全34作品。ホロコーストが舞台映画ランキング

  1. ライフ・イズ・ビューティフル

    ライフ・イズ・ビューティフル
    評価:S4.27
    アカデミー賞(1999年) カンヌ映画祭で審査員グランプリに輝いた、ロベルト・ベニーニ監督・脚本・主演の感動作。ナチの強制収容所に収監されたある一家の物語を、ユーモラスかつ温かな視点で描く。

    ヒューマンドラマ、戦争、ホロコーストが舞台、子供が生まれてから見たら大泣きする、嘘つきが幸せ

    ネット上の声

    これこそ正しいお涙チョーダイ映画。何度目だかもう分からない鑑賞だけ...
    深い愛と空想力は“家族を守る盾”に・・・
    まだ見ぬ君に、愛をもって嘘をつく・・・
    イタリアが誇る不朽の名作「?」
    製作年:1998
    製作国:イタリア
    監督:ロベルト・ベニーニ
    主演:ロベルト・ベニーニ
    1
  2. おもちゃの国

    おもちゃの国
    評価:S4.22
    アカデミー賞(2009年)短編映画の傑作。13分で見られる切ないラスト第二次世界大戦中にナチス・ドイツが、ユダヤ人に対して行ったホロコーストをドイツ人の視点でとらえた人間ドラマ。幼い息子を持つ母親が、厳しい現実から必死でわが子を守ろうとする様子をファンタジックに描く。

    ヒューマンドラマ、ホロコーストが舞台、どんでん返し

    ネット上の声

    4回観ましたが・・・
    短編だけどスゴイ!
    大人の嘘って、、、
    秀作ぞろい
    製作年:2007
    製作国:ドイツ
    監督:ヨヘン・アレクサンダー・フライダンク
    2
  3. シンドラーのリスト

    シンドラーのリスト
    評価:S4.22
    アカデミー賞(1994年) ナチによるユダヤ虐殺をまのあたりにしたドイツ人実業家オスカー・シンドラーは、秘かにユダヤ人の救済を決心する。彼は労働力の確保という名目で、多くのユダヤ人を安全な収容所に移動させていくのだが……。

    ヒューマンドラマ、戦争、実話、ホロコーストが舞台

    ネット上の声

    経営者としての合理的な判断から安価なユダヤ人を雇う。 でも、次第と...
    最終的に1、100人を助けることになった実業家のオスカーシンドラーの功績
    「オスカー・シンドラー」とは、何者か。
    美し過ぎませんか? (天邪鬼なので‥)
    製作年:1993
    製作国:アメリカ
    監督:スティーヴン・スピルバーグ
    主演:リーアム・ニーソン
    3
  4. サラの鍵

    サラの鍵
    評価:A4.09
    東京国際映画祭(2010年・観客賞)ナチス占領下のパリで行われたユダヤ人迫害、ヴェルディヴ事件を題材に、過去と現代を交錯させながらユダヤ人一家に起こった悲劇を描く感動的な社会派ドラマ。世界中で300万部を売り上げたタチアナ・ド・ロネの原作を基に、『マルセイユ・ヴァイス』のジル・パケ=ブランネール監督が映画化。

    ヒューマンドラマ、実話、ホロコーストが舞台

    ネット上の声

    サラの関係者が思わず涙ぐむラストのワンシーンが感動的。そこ1点のためにあるような作品。
    知ること、伝えることこそ、人類のつぐない
    鍵が開かれる時…圧倒的に何かに包まれる
    負の歴史に触れしジュリアが背負ったもの
    製作年:2010
    製作国:フランス
    監督:ジル・パケ=ブランネール
    主演:クリスティン・スコット・トーマス
    4
  5. 戦場のピアニスト

    戦場のピアニスト
    評価:A3.99
    アカデミー賞(2003年・3部門)第55回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールの栄冠に輝いた戦争ドラマ。第75回アカデミー賞でも作品賞ほか7部門にノミネートされ、ロマン・ポランスキーの監督賞、エイドリアン・ブロディの主演男優賞など計3部門で受賞を果たした。ナチスドイツ侵攻下のポーランドで生きた実在のユダヤ人ピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンの自伝の映画化で、監督のポランスキー自身も、パリでポーランド人の両親のもとに生まれ、収容所で母親を亡くし、各地を放浪して生き延びたという体験を持つ。1939年、ナチスドイツがポーランドに侵攻。ワルシャワの放送局で演奏していたピアニストのシュピルマンは、ユダヤ人としてゲットーに移住させ…

