全15作品。第29回アカデミー賞(1957年開催)の映画ランキング

  1. 道
    評価:A3.88
    アカデミー賞(1957年・外国語映画賞) 怪力自慢の大道芸人ザンパノが、白痴の女ジェルソミーナを奴隷として買った。男の粗暴な振る舞いにも逆らわず、彼女は一緒に旅回りを続ける。

    ヒューマンドラマ、不幸な結末のバッドエンド

    ネット上の声

    国際名優アンソニー・クインが強烈に印象的
    泣く事を初めて知った男
    忘れえぬ別離のシーン
    ストーリー展開は単純、イタリアの大道芸人事情は自分にとっては新奇だ...
    製作年:1954
    製作国:イタリア
    監督:フェデリコ・フェリーニ
    主演:アンソニー・クイン
    1
  2. 赤い風船

    赤い風船
    評価:A3.85
    アカデミー賞(1957年)ある朝、赤い風船が街灯に引っ掛かっているのを見つけた少年パスカル(パスカル・ラモリス)。街灯によじ登って風船を手に取った彼は、しっかり握ったまま風船と一緒に過ごすように。だが、しばらくすると、風船は手を離してもパスカルの行く先々についてくるようになる。そんなパスカルと風船を町のいたずらっ子たちが追うが……。

    ファンタジー、ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    叙情詩溢れる温かさが印象的
    ふわり。ゆらり。
    風船揺れ
    理屈抜きで癒される作品。観客の映画を見る力が問われてしまいそう~。
    製作年:1956
    製作国:フランス
    監督:アルベール・ラモリス
    主演:パスカル・ラモリス
    2
  3. 王様と私

    王様と私
    評価:B3.67
    アカデミー賞(1957年・5部門) 「アンナとシャム王」(46)のミュージカル・リメイクで、俳優Y・ブリンナーの「荒野の七人」と並ぶ代表作。王子や王女の教育係として、シャム王の宮殿にやってきたイギリス人女性アンナが、封建的で前時代的な王宮に、文化と愛情をもたらしていく様を描く。

    ミュージカル

    ネット上の声

    エトセトラ、エトセトラ、エトセトラァ〜!
    細かい点には目をつぶって見よう
    ユル・ブリンナーさんの瞳・・
    二人の踊りが素晴らしい
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:ウォルター・ラング
    主演:ユル・ブリンナー
    3
  4. 傷だらけの栄光

    傷だらけの栄光
    評価:C3.58
    アカデミー賞(1957年)ミドル級世界選手権保持者ロッキー・グラジアノの伝記映画。原作はグラジアノ自身とロウランド・バーバーの合作によるベスト・セラー小説、脚色は「重役室」のアーネスト・リーマン、監督は「トロイのヘレン」のロバート・ワイズ、撮影は「白鳥(1956)」のジョセフ・ルッテンバーグ、音楽はブロニスロー・ケイパー。主題歌は作詞サミー・カーン、歌手はペリー・コモ。出演は「銀の盃」のポール・ニューマンが初めて主演する他、同じくピア・アンジェリ、「理由なき反抗」のサル・ミネオなど。

    ヒューマンドラマ、スポーツ、実話、ボクシング

    ネット上の声

    もう一度泥棒にすれば気が済むの?
    男の生き様を見よ☆3.0
    Somebody up there likes me
    ロッキーを変えた周囲の人々
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・ワイズ
    主演:ポール・ニューマン
    4
  5. 風と共に散る

    風と共に散る
    評価:C3.58
    アカデミー賞(1957年・助演女優賞)石油富豪の邸に巻き起る激しい愛情の四角関係を描写したメロドラマ。ロバート・ワイルダーの小説から「四角いジャングル」のジョージ・ザッカーマンが脚色し、「自由の旗風(1955)」のダグラス・サークが監督する。撮影は「死の脱獄者」のラッセル・メティ、音楽はフランク・スキナー。フォア・エイセズ四重唱団によって歌われる主題歌は、サミー・カーン、作曲ヴィクター・ヤング。主演は「自由の旗風(1955)」のロック・ハドソン、「中共脱出」のローレッン・バコール、「紅の翼(1954)」のロバート・スタック、「復讐に来た男」のドロシー・マローン。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    ドロシー・マローンがすべてを持っていく!
    映画の良さはストーリー良さじゃない
    絵画的
    「飛行機を 運が飛ぶ」
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:ダグラス・サーク
    主演:ロック・ハドソン
    5
  6. 十戒

