    谷崎潤一郎の名作小説、「芦刈」から、「お艶殺し」「春怨」の依田義賢が脚色し、「雪夫人絵図(1950)」に次ぐ溝口健二の監督である。撮影は「絢爛たる殺人」の宮川一夫が担当している。主演は、「銀座化粧」の田中絹代と堀雄二、「誰が私を裁くのか」の乙羽信子、それに、柳永二郎、進藤英太郎などが助演している。

    ネット上の声

    • ■谷崎潤一郎氏原作「芦刈」、溝口健二監督作品〜🎬■
    • 原作谷崎潤一郎、主演田中絹代の淑やかな文芸映画
    • 幻想の世界をメロドラマ化した溝口流文芸作
    • 谷崎潤一郎「蘆刈」と溝口の「お遊さま」
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1951年
    • 製作国日本
    • 時間95分
    • 監督溝口健二
    • 主演田中絹代
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  25. 女の暦
    • C
    • 3.16
    壷井栄の処女作『暦』より井手俊郎(落語長屋は花ざかり)と中河百々代が脚色し、「放浪記(1954)」の久松静児が新東宝で初のメガフォンを握っている。撮影は「恋文(1953)」の鈴木博、音楽は「ママの新婚旅行」の斎藤一郎が担当。出演者は「山椒大夫」の田中絹代、「悪魔が来たりて笛を吹く(1954)」の杉葉子、「一等マダムと三等旦那」の轟夕起子、「勲章」の香川京子、「巌ちゃん先生行状記 処女合戦」の舟橋元、「狂宴」の三島雅夫などである。

    ネット上の声

    • 85点 女ばかりで賑わう賑わう。
    • 昔は子沢山だったんだな~。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1954年
    • 製作国日本
    • 時間100分
    • 監督久松静児
    • 主演杉葉子
  26. 夜の女たち
    • C
    • 3.13
    「情炎(1947)」「女優(1947)」の原作者久板栄二郎の『女性祭』(日本小説所載)を依田義賢が脚色し「女優須磨子の恋」につぐ溝口健二の監督で、カメラは杉山公平。主演は「女優須磨子の恋」「不死鳥」の田中絹代、銀幕を引退していた高杉早苗が数年振りで特別出演する外、東童の角田富江の映画初出演、それに宮本民平、槙芙佐子らが助演する。

    ネット上の声

    • 敗戦後の大阪を舞台に、女性たちの地獄絵のような姿を冷淡に生々しく描く溝口健二監督
    • いろいろ意見はあるだろうけども、やっぱり好き好んで身体を売る女はいないと思う
    • 戦後社会の罪と、溝口監督の罪の意識
    • テーマのしっかりした作品☆3つ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1948年
    • 製作国日本
    • 時間73分
    • 監督溝口健二
    • 主演田中絹代
  27. 元気で行かうよ
    • C
    • 3.13
    • 製作年1941年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督野村浩将
    • 主演佐野周二
  28. この空のある限り
    • C
    • 3.11
    寺山修司の原案を桜井秀雄がシナリオ化、監督したホームドラマ。撮影は西川亨。

    ネット上の声

    • あの詩は寺山修司の作なのかなあ?
    • 原案:寺山修司で母に対する思いが爆発していて良いが、最近網野菊を好んで読んでるの
    • 生き別れとなった母親に会いたいとはどんな心境だろう
    • 製作年1964年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督桜井秀雄
    • 主演鰐淵晴子
  29. 異母兄弟
    • D
    • 3.10
    田宮虎彦の原作を、「ともしび」の寺田信義が脚色、「仇討崇禅寺馬場」の依田義賢が改訂した。監督は「こぶしの花の咲くころ」の家城巳代治。撮影は「黄色いからす」の宮島義勇。主な出演者は、「黄色いからす」の田中絹代、「ニコヨン物語」の三國連太郎、「女だけの街」の高千穂ひづる、「まだら頭巾剣を抜けば 乱れ白菊」の中村賀津雄、「警視庁物語 追跡七十三時間」の南原伸二。ほかに、飯田蝶子、近藤宏、島田屯、永井智雄など。