    ヒューマンドラマ、戦争、実話、ホロコーストが舞台、ピアニスト

    ネット上の声

    とにかく、二度とあってはならない。
    ピアニストが奏でる音色
    思いを込めたリアリズム
    悲惨で残酷な事実
    製作年:2002
    製作国:フランス/ドイツ/ポーランド/イギリス
    監督:ロマン・ポランスキー
    主演:エイドリアン・ブロディ
    5
  6. 黄色い星の子供たち

    黄色い星の子供たち
    評価:A3.97
    1942年ナチス占領下のパリ、ユダヤ人は胸に黄色い星をつけるよう義務付けられ、公園や映画館、遊園地への立ち入りが禁じられていた。それでも11歳のジョー(ユゴ・ルヴェルデ)と家族、隣人たちは、ささやかな暮らしは続くと信じていた。同年7月16日、フランス警察によるユダヤ人一斉検挙が始まり、およそ1万3,000人もの人々がヴェル・ディヴ(冬季競輪場)へと送られる。

    ヒューマンドラマ、戦争、実話、ホロコーストが舞台

    ネット上の声

    主役は子供たち
    ほんの少しでいい。暴力の最前線に優しさを
    「ヴェル・ディヴ事件」を多く知ってほしい
    『サラの鍵』の露払いとしてパーフェクト!
    製作年:2010
    製作国:フランス/ドイツ/ハンガリー
    監督:ローズ・ボッシュ
    主演:メラニー・ロラン
    6
  7. ソフィーの選択

    ソフィーの選択
    評価:A3.95
    アカデミー賞(1983年・主演女優賞)第2次大戦後のニューヨークを舞台に、作家志望の青年の目を通して、アウシュビッツから生き延びたポーランド人女性ソフィーとユダヤ人の恋人の過酷な愛のドラマが綴られる。反ユダヤ主義の環境に育ちながらナチに人生を踏みにじられた女性をメリル・ストリープが熱演し、アカデミー賞主演女優賞を獲得。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、不幸な結末のバッドエンド、ホロコーストが舞台、どんでん返し

    ネット上の声

    人生は誰にでも公平な訳じゃない
    ドイツと聞くたび嫌な気分になる
    重たい映画ですが、見応えもあります。 どうしてもメリル・ストリープ...
    心安らかになっても良いじゃない。
    製作年:1982
    製作国:アメリカ
    監督:アラン・J・パクラ
    主演:メリル・ストリープ
    7
  8. 縞模様のパジャマの少年

    縞模様のパジャマの少年
    評価:A3.93
    第二次世界大戦下、8歳の少年ブルーノ(エイサ・バターフィールド)は、ナチス将校の父(デヴィッド・シューリス)の栄転でベルリン郊外に引っ越すことになる。裏庭の森の奥、鉄条網で覆われた場所を訪れたブルーノが出会ったのは、縞模様のパジャマを着た少年シュムエル(ジャック・スキャンロン)だった。二人は友情を育むが、ある日ブルーノはシュムエルを裏切ってしまい……。

    ヒューマンドラマ、不幸な結末のバッドエンド、ホロコーストが舞台、どんでん返し

    ネット上の声

    あなたの嫌いな人も誰かの大切な人。
    今を生きていることに感謝
    絶望
    予告では美しい映像と音楽に魅せられて、うっかり少年たちの塀を越えた...
    製作年:2008
    製作国:イギリス/アメリカ
    監督:マーク・ハーマン
    主演:エイサ・バターフィールド
    8
  9. ヒトラーの贋札

    ヒトラーの贋札
    評価:B3.74
    アカデミー賞(2008年・外国語映画賞)1936年のドイツ、ベルリン。パスポートや紙幣など、あらゆる偽造を行うプロの贋作(がんさく)師サリー(カール・マルコヴィックス)。犯罪捜査局の捜査官ヘルツォーク(デーヴィト・シュトリーゾフ)に捕らえられた彼は、マウトハウゼン強制収容所に送られる。そこは犯罪者の送られる刑務所ではなく、ユダヤ人を対象にした収容所だった。

