スポンサーリンクあり

全35作品。ホロコーストが舞台映画ランキング

  1. シンドラーのリスト
    • S
    • 4.61
    スティーブン・スピルバーグ監督が、ナチスによるユダヤ人大虐殺から多くの命を救った実在のドイツ人実業家オスカー・シンドラーを描いた名作。1939年、ナチスドイツ占領下のポーランド。戦争を利用して一儲けしようと狙うドイツ人実業家シンドラーは、軍の幹部に取り入り、ユダヤ人の所有していた工場を払い下げてもらう。軍用ホーロー容器工場を立ち上げた彼は、安価な労働力としてユダヤ人たちを雇い入れ、事業を軌道に乗せていく。しかしナチスによるユダヤ人の迫害は日ごとにエスカレートし、ついに虐殺が始まる。凄惨な光景を目の当たりにしたシンドラーは、私財を投じて彼らの命を救うことを決意する。リーアム・ニーソンが主演を務め、レイフ・ファインズ、ベン・キングズレーが共演。第66回アカデミー賞で作品賞など7部門を受賞し、スピルバーグは初の監督賞を獲得した。

    ネット上の声

    • 経営者としての合理的な判断から安価なユダヤ人を雇う。 でも、次第と...
    • 最終的に1、100人を助けることになった実業家のオスカーシンドラーの功績
    • 「オスカー・シンドラー」とは、何者か。
    • 美し過ぎませんか? (天邪鬼なので‥)
    ホロコーストが舞台、 戦争、 実話、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1993年
    • 製作国アメリカ
    • 時間195分
    • 監督スティーヴン・スピルバーグ
    • 主演リーアム・ニーソン
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  2. ライフ・イズ・ビューティフル
    • S
    • 4.58
    イタリアの俳優ロベルト・ベニーニが監督・脚本・主演を務め、強制収容所に送られたユダヤ人の父親が幼い息子を守るため意外な行動に出る姿を描いた感動作。1937年、トスカーナ地方の小さな町へやって来たユダヤ系イタリア人の陽気な男性グイドは、美しい小学校教師ドーラと運命的な出会いを果たす。いつも陽気で機転のきくグイドにドーラも心を奪われ、やがて2人は結婚。息子ジョズエも生まれ家族は幸せな日々を送るが、彼らが暮らす町にもユダヤ人迫害の魔の手が迫り、3人は強制収容所に連行されてしまう。グイドは幼いジョズエに悲惨な現実を悟られないよう、ひたすら陽気に振る舞いながら嘘をつき続けるが……。第71回アカデミー賞で主演男優賞、外国語映画賞、作曲賞、第51回カンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した。

    ネット上の声

    • これこそ正しいお涙チョーダイ映画。何度目だかもう分からない鑑賞だけ...
    • 深い愛と空想力は“家族を守る盾”に・・・
    • まだ見ぬ君に、愛をもって嘘をつく・・・
    • 設定はいいハズなのに残念・・・。
    子供が生まれてから見たら大泣きする、 嘘つきが幸せ、 ホロコーストが舞台、 戦争、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1998年
    • 製作国イタリア
    • 時間117分
    • 監督ロベルト・ベニーニ
    • 主演ロベルト・ベニーニ
  3. 戦場のピアニスト
    • S
    • 4.46
    第55回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールの栄冠に輝き、第75回アカデミー賞でも作品賞ほか7部門にノミネートされ、ロマン・ポランスキーの監督賞、エイドリアン・ブロディの主演男優賞など計3部門で受賞を果たした戦争ドラマ。ナチスドイツ侵攻下のポーランドで生きた実在のユダヤ人ピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンの自伝を映画化した。 1939年、ナチスドイツがポーランドに侵攻。ワルシャワの放送局で演奏していたピアニストのシュピルマンは、ユダヤ人としてゲットーに移住させられる。やがて何十万ものユダヤ人が強制収容所送りとなる中、奇跡的に難を逃れたシュピルマンは、必死に身を隠して生き延びることだけを考えていた。しかしある夜、ついにひとりのドイツ人将校に見つかってしまう。 監督のポランスキー自身もパリでポーランド人の両親のもとに生まれ、収容所で母親を亡くし、各地を放浪して生き延びたという体験を持つ。日本では2003年に劇場公開され、第2次世界大戦終結から70年目の2015年にデジタルリマスター版でリバイバル公開。2023年には4K デジタルリマスター版でリバイバル公開。

    ネット上の声

    • 主人公に共感できない人が多いことに驚き
    • 月光とショパンの旋律が主人公を救った
    • とにかく、二度とあってはならない。
    • 主人公を「へたれ」として画く真意
    ホロコーストが舞台、 ピアニスト、 戦争、 実話、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2002年
    • 製作国フランス,ドイツ,ポーランド,イギリス
    • 時間148分
    • 監督ロマン・ポランスキー
    • 主演エイドリアン・ブロディ
  4. 縞模様のパジャマの少年
    • A
    • 4.35
    強制収容所の柵越しに友情を育む無垢な少年たちを描き、世界的ベストセラーとなった同名小説の映画化。第2次世界大戦下のドイツ、ユダヤ人強制収容所の指揮官を父に持つ少年ブルーノはある日、有刺鉄線で囲まれた風変わりな農場を見つける。そこで縞模様のパシャマを着た少年シュムエルに出会い、次第に心を通わせていくが……。監督は「ブラス!」「リトル・ヴォイス」のマーク・ハーマン。