    ネット上の声

    • しかし三國連太郎という役者は・・・
    • 月月火水木金金
    • 荘重なパイプオルガンの音が響いて…
    • 非国民とさげすまれ・・・
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国日本
    • 時間110分
    • 監督家城巳代治
    • 主演三国連太郎
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
  30. 簪(かんざし)
    • D
    • 3.10

    ネット上の声

    • お天道様に照りつけられて、教えられる。
    • 意味深、、、清水宏監督と田中絹代
    • 田中絹代の自然な演技が良い
    • 80点 何故か見てしまう。
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1941年
    • 製作国日本
    • 時間71分
    • 監督清水宏
    • 主演田中絹代
  31. 恋の花咲く 伊豆の踊子
    • D
    • 3.05

    ネット上の声

    • のんびりほのぼのしたアイドル映画。
    • 音のないラブソング
    • 初恋は淡く遠くに...
    • 田中絹代の可愛らしさ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1933年
    • 製作国日本
    • 時間124分
    • 監督五所平之助
    • 主演田中絹代
  32. 煙突の見える場所
    • D
    • 3.00
    『文学界』に掲載された椎名麟三の「無邪気な人々」を「二人の瞳」の小国英雄が脚色し、「朝の波紋」の五所平之助が監督した。「春の囁き」の三浦光雄、「吹けよ春風」の芥川也寸志がそれぞれ撮影、音楽に当っている。「夫婦」の上原謙、「秘密(1952)」の田中絹代、「女といふ城 夕子の巻」の高峰秀子、「ひめゆりの塔(1953)」の関千恵子を中心に田中春男、花井蘭子、浦辺粂子、坂本武などが助演する他、文学座の芥川比呂志が参加している。

    ネット上の声

    • 見方を変えれば煙突も人も違って見える
    • コメディだけど、それだけじゃない
    • 不思議な魅力の下町コメディ
    • 本当は4本あるんだけど
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1953年
    • 製作国日本
    • 時間108分
    • 監督五所平之助
    • 主演上原謙
  33. 青春の夢いまいづこ
    • D
    • 2.98
    大学生活を謳歌する堀野、斎木、熊田、島崎の4人。だが会社社長の父親が急死したことで、堀野は大学を去ってしまった。時が経ち、斎木たちは大学卒業を迎えるが仕事先が見つからない。彼らは堀野を頼るが、かつての仲間が上司という関係になってしまう。

    ネット上の声

    • 青春の夢?そんなのあったっけかな?🤣
    • 親愛なる小津安二郎監督‼️
    • 斎藤達雄が教科書を読みながら歩いていると岡持ちにぶつかり田中絹代との強烈な切り返
    • 『落第はしたけれど』のセルフリメイクというより、この頃より同じようなテーマと物語
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1932年
    • 製作国日本
    • 時間92分
    • 監督小津安二郎
    • 主演江川宇礼雄
    • 定額
    • レンタル
  34. 女医絹代先生
    • D
    • 2.97

    ネット上の声

    • 今なら車検に通らないな~
    • 太平洋戦争以前につくられたほのぼのラブコメ
    • 後輩ちゃんにおすすめして貰った映画です
    • 田中絹代、佐分利信主演のラブコメ
    • 製作年1937年
    • 製作国日本
    • 時間---分
    • 監督野村浩将
    • 主演田中絹代
  35. 35

    三婆

    三婆
    • D
    • 2.92
    金融業の社長が急死したために、本妻と妾と小姑が同居生活することになり、身寄りのない“三婆”の欲の皮のつっぱった奇妙な三角関係が展開される。原作は有吉佐和子の同名小説の映画化。脚本は「放課後」の井手俊郎、監督は「塩狩峠」の中村登、撮影は「日本侠花伝」の村井博がそれぞれ担当。

    ネット上の声

    • 35年前、老いの演技の凄まじさ
    • 本妻vs妾vs小姑
    • 性悪婆さんたちがドタバタペチャクチャやってて腹立つけどおもろいな~って感じやった
    • かなり贅沢なキャスティングなのに話はこじんまりしているのは残念
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1974年
    • 製作国日本
    • 時間101分
    • 監督中村登
    • 主演三益愛子
  36. 絹代の初戀
    • D
    • 2.88