    ヒューマンドラマ、サスペンス、戦争、実話、ホロコーストが舞台

    ネット上の声

    たまたま被害者になったといえども、彼は本当は最初から最後まで犯罪者
    過酷な状況下におかれていた人々の心情が実にリアルに描かれているから緊張感がひしひしと伝わってくる
    『ベルンハルト作戦』。 そこまでナチスの狂気を感じさせずに、運命の...
    自分たちの命と同胞の命の間で苦悩するサリーがよく描けていました。
    製作年:2007
    製作国:ドイツ/オーストリア
    監督:ステファン・ルツォヴィツキー
    主演:カール・マルコヴィクス
    9
  10. ハンナ・アーレント

    ハンナ・アーレント
    評価:B3.74
    『ローザ・ルクセンブルグ』のマルガレーテ・フォン・トロッタ監督と、主演のバルバラ・スコヴァが再び手を組んだ感動の歴史ドラマ。ドイツで生まれ、第2次世界大戦中にナチスの収容所から逃れてアメリカに亡命した哲学者ハンナ・アーレントの不屈の戦いを描く。

    戦争、裁判・法廷、実話、ホロコーストが舞台

    ネット上の声

    到来しつつある「後世」に何を伝えるべきか
    ネットで他人を中傷してる人に見てほしい
    私なんぞ特に拳拳服膺すべき一本です。
    考える人の尊厳、考えない人間の恐怖
    製作年:2012
    製作国:ドイツ
    監督:マルガレーテ・フォン・トロッタ
    主演:アクセル・ミルベルク
    10
  11. 愛を読むひと

    愛を読むひと
    評価:B3.73
    アカデミー賞(2009年・主演女優賞)幼いころに恋に落ち、数年後に劇的な再会を果たした男女が、本の朗読を通じて愛を確かめ合うラブストーリー。ベルンハルト・シュリンクのベストセラー「朗読者」を原案に、『めぐりあう時間たち』の名匠スティーヴン・ダルドリーが映像化。

    ヒューマンドラマ、恋愛、ホロコーストが舞台

    ネット上の声

    ハナという人物像を理解する事はできるのか
    ヒロインについて、語り合いたくなるはず。
    プライドがあるから生きられる。それが私。
    どう思うのかではなく、どう行動するか
    某エンジニア
    ★★★★★(5点)
    予想外に面白かった。泣ける。ただし重い涙。
    製作年:2008
    製作国:アメリカ/ドイツ
    監督:スティーヴン・ダルドリー
    主演:ケイト・ウィンスレット
    11
  12. 夜と霧

    夜と霧
    評価:B3.69
    アウシュビッツ強制収容所をめぐるレネ監督のドキュメント傑作。忘却され荒廃した現在のアウシュビッツのカラー映像と、戦争を再現するモノクロ映像を対比させて戦争を糾弾、その美しく厳しい映像と詩的なナレーションが胸に迫る1作。

    戦争、ドキュメンタリー、ホロコーストが舞台

    ネット上の声

    知るべき歴史を観るための映画です。
    眼をそらしたくなる“32分”
    人間の、人間による、人間のための所作としてアウシュビッツがあった。...
    というかしばらく人間をみたくなくなります。
    製作年:1955
    製作国:フランス
    監督:アラン・レネ
    12
  13. ディファイアンス

    ディファイアンス
    評価:B3.68
    ユダヤ人の大量虐殺が行われていた第二次世界大戦中の1941年。ベラルーシに住むユダヤ人の3兄弟、トゥヴィア(ダニエル・クレイグ)、ズシュ(リーヴ・シュレイバー)、アザエル(ジェイミー・ベル)は子どものころからの遊び場だった森に逃げ込む。だが、彼らの思惑とは裏腹に、逃げ惑うユダヤ人たちが次々と森に集まり始め……。

    サスペンス、戦争、実話、ホロコーストが舞台、兄弟

    ネット上の声

    “ナチス” V.S 英雄“ビエルスキ兄弟
    知られざるビエルスキ3兄弟の真実の物語.
    病気でもそうでなくても死ぬときは死ぬ
    ダニエル・クレイグの男気が炸裂
    製作年:2008
    製作国:アメリカ
    監督:エドワード・ズウィック
    主演:ダニエル・クレイグ
    13
  14. 聖なる嘘つき/その名はジェイコブ

