全16作品。1950年代の文芸・史劇映画ランキング

  1. 戸田家の兄妹

    戸田家の兄妹
    評価:C3.56
    父親を失ったブルジョワ一家で、残された妻と未婚の末娘が、結婚している息子や娘たちの家庭に次々に世話になるが、どこでも厄介者扱いされ、仕方なく二人は古ぼけた別荘に住むことになる。だが、亡父の一周忌に親類一同が集まった席上で、満州から帰国した末の弟が、兄や姉たちの母と末娘に対する仕打ちを知り、憤って激しく罵倒する。そして母と妹を満州に連れていくことにする……。戦時下の作品であり、その物語は当時の情勢に迎合した感じもあるが、端的な演出で高い評価を得た。また、小津と名コンビを組むことになる厚田雄春(当時は厚田雄治)が初めて正カメラマンとしてついた作品でもある。

    ヒューマンドラマ、文芸・史劇

    ネット上の声

    どんな映画でもサスペンスは必要!
    小津安二郎が描く家族崩壊の序曲
    優雅なブルジョワの静かな崩壊
    懐かしいシーンがありました。
    製作年:1941
    製作国:日本
    監督:小津安二郎
    主演:藤野秀夫
    1
  2. 十戒

    十戒
    評価:C3.54
    アカデミー賞(1957年・視覚効果賞)1923年、今回と同様セシル・B・デミルが監督した「十誡(1923)」の再映画化で、製作費1350万ドルを費やしたというスペクタクル宗教史劇、イーニアス・マッケンジー、ジェン・L・ラスキー・ジュニア、ジャック・ガリス、フレドリック・M・フランクの4人が脚本を書き、「胸に輝く星」のロイヤル・グリグスが撮影監督をつとめた。特殊撮影を受け持ったジョン・P・フルトンは1957年度アカデミー賞を受賞した。音楽は「最前線」のエルマー・バーンスタイン。主演は「三人のあらくれ者」のチャールトン・ヘストン、アン・バクスター、「追想」のユル・ブリンナー、「地獄の埠頭」のエドワード・G・ロビンソン、「勇者カイヤム…

    ヒューマンドラマ、文芸・史劇、クリスマス

    ネット上の声

    自由を享受するには法が必要
    3.7 ストーリーはわかりやすく明快。つたえたいこともわかる。そし...
    映画「ディープ・インパクト」の津波のシーン並みのインパクト
    宗教は考えず、映画として楽しむべし!。
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:セシル・B・デミル
    主演:チャールトン・ヘストン
    2
  3. 黒騎士

    黒騎士
    評価:C3.47
    ウォルター・スコットの有名な騎士道小説『アイヴァンホー』の映画化。12世紀イギリス。腹黒いジョン親王に監禁された獅子王リチャードを救出するため、サクソン人のアイバンホーが立ち上がる。馬上槍試合や城の包囲攻略戦などスペクタクル・シーンは壮絶。E・テイラーの美しさとR・テイラーの好演が光る。

    アクション、文芸・史劇

    ネット上の声

    素直に楽しい
    痛快史劇
    製作年:1952
    製作国:アメリカ
    監督:リチャード・ソープ
    主演:ロバート・テイラー[俳優]
    3
  4. 雪夫人絵図

    雪夫人絵図
    評価:C3.40
    旧華族の家に生まれた雪が、養子に迎えた夫の暴虐放蕩に身も心も踏みにじられ、ひそかに愛する青年を心に想いながら湖に身を投じて果てる。小原譲治の光と影を抑えた軟調の撮影が艶麗な画面を作る。特に夜の寝室の場面は息をのむ美しさ。

    ヒューマンドラマ、文芸・史劇

    ネット上の声

    悲劇のヒロインと重なる溝口監督の姉の存在
    理解しづらい雪という女の性(さが)・・・
    もはや霊性すら帯びている。
    女性性の映画
    製作年:1950
    製作国:日本
    監督:溝口健二
    主演:山村聡
    4
  5. コンチネンタル

    コンチネンタル
    評価:C3.25
    アカデミー賞(1935年・歌曲賞)1932~33年にニューヨークで、1933~34年にロンドンで好評を得たドワイト・テイラー作のミュージカル・コメディー「陽気な離婚」の映画化で、脚色には「ラジオは笑う」「その夜」の小ジョージ・マリオン・ジュニアと「ふるさとの唄」のドロシ・ヨーストが共同し、監督には「メリケン万歳爆走の巻」「レヴュー艦隊」のマーク・サンドリッチが当たった。主役は「空中レヴュー時代」に出演したフレッド・アステアたジンジャー・ロジャースのチームで「坊やが盗まれた」「紐育・ブロードウェイ」のアリス・ブラディ、「生活の設計」「恋の手ほどき(1933)」のエドワード・エヴァレット・ホートンが共演するほか、エリック・ローズ…