    ネット上の声

    • おせんべいの製法は今でも変わらないなあ
    • 佐分利信の恋愛もの・・・
    • 製作年1940年
    • 製作国日本
    • 時間82分
    • 監督野村浩将
    • 主演河村黎吉
  37. 三十三間堂通し矢物語
    • D
    • 2.87
    成瀬巳喜男にとってはじめての時代劇。一六〇六年、京都の三十三間堂で初めて行われた通し矢を描いた作品。通し矢とは、朝六時から翌日の六時までの間に、六六間(119メートル)先の的に射る矢の数を競うもの。一六六八年、星野勘左衛門は一万五百四十二本の弓を放って、八千本を的に当てた記録を作ったが、十八年後、和佐大八郎が一万三千五十三本を放って、八千百三十三本を当てて新記録を作った。この出来事に基づいて小国英雄が脚本を書いた。

    ネット上の声

    • 三十三間堂、落ち込んだときとか、京都に地元から友達きたときに連れてったりで何度か
    • 昭和20年6月公開
    時代劇
    • 製作年1945年
    • 製作国日本
    • 時間77分
    • 監督---
    • 主演長谷川一夫
  38. 銀座化粧
    • D
    • 2.85
    製作は「若さま侍捕物帳 謎の能面屋敷」「女左膳」の伊藤基彦、井上友一郎の原作を「桃の花咲く下で」の岸松雄が脚色し、「薔薇合戦」の成瀬巳喜男が監督に当たっている。主なキャストは、「おぼろ駕篭」の田中絹代、「桃の花咲く下で」の花井蘭子、「赤い鍵」の堀雄二、それに香川京子、東野英治郎、柳永二郎、三島雅夫、田中春男など。

    ネット上の声

    • 本作、おかあさん、晩菊 続けてご覧頂くと感慨深いものがあります
    • 田中絹代の演技をひたすら見つめる作品だった
    • 成瀬監督が、女性映画の名手と言われる所以
    • 満足に舗装もされていない銀座
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1951年
    • 製作国日本
    • 時間87分
    • 監督成瀬巳喜男
    • 主演田中絹代
    • 定額
    • 定額
  39. 不死鳥
    • D
    • 2.82
    原作の川頭義郎は現在大船の助監督。監督並びに脚色は「わが恋せし乙女」「結婚(1947)」の木下恵介。同じく協力者楠田浩之の撮影。出演者は「女優須磨子の恋」の田中絹代に、佐野周二推薦佐田啓二が相手役としてデヴューするほか「二連銃の鬼」の小杉勇「処女は真珠の如く」「若き日の血は燃えて」の山内明が共演する。

    ネット上の声

    • 田中絹代のプロモーションビデオ?
    • ベタベタの大ベタなんだけど今でも共感はできるし胸キュンポイントもわからなくもない
    • 小理屈監督とルサンチマン女優、どっちも苦手なはずなのに、組み合わせると逆にイケる
    • 明らかに中年の田中絹代さんとピチピチイケメン佐田啓二のラブストーリー、昔の映画の
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1947年
    • 製作国日本
    • 時間82分
    • 監督木下恵介
    • 主演田中絹代
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  40. 悲しみは女だけに
    • D
    • 2.82
    新藤兼人が民芸の舞台にのせた「女の声」の映画化で、「海の野郎ども」に引続き自ら脚色、監督したもの。撮影は「東京の瞳」の中川芳久。主演は「有楽町で逢いましょう」の京マチ子、「地上」の田中絹代、「東京の瞳」の船越英二、「負ケラレマセン勝ツマデハ」の望月優子。更に杉村春子、乙羽信子、小沢栄太郎、水戸光子、宇野重吉、市川和子などが出演している。