    ネット上の声

    • 不愉快、いや、作られるべきでなかった映画
    • 言葉を失う・・・・・ラスト・・・である。
    • 無垢な瞳に人間の愚かさを映した衝撃作
    • 純粋な心をも踏みにじる戦争という悪魔
    ホロコーストが舞台、 不幸な結末のバッドエンド、 どんでん返し、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2008年
    • 製作国イギリス,アメリカ
    • 時間95分
    • 監督マーク・ハーマン
    • 主演エイサ・バターフィールド
    • レンタル
  5. 黄色い星の子供たち
    • A
    • 4.33
    ナチス占領下のパリ。11歳の少年ジョーは、ユダヤ人であることを示す黄色い星を胸につけることに嫌悪感を抱きながらも、家族とのささやかな幸せが続くことを信じていた。しかし1942年7月16日、パリでユダヤ人の一斉検挙が始まってしまう。フランス政府がナチスに協力し、1万3000人のユダヤ人を競技場に収容した事件を、当時の経験者の証言をもとに映画化。監督は元ジャーナリストのローズ・ボッシュ。「オーケストラ!」のメラニー・ロラン、「レオン」のジャン・レノが出演。

    ネット上の声

    • 主役は子供たち
    • 結構良かった、ほぼ主観の移動撮影とか、「政治」と生活の切り返しとか
    • なんとか生き抜いた子供から表情が、感情が無くなっていたのが悲しい
    • フランス政府による史上最大のユダヤ人一斉検挙ヴェル・ディヴ事件
    ホロコーストが舞台、 戦争、 実話、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2010年
    • 製作国フランス,ドイツ,ハンガリー
    • 時間125分
    • 監督ローズ・ボッシュ
    • 主演メラニー・ロラン
  6. サラの鍵
    • A
    • 4.33
    タチアナ・ド・ロネの同名ベストセラー小説を、クリスティン・スコット・トーマス主演で映画化。1942年のフランス、パリ。ユダヤ人の迫害が過激化するある日、幼い弟を納戸に隠したサラは、納戸の鍵を手にしたまま収容所へ送られてしまう。そして現代。アメリカ人ジャーナリストのジュリアは、ユダヤ人迫害事件を取材するうちに、あるユダヤ人家族の悲劇を知り……。第23回東京国際映画祭で監督賞と観客賞を受賞。

    ネット上の声

    • サラの関係者が思わず涙ぐむラストのワンシーンが感動的。そこ1点のためにあるような作品。
    • タチアナ・ド・ロネによるベストセラー同名小説を映画化したヒューマン・ドラマ
    • 知ること、伝えることこそ、人類のつぐない
    • 鍵が開かれる時…圧倒的に何かに包まれる
    ホロコーストが舞台、 実話、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2010年
    • 製作国フランス
    • 時間111分
    • 監督ジル・パケ=ブランネール
    • 主演クリスティン・スコット・トーマス
    • レンタル
    • 定額
  7. おもちゃの国
    • A
    • 4.14

    13分の短編映画。短いながらも切ないラスト。ショートストーリーの最高傑作との評価も。

    1942年ドイツ、マリアン(ジュリア・イェーガー)は息子にどうして突然近所の人々がいなくなるのかと聞かれ答えに困る。彼女は息子にナチス・ドイツによるユダヤ人の強制連行について説明する気にはならず、彼らは“おもちゃの国”に行くのだとついうそをついてしまう。だが、ある朝気が付くと息子はユダヤ人ととも姿を消しており……。

    ネット上の声

    • 4回観ましたが・・・
    • 大人の嘘って、、、
    • 短編だけどスゴイ!
    • ショートフィルム
    ホロコーストが舞台、 どんでん返し、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2007年
    • 製作国ドイツ
    • 時間13分
    • 監督ヨヘン・アレクサンダー・フライダンク
    • 主演---
  8. ハンナ・アーレント
    • A
    • 4.02
    ドイツに生まれ、ナチス政権による迫害を逃れてアメリカへ亡命したユダヤ人の女性哲学者ハンナ・アーレントを描いた歴史ドラマ。1960年代初頭、ハンナ・アーレントは元ナチス高官アドルフ・アイヒマンの裁判の傍聴記事を執筆・発表するが、記事は大論争を巻き起こし、アーレントも激しいバッシングを受けてしまう。その顛末を通して絶対悪とは何か、考える力とは何かを問うとともに、アーレントの強い信念を描きだしていく。監督はフォルカー・シュレンドルフの妻としても知られるマルガレーテ・フォン・トロッタ。2012年・第25回東京国際映画祭コンペティション部門出品。

