全13作品。ジュリエッタ・マシーナが出演した映画ランキング

  1. ジンジャーとフレッド

    ジンジャーとフレッド
    評価:A3.95
     かつて絶大な人気を博した芸人コンビ、アメリアとピッポは、クリスマスのTV番組出演で30年ぶりの再会を果たす。フリーク的な共演の顔ぶれや、TVの速いテンポに戸惑う二人だが、甘いノスタルジーに浸ったり、過去のあやまちを悔いたりするうち、恋人同士でもあった頃の感情を取り戻していく。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    2人は一体どんな人生を送ってきたんだろう
    時代を超えて
    マルッチェロ、またまた振られる!?
    美しかったものは変わらない!
    製作年:1985
    製作国:イタリア/フランス/西ドイツ
    監督:フェデリコ・フェリーニ
    主演:マルチェロ・マストロヤンニ
    1
  2. カビリアの夜

    カビリアの夜
    評価:A3.93
    アカデミー賞(1958年・外国語映画賞)カビリアはローマの夜の女。人のよい彼女は何度も男にだまされて泣きをみるが、人を信じて疑わない無垢な魂をもっていた。夜ごと男たちに拾われ、ある時は有名な映画スターに会ったり、ある時は教会で敬虔な気持ちに襲われたり。そんなある日、彼女の前にオスカルという青年が現れる。カビリアはオスカルに夢中になり彼から結婚を申し込まれると、家を売り払ってすべてを金に替えてしまう。だがオスカルもこれまでの男と同じだった。泣きくずれるカビリア。それでもその泣き顔にいつしか微笑みが戻ってくる。無垢な魂の遍歴を優しく描いたペーソスの漂う名作。マシーナの演技が素晴らしい。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    少しフェリーニのこと判ったような気がした
    表情豊かなヒロインが魅力の☆3つ
    えらいぞ!愛らしいカビリア
    がんばれ!おばちゃん。
    製作年:1957
    製作国:イタリア
    監督:フェデリコ・フェリーニ
    主演:ジュリエッタ・マシーナ
    2
  3. 道
    評価:A3.90
    アカデミー賞(1957年・外国語映画賞) 怪力自慢の大道芸人ザンパノが、白痴の女ジェルソミーナを奴隷として買った。男の粗暴な振る舞いにも逆らわず、彼女は一緒に旅回りを続ける。

    不幸な結末のバッドエンド、知的障害

    ネット上の声

    国際名優アンソニー・クインが強烈に印象的
    泣く事を初めて知った男
    人間の価値を問うたネオ・リアリズムの秀作
    ジェルソミーナからザンパノへ・・・
    製作年:1954
    製作国:イタリア
    監督:フェデリコ・フェリーニ
    主演:アンソニー・クイン
    3
  4. 崖
    評価:C3.45
     アウグストは、根っからのチンピラのホペルトと画家くずれのピカソを率いて、“男爵”が仕組んだ詐欺の片棒をかつぐ。それは聖職者の扮装で献金をかすめ取る、というものだった。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    人間というものを信じていないのかも
    あえて外した?ラストの違和感
    詐欺師に観てほしい作品
    懺悔としての‘麻痺’
    製作年:1955
    製作国:イタリア/フランス
    監督:フェデリコ・フェリーニ
    主演:ブロデリック・クロフォード
    4
  5. 魂のジュリエッタ

    魂のジュリエッタ
    評価:C3.42
    ゴールデングローブ賞(1965年・外国語映画賞) フェリーニの初カラー長編。映画プロデューサーの夫を持って裕福だが、慎ましやかなごく平凡な主婦ジュリエッタ。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    え?オレで4人目?レビュー少なっ!
    妹に会ったような印象
    イメージの奔流
    揺れ動く魂
    製作年:1964
    製作国:イタリア/フランス
    監督:フェデリコ・フェリーニ
    主演:ジュリエッタ・マシーナ
    5
  6. 白い酋長