    ネット上の声

    • 女は哀しい、けれど男より強い
    • キャストが豪華
    • 舞台劇を映画化したようで、照明などにもその名残が見られるがほぼ静的な会話室内劇で
    • 久しぶりの帰省でふだんはバラバラに過ごしている家族に会うのは誰にとっても多少は気
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1958年
    • 製作国日本
    • 時間106分
    • 監督新藤兼人
    • 主演京マチ子
  41. 女囚と共に
    • D
    • 2.81
    女子囚人群の生態を描きその矯正補導を主題とする異色篇。「雑居家族」の田中澄江の脚本を、同じく久松静児が監督、「チャッカリ夫人とウッカリ夫人」の小原譲治が撮影を担当。出演者は「愛情の決算」の原節子、「飯沢匡作「二号」より ある女の場合」の木暮実千代、「森繁よ何処へ行く」の香川京子、淡路恵子、「夕やけ雲」の久我美子、「恐怖の逃亡」の安西郷子、「飯沢匡作「二号」より ある女の場合」の杉葉子、「囚人船」の岡田茉莉子、「病妻物語 あやに愛しき」の田中絹代、先ごろパリから帰った話題のスター谷洋子、「アチャコの子宝仁義」の浪花千栄子、その他伊豆肇、十朱久雄、上田吉二郎、小杉義男、清川玉枝、滝花久子など。

    ネット上の声

    • 看守の帽子はサンダーバード隊員みたい!
    • 田中絹代、原節子、香川京子、岡田茉莉子、久我美子、浪花千栄子、小暮実千代、淡路恵
    • 女囚もので原節子と田中絹代って凄い!しかし、田中絹代が所長で課長が原節子ってどん
    • 原節子も久我美子もそれぞれ素晴らしかったけど、意外や意外、菅井きんが一番良い感じ
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1956年
    • 製作国日本
    • 時間102分
    • 監督久松静児
    • 主演田中絹代
  42. おぼろ駕籠
    • D
    • 2.80

    ネット上の声

    • 阪妻、田中絹代と山田五十鈴の共演も今ひとつな感じが・・・大スターだから映画見に行
    • 本作の出演俳優の中でもやはり田中絹代の映画といっても良いくらいに輝いている
    • 御殿女中の殺人事件の真相を、和尚と旗本、そして深川芸者が暴いて行くお話
    • 剣戟スーパー坊主が河内山宗俊よろしく大活躍する話だが如何せん大味
    時代劇
    • 製作年1951年
    • 製作国日本
    • 時間93分
    • 監督伊藤大輔
    • 主演阪東妻三郎
  43. 東京の女
    • E
    • 2.69
    姉は、弟が学校を立派に卒業することだけを願い、学費を稼ぐために一日中働いている。 昼は会社でタイピスト、夜は大学教授の翻訳のお手伝い。慈愛に満ちた姉を慕う弟。 でも、姉は一つ嘘をついていた。姉の嘘を知った弟は…!

    ネット上の声

    • サイレントでした。でも、おもしろかった。
    • 小津のサイレント東京シリーズ
    • フィルム・ノワールの創世記
    • 東京の貧困
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1933年
    • 製作国日本
    • 時間47分
    • 監督小津安二郎
    • 主演岡田嘉子
    • 定額
    • レンタル
  44. 太夫(こったい)さんより 女体は哀しく
    • E
    • 2.67
    戦後の京都・島原遊廓を舞台に女の世界の哀歓を描いた北条秀司の原作『太夫さん』(昭和三十年十一月、新派が明治座で上演、テアトロン賞受賞)の映画化。「夕凪」の八住利雄が脚色、「柳生武芸帳(1957)」の稲垣浩が監督した。撮影は「ロマンス誕生」の岡崎宏三。主演は、これが東宝復帰第一回作品の乙羽信子、「月と接吻」の淡路恵子、「別れの茶摘み歌 お姉さんと呼んだ人」の扇千景、「異母兄弟」の田中絹代、「大学の侍たち」の環三千世、「夕凪」の万代峯子、千石規子。ほかに中北千枝子、小沢栄太郎、色彩はアグファカラー。初期タイトルは「太夫さんより」。1957年10月1日より先行ロードショー。