    聖なる嘘つき/その名はジェイコブ
    評価:B3.65
    第二次大戦中、ナチスの占領下のゲットーで、ある男の嘘による「想像のラジオニュース」が人々に生きる勇気を与えていく感動的なヒューマンドラマ。原作はユーレク・ベッカーの『ほらふきヤーコプ』(同学社刊)で、74年にも「嘘つきヤコブ」として映画化されている(ベルリン映画祭で銀熊賞、ウラディミール・ブロドスキが主演男優賞)。監督はハンガリー出身のユダヤ人で自身もホロコーストの生き残りであるピーター・カソヴィッツ。製作総指揮は主演のロビン・ウィリアムス。製作は「エマ」のスティーブン・ハフトと「パッチ・アダムス」のマーシャ・ガーセス・ウィリアムズ。脚本はカソヴィッツ監督と、フランスの小説家・脚本家ディディ…

    ヒューマンドラマ、戦争、ホロコーストが舞台

    ネット上の声

    希望と人間の尊厳を与えてくれる人物
    グッドモーニング、ゲットー
    メッセージの込められた作品
    嘘が与える希望
    製作年:1999
    製作国:アメリカ
    監督:ピーター・カソヴィッツ
    主演:ロビン・ウィリアムズ
    14
  15. 否定と肯定

    否定と肯定
    評価:B3.60
    ナチスドイツによるホロコーストをめぐり、欧米で論争を巻き起こした裁判を基に描かれた法廷劇。ユダヤ人歴史学者をオスカー女優のレイチェル・ワイズ、ホロコースト否定論を唱える歴史学者を『ターナー、光に愛を求めて』などのティモシー・スポールが演じるほか、名優トム・ウィルキンソン、『007 スペクター』などのアンドリュー・スコットらが共演。

    ヒューマンドラマ、裁判・法廷、実話、ホロコーストが舞台

    ネット上の声

    裁判劇がみどころ
    余所事じゃない
    主人公が情熱的
    真実とは
    製作年:2016
    製作国:イギリス,アメリカ
    監督:ミック・ジャクソン
    主演:レイチェル・ワイズ
    15
  16. ホロコースト -アドルフ・ヒトラーの洗礼-

    ホロコースト -アドルフ・ヒトラーの洗礼-
    評価:C3.58
    『ミッシング』のコスタ=ガヴラス監督が、ナチスの行った大量虐殺(ホロコースト)をモチーフに描いた戦争ドラマ。ナチス親衛隊の中尉は、強制収容所でユダヤ人の処刑現場を目撃し、若い修道士の協力を得て、ローマ法王に虐殺の真実を伝えようとするが…。

    ヒューマンドラマ、戦争、ホロコーストが舞台

    ネット上の声

    ゲルシュタイン報告→ニュルンベルク裁判
    ホロコーストとは?
    良い映画です。
    ある神父の物語
    製作年:2002
    製作国:フランス/ドイツ/ルーマニア/アメリカ
    監督:コスタ=ガヴラス
    主演:マチュー・カソヴィッツ
    16
  17. アンネの日記 The Diary of Anne Frank

    アンネの日記 The Diary of Anne Frank
    評価:C3.55
    第二次大戦中、ナチズムの狂気といわれなき人種差別の中で綴られた、少女アンネ・フランクによる永遠の名著『アンネの日記』のアニメ映画化。1942年、オランダのアムステルダムにも、欧州各国に侵攻するナチスの影が迫っていた。

    アニメ、ホロコーストが舞台

    ネット上の声

    静かな日常−その果ての悲劇と希望
    もしも希望を捨てなければ
    観やすいです
    素晴らしい。
    製作年:1995
    製作国:日本
    監督:永丘昭典
    主演:高橋玲子
    17
  18. 灰の記憶

    灰の記憶
    評価:C3.53
     1944年、アウシュビッツ強制収容所。ユダヤ人のホフマンは、同じユダヤ人をガス室に送るなどの特別任務を担う“ゾンダーコマンド”としてナチスのために働いていた。