    ネット上の声

    • 到来しつつある「後世」に何を伝えるべきか
    • ネットで他人を中傷してる人に見てほしい
    • 真実はそれぞれだが事実は一つである。
    • 私なんぞ特に拳拳服膺すべき一本です。
    ホロコーストが舞台、 裁判・法廷、 戦争、 実話
    • 製作年2012年
    • 製作国ドイツ,ルクセンブルク,フランス
    • 時間114分
    • 監督マルガレーテ・フォン・トロッタ
    • 主演バルバラ・スコヴァ
    • レンタル
  9. 愛を読むひと
    • B
    • 3.97
    ベルンハルト・シュリンクのベストセラー小説「朗読者」を、「めぐりあう時間たち」の監督&脚本家コンビが映画化。1958年のドイツ、15歳のマイケルは、21歳年上のハンナとベッドを共にし、彼女に頼まれて本を朗読してあげるようになるが、ある日突然、彼女は姿を消す。時は流れ、戦時中のある罪を問われて投獄されたハンナのために、マイケルは物語を朗読したテープを刑務所に送り続けるが……。第81回アカデミー賞でケイト・ウィンスレットが主演女優賞を受賞。

    ネット上の声

    • ハナという人物像を理解する事はできるのか
    • ヒロインについて、語り合いたくなるはず。
    • 無償の愛?無慈悲で冷酷で侮辱的じゃないか
    • プライドがあるから生きられる。それが私。
    ホロコーストが舞台、 恋愛、 ヒューマンドラマ

    批評家の声

    • ★★★★★(5点)
      予想外に面白かった。泣ける。ただし重い涙。
    • 製作年2008年
    • 製作国アメリカ,ドイツ
    • 時間124分
    • 監督スティーヴン・ダルドリー
    • 主演ケイト・ウィンスレット
    • 定額
  10. 10

    謀議

    謀議
    • B
    • 3.96

    ネット上の声

    • 1942年1月20日にベルリン郊外のヴァンゼー湖畔で開かれた「ヴァンゼー会議」
    • ドイツ語だったらもっと怖い臨場感が・・・
    • 恐るべき会議の全貌を実力あるキャストで
    • ケネス=ブラナー氏のナチスぶりが光る。
    ホロコーストが舞台、 戦争
    • 製作年2001年
    • 製作国アメリカ,イギリス
    • 時間96分
    • 監督フランク・ピアソン
    • 主演ケネス・ブラナー
  11. 不正義の果て
    • B
    • 3.83
    ホロコーストの真実を追究した「SHOAH ショア」のクロード・ランズマン監督が、ナチスのプロパガンダ映像や撮影監督ウィリアム・ リュプチャンスキー、キャロリーヌ・シャンプティエによる映像などを使用し、ナチス親衛隊アドルフ・アイヒマンの知られざる性格面を白日の下にさらしたドキュメンタリー作品。アドルフ・アイヒマンが世界を欺くために選んだ模範収容所テレージエンシュタット。この収容所の真の姿が、収容所の生還者であるユダヤ人長老ベンヤミン・ムルメルシュタインの証言から明らかになる。

    ネット上の声

    • 見る際は覚悟しましょう
    • 死者に対する倫理的正しさを突き詰めると、映画的「おもしろさ」は犠牲にせざるを得な
    • 世界的にセンセーションを巻き起こした「SHOAH ショア」をはじめ、ホロコースト
    • 模範収容所とされたゲットーの最後の長老であり、生き残りであるベンヤミン・ムルメル
    ホロコーストが舞台、 ドキュメンタリー
    • 製作年2013年
    • 製作国フランス,オーストリア
    • 時間218分
    • 監督クロード・ランズマン
    • 主演---
  12. ソフィーの選択
    • B
    • 3.71
    第2次大戦後のニューヨークを舞台に、作家志望の青年の目を通して、アウシュビッツから生き延びたポーランド人女性ソフィーとユダヤ人の恋人の過酷な愛のドラマが綴られる。反ユダヤ主義の環境に育ちながらナチに人生を踏みにじられた女性をメリル・ストリープが熱演し、アカデミー賞主演女優賞を獲得。

    ネット上の声

    • 次の日になればいつもと同じ朝がくる。
    • 生きるってこんなにも重たいの?、
    • とても”美しい”反戦映画です。
    • 人生は誰にでも公平な訳じゃない
    ホロコーストが舞台、 不幸な結末のバッドエンド、 どんでん返し、 サスペンス
    • 製作年1982年
    • 製作国アメリカ
    • 時間151分
    • 監督アラン・J・パクラ
    • 主演メリル・ストリープ
    • 定額
    • レンタル
    • 定額
  13. 夜と霧
    • B
    • 3.65
    アウシュビッツ強制収容所をめぐるレネ監督のドキュメント傑作。忘却され荒廃した現在のアウシュビッツのカラー映像と、戦争を再現するモノクロ映像を対比させて戦争を糾弾、その美しく厳しい映像と詩的なナレーションが胸に迫る1作。

    ネット上の声

    • 圧倒的な映像が奏でる皆殺しのブルース
    • 「人間はなにごとにも慣れる存在だ」
    • 知るべき歴史を観るための映画です。
    • 眼をそらしたくなる“32分”
    ホロコーストが舞台、 戦争、 ドキュメンタリー
    • 製作年1955年
    • 製作国フランス
    • 時間32分
    • 監督アラン・レネ
    • 主演---
  14. 否定と肯定
    • B
    • 3.63
    「ナイロビの蜂」で第78回アカデミー賞の助演女優賞に輝いたレイチェル・ワイズがユダヤ人大量虐殺=ホロコーストをめぐる裁判を争う歴史学者を演じる法廷劇。1994年、イギリスの歴史家デビッド・アービングが主張する「ホロコースト否定論」を看過することができないユダヤ人女性の歴史学者デボラ・E・リップシュタットは、自著の中でアービングの説を真っ向から否定。アービングは名誉毀損で彼女を提訴するという行動に出る。訴えられた側に立証責任があるイギリスの司法制度において、リップシュタットは「ホロコースト否定論」を崩す必要があった。そんな彼女のために組織されたイギリス人大弁護団によるアウシュビッツの現地調査など、歴史の真実の追求が始まり、2000年1月、多くのマスコミの注目が集まる中、王立裁判所で歴史的裁判が開廷した。主人公リップシュタットをワイズが演じ、トム・ウィルキンソン、ティモシー・スポールらが脇を固める。