    ネット上の声

    • 華やかさの内情は...。
    • 製作当時の遊郭を取り上げたり、主役に田中絹代を起用したりと溝口健二監督を意識した
    • とにかく遊郭の遊女たちが可愛い! 乙羽信子、扇千景は安定の可愛いさだけど、特に今
    • 終戦後の島原の宝永楼の玉袖太夫と客の米太郎を中心にした群像劇
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1957年
    • 製作国日本
    • 時間113分
    • 監督稲垣浩
    • 主演乙羽信子
  45. 大学は出たけれど
    • E
    • 2.66
    大学を卒業したものの、就職先が見つからないままの徹夫。故郷の母親には就職したとうそをつき、それを信じた母親は婚約者の町子を連れて上京してくる。2人に真実を告げられずにいた徹夫だったが、彼のうそを見抜いた町子はひそかにカフェで働き始める。

    ネット上の声

    • 小津安二郎監督『大学は出たけれど』を活弁士と楽団付きで鑑賞
    • 80年近く経った今でも通用する
    • 時代背景を映した優しい掌編。
    • 高田稔と田中絹代
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1929年
    • 製作国日本
    • 時間70分
    • 監督小津安二郎
    • 主演高田稔
    • 定額
    • レンタル
  46. 還って来た男
    • E
    • 2.64

    ネット上の声

    • 子供たちのために働く夢を持ちつつ見合いをしようとする軍医として従軍した男を中心に
    • フィルムのヘタレは全然我慢できるけどノイジーで聞き取れないのは睡魔がものすごい
    • 実はかなり寝てしまったが、良かったです
    • 川島雄三のデビュー作は織田作之助原作
    • 製作年1944年
    • 製作国日本
    • 時間67分
    • 監督川島雄三
    • 主演佐野周二
  47. 母と子
    • E
    • 2.57
    「ユーディット」を書いたので有名なドイツの戯曲家ウィリアム・ヘッベル氏の原作を、ロベルト・リープマン氏とワルター・ズッパー氏が脚色し、カール・フレーリッヒ氏が監督したもので、主役は「朝から夜中まで」「ウィリアム・テル(1922)」等出演のエルナ・モレナ嬢、「デセプション」「白黒姉妹」等出演のヘンニ・ポルテン嬢で、その他フリードリッヒ・カイスラー氏、ヴィルヘルム・ディーゲルマン氏等が出演する。無声。

    ネット上の声

    • 男は皆、自己中よ!
    • 製作年1938年
    • 製作国日本
    • 時間89分
    • 監督渋谷実
    • 主演田中絹代
  48. 武蔵野夫人
    • E
    • 2.56
    製作は「舞姫(1951)」の児井英生で、大岡昇平の原作から福田恒存が潤色して「お遊さま」の依田義賢が脚色したものである、演出は「お遊さま」の溝口健二で撮影は「袴だれ保輔」の玉井正夫が担当している。出演者の主なものは「夜の未亡人」の田中絹代「せきれいの曲」の轟夕起子に山村聡、「盜まれた恋」の森雅之に片山明彦、大谷伶子、進藤英太郎など。

    ネット上の声

    • 夫人よろめきドラマだと思って見始めたわたくしを大変恥じております
    • 武蔵野の原風景を舞台に展開する、愛とエゴと享楽主義の恋愛悲劇
    • 溝口監督を世界のミゾクチに押し上げた秘密
    • 作り手が原作を十分に料理できていない様な
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1951年
    • 製作国日本
    • 時間88分
    • 監督溝口健二
    • 主演田中絹代
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  49. 愛染かつら 総集編
    • E
    • 2.52

    ネット上の声

    • 意外に分かりやすいメロドラマでした
    • すれ違いメロドラマの元祖☆1つ半
    • 花も嵐も踏み越えて♪
    • アイドルな絹代さん
    ヒューマンドラマ
    • 製作年1938年
    • 製作国日本
    • 時間89分
    • 監督野村浩将
    • 主演上原謙
  50. 歌麿をめぐる五人の女
    • E
    • 2.48
    「女性の勝利」に次ぐ溝口健二の監督作品で、原作は邦枝完二、脚本は依田義賢撮影は「待ちぼうけの女」の三木滋人。

    ネット上の声

    • 空虚な中心と充実した周辺
    • 強い女達♡&か弱い男達
    • 溝口という「様式」
    • 「女といふもの」
    時代劇
    • 製作年1946年
    • 製作国日本
    • 時間95分
    • 監督溝口健二
    • 主演坂東簑助

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。