    ヒューマンドラマ、戦争、ホロコーストが舞台

    ネット上の声

    悲しいって言ってるだけじゃダメなんだけど
    ナチ収容所毒ガス室の悲惨さに絶句!
    ユダヤ人も直視しづらい映画。
    最後のシーンでは呻いてしまう
    製作年:2001
    製作国:アメリカ
    監督:ティム・ブレイク・ネルソン
    主演:デヴィッド・アークエット
    18
  19. ナチスの犬

    ナチスの犬
    評価:C3.46
    ポーランドにオスカー・シンドラー、リトアニアに杉原千畝、そしてオランダにはズスキントがいた!ナチス占領下のアムステルダムで、1,000人のユダヤ人同胞を救う為に命を賭した男の知られざる戦争秘話を描いた感動ドラマ。

    ヒューマンドラマ、戦争、ホロコーストが舞台

    ネット上の声

    杉原千畝とは異なる
    悲劇の英雄
    製作年:2012
    製作国:オランダ
    監督:ルドルフ・ヴァン・デン・ベルフ
    主演:ユルン・スピッツエンベルハー
    19
  20. 謀議

    謀議
    評価:C3.46
    『ハリー・ポッターと秘密の部屋』のK・ブラナー主演で、ナチスの極秘会議の模様を描く戦争ドラマ。1942年1月20日、ベルリン郊外の屋敷に極秘会議のため、第三帝国高官たちが集まる。会議の結果、彼らはユダヤ人大量殺害を決定することになるのだが…

    戦争、ホロコーストが舞台

    ネット上の声

    ドイツ語だったらもっと怖い臨場感が・・・
    ケネス=ブラナー氏のナチスぶりが光る。
    人間の心の中に潜む”闇”
    ヴァンゼー会議
    製作年:2001
    製作国:アメリカ/イギリス
    監督:フランク・ピアソン
    主演:ケネス・ブラナー
    20
  21. ヒトラーを欺いた黄色い星

    ヒトラーを欺いた黄色い星
    評価:C3.44
    第2次世界大戦下のベルリンで、終戦までの間にナチスドイツのホロコーストを免れたユダヤ人たちの史実を基に描くドラマ。4人の生還者たちのインタビューなどを基に、彼らがどのようにして生き延びたのかを浮き彫りにする。

    ドキュメンタリー、ホロコーストが舞台

    ネット上の声

    88点:無名のドイツ人支援者が陰の主役
    相互に助け合ったという事実を知る。
    ドラマのようでドラマじゃない
    飽きさせない作品のつくり
    製作年:2017
    製作国:ドイツ
    監督:クラウス・レーフレ
    主演:マックス・マウフ
    21
  22. サウルの息子

    サウルの息子
    評価:C3.40
    アカデミー賞(2016年・外国語映画賞)ハンガリー出身のネメシュ・ラースローがメガホンを取り、強制収容所に送り込まれたユダヤ人たちがたどる壮絶な宿命に迫る感動作。仲間たちの死体処理を請け負う主人公が、息子と思われる少年をユダヤ人としてきちんと葬るために収容所内を駆けずり回る2日間を活写する。

    ヒューマンドラマ、戦争、ホロコーストが舞台

    ネット上の声

    これぞ「この世界の片隅に」
    脱帽!
    アウシュビッツのホロコーストを題材にした映画。 虐殺のためにシャワ...
    オジサマの顔と後ろ姿ばかりが映っている
    製作年:2015
    製作国:ハンガリー
    監督:ネメシュ・ラースロー
    主演:ルーリグ・ゲーザ
    22
  23. アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち

    アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち
    評価:C3.39
    ナチス・ドイツの戦犯アドルフ・アイヒマンの裁判を通して世界中にホロコーストの実態を知らしめようと奮闘した、テレビマンたちの姿に迫る感動の人間ドラマ。実在の人物をベースに、若手プロデューサーと撮影監督がさまざまな困難を乗り越えて信念を貫く様子を描写する。

    ヒューマンドラマ、社会派ドラマ、実話、ホロコーストが舞台

    ネット上の声

    まぁ、史実として
    ストーリー的にはあんまり面白くないなぁ。テレビ制作者が奔走するだけ...
    報道カメラ陣の心理描写>アイヒマンの人間性
    戦争裁判のテレビ放送に奔走するテレビマン
    製作年:2015
    製作国:イギリス
    監督:ポール・アンドリュー・ウィリアムズ
    主演:マーティン・フリーマン
    23
  24. 囚われのサーカス