    十戒
    評価:C3.53
    アカデミー賞(1957年・視覚効果賞)1923年、今回と同様セシル・B・デミルが監督した「十誡(1923)」の再映画化で、製作費1350万ドルを費やしたというスペクタクル宗教史劇、イーニアス・マッケンジー、ジェン・L・ラスキー・ジュニア、ジャック・ガリス、フレドリック・M・フランクの4人が脚本を書き、「胸に輝く星」のロイヤル・グリグスが撮影監督をつとめた。特殊撮影を受け持ったジョン・P・フルトンは1957年度アカデミー賞を受賞した。音楽は「最前線」のエルマー・バーンスタイン。主演は「三人のあらくれ者」のチャールトン・ヘストン、アン・バクスター、「追想」のユル・ブリンナー、「地獄の埠頭」のエドワード・G・ロビンソン、「勇者カイヤム…

    ヒューマンドラマ、文芸・史劇、クリスマス

    ネット上の声

    自由を享受するには法が必要
    3.7 ストーリーはわかりやすく明快。つたえたいこともわかる。そし...
    宗教は考えず、映画として楽しむべし!。
    CG技術ではない世界観に圧倒!(≧ω≦)
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:セシル・B・デミル
    主演:チャールトン・ヘストン
    6
  7. 追想

    追想
    評価:C3.50
    アカデミー賞(1957年・主演女優賞) パリに住むボーニンという山師が、英国に預けられたロマノフ王朝の財産の詐取を図った。彼は自殺未遂した女性を手に入れ、ロシア革命で殺された筈の皇女アナスタシアであると宣する。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    歴史の闇に消えたプリンセスをめぐって
    イングリッド・バーグマンの映画
    追想違い・・・
    40代のイングリット・バーグマン
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:アナトール・リトヴァク
    主演:ユル・ブリンナー
    7
  8. ジャイアンツ

    ジャイアンツ
    評価:C3.48
    アカデミー賞(1957年)「ショウ・ボート」の原作者エドナ・ファーバー女史の筆になるベストセラー小説の映画化である。脚色はフレッド・ガイオルと「あの日あのとき」のアイヴァン・モファットの共同、「シェーン」のジョージ・スティーヴンスがヘンリー・ギンスバーグと共同製作の上、監督した。撮影は「カービン銃第1号」のウィリアム・C・メラー、音楽は「ピラミッド(1955)」のディミトリ・ティオムキン。主演は「雨の朝巴里に死す」のエリザベス・テイラー、「理由なき反抗」のジェームズ・ディーン、「風と共に散る」のロック・ハドソン。他に新星キャロル・ベイカー、「理由なき反抗」のデニス・ホッパー、サル・ミネオなど。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    私自身に焦りがあるのか余裕がなくて3時間20分という長さのこの映画...
    長い作品で内容的にはちょっと中弛みだがジェームズ・ディーンが出てく...
    途中休憩ありの超大作。録画用HDの限界が近いのでやむなく選択(笑)...
    The Benedict Family's real big success. テキサス農園家族の一代記。
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:ジョージ・スティーヴンス
    主演:エリザベス・テイラー
    8
  9. 沈黙の世界

    沈黙の世界
    評価:C3.44
    アカデミー賞(1957年・長編ドキュメンタリー映画賞)海洋学者として世界的に有名なJ・クストーが、後に「死刑台のエレベーター」で衝撃的なデビューを飾る鬼才ルイ・マルと組んで海中の世界を神秘的に捉えた傑作ドキュメンタリー。イルカの大群、沈んだ難破船、鯨の死体に群がるサメなど様々なイメージが美しい海中撮影によって詩的に綴られていく。

    ドキュメンタリー

    ネット上の声

    暑い夏に観るにはピッタリのドキュメンタリ
    地球内宇宙を描いたドキュメンタリーです。
    本棚、ダックスフント、チェロ。
    海とロマンを愛するあなたに
    製作年:1956
    製作国:フランス
    監督:ジャック=イヴ・クストー
    9
  10. 炎の人ゴッホ

    炎の人ゴッホ
    評価:C3.36
    アカデミー賞(1957年)後期印象派画家の1人、ヴィンセンと・ヴァン・ゴッホの生涯を描いたアーヴィング・ストーンの同名小説の映画化。「青いヴェール」のノーマン・コーウィンが脚色、「お茶と同情」のヴィンセント・ミネリが監督した。撮影は「ボワニー分岐点」のフレディ・ヤング、「最後の銃撃」のラッセル・ハーランの2人、音楽は「悪人への貢物」のミクロス・ローザ。主演は「OK牧場の決斗」のカーク・ダグラス、「道」のアンソニー・クイン。共演は英国の舞台俳優ジェームズ・ドナルド、パメラ・ブラウン、ジャネッタ・ステーキなど。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    晩年の姿があまり感情移入できないので平坦なイメージが残ってしまう
    幸せにはなれない情熱の社会不適合者
    心の叫びを聞きたかった・・・
    彩度高めのビンセント・ミネリ
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:ヴィンセント・ミネリ
    主演:カーク・ダグラス
    10
  11. 80日間世界一周

