映画「戦場のピアニスト」のランキング情報

総合評価A
3.98
評価数:2808
全映画の平均
(評価:2.58、評価数84人)
TSUTAYA 0.00評価数人
YAHOO 4.14評価数1612人
ぽすれん3.80評価数122人
DMM 4.09評価数66人
楽天 4.05評価数185人
ぴあ 3.80評価数770人
映画.com3.90評価数53人
戦場のピアニスト
第55回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールの栄冠に輝いた戦争ドラマ。第75回アカデミー賞でも作品賞ほか7部門にノミネートされ、ロマン・ポランスキーの監督賞、エイドリアン・ブロディの主演男優賞など計3部門で受賞を果たした。ナチスドイツ侵攻下のポーランドで生きた実在のユダヤ人ピアニスト、ウワディスワフ・シュピルマンの自伝の映画化で、監督のポランスキー自身も、パリでポーランド人の両親のもとに生まれ、収容所で母親を亡くし、各地を放浪して生き延びたという体験を持つ。1939年、ナチスドイツがポーランドに侵攻。ワルシャワの放送局で演奏していたピアニストのシュピルマンは、ユダヤ人としてゲットーに移住させられられる。やがて何十万ものユダヤ人が強制収容所送りとなる中、奇跡的に難を逃れたシュピルマンは、必死に身を隠して生き延びることだけを考えていた。しかしある夜、ついにひとりのドイツ人将校に見つかってしまう。日本では2003年に劇場公開され、第2次世界大戦終結から70年目の15年に、デジタルリマスター版でリバイバル公開。

ヒューマンドラマ、戦争、実話、ホロコーストが舞台、ピアニスト

今すぐ見れるネット視聴

Google¥300

「戦場のピアニスト」のランキング情報

ヒューマンドラマ
第880位(26368件中)
戦争
第63位(1544件中)
実話
第71位(678件中)
2002年
第14位(1175件中)
洋画
第593位(32754件中)
フランス
第105位(4013件中)
イギリス
第83位(3314件中)
ドイツ
第40位(1996件中)
2000年代
第241位(13968件中)
ホロコーストが舞台
第5位(34件中)
ピアニスト
第2位(19件中)
第75回アカデミー賞(2003年開催)
第1位(13件中)
ロマン・ポランスキー監督が制作
第1位(28件中)
エイドリアン・ブロディが出演
第1位(32件中)
エミリア・フォックスが出演
第1位(5件中)
トーマス・クレッチマンが出演
第2位(26件中)
ミハウ・ジェブロフスキーが出演
第1位(5件中)

スポンサードリンク