    囚われのサーカス
    評価:C3.25
     ホロコーストの生存者を集めた施設を舞台に、彼らの心に巣くう闇を描いたドラマ。1961年。

    ヒューマンドラマ、ホロコーストが舞台
    製作年:2008
    製作国:ドイツ,イスラエル
    監督:ポール・シュレイダー
    主演:ジェフ・ゴールドブラム
    24
  25. ゴールデンボーイ

    ゴールデンボーイ
    評価:D3.22
    潜伏するナチ戦犯と、彼に接近して話を聞くうちにおのれの内部に巣食う邪悪さに目覚めていく少年の姿を描いたサスペンス。モダンホラーの巨頭スティーヴン・キングの『ゴールデンボーイ』(邦訳・新潮文庫)の映画化で、監督には「パブリック・アクセス」「ユージュアル・サスペクツ」のブライアン・シンガーがあたった。脚本は監督の学生時代からの親友であるブランドン・ボイスで本作がデビュー作。製作はシンガーと「ナチュラル・ボーン・キラーズ」のジェーン・ハンシャーとドン・マーフィ。撮影のニュートン・トーマス・シーゲル、音楽・編集のジョン・オットマン、衣裳のルイス・ミンゲンバックは「ユージュアル・サスペクツ」に続く参加…

    サスペンス、ホロコーストが舞台

    ネット上の声

    呼び起こされた悪と、目覚めた悪
    邪悪の継承
    原作を読んでからリピート。 原作だとトッドはもっと幼いイメージなん...
    原作を読んでからリピート。 原作だとトッドはもっと幼いイメージなん...
    製作年:1998
    製作国:アメリカ
    監督:ブライアン・シンガー
    主演:ブラッド・レンフロー
    25
  26. 善き人

    善き人
    評価:D3.16
    『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズなどで人気を博すヴィゴ・モーテンセン主演のヒューマン・ドラマ。劇作家C・P・テイラーの代表作を基に、ナチス政権下のドイツで葛藤(かっとう)する大学教授の日々を描く。

    ヒューマンドラマ、ホロコーストが舞台

    ネット上の声

    ヴィゴ頼り公開?芯の通った男には見えず。
    冒頭から、ひたすらViggoが美しい。
    善き選択の果てに、何を失っていたか
    少しの勇気で行動は可能なんだ。
    製作年:2008
    製作国:イギリス/ドイツ
    監督:ヴィセンテ・アモリン
    主演:ヴィゴ・モーテンセン
    26
  27. アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発

    アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発
    評価:D3.11
    ホロコーストに関与したアドルフ・アイヒマンの裁判が行われていたのと同時期に実施され、世界を震撼(しんかん)させた実験の全貌を描く実録ドラマ。権威への服従心理の実験をし、人間の隠された本性を科学的に実証した心理学者スタンレー・ミルグラム氏を『ニュースの天才』などのピーター・サースガードが演じるほか、『エイジ・オブ・イノセンス/汚れなき情事』などのウィノナ・ライダー、『スター・トレック』シリーズなどのアントン・イェルチンらが共演。

    ヒューマンドラマ、実話、ホロコーストが舞台

    ネット上の声

    映画として面白いか、は別問題。
    35%の可能性を信じたい
    ピーター・サースガード&ウィノナ・ライダーの顔のシワに注目
    服従実験を実験映画風に撮る
    製作年:2015
    製作国:アメリカ
    監督:マイケル・アルメレイダ
    主演:ピーター・サースガード
    27
  28. アンネの追憶

    アンネの追憶
    評価:D3.04
    世界中で読み親しまれている「アンネの日記」の著者として知られるユダヤ人少女、アンネ・フランクの日記に記されることのなかった知られざる最期の日々を描いた人間ドラマ。彼女の親友ハネリ・ホスラーの証言をまとめた「もうひとつの『アンネの日記』」を基に、強制収容所に送られたアンネのたどった過酷な運命が、一家の中でただ一人生き残った父オットーの回想でつづられる。

