映画「あゝひめゆりの塔」のランキング情報

総合評価C
3.10
評価数:307
あゝひめゆりの塔
太平洋戦争末期の沖縄戦に看護要員として動員された「ひめゆり学徒隊」の悲劇を描いた戦争ドラマ。舛田利雄監督が吉永小百合と浜田光夫の日活黄金コンビを迎え、石野径一郎の同名小説を映画化した。昭和18年。まだ戦争の影の薄い沖縄で級友たちと運動会を楽しんでいた沖縄師範女子部の与那嶺和子は、師範男子の西里順一郎と出会う。翌19年になると戦局は悪化。ついに沖縄も戦場になろうとする中、陣地構築の作業に従事するようになった和子と順一郎は、互いに愛情を抱き始める。やがてサイパン島が陥落。小学校教員である和子の母ハツは、内地への疎開が決まった学童たちに同行するため輸送船に乗るが、船を撃沈され帰らぬ人となってしまう。10月、ついに空襲が始まる。全島に非常戦時体制が敷かれ、女子学生は臨時看護師として南風原陸軍病院へ、男子学生は鉄血勤皇隊として陸軍と行動を共にすることになる。

「あゝひめゆりの塔」のランキング情報

ヒューマンドラマ
第6891位(23873件中)
1968年
第100位(563件中)
邦画
第4996位(28310件中)
1960年代
第1032位(5784件中)
Amazonレンタル視聴
第3785位(13956件中)
U-NEXT定額
第3143位(11353件中)
dTVレンタル視聴
第1686位(5354件中)
舛田利雄監督が制作
第8位(80件中)
吉永小百合が出演
第23位(104件中)
浜田光夫が出演
第11位(61件中)
和泉雅子が出演
第8位(62件中)
遠山智英子が出演
第1位(1件中)