    ヒューマンドラマ、ミュージカル、文芸・史劇

    ネット上の声

    30年代のハリウッド映画は、この底力!
    格別の魅力を持つ二人のダンス
    無邪気な初共演作
    ポールが好きなアステア
    製作年:1934
    製作国:アメリカ
    監督:マーク・サンドリッチ
    主演:フレッド・アステア
    5
  6. 楊貴妃

    楊貴妃
    評価:D3.17
     玄宗皇帝の妃・楊貴妃の半生を描いた香港との合作映画。

    ヒューマンドラマ、恋愛、文芸・史劇

    ネット上の声

    シナリオがよくないんじゃないかしら?
    ほほほほほほほほ…
    天然という作り事
    「失敗作」は「成功作」よりはるかに面白い
    製作年:1955
    製作国:日本
    監督:溝口健二
    主演:京マチ子
    6
  7. ユリシーズ

    ユリシーズ
    評価:D2.99
    トロイ戦役で木馬作戦を発案した知将ユリシーズに降りかかる艱難辛苦の歳月を、愛と冒険をちりばめて描き上げる。ホーマーの叙事詩「オデッセイ」をカーク・ダグラス主演で映画化した1954年製作の歴史大作。

    ヒューマンドラマ、文芸・史劇

    ネット上の声

    こんな男は、嫌だ
    45年超えて
    正統派ギリシャ神話映画!
    製作年:1954
    製作国:イタリア
    監督:マリオ・カメリーニ
    主演:カーク・ダグラス
    7
  8. バイキング

    バイキング
    評価:E2.66
    9世紀ごろ、北欧の海を支配していた海賊=ヴァイキングの戦いを赤裸々に描いた海洋スペクタクル大作。主演カーク・ダグラスが主宰するブライナ・プロの製作作品だが、海賊の王子役の彼はどちらかというと悪役で、むしろ彼らに立ち向かう奴隷役のトニー・カーティスがヒーロー。両者が刃を交えるクライマックスは残忍かつ圧巻である。実際にヴァイキング船を3隻復元して撮影を行っている。悪名高いヴァイキングの王者ラグナーの息子、ヘスティングスは、モーガナ姫を奪う。しかしラグナーがかつてイングランド女王に産ませた子、オリックが彼女に愛を寄せるようになり、ヘスティングスとオリックの決闘が始まる……。

    ヒューマンドラマ、文芸・史劇

    ネット上の声

    バイキング料理って、これが原型だったんだ
    これぞスペクタクルの雰囲気・映像・・・
    男祭りへようこそ!(本物)
    ロマンあふれるバイキング
    製作年:1957
    製作国:アメリカ
    監督:リチャード・フライシャー
    主演:カーク・ダグラス
    8
  9. シーザーとクレオパトラ

    シーザーとクレオパトラ
    評価:E0.00
     バーナード・ショーの戯曲を元にした皮肉なタッチの史劇。将軍ポンペイウスを追ってエジプトにやってきたジュリアス・シーザーは、砂漠の地で美しい女性クレオパトラと出会う。

    ヒューマンドラマ、文芸・史劇

    ネット上の声

    15歳のジーン・シモンズが出演。
    小粒
    ヴィヴィアン・リーがcute!
    製作年:1945
    製作国:イギリス
    監督:ガブリエル・パスカル
    主演:クロード・レインズ
    9
  10. ハンニバル

    ハンニバル
    評価:E0.00
    カルタゴ軍の将軍ハンニバルの激闘を描く超大作!勝つのはローマか?ハンニバルか?紀元前218年、カルタゴの将軍ハンニバル(V・マチュア)はスペインを征服、ローマ帝国は危機を感じカルタゴに宣戦布告をした。ローマ軍は海路からスペインを狙い、ハンニバルはピレネー山脈を越えてローヌ湖畔に進軍し、数千の兵と象の群れを従えて15日間でアルプス越えを敢行する。ポー川の近くの野営地で休息を取っていた時、元老院議員ファビウスの姪シルビア(R・ガム)が近くの別荘にいるという情報を得たハンニバルは、自ら別荘を襲いシルビアを捕えた。そして圧倒的な軍勢をローマ人に伝えさせるために彼女を釈放する。これを寛大さと思いこんだシルビアはハンニバルに心惹かれていく。一方ローマ元老院はハンニバル軍を消耗させるため、小競り合いを重ねていたが、巨象を率いた軍団に手も足も出せず退却を余儀なくされていた。第二次ポエニ戦争でのハンニバルのローマ攻略の史実を元に、敵対する者との愛を絡めて描いたスペクタクル史劇。ハンニバルは平和を望む人物として描かれている。主演のヴィクター・マチュアは『エジプト人』(54)、『熱砂の舞』(56)から続く史劇への出演で余裕の貫録。この後マカロニ・ウエスタンで人気を博したバッド・スペンサーとテレンス・ヒルも脇役で顔を見せている。※現存するフィルムの状態によって、見づらい部分のあることを、あらかじめご了承くださいますようお願い申し上げます。