    ヒューマンドラマ、ホロコーストが舞台

    ネット上の声

    冒頭しょっぱなから、グッと泣かせやがる。
    人間の勇気とはミープのような人
    戦争を正しく伝える努力
    執念を感じる作品
    製作年:2009
    製作国:イタリア
    監督:アルベルト・ネグリン
    主演:ロザベル・ラウレンティ・セラーズ
    28
  29. ナチス・ホロコーストの戦慄

    ナチス・ホロコーストの戦慄
    評価:E2.52
    生存者による実話に基づいた恐怖体験を基に、ナチスによる強制収容所・ホロコーストの全貌と虐殺の真実を描いた衝撃のドラマ。39年のナチスは制圧下にあるポーランドに収容所を設立。ゲルマン民族の権力誇示のためヒトラーは秘密警察を使い政治犯や他民族の人々を次々に収容所へ連行していく。

    ヒューマンドラマ、戦争、実話、ホロコーストが舞台
    製作年:2005
    製作国:リトアニア
    監督:アリジマンタス・プイパ
    主演:スティーヴン・バーコフ
    29
  30. アウシュビッツ行 最終列車 ヒトラー第三帝国ホロコースト

    アウシュビッツ行 最終列車 ヒトラー第三帝国ホロコースト
    評価:E0.00


    ヒューマンドラマ、戦争、ホロコーストが舞台

    ネット上の声

    邦題が長い
    邦題がひどい
    製作年:2006
    製作国:ドイツ
    監督:ダーナ・ヴァヴロヴァ
    主演:ギデオン・ブルクハルト
    30
  31. 生きるために

    生きるために
    評価:E0.00
     ギリシャに住むユダヤ系の元ミドル級ボクサー、サラモは、ナチスのユダヤ人迫害によってアウシュビッツへ家族や恋人と共に送られる。そこで、ある時喧嘩をきっかけにサラモが元ボクサーであることがナチス将校に伝わる。

    ヒューマンドラマ、実話、ホロコーストが舞台、ボクシング、暴動

    ネット上の声

    絶望の中に花開く愛
    製作年:1989
    製作国:アメリカ
    監督:ロバート・M・ヤング
    主演:ウィレム・デフォー
    31
  32. ソビブル、1943年10月14日午後4時

    ソビブル、1943年10月14日午後4時
    評価:E0.00
    ナチス・ドイツによるホロコーストの全貌を関係者の証言のみで構成した「SHOAH ショア」を手がけたクロード・ランズマンによるドキュメンタリー作品。「SHOAH ショア」の後半で明らかとなった収容所でのユダヤ人400名による武装蜂起計画は、脱走者のうち生存者100人という過酷な逃亡劇だった。ガス室でのユダヤ人殺害が中止に追い込まれたソビブル収容所の様子など、16歳で収容所に連行されたイェフダ・レルネルの証言をもとに、ユダヤ人がただおとなしく殺されていったのではないという事実を明らかにする。

    ドキュメンタリー、ホロコーストが舞台

    ネット上の声

    ソビブル収容所蜂起の英雄の数奇な運命
    製作年:2001
    製作国:フランス
    監督:クロード・ランズマン
    32
  33. 不正義の果て

    不正義の果て
    評価:E0.00
    ナチスドイツのユダヤ人強制収容所における責任者だったアドルフ・アイヒマン氏が、世界をあざむくために選んだ模範収容所の真相を描くドキュメンタリー。模範収容所として選ばれたある強制収容所の生還者であるユダヤ人長老ベンヤミン・ムルメルシュタイン氏の証言から、知られざる内情を暴いていく。

    ドキュメンタリー、ホロコーストが舞台

    ネット上の声

    見る際は覚悟しましょう
    長い、予備知識無いと集中力持たない
    長い、予備知識無いと集中力持たない
    お腹の調子がいい時に
    製作年:2013
    製作国:フランス,オーストリア
    監督:クロード・ランズマン
    33
  34. ロッツ・ゲットー

    ロッツ・ゲットー
    評価:E0.00
     第二次大戦におけるナチスのユダヤ人殺害をテーマに、当時の様々な資料を紹介し、この問題を浮き彫りにした作品。

    ドキュメンタリー、ホロコーストが舞台
    製作年:1988
    製作国:アメリカ
    監督:アラン・アデルソン
    34

スポンサードリンク