    ネット上の声

    • 事実を争っているわけではないのが難しい
    • 常識を疑うことも必要なのかも知れない
    • 英国とアメリカの裁判流儀の相違は…
    • 南京大虐殺の捏造と関係あり
    ホロコーストが舞台、 裁判・法廷、 実話
    • 製作年2016年
    • 製作国イギリス,アメリカ
    • 時間110分
    • 監督ミック・ジャクソン
    • 主演レイチェル・ワイズ
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  15. サウルの息子
    • B
    • 3.63
    2015年・第68回カンヌ国際映画祭でグランプリ、第88回アカデミー賞で外国語映画賞を受賞したハンガリー映画。アウシュビッツ解放70周年を記念して製作され、強制収容所で死体処理に従事するユダヤ人のサウルが、息子の遺体を見つけ、ユダヤ教の教義に基づき葬ろうとする姿や、大量殺戮が行われていた収容所の実態を描いた。1944年10月、アウシュビッツ=ビルケナウ収容所。ナチスにより、同胞であるユダヤ人の死体処理を行う特殊部隊ゾンダーコマンドに選抜されたハンガリー系ユダヤ人のサウル。ある日、ガス室で生き残った息子と思しき少年を発見したものの、少年はすぐにナチスによって処刑されてしまう。サウルは少年の遺体をなんとかして手厚く葬ろうとするが……。ハンガリーの名匠タル・ベーラに師事したネメシュ・ラースロー監督の長編デビュー作。

    ネット上の声

    • ひとは絶望の中でも「生きる糧」を見つける
    • 最期まで<人間>であり続けるために。
    • 人間の尊厳を称揚するという倨傲。
    • ゾンダーコマンドなる存在、視点
    ホロコーストが舞台、 戦争、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2015年
    • 製作国ハンガリー
    • 時間107分
    • 監督ネメシュ・ラースロー
    • 主演ルーリグ・ゲーザ
  16. ソビブル、1943年10月14日午後4時
    • C
    • 3.61
    ナチス・ドイツによるホロコーストの全貌を関係者の証言のみで構成した「SHOAH ショア」を手がけたクロード・ランズマンによるドキュメンタリー作品。「SHOAH ショア」の後半で明らかとなった収容所でのユダヤ人400名による武装蜂起計画は、脱走者のうち生存者100人という過酷な逃亡劇だった。ガス室でのユダヤ人殺害が中止に追い込まれたソビブル収容所の様子など、16歳で収容所に連行されたイェフダ・レルネルの証言をもとに、ユダヤ人がただおとなしく殺されていったのではないという事実を明らかにする。

    ネット上の声

    • ただ盲目に無抵抗だったわけじゃない
    • ソビブル収容所蜂起の英雄の数奇な運命
    • ◉インタビュー中の通訳の場面をカットしないのが斬新
    • このテーマを劇映画で撮ることもできただろうが、クロード・ランズマンはそうしなかっ
    ホロコーストが舞台、 ドキュメンタリー
    • 製作年2001年
    • 製作国フランス
    • 時間95分
    • 監督クロード・ランズマン
    • 主演---
  17. ヒトラーの贋札
    • C
    • 3.48
    ナチス・ドイツがイギリス経済を混乱させるために実行した贋札製造計画“ベルンハルト作戦”。贋造を強制させられたユダヤ系技術者の視点から事件の裏側を描いた人間ドラマ。第2次世界大戦中、贋ポンド札を製造するために強制収容所内の秘密工場に集められたユダヤ系技術者たち。拒否すれば命はないが、作戦の成功はナチスの優勢に繋がり、ユダヤ人がさらなる苦しみを受けることになる。彼らは自らの命と信念の間で葛藤し……。

    ネット上の声

    • たまたま被害者になったといえども、彼は本当は最初から最後まで犯罪者
    • 過酷な状況下におかれていた人々の心情が実にリアルに描かれているから緊張感がひしひしと伝わってくる
    • ヨーロッパ映画は演出が分かりにくかったりする事が多々あるのだけど、これ、分かりや
    • うろ覚えだけれど「アウシュヴィッツで真っ先に死ぬのは体が弱い人ではなく、希望を無
    ホロコーストが舞台、 戦争、 実話
    • 製作年2007年
    • 製作国ドイツ,オーストリア
    • 時間96分
    • 監督ステファン・ルツォヴィツキー
    • 主演カール・マルコヴィクス
    • レンタル
    • 定額
    • 定額
  18. ホロコースト -アドルフ・ヒトラーの洗礼-
    • C
    • 3.48
    ナチス親衛隊員・ゲルシュタインは、強制収容政策によりユダヤ人が毒ガスで処刑されるのを目撃する。軍人として正面から阻止できない彼は、事実を教会に告発するが黙殺されてしまう。ゲルシュタインは耳を傾けてくれた若き神父と、ある解決策を講じるが…。