    ヒューマンドラマ、アクション、ホラー、アドベンチャー(冒険)、文芸・史劇
    製作年:1959
    製作国:イタリア
    監督:エドガー・G・ウルマー
    主演:ヴィクター・マチュア
    10
  11. 春琴物語

    春琴物語
    評価:E0.00
     盲目の薬問屋の娘・お琴と下男・佐助の恋を描いた文芸ドラマ。原作は谷崎潤一郎の「春琴抄」。

    ヒューマンドラマ、文芸・史劇

    ネット上の声

    箏と三味線って連関しているんだ
    製作年:1954
    製作国:日本
    監督:伊藤大輔
    主演:京マチ子
    11
  12. 川のある下町の話

    川のある下町の話
    評価:E0.00
    『婦人画報』連載の川端康成の原作を、「鉄火奉行」の衣笠貞之助が脚色、監督した。撮影は「荒城の月(1954)」の渡辺公夫、音楽は「馬賊芸者」の斎藤一郎が、それぞれ担当する。出演者は「荒城の月(1954)」の根上淳、「結婚期」の有馬稲子、「新しき天」の山本富士子、見明凡太朗、新人川上康子をはじめ、田口顕二、細川ちか子、町田博子、長谷部健、多々良純などである。

    ヒューマンドラマ、文芸・史劇
    製作年:1955
    製作国:日本
    監督:衣笠貞之助
    主演:根上淳
    12
  13. 開戦の前夜

    開戦の前夜
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ、サスペンス、戦争、文芸・史劇

    ネット上の声

    笠智衆ファン必見。これが「男の別れ方」
    製作年:1943
    製作国:日本
    監督:吉村公三郎
    主演:田中絹代
    13
  14. アレキサンダー大王

    アレキサンダー大王
    評価:E0.00
    製作、監督、脚本を一手に引き受けるロバート・ロッセンは「Boby and Soul」「オール・ザ・キングスメン」などで著名な監督であり、撮影は英国第一のキャメラマンといわれるロバート・クラスカー。主演は「ランチプールの雨」のリチャード・パートン、「必死の逃亡者」のフレドリック・マーチ、「リチャード三世」のクレア・ブルーム、「チャタレイ夫人の恋人」のダニエル・ダリュー、「ガラスの靴」のバリー・ジョーンズ、「善人は若死にする」のスタンリー・ベイカー、ニエール・マクギニス、「モビイ・ディック」のハリー・アンドリュース、「情事の終り」のピーター・カッシング、「島のならず者」のマイケル・ホーダーンなど。

    ヒューマンドラマ、文芸・史劇
    製作年:1956
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・ロッセン
    主演:リチャード・バートン
    14
  15. ダニー・ケイの牛乳屋

    ダニー・ケイの牛乳屋
    評価:E0.00
    「魅惑」のサミュエル・ゴールドウィンが製作し、「腰抜けモロッコ騒動」のノーマン・Z・マクロードが監督に当たったテクニカラー・ミュージカル1947年作品。往年の「ロイドの牛乳屋」にもとづいて、同作品の脚本(グローヴァー・ジョーンズ、フランク・バトラー、リチャード・コネル執筆)を、ダニー・ケイ用にドン・ハートマンとメルヴィル・シェイヴェルソン(共に「ダニー・ケイの天国と地獄」)が潤色した。撮影は「魅惑」のグレッグ・トーランド、音楽監督はカーメン・ドラゴンの担当。主演の3人、ダニー・ケイ、ヴァージニア・メイヨ、ヴェラ=エレンは「ダニー・ケイの天国と地獄」と同じ。以下「明日なき男」のスティーヴ・コクラン、「二人でお茶を」のイヴ・アーデン、ウォルター・エイベル、ライオネル・スタンダー、フェイ・ベインターらが助演する。

    ヒューマンドラマ、コメディ、ミュージカル、文芸・史劇
    製作年:1946
    製作国:アメリカ
    監督:ノーマン・Z・マクロード
    主演:ダニー・ケイ
    15
  16. 乙女のゐる基地

    乙女のゐる基地
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ、青春、戦争、文芸・史劇
    製作年:1945
    製作国:日本
    主演:水戸光子
    16

スポンサードリンク