    80日間世界一周
    評価:C3.32
    アカデミー賞(1957年)時は1872年、まだ飛行機も出現していない時代。イギリスはロンドンの社交クラブで、英国紳士フォッグ氏はひょんなことから“80日間あれば世界一周できる”という賭けにのり、なんと2万ポンドという大金を賭け、自ら実証のための大冒険に出ることになる。

    ヒューマンドラマ、アドベンチャー(冒険)

    ネット上の声

    朗らかで楽しいけど、デタラメが多く安易!!
    日本でのシーンが楽しい
    これぞit's a small worl
    気球に揺られて
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:マイケル・アンダーソン
    主演:デヴィッド・ニーヴン
    11
  12. 黒い牡牛

    黒い牡牛
    評価:C3.27
    アカデミー賞(1957年)メキシコ農村の一少年がひたむきに育て上げつつも闘牛場へ連れ去られた子牛を、純真な愛の力で取り戻すまでを描いた心温まる物語り。製作はモーリスとフランクのキング兄弟。ロバート・リッチのストーリーからハイリ・フランクリンとメリル・G・ホワイトが共同で脚本執筆し、「女性よ永遠に」のアーヴィング・ラパーが監督する。撮影は「赤い靴」の名手ジャック・カーディフ、音楽は「誇りと冒涜」のヴィクター・ヤング。出演者は、英国映画「分れた心」に出演し注目を浴びたマイケル・レイ少年を中心に、闘牛士のフェルミン・リヴェラ、ジョイ・ランシングを除いてはメキシコ俳優で固めている。

    ヒューマンドラマ

    ネット上の声

    少年の純真な愛に心が洗われる。
    通俗的感動作
    哀切極まりない映画です
    愛情いっぱいの感動作。
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:アーヴィング・ラパー
    主演:マイケル・レイ
    12
  13. 知りすぎていた男

    知りすぎていた男
    評価:C3.26
    アカデミー賞(1957年・歌曲賞)英国時代にヒッチコックが作った「暗殺者の家」の再映画化で、原作はチャールズ・ベネットとP・B・ウィンダム・ルイス。脚色は「ハリーの災難」のジョン・マイケル・ヘイズとアンガス・マクフェイル、撮影監督は、「ハリーの災難」のロバート・バークス。音楽はバーナード・ハーマン。主演は「カービン銃第1号」のジェームズ・スチュアートと「情欲の悪魔」のドリス・デイ。

    サスペンス

    ネット上の声

    さすがはヒッチコック。 いやーこれは面白い。ドリスデイの勘の良さで...
    今の映画の、お爺ちゃん、そしてお婆ちゃん
    シンバル⇔息子救出〜順番が逆だったら?
    お薦めのヒッチコック作品☆3つ半
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:アルフレッド・ヒッチコック
    主演:ジェームズ・スチュワート
    13
  14. 純金のキャデラック

    純金のキャデラック
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1957年)「アダム氏とマダム」で日本にお目見得し、『昨日生まれて』で1950年度アカデミー主演女優賞を獲得したジュディ・ホリディが主演する、奇想天外な女性のテンヤワンヤ行状記。ブロードウェイで上演されたジョージ・S・カウフマンとハワード・ティヒマンの戯曲からエイブ・バロウズが脚色、「殺人者はバッジをつけていた」のリチャード・クワインが監督した。撮影は、「ララミーから来た男」のチャールズ・ラング、作曲はシリル・J・モックリッジ。共演は「重役室」のポール・ダグラスに、「あの日あのとき」のジョン・ウィリアムス(1)、他にフレッド・クラーク、アーサー・オコンネルなど。ラスト・シーンのみテクニカラーで撮影されている。
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:リチャード・クワイン
    主演:ジュディ・ホリデイ
    14
  15. 外套

    外套
    評価:E0.00
    アカデミー賞(1957年) 仕立屋の老人が、でき上がったばかりの外套を、急死した親友の墓に供えた。彼はその外套を親友のために作ったのだが、袖を通してもらう前に親友に死なれてしまったのだ。
    製作年:1955
    製作国:イギリス
    監督:ジャック・クレイトン
    主演:アルフィー・バス
    15

スポンサードリンク