    ネット上の声

    • ★ホロコーストーアドルフ・ヒトラーの洗礼
    • ゲルシュタイン報告→ニュルンベルク裁判
    • 余り知られていない事実
    • ◆自民党はナチスと一緒
    ホロコーストが舞台、 戦争
    • 製作年2002年
    • 製作国フランス,ドイツ,ルーマニア,アメリカ
    • 時間126分
    • 監督コスタ=ガヴラス
    • 主演マチュー・カソヴィッツ
  19. 聖なる嘘つき/その名はジェイコブ
    • C
    • 3.46
    第二次大戦中、ナチスの占領下のゲットーで、ある男の嘘による「想像のラジオニュース」が人々に生きる勇気を与えていく感動的なヒューマンドラマ。原作はユーレク・ベッカーの『ほらふきヤーコプ』(同学社刊)で、74年にも「嘘つきヤコブ」として映画化されている(ベルリン映画祭で銀熊賞、ウラディミール・ブロドスキが主演男優賞)。監督はハンガリー出身のユダヤ人で自身もホロコーストの生き残りであるピーター・カソヴィッツ。製作総指揮は主演のロビン・ウィリアムス。製作は「エマ」のスティーブン・ハフトと「パッチ・アダムス」のマーシャ・ガーセス・ウィリアムズ。脚本はカソヴィッツ監督と、フランスの小説家・脚本家ディディア・ディコイン。撮影はハンガリー出身のエルマー・ラガリ。音楽は「クルーエル・インテンションズ」のエドワード・シャローム。美術は「オスカーとルシンダ」のルチアナ・アリギ。編集は「ザ・ファン」のクレア・シンプソン。出演は「パッチ・アダムス」のロビン・ウィリアムス、「ガタカ」のアラン・アーキン、「あなたに逢いたくて」のボブ・バラバン、監督の実子で「憎しみ」「アサシンズ」で知られる監督マチュー・カソヴィッツほか。

    ネット上の声

    • こんな嘘なら、いくらでもO・Kですネ!
    • 希望と人間の尊厳を与えてくれる人物
    • ヒゲのボブ・バラバンは渋くてよい
    • “ありがとう”そして“じゃあね”
    ホロコーストが舞台、 戦争
    • 製作年1999年
    • 製作国アメリカ
    • 時間120分
    • 監督ピーター・カソヴィッツ
    • 主演ロビン・ウィリアムズ
    • レンタル
  20. ディファイアンス
    • C
    • 3.39
    「ブラッド・ダイヤモンド」のエドワード・ズウィック監督が、6代目007のダニエル・クレイグを主演に迎え、第2次世界大戦中に実在した1200人ものユダヤ人を救ったビエルスキ兄弟の物語を映画化。ナチス・ドイツに両親を殺されたユダヤ人のビエルスキ3兄弟は、復讐を胸にベラルーシの森へと逃げ込む。やがて森にはナチスの迫害から逃れてきたユダヤ人が続々と集まり始め……。共演にリーブ・シュライバー、ジェイミー・ベル。

    ネット上の声

    • 逃亡者ではなく人間の尊厳を失わず生きた姿
    • “ナチス” V.S 英雄“ビエルスキ兄弟
    • 知られざるビエルスキ3兄弟の真実の物語.
    • 真実の物語に深〜〜く感銘を受けました!
    兄弟、 ホロコーストが舞台、 戦争、 実話、 サスペンス
    • 製作年2008年
    • 製作国アメリカ
    • 時間136分
    • 監督エドワード・ズウィック
    • 主演ダニエル・クレイグ
    • 定額
    • 定額
  21. ヒトラーを欺いた黄色い星
    • C
    • 3.28
    ナチス政権下のベルリンで終戦まで生き延びた約1500人のユダヤ人の実話を、実際の生還者の証言を交えながら映画化。1943年6月19日、ナチスの宣伝相ゲッベルスは、首都ベルリンからユダヤ人を一掃したと宣言。しかし実際は約7000人のユダヤ人がベルリン各地に潜伏しており、そのうち約1500人が終戦まで生き延びた。運良く収容所行きを免れ、ドイツ人兵士に成りすましてベルリン市内の空室を転々としていたツィオマは、ユダヤ人を救うための身分証偽造を行う。戦争未亡人を装って映画館に出かけたルートは、ドイツ国防軍の将校にメイドとして雇われる。16歳の少年オイゲンは、ヒトラー青少年団の制服を着て身元を偽りながら、反ナチスのビラ作りに協力する。極限状態の中で彼らがどのようにして住居や食料を確保し、ゲシュタポや密告者の監視の目をすり抜けたのか、歴史の知られざる真実を描き出す。

    ネット上の声

    • 「当時すでに大人だった人たち」の最後の声
    • 88点:無名のドイツ人支援者が陰の主役
    • 相互に助け合ったという事実を知る。
    • 映画というよりドキュメンタリー
    ホロコーストが舞台、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2017年
    • 製作国ドイツ
    • 時間111分
    • 監督クラウス・レーフレ
    • 主演マックス・マウフ
    • レンタル
  22. ナチスの犬
    • C
    • 3.28