    白い酋長
    評価:C3.40
    フェリーニが一人立ちして撮った第1作。イバンとバンダは、田舎からローマへ新婚旅行にやって来る。フォト・ストーリーのヒーロー“白い酋長“に憧れるバンダは、ホテルから抜け出し“白い酋長“に会いに行く。ところが、彼は卑怯で臆病な男にすぎないことを知って幻滅。風刺的な視点と幻想性という点で後年のフェリーニを彷彿とさせる。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    フェリーニの宇宙の始まり
    フェリーニ初期の名作
    巨匠の知られざる傑作
    初期から色濃い
    製作年:1951
    製作国:イタリア
    監督:フェデリコ・フェリーニ
    主演:レオポルド・トリエステ
    6
  7. 寄席の脚光

    寄席の脚光
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ、コメディ

    ネット上の声

    フェリーニの映画の旅の始まり始まり~
    製作年:1950
    製作国:イタリア
    監督:アルベルト・ラトゥアーダ
    主演:ペッピノ・デ・フィリッポ
    7
  8. フェリーニの都

    フェリーニの都
    評価:E0.00


    ドキュメンタリー
    製作年:1980
    製作国:イタリア
    監督:フェルッキオ・カストロヌオーボ
    主演:フェデリコ・フェリーニ
    8
  9. 木洩れ日

    木洩れ日
    評価:E0.00
     行方不明の息子に会いたいと望む、老婦人の心境を静かにつづった作品。イタリアを代表する名女優ジュリエッタ・マシーナが、主人公の老婦人を静かに力強く演じ上げる。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    最期の輝き
    製作年:1991
    製作国:フランス
    監督:ジャン=ルイ・ベルトゥチェリ
    主演:ジュリエッタ・マシーナ
    9
  10. ヨーロッパ一九五一年

    ヨーロッパ一九五一年
    評価:E0.00
    「ドイツ零年」「七つの大罪」(第四話)のロベルト・ロッセリーニが製作監督に当った一九五二年作品。現代のヨーロッパに生きる一女性の苦悶を描くロッセリーニ自身の書卸しストーリーを、ロッセリーニ、サンドロ・デ・フェオ、マリオ・パンヌンツィオ、イーヴォ・ペリッリ、ブルネロ・ロンディの五人が協同脚色した。撮影は「ポー河の水車小屋」のアルド・トンティ、音楽は「ドイツ零年」のレンツォ・ロッセリーニの担当。渡伊したイングリッド・バーグマンの「ストロンボリ」につぐ主演作品で、彼女をめぐって、米国俳優アレクサンダー・ノックス、エットーレ・ジャンニーニ、ジュリエッタ・マシーナ、子役サンドロ・フランキーナ、テレーザ…

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    聖女か狂気か…
    「映画」という名のジャンヌ・ダルク
    製作年:1952
    製作国:イタリア
    監督:ロベルト・ロッセリーニ
    主演:イングリッド・バーグマン
    10
  11. シャイヨの伯爵夫人

    シャイヨの伯爵夫人
    評価:E0.00
     パリのシャイヨ地区に暮らすオーレリア伯爵夫人は、はびこる悪を憂えて、世界各地からやってきた悪人どもを懲らしめようと決意する……。時代錯誤な貴婦人が、したたかな欲深い連中を敵に回して大活躍する冒険活劇。

    コメディ、アドベンチャー(冒険)
    製作年:1969
    製作国:アメリカ
    監督:ブライアン・フォーブス
    主演:キャサリン・ヘプバーン
    11
  12. 街の中の地獄

    街の中の地獄
    評価:E0.00
    製作年:1959
    製作国:イタリア
    監督:レナート・カステラーニ
    主演:ジュリエッタ・マシーナ
    12
  13. 女
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ
    製作年:1959
    製作国:西ドイツ
    監督:ヴィクトル・ヴィカス
    主演:ジュリエッタ・マシーナ
    13

スポンサードリンク