    ネット上の声

    • 邦題以外は最高の作品。秀作。
    • 悲劇の英雄
    • ナチスも人間なんだよなー、人の心もあったんだよなー…というより、人の心が残ってる
    • ナチス占領下のオランダで収容所移送に携わりながら、陰で千人近くの子供達を救ったウ
    ホロコーストが舞台、 戦争
    • 製作年2012年
    • 製作国オランダ
    • 時間118分
    • 監督ルドルフ・ヴァン・デン・ベルフ
    • 主演ユルン・スピッツエンベルハー
  23. ベント/堕ちた饗宴
    • C
    • 3.26
    第二次大戦中にナチス収容所内での同性愛者の男たちの悲劇。79年に初演され話題になったマーティン・シャーマンの同名作(原作・劇書房刊)を、映画は本作がデビューとなる、舞台監督として著名なショーン・マサイアスが映画化。製作はマイケル・ソリンジャーとディキシー・リンダー。製作総指揮はサラ・ラドクリフ、ヒサミ・クロイワの共同。脚本は「カーテンコール」のマーティン・シャーマン、撮影はテオ・アンゲロプロス作品のほか「太陽と月に背いて」のヨルゴス・アルバニティス、音楽は「海辺のアインシュタイン」のフィリップ・グラス、美術はスティーヴン・ブリムソン・ルイス、編集はイザベル・ロレント、衣裳はスチュワート・ミッチャムがそれぞれ担当。主演は「クローズ・マイ・アイズ」のクライヴ・オーウェンと「巨人と青年」のロテール・ブリュトー。ローリング・ストーンズのヴォーカリスト、ミック・ジャガーが女装の酒場歌手役で特別出演したことも話題に。

    ネット上の声

    • 最愛の人がオトコだっただけのこと
    • 悲しすぎる
    • ショック…
    • ナチスドイツにおける黄色い星ならぬ、ピンクトライアングル(男性の同性愛者)の話
    同性愛、 ホロコーストが舞台、 戦争、 ヒューマンドラマ
    • 製作年1997年
    • 製作国イギリス
    • 時間116分
    • 監督ショーン・マサイアス
    • 主演ロテール・ブリュトー
  24. 生きるために
    • C
    • 3.23
    アウシュビッツ収容所に送られたギリシャ人ボクサーの苛酷な運命を、実話を基に描いたドラマ。製作はアーノルド・コペルソンとシモン・アラマ、監督はドキュメンタリー畑出身のロバート・M・ヤング、アラマとジオン・ハーンによる原作を基に、脚本はアンジェイ・クラコフスキーとローレンス・ヒースの共同、撮影はカーティス・クラーク、音楽をクリフ・エイデルマンが担当。出演はウィレム・デフォー、ウェンデイー・ガゼールほか。

    ネット上の声

    • 絶望の中に花開く愛
    • 第二次世界大戦中にナチスによって強制収容所へ送られ、そこで悲惨な戦いを続けたユダ
    • これは第二次世界大戦中アウシュビッツ収容所(=死の収容所)に入れられたサラモ・ア
    • アウシュビッツ収容所に送られたギリシャ人ボクサーの苛酷な運命を、実話を基に描く
    暴動、 ボクシング、 ホロコーストが舞台、 実話
    • 製作年1989年
    • 製作国アメリカ
    • 時間121分
    • 監督ロバート・M・ヤング
    • 主演ウィレム・デフォー
  25. 灰の記憶
    • C
    • 3.20
    第2次大戦末期にアウシュビッツ強制収容所で実際に起きた事件をもとにつくられた舞台劇を、映像化。監督は、俳優であり『オセロ』の現代版「O」を監督したティム・ブレイク・ネルソン。出演は「スクリーム」のデイビッド・アークエット、「ファーゴ」のスティーヴ・ブシェミやミラ・ソルヴィーノ。ナチスの軍曹役のハーヴェイ・カイテルは、プロデューサーも兼任している。

    ネット上の声

    • ナチスものに興味が尽きず探していたら、ハーヴェイ・カイテルと スティーヴ・ブシェ
    • 悲しいって言ってるだけじゃダメなんだけど
    • ラストシーン、「灰の記憶」が胸に沁みる。
    • ナチ収容所毒ガス室の悲惨さに絶句!
    ホロコーストが舞台、 戦争、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2001年
    • 製作国アメリカ
    • 時間109分
    • 監督ティム・ブレイク・ネルソン
    • 主演デヴィッド・アークエット
  26. アイヒマン・ショー/歴史を映した男たち
    • D
    • 2.89
    ナチスドイツによるホロコーストの実態を全世界に伝えるために奔走したテレビマンたちの実話を、テレビドラマ「SHERLOCK シャーロック」のワトソン役で知られるマーティン・フリーマン主演により映画化。1961年に開廷した、元ナチス親衛隊将校アドルフ・アイヒマンの裁判。ナチスのユダヤ人たちに対する蛮行の数々とはどういうものだったのか、法廷で生存者たちから語られる証言は、ホロコーストの実態を明らかにする絶好の機会だった。テレビプロデューサーのミルトン・フルックマンとドキュメンタリー監督レオ・フルビッツは、真実を全世界に知らせるために、この「世紀の裁判」を撮影し、その映像を世界へ届けるという一大プロジェクトを計画する。プロデューサー役をフリーマン、ドキュメンタリー監督役をテレビシリーズ「WITHOUT A TRACE FBI 失踪者を追え!」のアンソニー・ラパリアがそれぞれ演じる。監督は「アンコール!!」のポール・アンドリュー・ウィリアムズ。

    ネット上の声

    • ハードな内容!体力も精神力もある時に見て
    • 主人公は最悪の報道ドキュメンタリー監督
    • 当事者意識がなければ反省も後悔もない
    • 映像に残されていても、人は忘れていく
    ホロコーストが舞台、 社会派ドラマ、 実話
    • 製作年2015年
    • 製作国イギリス
    • 時間96分
    • 監督ポール・アンドリュー・ウィリアムズ
    • 主演マーティン・フリーマン
    • レンタル
    • 定額
    • レンタル
  27. アウシュビッツ行 最終列車 ヒトラー第三帝国ホロコースト
    • D
    • 2.84

    ネット上の声

    • ベルリンに最後まで居住することを許された 裕福なユダヤ人達がアウシュビッツに送ら
    • 邦題が長い
    • ベルリンからアウシュビッツまで、貨車の中で過ごす移動シーンだけで構成されたハイコ
    • 列車内など密室的閉鎖空間での人間模様を描いた作品は現在までに数多く存在するが、そ
    ホロコーストが舞台、 戦争
    • 製作年2006年
    • 製作国ドイツ
    • 時間122分
    • 監督ダーナ・ヴァヴロヴァ
    • 主演ギデオン・ブルクハルト
  28. ゴールデンボーイ
    • D
    • 2.79
    潜伏するナチ戦犯と、彼に接近して話を聞くうちにおのれの内部に巣食う邪悪さに目覚めていく少年の姿を描いたサスペンス。モダンホラーの巨頭スティーヴン・キングの『ゴールデンボーイ』(邦訳・新潮文庫)の映画化で、監督には「パブリック・アクセス」「ユージュアル・サスペクツ」のブライアン・シンガーがあたった。脚本は監督の学生時代からの親友であるブランドン・ボイスで本作がデビュー作。製作はシンガーと「ナチュラル・ボーン・キラーズ」のジェーン・ハンシャーとドン・マーフィ。撮影のニュートン・トーマス・シーゲル、音楽・編集のジョン・オットマン、衣裳のルイス・ミンゲンバックは「ユージュアル・サスペクツ」に続く参加。美術は「ブラックアウト」のリチャード・フーヴァー。出演は「17 セブンティーン」のブラッド・レンフロ、「リチャード3世」のイアン・マッケラン、「ポーリー」のブルース・デイヴィソン、「ハッピィブルー」のデイヴィッド・シュワイマー、「ラリー・フリント」のヤン・トリスカほか。

    ネット上の声

    • 人間の狂気はお化けより幽霊より恐ろしい。
    • 今は亡きブラッド・レンフローの主演作
    • ホラー並みに執念深い奴らの登場…
    • 呼び起こされた悪と、目覚めた悪
    ホロコーストが舞台、 サスペンス
    • 製作年1998年
    • 製作国アメリカ
    • 時間112分
    • 監督ブライアン・シンガー
    • 主演ブラッド・レンフロー
    • 定額
  29. アンネの追憶
    • E
    • 2.61
    世界中で読み親しまれている「アンネの日記」には書かれなかった、アンネ・フランクがゲシュタポによってアムステルダムの隠れ家から連れ出され、強制収容所に送られてからたどった過酷な運命を描いたドラマ。アンネの親友だったハネリ・ホスラーのインタビューをまとめた「もうひとつの『アンネの日記』」(アリソン・レスリー・ゴールド著)を原作に、アンネの家族の中で唯一ホロコーストを生き延びた父オットーによる回想でつづられる。音楽を「ニュー・シネマ・パラダイス」「海の上のピアニスト」のエンニオ・モリコーネが担当。

    ネット上の声

    • 冒頭しょっぱなから、グッと泣かせやがる。
    • 人間の勇気とはミープのような人
    • ほぼ全編、泣き通しでした。(T_T)
    • 戦争を正しく伝える努力
    ホロコーストが舞台、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2009年
    • 製作国イタリア
    • 時間99分
    • 監督アルベルト・ネグリン
    • 主演ロザベル・ラウレンティ・セラーズ
  30. ナチス・ホロコーストの戦慄
    • E
    • 2.54

    ネット上の声

    • なんじゃこりゃ(笑)
    • タイトル詐欺
    • 実際に強制収容所に送られたリトアニア人大学教授が戦後に書き起こした手記を元に作ら
    • 邦題名考えた奴はカス
    ホロコーストが舞台、 戦争、 実話
    • 製作年2005年
    • 製作国リトアニア
    • 時間110分
    • 監督アリジマンタス・プイパ
    • 主演スティーヴン・バーコフ
  31. アンネの日記 The Diary of Anne Frank
    • E
    • 2.44
    第二次大戦中、ナチズムの狂気といわれなき人種差別の中で綴られた、少女アンネ・フランクによる永遠の名著『アンネの日記』のアニメ映画化。1942年、オランダのアムステルダムにも、欧州各国に侵攻するナチスの影が迫っていた。

    ネット上の声

    • 静かな日常−その果ての悲劇と希望
    • もしも希望を捨てなければ
    • 観やすいです
    • 素晴らしい。
    ホロコーストが舞台、 アニメ
    • 製作年1995年
    • 製作国日本
    • 時間103分
    • 監督永丘昭典
    • 主演高橋玲奈
  32. 善き人
    • E
    • 2.34
    ナチス政権下のドイツに生きるひとりの大学教授の苦悩と葛藤(かっとう)を描いた、英国の劇作家C・P・テイラーの舞台劇「GOOD」を、ビゴ・モーテンセン主演で映画化。ヒトラー独裁が進む1930年代のドイツ。ベルリンの大学で文学を教えるジョン・ハルダーは、過去に書いた小説をヒトラーに気に入られたことから、ナチ党に入党せざるをえなくなる。家庭と文学を愛し、かつて戦争をともに戦ったユダヤ人モーリスとの友情を大切にしていたジョンだったが、ナチス入党により人生が一変。自分と家族の命を守るか、それとも友情と信念を貫くかで苦悩し、追い込まれていく……。

    ネット上の声

    • 昨日に続けてヴィゴ・モーテンセンをもう1本❗️
    • ヴィゴ頼り公開?芯の通った男には見えず。
    • 冒頭から、ひたすらViggoが美しい。
    • 善き選択の果てに、何を失っていたか
    ホロコーストが舞台、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2008年
    • 製作国イギリス,ドイツ
    • 時間96分
    • 監督ヴィセンテ・アモリン
    • 主演ヴィゴ・モーテンセン
  33. 囚われのサーカス
    • E
    • 2.34
    「タクシードライバー」などの名脚本家ポール・シュレイダーがメガホンを取り、ホロコーストの犠牲者が暮らす施設を舞台に描いた人間ドラマ。1961年。かつてベルリンで活躍していたエンターテイナーのアダム・シュタインは、砂漠の真ん中に建つサイズリン研究所にいた。そこは、ナチスによるホロコーストを生き延びた人々のケアを目的とする精神施設だった。持ち前の話術で周囲を惹きつけるアダムは一見するとその施設に不釣合いに見えたが、彼にはそこを退所できないある理由があった。出演は「ジュラシック・パーク」のジェフ・ゴールドブラム、「スパイダーマン」のウィレム・デフォー。

    ネット上の声

    • ホロコースト生存者の精神的ケアをする施設が舞台
    • 人間の生と尊厳を問うドラマ
    • 100の言葉を尽くすより
    • ナチスの総司令官をウィリム・デフォー、ジェフ・ゴールドブラムはドイツ一愉快な男と
    ホロコーストが舞台、 ヒューマンドラマ
    • 製作年2008年
    • 製作国ドイツ,イスラエル
    • 時間109分
    • 監督ポール・シュレイダー
    • 主演ジェフ・ゴールドブラム
  34. アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発
    • E
    • 2.32
    ナチスドイツの最重要人物アドルフ・アイヒマンの裁判が始まった年に、実際に行われた「アイヒマン実験」の全貌を描く実録ドラマ。1961年、社会心理学者スタンレー・ミルグラムは、「なぜ、どのようにホロコーストが起きたのか」「人間はなぜ権威へ服従してしまうのか」を実証するため、電気ショックを用いた実験を行った。「アイヒマン実験」と呼ばれたその実験は「一定の条件下では、誰であろうと残虐行為に手を染めるのでは」との疑念を実証し、社会全体に大きな影響を与えることとなる。ミルグラム博士役を「マグニフィセント・セブン」「ブラック・スキャンダル」のピーター・サースガードが演じ、ウィノナ・ライダー、ジョン・レグイザモ、アントン・イェルチンらが脇を固める。監督は「ハムレット」「アナーキー」のマイケル・アルメレイダ。

    ネット上の声

    • 映画として面白いか、は別問題。
    • 実験は単純だが、奥が深い
    • 35%の可能性を信じたい
    • タイトル詐欺ですね
    ホロコーストが舞台、 実話
    • 製作年2015年
    • 製作国アメリカ
    • 時間98分
    • 監督マイケル・アルメレイダ
    • 主演ピーター・サースガード
    • レンタル
    • 定額
  35. ロッツ・ゲットー
    • E
    もうひとつのホロコーストの歴史、ポーランド国内でただ一箇所残されたゲットー(ユダヤ人居留区)が設置されたロッツのケースを紹介したドキュメンタリー。監督はアラン・アデルソンとキャスリン・タヴェルナ。「山形国際ドキュメンタリー映画祭'89」参加作品。
    ホロコーストが舞台、 ドキュメンタリー
    • 製作年1988年
    • 製作国アメリカ
    • 時間103分
    • 監督アラン・アデルソン
    • 主演---

あなたのご意見をお聞かせください!

ここがダメ!こうしてほしい!
どんな些細なことでも構いません。
当サイトへのご意見を是非お聞かせください。
送信中です。しばらくお待ちください
貴重なご意見ありがとうございました。
頂いたご意見を元に、価値あるサイトを目指して改善いたします。
送信に失敗しました。